官僚主義・テクノクラート

官僚主義という癌:科学、医学、教育、そして最終的には他のすべてをいかに破壊するか
The cancer of bureaucracy: how it will destroy science, medicine, education; and eventually everything else

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20071103/

医学の仮説 74 (2010) 961-965

要約

近代化する「西洋」社会に住む誰もが、社会組織のあらゆる形態に浸透している官僚制の長期的かつ漸進的な成長と広がりに気づいているだろう。誰もそれを好まず、多くの人がそれを嫌い、それでも拡大を続けている。このような絶え間ない成長は、官僚主義が寄生的であり、その成長を制御できないこと、言い換えれば、宿主の免疫系を逃す癌であることを示唆している。

個人の意思決定を取り入れた昔ながらの機能的で「合理的」な官僚制度は、コンピュータ化によって時代遅れとなり、今やほとんど消滅している。しかし、現代の官僚制度はそこから進化した。重要な「寄生」突然変異は、主要な意思決定や意思決定の批准に委員会を導入したことだ。

委員会は、非合理的で、支離滅裂で、予測不可能な意思決定手続きであり、形式化できず、コンピュータ化にも置き換えられないという長所と、自然淘汰プロセスの基礎となるランダムな変動や「ノイズ」を発生させるという長所がある。現代の官僚機構は、正のフィードバック・サイクルの中で成長し、広がっている。

個々の官僚機構は、急速に変化する「官僚的現実」に適応するために、「リアルワールド」を無視する無用な寄生虫にならざるを得ない。科学の世界では、官僚制の主要な現れは査読であり、それは-癌のように-個人の権威と自律性を抹殺するために拡大してきた。

査読は局所的に精緻化され、入試、任命、昇進、助成金審査、プロジェクト管理、研究評価、雑誌・書籍の査読、賞の授与など、あらゆる主要な機能を含むまでに転移的に広がっている。査読は、今や他の官僚機構によって本質的に有効なものとして受け入れられているため、科学の免疫システムを免れている。

そのため、残存する個人の意思決定は(現実の世界でどれほど有効であろうと)本質的に信頼できない(自己中心的で腐敗した)ものと見なされているのである。したがって、ピアレビューの風土病的な失敗は、これまで以上に精巧で広範なピアレビューの要求を引き起こすだけである。

査読がその非効率性と無益性によって科学を殺しているように、寄生的な官僚主義は抑制できない現象である。さもなければ、近代化する社会は、硬化、資源の誤配分、どうしようもなく間違った決定、「官僚的現実」の歪みによって、自ら破壊されることになる。

しかし、残念ながら、寄生虫は宿主の免疫システムよりも急速に進化することができるため、社会崩壊の方がより確率の高い結果となる。


近代化しつつある「西洋」社会(おおよそアメリカ、イギリス、西ヨーロッパ、中央ヨーロッパ)では、誰もが間違いなく、官僚制が長期的かつ段階的に成長・拡大していることに気づいているはずである。大戦中は別として、官僚制が減ったり増えたりという振り子の問題ではなく、全体として容赦なく拡大してきた

科学、医学、教育、法律、警察、メディアなど、ほとんどすべての社会的機能において、官僚主義的な支配が行われている。このような絶え間ない成長は、(1)を意味する。官僚制は社会機能にとって不可欠であり、官僚制はあればあるほどよい、あるいは、(2)。官僚制は寄生虫であり、その成長は制御不能である。つまり、官僚制は近代化社会の癌のようなもので、その拡大は悪性であり、その影響はまず寄生し、最終的には致命的なものになるというものである。

近代社会が、拡大し相互作用する複数の官僚機構が課す費用、遅延、士気の低下、現実逃避によって、疲弊していることは一般に認識されているが、官僚的意思決定が単に費用と停滞によって欠陥があるだけでなく、誤った答えを生み出す傾向があることは、正しく認識されていない。現代の官僚制は、非合理的で予測不可能な決定、つまり、ほとんど理解できない、正当化できない決定を導き、それに直接関与した人々でさえ、正当化することができない。

以下では、ウェーバー的な機能的で「合理的」な官僚主義(Max Weber; 1864-1920の研究に由来するその理想型)と、個人の意思決定を取り入れ、結果と効率という観点から外部から評価される現代の「寄生的」官僚主義(その理想型)を区別して論じたい。

寄生的官僚制は、現代社会が課す急速に変化する選択規定、特に「官僚的現実」の包括的でバーチャルだが支配的なシステムを構築した他の官僚からの選択圧力に対応して、合理的官僚制から進化した。そして、合理的官僚制のシステムは、コンピュータ化によって陳腐化し、今ではほぼ消滅していると主張したい。

寄生的な官僚制の問題

現代の官僚制の特徴は、誰もそれを好まず、多くの人が(特に官僚自身さえも)それを嫌い、しかしそれが成長し広がり続けていることだ。その理由のひとつは、官僚主義が現実を枠にはめることができるからだ。官僚主義が社会を支配すればするほど、官僚主義はより必要とされるようになる。このポジティブフィードバックシステムは圧倒的だ。単なる人間の意志の力では、官僚主義的な拡大主義に対抗することはできない。官僚主義は、「スタートレック」のボーグのように、反対者を餌にして同化する次世代型になってしまった。

官僚機構はもはや分離可能なものではなく、つながった網を形成している。ある官僚機構を切ることは、常に別の、より大きな官僚機構を切ることを意味するように思われるのだ。塵も積もれば山となるとはよく言ったもので、社会全体の官僚的活動の総量と範囲が拡大したことがわかる。そして、現代の官僚機構は、問題について議論することはあっても、決して問題を解決することはないということがよく認識されている。まるで、抽象的な官僚システムが、絶えず問題に取り組みながら、実際には問題を解決しないことにその生存がかかっていることを、何らかの形で知っているかのようだ。. . 問題は、解決への必要性と期待を意味するからだ。その代わりに、問題は「イシュー」と呼ばれるようになり、この言葉は単に問題を無期限に「解決」する必要性を意味する。問題を解決するという言葉で語ることは、実際、ナイーブで「単純化された」ものとみなされる。たとえ、経験的な観察によれば、過去に全く同じ問題が簡単に解決されたことが記録されているとしても、である。

世界の大部分において、公的な生活は今や「官僚が官僚に語る」ことがほとんどである。もちろん、官僚機構がより多くの規制やモニタリングを行い、自分たちの仕事を増やすために、個人のコミュニケーションから情報を得ることができるのであれば話は別だが。だから、官僚の活動の引き金となるような個人の苦情は記録され、対処されるかもしれないし、官僚や組織のモニタリングを強化しようという個人の声が増幅され、詳しく説明され、実行されるかもしれない。しかし、官僚制の成長と普及を脅かすもの(つまり、心配するほど迅速、効率的、効果的な単純なもの)は無視され、極端な場合は殺意を持って攻撃される。

しかし、現代の官僚制の主な自己防衛は、現実を枠にはめることだ。官僚が社会を支配している以上、官僚が認識し、行動しているものが「現実」であり、官僚が認識していないものは、現実的には存在しないのである。したがって、「システムとしての官僚制」は、「システムとしての官僚制」の繁栄に寄与する「現実」を構築しているのである。

強力な官僚制がコミュニケーションをインプットとして認めない場合、そのコミュニケーションは逸話的で無関係なものになる。官僚が拒否する情報は、非現実的で主観的な性質を帯びてくる。たとえ個人として誰もがあることが現実で真実であると知っていたとしても、現代の官僚主義は、それをインプットとして無視し、その代わりに、より拡大につながる別のインプットに反応することによって、暗にその存在を否定することが可能になり、それらは実際の現実よりも重要で「リアル」であるとされるのである。

多くの人にとって、(ウェーバーの言う)官僚制の重要な特徴は、理想的には、それが客観的な手続きを確立し、それを公平に実行する情報処理の組織であることだ。そして、適切なインプットがあれば、官僚はほぼ自動的に予測可能で具体的なアウトプットと結果を生み出すと考えられている。

しかし、現代の官僚機構はそのようには機能していない。実際、インプットとアウトプットの関係が破綻しているため、現代の官僚機構は、純粋かつ単純な変化に膨大なリソースを割いている。例えば、インプット手段の認識を絶えず変更し(つまり、「現実」を絶えず再定義し)組織の使命と目的を再定義する(つまり、組織の本質を変える。 例えば、投入尺度の認識を絶えず変更し(すなわち、「現実」を絶えず再定義し)組織の使命と目的を再定義し(すなわち、組織の性質を過去の組織とは異なるものにし、矛盾したものにする)関連するとみなされる組織の成果を繰り返し変更する(組織の効率の低下を形式的に測定不能にする再定義)ことだ。このような変化は、組織環境を構成する他の官僚機構の外部からの要求によって引き起こされる場合と、委員会の生来のノイズ生成傾向によって引き起こされる場合とがあり、外部トリガーと内部トリガーとがある。

無限に変化する入力、プロセス、出力を持つ官僚支配の組織は、機能性の観点から批判することは不可能だ。個々の機能的な組織は消滅し、すべての官僚機構は相互依存的な成長のボルグ的な網に融合する。

官僚制の本質:合理的か寄生的か

官僚主義は何であるか。従来の定義は官僚主義が機能の階層そして特殊化によって特徴付けられる理性的な人間組織を伴なうこと、および組織が人員によって公平に管理される明確なプロシージャか規則を配置することを強調する。合理的な「ウェーバー型」官僚機構は、全体として有用な機能を合理的に効率的に果たしていたのだろう。言い換えれば、その有効性は外部的にあらかじめ決められた基準で認識され、その成長と拡大は制限されていた。

つまり、ウェーバーの官僚制は、最悪の場合、良性の腫瘍であり、局所的には大きくなりすぎて周囲に圧力をかける可能性があったが、それでも社会という大きな宿主組織の支配下にあり、抑制されていた。

しかし、癌が通常良性の前駆体から進化するように、現代の寄生的で役に立たない官僚機構は、以前の時代の合理的で機能的な官僚機構から進化した。この進化を加速させた主な要因は、おそらくコンピュータの発達であろう。コンピュータは、過去にはウェーバリアン官僚が(はるかに遅く、高価で、不安定に)行うしかなかった合理的な情報処理を、ほぼ瞬時に、ほぼゼロコストで行う可能性を持っているのである。私の主張は、大規模で合理的、機能的な官僚機構は、コンピュータ化によって破壊され、ほとんど消滅してしまったということだ。

合理的な官僚制度がコンピュータ化によって絶滅の危機に瀕したとき、非合理的な官僚制度の新しい形態を進化させる強力な選択圧力があったと私は推測している。

その結果、手続きと規制の巨大な構造、階層化と専門化の組織原理を保持しながらも、コンピュータ化という挑戦を乗り越え、現在も生き続け、成長している強力な近代官僚機構は、その中核的属性が非合理的であることが判明した。非合理性は、近代官僚が生き残り、発展していくために不可欠な要素である。このコンピュータ化以降の時代に残り、拡大している官僚機構は、合理的でも機能的でもない。

このように、実世界の実質的な機能を果たさない純粋な寄生への進化が可能なのは、特定の官僚にとって、その関連する環境が実質的に他の官僚から構成されているからにほかならない。「他の官僚機構」が主な選択圧となる。他の官僚機構は生存と繁殖に対する主な脅威となる。したがって、現代の官僚機構は、主として「官僚的現実」に対応しなければならない。そして、「現実の生活」(例えば、注意深く、情報を持った個々の人間が認識する生活)に関わることは、単にこの主たる生存課題の邪魔になるにすぎないのである。

つまり、最も適応した現代の官僚機構とは、他の主要な官僚機構の絶えずかつ急速に変化する要求を満たすというゲームを最も効率的に行うものなのである。成功は、局所的な成長と転移による拡大をもたらす。しかし、それとは対照的に、「実生活」と「人間性」の安定した要求を満たすことは、官僚にほとんど報酬をもたらさず、他の官僚の行動によって消滅する可能性が高くなる。

官僚制の進化における委員会の役割

官僚制に非合理性が導入された主なメカニズムは、多数決で意思決定を行う委員会である、と私は主張する。

選挙における有権者による大規模な委員会であれ、企業や政府、連邦最高裁に存在するような小規模な委員会であれ、近代化社会ではほとんどすべての主要な意思決定が委員会によって行われている:近代社会は、すべての重要問題を決定または承認するのに常に多数決を採用しているようだ。実際、重要な決定が個人によってなされることはほとんど考えられず、そのような判断は集団の投票によってなされるのが自然であり必然であるように思われる。

しかし、欧米の支配的エリートの間ではほぼ普遍的なことだが、この委員会崇拝は実に奇妙な態度をとる。集団投票が良い決定、あるいは適切な決定につながるという証拠は基本的にゼロであり、集団投票が予測不可能で不合理な悪い決定につながるという証拠はたくさんあるからだ。

多数決の無意味さは、1960年代にノーベル経済学賞受賞者のケネス・アロー(1921-)によって公式に説明されたが、委員会と関わったことのある人なら誰でも知っていることで、独立した判断を維持できるはずだ。多数決は、不安定な意思決定のサイクルや、委員会のメンバーの一人も最適と考えないような意思決定につながる可能性があることは、簡単な数学的定式化を使って実証できる。例えば、採用選考会では、2人の有力候補者がいて選考委員が割れてしまい、どの委員も最良の候補者とは思わない第3希望の候補者が当選してしまうことがある。つまり、どのパネルメンバーも、多数決よりも良い選択をすることになる。

さらに、このような現象が起こるため、多数決は必ずしも個人の意見を反映しないので、委員会の決定には何の責任も伴わない。誰も意図せず、誰も同意しない結果に対して、誰がどのように責任を負うことができるだろうか。つまり、委員会は責任を負うことなく事実上の権力を行使している。実際、現代のほとんどの委員会は、通常、多数の適格な人材から選ばれた可変のメンバーで構成されており、同じ委員会に同じ人材が二度入ることはあり得ないのである。この見せかけは、「委員会の責任」という必要だが無意味な虚構によって維持されている。委員は、実際の偶発的な委員会の審議がたまたま導き出したどんな結果(どんなに不合理で予測不可能で正当化できず弁解の余地がない)にも従うことを、決定に先立って約束しなければならないという奇妙な規則の執行によって、維持されている。このほぼ普遍的なルールと慣習は、単に「無責任」を「責任」と名付け直しただけだ。. .

委員会の決定が合理的でも共同的でもなく、したがって根本的に予測不可能であることを考えると、その効果はどのようなものだろうか。一言で言えば、委員会は-全体的にも長期的にも-ランダムな「ノイズ」を発生させるということだ。委員会は、ある決定が誤りである可能性をほぼ確実に増大させるが、全体としては、おそらく特に誤りの方向に偏ることはない。ある手順を用いた委員会がある方向に偏っている一方で、他の委員会が他の方向に偏っている。結局、委員会が意思決定の予測不可能性の幅を広げていることだけは確かだと思う。

さて、複雑なシステムにおいて、ランダム性の役割は何かと問われれば、その答えは、ランダムなノイズがその役割を果たすということだ。- その答えは、ランダムなノイズが選択プロセスの対象となるバリエーションを提供することだ。例えば、生物学では、遺伝子複製のランダムなエラーが遺伝的変異をもたらし、それが自然淘汰の対象となる形質に影響を与える。したがって、委員会がランダムな変化を発生させ、それが組織特性のバリエーションを生み出し、それが淘汰のメカニズムによって作用していると考えるのは妥当であろう。あるものは増幅され、繁栄し、あるものは抑制され衰退していく。このようにして、官僚機構は急速に進化し、生き残り、成長し、広がっていく。

では、官僚制(あるいは進化するシステム)には、どの程度のランダムノイズが必要なのだろうか。簡単に言えば、淘汰圧が強ければ強いほど、急速な進化が必要であればあるほど、より多くのノイズが必要となる。再生におけるエラーレートの増加は、進化するシステムが正確に自己再生する能力を低下させるというトレードオフを念頭に置いている。強い選択圧力のかかったシステム(例えば、急速に変化する近代化社会の官僚機構)は、より多くのノイズを許容または発生させて、選択が作用する変動幅を広げ、より速い進化を可能にする傾向がある-より正確な複製を犠牲にしながら。対照的に、淘汰圧が弱いシステム(20世紀初頭のウェーバー型官僚機構、例えば英国市民サービスなど)は、より忠実な複製(より少ないノイズ)を持つが、淘汰圧の変化に対応して急速に変化する能力が低下する。

私がここで言いたいのは、現代の官僚組織において悪質な官僚主義的成長を進化させたのは多数決を用いる委員会であり、そのために多数決による意思決定が現代社会の上から下まで浸透しているということだ。

「西洋」世界では、ほとんどすべての主要な意思決定が多数決で行われているが、二つの重大な例外がある。第一に戦時中の軍の意思決定、第二にローマカトリック教会におけるローマ教皇の個人的権威である。この二つのタイプの組織では、委員会の投票よりも個人の意思決定が重視されているようである。したがって、軍隊の指揮系統とローマ・カトリックのヒエラルキーは、いずれも現代の寄生的官僚制の理想型よりも、ウェーバー的な合理的官僚制の理想型に近いと思われる。

そうであれば、世界レベルで多数決による意思決定を行う唯一の大きな例外は、おそらく偶然ではなく、最も古く、最も長持ちする官僚的構造、つまり、官僚的癌によって破壊されることなく機能を維持してきた組織ということになる。

なぜ委員会が存在するのか?

現在ではほとんど害悪でしかない委員会だが、その起源をたどれば、まったく役に立たない、あるいは害悪でしかなかったということはありえないだろう。もし、個人が委員会よりも優れた(すなわち、より合理的で首尾一貫した)意思決定を行う可能性があることを認めるならば、個人の意思決定の衰退は、利点の欠如によるものではなく、個人の意思決定の問題点が認識されたことによるものであるはずだ。

個人の意思決定の問題は、個人の権力の問題と同じである。本質的にこれらの問題は、自己利益(すなわち、権力は権力者の利益のためにさまざまに展開されるという観察)と腐敗(すなわち、時間とともに権力は腐敗し、個人はますます悪い意思決定者になって、単なる自己利益ではなく、次第に狂っていく:権力狂になるという観察)である。

人間は不完全な世界に住む自己中心的な存在であるため、すべての個人は利己的で腐敗しやすい傾向がある(程度の差はあるにせよ!)。もちろん、利己的で腐敗しやすいということは、委員会で「奉仕」する人々にも同様に当てはまる。彼らはそれぞれ、より小さな、しかし匿名かつ不可逆的な権力を行使している。それにもかかわらず、委員会が好まれるのは、個人の権力という本質的な問題に対する解決策と見なされているためだと思われる。委員会が多数決で運営される場合、個人の私利私欲は相殺されるという暗黙の前提がある。さらに、委員会ではより多くの人に権力が行き渡るので、必然的に権力の腐敗作用も同様に弱まるというものである。

実際には、委員会は、権力の有効な配備を減らす程度に、権力の問題を解決することがほとんどである。つまり、もし委員会が個人よりも利己的でなく、腐敗しにくいのであれば、それは主に委員会の構造と手続きによって意思決定が予測不可能で支離滅裂になり、委員会が非効率的になるためである:委員会が利己的にも腐敗的にも一貫して管理できない程度に非効率的になる。したがって、権力の問題は、権力の偏見や腐敗を減らすことによってではなく、単に権力の有効性を減らすことによって「解決」される非効率性を導入し、集団力学の不安定な混乱で自己利益の明確性を曖昧にすることによって。権力は制御されるのではなく、破壊されるのである。. .

したがって、もし委員会が権力の乱用を減らすために導入されたのであれば、委員会はそれを達成する代わりに、実際の成果は、委員会が権力そのものを減らし、解決できるのに解決されない重要な問題に直面したときに、社会がおとなしくなってしまうということだ。そして、これこそが、私たちが西洋で毎時間観察していることなのではないだろうか。

委員会を基盤とする官僚制は、悪としての権力の倫理を前提にしているからだ。それは、すでに存在している支配の文脈で生じない限り、自滅的または不適応であることが直ちに明らかになるような、一種の単独軍縮として機能するのである。そして、委員会型官僚制のシステムは、反対派が同じ病気にかかり、さらに弱体化することができる限りしか存続できない。このことは、委員会型官僚制が、依然として個人の意思決定を用いる他のより単純で、より効率的、あるいはより効果的な組織システムに対して採用する極めて有害で不正なプスードゥーモラル化攻撃性についてもおそらくは説明できるだろう。

もし、委員会が個人権力の乱用(現実か想像か、実際か潜在的か)に対する純粋な解決策として導入されたと仮定すれば、委員会は通常この目標を達成することになる。意思決定の質を無視する限り、委員会は成功するように思われる。したがって、委員会は、アリストテレスの「万事中庸」の原則を捨てた、一面的で偏った道徳主義の典型的な産物と見ることができる。官僚主義は、その代わりに、ある種の罪を完全に避けることを目的とする一方的な道徳主義を採用し、その代償として、別の対照的な種類の罪に陥ることもある(従順を奨励することによって高慢を避け、怠惰を課すことによって攻撃性を避けるわけである)。

しかし、「トレードオフ」という主題は回避される。そして、単一問題の道徳的行動という避けがたい自作自演の問題は、官僚主義によって着実に供給され、(もちろん!)さらなる拡大へとつながるのである。

したがって、現代の意思決定は、社会的能力が多くの分野で低下していることを意味する。個人の意思決定に基づくシステムのもとでは迅速、効率的、効果的に行われていたことが、よくて時間と経費がかかるようになり、最悪の場合、実現不可能になってしまった。個人の権威の堕落を避けるために、社会は闘うことができたはずの脅威に直面して無力になってしまったのだ。

科学における官僚主義-ピアレビューの癌

このような状況は、科学の世界にも容易に見て取れる。現代科学は、政治、行政、法律、ビジネス、メディアなど、外部からの官僚機構の働きによって大きく歪められ、浸透しているが、実際に科学における官僚機構の主要な発現は、もちろんピアレビューである。

この半世紀ほどの間に、科学における意思決定の方法としてピアレビューが成長し、転移的に広まったことは、本当に驚くべきことだった。個人の意思決定は、あらゆるレベルにおいて、またほとんどすべての作業において、完全に抹殺されてしまった。査読のエラボレートは高まった(例:査読者の数、評価委員会の人数の多さ、これらのグループが要求する情報入力の多さなど)。そして、ピアレビューや他のタイプの委員会が、入学審査、任命、昇進、助成金審査、プロジェクト管理、研究評価、ジャーナルや本の査読、賞の授与に使われるようになった。. .

などなど、数え上げればきりがないほどである。明らかに、ピアレビューは、現代社会の他の部分で見られる官僚制の悪質な拡大のパターンに合致している。

そして、社会の他の部分と同様に、官僚的な査読という癌は、科学の免疫システムを逃がしてしまう。特に現代社会の他の官僚機構では、査読は本質的に有効であり、他のいかなる形式の意思決定も本質的に腐敗しているか信頼できないものであると、現在広く受け入れられている。この信念は単に暗黙の了解ではなく、しばしば明白だ。科学における査読の重要かつ決定的な役割に関する無知で無意味な声明が、主流のコミュニケーションにおける規範となっている。

査読の不可抗力は、査読に不備があれば、より精巧で広範な査読を(特に他の官僚機構から)要求される、という点に最も顕著に見ることができる。つまり、増加したジャーナル査読が質を維持できなかったり、意図的な不正や多重出版、重大な誤りなど、査読が検出するとされるものを排除できなかったりすることが常態化すると、必然的に査読をさらに増加させようという計画につながる。そこで、より精巧な査読が行われ、プロセスにさらなる段階が加えられ、新しいタイプの大きな委員会によるモニタリングの層が厚くなる。査読の最終的な有効性は単なる仮定であり、その矮小化した非効率性、有害な偏見、歪曲した除外についていくら証拠を集めても、同じことをさらに行う必要性以外は証明できない。

しかし、科学の進歩における査読の役割は、これまでと同様、憶測に基づくものであり、検証されてはいなかった。意思決定の方法として同業者の意見を収集し照合するプロセスは、合理的でも透明でもない。そして実際(上で論じたように)この非合理性と予測不可能性が、実は査読のような委員会システムが際限なく拡大するために必要な要因となっているのである。

かつて、科学の究極の、最底辺の、科学内の検証は、査読者の委員会意見からではなく、仲間の利用という創発的現象からもたらされた。これは、ピア(同じ領域の同僚)の間で、過去の科学のどの側面を自分たちの再研究に利用するかという、暗黙のうちに行われる多数の個別決定の集約的な結果であり、定量化されたものではない。先行研究の利用者はそれぞれ、利用することにした先行研究の妥当性に時間と労力と評判を賭けていた。彼らの研究が実を結べば、それは先行研究の検証であり(この再定義の試みに耐えたという意味で)先行研究に欠陥があれば、自然界を正しく予測し効果的に介入するという観点から、それを基にした後の研究の「障害」になってしまうのだ。この先には、「何が有効か」という観点からの科学の一般的な評価がある。特に、自然界に科学を適用することを仕事とするエンジニアや医師などの人々は、科学の外で何が有効かを評価している。

しかし、委員会方式の査読が科学的妥当性の「ゴールドスタンダード」として明示的に受け入れられている現在、実際の科学的利用や何が有効であるかさえ、査読評価という「官僚的現実」よりも重要視されないという二律背反的な状況が見られる。単なる意見が、客観的な現実の観察に優先するのである。「官僚的現実」は相互作用する官僚機構の構成要素に過ぎないので、このことは、科学的現実が、今やますます、主流の「官僚的現実」の単なる一側面に過ぎず、それと継ぎ目なく連続したものであるということを意味している。科学は、政治、行政、法律、メディア、ビジネスなどに見られる官僚的現実性の一部門に過ぎないものとなる。全体が一つの巨大な仮想世界なのだ。したがって、最近の査読付き「科学」の多くは、自然界を理解し、予測し、介入する上で役に立つという意味合いを持っていない可能性が高いと思われる。

言い換えれば、科学が査読と委員会の決定に基づいて運営されている場合、それは本当の科学では全くない。官僚主義が支配するところでは、真の科学は死滅してしまったのだ。つまり、表面的には科学のように見えても、実は内部では死んでいて、研究費の継続的な投入によってのみ動き続けている。官僚的な現実、つまり主要な官僚機構の間で認められている現実を見る限り、本当の科学は今、レーダーの下の、非公式で知られざるレベルに存在していると思われる。個人の判断、仲間による利用、現実の効果といった本来の科学的評価メカニズムをいまだに導入している学者や研究者は、ごく少数に過ぎない。

どうなるのだろうか?

上記の分析から、寄生的な官僚主義は近代化社会の文脈では非常に危険であり、その存在を許すことはできない、つまり、完全に破壊しなければならない、さもなければ、残滓は再び成長し、転移し、社会を再び植民地化するだろうということがわかる。つまり、長期的に生き残るための未来社会は、寄生的な官僚主義を阻止するものでなければならないのである。

寄生的な官僚機構が拡大し、さらに寄生的な官僚機構を引き起こす力は、相互作用する官僚機構が、認識した現実を官僚的な言葉で構成する力によって、事実上止められなくなった。官僚の失敗は成功の継続的な再定義によって排除され、官僚の拡大に対する脅威は排斥か致死攻撃によって排除されるので、これからの官僚の乗っ取りの範囲は、社会システム全体の崩壊によってのみ制限されうる。

だから、もし上記の分析が正しければ、二つの結末しかありえない。近代官僚制の癌が消滅すること、つまり完全に破壊されることだ。言い換えれば、宿主の免疫システムが寄生虫を破壊する能力を進化させるということだ。おそらく、すべての多数決の委員会は、強制的に、意思決定の権限とその決定に責任を持つ個人に取って代わられることになるだろう。

あるいは、官僚主義という癌が宿主を殺すかもしれない。言い換えれば、寄生虫は免疫システムから逃れ続けるだろう。近代化社会は、遅かれ早かれ、資源の枯渇と、「官僚的現実」の排除と歪曲に基づく脱線と誤った意思決定によるダメージの蓄積との組み合わせによって破壊されることになる。

そして、最も複雑で急成長した西洋の近代化社会は、より低いレベルの複雑さ、おそらくヨーロッパやアジアの中世の農耕社会のレベルを持つゼロ成長社会に取って代わられるか、あるいは退行することになるだろう。

私の予想では、寄生虫は宿主の免疫システムよりも急速に進化することができるため、結果2-社会の崩壊-が現時点ではより起こりやすいと思われる。私たちは個人として、災害が近づいている現実を観察することができるが、現代の寄生虫官僚にとっては、関連するデータは些細なものか、単に見えないものなのである。

参考文献

上記では特に触れていないが、このエッセイを書くきっかけとなったのは、マーク・A・ノットゥルノ著『科学と開かれた社会:カール・ポパーの哲学の未来』(中央ヨーロッパ大学出版:ブダペスト 2000)特にポパーの誘導に関する見解に関する記述だ。委員会の多数決による意思決定は帰納的推論の一形態であり、それゆえ有効ではないこと、そして帰納的推論は実際には(ノットゥルノが言うところの)「権威主義」の一形態にほかならないことを私は思い知らされた。結局、この論点を面白く、かつ分かりやすくするのは難しいということで、この論考から除外することにした。とはいえ、説明してもらえたことは非常にありがたい。

また、Unqualified Reser-vationsで執筆している偽ネズミブロガーMencius Moldbugの様々な分析が、上記の考えを発展させるのに大きな役割を果たしたと思われることを述べておく。

この議論は、以下のような私の過去の論文に基づくものである。医学における利益相反:ピアユース、ピアレビュー、「CoIコンサルタント」(Medical Hypotheses 2004; 63: 181- 6); Charlton BG, Andras P. What is management and what do man-agers do? システム論的説明。(Philosophy of Management. 2004; 3: 3-15); Peer usage versus peer review (BMJ 2007; 335: 451); Charlton BG, Andras P. Medical research funding may have over-expanded and be due for collapse (QJM 2005; 98: 53-5); Fig-ureheads, ghost-writers and pseudonymous quant bloggers: the recent evolution of authorship in science publishing (Medical Hypotheses. 2008; 71: 475-80); Chartner P. 2008; 71: 475-80); Zombie science’ (Medical Hypoth-eses 2008; 71: 327-9); The vital role of transcendental truth in sci-ence’ (Medical Hypotheses. 2009; 72: 373-6); Are you an honest scientist? 科学における真実は鉄則であるべきであり、安易な願望であってはならない(Medical Hypotheses. Medical Hypotheses; in press.

ブルース・G・チャールトン

編集長 – 医療仮説研究会

理論医学教授 バッキンガム大学

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました