国家安全保障に対する軍事的脅威のシステムにおけるハイブリッド戦争 教科書(部分翻訳)

GMO、農薬WW3・核戦争レジスタンス・抵抗運動ロシア・ウクライナ戦争合成生物学・生物兵器官僚主義、エリート、優生学情報戦・心理戦・第5世代戦争・神経兵器戦争予測・戦争気候改変・ケムトレイル遺伝子組み換え生物・蚊

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Гибридная война в системе военных угроз национальной безопасности

Terrorist warfare

Extremism as the basis of terrorism

bstudy.net/777440/politika/gibridnaya_voyna_v_sisteme_voennyh_ugroz_natsionalnoy_bezopasnosti_monografiya

書籍詳細

本稿は、ハイブリッド戦争という現象の研究に捧げられ、その本質と、国家の安全保障に対する軍事的脅威のシステムにおける位置づけを分析している。様々なタイプの戦争(核兵器、生物兵器、化学兵器を使用した戦争を含む)が示されている。

侵略が非伝統的な手段によって行われ、侵略の源が暗黙のままである、いわゆる暗黒戦争(あるいは「偽装」戦争)の現象が研究されてきた。ハイブリッド戦争という現象は、次の2つの側面から考察されている。

戦争と平和が前者と後者のハイブリッドに似ている現代の国際環境、そして現代戦争のすべての軍事戦略とシナリオに浸透している特定のエッセンスとして。

国家安全保障分野の学部生、大学院生、教師、学者、実務家向け。

Иншаков, С. М セルゲイ・ ミハイロヴィチ・インシャコフ

セルゲイ・ミハイロヴィチ・インシャコフ著『国家安全保障に対する軍事的脅威の体系におけるハイブリッド戦争』(共著、日本経済新聞出版社。(大学院での研究)。
1958年生まれの人物
(1958年3月13日生まれ)-法学博士、教授。ロシア連邦名誉弁護士。
モスクワ生まれ。
1980年、国防省軍事研究所法学部卒業。
1988年、V.V.ルネエフ教授の指導の下、卒業論文を提出。
1998年。- 博士論文テーマ:「犯罪への制度的影響」。
研究所卒業後、ノヴォロシースクの軍検察庁で3年間、捜査官として勤務。
1984年より現職。- 高等専門教育制度に携わる。
2001年、ロシア連邦司法省ロシア法アカデミーの刑法・犯罪学部長に任命される。
S.M.インシャコフの科学的研究の成果として、単行本1冊、教科書8冊、犯罪学ワークショップなど100以上の著作がある。犯罪学の発展に最も大きく貢献したのは、次のような著作である:「犯罪と社会的対応策」。教科書(1995年、M.)、「外国の犯罪学」(1997年、M.)。単行本(M.、1997年)、「軍事犯罪学」。テキスト(M.、1999年);「犯罪学:質疑応答」(M.、2000年);「犯罪学」。法科大学院用テキスト(2000年、M.プラクティカム』(M.、2001年)など。
共著による著作も多数。時には創作チームを率いて参加した結果、以下のような出版物が生まれた:「犯罪はロシアの脅威である」。モノグラフ(モスクワ、1993年)、組織犯罪。Monograph (M., 1999)など。
S.M.インシャコフは、犯罪を一定の特徴を持つ特定の社会法的現象として徹底的に研究し、様々なタイプの犯罪(傭兵、再犯、職業、組織、政治、不注意、女性、環境など)の原因と条件を詳細に分析し、犯罪に与える影響の構造を発展させ、そのような影響の体系的性質の必要性を立証した。科学的に特に興味深いのは、犯罪学の進化の研究である。犯罪の教義の起源から現代の外国の犯罪学理論まで、犯罪現象に対抗するさまざまな方法の分析、犯罪に対抗する既知の国家システムの研究などである。
司法予備軍の大佐
2023年9月9日
305ページ

目次

  • 序文
  • 国家安全保障に対する軍事的脅威を研究するための方法論的基礎
    • 国家安全保障への脅威
      • 国家安全保障に対する脅威という概念
      • 国家安全保障に対する脅威を定義する原則
      • 国家安全保障に対する脅威の類型
      • 脅威の特定と分析脅威への対応
    • 国家安全保障に対する軍事的脅威
      • 戦争の概念と本質軍事的パラダイム
      • 戦争の種類
      • 戦争と国家安全保障
  • 国家安全保障に対する脅威を分析する軍事的・政治的側面
    • 従来の戦争
      • 通常戦の本質
      • 通常戦争の分類
      • 武力紛争法
    • 通常戦の戦略的視点
      • 軍事戦略
      • 通常戦の展望
      • 現代世界における平和主義
    • 南北戦争
      • 武力政治闘争の要因としての社会の紛争潜在力
      • 内戦の一形態としての宗教的・分離主義的武力紛争
      • 国家の安全保障を脅かすシステムにおける内戦
      • ロシアで起こりうる内戦の地政学的本質
    • 核戦争と核パリティ
      • 米国の原子力計画
      • 熱核兵器と軍事計画
      • 核兵器の分類
      • 核の脅威に対抗するための国際的な法的メカニズム
      • 第三次世界大戦のシナリオ
        • アグレッシブなシナリオ
        • 防衛的核戦争シナリオ
    • 化学兵器を使った戦争の展望
      • 化学兵器
      • 化学兵器を禁止する国際法
      • 化学兵器使用の戦略と戦術
    • 生物兵器戦争
      • 生物兵器使用の戦略と戦術
      • 生物兵器の国際的な法的禁止
      • 生物兵器使用の見通し
  • ロシア連邦の軍事的安全保障を確保するための国家政策の概念化
    • ロシア連邦の軍事ドクトリン
      • 軍事分野におけるロシアの国家政策の概念の一般的特徴
      • 軍事政策分野の基本概念
      • ロシア連邦の軍事ドクトリンの構造
      • ロシア連邦の軍事的危険と軍事的脅威
      • 現代の軍事紛争の特徴
    • ロシア連邦の軍事政策
      • 軍事衝突を抑止・防止するためのロシア連邦の活動
      • 軍隊の適用
      • 戦略的抑止:核兵器使用の概念
      • 軍隊の任務
      • 軍隊が直面する任務遂行の組織化
      • 軍事組織の発展
      • 軍隊の建設と発展
    • ロシア連邦防衛のための動員準備と軍事・経済支援
      • 動員訓練と国の動員態勢
      • 防衛の軍事・経済支援
      • 軍隊、その他の部隊、団体への物的資源の提供
      • 防衛産業複合体の発展
      • ロシア連邦の諸外国との軍事・政治・軍事技術協力
  • 戦争と平和のハイブリッド化 – 新しいタイプの戦争
    • 新しいタイプの戦争の一般的特徴。ハイブリッド戦争
      • ソ連とアメリカの冷戦 – 新しいタイプの戦争の実験場
      • ハイブリッド戦の概念
    • 軍事ハイブリダイゼーションの一形態としてのプレインパクト戦争
      • 先制攻撃の概念
      • 先制戦争戦略
    • 情報戦
      • 情報戦の概念
      • 情報戦と心理戦
      • 情報技術戦争
      • サイバー戦争
      • ネットワーク情報と組織戦争
    • 情報セキュリティ提供分野における国家政策の概念化
      • 情報セキュリティ・ドクトリン
      • 情報分野における国益
      • 国家安全保障を脅かす主な情報
      • 情報セキュリティの現状
      • 情報セキュリティ確保の戦略的目標と主な方向性
      • 情報セキュリティ確保のための組織基盤
      • 情報セキュリティ確保分野における国家機関の任務
      • 情報セキュリティ体制の整備・改善
    • 経済戦争
      • 経済戦争の概念
      • 経済総力戦の戦略
    • 汚職戦争
      • 汚職から汚職戦争へ
      • 汚職の概念
      • 汚職要因
      • 汚職との闘い:- 古典的な戦略
    • 腐敗防止政策の法的・理論的概念化
      • 汚職撲滅のための立法支援
      • 国家腐敗防止戦略
      • 国家汚職防止計画
    • 反汚職戦争のための真の政策と真の戦略
      • 汚職戦争と反汚職戦略
      • 反汚職戦争に勝つための科学的支援:真の政治と真の犯罪学
    • テロとの戦い
      • テロの根拠としての過激主義
      • 過激派対策への法的支援
      • テロ戦争の概念
      • ロシア連邦におけるテロの脅威に対抗するための法的支援
      • 対テロ政策の概念化
    • スポーツ戦争
      • 戦争の昇華としてのスポーツ
      • スポーツ戦争の本質
    • ダーク・ウォーズ
      • 闇の戦いの概念
      • 地殻変動(岩石圏戦争
      • 気候戦争
      • 遺伝子戦争
      • 心理戦争
  • ハイブリッド戦争戦略の概念化
    • ハイブリッド戦争のドクトリン
      • ハイブリッド戦争と軍事ドクトリン
      • 軍事安全保障の大原則
    • ハイブリッド戦のための2つの回路戦略
      • ハイブリッド戦争:戦略立案の特徴
      • ハイブリッド戦争戦略における新たな主体性への視点
  • 結論

第三次世界大戦のシナリオ

最初の核戦争シナリオは、一方(米国)のみがこれらの超兵器を使用することを前提としていた。1945年の日本への核爆弾投下。- は、そのような戦略の典型的な実施例であった。しかし、これは核戦争の戦略的合理主義の終焉であった。1945年から1949年まで、アメリカは原爆を独占しており、ソ連に対する攻撃的動機は非常に強かった。しかし、合理的な計算の結果、米国にとってこれほど有利な条件下でも、望ましい目標は達成できないことがわかった。

新たな大戦争のシナリオは、さまざまな国で、さまざまな政治勢力の代表者たちによって、さまざまな目的をもって、絶えず形成されている。核の平等は戦争の合理的パラダイムに終止符を打ち、人類の「最高の頭脳」は戦争の復活に力を注いでいる。

核戦争のシナリオは、大きく2つのグループに分けられる:

  • 侵略シナリオ(軍事的合理性の喪失の克服);
  • 防衛シナリオ(軍事パリティの維持と強化)。

最初のシナリオ群は、悪魔的な知的平衡である。これらのシナリオは、ハッタリ(レーガンはゴルバチョフとの対決でこれを見事に利用した)か、実験への意欲(このような実験における失敗の代償は人類の死である)に基づいている。

アグレッシブなシナリオ

1. 対弾道ミサイル戦略

核パリティを克服する最初のきっかけは、核攻撃を受けても米国への報復攻撃を排除できるミサイル防衛を実現したいという願望だった。このアイデアは1940年代に生まれ、キューバ危機の後に第二の風が吹いた。しかし、「核の傘」(ひいては無罰の核攻撃)というコンセプトの魅力にもかかわらず、その実現には今日に至るまで大きな問題が残っている。

「核の傘」あるいは「核の不処罰」戦略の展望を評価する際には、3つの側面を考慮する必要がある:

  • 当面の間、この戦略は米国が最初に核攻撃を仕掛けることを想定している。ロシアの核戦力のかなりの部分が破壊された場合にのみ、この戦略には合理性がある。米国がわが国の核戦力のすべてから防衛できることを保証することは不可能だからだ;
  • ミサイル防衛は非常に高価である(攻撃ミサイル技術の何倍もの費用がかかる)。ミサイル防衛の開発に対する非対称的な対応は、非常に費用対効果が高く、より効率的である可能性がある;

米国のミサイル防衛戦略の実施を阻止するために、脅威の時代に敵対国が米国に対して最初に核攻撃を仕掛ける可能性が高まる。

2. ユーラシア地域における核戦争局在化戦略

この戦略の本質は、ソ連(ロシア)に対する核攻撃をアメリカからではなく、ヨーロッパ(ユーラシア)から開始するというものである。報復攻撃はアメリカではなく、先制攻撃が行われた国々に対して行われると想定されている。

米国がこの戦略を実行に移そうとした最初の試みは、1961年にトルコに核弾頭を搭載した中距離ジュピターミサイル15基を配備したことだった(射程2400キロ、モスクワまでの飛行時間10分)。ソ連はこれに対し、キューバに同様のミサイルを配備した(これがキューバ危機を引き起こした)。

1983年、アメリカはこの戦略を実行に移そうと2度目の試みを行った。この試みの結果、世界は再び核崩壊の危機に瀕した。1月18日、レーガンはパーシング(射程距離1700km)とトマホーク(射程距離2400km)の中距離ミサイルを配備する大統領令に署名した。1983年12月、最初のミサイルがドイツ連邦共和国に配備された。1985年までに、すでに600発近いアメリカのミサイルがヨーロッパに配備され、ソ連の標的を10分で攻撃できるようになった。

この戦略を実行に移そうとする試みは、いずれも軍縮に終わった。しかし、アメリカはこれに安住していない。2016年5月12日、ルーマニアの米軍基地でミサイル防衛態勢エリアの運用が開始された。その翌日には、ポーランドでも同様の米軍施設の建設が始まった(稼働開始予定は2018)。我が国の国境に近接するミサイル発射場のこのシステムの機能目的を分析すると、これらの施設は2つの機能を果たすことができることがわかる。ひとつはミサイル防衛である。しかし、同じサイロに核弾頭を搭載した攻撃ミサイルを格納することもできる。要するに、私たちは、アメリカに影響を与えない「良い戦争」の戦略をヨーロッパで実行しようとする第三の試みを扱っているのである。

核戦争をユーラシア地域に局限するという戦略の弱点は、ヨーロッパからわが国への攻撃に対して、ロシアがヨーロッパ局地戦にとどまるという、多かれ少なかれ信頼できる保証がないことである。わが国の軍事戦略によれば、そのような攻撃に対しては、欧州と米国の両方が攻撃されることになる。

3. 素早く解除する一撃の戦略

この戦略の本質は、米国が非核兵器構成の高精度極超音速兵器でロシアを短時間(30分から2時間)で攻撃することである。先制攻撃の対象は、戦略核戦力、司令部、国の政治指導部である。敵対国の計画によれば、第一撃の後、ロシアは降伏の最後通告を受けるが、これを拒否することはできない。拒否した場合、第2次攻撃が計画されており、これによりロシアは戦闘能力を大幅に失うことになる。

論理的には、このシナリオは完璧に思える。しかし実際には、米国に対する報復核攻撃は、行動不能となる発射装置(世界の海や北極海の氷の下にある潜水艦、上空をパトロールする戦略航空、商船に積まれたコンテナ内のミサイル、移動ミサイルシステム、密かに設置された核信管など)から行われる可能性が否定できないからである。

2017年の日朝対立の際、米国が北朝鮮に対してこの戦略を敢行しなかったことは、このシナリオがほとんどハッタリであることの雄弁な証拠である。

4. 低収量核弾頭を使用した局地戦の戦略

この戦略は、米国がすでに2度(日本とユーゴスラビアで)成功させている。2018年の米国の核ドクトリンは、このシナリオを核戦争戦略を実現する主な方法とみなしている。

その弱点は、第一に、核兵器を保有する国に対して容認できないことである。これらの国々は、大規模な戦争の対象となりうる。第二に、この戦略はさまざまな国家に核兵器の開発と保有を奨励するものである。

5. 原子力におけるハイブリッド要素の活用戦略

戦争だ。

この戦略の本質は、核攻撃と、わが国に悪影響を及ぼす他の種類の攻撃とを組み合わせることである。例えば、ハイブリッド戦争の腐敗の要素は、報復攻撃が依存する重要人物を無力化する。イラクでは、この戦略は非核戦争で成功した。主要な戦争における核戦争でこの戦略を用いることに、根本的な障害はない。

この戦略は有望に思える。その実行を、わが国の安全保障に対する主要な脅威のひとつと考えるのは正しい[1]

先制攻撃[2]の最も重要な要素は、占領された国に新しい国家を建設することである。いくつかの核戦争シナリオを実現する条件となるのは、この要素である。ユーラシア地域で核戦争を局限化する戦略を実行することができるのは、ヨーロッパとアジア諸国の国民が、核兵器が自国の領土に配備されるという事実、すなわち米国の核戦略の人質となるという事実に対して、肯定的または中立的な態度をとっている場合に限られる。結局のところ、自国の領土から核攻撃を受けた場合、これらの国々は報復攻撃によって一掃されることになる[3]

情報戦–超大国のハイブリッドな対抗措置の主要な要素のひとつ–は、ポスト・トゥルース(ポストモダンの新時代の発案)という新しい現象を形成している。ポスト真実とは何か。それは、ドキュメンタリー映像の代わりに演出された映像を使い、世界で起きている(あるいは起きていた)出来事の報道において過激な倒錯を軽んじない、大衆情報操作のメディアで何度も繰り返されていることである[4]

2018年、アメリカは新しい核ドクトリンを採択した。

長崎でさえ、日本のような人口密度の高い小さな国には何も起こらなかった。国は繁栄し、人々は核戦争がなかったかのように暮らしている。従って、低収量弾薬を軍事目的に使用することは極めて合理的である。2018年2月、日本の外務大臣は、このようなドクトリンを採用した米国に感謝の意を表した。そのおかげで、すべての日本人は隣国からの侵略を恐れず、幸せに暮らすことができるのだ。

核攻撃の脅威と、核兵器のソフトウェアを無力化できるサイバー戦争を組み合わせるという戦略は、有望に思える。現時点では、その可能性は低いと思われる。しかし、サイバー技術は急速に発展しており、核兵器に対するサイバー攻撃が効果的に破壊的なものになる可能性は高い。

防衛的核戦争シナリオ

核戦争の防御戦略は、2つの要素に基づいている:

  • 1) 国内で核兵器を製造し、その運用を開始し、核戦力を防衛複合体の主要な要素とする;
  • 2) 核攻撃を受けた場合に、侵略国に容認できない損害を保証する戦略と技術支援の形成。戦略核戦力開発の客観的論理は、核の三位一体の形成につながる:
    • 陸上配備の中・長距離弾道ミサイル(戦略ミサイル部隊);
    • 核兵器運搬船で武装した潜水艦隊(戦略ミサイル部隊の各部門に相当する威力を持つ戦略原子力潜水艦ミサイル運搬船、核弾頭ミサイルと魚雷を搭載した多目的原子力潜水艦とディーゼル潜水艦);
    • 核弾頭を搭載した核爆弾と空対地ミサイルを運ぶ戦略航空 – 24時間滞空可能な航空で、アクセス不能なキルゾーンは存在しない)。

国防核戦略の主な目的は、敵の先制攻撃から核戦力を守ることである。米軍のドクトリンによれば、先制攻撃はミサイル・サイロ、戦略航空飛行場、戦略潜水艦基地に対して行われる。武装解除攻撃に対抗するため、国防戦略計画は次のように定めている:

  • 地上のミサイル発射台は移動式にされ、絶えず場所を変え、森林に覆われて移動する。ミサイル発射台は貨物列車に偽装されるが、それは普通の列車と変わらない;
  • 核兵器を搭載した戦略航空は、威嚇期間中に空へ飛び立つ;
  • 潜水艦核戦力は、先制攻撃が事実上不可能な世界の海洋で、大部分が警戒態勢にある。

ソ連はペリメーター・システムを採用し、先制攻撃で戦略核戦力のコントロールセンターや軍・政治指導部が破壊されても、自動的に報復核攻撃を行うことを定めた。このアプローチは、合理的な戦争のパラダイムを復活させようとする理論家たちの足元を打ち砕いた。

防衛核戦略の重要な要素でもある:

  • 情報戦に対抗する;
  • サイバー攻撃に対する核施設の確実な防御の形成と、電子戦とサイバー戦の独自の効果的な技術の開発;
  • 効果的な腐敗防止政策を実施し、いわゆる第五列の代表者を、国家の安全保障に損害を与える可能性が最小となる分野で阻止する。

核戦争の見通しは、以下の状況に基づいて予測することができる:

  • 1 .予見可能な将来にわたって、核兵器は最も強力な破壊手段であり続ける。しかも、無差別である。これは非常に重要な点である。核戦争が起きれば、エリート層は一般人と同じように被害を被ることになる。人類が無差別に滅亡するという脅威は、実際には社会関係を調和させる最も効果的な手段であることが判明した。核の平等は、もちろん条件付きでしか社会的調和の要因と見なすことはできない。それはむしろ擬似的な調和である。しかし、それは非常に生産的である。3世代にわたって、大きな戦争が何であるかを知らないのだ。間違いなく、これはカントが夢見た永遠の平和ではない。しかし、平和とは、それがどのようなものであれ、またどのような要因に左右されるものであれ、平和であることに変わりはなく、戦争よりははるかにましである。
  • 2. 予見可能な将来において、人類が核兵器を放棄する可能性は低いと思われる。
  • 3. 核兵器の変形は否定できない。私たちは、そのような変容のひとつ(原子兵器から熱核兵器へ)を分析した。この分野のさらなる発展を否定するのは妥当ではない。核兵器は人類にとって有利な方向にも不利な方向にも発展する可能性がある。今日、核弾頭の威力は、運搬手段の精度の向上を背景に低下する傾向にある。ここにブレークスルーは見られない。しかし、もし対立するどちらかが、一方的に重大な利点を得る方法を見つけることに成功すれば、核パリティをなくし、最も強力な抑止力を無力化することができる。そのような事態が発生する確率は、平均的と評価するのが正しいだろう。そのために人類が平和を失うほど高い確率ではない。しかし、無視できるほど低いものでもない。
  • 4 将来、核兵器よりも強力な兵器が出現するという予測は、合理的であると認識できる。そしてその威力は、新たな破壊手段に比べれば淡いものとなるだろう。
  • 5. ミサイル防衛技術の躍進は高い確率で予測できる。「核の傘」、侵略者の免罪符 – 核戦争の始まりをほぼ確実に決定づける。
  • 6. 起こりうる核戦争に対する戦略は、戦争の合理的側面を追求するように進化していくだろう。核計画は、さまざまなハイブリッド戦争技術の使用とますます組み合わされるようになる。
  • 7. 核の脅威は、ある時点でハイブリッド戦争の1つまたは別の要素に従属する立場になる可能性が高い。残念なことに、人間の知力は、主要な戦争の合理的パラダイムを復活させる方法を積極的に模索している。いつかこの探索が成功する日が来ると考えるのは論理的である。人類の知的な力がすべて悪の側に傾かないことを願うばかりである。ヨハネによる福音書の預言的な一節を思い起こさないわけにはいかない。

生物兵器戦争

生物兵器使用の戦略と戦術

生物兵器の使用は、古代にまでさかのぼることができる。ペストの流行は何百万人もの命を奪った。軍事目的のために、伝染病で死亡した人々の死体を敵軍や市民に感染させるために使用することが行われた(ペストの犠牲者の死体は、包囲された要塞の城壁の上に投げ込まれた)。18世紀、アメリカの入植者たちは、アングロサクソンの深い人道主義に則って、インディアンに贈り物をした。彼らは天然痘に汚染された毛布を贈り、北アメリカの先住民を大量死させた。

1930年代、日本の侵略者は中国人や朝鮮人に対して生物兵器を使用した。20世紀30年代に極東でわが国の軍隊に大きな被害を与え始めた脳ダニも、生物学的侵略の結果であるとする説がある。第二次世界大戦における日本の敗戦後、日本の生物兵器開発者の多くはアメリカの秘密研究所に避難した。

1952年1月から3月までの朝鮮戦争中、米軍が細菌兵器を細菌空中爆弾の形で使用した記録は804件あった[1]

生物兵器を開発するための目印は、人類が獲得したデスメッセンジャーの中に見つけることができる:

  • 1967年 マールブルグ熱;
  • 1969年 ラッサ熱;
  • 1976年 エボラ出血熱;
  • 1981年 後天性免疫不全症候群(AIDS);
  • 2003年 SARS

生物兵器の製造や実験のような閉鎖的な分野での結論は、仮説でしかありえない。しかし、仮定のレベルでさえ、非常に恐ろしいものである。仮説の本質は、引用された病気は、実験に失敗した結果、自律性を獲得した制御不能の生物学的病原体の産物であるということである。

今日、米国が旧ソ連諸国(グルジア、ウクライナ、カザフスタン)の領土内に生物学的専門センターのネットワークを構築していることは、とりわけ憂慮すべきことである。ロシアを存亡の危機と分類する国が、どのような戦略的目標を追求しているのかを推測するのは難しくない。

生物兵器は、その使用規模の点では化学兵器の影に隠れており、人類への模擬的被害の規模の点では、大陸間弾道ミサイルの熱核弾頭の影に隠れている。しかし、綿密な分析によれば、最も危険なのは影に隠れているものである。破壊力という点では、生物兵器は有害な化学物質だけでなく、核兵器にもはるかに遅れをとっていることは間違いない。この点については、20世紀初頭にヨーロッパで約1億人の死者を出したスペイン風邪(いわゆる「スペイン風邪」)の流行が十分に物語っている。

生物兵器の危険性は、さまざまな理由から核兵器の脅威の何倍も大きい:

  • 第一に、致死性の生物学的製剤の使用は、戦争を合理的パラダイムの懐に戻す;
  • 第二に、生物学的戦争手段は密かに使用することができるため、敵を絶滅させる攻撃は隠れた暗黙の性格を持つことになる;
  • 第三に、生物兵器を改良する見込みは非常に巨大であり、他のあらゆる兵器の危険性は文字通りこの見込みの前に霞んでしまう[2]

生物兵器は3つの側面から正しく定義されている:

  • (1) まず、敵に損害を与えるために使用される病原微生物、その芽胞、ウイルス、細菌毒素(細菌学的要素は細菌兵器と呼ばれることもある)である;
  • 2) 生物製剤を、その有害な特性が発揮される場所(航空、ミサイル装置、砲弾、感染者、動物)に運搬する手段;
  • 3) その他の生物学的手段で、敵に危害を与えることが可能なもの。

生物兵器の一種:

  • 昆虫学的兵器(昆虫は有害作用の運び屋として使われる);
  • 武器は遺伝的なもの。

秘密裏に(暗黙のうちに)使用できることは、生物兵器の特徴であり、特殊な軍事的特性である。この特性により、隠密(サボタージュを含む)戦争の道具として使用することができる。

生物兵器の同じ性質は、テロリストにとって非常に魅力的である。技術が単純化され、入手しやすくなっている傾向を考えると、この傾向は非常に現実的で危険なものに思える。

  • [1]朝鮮および中国における細菌戦に関する国際科学調査委員会報告書。1952年北京。
  • [2]このような観点から、人類の生物崩壊を防ぐツールとしての知性は特に重要である。

生物兵器の国際的な法的禁止

生物兵器の国際的な法的禁止への最初のアプローチは、1925年6月17日、ジュネーブで各国代表による「窒息性ガス、毒性ガスその他のガスおよび細菌学的戦法の戦争における使用の禁止に関する議定書」の調印であった[1]。この議定書には37カ国が署名し、後に134カ国が加盟した。

1972年4月10日、ソ連やアメリカを含む多くの国の代表が「細菌兵器(生物兵器)および毒素兵器の開発、生産および備蓄の禁止に関する条約」に調印した[2]。調印の場所はモスクワ・ロンドン・ワシントンであった。この条約は、さまざまな国際委員会[3]や作業部会の活動を規制する一連の国際法規範の開発に弾みをつけたが、その意味は基本文書の内容に由来する。

生物兵器に関する国際法上の禁止事項には、多くの空白がある。特に、非軍事的な研究開発[4]は禁止されておらず、その成果は将来、二重利用され、非常に効果的な生物兵器の基礎となる可能性がある。

生物兵器開発の現段階の特殊性は、新たな効果の高い生物学的製剤が、軍の微生物学者によって発見される可能性があることである。このような危険な発見は、微生物学や遺伝学研究の潜在的に危険な結果を自らの裁量で処分できる独立した科学者による一般的な科学研究の結果、偶然になされることもある。例えば2012年、エラスムス医学センター(ロッテルダム)で微生物学実験を行っていたオランダ人科学者が、ほとんど偶然に、遺伝子組み換え鳥インフルエンザウイルスを入手したことが知られるようになった

微生物学のデュアルテクノロジーは、多くの先進国の軍産複合体のイメージを徐々に変えつつある。多くの専門家によれば、多くの先進国の近代的軍産複合体は、ますます生物学的に優位に立ちつつあるという。

生物兵器使用の見通し

今日の世界では、微生物学者の研究努力はいくつかの方向に向けられている:

  • 1. 様々な有害性(致死性、敵の生命力を一時的に無力化、特定の人間の機能を遮断)を持つ、非常に効果的な生物兵器を作る技術の開発。
  • 2. 高い選択性(人種、民族、文化、性別、年齢)を持つ生物兵器の戦闘使用のための技術の創造、試験、開発。
  • 3. 新しいタイプの生物兵器を探す:
    • 第一に、最小限のコストで生物兵器を使用すること(少数の生物製剤で最大の被害をもたらす);
    • 第二に、生物兵器を偽装して使用し、生物兵器の使用と人命の損失(またはその他の被害)との関連性を特定・証明することをできるだけ困難にすることである。
  • 4. 新たな種類の危害(生物兵器の使用によって起こりうる結果としては現在認識されていないもの、例えば、人間のアイデンティティの喪失や人間の生物学的性質の変化など)を引き起こすことが可能な、新しいタイプの生物兵器をモデル化する。
  • 5. 生物兵器に対する効果的な防衛手段を開発する:
    • 想定される敵の攻撃的行動への対応という観点から;
    • 生物兵器の有害な影響を局限化する(生物兵器は敵にしか影響を与えないが、生物兵器を使用する者は、その被害を中和する有効な薬物を持っている)。

あらゆる大量破壊兵器の中で、生物兵器は最も有望であるように思われる。しかも、その将来性は軍事戦略にとどまらない。生物兵器が「文明の衝突」の問題や地球の人口過剰の問題を解決する鍵になる可能性もある。

  • [議事録は次のように宣言した下名全権委員は、それぞれの政府を代表して次のとおり宣言する。窒息性ガス、毒ガスその他これらに類するガスおよびすべての類似の液体、物質および工程の戦争における使用は、文明世界の世論によって正当に非難されていることを信じ、この使用の禁止は、世界の大部分の国が締約国である条約に定められていることを信じ、各国の良心および慣行を等しく拘束するこの禁止を国際法の一部として普遍的に承認するため、次のとおり宣言する。締約国は、この使用を禁止する条約の締約国でない限り、この禁止を承認し、この禁止を細菌学的戦争手段に拡大することに同意し、かつ、この宣言の条項によって相互に拘束されることに同意する。
  • [2]この条約は、署名国の義務を次のように定めている。この条約の各締約国は、いかなる場合にも、次のものを開発し、生産し、備蓄し、その他取得しまたは保持しないことを約束する。p.1. 微生物学的またはその他の生物学的製剤または毒素は、その起源または製造方法の如何を問わず、予防、防護その他の平和目的を意図しない種類および量のものであること。第2条この条約の各締約国は、この条約の効力発生の後九箇月を超えない範囲内において、自国が保有し、または自国の管轄若しくは管理の下にあるこの条約の第一条に規定するすべての剤、毒素、兵器、器具および運搬手段をできる限りすみやかに廃棄し、または平和的目的に転用することを約束する。この条の規定を実施する場合には、公衆および環境を保護するために必要なすべての予防措置をとらなければならない。
  • [例えば、反テロリストの「1540委員会」である
  • [4]研究開発。
  • [5]参照:電子リソース
    Ученые создали вирус, грозящий убить миллионы людей
    Специалисты голландского Центра Эразма, экспериментируя с вирусом птичьего гриппа A(H5N1), произвели пять мутаций, после которых он стал пер

情報戦

情報戦の概念

現代社会において、情報はより多くの問題を解決するためのツールになりつつある。情報技術は現代の社会生活の一部となりつつある。同時に、情報は創造的な目的にも破壊的な目的にも使用できる。情報戦の本質は、情報による影響(専ら、あるいは他の影響と組み合わせて)によって敵に損害を与えることである。

敵に悪影響を与える方法としての情報の影響は、古代からほとんどすべての戦争で多かれ少なかれ使われてきた。たとえば、ある戦いの前夜、モンゴルの指導者テイムジン(当時はまだチンギス・ハンと名乗る前だった)は兵士たちに、それぞれ火をいくつも灯すよう命じた。そうすることで、敵に自軍の規模を誇張して見せたのだ。敵は怯え、退却した。帝武神の戦士たちは、戦うことなく、剣をさらすこともなく、この戦いに勝利した。勝因は情報によるインパクトだった。

事実上すべての軍事戦略には、戦術や作戦術に情報要素を組み込むことが含まれる。インテリジェンスは戦争遂行支援の最も重要な要素である。その本質は、敵が隠そうとする情報を得ることである。敵機が爆撃する偽の飛行場(戦力衝撃を現実の目標から偽の目標に再構成する)も、戦争の情報要素である。

敵に損害を与えるために情報を利用する現代の段階の特徴は、情報要素の大幅な増加、つまり量から質への移行である。現代の状況において、軍事的対決が行われる新しい環境が徐々に形成されつつある。これが情報環境である。情報環境は、陸、海、空、宇宙という軍事戦闘が行われる他の4つの環境と同様に重要である。

研究者たちはこのような情報戦を区別している

  • 1)情報戦と心理戦
  • 2) 情報技術戦争;
  • 3) ネットワーク化された情報と組織戦争。

情報戦と心理戦

情報心理戦の本質は、国家間の対立の結果を左右しうる人々の意識と潜在意識に情報を与えることにある。この影響は、次のような人々に及ぼされる:

  • 1)その国の市民;
  • 2) 同盟国の国民;
  • 3) 敵国の国民;
  • 4) 敵側の同盟国の国民;
  • 5) 対立の軌道に巻き込まれた他国の市民。

理想的なのは、このような戦争がもたらす情報への影響である。

地球全体の住民に公開されるべきである。間違いなく、さまざまな主体がさまざまな目的のために影響を受けている:

  • (1)仲間に影響を与える:
    • 同胞を政府に結集させる;
    • 戦争が行われている根拠の正当性を確信させる;
    • 政府が正しいことをしている、勝利の見込みがある(「敵は打ち負かされる、勝利はわれわれのものだ」)と確信させる;
    • 自分たちの武器、軍隊、指揮官の強さに自信を持たせる;
    • 敵の軍事的主張の不公正さや「ひどさ」を明らかにし、敵の弱点(たとえ存在しないものであっても)を示し、敵の見通しの悪さを説明する;
  • 2) 同盟国は、ほぼ同じメッセージで洗脳されるが、アクセントが変わるだけである;
  • 3) 情報戦の主な方向性である、情報戦が行われている国に住む市民への影響力。抵抗の意志を抑圧し、(意識と潜在意識の中で)敵に協力する動機を形成し、戦争の過程で国民、政府、軍隊に何らかの形で反対する動機を形成するのである;
  • 4) 敵の同盟国への影響も同様に行われる。戦争が行われている国の同盟国であることがいかに悪いことかが強調され(不当な戦争を行っている、勝つ見込みがない、戦争の苦労が同盟国に不当に転嫁されている)、モンスター国家、破綻国家との同盟を拒否し、理想的な国(情報戦争を行っている国)と同盟を結ぶことが賢明である、という橋が投げかけられる;
  • 5) 他国の国民に影響を与えるとき、同じことが植えつけられる–不当な戦争を仕掛けている敵の味方になることがいかに悪いことで、情報戦争を仕掛けている国(その「正しい」大義のための闘いにおける勝利は「疑いない」)の味方になることがいかに良いことか。

情報が行為者に与える影響の程度は、以下によって決まる:

  • 戦略的目標
  • 資源能力(技術、資金、人材など);
  • 対象者のセキュリティレベル

情報インパクトの規模は、戦略目標と完全に一致することもあれば、部分的に一致することもある。完全なコンプライアンスは戦略的な理想であるが、現実的に達成することは不可能である。

部分一致クラスターでは、いくつかのカテゴリーを区別することができる:

  • 最低限だ;
  • 平均的だ;
  • に近づく:

例えば、70年代のソ連における情報の悪影響は最小限であったが、80年代には平均的なものとなり、90年代[1]には完全に近いものとなった。

情報戦の過程では、否定的な情報を与えるあらゆる可能なチャンネルが使われる。最も効果的なのは次のようなものだ:

  • 放送;
  • 映画館
  • 印刷製品(公然、密輸の両方);
  • 様々なメディア(雑誌、オーディオ、ビデオ製品)のマスカルチャー製品;
  • 外国情報機関の諜報員(ネガティブ情報を流す諜報員、および諜報員組織員)。

インターネットの出現により、上記のチャンネルの重要性は著しく低下した。情報戦のツールとしてのインターネットは、その能力と重要性において、他のすべてのものを凌駕している(ある程度は使われ続けているが)。

質的なパラメーターの観点からは、情報戦戦略を2つのタイプに区別するのが正しいだろう:

  • 1)第一のタイプ(限定的情報戦戦略)は、対象を高いレベルで保護することで実現される。その影響は、海外からの情報衝動に限定される。第一のタイプは、主権国家の情報分野に部分的に侵入するものである;
  • 2) 第二のタイプ(全面的情報戦戦略)は、敵国を弾圧(軍事または腐敗)した場合に実現される。この戦略の実現は、(情報主権を完全に、あるいは部分的に失った)国家の情報分野が完全に、あるいは大部分を捕捉された場合に可能となる。

ある国が情報主権を完全に失ったか、部分的に失ったかによって、総合情報戦戦略は2つのバリエーションで実施される:

  • 1) 第1のバリエーション – 国家の掌握を伴う情報戦争国家は国益を確保するために働くことをやめ、国民の代表者であることも、国民の利益を守る擁護者であることもやめる。この戦略の実施中、国民の意識はほぼ完全に再形成され、新しい国民文化が形成され、その結果、新しい国家が「建設」される。この戦略を実行する際、メディア、教育・文化機関、国の教育システム、国の社会統制システム(家族教育、社会的絆、伝統など)は、情報侵略者のために働く。この戦略の目的は、被征服国の住民を一種のペットにすることであり、その存在意義は、被征服国での好ましい生活を保証することにある;
  • 2) 総合情報戦争戦略の第二のバリエーションは、その国の情報分野のかなりの部分を占領することに基づいている。情報分野の掌握は、それ自体が戦争の非常に重要な結果である。この掌握は、国の社会生活を再形成するシステム形成要因となり、その後の国家掌握につながる。その後(失敗がなければ)、総合戦略の最初の変形が実施される。

前世紀の90年代、アメリカはわが国を実質的に弾圧し、第一次世界大戦戦略が実施され始めた。V.V.プーチンの政策により、わが国の情報分野から外国の主体が大幅に排除された。否定的な情報影響に対する効果的な防御体制が回復し始めた。さらにロシアは、NATO加盟国の情報空間も含め、世界の情報空間におけるシェアを主張し始めた。もちろん、世界の情報空間はここ数十年、アメリカの情報マシンの全面的な影響によって著しく変形している。情報の信頼性、メディアの自由、言論の自由、こうした現象は次第に歴史の財産となりつつある。この情報分野では、情報発信のパラダイムが根本的に変化している。以前のパラダイムは、出来事の信頼できる反映と社会における情報の自由な流通に基づいていた。世界の情報空間が機能する現代のパラダイムは、アメリカのグローバリゼーション政策に対応した情報製品の形成であり、その全体主義的な押し付けであり、情報の流れ全体に反するあらゆる情報の暴発の抑圧である。情報戦の主体としてのロシアは、情報の虚偽性生産のパラダイムを打ち破るにはまだ弱すぎる。しかし、最初の一歩は非常に成功したと評価できる。

ロシアと米国の現代的な情報対決の最も重要な結果は、世界の超大国にグローバル情報戦戦略を放棄させたことである。米国は、限定的な情報戦の戦略に切り替えることを余儀なくされた。私たちは前世紀の80年代後半に、限定的情報戦争における敗北がどのような悪影響をもたらすかを見てきた。このことから、2つの重要な方法論的結論が導かれる:

  • 限定的な情報戦は、国家の安全保障にとって最も深刻な脅威である。ここでミスを犯せば、国家としての地位を失うことになる;
  • ソ連とアメリカの間の情報戦争の経過を可能な限り深く分析し、その分析に基づいて、現代のアメリカとロシアの間の情報戦争の否定的な結果を除外する必要がある。

ソ連指導部が情報戦争で犯した過ちを分析することは、世界的に複雑で超重要な問題である。この目的のための研究機関の設立は、極めて正しい国家の決定であろう。

国家間の情報対抗の形態は以下の通り:

  • 社会文化戦争;
  • 精神史的戦争:

社会文化戦争には、敵の情報フィールドへのさまざまな種類の進出が含まれる:

  • 外国の大衆文化が拡大し、伝統的な国民文化の重要性や優位性が低下している;
  • 外国映画の拡大;
  • 言語環境の拡大(ロシア語の歪曲と変形、ロシア語の機能範囲の制限、ロシア語話者の文化レベルの低下、若い世代におけるロシア文学の古典作品に対する無感覚の形成);
  • 文化レベルの原始化、文化的伝統、国民文化の担い手の意識。

精神史的戦争は、住民の精神に浸透することに基づいている:

  • 偽りの歴史的事実の;
  • 誤った歴史理論の

精神史的戦争の最重要課題は、このような意識を形成することである。このような意識は、国民に、民族の誇りを喪失させ、自国、その歴史、その歴史的道筋に対する尊敬を失わせ、それが現代にも続いていることを決定づける。最終的に、精神史的戦争は、敵の士気を低下させ、対決に参加する意欲をなくし、国益を軽蔑し、勝者に従順になり、自国を傷つけ、外国の侵略者を助けるという点で主導権を握るようにさえなるはずである。

  • [1]ソ連でもロシアでも。

情報技術戦争

情報技術戦争という言葉は、この種の戦争における主要な構成要素が含まれていることを示している:

  • 独自の技術的手段を用いる;
  • 情報領域で機能する敵の技術的手段に悪影響を及ぼす。

情報技術戦争の種類といえば、次のように分類できる:

  • 1) 電子戦;
  • 2) 特殊メッセージの暗号化と復号化、および敵の偽情報;
  • 3) サイバー戦争;
  • 4) ネットワーク中心戦争。

戦闘支援の一形態としての無線・電子戦(REW)は、軍事領域への情報技術の浸透が非常に顕著になったことへの対応策となっている。電子戦は、敵の電子戦機器の正常な機能を妨害することを目的とした一連の技術的手段:

  • コミュニケーション手段
  • 通信システム;
  • 早期目標検知警報システム;
  • 標的システム(飛翔ミサイルや投下爆弾に搭載されているものを含む)。

ある程度の慣例があるが、電子戦の手段は堅いものと薄いものに分類できる。例えば、電磁爆弾は堅いが非常に効果的な武器である。これは事実上、上記のタイプの情報技術手段をすべて無効化することができる。より繊細な方法 - REB手段が敵の機器に与える正確な影響。例えば、2014年にクリミアがロシアに併合された後、黒海でアメリカの駆逐艦ドナルド・クックが不適切に領海に接近した。これを迎え撃ったのはロシアのSU-24航空機だった。この航空機は、40年以上にわたってわが国で使用されてきた。しかし、近代的な電子戦手段を備えたこの航空機は、恐ろしい兵器である。ドナルド・クック号の甲板上空を数回飛行した後、同機はルーマニアの港のひとつへの出港を確実にし、そこで60人以上の乗組員が精神科医の助けを求め、20人以上が軍務からの解任に関する報告書を書いた。このような反応の理由は、SU-24がREBの手段でアメリカの駆逐艦のすべての兵器を制圧し、艦のすべてのコンピューターの画面が故障し、艦が事実上無防備になったからである。実質的に無防備だったのだ。アメリカ側はこのことに気づいていたからこそ、痛烈に反応したのだ。

2017年、シリア軍による化学兵器の使用[1]に関する西側メディアの虚偽報道に乗じて、米大統領はシリア空軍基地へのミサイル攻撃を命じた。米国のフリゲート艦2隻が電子照準機能を備えた64発のトマホーク・ミサイルで攻撃した。ロシアの電子戦コンプレックス「クラスカ」は、この攻撃のエリアで活動していた。その結果、64発のミサイルのうち

  • ランチャーシャフトから出てこなかった;
  • 海に落ちた;
  • 発射された59発のミサイルのうち、目標に到達したのはわずか23発だった(1発200万ドルのミサイル36発が砂漠に命中)。

ミサイル攻撃は事実上失敗に終わった。一日後、シリアの空軍基地は通常通り稼働していた。航空機はテロ勢力を爆撃するために飛び続けていた。

これまでの経験から、REBはミサイル防衛や対艦防衛において非常に費用対効果の高い方法であることが分かっている。REBは戦術的、作戦的、さらには戦略的な課題を解決することができる。

特殊なメッセージを暗号化・解読し、敵に情報を与えないことは、戦闘作戦を確実に行うための伝統的な方法である。この情報戦の方法は、分析された現象の起源である。しかし、この方法は非常に効果的であり、現代の状況でも十分に通用する。例えば、宇宙から見た場合、移動ミサイルシステムの膨張式模型と実物を見分けることはほとんど不可能である。侵略の場合、敵の重要な攻撃力はダミーに向けられる。第二次世界大戦中、ドイツ軍はエニグマ暗号機を発明し、解読を事実上不可能にした。しかし、イギリスの解読者たちはその暗号を解読することができ[2]、ドイツ国防軍の秘密情報にアクセスすることができた。この情報はソ連のスパイを通じてスターリンの机に届き、専門家によれば、これにより我が軍の勝利が数ヶ月近づいたという。

  • [1]実際には、シリア空軍はテロリストが自家製化学兵器を製造していた工場のひとつを爆撃した。
  • [2]最初のコンピュータのひとつ(いわゆる「チューリング・マシン」)は、この目的のために作られた、

サイバー戦争

サイバー戦争は2つの意味で使われる概念:

  • コンピューター支援戦争;
  • コンピュータ・ネットワークの空間における戦争(敵との対決)。

コンピューターは私たちの生活に不可欠なものとなり、軍隊を含め、コンピューターなしでは考えられない活動領域がある。砲兵隊、戦車、ミサイル、無人機、飛行機、船舶、宇宙船にはコンピューターが搭載されている。戦争の舞台となった国々でアメリカの無人機が行う爆弾やミサイルの攻撃は、ほとんどコンピューターゲームのようなものだ。オペレーターは安全なアメリカの基地に常駐している。コンピュータのキーボードのボタンを1回押すだけで、外国の都市や農村の数百平方メートルがクレーターと化し、数十人、時には数百人の墓場となる。私たちのヤーコント対艦ミサイル12発は、発射後、最も重要な標的を自ら見つける。飛翔するミサイルのグループ間でネットワークの相互作用が形成され、情報が交換され、あるミサイルが別のミサイルの標的を絞り込み、隣のミサイルがより正確に攻撃するのを助けることができる。また、あるミサイルが撃墜された場合、隣のミサイルがその代わりとなり、より重要な目標に向きを変える。

サイバー戦争の変種は、戦闘作戦のネットワーク中心戦術であり、戦闘作戦のネットワーク中心組織である。たとえば、現代のラトニク装備には、銃器に対する効果的な防御要素だけでなく、戦士の周囲の空間をスキャンするビデオ装置も含まれている。その情報は司令部にあるコンピューター上のオペレーターに送信される。各兵士は複雑なコンピューター・ネットワークの要素となり、部隊指揮官とその補佐役がその助けを借りて戦闘を管理し、待ち伏せや見通しの悪い場所からの攻撃を警告し、戦闘機や部隊、さらには軍隊の支部や支部の相互作用を調整する。

ネットワーク中心の作戦術は、軍事作戦の組織に関する新たなパラダイムを徐々に形成しつつある:

  • 最初のグループ分けの構成;
  • 偵察;
  • 部隊、軍隊の支部、軍隊の支部の間の交流の組織化;
  • 作戦計画を実施する過程における部隊管理の

ネットワーク中心戦争という現象の研究者の一人であるL.V.サヴィンによれば、「ネットワーク中心戦争は純粋に軍事的な概念であり、実験やシミュレーションを通じた知的な発展やブレインストーミングから、国防総省のインフラや米国の軍事戦略の変化に影響を与える実践的な行動へと長い道のりを歩んできた。情報化時代と情報技術によって可能になった部分が大きい」[1]

アメリカのオーエンズ提督は、戦争組織に対するネットワーク中心アプローチの本質を次のように述べている:「インテリジェンス、監視、偵察には、データ収集に関連するセンサーと通信技術、および自軍の行動を追跡できる新しい手段が含まれる。高度なC4I(指揮・統制・通信・コンピュータ・アプリケーション・情報処理)とは、センサーの認識を戦闘空間の有力な理解に変換し、その理解を、その戦闘空間を修正・統制・卓越するように設計された任務や命令に変換する領域である。精密戦力とは、最初の2つの領域から生み出された知識と命令を行動と結果に変換する広範な概念である

  • 1) まず、(戦争の道具としての)情報の通常兵器に対する優位性について;
  • 2) 第二に、敵に対する実質的な情報の優位性である。

ネットワーク中心戦争の本質は、情報の優位性を勝利に変えることである。

ネットワーク戦争という現象は、戦闘作戦組織に対するネットワーク中心アプローチとは区別されるべきである。「ネットワーク戦争(Netwar)は、多くの米軍の専門家やアナリストによって開拓されたものではあるが、情報化時代、ポストモダン、グローバリゼーションの要請とも関連する、より広範な現象である。しかしこの場合、ネットワーク戦争の技術や戦術は、軍と政治社会の両方によって適用される可能性は十分にあるが、近年の数々の出来事が私たちに確信させているように、それは最も広範な人々のための行動手段である」[1]

サイバー戦争のもう一つの形態は、ハッカー攻撃(専門家は「DiDos攻撃」と呼ぶ)である。

サイバー戦争の一要素としての)ハッカー攻撃は通常、次のような目的で行われる:

  • ある物体の制御を傍受し、その物体の正しい機能を妨害することで敵に損害を与える(最も危険なのは原子力発電施設の機能を妨害することで、このようなハッカー攻撃の結果は原子爆弾の爆発に匹敵する可能性がある);
  • 機密情報を盗み、誤った情報を流す;
  • コンピューターやコンピューター・ネットワーク全体(例えば、国防省や敵の参謀本部の情報センターや作戦対応センター)にウイルス障害を引き起こす。

複雑な兵器システムの製造における情報セキュリティへの最も大きな脅威の一つは、外国製部品の使用である。ここでの主な問題は、いわゆる「ブックマーク」と呼ばれる、さまざまな兵器の情報部品の細部に埋め込まれ、結果として起こりうるデバイスの可能性:

  • 機密情報の不正抽出;
  • 兵器システムの正常な機能に障害をもたらす;
  • 敵がこれらの兵器をコントロールすることで、これらのシステムを制御し、その兵器が使用されている国家に不利益をもたらすように機能させる。

2017年5月、未知のハッカーが(ロシアを含む)欧州各国のコンピューターシステムに大規模な攻撃を行った。ロシア連邦大統領は、この攻撃のサイバー痕跡は米国につながると推定している。この国の代表はコメントを控えた。このバージョンを支持する論拠は以下の通り:

  • 米国では、ロシアのハッカーがトランプ大統領を当選させたと疑う者はいない。そのような過激なロシアによる米国内政への「干渉」の証拠を見つけるために、特別捜査が開始され、米司法長官が最高幹部を捜査する権限を持つ特別検察官を任命した;
  • トランプ氏が大統領に就任する以前から、アメリカ政府関係者は、ロシアに対しても一連のハッカー攻撃が行われるだろうという意味で私たちを脅していた。

5月の攻撃は、わが国の施設がデジタル侵略からかなり守られていることを示した。(医療施設さえ攻撃されたが)わが国に大きな被害はなかった。

  • [1]サヴィンL.V.ネットワーク中心とネットワーク戦争。コンセプトの紹介。М., 2011.S.Z.
  • [2]0wens, William A.The Emerging U.S. System of Systems.// Strategic Forum No.63, Institute forNational Strategic Studies, February 1996.- 引用元:Savin L.V. Network-centred and Network Warfare.概念入門。М., 2011.С.20.
  • [ネットワーク中心とネットワーク戦争。コンセプトの紹介。М., 2011.S.Z.

ネットワーク情報と組織戦争

現代世界は組織化されており、敵国に対する敵対作戦を遂行するために、外国の諜報機関に諜報員をリクルートする必要はないことが多い。ネットワーク戦争が繰り広げられている国の多くの国民は、自分では気づかないうちに外国の諜報員の役割を果たしている。情報技術の助けを借りて、ある一部の国民の意識は再プログラムされ、ネットワーク・ツールによって彼らの精神を再コード化することに成功したその国の利益のために、彼らは無意識のうちに自国に対して行動し始める。ネットワーク戦争とは、ネットワークを利用した秘密戦争の一種である。

ネットワークとは、情報および組織的現象である。複雑な構造を持つ現象としてのネットワークの特徴には、以下のようなものがある:

  • 構造を構成する要素間の非剛性接続(この接続が顕在化する場合もあれば、顕在化しない場合もある);
  • 任意構造性(構造は、いかなる要因にも直接依存することなく出現し、変容する;)
  • ぼやけた構造(構造がまったく見えないか、非常にかすかまたは不明瞭に見えることがある);
  • 形式的には非階層的な構造化(素朴な観察者は通常、ネットワークに上司と部下は存在しないと考える-これは事実だが、常にそうとは限らない);
  • ネットワークが果たすべきタスクに応じて、急速に出現し変容する構造である。

これらの特徴は、ネットワークを、偶然に生まれ、何のプログラムもなしに機能する自然発生的な現象として認識するための前提条件を作り出す。実際はそうではない。自発性はネットワークの外的属性にすぎない。以下のようなアクターがいる:

  • ネットワークを作る;
  • あるプログラムに従って機能することを決定する前提条件を形成する;
  • その機能を確保する;
  • その発展をある方向に導く。

この二元論-ネットワークの機能を組織し、保証し、発展のベクトルを設定する主体の存在下での自己組織化の出現-は、ネットワークの本質を決定するネットワークの最も重要な特徴として正しく定義することができる。しかもこの主体は、かなり複雑で明確かつ安定した階層構造を持っており、これは初歩的なネットワーク機能担当者には見えず、ほとんど知られていない。しかし、この構造と主体の目標設定は、ネットワークの機能、形態、規模、その他のパラメーターの性質に反映される。

ネットワーク運用の主な課題は以下の通り:

  • ネットワークエリアの人々に知らせる;
  • さまざまな社会現象に対する一定の態度の形成;
  • ネットワークの初級機能者に特定の性格特性(抗議活動やテロ活動への準備態勢など)が形成される;
  • 情報組織インパルス(シグナル)の最高位階級者から初級機能者への変貌;
  • 情報-組織的衝動によって開始された活動の管理。

情報・組織ネットワークの主な(成果)目標は以下の通り:

  • 1. プログラムの最大値:
    • 国民の意識の変化(生活に対する不満の形成、抗議ムード、攻撃的衝動);
    • 国や地域の指導者の活動に不満を持ち、それに対して積極的な行動を起こす用意のある社会集団(さらには人口の社会層)の形成;
    • 指導部の辞任につながる抗議行動や集団的不服従の開始;
    • ネットワークを組織し、その機能を管理している政治家(通常は外国人)の代理人を政権に就かせること。現在ロシアに対して繰り広げられているネットワーク戦争の場合、アメリカの代理人である;
    • 傀儡政権に依存し、この外国の政治主体に対する国からの脅威(経済、科学、軍隊の破壊)を排除する;
    • 非等価交換を保証するメカニズムの形成(ネットワーク戦争に敗れた国から、専門的、技術的、知的、天然資源などの資源を吸い上げる);
    • ネットワーク戦争の主催者による世界支配の主張。
  • 2. 最低限必要なプログラム
    • 所定のパラメータに対応する、国内における市民意識の形成;
    • 過激派やテロリストの抗議行動を組織すること。

最小限のプログラムはオプションBで、ネットワーク侵略への対抗措置が成功した場合に実施される。この場合、オプションBの枠組みの中で、方向性が区別される:

  • 1)第一の方向は、社会的抗議と過激主義の組織化に重点を置く;
  • 2) 第二の目的は、テロ活動の前提条件を作り出すこと:
    • 特定の社会階層に対する情報処理、テロ活動の準備態勢の形成;
    • テロ行為の組織化技術(爆発物の製造など)に関する情報提供;
    • 自律的なテロリスト細胞や個々のテロリストの形成。

オプションBを実施するための活動の方向性は他にも考えられる(例えば、トップマネジメントの指令の履行を密かに拒否する官僚の行動など)。

第一の方向性は、サイバー戦争の一要素とみなすことができる。一般に、ネットワーク戦争は情報技術の広範な利用に基づいており、情報戦争の表れのひとつと考えるのは極めて正しい。

汚職戦争

汚職から汚職戦争へ

現代の最も深刻な問題は腐敗である。20世紀後半から21世紀初頭にかけての国際関係の本質を分析すると、腐敗はハイブリッド戦争の基本要素でもあることがわかる。冷戦における腐敗の要素を、ソ連を破壊する最も重要な手段のひとつと考えるのは、極めて正しい。汚職と核戦争のハイブリッド化がもたらす結果は、想像するだけでも恐ろしい。汚職とテロリズムのハイブリッド化も同様である。戦争の道具としての汚職は、現代の軍事理論家の発見だとは言えない。古代には、「最も難攻不落の要塞の門は、金を積んだロバの前に開かれる」という戦略があった。しかし、腐敗が軍事目的に利用される程度や、国家間の競争闘争におけるその重要性は変化してきた。現代では 2003年のアメリカのイラク侵略の際に、最も鮮明な腐敗兵器がその姿を現した。今日では、汚職戦争の軍閥はもはや秘密を守っていない(イラクの高官に関しても、ソ連の高官に関しても)[1]。

ハイブリッド戦争の理論は、一見信じられないようなことを理解するのに役立つ。ソビエト社会主義共和国連邦という巨大な強国が、一発の銃声もなく武装解除し、バラバラになり、勝者の慈悲に降伏する。古典的な軍事パラダイムの枠組みで考えれば、これを理解し説明することは不可能だ。しかし、ハイブリッド戦争という概念に立てば、起こったことの意味は極めて明白である。ソ連大統領に与えられた「最高のドイツ人」の称号、アメリカ国民への貢献に対するアメリカ勲章の授与–これらはすべて、素朴な人間ならめまいがするような事実である。平和が戦争であり、戦争が平和であるというポストモダンの逆転した世界において、素朴であり続ける権利はない。

汚職は政治戦争と国家間の国際競争の最も重要な手段である。汚職はそれを確実にする:

  • 国の指導者が外国の影響を受けやすいこと;
  • エリートの国益志向の喪失;
  • 経済戦争の外国人監督を満足させることができなくなれば、国内で反腐敗の社会不安を引き起こし、政治指導者を交代させる可能性がある

国家エリートに対する贈収賄は、次のような形で行われる:

  • (a) の指導的立場にある重要人物への直接的な贈収賄;
  • (b) 外国のエコノミストや諜報機関の代表が、自国民を犠牲にしてさまざまなレベルの指導者が違法に富を得る腐敗のメカニズムを微調整している。

経済的侵略を受けた国に海外からもたらされた汚職メカニズムの本質は、次のようなものだ:

  • 1) 腐敗防止策の実施を容易にし、汚職との闘いをより困難にするための法改正に着手すること;
  • 2)法執行慣行の変更(経営陣の許可なく汚職高官を訴追しないという暗黙のルールの確立)。このルールの導入は極めて簡単:
    • 法執行機関に「従順な執行者」を採用することによって;
    • 法執行者自身の汚職活動の機会を提供する;
    • 汚職行為のルールを受け入れない者を排除する。

ゲーム;

  • 汚職資産を隠し、犯罪活動の成果を堂々と利用するために、海外に口座を開設する可能性を提供する(少しでも不服があれば、汚職官僚は簡単にこの可能性を奪われ、外国の影響力に従順になる);
  • 自国での刑事訴追に直面している者に、国外での政治亡命の可能性を提供する。
  • [1]参照:ルトヴァクE.N.戦略。戦争と平和の論理。М., 2017.

汚職の概念

汚職とは、次のような特徴を持つ、社会的に危険な不法行為からなる負の社会現象:

  • 1) 国家、商業、その他の組織の職員が、傭兵的な目的のために、または上位主体がその権限を付与した目的に反するその他の個人的利益に基づいて、その公権力を使用すること;
  • 2) 職員が、職務上の利益に反しないが、追加的な物質的利益を得るため、または他の非物質的な個人的利益を実現するために、その公権力を使用すること;
  • 3) 様々な手段(贈収賄、斡旋、扇動)を用いて、公的対象者を他の人物に特定行為に誘引すること;
  • 4) 法律で定められた責任を当該人物に負わせることに反対すること。

汚職犯罪は、社会的に危険な汚職の犯罪行為と不法行為のセットであり、その本質は、ロシア連邦が批准した汚職撲滅に関する国際条約によって定義されている。

上述した条約に従い、ロシア連邦刑法下の67の犯罪が汚職犯罪に分類される。これらの犯罪は、公共の危険の度合いという点で、はるかに異質である。汚職との闘いを組織し、汚職と闘う手段を開発する場合、優先犯罪を特定することが必要であり、その犯罪との闘いは、法と秩序の強化という点で最大の効果をもたらすだけでなく、国民の意識の中で最大の肯定的共鳴をもたらす。この目的を達成するため、我々は汚職犯罪の3段階構造を開発した:

  • 1)主な腐敗要素;
  • 2) 腐敗の核心;
  • 3) 汚職の周辺:

汚職の主な要素は、役人が賄賂を受け取ることである。

国民の意識では、汚職はこの特殊な犯罪と結びついている。回答者の43%の意見では、汚職とは様々なレベルの役人が賄賂を受け取ることである。賄賂の受け取りや強要は、国や自治体の役人の活動に対する否定的な評価の絶対多数を占めている。

ある程度の慣例があれば、贈収賄は狭義の汚職とみなすことができる。専門家の評価結果によると、この種の犯罪との闘いは、汚職対策の重要な問題である。賄賂撲滅の成功は、汚職犯罪撲滅の成功と世間一般に認識される。専門家によれば、汚職対策のために国家が配分する資源の少なくとも50%は、この特殊な犯罪対策に向けられるべきである。

汚職の中核には、まず、公権力の濫用(ロシア連邦刑法第285条)、および、私利私欲のために行われた、構成的、修飾的または任意的な特徴として公職の利用が規定されているすべての不法行為、ならびに賄賂の供与(ロシア連邦刑法第291条)のような不法行為が含まれる。

汚職は、伝統的な対策に非常に抵抗力のある犯罪現象である。欧米先進国の多くで、汚職との闘いの論理が、推定無罪、銀行預金や金融取引の秘密、個人生活や私有財産の不可侵性といった基本的価値を放棄する必要性につながっていることは、この点で極めて示唆的である。

汚職の持続可能性を高める要因には、以下のようなものがある:

  • 汚職犯罪の実行における高いレベルの秘密主義;
  • 汚職犯罪を計画し、組織し、実行する人物の高い知的潜在能力。場合によっては、法律が無力化するような巧妙な犯罪計画を立案することもある;
  • 重大な汚職犯罪は、法執行機関による反汚職行為から身を守るために、多大な物的資源を投入する能力を持つ個人によって犯される;
  • ほとんどの場合、汚職取引は両当事者(賄賂を受け取る側と賄賂を与える側の両方)にとって有益であり、これがこの犯罪を秘密にする本質的な原因である;
  • 社会現象としての汚職の発展の規則性のひとつは、組織化されていない無作為の汚職行為が、汚職ネットワーク、つまり汚職役人の多かれ少なかれ安定した組織へと変化することである。そこでは、仲介役が汚職サービスの顧客を見つけ、上役は汚職した部下をひいきし、汚職した法執行官や裁判官が刑事訴追や起訴に対して保険をかける;
  • 権力の最上層部に入り込むことで、汚職官僚は大規模で危険度の高い犯罪行為を行うことができるだけではない。彼らは、腐敗行為を助長し、腐敗行為と闘うことを困難にするような国の状況を作り出すために、権力の手管を利用する機会を得るのである(世界銀行の分類によれば、この現象は「国家の掌握による腐敗」と呼ばれている);
  • 一方の当事者がある国の高官で、他方の当事者が他国の諜報機関の職員または多国籍企業の代表者である汚職取引は、特別な危険をもたらす。このような取引は、その悪影響の規模と性質から、また高級官僚を汚職する者が専門的な訓練を受けていることから、社会にとって深刻な危険を意味する

わが国における汚職との闘いが効果的なレベルに近づき始めるためには、この負の現象の持続可能性と無敵性の要因に、効果的な対策によって対抗しなければならない。効果的な腐敗防止対策のシステムを形成するには、多かれ少なかれ試行錯誤の長い道のりを経る必要がある。現段階でのわが国における反腐敗レトリックの著しい強化は、プラスとマイナスの両方の結果をもたらす可能性がある。肯定的な要素としては、第一に問題が現実化すること、第二にその解決に知的・物質的資源が大きく引き寄せられることが挙げられる。反汚職キャンペーンがもたらしうる否定的な結果としては、当初から肯定的な結果がプログラムされる一方で、実際の成功を収めるには、当初予想されたよりもはるかに多くの時間、労力、資源が必要になることが挙げられる。このような状況では、統計データを修正することで成功をシミュレートしたいという誘惑が非常に大きくなる。

2006年、ロシア連邦は、ロシアの反汚職刑事法制の改善に重要な役割を果たす国際的な規範的法律行為を批准した。これらの規範的法律行為とは2006年3月8日にロシア連邦が批准した国連腐敗防止条約(2003年10月31日に国連総会で採択)(連邦法N 40-FZ「国連腐敗防止条約の批准について」)、および2006年7月25日にロシア連邦が批准した1999年1月27日の欧州評議会条約(連邦法N 125-FZ「腐敗に関する刑法条約の批准について」)である。

これらの条約の規範は、ロシア連邦の刑事法にまだ完全に導入されていないという事実にもかかわらず、これらの条約の批准の事実そのものが、汚職犯罪としてこれらの条約に規定されている社会的に危険な行為の法的評価の十分な根拠となる。汚職犯罪には、ロシア連邦の刑法に反映されている行為が含まれる。公平を期すため、条約が想定している社会的に危険な行為は、実質的にすべてロシアですでに犯罪化されていることに留意すべきである。唯一の例外は、不法富裕のような行為が犯罪化されていないことである(国連条約第20条によれば、「不法富裕、すなわち公務員の資産がその正当な収入を超えて著しく増加し、それを合理的に正当化することができない場合」はすべて犯罪化の対象となる)。

また、わが国の法律は自然人の刑事責任のみを規定しているが、上記の条約は法人の刑事責任を汚職対策の重要な手段とみなしている。

汚職と闘う司法制度と法執行機関の有効性についてのロシア国民の大半の評価は、非常に懸念されるものである。回答者の58%が、これらの機関の仕事は、少数の役人しか起訴されないため、ほとんどが模倣的なものだと考えている。

司法制度と法執行機関の有効性に対する市民の評価が公正であることは、汚職官僚に対する調査結果からも確認できる。回答者の43%が、例えば、ロシア連邦刑法290条に基づく犯罪で起訴される加害者は10%未満であると回答した。ロシア連邦刑法290条に基づく犯罪で訴追される加害者は10%未満であり、汚職犯罪で有罪判決を受ける汚職職員は1%未満であると考える者は24%である。汚職犯罪の加害者の多くが刑事責任を回避できている理由を尋ねたところ、回答者の31%が「業務や捜査のレベルが低いから」と考えており、回答者の68%が「そのような活動から収入の分け前を受け取っている高位の役人にとって採算が合わないから」と答えている。同時に、回答者の25%は、汚職官僚は通常、汚職の収益を共有する法執行機関に後援者がいると指摘している。賄賂で有罪になった役人を刑事責任に問う主な理由は、賄賂を贈った本人や共犯者の自白である(56%)。それにもかかわらず、回答者の43%は、賄賂を支払うか、高位の後援者の助けを借りることによって、刑事責任を回避できることを望んでいる。さらに56%の汚職者は、犯罪を犯しその痕跡を隠すための計画を入念に練っているため、刑事責任を回避できると確信している。

これらの問題に対する専門家の評価はさらに悲観的である。専門家の63%は、汚職撲滅における司法制度や法執行機関の活動は、ほとんど模倣的だと考えている。

専門家は、汚職犯罪の加害者の公的地位に応じて、汚職犯罪を3つのレベルに区別している:

  • トップレベルの汚職(連邦省庁、サービス、機関の職員、連邦臣民のトップ、国営企業の経営陣による汚職犯罪);
  • 中レベル(主に企業代表や公務員による汚職で、その決定によって企業組織の成功的な発展や利益が左右される;)
  • 草の根(国内レベルで行われ、中小企業が関与する汚職犯罪)。

最高レベルの汚職犯罪は、被害の規模が大きいだけでなく、これらの犯罪が国家の経済的・対外的安全保障にもたらす被害の特殊性によっても区別される。特に危険なのは、いわゆる「国家掌握汚職」(世界銀行の分類による)であり、その本質は、国家公務員が利己的な目的のためにその公的地位を乱用するだけでなく、国家の利益を損なうために、汚職官僚の違法な富を助長するような法律や条例の改正に着手することにある。この犯罪の真の規模を評価するのは非常に難しい。慎重な専門家の試算によれば、汚職犯罪全体の約10%が最高レベルの犯罪であり、他のすべての汚職行為による損害に匹敵する損害を国家と社会に与えている。わが国には、このような犯罪を摘発・抑制する効果的なメカニズムは存在しない。従って、これらの犯罪の99%以上が潜在化し、処罰されないままである。

中レベルの汚職は、連邦の構成組織、商業組織、公共組織の様々な役人の悪用を対象としている。専門家は、汚職の約30%がこのレベルで行われていると推定している。同時に、高レベルおよび中レベルの汚職は、あらゆるレベルの役人の乱用に関連する被害の少なくとも90%を引き起こしている。中級レベルで行われる最も一般的な犯罪は、賄賂の受け取り、公的地位を利用した国家財産、予算資金、営利組織の資金の横領、違法な不動産取引、予算資金の不正使用などである。

摘発された汚職行為の大部分は、草の根汚職のカテゴリーに属する。このニッチは、一般のロシア人が何らかの形で関わる社会的領域で働く人々の汚職行為をカバーしている。まず、医療、教育、住宅、公共事業、法執行などの領域が挙げられる。これらの領域の代表者が犯した汚職犯罪は、通常、贈収賄、権力の乱用、軽微な乱用に限られている。

わが国の社会システムの腐敗の程度(1990年代と比較した過去数十年間)の比較研究では、明確な評価は得られなかった。30%の専門家は、わが国の腐敗の現状を超高レベルと評価し、超高レベルの範囲内(超高レベルの上限から下限まで)で一定の下降傾向を指摘したが、15%は現代ロシアの腐敗傾向を否定的と評価した-過去10年間で、社会システムの腐敗の程度は高レベルから超高レベルへと移行した。同時に、55%の専門家は、汚職のレベルが超高レベルから高レベルへと低下していることを肯定的に評価した。

ウガンダ、アフガニスタン、ザイール、ナイジェリア、イラク、コンゴ、スーダン、ウクライナ:ウガンダ、アフガニスタン、ザイール、ナイジェリア、イラク、コンゴ、スーダン、ウクライナ、超高汚職国家はグルジア、ポーランド、モルドバ、高汚職国家はハンガリー、チリ、ギリシャ、インド、ベネズエラ、中汚職国家はアメリカ、ドイツ、スペイン、フランス、ベラルーシ、低汚職国家はカナダ、日本。専門家たちは、スカンジナビア諸国(スウェーデン、フィンランド、ノルウェー)、スイス、アラブ首長国連邦、シンガポール、ニュージーランドを汚職が超低レベルの国としてランク付けした。専門家によれば、腐敗が事実上ゼロというのは、世界のどの国でもまだ実現していない社会的理想である。

1990年代のロシアの腐敗レベルは超高水準であったと結論づけた55%の専門家の評価は正しいようだ。この5年間で、腐敗のプロセスは変容し、ロシアは社会腐敗のレベルを下げることに成功した。しかし、1つの閾値状態の上限と下限の間の反動は大きく、肯定的な傾向を維持するには真剣な努力と時間が必要であることを念頭に置くべきである。

汚職との闘い – 古典的な戦略

社会から腐敗を完全になくすことは、おそらく解決策のない課題だろう。腐敗は文明の仲間である。すべての社会システムには汚職の刻印がある。しかし、腐敗の程度は国によって異なり、国家機関の腐敗防止活動の効果や、国家と社会の基本的利益が腐敗から守られる程度も異なる。

外国の経験によれば、国家的な反腐敗戦略を実施する際、社会と国家は2つの危険に直面する。ひとつは、超厳格なポピュリズム的措置の採用であり、そこでは通常、もっともらしい口実のもとで競争相手と取引する、対立するエリート集団の一方の利益のために懲罰の剣が使われる。財産の再分配が行われた後、汚職の状況は以前のレベルで再び安定し、例えばグルジアの場合のように、より高いレベルで安定することさえある。

第二の危険は、腐敗防止行動の模倣によって、真の対策が代替されてしまうことである。模倣の兆候のひとつは、実質的な成果を確保できる対策を含まない大規模な反腐敗プログラムの形成である。残念ながら、わが国の歴史にはそのような例が数多くある。

汚職の制度的性質は、さまざまなレベルの役人が汚職に手を染めるだけでなく、彼らを監視する権限のある人々や、汚職に手を染めた役人を刑事責任に問うべき人々も汚職に手を染めている。歴史的経験は、社会を変革する革命的戦略が莫大な損害をもたらしたことを説得力を持って証明している。したがって、国家指導部の至上命題は、ロシア国家という建物の土台から腐敗した要素を徐々に取り除き、建物が揺れたり倒壊したりしないようにすることである。この状況では、2段階のアプローチが最も現実的だと思われる:

  • 第一に、腐敗が国家の安全保障や社会生活の基本に深刻な害を及ぼしかねない分野から、厳格かつ集中的に腐敗を追放することである;
  • 第二に、他の社会的領域における腐敗の程度を段階的に徐々に減らしていくことである

この戦略の本質は、社会生活のさまざまな領域における抑圧的措置を幅広く節約する一方で、国家規制の最も脆弱な領域では、厳しく効果的な措置を速やかに実施することである。これによって、第一に、国家の反腐敗の安全保障を可能な限り短期間で確保し、第二に、健全な国家という踏み台を作った上で、社会生活の他のすべての領域を段階的に改善するプログラムを実施することが可能になる。

戦略の最初の部分を実施するための最も重要な条件は、汚職と戦う構造を一掃することである。我々の調査が示すように、法執行機関の腐敗の程度は著しい。同時に、汚職との闘いで頼りになる健全な要素を、どの機関にも見出すことは可能である。同時に、複雑な腐敗ネットワークへの対抗策として、効果的な腐敗防止システムを構築することが極めて重要である。業務担当官とのインタビューでは、彼らの多くが、摘発した汚職がより高いレベルでの「二次的汚職入札」の対象になることが多いと指摘している。このことは、第一に、作戦担当官の反汚職活動を低下させ、第二に、個人的に「二次的汚職入札」を行いたいという欲求を生み出す。

汚職防止活動の実施において成果をあげるためには、汚職防止システムのすべてのリンクが信頼できるものであることが必要である。工作員は汚職を発見し、主要な証拠を確保する。

戦略の第2部を実施するには、社会の健全なすべての力が長期的に協調して行動することが必要である。この観点から、国家腐敗防止計画は、腐敗防止活動の許容可能なプログラムとみなすことができる。

どのような活動であれ、戦略計画の最も重要な側面のひとつは、将来の目標を正しく定義することである。野心的な目標が不十分であれば、戦略的可能性を完全に実現することはできない。大げさな目標は活動を混乱させる。私たちは、(20~30年後を見据えた)活発なロシア人の現代世代の資源を総動員するという観点から、わが国の反汚職政策の戦略的目標として、汚職の低レベル化を達成するための社会の変革を定義することが正しいと考える。

調査によると、腐敗の少ない社会システムの属性には以下のようなものがある:

  • 1) トップクラスの役人は実質的に汚職をしておらず、下級役人の汚職率は25%未満である;
  • 2) 司法の腐敗は孤立した性質のものである;
  • 3) 法執行官の10%未満が汚職している;
  • 4) かなりのリスクを伴うが、ある種の問題は賄賂によって解決できるが、犯罪を犯した者の刑事責任の免除に関する問題は解決できない;
  • 5) 法執行機関は汚職と効果的に闘っている;
  • 6) 汚職官僚が刑事責任を問われる可能性が高い(50%以上が起訴される)
  • 7) 市民の富と高い生活水準の源泉は、その絶対多数が合法的なものである;
  • 8) 代表的な当局、公共団体、マスメディアの職員が、法執行機関とともに反腐敗努力の主な対象となる;
  • 9) 汚職スキャンダルはほとんど常に公表され、汚職官僚に対しては常に刑事手続きが開始される;
  • 10) 国の法律が腐敗防止を志向しており、腐敗との効果的な闘いを可能にする;
  • 11) 汚職の事実は、大多数の市民の不寛容な態度にさらされる;
  • 12) 汚職は本質的に国際的なものではない;
  • 13) 汚職犯罪のうち、組織的な性質のものはごく少数である;
  • (14) 役人の活動は透明である。

つまり、腐敗の度合いという点では、ロシアはカナダや日本と同レベルになるはずなのだ。専門家によれば、そのような見通しの現実性は曖昧である。効果的な腐敗防止政策がかなりの期間にわたって実施されれば、ロシアで上記の目標が達成される可能性があると慎重な見方を示した専門家は30%にとどまった。数十年にわたって国内の犯罪状況を予測することは、必然的に大きな誤差を伴う。しかし、専門家のほぼ3分の1が肯定的な評価を下したという事実は、歴史的な楽観主義の根拠である。

運営上の目標(5~7年を視野に入れる)として、私たちは次のように定義するのが正しいと考える。- 汚職の多い社会から平均的な社会への移行を確実にすること。

このような社会システムの変革の主な方向性には、以下のようなものがある:

  • 最高権力層、司法制度、法執行機関の腐敗レベルを大幅に削減すること;
  • 国内法を改善し、汚職を低水準に抑えている先進国の汚職防止基準に合わせる;
  • 法執行機関による反汚職活動の適切な提供;
  • 社会生活と経済から、腐敗した富裕化の方法を追放する;
  • ロシア人の心の中に反腐敗イデオロギーを確立する;
  • 汚職との闘いにおける、代表当局やさまざまな市民社会機関の活性化。

スポーツ戦争

戦争の昇華としてのスポーツ

スポーツは競争、戦い、勝利を志向する。国際大会は伝統的に戦争に代わるものと考えられてきた。古代ギリシャでは、オリンピックの期間中、戦争は止められた。しかし、近代になると、スポーツは平和をつくる機能を失い始めた。1912年から1952年まで、わが国はオリンピック・ムーブメントから排除され、オリンピックに参加しなかった。1976年、アフリカ諸国はモントリオール夏季オリンピックをボイコットした。1980年、モスクワで開催された夏季オリンピックは、米国とその同盟国によってボイコットされ、1984年には、ソ連と社会主義諸国がロサンゼルスで開催された夏季オリンピックをボイコットした[1]

2008年に北京で開催された夏季オリンピック(開会式にはプーチンが出席)は、グルジアの指導者M.サアカシュヴィリによって、ロシアの平和維持軍への攻撃と南オセチアでの虐殺の隠れ蓑として利用された[2]

2014年のソチ冬季オリンピックはロシアにとって真の勝利だった:

  • スポーツの記録やメダル獲得数においても;
  • また、スポーツ施設の準備やスポーツ大会の運営も行う。

これは西側諸国にとって非常に悪い兆候だった。ロシアが復活し、強力な(まだスポーツ的な存在に過ぎないが)存在として国際舞台に入ってきたのだ。そして、刑務所の無法状態と呼ばれる、法と正義を否定するメカニズムのスイッチが入ったのだ。このメカニズムが、ロシアに対抗するために欧米の集団によってあらかじめ形成されていたという事実は、2002年のソルトレイクシティでの冬季オリンピックで実証された。このスポーツフォーラムの期間中、西側諸国の政治勢力の圧力により、競技では2位に終わったカナダのフィギュアスケート選手セールとポレチエが、審査委員会の意見に反して、冬季オリンピック史上初めて2セット目の金メダルを授与されたのである[3]。「自分たちに有利なように、どんなルールでもシニカルに変えることができる」というのが、この行動のモットーであった。

  • [1]そして、「おお、スポーツよ、君たちは世界だ!」というモットーが確立されたのも、この大会であった。
  • [興味深いことに、世界のメディアは、グルジア軍の多連装ロケット砲が南オセチアの首都を砲撃している映像を見せながら、これはロシア軍がトビリシを砲撃している映像だと主張した
  • [3]授賞式は2回行われた。

スポーツ戦争の本質

ソチ五輪でのロシアの勝利は、クリミアでのロシアの地政学的勝利と対になっていることが判明した(前者が後者に影響を与えた可能性はある)。そしてこれがスポーツ戦争の出発点となった。

スポーツ戦争の本質は、スポーツにおける勝利が、確立されたルールやスポーツの正義に従わない西側諸国の代表によって勝ち取られることである。スポーツ戦争における勝利は、スポーツにおける最強者によってではなく、ハイブリッド戦争における最強者によって勝ち取られるのである。

スポーツ戦争の結果が特別な意味を持つのは、国民のかなりの部分がスポーツ観戦を社会生活の不可欠な要素として認識しているからである。その結果、スポーツ大会は政治的な色彩を帯びるようになる。ここには、精神的な安全レベルの低下と、身体文化が国民の強さと健康を保証する領域からショービジネスや広告の領域へと移動していることが見て取れる。

スポーツ戦争の戦略はそれほど複雑ではない。それは2つの本質的な要素に頼ることで実現する:

  • 情報戦のよく調整されたツール;
  • 汚職抗争のメカニズム(賄賂、機密資料の収集、脅迫)。

情報戦の仕組みの助けを借りて、敵はロシアのスポーツ選手やスポーツを担当する政府代表の名誉を傷つけるために、どんな(非常に怪しく説得力のない)情報でも利用する。賄賂、危険な資料の収集、恐喝のメカニズムによって、国際的なスポーツ団体や企業司法の最高機関の好意が確保されている。国際オリンピック委員会とスポーツ仲裁の差別的な決定は、選手と国家の利益に影響を及ぼすものであるが、驚くほど根拠がなく、法的実質を欠き、推定無罪の初歩的なルールと証明の原則を無視している。しかし、メディアは欧米の世論にその承認を保証している。そして西側諸国の特別機関は、司法の機関が、説得力のある名称を保ちながら、自分たちとは正反対のものに変容し、「左の正義」の機関として機能するという意味で、彼らを「バックアップ」している。

したがって、スポーツ戦争とは、スポーツ競技の国際ルールを抑圧し、スポーツの公正と完全性を抑圧し、スポーツの正義を抑圧して行われる、スポーツ競技の領域における国家間の対立である。

このアプローチでは、スポーツ競技は氷山の目に見える部分にすぎない。主な競技は目に見えない部分で行われ、それは間接的にしかスポーツに関連していない。その結果、西側諸国の “病気の “アスリートたちは、ドーピング薬を使用する “合法的な “権利を得ることになる。そして、もしロシアの選手がメダルを獲得できたとしても、(例えば、食べ物や飲み物に禁止薬物をこっそり入れるなどして)そのメダルを奪うのは簡単なことなのだ。

スポーツ戦争(ハイブリッド戦争のスポーツ的要素)という現象は、方法論的に非常に重要である。そして、そのような方法論の意義は、科学的研究の範囲をはるかに超えている。スポーツがハイブリッド戦争という特殊な戦場になっていることを、わが国のすべての国民は(もちろんすべてのアスリートも)理解すべきである。そしてこの方法論に基づけば、国際的な規範に反してオリンピックへの参加を許されなかった国の選手たちがどのように振る舞うべきかを理解することは難しくない。1944年にドイツで開催されたオリンピックに参加したはずの選手たちをどう扱うか[1]、答えは自明だ。2018年の冬季オリンピックにロシアチームの一員としてではなく、ロシアからのオリンピック選手として参加すること、オリンピック旗(白色)の下でパフォーマンスを行うこと、勝利した場合にロシア連邦の国歌を歌うことを拒否すること–これは、精神性(直感的理解)のレベルでも、現代戦争の本質を理解する知的理解のレベルでも、私たちの国民を試すようなものである。今のところ、残念ながら、この分野で誇りを持つ根拠はない。
  • [1]この年、国際オリンピック委員会は戦争のためにオリンピックを中止した。ところで、ヴラソフ将軍のロシア解放軍の選手たちは、この数年間にドイツで開催されたスポーツ大会に参加している。

ダーク・ウォーズ 暗黒戦争

闇の戦いの概念

「暗黒戦争」は新しい言葉だが、この概念を明らかにする現象は数十年前から存在していた。この概念には、情報戦争、経済戦争、汚職戦争、テロ戦争がある程度含まれる。しかし、ある種のカモフラージュにもかかわらず、これらの戦争を指揮している主体がはっきりと見えるという事実のため、本章ではこれらの戦争の分析は含まれていない。

暗い戦争の特徴は不確実性:

  • 1)行為者(たとえ関連する仮説があったとしても、国に生じた損害を特定の行為者(敵対する可能性の高い人物)の活動と結びつけるのはかなり難しい);
  • 2) 危害の引き起こされ方(この危害は自然災害を装って偽装されており、表向きは偶然に、人々の邪悪な意志が関与することなく発生する。例外は超能力による戦争で、この戦争では原因だけでなく、被害をもたらす過程そのものが隠されている)。

暗黒戦争とは、正しくは、未知の兵器の使用によって、未知の敵国から被害を受ける宣戦布告されていない戦争のことである。暗黒戦争では、技術開発の水準ではその使用が証明できない兵器が使用される。言い換えれば、ある行為者は未知のまま敵を破壊することができる。相手は、自分に対して戦争が行われていることに気づかないかもしれない。

私たちの概念によれば、暗黒戦争には以下のような国家間の対立が含まれる:

  • テクトニック(岩石圏)戦争
  • 気候戦争
  • 遺伝子戦争
  • サイウォー(心理戦)

列挙したタイプにはそれぞれ特徴があるが、いずれも暗黒戦争の主な特徴、つまり前述の不確実性を持っている。この不確実性ゆえに、このような戦争は、かなりの不敬を主張しながらも、暴発させることができる。そして、このような戦争の結果(国家安全保障の重要な要素の破壊)が非常に深刻なものになることを考えると、勝利の確率は高い。こうしたことから、暗黒戦争は国家の安全保障にとって非常に深刻な脅威となる。

地殻変動(岩石圏戦争)

地殻変動戦争では、岩石圏で発生する地震プロセスが敵に害を与える。これらのプロセスは地殻変動兵器によって引き起こされる。地殻変動兵器という用語は、1992年にロシアの科学者A.V.ニコラエフによって科学的な流通に導入されたが、現象自体はそれ以前から存在していた。A.V.Nikolaevは、地殻変動兵器を、地球の地殻変動エネルギーを利用して人工地震を引き起こすことができる装置と定義した[1]。

地殻変動兵器は最も強力な兵器のひとつであり、岩石圏の特性を利用することに基づいている。地殻変動とは地殻の変形である。地殻変動兵器は岩石圏の構造に基づいている。岩石圏[2]とは、地殻とマントルの上部を含む、地球の固い殻のことである。リソスフェアは、強さと振幅の異なる振動運動を常に受けている。これらの振動の過程で、地殻の応力は変化する。地殻変動兵器の破壊力として使われるのは、これらの振動である。

岩石圏の構造には、動く領域と比較的安定したプラットフォームがある。卵の殻が割れるように、地殻は非常にゆっくりと動く地殻プレートでできている。ある場所では、これらのプレートは互いに衝突する。その接合部には地殻張力(衝突帯)が生じる。時折、この張力の影響を受けて、接合部は破壊され、何らかの拘束が解かれたときに突然ほどけるバネのようにエネルギーを放出する。地殻プレートが壊れるか、これらのプレートの動きを拘束していた「ロック」が壊れ、一方のプレートが他方のプレートと衝突する。その結果が地震である。プレートの接合点が世界の海の底にあった場合、津波(海岸のかなりの部分を押し流す巨大な波)も形成される。休火山の地域では、地殻変動は地震だけでなく火山噴火を引き起こすこともある。

地殻変動は人為的に起こすことができる:

  • あるいは、地殻変動応力地帯(2つのプレートの接合部、あるいは爆発で破壊されるほどプレートが薄いか亀裂がある場所)に敷設された核地雷[3]の爆発によるものである;
  • あるいは、同じ領域に向けられた電磁パルスによって。

地震(リソスフェア)兵器とは地殻(リソスフェア)のエネルギーを利用する物理兵器の一種である。影響を及ぼす対象は、地殻構造のいわゆる不安定節である。このような点(節)で均衡が乱れると、地層の移動につながり、その結果として地殻が動く。影響を与える方法としては、核爆発(地下、海中、陸上)、刺激地震、火山噴火、津波などがある」[4]。

地殻変動兵器の存在と、さらに地殻変動兵器の保有は、世界のどの国も認めていない。それにもかかわらず、メキシコ、ペルー、チリ、キューバ、その他多くの国の指導者たちは、敵に大規模な損害を与えるこの方法をアメリカが実験していると繰り返し非難してきた。例えば、ベネズエラのチャベス大統領は、2010年にハイチで発生した災害は、同島で20万人近い死者を出したが、これは新型兵器の実験の結果だとアメリカを直接非難した。

核兵器の出現(1949)から、1960年にソ連が大陸間弾道ミサイル(戦略核弾頭の運搬車)を採用するまでの間、わが国は、米国の核侵略があった場合の報復攻撃のさまざまな選択肢を検討した。有名な物理学者A.D.サハロフ(社会主義労働英雄賞を3度受賞、スターリン賞とレーニン賞を受賞)は、独自の核戦略のアイデアを打ち出した。彼は、核弾頭を潜水艦に搭載してアメリカ沿岸部(フロリダ近海)に運搬し、アメリカ領海付近で核弾頭を搭載した超強力魚雷を発射するか、海底に核爆弾を投下することを提案した。サハロフの考えによれば、アメリカ沿岸の海で核弾頭が爆発すれば、巨大な波(高さ最大500メートル)が発生し、この国のかなりの部分が流されることになる。このサハロフの提案が受け入れられたかどうかは定かではない。今日、このテーマについてはさまざまな仮説がある。

前世紀の1960年代から70年代にかけて、ソ連の地震学者は地震の発生に関する研究で非常に大きな進展を遂げた。アゼルバイジャン出身の科学者で地震学研究所の所長であったイクラム・ケリモフは、この研究のリーダーとして知られていた。彼は、ある瞬間に軍事目的に利用できる地殻変動エネルギー蓄積の理論を作り上げた。この研究結果は機密扱いされた。ケリモフの研究室は、無制限の資金を提供する閉鎖的な研究センターに変貌した(彼の研究のための地震装置は宇宙船にも搭載された)。

多くの人は、60年代にソ連でこれらの研究に基づいて地殻変動兵器を作ることができたと考えている。たとえば2013年、ロシアの著名な政治家V.V.ジリノフスキー(ロシア連邦議会副議長)がテレビ(レンTV)で興味深い発言をしている。そこから強力な津波が発生し、アメリカの半分が一度に押し流されるだろう。そして地殻変動を引き起こすだろう。「そして北米大陸全体が水没する」[5]。この仮説を支持しているのは、ソ連が世界最大の水路調査船団(約2,000隻)を保有していたという事実であろう。世界の海を調査するためだけに、このような強力な艦隊を作るはずがない。リソスフェアの海中部分は特殊な構造をしており、そこは薄く、地殻変動ストレスゾーンの刺激に敏感である。これらの地帯を見つけるのは容易ではない。複雑な科学的・実用的課題なのだ。これらの地帯を調査するために、私たちの潜水士は非常に深いところまで潜らなければならなかった。岩石圏の特徴や、深さ、海底地形(深い窪地、水没した山の斜面、海底平原)の特徴によって、開始された地殻せん断から生じる波の方向とパワーを計算することができた。

この種の兵器が誕生する大きなきっかけとなったのは、核実験である。1968年12月は、テクトニック兵器の誕生の日とされている。これは、米国のネバダ核実験場で熱核弾頭が爆発したことに関連している。この爆発はかなり強い地震を引き起こした。このような事実は、アメリカでも他の国でも数多く記録されている。例えば、中国では1976年、ロブノール核実験場で核実験爆発が行われ、その後、中国の唐山市で地震が発生し、50万人以上の中国人が死亡した。

リソスフェア戦争の特殊な側面は、核計画において国の地殻変動を考慮することである。例えば、イエローストーン火山(米国とカナダの国境に位置する)周辺での核攻撃は、北米大陸の死滅につながる可能性が高い。ロシアが位置する地殻プレートのパラメーターは、敵対する可能性のある国々にそのような可能性を残していない。このプレートは非常に強固で安定している。我が国に対する地殻変動兵器の使用は効果がないだろう。

核攻撃を計画する際、地殻変動を考慮に入れることは可能だ:

  • 1) まず第一に、攻撃力を最小限に抑えることである。2,3、5発の爆薬をリソスフェアの特に敏感な領域で爆発させれば、戦争の帰趨を決めることができる。これにより、次のことが可能になる:
    • 核抑止力を最小化する;
    • 米国のような超大国の侵略から、小さな核兵器国(例えば朝鮮民主主義人民共和国)の安全をほぼ保証する;
  • 2) 第二に、ロシアとNATOの核対決に関して、ミサイル防衛システムの開発を長期にわたって無意味なものにすることである(核弾頭を搭載したICBM一発で、それ以上の兵器使用を不要にするような大惨事を引き起こすことができる)同じことが、米国沖で(潜水艦から、あるいは商船から)頑丈な核爆弾を沈没させ、その後爆発させる可能性についても当てはまる。

地殻変動兵器は可能性のある兵器として分類されているにもかかわらず(その存在は誰にも認められておらず、証明もされていない)、非従来型兵器である。環境改変技術の軍事的またはその他の敵対的使用の禁止に関する条約は、1978年に国連で採択され、75カ国が批准している。

地殻変動兵器の使用に関する国際安全保障の方向性の一つは、暗黒戦争の遂行を示す方法の開発である。地球の数学的モデルと岩石圏の振動活動の分析に基づいて、地殻変動兵器の使用を診断する信頼できる方法はすでにある。地震学者は、いわゆる余震と呼ばれる特殊な振動を記録している。このタイプの振動は自然地震では観測されない。このタイプの振動が(破壊的な結果をもたらす)固定されることは、地殻変動兵器の使用を支持する論拠となる。

  • [1]参照:A.V.Nikolaev Earthquake on command // Knowledge – force.1992.№ 1.С.5, 7.
  • [2]リトーは石。
  • [現代の状況では、超強力な非核兵器を同じ目的で使用することも可能である特に効果的なのは、米軍で使用されているいわゆる貫通爆弾で、地中数十メートル(水中でも可)に埋め、地中深くで爆発させることができる。
  • [4]ロシアの安全保障。法的、社会経済的、科学技術的側面。テーマ別ブロック「国家安全保障」第1巻。国家安全保障と国際安全保障。百科事典的辞書-参考書。m., 2012. p.448.
  • [5]V. V.ジリノフスキー – 電子リソース
    404 Not Found

気候戦争

気候戦争は、国際政治主体間の対立の一種である。このような戦争では、気象プロセスを管理することによって敵に損害を与える。軍事的な目的のために気象プロセスを管理するためのツールは、気候兵器と定義することができる。

気候兵器という現象は、2つの視点(狭い視点と広い視点)から見ることができる:

  • (1) 狭義の気候兵器とは、軍事目的のために水文気象プロセスを決定する様々な化学物質、技術的手段、集合体であると考えられる;
  • 2) 広い意味では、様々な自然環境において敵対勢力に危害を加えることのできる、事実上すべてのタイプの地球物理学的兵器は、気候兵器と関連している:
    • 水圏
    • 大気
    • 電離層[1]

気候兵器という用語は、広義には以下のような兵器を包含する:

  • 気象学的;
  • 大気圧
  • 電離層;
  • 水文学的;
  • 環境[2]

この種の兵器は、正しく大量破壊兵器に分類される。というのも、この兵器の使用は、たとえば熱核兵器の使用結果に匹敵する規模の損害を引き起こす可能性があるからだ。この兵器は、自然現象のエネルギーを軍事目的で放出するものであり、そのエネルギーは莫大なものである。例えば、直径3~5キロの雷雲は、核爆発で放出されるエネルギーに匹敵するエネルギーを蓄積する。気候兵器は、この莫大なエネルギーを放出し、特定の目標に導くことを目的としている。

気候兵器はしばしば仮説的なものとみなされる。つまり、その開発や保有は秘密のベールに包まれており、現在に至るまでいかなる行為者にも認知されておらず、証明もされていない。しかし、今日、気候兵器の存在を疑う研究者や政治家はいない。世界のほぼ半数の国が、この種の兵器を禁止する国連条約に加盟しているのは偶然ではない。気候変動兵器の存在を支持する論拠として、以下の信頼できる事実を挙げることができる。

特定の地域に降水を引き起こす能力を疑う者はいない。この行為が長期化すれば、結果として洪水とそれに伴う社会的混乱が生じるだろう。ベトナム戦争中、アメリカはポパイ作戦を実施した。その本質は、上空に化学薬品(ヨウ化銀)を散布することで、メコン川流域の大雨を人工的に誘発することだった。川の氾濫は北ベトナムゲリラへの物資供給を麻痺させた。ある地域での過剰な雨の弊害は、別の地域での暑さ、干ばつ、森林火災である。

前世紀70年代後半、ソ連は「スーラ」(ゴーリキー地方)と「ドゥーガ」(チェルノブイリ近郊)という壮大な秘密施設の建設を行った。これらの施設の出現を受けて、レーガン米大統領は1983年、アラスカにHAARP施設を建設する法令に署名した。「ドゥガ」はチェルノブイリ原子力発電所の爆発後に解体され、「スーラ」は廃墟と化した。ゴルバチョフの「ペレストロイカ」とエリツィンの時代が、我々の秘密が敵対する可能性の高い国に移転する前提条件を作り出した可能性が高い。1997年、HAARP施設は稼働を開始した。公式発表によれば、その主な目的はオーロラの研究である。施設はタイガにある。

(アラスカ州の州都アンカレジから320km)、60平方キロメートルを占め、360のアンテナが設置されている。要するに、HAARPは私たちの「ドゥーガ」と「スラ」をより高いレベルで繰り返しているのだ。

専門家の試算によれば、HAARPは電磁波の放射を発生させる超強力な装置であり、その助けを借りて米軍は洪水、地震、竜巻、台風を引き起こし、特定の地域の天候や気候さえも変えることができる。要するに、私たちは電離層兵器を扱っているのだ。仮に、この兵器の最も単純な使用方法は、ある周波数の電磁波を集中させ、巨大なパワーを持つエネルギービームを形成することである。大気のある領域に電波が集中すると、大気レンズと呼ばれる現象が形成される。この現象の軍事利用には以下のようなものがある:

  • 地球を放射線から守るオゾン層がレンズの上空で薄くなっている。オゾン層が薄くなることで、その地域は宇宙線による放射線を浴びることになる(核兵器は必要ない);
  • 大気レンズが雲を奪い、異常な暑さ、干ばつ、火災を引き起こす;
  • このレンズは、電磁ビームを反射させ、地球のある部分に向ける鏡として使うことができる。そして、この超強力なエネルギー・ビームは、さまざまな天変地異を引き起こすことができる[3]

HAARP施設を、他の地域(グリーンランド、ノルウェー)や宇宙物体(現在実現中)にある同様の発電機で補えば、このようなシステムの可能性はほとんど無限になる。

  • [1]例外はリソスフェアで、この媒質における関連プロセスは、地殻変動によって開始される。
  • [隕石や彗星の軌道を変化させ、それらを地球の特定の場所に誘導すること、地球の自転軸にずれを生じさせ、その結果、地球の生息環境に不可逆的かつ致命的な変化をもたらすこと、などである。これらの一見不条理な行動はすべて、より強力な政治的主体による国家破壊の試みに対する国家の可能な反応と考えれば、重要な予防的価値を持ちうる。
  • [3]N. テスラは、このようにしてアメリカからシベリアのタイガで超大国の爆発(後にツングースカ隕石と呼ばれる現象)を引き起こしたという説もある。

遺伝子戦争

遺伝子戦争とは、現実となったSFの要素が、軍事・政治戦略の公理と絡み合う現象である。遺伝子戦争の主な手段は、改良された生物兵器である。

<