プロパガンダ・全体主義ワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ医療の偽情報・検閲・汚職検閲・弾圧

ワクチンに関する科学的言説を抑圧している? 研究者・実務家の自己認識
Suppressing Scientific Discourse on Vaccines? Self-perceptions of researchers and practitioners

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC9117988/

2022年5月19日 : 1-19.

Ety Elisha, PhD, ジョシュ・ゲツコウ博士、2 ヤッファ・シルラズ博士、3,4 ナッティ・ロネル博士、5

概要

最近、COVID-19の世界的流行を受けて、ワクチンをめぐる論争が激化し、政治家、医療専門家、ジャーナリスト、市民から、いわゆる「反ワクチン派」に対して厳しい対応を求める声が上がっており、同時に彼らが「偽ニュース」を流し、その結果として公衆衛生を脅かしていることを非難している。しかし、ワクチン反対派への弾圧の問題は、ワクチンの安全性に懸念を抱く人たちの視点から研究されたことはほとんどない。

本研究の目的は、診療や研究を通じてワクチンに関わり、ワクチンに批判的な視点を持つ専門家(医師、看護師、研究者)が、ワクチン分野における異論弾圧と認識していること、それに対する反応、科学や医療に対する潜在的な影響について、主観的に検討することであった。

回答者は、ワクチンの安全性の問題を指摘した論文の撤回、否定的な宣伝、研究費の獲得困難、解雇要求、公聴会への召喚、医師免許の停止、自己検閲など、様々な検閲や弾圧戦術を受けていることを報告した。また、回答者は、「バックファイア効果」と呼ばれる、反対者の立場にもっと注意を向けさせるような反作用についても報告している。

反対意見の弾圧は、科学的コンセンサスという誤った印象を与えながら、科学的言説と研究実践を損なうものである。

キーワード ワクチン、異論への弾圧、検閲、公衆衛生、科学倫理

はじめに

ワクチンは、18世紀のワクチン接種の登場からほとんど、医学の分野で最も議論の多い分野の1つとされてきた (Bragazzi et al.、;Johnston、)。現在の世界的なCOVID-19パンデミックは、ワクチンの安全性と有効性をめぐる議論を燃え上がらせている。COVID-19に対して新たに開発されたものを含め、保健機関やほとんどの医師が採用しているワクチンに関する公式見解は、ワクチンは安全で有効であり、感染症や死亡を減らすために不可欠であるが、副反応は極めてまれでわずかであるというものである (Andreら、;Ofit、;Remmel、)。

通常「ワクチン反対派」または「反ワクチン派」と呼ばれる特定のワクチンの安全性と有効性に疑問を持つ人々は、ワクチン擁護派によって「フェイクニュース」を広め、公衆衛生を脅かすヤブ医者や陰謀家として描かれているが (例えば、Arifら、;Misco-Francoら、;Jolley&Douglas、;Lewandowskyら、)、ワクチン批判者はそうではないと論じている。一部の科学者、医療専門家、市民は、ほとんどのワクチンが普及する前に、感染症による死亡率がすでに大幅に減少していたと主張し、ワクチンに起因する利益を疑問視している (Halvorsen,)。また、ワクチン接種後のリスクや有害事象が、被接種者の疾病や死亡にさえつながっていると指摘する者もいる (例えば、Habakus & Holland,; Palmer,)。一部の研究者は、ワクチンの安全性を検証することを目的とした臨床試験において、製薬会社の経済的配慮によって、方法論の欠陥、バイアス、さらには不正を指摘している (例えば、Cernic,; Doshi,; Gesser-Edelsburg & Shir-Raz,; Gøtzsche,; Jorgensen et al,)。

また、一部の研究者は、ワクチンの分野で正当な科学的懸念を提起する研究者や医師などの学者的異端者に対する検閲や弾圧の戦術を指摘している (Elisha, et al.; Martin,; Vernon,)。科学には、開かれた議論と現状への挑戦者が必要である。しかし実際には、受け入れられている正統派に反対する科学者や医師は、研究を行う能力を阻害すること、ひいては異なる視点を提示することで議論に貢献することなど、その現れである抑圧を経験する。したがって、一部の学者が指摘するように、科学における批判的な声の抑圧は、科学的原則に違反し、論争的な分野における実質的な議論を妨げ、科学と医学に対する国民の信頼を低下させる不公平な行為のパターンを確立しかねない (Angell,; Cook et al,; Delborne,; Drazen & Koski,; Friedman,; Martin,; Vernon,)。ワクチンの問題を取り巻くオープンな科学的議論を持続させることの重要性を考慮し、本研究の目的は、研究や医療行為を通じてワクチンに関わる研究者や実務家が、特定のワクチンに関する立場によって遭遇するネガティブな反応、それに対する反応、とりわけ 「バックファイア効果」 で表されるその潜在的影響に関連して、その主観を検証することである。

ワクチン反対派の弾圧

ワクチン接種の反対意見の弾圧は、特定のワクチンの有効性や安全性に疑問を呈する個人や研究者に対して行われる行動、つまり公正で開かれた議論から逸脱した行動に関するものである(マーティン、、ヴァーノン、)。個人を弾圧する方法には、噂の流布、中傷、嫌がらせ、叱責、登録抹消、解雇などがある (Martin,)。研究データを抑圧する方法には、検閲、資金や助成金の拒否、研究資料へのアクセス拒否などがある。また、ワクチンの安全性や有効性に懸念を抱く科学者や医師などが意見を述べることを阻止するために、様々な組織や機関に圧力をかけることも抑圧の手口である (Martin,)。

ほとんどの医療専門家は、ワクチン反対派の多くはヒステリックな親や反ワクチン団体のメンバーで、ワクチンに関する陰謀論を広め、「フェイクニュース」を流し、それによって科学と公衆衛生を危険にさらしていると考えている (例:Jolley & Douglas,; Lewandowsky et al.)しかし、特定のワクチンについて科学的根拠のある懸念や批判を提起する研究者や医療従事者がおり、それに対して排除を経験し、誤った引用をされ、「反ワクチン派」と糾弾され、解雇や医師免許剥奪の脅威さえ受ける(バーノン、;エリシャら、)。

異論への弾圧の問題は、エイズ、環境研究、フッ素塗布など、科学における他の論争領域で認識されてきたが (例えば、Delborne,; Kuehn,; Martin,,,)、予防接種の分野ではほとんど注目されてこなかった。これを扱った数少ない研究は、Martina)とVernon)のもので、ワクチンに対する批判的な立場を理由に、個人的・職業的に攻撃され、追放され、解雇の危機にさらされた研究者や医師、市民活動家たちの事例を記述している。科学の様々な分野における異端者弾圧の問題を広く研究してきたマーティンa)は、ワクチン接種に反対する人々が攻撃される方法は、医療行為の安全性に関連する他の分野では見られないと指摘している。

科学論争という概念的枠組みを通じて科学的抑圧という現象を考察したデルボーン)は、科学的抑圧は、不公平で不公正、科学的行動基準に反する特定の形態の障害として理解できると主張している。しかし、難しいのは、抑圧が起きていることを立証することである。ある視点から見れば抑圧に見えることが、別の視点から見れば正当な科学の境界を取り締まる正当かつ必要な行為として認識されることがある。Martin)はこのことを認め、以下の基準のいくつかが満たされるとき、抑圧が起こっていることを強く示唆する、と主張している。

  • (1)行動のタイミング(抑圧的な行動が出版物や論争の的となる発言の直後に起こった場合)
  • (2)批判や苦情の異常な場またはソース(その分野で一般的に受け入れられている基準に反する方法で批判が提起されたり、異常なまたは匿名のソースから発生した場合)
  • (3)ダブルスタンダードテスト(二重の基準テスト)(その分野で一般的に受け入れられている基準とは異なる方法で批判が提起された場合、(その反体制者が、同程度の地位にある非反体制者と異なる扱いを受けているかどうか)
  • (4) 既得権益(懸念を提起した個人または組織が、その結果に対して金銭的またはその他の利益を有しているかどうか)
  • (5) 類似の不利益処分のパターン(同じ分野の他の反体制者に対して取られた同様の不利益処分)……。

弾圧の結果は、評判を落とし、研究機会を妨げ、時にはキャリアの破壊につながるなど、深刻なものである。弾圧の対象者が最も被害を受けるのは当然であるが、その影響ははるかに広範囲に及ぶ。弾圧は、他の科学者に、特定のテーマについて研究を行ったり、それについて話したりすることさえ危険だという強力なシグナルを送る可能性がある。この「萎縮効果」The chilling effect (Kempner,)は、特定の分野の研究を軽視し、歪曲させることさえある。たとえば、Kempner) は、連邦政府が資金提供している研究に対する政治的攻撃に巻き込まれた米国立衛生研究所 (NIH)の科学者にインタビューを行い、半数が研究計画書から論争の的になる言葉を削除し、約4分の1は論争の的になる話題を完全に避けていることを発見した。説得力、勇気、自信といった研究者の特性や、職業上の地位(終身雇用など)が媒介要因となり得るが、それでも抑圧は研究者だけでなく、より広く科学に悪影響を与える (Delborne,)。

検閲とブーメラン効果

科学的検閲とは、政府や企業などの権力組織にとって脅威と認識されるような、好ましくない考えや立場の科学的・公的な言説や出版物などの表現を抑圧することを指す (Martin,)。しかし、異論を唱える人々の信用を失墜させようとする試みは、Jansen and Martin,)が「検閲の裏目」と呼ぶ「ブーメラン効果」をもたらすことが少なくなく、弾圧の試みが公にされることによって、弾圧される人々とその立場への注目、共感、支持がより高まる場合に発生する。

ワクチン接種の分野では、FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワーク上でワクチンに対する反対意見を表明するグループが増えていることに、ブーメラン効果の兆しが見られる (例:Betsch & Sachse,; Larson et al,; Tafuri et al,)。世界的に拡大している「ワクチンへのためらい」現象を検証する研究では、通常、このような「反ワクチン」グループの活動と結びつけている (例:Blume,; Melovic et al.,; Rosselli et al.,; Stahl et al.)

ワクチン支持者は、ワクチンは多くの感染症を根絶することができたと主張し、麻疹や百日咳で起こったように、予防接種をしないことで罹患や新たな大発生につながる恐れがあると警告している (Feikin et al.、)。一方、ワクチン批判派は、その主張を裏付けるために、製薬会社やワクチンの臨床試験で採用された不正、操作、犯罪の文書化された証拠を参照している (例えば、Cernic,; Gesser-Edelsburg & Shir-Raz,; Destefano et al,; Gøtzsche,; Habakus & Holland,; Holland et al,; Palmer,)。ワクチンに関連する潜在的なリスクについては、評論家は、子どもたちに与えられる定期的なワクチンの一部に関連する罹患や死亡のリスクさえ指摘している。例えば、1998年に米国で認可された最初のロタウイルスワクチンであるロタシールドは、接種された子どもたちが発症した深刻な副作用を受けて市場から撤去された(グラスら、)。他のワクチン、例えばヒトパピローマウイルス (HPV)ワクチン (Gatto et al.,; Vernon,)やMMR(麻疹・おたふくかぜ・風疹)3種混合ワクチン (Hooker,)などについても、安全性の問題を指摘する研究者がいる。最近、フィリピン司法省は、被告がワクチンのリスクを認識していたとされるにもかかわらず販売されたデングウイルスワクチン「デングバクシア」によって多くのフィリピンの子どもたちが死亡したことを受け、保健・規制当局者とサノフィパスツールの関係者を刑事告発した (Arkin、)。

COVID-19に対して開発された最新のワクチンは、ワクチンの安全性をめぐる論争を再び燃え上がらせた。賛成派は、予防接種による罹患率の低下を指摘する一方で、反対派は、緊急時使用承認 (EUA)が比較的短期間の臨床試験で企業に与えられたため、長期的な有害事象がまだ不明であると警告している。また、血小板減少症・凝固障害や心筋炎など、接種展開後に明らかになった副作用も指摘されている (AAPS,; Pottegård et al.、)。これらの有害事象は、注射を受けた患者に血栓が発生したという報告により、FDAとCDCがジョンソン&ジョンソンのCOVID-19ワクチンの使用停止を勧告するまでに至ったが (McNamara,)、この勧告は後に取り消された。

検閲の存在だけで抑圧された側の主張が正当化されるとは限らないが、反対派に「反ワクチン派」というレッテルを貼って委縮させても、この論争的な問題についての議論は進まないし、反対派の視点に対する理解も進まない。レッテル貼りと辱めは、社会の権力者が「逸脱者」と見なす人々を抑止することを目的とした社会的統制の手段として用いられることがある (Becker,; Lemert,)。しかし、否定的なラベリングやシェイミングが行われると、さらなる排除や拒絶につながる。このような否定的なアプローチは、社会的な「のけ者」のグループを生み出し、その抵抗が強まる可能性がある (Braithwaite,)。

本研究は、科学論文の撤回に関する私たちの以前の研究 (Elisha et al.,)を発展させ、ワクチンに関わるより幅広い専門家(研究者に加え、医師や看護師)による抑圧戦術を検証するものである。なお、私たちは、ワクチンの利点やリスクについて何らかの立場を表明するつもりはなく、むしろ、ワクチンの安全性や有効性に関する議論を呼ぶ研究や専門的な意見のために、検閲やその他の弾圧戦術にさらされていると認識している人たちに声をあげることを意図している。Martin, 112)が指摘するように、「抑圧の社会的研究は、美徳の研究ではなく、むしろ権力の行使の研究である」のである。

方法

本研究は、対象となる現象を経験した人の内面的な認識を明らかにすることを目的とした定性的なものである (Aspers,)。

参加者

参加者は、ワクチンに対して批判的であると認識されている研究者や実務家であり、中には「反ワクチン派」と公言し、活動している人もいる。サンプリング方法は、目的別サンプル、すなわち、研究対象の現象について教えてくれそうな個人を意図的に選ぶ非確率的サンプリングである。参加者の最終的な人数は、情報の反復による飽和感に従って決定される (Creswell,)。

研究参加者は、世界各国(イスラエル、米国、英国、スペイン、イタリア、フィンランドなど)から、研究・実務を問わずワクチンに関わる専門家26名(男性15名、女性11名)である。このうち、16名は様々な知識分野 (例:免疫学、微生物学、生化学、公衆衛生学)の定評ある研究者 (MD、PhD)、7名はMD学位を持つ開業医(家庭医、小児科医、ホメオパス)、3名はHMOや公立病院で子供にワクチンを接種した看護師である。看護師を調査対象に加えたのは、ワクチン接種に関する医師や研究者の議論に新たな視点を提供する、という三角測量の目的からである。回答者の匿名性を保持するために、回答者の特定につながるような内容は省略した。

調査ツール・手順

この研究は、半構造化インタビューガイドを用いた詳細なインタビューに基づいている。質問は、回答者のワクチンに対するスタンス、そのスタンスによって経験した出来事、そのより広い意味合いについての見解に焦点を当てた。本研究は、バー・イラン大学およびヘブライ大学のIRBによって承認された。

募集はいくつかの方法で行った。ワクチンに対して批判的な立場で知られている研究者は、Googleで検索して連絡先を探した。論文が撤回された研究者については、PubMedデータベースで検索し、その詳細を確認した(ワクチン分野で撤回された論文は24件で、いずれも同じワクチンとは限らないが、1種類以上のワクチンの安全性に問題があることが指摘されていた)。その他の回答者(研究者、医師、看護師)には、「雪だるま式」にアプローチした。本研究の参加基準は、実務または研究を通じてワクチン接種に関わる専門家であり、ワクチン接種に批判的な見解を持っていることであった。いずれの場合も、研究者や医療関係者のワクチン接種に対する考え方は、研究結果や患者の臨床観察に基づくものであった。また、政治的・道徳的・宗教的な反対意見 (例えば、ワクチンの開発や培養に中絶された胎児の細胞株が使用されていること)を理由にワクチンに対して批判的な見解を持つ人はいなかった。

回答者との最初の接触は電子メールで行い、研究の趣旨を説明し、守秘義務を守ることを明記して取材への同意を求めた。9人は問い合わせに応じず、3人はキャリアへの配慮を理由に拒否し、4人はメールアドレスが間違っているというエラーメッセージを受け取った。その他の回答者(医師7名、看護師3名)については、こちらからアプローチした全員がインタビューに応じることになった。

インタビューは、筆者らがSkype、Zoom、電話、または対面式で行い、平均1時間半程度であった。各回答者は、答えたくない質問は省略できること、また、秘密が守られ、個人を特定するような詳細が明らかにされないことを保証された後、インフォームド・コンセント用紙に署名するよう求められた。インタビューは録音され、文字化された。

データ分析とコーディング(筆頭著者が実施)は、インタビューから浮かび上がった重要な問題を特定し、それらを意味のあるカテゴリーに分類・グループ化することに基づいて行われた。インタビューとそこから導き出されたテーマは、著者全員が読み、承認した。さまざまな方法を適用することで、研究の信頼性と妥当性を保証した (Creswell,)。データの分析は、専門家のピアグループとして全員で議論し、異なるデータソースはデータの三角測量として機能し、私たちは発見の「厚い説明」を提供した。

所見

研究参加者は、ワクチンに対する批判的、時には反対的な立場から、抑圧、沈黙、検閲を意図していると認識される様々な戦術にさらされたことを報告している。これらの研究者や医師が認識し、報告している主な弾圧戦術は、彼らに対する中傷的な文章の出版、論文の撤回、研究助成金の拒否、解雇の要求、場合によっては聴聞会への召喚、国の保健省による医師免許停止、自己検閲(反響を恐れてワクチンに関する批判的意見を述べるのを控える)などが挙げられる。また、家庭医 (GP)や看護師も、保健省から患者へのワクチン接種の圧力があったと報告している。

名誉毀損

あるワクチンのリスクに関する論文、書籍、オンライン投稿や記事を発表した回答者は、様々なウェブサイト上で中傷とみなされるネガティブな宣伝にさらされていると報告している。また、ワクチンに関する批判的な出版物を探し出し、攻撃するための組織的なシステムを指摘し、その目的は、著者の信頼性を損ない、彼らを「フェイクニュース」、誤情報、公衆衛生を危険にさらす陰謀の配信者として紹介し、権威を失墜させることであったと述べている。

Facebookやメディア、Webサイトなどで、私のことを中傷するようなことを言われる。でも、私はそれに答えない。完全に無視する。ただ言うだけではダメだ。あなたはそれを証明しなければならない。彼らはそれを証明することはできない。だから、自分の言うことを紙の上で証明できない人には、私は答えない。(研究者)

そういう出版物をモニタリングしてクレームに気をつける○○協会があり、厚生省が強制的に調査して自分に不利な出版をし、それを記事にするジャーナリストがいる、という実に構造的な仕組み、方法なのである。ここに、不利なことを書く人、真実を明らかにする人の名前を潰すことを目的とした三角形がある。..(医師)

ある個人医院の医師は、こうしたネガティブな報道は当局の代理人が自分たちの評判や生活を傷つけるために行ったものだと考えていた。しかし、彼らからすれば、自分たちは何も悪いことをしていないどころか、患者にワクチンに関する完全な情報を提供し、どう行動するかは患者の判断に委ねられている。

彼らは、このサイトでの私の投稿を追いかけ、私のすることなら何でも信用を失墜させ、危害を加えようとする。どうやら、私が法律を犯していないことに気づいたようで、彼の名声と生計を傷つけてやろうというのである。なぜなら、彼らは、ワクチンが適切にテストされていないこと、ワクチンには多くの問題があること、そして、アルミニウム、アジュバント、殺菌剤、ポリアミドといった非常に問題のある物質が含まれており、それらの安全性は乳児への静脈注射ではテストされていない、という真実を国民に知ってもらいたくないからなのだ。(医師)

オンライン検閲

回答者の中には、ワクチン接種を支持する支配的な立場を維持するために、ワクチン分野の好ましくない出版物を監督し検閲する、ウェブ上の「ビッグブラザー」のような存在があると主張する人もいた。ある研究者が指摘したように。

「誰か」あるいは 「何か」、これらの出版物をモニタリングしている「独裁者」のようなものがいる。不穏なものがあれば、彼らはそれを狙う。(研究者)

その顕著な例がウィキペディアの編集者で、回答者によれば、ワクチンの安全性の問題を指摘した出版物をサイトから完全に削除しているそうである。

ウィキペディアにはもう一つ、監修済み項目という現象があるが、これが何だかすごいのだ。監修された値というのは、業界が監修している値だ。もし私がウィキペディアに、例えば麻疹ワクチンに対する研究についての行を追加しようとしたら、それはすぐに削除されるだろう・・・誰がウィキペディアを検閲しているのだろうか?答えは簡単だ。業界が科学者や学者にお金を払って、情報を入力させ、追跡し、必要なら消去している。(博士)

回答者は、反対意見の検閲が民主主義の価値観に反することを強調し、一方で、自分たちの主張には十分な裏付けがあり、自分たちに不利な主張であることを主張した。

他にはない深刻な現象で、民主主義、表現の自由に対する致命的な侵害だと思う。個人のウェブサイトに書き込んだ人を検閲し、名誉を傷つけ、書いたものを削除するように脅しているということは、すべてが事実であるにもかかわらず、だ。間違いがあったとしても、どこが間違いなのかを指摘することができない。極めて深刻で、北朝鮮やイラン、中国などの暗黒政権を彷彿とさせる。..(医師)

論文撤回

ワクチンの安全性を指摘した論文が撤回された研究者たちは、雑誌編集者が公式に発表した撤回理由は主に「方法論的欠陥」や「未申告の利益相反」に言及しているが、利益相反から生じる科学的というより政治・経済的な考慮であると主張している。彼らによれば、雑誌または編集者とワクチンを製造する製薬会社との商業的・研究的なつながりのために、批判的な声を黙らせることが撤回する目的なのだそうだ。

出版されたある日、私たちは同僚から、薬学関連企業との関係がよく知られている雑誌編集者が個人的にこの論文を撤回したというメッセージを受け取った。.. 数週間後、この論文がいかに悪いかというコメントを受け取った。明らかに、彼(編集者)は部下に連絡を取り、否定的な意見を求めたのだろう。..(研究者)

ワクチンの安全性について語り、「すべてが素晴らしい」と言わない科学を阻止するために活動している真の組織がある。彼らの意図は明確である。まず編集者に、純粋なマフィアスタイルで論文を削除するよう義務づけ、それから著者を責めて、「信頼できる科学者ではないので、論文を削除させた」と言うのだろう。(研究者)

研究者たちは、論文の撤回が反対意見を検閲するもう一つの手段であることに言及した。

大学の理念である「開かれた無修正の研究」に完全に違反していると思う。つまり、これは単なる検閲なのだ。つまり、あるテーマに対するあからさまな検閲である。私の視点が原因であるから。..これを理解するには、私の仕事に対する内容制限以外に方法はない。つまり、私は専門誌に論文を発表し、国内の各州で証言するよう要請されていた。..それは視点に関わることだった。もし私がワクチン推進派に傾倒してやっていたとしたら、それは問題ないだろう。(研究者)

研究助成の拒否

また、一部の研究者は、ワクチンの安全性をテーマとした研究の資金調達が困難であると報告している。これは、他のテーマで資金調達を行う際には遭遇しなかったことであり、ワクチンの安全性に疑問を呈する研究を検閲するための新たな手段であると考えた。この障壁を克服するために、フィランソロピーなどの別の資金源に目を向ける人もいる。

助成金の申請書に、こんなこと(あるワクチンの安全性を調べること)をやりたいと書いても、それは不可能なことなのである。助成金を得ることはできないだろう。なので、民間の資金提供者が必要なのである。もし、金持ちの家族や親戚がこの分野に携わっていれば、興味を持ち、スポンサーになってくれるかもしれない。しかし、私は、この調査に資金を提供してくれる公的な基金からの助成金は期待していない。(研究者)

私たちがインタビューしたある著名な研究者は、ワクチンの安全性について潜在的な懸念を提起する論文を発表した後、いかなるテーマでも研究助成を受けることができなくなった。

私は以前、政府、慈善団体、研究評議会など、通常の資金源からすべての資金を調達していた。しかし、今ではそのような資金を得ることはできない。現在、私たちの研究資金はすべて慈善事業から得ている。..今では、これらの団体にわざわざ申請書を提出することもない。研究活動を続けるためには、フィランソロピーから資金を得る努力が必要なのである。..(研究者)

その後、大学当局からフィランソロピーからの資金援助も停止された。

解任を求める声

医師や研究者の中には、職場に苦情の手紙を送り、解雇に持ち込もうとした人もいたという。ほとんどの場合、これらの試みは、被告人による法的措置の後、失敗に終わった。回答者は、このような試みが自分たちを貶め、ワクチンに関して特に注意を払うようになったと述べている。

私は過去に、自分を守るために弁護士を利用したことがある。この国で最も優秀な雇用弁護士の一人を使ったんだ。だから、今、私は自分のオフィスにいる。研究室もある。チームもいる。私たちはまだ科学ができる。だから、私をある種の懲戒手続きにかけたり、解任したりする機会を与えないようにしなければならない。(研究者)

私は、自分のキャリアを賭けてワクチンの安全性に関するデータに疑問を投げかけ、それを査読付きの科学雑誌に発表した科学者を何人か挙げることができるが、私と同じように信用を失墜させようとする動きにさらされ、職を失った。幸いなことに、政府や産業界が科学者を根絶やしにしようとするようなことがあっても、科学者を支持する大学もある。(研究者)

ヒアリング

ワクチンの安全性に関する出版物や、クリニックで「ワクチン被害者」に代替療法を提供しようとしたところ、自国の厚生省や医師免許委員会に呼び出され、ヒアリングを受けたという医師もいる。聴聞会では、これらの出版物を削除するか、「ワクチン被害者」への代替治療を中止しなければ、医師免許を取り消すと脅されたそうである。その結果、一部の医師は名誉や生活への不安からこれに同意したが、他の医師は拒否したという。

私は、ワクチンのリーフレットを読んでください、そこにはワクチン被害者がいると書いてありますよ、と言った。私は彼らの表面的な態度にショックを受けた。他の医者と違って、私が彼らを恐れていないことが彼らを悩ませているようだ。彼らは、彼らを止めるためにあらゆる種類の書類に署名させた・・・彼らは私の免許を剥奪しようとすることができるが、私はもちろん訴える。(医師)

私が書いた記事をきっかけに、厚生省の聴聞会に呼び出された。..これまで、厚生省に対する聴聞会や行政陳情のための弁護士費用として、多額の費用を自腹で投じてきた。..経済的ダメージ以上に、長年取り組んできた私の名前へのダメージもある。..(医師)

医師免許の停止

一部の医師にとっては、公聴会は職業的抑圧のプロセスの一部に過ぎず、最終的には医師免許の停止や取り消しという結果になった。しかし、彼らによれば、自分たちは法律の範囲内で行動し、何も悪いことはしていない。したがって、停職処分は不当であり、主に他の医師の抑止やワクチン接種に反対する意見を持つ他の医師の弾圧を意図している。

彼らは私を解雇することはできないし、私の昇進を妨げることもできない。しかし、彼らは私を辱め、免許を取り消すことができる。もちろん、私は上訴するだろう・・・彼らはそれで何を得るのだろうか?他の医師に対する抑止力である。脅すから抑止できる。現在、ワクチンのリスクについて語ろうとする医師はほとんどいないから・・・(医師)

さて、通常の意味での医療委員会は、危険な医師から国民を守ることを責務としていた。かつての危険な医師とは、薬物乱用や飲酒運転、患者への性的虐待などを行う医師を指した。この2つが大きなカテゴリーであった。そのような医師を流通させないようにしなければならない。私はそのどちらでもなかった。私は単に現状を脅かす存在に過ぎなかった。(医師)

自己検閲

また、「ワクチン反対派」や「反ワクチン派」とマークされ、キャリアに傷がつくことを恐れて、同僚や保健当局に対して、ワクチンに対する批判的な立場を表明することを控えているという回答もあった。この懸念を裏付けるように、彼らは、ワクチンに批判的な見解を表明した医師が、その後、自国の厚生省や免許委員会から公聴会や懲罰委員会に呼び出され、キャリアに傷がついた事例を語っている。

自己検閲のようなものがある。人前で話したり、他の医師と話したりすることで、自分が「マーク」されないように。..人前で話すのが怖い、まだキャリアが浅く、自分の発言がどこで終わるかわからない。..ワクチン反対の意見を述べた医師が、すぐに「ワクチン反対」とカテゴライズされるのを知っている。彼らは迫害され、公聴会や懲罰委員会に召喚され、[HMO]クリニックで仕事を得ることができなかった。..(家庭医)

今日、私がワクチンに反対していると言うことは、とても、とても怖いことだ。もし、私のワクチン反対の立場を知られたら、ひどく、恐ろしいことで、私を解雇することもできる、絶対である。プライマリーケアのクリニックで看護師として働きながら、ワクチンに反対していると言うことはできない、できない。(看護師)

また、ある看護師は、学校の保護者会などの懇談会では、子どもの社会生活に支障をきたすことを恐れて自己検閲を行っていると述べ、一方で、近年、「ワクチン反対派」に対する態度が悪化していることを指摘した。

今の状況はひどいものだ、本当に憂鬱だ。長男が小さかった頃は、「予防接種はしていない」と自由に言えたが、今は小さい子が2人いるので、そうはいかない。幼稚園の保護者会で「反ワクチンの狂信者がいないことを祈る。」というようなことを何度も聞く。だから、私はあえてワクチン反対のことは言わないようにしている。息子を受け入れてもらえず、レッテルを貼られるのが怖い。..だから、黙って何も言わない。..(看護師さん)

ワクチン接種のモニタリングと報奨金

また、家庭医の中には、「棒とにんじん」の戦術を用いながら、職場のワクチン接種率に応じて自分たちを測定する組織的なモニタリング・管理・監督の存在を指摘する人もいる。一方では、クリニックはできるだけ多くの患者にワクチンを接種するよう大きな圧力をかけ、他方では、接種目標を達成した者に報酬 (例えば、無料の食事、金銭、昇進など)を与えている。

厚生省はHMOの医師にワクチン接種の圧力をかけている。秋から冬にかけての9月上旬に多く発生し、3月には消滅する・・・週単位で成功したクリニックは表彰される、どこかで朝食を・・・ワクチン指数で上位の医師は、良い医者とされる。(かかりつけ医)

私がこれまで勤務してきた2つのクリニックでは、「今の時代は子どもたちが要因だから、ワクチンを接種しなければならない」というプレッシャーがあった。クリニックではワクチン接種率を測定し、それによって自分たちの良し悪しを判断する。..もしクリニックが目標を達成できなければ、大きなプレッシャーがかかる。(看護師)

現在、COVID-19感染を検出するために設計されたコロナウイルス検査にも、この報酬方式が適用されている。

ワクチン接種にはインセンティブがある。1回のワクチン接種につき、ここの医師は約6ユーロを受け取る。開業医が接種するワクチンのほとんどはインフルエンザと肺炎であるが、1回接種するごとに同様の金銭的インセンティブが与えられる。また、コロナウイルスの検査にも金銭的な報奨がある。検査のたびにお金がもらえる。..(かかりつけ医)

考察

本研究の目的は、ワクチン接種に批判的な見解を持つワクチンに関わる専門家(研究者、医師、看護師)が、ワクチン分野での異論に対する検閲や弾圧と認識していること、それに対する反応、科学や医療への潜在的な影響について、主観的認識を探ることであった。ただし、インタビューした医療関係者の多くが、「ワクチン反対派」と認識され、結果として被害を受けることを恐れて、ワクチンに対する批判的意見を公言しないため、この現象は今回のインタビュー対象者の小さなサンプルを超えている可能性があるが、その程度について公式な数字を持っていないことに留意する必要がある。

本研究で研究者や医師が報告した弾圧の戦術は、ウェブサイトでの中傷的な出版、特定のワクチンの安全性の問題を指摘した論文の撤回、研究助成の拒否、解雇の要請、保健当局による聴聞会や懲罰委員会への召喚、医師免許の停止、自己検閲などを指している。これらの知見は、ワクチンの科学に関する先行研究での議論と一致している (例えば、Cernic,; DeLong,; Gatto et al.,; Martin,,; Vernon,)。また、一種の「独裁者」がウィキペディアでワクチンの安全性の問題を示すエントリーを監督、編集、削除するというオンライン検閲を主張する回答者もいた。家庭医や看護師も、HMOのワクチン接種目標の遵守度を測定することを目的とした組織的な監督を指摘し、一方で患者にワクチン接種の圧力をかけ、期待される目標を達成または超過した者に報奨を与えていた。なお、インタビューのほとんどは2020年に行われたものであり、彼らが語った経験はCOVID-19ワクチンとは無関係であった。

反対意見の弾圧とは、権力や地位の高い者が、その下の者に対して行うものであり、従来の科学的・学術的な基準だけでは正当化できないものと定義されている (Martin,)。ここで提起される問題は、こうした戦術が反対意見の弾圧にあたるのか、それとも公衆衛生を脅かしていると思われる人々に対してとられた正当な措置なのか、ということである。

Martin)が提案した基準を検証すると、確かに反対意見の弾圧を示唆するように見える。第1に、行動のタイミングである。否定的な出版物や懲戒査問への召喚は、私たちの研究に参加した研究者や医師がワクチンの安全性の問題を示す論文を発表したり、公的な発言をした直後に起こった。第2に、批判の場と発信源:本研究に参加した研究者や医師の何人かによれば、彼らに対する匿名の苦情は、まず本人に事実を確認するのではなく、職場や厚生省に直接送られた。第3に、ダブルスタンダード・テスト:本研究の研究者や医師はその分野でかなりの専門経験と評判を持っているが、彼らに対する攻撃は、他の分野で議論を呼ぶ主張をする人に対して行われたものと比べてはるかに厳しいものである。研究参加者は、保健機関や規制機関の一部の職員がワクチンメーカーと研究・商業的関係を持ち、それがワクチンの文脈での意思決定に影響を与えていると主張した;最後に、研究参加者が報告した弾圧戦術は、ワクチン接種の分野での異端者に対する弾圧に関する先行研究 (Martin,; Vernon,)や、エイズ、環境、フロリデーションなど他の議論のある科学分野で述べられているものと同様だ (Martin,,,)。回答者の中には、ワクチン分野以外で発表した他の研究に対する同様の反応を知らなかった、見たことがないと言う人もいた。

しかし、回答者が指摘する最も隠れた効果は、自己検閲である。研究者の中には、特に私たちの研究に参加した家庭医 (GP)や看護師は、「反ワクチン派」のレッテルを貼られることを恐れ、公の場でワクチンに対する批判的な意見を表明することを控えていると述べている。彼らは、懸念を表明した結果、今回報告したような行動 (例えば、中傷、公聴会への召喚、解雇予告、雇用削減、昇進遅延など)が同僚に起こったと主張しているのだ。

これらの知見は、Jansen and Martin,)による、望まない考えや立場を検閲するために権力者に仕える抑圧的な戦術についての議論を反映するものである。これには、対象の価値を下げること(批判者に直接狙いを定めて、その信頼性と正当性を損なうネガティブな出版物)、行為の再解釈(抑圧行為を、国民を危険にさらす者から守る手段として説明する)、公式チャンネルの使用(反対者を攻撃しながら主流メディアによってワクチン推進の立場を広げる)、重要人物の威嚇や報酬(公聴会への召集対ワクチン接種目標を達成するGPや看護師への報酬)、が含まれる。

検閲や弾圧の直接的な影響として、研究参加者が報告したのは、評判の低下、研究機会の阻害、生活やキャリアへの物的損害などである。しかし、反対意見の弾圧は、言論の自由の侵害、科学の倫理原則の違反、重要な研究分野の軽視など、より広範囲な結果をもたらす。議論を呼ぶ問題に対して開かれた議論を許し、多様な意見を表明することは科学の基本原則であるが、反対意見の抑圧は狭い世界観につながり、医学と公衆衛生に対する国民の信頼を損なう (Cernic,; Delborne,; Martin,,; Vernon,)。

反対意見の弾圧のもう一つの意味は、それが裏目に出て、弾圧された人への支持や共感が大きくなることである。Jansen and Martin,)が指摘するように、検閲の対象者は憤りを感じ、反対の立場を抑圧することは隠蔽と受け取られる可能性がある。私たちの調査結果はこれを裏付けるものである。回答者の発言からは、ワクチンリスクに関する研究文献で支持されていると主張することをあえて公の場で述べたため、不公平感や不公正感を抱いたとされている。また、回答者は、自分たちが「告発」されたのは、健康に関連した配慮からではなく、利害関係者によるワクチン接種の現状維持を目的とした政治・経済的な配慮からだと考えている。これらの主張は、特定のワクチンのリスクを示した研究 (DeLong,; Glass et al.,; Hooker,; Hooker & Miller,; Lyons-Weiler & Thomas,; Palmer,)や、ワクチンメーカーによる操作や詐欺さえ示す研究によってある程度裏付けられている (Cernic,; Holland et al.,; Gøtzsche,)。

さらに回答者は、「ワクチン反対派」や「反ワクチン派」というレッテルを貼ることも弾圧の手段であり、ワクチンに関するバランスのとれた真の科学的・市民的言説の可能性を回避していると主張している。この主張は、政府などの強力な組織が、自分たちを脅かす行動を非難することを目的とした政治的なラベルとして、ある行動を「逸脱者」と定義することを指すラベリング理論(ベッカー、)と呼応するものである。実際には、ほとんどの公衆衛生政策立案者は、「議論すべきことは何もない」という理由でワクチン批判者との議論を拒否しており、合理的で正当な言説の境界から排除することで、批判の可能性を排除するアプローチである(マーティン、)。

反対する立場を弾圧し検閲することは、科学的な言説を損なう。医学と科学の世界は、多種多様なプレーヤー、不確実性、権力、金銭、政治化、利益相反に満ちている (例:Bekelmanら、、Boydら、、Cernic、、Ferner、、Frickel & Moore、、Goldcare、)。科学の政治経済、すなわち、お金やその他の資源(評判、機関所属、政治的絆)が、どのように、そしてどのように生産された情報が信頼に足るとみなされるかを決定する役割を担っていることを認識すれば、科学の抑圧を特定し抵抗する可能性が高まる (Foucault,)。経済的・政治的権力の影響は、必ずしも特定の科学的主張の信頼性を損なったり、弾圧の存在を証明するものではないが、論争のある分野に関わる様々な動機や影響力を慎重に検討するための戒めとなるであろう (Delborne,)。

この認識により、科学者は、論争を尊重し、健全な議論を促す良い科学を作るために、高い行動基準に努めるべきである (Delborne,)。このことは、現在のCOVID-19のパンデミックにおいて、ワクチン支持者と反対者の間の議論を再び煽り、信頼に足る優れた科学が必要とされている中で、より一層重要となっている (Doshi,,)。それぞれの立場が誇張されるのではなく、公衆衛生のため、そして科学と医学への信頼を高めるために、公正でオープン、かつバランスの取れた議論を行うことを求める。

原則として、検閲は、国民が当該問題を理解し賢明な判断を下すことを信頼できないため、疑いを持たずに当局を信頼することを前提としている。しかし、長年にわたって明らかにされてきた様々な汚職事件は、例えばサリドマイド事件 (Ridings,)、オピオイド (Jay et al.,)、デングウイルスワクチン (Arkin,)で起こったように、当局に対する国民の信頼を弱めることにつながった。意見やアイデアの検閲は、必然的に表現の自由を侵害し、科学的な言説をさらに損ない、国民の信頼を損なう (Martin,)。そこで私たちは、科学における論争を、科学的正統性に反対することを目的とした立場や議論としてではなく、開かれた議論を促す実践として扱うというデルボーン)の提案に賛同する。このアプローチの根底にある戦略は「ワクチンに関する専門知識の民主化」と呼ばれ、提供される情報が専門家の権威に依存せず、一般の人々の知的な読解と学習に依存するようになる (Delborne,)。

私たちの発見は、ワクチン接種の分野における異端者の弾圧の存在を疑わせるものである。このことが意味するところは、科学的言説の侵害である。科学的言説とは、基本的に、疑い、懐疑、そして進歩や革新につながる考え方の多様性に基づいている (Merton,)。もう一つの悪影響は、実際の議論を通じてではなく、権威が公の言説を統制し、不適切な手段を用いて、自分たちの有利な立場を支持する専門家を宣伝する一方で、反対意見を述べる者を黙らせることによって、科学的コンセンサスが形成されることである (Skrabanek,)。正当性がない場合、「良い科学」の名の下に反対者を弾圧し黙らせることは容易であるが、その代わり、それは非科学的行為の産物である。もちろん、科学的な議論を弾圧することは、医師が患者に対して主要な医師会の助言に反する助言をすることを止めることと必ずしも同じではない。しかし、私たちが話を聞いた医療専門家の経験では、患者に対してではなく、同僚や公衆に対して率直に自分の意見を述べるだけで、弾圧戦術を引き起こすのに十分であったことが示されている。

この研究の主な限界は、調査結果がインタビューされた人々の主観的な視点に限定されていることである。もし、もっと異質なグループを含めたら、別の解釈に至った可能性がある。したがって、私たちは、知識を広げ、ワクチン反対派とワクチン賛成派の間の効果的な仲介方法を提案するために、ワクチンに関わる専門家や政策立案者の幅広いグループを対象にさらなる調査を実施することをお勧めする。もう一つの限界は、私たちのサンプル以外の研究者や実務者の間で同様の体験がどの程度発生しているか、あるいは普及しているかについて、私たちは何も知らないということである。

この研究の主な貢献は、ワクチンについて疑問や疑念、批判を呈する研究者や実践者に、彼らの主観的な視点から声を与えることである。これは、彼らの懸念や反対姿勢の動機を理解するためであり、また、反対者を抑圧することの否定的な結果は、彼らの明らかな迫害により、より大きな支持や共感を得るという逆の結果で表現される可能性がある。本研究が、ワクチン分野におけるよりオープンで公正、多様かつ透明な議論に貢献し、科学と医学に対する信頼を高めることを期待する。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました