3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争WEF/グレート・リセット資本主義・巨大企業

第344回 The Ripple Effect Podcast (ピーター・フィリップス|ジャイアンツ:グローバル・パワー・エリート)
Episode 344: The Ripple Effect Podcast (Peter Phillips | Giants: The Global Power Elite)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

rokfin.com/post/50038

2021年8月14日
概要

ピーター・フィリップスは、Project Censoredの元ディレクターで、ソノマ州立大学の政治社会学教授です。新著「Giants: グローバル・パワー・エリート」


The Ripple Effect 0:21

今日は教授、著者研究者、彼はまた、プロジェクト検閲の一部であったピーター-フィリップスが私たちと一緒にいます。今日は彼の本「巨人、グローバルパワーエリート」について話すために来てもらいました。本当に楽しい議論でした。彼はまた、1年か2年前にEmpire filesでAbby Martensと素晴らしい対談をしています。ぜひご覧ください。

さて、次はビジネスの話です。このエピソードで話している資本主義的な人々の多くとは違って、たとえこの番組が価値に対する価値であっても、価値は金銭的である必要はない、私は金銭的利益を求めてはいない、もしあなたに余裕があれば、もし可能なら、ケチなことはやめて、あなた方の何人かが番組をサポートしてくれて、私は本当に、本当に、本当に感謝しています。

ポケットの中から番組に寄付してくれる皆さんには、いくら感謝してもしきれません。心の底から感謝しています。最近マーチャンダイズを買ってくれた人たちにも同じことを言いました。しかし、もし金銭的なサポートができなくても、ショーをサポートしたり、ショーをシェアしたり、レビューを書いたり、ショーのことを人に伝えたり、いろいろな方法で変化をもたらすことができます。

そして、「ありがとうございます」を言ってくれた人たちへ。そして、もしあなたが番組を金銭的にサポートしたいと思っているなら、もしあなたが番組を金銭的にサポートできるなら、私の真新しいウェブサイトをチェックしてみてください。そして、私のすべてのチャンネルへのリンク、私のOdysseyチャンネルロックファンビッチシュート地雷、ランブル、その他、ソーシャルメディア、Instagram、Twitterパーラー、すべて、1つのウェブサイト上のすべてのストップショップドリブルfg podcast.com またはリッキーブランド.comに利用できます。

どちらも同じウェブサイトにアクセスできます。また、あなたは私が十分にロバートマローン博士との最も最近のエピソードをお勧めすることができ、The Ripple Effect ポッドキャストとリッキー暴言とロックフォンだから3つのすべてのショーが永遠にそこにあることを望んでやった必要がある私のショーのすべての3つを見つけることができます。

常にノーカットで。例えば、私のDell big treeのエピソードはYouTubeから検閲されたばかりですが、私のウェブサイトではまだ見ることができます。今後、iTunesやYouTubeで禁止されたり、検閲されたりするようなゲストとのエピソードが、もっとたくさん出てくると思います。

そのため、これらの主流のプラットフォームを使用している場合、検閲のためにあなたがアップ見逃す可能性が常にあるので、あなたはOdysseyロックフォンを使用していることを確認し、ポッドキャストアディクトと直接私のRSSフィードを取得し、あなたは私から右のショーを得ることができるようにすべてのものを行う検閲や問題をバイパスします。それでは皆さん、番組をお楽しみください。そして、次回はピースでお話します。

Peter Phillips 4:03

UC Davisで博士号を取得しました。そして30年前、私はソノマ州立大学に採用され、つい最近退職しました、名誉職です。私は主に、上流階級のエリート、アメリカ、権力、不平等など、私たちが世界的に直面しているマクロな問題を含む政治社会学のクラスを教えていました。

私は歴史的にアメリカの上流階級にとても詳しく、50年代にパワーエリートについて書いたSeawright Millsに始まり、非常に重要な人々のネットワークがどのように社会を管理し、コントロールしているかを取り上げてきました。

20年ほど前から、サンタバーバラ大学のウィリアム・ロビンソン、ロンドン大学のスクラーなど、全米の学者が多国籍資本家階級、グローバリスト、ダボス会議に参加するパワーエリートについて語るようになり、国家に影響を与え、グローバル資本主義を保護・支援している人たちが出てくるようになりました。

つまり、国家が管理するグローバル資本、つまり資本主義の主要な利益は国家によって保護されていましたが、この30年間で、よりグローバルな視点での出来事への移行が見られました。そして、世界中の資本家と資本保有者を調整する国境を越えた政策協議会が存在します。

政府は彼らの利益のために働いているのです。それが私の関心事となりました。誰が世界の資本を握っているのでしょうか、そして、その資本がどのように管理・保護されているのかに注目し、「巨人たち:グローバル・パワー・エリート」という本を書きました。そして、もちろん、私たち全員にもたらされる結果についても書きました。

The Ripple Effect 6:30

これは典型的な質問ですね?物語を語るとき、あるいは世界で起こっていることについて話すとき、私たちはいつも、彼らはこれを望んでいて、あれをしていて、影響力があります、と言います。その通りです。そして、あなたは基本的に、彼らが誰であるかを実際に調査することにしたのです。

Peter Phillips 6:46

そうです。私は30年間、自分の仕事の一部でした。しかし、これは資金運用に集中していました。1兆ドル以上の投資資金を持つ巨大企業が、株式市場に投入したり、様々な場所に投資したり、世界中の土地や農地を買い上げたり、リターンを得るためにその資金を使って行う様々なことを行っていました。

で、これを見ると、ジャイアンツというのは、もちろん、ブラックロックとかバンガードとかJPモルガンチェースとか、ペムコ、ドイツのアリアンツ、イギリスのバンクオブアメリカ、バークレイズ、こういう投資会社ですが、みなさん1兆円を超えていたんですね。

実際、ブラックロックは5.4兆円で、しかもこれらの数字はすべて2017年の数字に基づいています。ブラックロックはその倍近い8兆円近くになっています。この富の集中は、大富豪や億万長者から人々の資本、余剰資本を預かり、それを管理する会社で、世界中の様々な株式や投資機会に投入し、7%以上のリターンを求め、それでかなりの成功を収めています。

しかし、彼らの大きな問題の一つは、投資の良い機会よりも資本の方が多いことです。つまり、富は集中しているのですが、新しい企業が資金や株式を投入する機会が十分にないのです。ですから、彼らは問題を抱えているのです。その結果、投機的な投資に走ってしまうのです。

2008年のサブプライムローンもそうでしたが、彼らはそれが持続可能でないことを知っていました。しかし、手っ取り早くリターンを得るには良い場所だったのです。そして、何十億ドルも何百億ドルも投資され、最終的にはすべてが崩壊し、世界経済を崩壊させる寸前まで追い込まれたんです。

もし政府からの救済措置がなかったら、何十億ドルも株式市場に投資され、企業や融資に投資されていたのです。完全に崩壊していたかもしれません。これが彼らの最大の問題の一つです。

現在、彼らはさまざまな方法でこの問題に対処しています。政府にもっとお金を使わせて、自分たちが投資できるようにしようとしているのです。その最大の投資対象が戦争ですこれが、世界で永久戦争を見ることになった理由の一つです。資本家、投資銀行にとって非常に有益な軍事機械を作り続け、良いリターンを得ることです。私たちは永久戦争の状態にあります。アフガニスタンから撤退しても、世界中で戦争をしているのです。つまり、私たちは軍隊、特殊部隊を持ち、世界の半分の国々で戦争をしているのです。

アメリカだけでなく、ヨーロッパなどでも、その支出は、利益、世界のパワーエリート、富の所有者を集中させ、そのようなものに投資しています、そのような活動をしているのです。これは彼らの主要な活動の一つです。投機的な投資というのは危険なことの一つです。

そしてもちろん、世界中で無駄な戦争を続けることは非常に危険です。つまり、金持ち、一般的な金持ちはより金持ちになり、貧乏人はより貧乏になるのです。この資本投資、政策実践、慣行によって、明らかに現れています。そして、これはもちろん、地球温暖化という環境問題にぴったりとつながっています。私たちは数年以内に化石燃料の燃焼を止めることができるのです、文字通り。

11:24

そして、それは非常に有益なことです。私たちはまだガソリンを使う車を作っていますし、エネルギーとして石炭を燃やすこともしています。そう、彼らは少し心配しているのです。ダボス会議の参加者の中には、「この状況を逆転させなければならない、いわば世界をリセットしなければならない」と言う人もいます。

しかし、その本当の意味は、資本主義を守るために、資本投資と富の集中を継続できるように、世界をリセットしたいのです。私の本には、17人のジャイアンツが登場します。そしてこれは2017年の話です。今はもっとたくさんいるので、今年中に更新する予定です。

しかし、これらの17兆ドルの企業は、世界の40兆ドル以上の富を保有しています。さて、これは自由な流動資本、つまりお金です。これは、どこかの建物を所有することとは異なり、価値があるものです。250兆ドル相当の富の一部として、今日、世界に存在しています。

250兆ドルの富の一部ですが、この人達が、世界中で支配している資本と投資資金の圧倒的な割合を占めています。そこで、新しい創造が行われ、新しい投資が行われます。そして、彼らはこのようなリターンを求めているのです。

彼らは、ある種の罠にはまり、成長し、資本投資のリターンを得るという永久的な必要性から抜け出せなくなっています。そして、これは中国を含め、今日の世界中の資本主義に浸透しています。世界の資本は、社会のため、二次的な人間のためではなく、資本の回収のために投資されているのです。そのことを私たちは理解する必要があると思います。これは非常に強力です。

2017年に40兆円相当の富を保有するこの14社、17社には199人の取締役しかいませんでした。だから私の本では、そういう人たちをすべて特定します。そして、彼らは資本がどのように集められ、投資されるかを決定している人たちなのです。

そして、彼らは重なり合っています。彼らは非常に似ています。みんな裕福なんです。彼らの多くは、様々なものに投資している世界的な政策協議会のメンバーです。彼らはほとんどエリート大学出身です。ニューヨーク、ロンドン、パリなどの大都市に住んでいます。

そこで、彼らは皆、お互いを知っているか、お互いを知っているのです。ですから、この非常に少ない人数、200人以下なんです。この5年の間に亡くなった人もいます。5年の間に死んだ人もいるし、変わった人もいるけど、まだ3分の2くらいは同じでしょう。そして、入れ替わりがあります。今でも入れ替わり立ち替わりで入ってくる人がいますね。その人たちは、すでにそこにいる人たちとほとんど同じような顔をしています。

欧米諸国出身の白人男性が中心です。有色人種はほとんどいません。グローバル資本をどう守るかについて、政府が指示を仰いでいるのは彼らです。政策も彼らと一緒に作られ、彼らの懸念事項になりえます。このような政策は世界にとって良いことですが、資本にとっては良いことではありません。

これは大きな矛盾です。今の世界では、資本に投資した資本を持つ人々、富を持つ人々がいます。億万長者でも、余剰資本を投資して、大手の投資会社に運用を任せています。それに、リスクも少ないしね。それが今の世界情勢です。

15:54

そして、それは確かに人類の危機を作り出し、それを継続させているのです。つまり、世界の3分の2の80%の人々は1日10ドル以下で生活しています。その半数は1日3ドル未満で生活しています。そのような人々は、投資に対する資本収益という点では全く関与しておらず、戦争や環境への影響によって、マイナスの影響を受けています。

そして、単に貧困であることで、1日に3万人、これは国連のメンバーですが、3万人が栄養失調や簡単に治る基本的な病気で亡くなっているのです。そこにCOVIDが加わることで、世界中の貧困層のコミュニティで感染が拡大します。つまり、世界的な崩壊につながる人類の極度の危機なのです。このようなシステムを永続させることはできないと考えるしかありません。

ダボス会議が避けようとしているのは、環境を修復しなければならない、貧困を削減しなければならない、これらは世界崩壊が起こらないようにするための漸進的なステップです、ということです。

そして、彼らの第一の使命は、世界資本を守り、その状態を維持することです。彼らの資料を読めば、いいように聞こえますが、ここで起こっている根本的な動機に目を向ける必要があります。

世界中のエリートが、自分たちの資本価値を守ろうとしているのは明らかです。そのため、様々な方法で促進されています。大西洋評議会や三極委員会のような大きな政策会議があります。政府ではなく企業が資金を出しているのですが、この資本保有者のネットワーク内のエリートで構成される30人の評議会があります。

彼らは政策提言を行い、政府はそれを指示として受け取ります。そして、政策声明を発表しています。NATOと密接な関係にある大西洋評議会は、数年前、ロシア、特にプーチン後の政権交代の時期が来たと述べていました。

ウクライナでクーデターを起こした後、プーチンはクリミアを手放すつもりはありませんでした。クリミアの人々は90%の票を投じ、ウクライナから分離独立し、もはやロシアではないことを表明しました。私たちはそれを侵略と呼びますが、そうではありませんでした。彼らはすでにそこに軍隊を持っていました。そこには海軍の基地がありました。

しかし、これがプロパガンダマシンの一部となり、反プーチンのプロパガンダとなりました。その動機は、巨大な投資を行うために、ロシアはそれを開放し、シベリア、鉱物資源の森、石油、資本エリートは、世界のその地域に大規模に投資し、それを所有できることに歓喜したい、というものです。

つまり、完全に所有しているわけですから、反プーチン政策を推し進めることができます。中国についても同様で、大西洋評議会は最近、中国における政権交代の時期だと述べ、政治局や共産党を追い出し、資本へのアクセスを拡大する必要があると述べています。中国には億万長者がいます。そして彼らは投資をしています。実際、ブラックロックは北京に事務所を構えており、投資を許可されています。しかし、大半の場合、起きていることは、所得と富の大幅な増加です。

 20:23

中国の一般庶民の貯蓄口座などが大幅に増加しました。非常に貧しい国の一つであった中国が、巨大な中産階級を擁する国になり、農村部の貧困がほぼ完全に解消されたことで、真の変革が起こりました。貧困とは、基本的なニーズを満たすのに十分な手段を持たず、飢えているか、屋外で生活しているか、あるいはうまくいっていないことを意味します。

その代わりに、ここアメリカでは、より広範囲にそれが見られるようになりました。ホームレスと貧困が増えました。エリートは、資本の安定を脅かさない限り、この問題を解決することに全く関心がないようです。それが起これば、ある時点で変化が見られるでしょうが、あまりに早く起こりすぎると、変化を起こす時間がなくなるかもしれません。

The Ripple Effect 21:28

そうそう、ある教授がその昔、私がファンだったハーバード大学のマイケル・サンデル教授がいます。彼は、確か「お金で買えないもの」という本を読んで、資本主義経済ではなく、すべてが資本であり、常にもっと、もっと、もっと、もっとと得られるという非現実的な期待に満ちた資本主義社会になってしまったということを話していました。

企業や権力者たちは、計画的陳腐化、つまり以前から故障していたものをさらに購入するような、創造的な継続方法を見つける必要があります。電気自動車は、その歴史を振り返ると、明らかに抑制された技術でした。他にも、電球の陰謀のように、カルテル全体が集まって、電球の長さを短くすることを決定し、儲からないことを利用して儲ける。

カリフォルニアのトロッコ列車が人気を博したときと同じようなものです。どこかのフロント企業が、ディーゼルエンジンを動力とするPVTA方式の公共交通機関を推進するために、トロリー車両をすべて買い占めたのです。そして、デュポン、ファイアストン、GM、これらすべての企業が結託していたことがわかりました。

Peter Phillips 23:10

ロサンゼルスの大規模な交通システムを完全に破壊してしまったのです。それで、高速道路や自動車、バスを導入することができたのです。

The Ripple Effect 23:26

資本主義は、より速い携帯電話やあれやこれやを手に入れるものです。これは、マーケティングとその力、そして、古い製品ではもう十分ではないので、新しい光り輝くもの、新しい製品が必要であると、常にあなたを説得する彼らの理解力に戻るのですが、

Peter Phillips 24:14

それは、ただ単に新しいソフトウェアを買ったり、アップグレードしたり、最新の接続を得るために新しいiPhoneを買わなければならないとか、そういうことがあっても、私はiPhoneを使って写真を撮ったり、電話で話したりすることに満足しています。メールでのコミュニケーションはうまくいっていますが、大規模な改善の必要性は感じません。私たちはかなり安定しています。

しかし、携帯電話やコンピューターにお金をつぎ込んでいるために、誰かが死ぬという結果になるのです。そして、ここには道徳的な問題があります。つまり、環境が破壊され、人々が飢え死にするような人類の危機を、このまま放置しておくわけにはいかないのです。私たちはただ見て見ぬふりをしているのです。私のせいではありません。しかし、それは間違っています。地球市民であるために重要なことは、それが私たち全員に与える影響を理解することです。

The Ripple Effect 25:30

私は、社会は最も弱い部分ほど強いと思います。そうでしょう?私の周りに貧困がある場合、それを永遠に無視することはできません。最終的には、直接または間接的に私の生活に影響を与えることになります。食べ物や水がない人、生活費を支払うためのお金がない人がホームレスになり、私や私の家、隣人を襲ったり、学校に行く途中で私の子供を跳ねたり、そういうことになるわけです。

ですから、みんながそうすることが私のためになるのでしょうか、ということなんです。まあ、そうですね。だって、みんながやれば、まあ、みんなやるわけでしょ?まあ、それは、それは、この、このアイデアです。私はポルトガルで生まれ、4歳の時にアメリカに来ました。

私の両親はポルトガル北部の農民で、とてもシンプルな生活をしていました。そしてアメリカに来て、幸福への道として、白い柵を手に入れ、銀行口座に1と0を多く持つというような考えを売りつけられました。そして、一生懸命働いて、起きている間、毎秒、人生の最良の年月、全エネルギーを企業に捧げるだけでいいんです。

そうすれば幸福になれます。そうすれば、やっと新車や立派な家を買うことができます。彼らは自分の出身地で幸せだったのです。まるで、ここに来ればもっと幸せになれると信じ込ませて、妨害するようなトリックがあるようなものです。ここにいれば幸せになれると。

ああ、そうですな でも、もっと幸せになれるんです。なぜなら、あなたはこれらの輝くものをすべて手に入れ、これらの製品をすべて手に入れ、そして、あなたはほとんど騙されて、物質主義者になるのです。物質的なリストに載る人間になるように、騙されそうになるんです。

しかし、本当は出身地が違うのに。私の両親は農家で育ちました。つまり、両親の家の裏庭は、あなたの家の裏庭と同じような感じだったんです。動物の鳴き声が聞こえ、平和でした。物質的なものはありませんでした。しかし、いつも仲間がいて、コミュニティがあり、友情があり、食べ物も自分たちで作っていました。

そして、インフラや食料品店などにも、それほど依存しなかったのです。すみません、動物の鳴き声か何かのように聞こえましたね。しかし、つまり、アメリカに来て、このイデオロギーに巻き込まれると、うつ病のようなものが蔓延し、薬を過剰に処方され、ストレスや肉体的・精神的な問題を抱えることになるんです。

それは、間違ったところに幸せを求めるからです。そして、あなたはこのような嘘を売られたのです。資本主義的で、経済的なものを追い求める人たちは、成功しているように見えますが、そうではありません。しかし、彼らの私生活に踏み込むと、みんな狂人のように見えるんです。

彼らは皆、狂人のように見えます。家族も友人も顧みないし、みんなに嫌われています。それで何を得たんです、という感じです。しかし、あなたの本では、このことを深く掘り下げているときに、資本主義についてたくさん話していますよね。しかし、個人的には、多くの場合、動機がお金だけであるはずがないと思っています。

ビル・ゲイツのような人物を見てみると、世界で本当に力のある人たちは、世界中のすべてのお金を持っているような気がします。世界中のあらゆるものを手に入れ、買えるものはすべて手に入れています。異国の島にも行ったことがあります。権力もその一部ではないでしょうか?

Peter Phillips 29:18

まあ、確かに権力というのは中央集権的なもので、政府や制度や警察国家があります。つまり、それが本当のパワーなのです。今、あなたはそれに影響を与えることができ、パワフルな人間になることができます。しかし、権力というのは、実際にはネットワークや政策集団のことなのです。

ロックフェラーが70年代に設立した三極委員会は、現在世界中に約400名のメンバーを擁しています。世界中の資本主義国の主要な資本家が集まっています。地域ごとに会合を開き、さらに世界各地で会合を開いて、政策の方向性を決めています。

もしあなたがホワイトハウスにいるとして、三極委員会や大西洋評議会などから政策の方向性が示されていたら、非常に注意深く見守る必要があります。なぜなら、彼らを無視したり、何らかの形で脅したりすれば、政権を維持することはできないからです。

これは明らかなことだと思います。つまり、富の集中は権力であると言えば、その通りなのです。私の次の本は、それがどのように機能するか、どのようにネットワークを構築するか、そして現在、世界中にプライベートメンズクラブのようなものがあり、エリートたちが集まって、何が起こるべきかを互いに議論していることに焦点を当てます。

ボヘミアン・グローブは、私が27年前に論文を書いたところですが、そこに集まった人たちの3人に1人は大企業やトップ企業の人たちでした。しかし最近、会員名簿を見ていて、何か違うことに気づきました。10人に1人、少なくとも10人に1人は、資本投資会社の取締役になっているのです。

つまり、富の管理、特に過剰な富の管理、つまり、あなたはすでに家か2軒、あるいは3軒、3台の車を持っていて、世界中を旅行しています。そのすべてが揃っていて、なおかつ何百万ドルも持っている場合、人々はそのお金を管理することを求めます。

なぜなら、彼らはそれに見合ったリターンを得られる場所を探そうとするからで、何割かを得ることができます。それが今の資本主義であり、企業であり、お金の管理なのです。そして、新しいものに投資するのではなく、新しいものは投資されるが、ホットなもの、話題の株、そういったものに投資するようなものです。

しかし、全体としては、資金と資本の保護が目的です。政府はそれを知っています。情報機関もそれを知っています。政府、世界中の資本主義政府に存在する警察国家権力は、投資を保護するためにあるのです。

第三レベルの独裁国家や、どこかの小国が権力を握れば、 金を借りたり、投資家がいることを知らされて、 注意を払わなければ、彼らの要求に応じなければ 政権交代が起きれば、あなたは暗殺されるか、政治的に排除されるかのどちらかです。

これこそが、私たちの諜報機関、西側の諜報機関、サウジアラビア、イスラエルが協力して行っています、富を守るための行動なのです。キューバ、ベネズエラ、イランなど、このグローバル資本システムに周辺的な役割しか果たしていない国家は、排除され、排除され、侵略されます。

サダム・フセインの最大の罪の一つは、ドルではなく、ユーロで石油を売り始めたことです。これは耐え難いことでした。彼は去らねばなりませんでした。カダフィの場合も同じです。カダフィはヨーロッパ諸国に対して、自分の石油を金で買えと要求しました。

The Ripple Effect 33:50

彼は自国の通貨を作りたがっていたのではありませんか。また

Peter Phillips 33:53

彼はアフリカで世界共通の通貨を作ろうとしていました。彼は組織化され、人々は注目しました。そして、彼の国、そこに住む人々はより良い暮らしをしていました。結婚すれば住むところもあるし、大学にもタダで行ける。医療も受けられます。

リビアの労働者たちは、世界中の他の多くの場所よりも恵まれていました。資本主義の強い国では、フィリピンや日本など、まだ不平等が残っていますが、資本主義を支持しない政府を弱体化させるために参加することがあります。

The Ripple Effect 34:52

そう、そしてこれが私たちの外交政策についてのことです。まず第一に、彼らは陸軍省という名称を維持すべきだったということです。国防総省を変えるのは、その方が聞こえがいいからでしょうけど。しかし、本当はDepartment of Warなんです。そして、戦争に目を向けると、それは何なのでしょうか。

Peter Phillips 35:09

永久戦争とは何でしょうか?それは永久戦争省です。

The Ripple Effect 35:12

しかし、これもまた、あなたが言っている資本主義の症状と同じではないでしょうか、例えば、常に、産業を生み出しているようなものですよね?時々、政治家の話を聞きますが、彼らは自分の国で戦車を作っていますよね。

戦車にこれ以上政府支出を増やすことには反対でも、軍備増強や戦争拡大のための法案を推進しなければ、その州では人々が職を失って苦しむことになるかもしれませんね?

というのも、現在、戦車や爆弾などの軍事製品の製造に多くの資金が投入されていますが、これをどう止めるか?どうやってブレーキをかけるのでしょうか?それはまるで、常に、もし、もし、もし、と言っているようなものです。

Peter Phillips 35:58

議会とあなた、そしてあなたがそうすることで、大量の資金が投入され、あなたを排除するか、何らかの形でスキャンダルを起こすか、あなたが標的にされることになるのでは?ですから、私たちが知っていることは、私が行くことです。私たちが知らないのは、企業メディアはグローバル資本のイデオロギー的な保護者だということが、知らされていないからです。

MSNBC、Fox、CNN、これらのメディアはすべて、巨大企業の主要な投資家が所有しているのです。私は、グローバル・メディアに対する巨人の投資について一章を設けています。これはもちろん、自分たちの利益と、自分たちが支払った利益のために、あるいはグローバル資本主義全般のために、ニュース記事を作成する広報会社が、世界中のニュースを管理・支配していることを意味します。

これが、私たちが理解し知っているイデオロギーです。ですから、イデオロギーの専門家がいるのです。企業メディアと広報会社は、世界で実際に起こっている事について、日常的に私達に嘘をついています。これは現在も続いています。そして、保護者たちです。

ウォルマートに次いで世界で2番目に大きな個人雇用主、G4’sは、英国に本拠を置く民間の傭兵警備会社です。ブラックウォーターのようなものですが、巨大です。60万人の従業員を抱え、傭兵活動から、国や石油ラインの保護、米国内の銀行や資本の保護まで、あらゆることを行っています。

数年前、ダコタ州の水保護団体や部族の人々を襲ったのも、この種の会社でした。つまり、大企業や金持ちは傭兵を雇って、警察を雇い、そのような権力を行使することができるのです。一種のオープンなのです。

もちろん戦争は、アフガニスタンで続いています。傭兵を通じて、2万人ほどの傭兵がいます。傭兵は2万人ほどいますが、彼らにとっては単なる利益追求です。傭兵は金のために働くのであって、イデオロギーや信念、神や国のために働くのではありません。そう、そして、何が起こるのでしょうか、

The Ripple Effect 38:55

CIO?傭兵や民間企業を雇っているところをよく見かけますよね?その大きなメリットは何でしょうか。傭兵を派遣する政府は、何か問題が起きたときに自分たちの手を血で汚すことがないからでしょうか?それは大きな部分なのでしょうか?

Peter Phillips 39:12

政府は、自国内で軍事的な行為を行うことに消極的であったり、足を引っ張ったりすることがあります。しかし、彼らは他の道を見るでしょう。そして、買収されたり、お金をもらったりするのです。軍事的に本当に強い政府でない限り、外部からの侵入やお金による警察国家の支配に対して脆弱なのです。

The Ripple Effect 39:50

ですから、民間企業を雇うんですね。

Peter Phillips 39:54

その通りです。そうなんです。そして、それらは広く利用されています。もちろん、Black Rockは、これらの大きな投資家の一人ですね?

The Ripple Effect 40:08

そうです。そして問題を起こします。だからブラックウォーターの名前は知らないんです。今、私は彼らを見失い続けています。しかし、彼らは何度も そうです。問題を起こし続けるからです。ブラックウォーターが問題を起こした時、例えば彼らを例に挙げると、彼らが何かをした時、ブラックウォーターの話は彼らを雇った政府とか、誰のために働いていたかという話にはならないからです。

それが、民間企業を雇うもうひとつのインセンティブになるでしょう。というのも、もし何かあった場合、例えば米軍が罪のない人を殺したとしたら、政府やその支出に大きな影響を及ぼしますし、そこで何をしているのかという疑問を持たれるかもしれません。

しかし、ブラックウォーターがそうなれば、ブラックウォーターについての見出しは、私が言ったように、彼らの手には血が流れていません、ということになります。そういうこともあります。あなたが調査をしているとき、あなたが調べていたのは、そういうことです。

私はよく、世界的に本当に重い人たちは、一般人がその名前を知っている人たちではありません、と言います。つまり、どれだけの人が知っているかというと、有名になったスティーブ・バノンでさえ、多くの人が彼のことを知りませんでした、そこに、一般人というべき人がいる、そうです。ですから、カーライル・グループとかね。オバマは、ある大手銀行から、誰をスタッフに雇うべきかというメールを受け取って、基本的に彼らが提案した人たちを全員雇ったんです。

あなたが調査した中で、驚いた企業や人物はいましたか?世界中にどれだけの影響力を持っていますか?その影響力の大きさに驚いた人はいますか?

Peter Phillips 42:27

5年前、私はG4Sとブラックウォーターが警察国家として世界中に浸透していることを知りませんでした。確かにそれは明らかでした。しかし、これらの企業を見ていくうちに、私の仮説は、なるほど、資本投資があり、誰がその資本を動かしているのか、ということだと思いました。

しかし、それを解明しましょう。そこで、これらの企業の記録をすべて調べ、年次報告書を見て、誰が役員を務めているか、どれだけ儲かっているかを調べます。大企業の取締役なら、四半期ごとに会議に出て、ある種の委員会に参加して、25万ドルを手にするんです。

つまり、非常に大きな金額と無料の株式が手に入るのです。ですから、企業の役員になるのはとても儲かるんです。これは興味深いことでした。しかし、私たちがこれを調べているうちに、「この人たちは誰に投資しているのだろう」と思っていたところ、彼らが投資していることが分かりました。

つまり、一極集中型の巨大資本が集まっているのです。これらの巨人は皆、市場が成長し、上昇し続け、年間リターンを得ることを望んでいます。ですから、政府に影響を与え、戦争を起こし、何百万人もの人々に影響を与えるような決定を下して、市場の成長を実現し、それを見続けようとするのです。彼らの関心は資本とリターンであり、人間社会と人間性ではありません。

The Ripple Effect 44:21

外交政策で言っているように、私たちがビジネスをしている相手を見てください。サウジアラビアでは、私たちはリビアに行き、人権を正当化するために使います。アフガニスタンにいるのは人々を守るためだ、こういう理由で、こういう理由で。

サウジアラビアはシャリーア法を持っていて、世界に対する見方や考え方に関して、最も極端なイデオロギーの1つです。彼らとビジネスをすることに何の問題もありません。テロとの関連も問題無いし、明らかに委員会の報告書では208ページが編集されています。

911と関係がありました。オバマはこの事実を知った後、遺族にサウジを訴えることも調査することもさせませんでした。右も左も、共和党も民主党も、リベラルも保守も関係なく、どの大統領も同じ国、同じ国民とビジネスをしていて、王族が来ればみんな仲良くするんです。

そして、イデオロギーは重要でも何でもないようです。しかし、ある国に攻め込んだとき、国民はまだこのトリックに引っかかっています。多くの人が団結すれば、ある種の変化を生み出すことができるのです。オバマがシリアに行くよう説得したとき、

国民は「いやいや、私たちを騙してまた戦争させるつもりか」と言ったんです。実際に、彼らは化学兵器による攻撃や、斬首など、他の戦術を使うことになりましたが、アメリカの国民は少し反発しました。これは良い兆候だと思います。残念ながら、あなたがおっしゃるように、あまりにも多くのお金が絡んでいるので、国民を騙して戦争に巻き込もうとするときは、他の方法を見つけるだろうと私は思います。

あなたがおっしゃったように、CNN、MSNBC、Fox Newsはすべて戦争支持で、誰も反戦しません、つまり、全員が同じ意見なのです。あるポッドキャストを聴いていたら、彼らがこんなアイデアを提案していたんですが、実は、私たちが社会化するものの中で、おそらく最も社会化することが重要なものは、おそらくメディアなんです。

まず第一に、私はこのアイデアを聞いたことがあります。それは、メディアに税金を払い、資金を提供しなければならないというものです。そうすれば、基本的に、メディアはある方向にストーリーを押し進めるインセンティブがなくなります。

今、私たちがニュースを見るとき、あなたが言ったように、お金を追えば、なぜ彼らがある方向にストーリーを押し進めるのでしょうか、なんとなく分かるのではないでしょうか?

Peter Phillips 47:25

そうそう、みんな「お金を追え」って言いますよね。しかし、それは実際にはあまり簡単なことではありません。つまり、所有パターンを見つけることができ、投資パターンや株の購入パターンを見ることができ、NASDAQはその情報を提供してくれます。

それで、すべて判断することができます。しかし、いつもそんなに明確なわけではありません。ですから、「巨人」、「エリート」の本や、私の今後の仕事は、資本主義の既得権益を誰が管理するか、そして、これらの人々、政府、警察国家との文化的、社会的相互関係はどうなっているかに焦点を当てることになります。

これが、現在進行中の仕事です。私たちの社会で起こっていることをより明確に理解するためには、これを理解することが不可欠です。今日の世界では、様々な社会問題に対処する必要がありますが、その中でも最も重要なのは、この問題です。私にとっては、これが今日の世界における一番の問題です。

富と資本の集中、永久的な環境危機、世界的な不平等、そのために死ぬ大量の人々、そしてそれに対する弁解の余地はありません。私たちは、宗教的、道徳的、倫理的に強く反対し、これらの政策と方向性の撤回を要求する必要があります。しかし、それは何が起こっているかをマクロに理解することです。

私たちは、公的な情報という点では、それを得ることができないのです。表に出てこないんです。このテーマで何百回とインタビューをしてきましたが、それはバケツの中の一滴です。この本は6カ国語で出版されましたが、これは素晴らしいことだと思います。でも確かに、ドイツ語では出版されなかったところもあります。不運なケースで出版されたんですね。

The Ripple Effect 49:33

あなたがそう言うから、それは重要なことだとインタビューしたんです、両親のためにポルトガル語で手に入れるべきかもしれません。そうですね、この問題は、あなたがどの国から来たかに関係なく、共感でき、理解できる問題だと思います。しかし、彼が会議室で説教されたとき、彼はこう言ったんです。

ポットがあって、これがあって、企業の名前を挙げて、基本的にイデオロギーがあります、とね。国も国境もなく、国際的な企業がすべてを仕切っているんです。彼らはポルトガルに影響を与え、アメリカに影響を与え、あらゆるところに影響を及ぼしているのです。

長年、ビルダーバーグ・グループのことを話すと、「ビルダーバーグ・グループなんて大したことないじゃないですか」と言われます。お前らもか?陰謀論とか、そういうもので、シンクタンクもなく、こういう大きな、世界中の有力者が集まる会議とか?つまり、彼らは大きな影響力を持っているのです。

NACを見てください。911の前に、彼らがやりたかったこと、つまり中東での影響力について、すべて実現しました。多くの研究者と話していますが、私のお気に入りの一人であるジェームズ・コーベットは、この番組に何度も出演していますが、いつもこの話をしています。

彼らは、多くの場合、シンクタンクやビデオ、世界経済フォーラム、ポッドキャストを誰も見ていないし、誰も聞いていないことを公然と伝えています。しかし、もしそうであれば、「なるほど」と思うことができるかもしれません。

Peter Phillips 51:14

エリートが何を言っているかを見て、彼らの本を読み、大西洋評議会や三極委員会や30人評議会の政策声明を見れば、彼らがどこへ行こうとしているのでしょうか、何をしようとしているのでしょうか、かなり明確に理解することができます。ただ、その仕組みや配置を理解しない限り、誰でも理解できるような5分間のニュース番組にはしてくれません。

それが、この『ジャイアンツ』の貢献のひとつだと思います。そして、それがどのように機能しているのでしょうか、これからも調べていきたいと思っています。なぜなら、この5年間でも大規模な集中が続いていますし、政権交代などもその指標になっているからです。

政治的にも、個人の自由という点でも、私たちは悲惨な状況に陥っていると思います。ダボス会議が言うように、COVIDの危機は、彼らが必要と考えることを加速させるという意味で、イデオロギー的にも物理的にも、人間を集中的に支配することなのです。ということです。

The Ripple Effect 52:43

世界経済フォーラムがあり、クラウス・シュワブが環境とその他もろもろのことについて話していますが、彼は本当に環境について考えているのでしょうか?それとも、ただ単に、そういうことなのでしょうか。ですから、しばしば、道徳的で優れたアイデアが、共同選択されることがあります、そう、誰かが正しい場所に心を持っているのです。

その人たちは、あるトピックや問題を本当に気にかけています。それをリー族、あるいは企業や政治家などが、自分たちのゲームの手先として利用します。そして、彼らはそれを利用するんです。そして、実際に変化を起こそうとしている人たちを利用するんです。

Peter Phillips 53:24

その通りです。まったくその通りです。世界経済フォーラムは、数年前から環境問題を取り上げています。年次報告書を見たり、そこで行われるスピーチのいくつかを聞いたりするとわかります。その中で、(グレート)リセットの話も出てきますが、このクラスについて書かれています。社会主義、人類の改善、共同体の発展、キリスト教、その根源的なアプローチに対して、グローバル資本の富の集中、資本主義、そのような成長の存在を守り続けるための方法なのです。

The Ripple Effect 54:15

そうですね、グレート・リセット、彼は本を書きましたが、第4次産業革命もそうですね、怖いですね、どうなるのかがわかるからです。個人的な責任は一切取らず、ただただ資金と資源を与え、プライバシーと自由を与え、そして守ってもらう、という感じです。そうすれば、あなた方は守られます。

そして、さっきも言ったように、人々の心は正しい場所にあると思います。そして、彼らはそれに騙されるでしょう。なぜなら、自分が変わるのだと、心から信じているからです。そういう人たちと議論するのは難しいし、彼らを説得するのも難しい。

私の運命のようなものです。私のお気に入りの引用文のひとつに、マーク・トウェインだったかどうかわかりませんが、あらゆる名言がマーク・トウェインによるもののように思われます。マーク・トウェインの言葉だと仮定すると、「誰かを騙すのは簡単だ、騙されたことを納得させるよりもね」

本当にその通りです。誰かが騙されたときにそれを納得させると、そこから抜け出すのは難しいんです。COVIDの件でも、おっしゃるとおり、環境問題でも何でも、「これは注目すべき問題です」と思ったら、誰かが「この問題からどうやって利益を得るか」としゃしゃしゃり出てくる。そして、次の瞬間には、なんというか、私たちは変化をもたらすはずだったのです。そして今、私たちがしていることは、金持ちと権力者の私腹を肥やすことだけです。

Peter Phillips 55:46

私たち全員にとって、あらかじめ設定された道徳規範があり、それを見て、従うことができると思います。第二次世界大戦後、エレノア・ルーズベルトが率いる国際委員会が、世界人権宣言を作成しました。彼らは数年をかけてこれをまとめました。この宣言は、人間の核となる価値観と権利について定めた、非常に強力な文書です。学校では教えられませんし、企業メディアではほとんど無視されているようなものです。多くの人にとっての人権とは、誰かを拷問してはいけないということです。人権は非常に幅広いものです。

この本の最後にある宣言、「ジャイアンツ」、これはみんなのコーヒーテーブルの上に置くべきもので、家族の夕食の席で話すべきものではありません。人間として当然の権利とは何か。エリートが何をしているかを認識し、世界中で日常的に、これらの権利を侵害していることを認識した上で、このような会話、議論をするのです。

そして、彼らは問題があることを知っています。つまり、彼らには孫がおり、その子どもたちがこの地球上で持続可能な生活を送れるのは70年後かもしれないことを知っています。ですから、私たちは彼らに訴えなければならないのです。恥をかかせるのです。だからこそ、彼らが何者であるかを明らかにすることが、重要なことなのです。

The Ripple Effect 57:22

権利や自由というものがあると思いますか?お客さんのためにあきらめることが正当化されることはありますか?それは私たちが確信していることの一種であるため、より大きな利益、右か?彼らは、あなたがこれを放棄するのは、あなたが放棄している人権があるためだと主張するのですか?

しかし、それはより大きな利益のためなのですか?それはこのためですか?それはそれのためですか?それ?私たちはただ線を引いて、聞きます、これは議論の余地がないようなものであるべきです。私たちには人権があり、自由があり、そのどれをも犠牲にしてはならないのです。

Peter Phillips 57:51

その通りです。その通りです。すべての人間には十分な、食料、住居、衣料、レクリエーション、精神的なサポートがあるのが当然です。それ以下のことを言うのは、人間であることの意味、この惑星に住む意識的存在であることの意味を損なうことになります。

私たちが共有します、富と権力の集中によって腐敗し、何百万人もの人々の生活に影響を与え、破壊しています。イラクとアフガニスタンへの侵略は、何百万人もの人々を殺し、今も続いています、ベトナムへの侵略は何百万人もの人々を殺しました。

私たちは、軍事利用という点では、亡国です。資本主義こそ、彼らが守っているアジェンダなのです。その名の下に行われた今回の措置は、富を守るものではありませんでした。ですから、私たちは、非常に開かれた民主的なデュー・プロセスの方法で、これに挑戦する深い道徳的な義務があります。つまり、民主主義の観点からは、可能な限り低いレベルでの意思決定が重要であり、それが実現しなければならないのです。そうでなければ、私たちは危機的状況に陥ってしまいます。

The Ripple Effect 59:29

私が最初に、世界と歴史について別の視点から研究するようになった時、軍部の力を強く意識する必要があると思いました。軍産複合体は、間違いなく人類にとって最大の脅威だと考えていました。人類最大の脅威だと思っていました。でも今は、大手製薬会社や、主流メディアなど、 他の全てのコマーシャルは、大手製薬会社のコマーシャルです。

つまり、彼らが給料を払って、あなたが受け取るニュースは?どうすればいいんですか?キャスターたちが、自分たちの給料を払ってくれている人たちのことを悪く言ったり、大きな収入や家、別荘、その他もろもろのことを悪く言ったりすることをどうやって期待するんですか?

つまり、メディアも営利目的であることを認識しなければならないのです。私たちが社内でモラルがあると考えるものの多くは、彼らのビジネスであり、視聴率につながるものなのです。テレビに目を向けさせるためです。そうですね、間違いなく。

しかし、あなたの仕事をフォローしたいリスナーのために、あなたの本を入手するのに最適な場所や、あなたが参加しているソーシャルメディアのプラットフォームなどを教えていただけますか?

Peter Phillips 1:00:49

そうですね、この本は世界中の書店で入手可能です。もちろんアマゾンにもありますし、Project censored.orgを通じて購入することをお勧めします。

私は、プロジェクト・センサードのディレクターを14年間務めました。企業メディアで報道されなかったニュースを毎年発表している人たちと、私は今でも密接な関係があります。彼らは、Project censoredと世界的な報道の自由のための資金調達の方法として、そこで本を売っています。ですから、ここは重要な場所なのです。

私はプロジェクト・センサーのウェブサイトを運営しており、その中で多くのことを書いてきました。エリートに関する長年にわたる私の研究は、様々な腐敗や、1年半ほど前にPGPについて調査したのですが、彼らがいかにカリフォルニアを焼き尽くし、そこから利益を得ているか、その取締役会のほとんどが州外の人間であったということです。

つまり、腐敗しきった会社なんです。もちろん、カリフォルニア州で2番目に大きいディキシー火災は、同社が引き起こしたものであることが分かっています。文字通り無法者で、その政策によって何千人もの人を殺しました。そして、彼らはその集中した資本を守ろうとしません。

彼らの株は60ドルか70ドルだったのが、5ドルか6ドルにまで下がって、ゼロになりました。それを元に戻そうとしているのです。BlackRockをはじめとする投資資本がその株を保有しています。つまり、グローバル資本を保護し、この国とアメリカのカリフォルニアでpg&eの権力を維持するためです。この会社は、最大手の公益会社の一つで、利益と支配がすべてです。

The Ripple Effect 1:02:58

そうではなく、左派は、よく、政府は左のものから企業は諸悪の根源だ、右のもの、政府は諸悪の根源だ、と考えていて、それが問題なんです。つまり、リードを研究すること、それらは絡み合っているのではないでしょうか?つまり、全部同じ?つまり、企業と政府の境界線が曖昧なんです、全部一緒に動いてるからね、、、。

Peter Phillips 1:03:24

濃縮されたお金と、それを所有するのは誰なのでしょうか?そのすべてが裕福な株主であり、その資本をこれらの大きな管理会社のいずれかに制御または管理されています。そう、彼らは非常に似たような利益を持ち、その利益を守っていて、このようなことが起こる仕組みに決して挑戦しようとはしないのです。

The Ripple Effect 1:03:51

ええ、だからジェフリー・エプスタインの話はとても面白かったんです。彼が持っていた影響力の大きさ、権力者たちとつるんでいたこと、そして脅迫が行われていたことが理由です。彼のような人が、たくさんの人とつるんでいて、その全員を脅迫できるなんて、つまり、あなたが持つべき影響力の大きさと、物事をある方向や別の方向に動かす力には、頭が下がる思いです。

それに、これほど多くの有力者が同じ場所に集まっていたなんて。ビルダーバーグ・グループを見ると、学生時代の仲間や骨のある人が何人もいて、みんな同じ出身地なんです。高校時代なら、昼休みに同じテーブルに座っているような連中ばかりです。あのですね、それはまるで、そうなんです。

Peter Phillips 1:04:44

生徒会運営や生徒会運営は、完全に多いに影響されるでしょうね。ええ、つまり、それは、ええ、そして、最も人気のあるものは、最も多くの組織に入っていました、それは、エリートにある種の親切なことです。ハンバーガーを食べに行ったり、ダボス会議に出たり。

三極委員会、外交問題評議会のメンバーでもあります。そして、3つか4つの会社の役員になり、それなりに裕福です。ニューヨークに住んでいて、プライベートな男性向けクラブに所属しています。夏にはボヘミアン・グローブに行きます。つまり、1%、あるいは1%の1000分の1の、超エリート権力者の世界的ネットワークです。ところで、スクラー、語る。というわけで、スーパーエリートです。

The Ripple Effect 1:05:37

そうそう、ジェシー・ベンチュラを思い出しましたよ。彼が私の番組に出演したとき、あるいは別のインタビューに応じたときに、政治はプロレスと同じだと言ったかどうかは知りませんが、テレビに映っているときは、互いに憎み合っているように見えますよね。

でも裏では、お互いのキャリアを助けることができれば、みんな一緒に夕食をとったり、昼食をとったり、つるんだりするんです。そして、それはすべて演劇なのです。そして、本当にそうなんです、この人たちも同じで、みんな一緒につるんでいるんです。

何度も何度も見ることになるんですが、例えば問題を起こした人、それが政治家であれ、企業のトップであれ、そういう人たちが左の人たちとつるんでいる写真、右の人たちとつるんでいる写真、みんな同じグループでつるんでいるような、そういう写真が出てくるんです。左翼と右翼の間で、人々は異なるイデオロギーを持っています。私は、左翼と右翼というのは馬鹿げていると思います。

アメリカには2つの政党しかなく、私の視点や非常に複雑な問題が、左派や右派の枠に収まるという考え方は、馬鹿げていると思います。ほとんどの人は、あるチームに所属して、そのチームのイデオロギーを擁護するだけで、これらのアイデアを分解したり、これらのアイデアに挑戦したりすることはないのだと思います。

しかし、この人たちの中にイデオロギーがあるのでしょうか、それとも、この左から右にというのは、ほとんど厳密に分断と征服の目的のためで、私たち全員を自分たちの中で戦わせて、一方で世界に影響を与え、政策の行く末や世界で起こることに本当に影響を与えているのは、その人たちなのか、疑問に思ってしまうんですね。彼らは、道徳やイデオロギーに正直であることなど気にせず、ただ、あなたが言ったように、より多くの資本と権力を求めているのです。

Peter Phillips 1:07:39

また占拠が起こり、黄シャツ運動が起こるでしょう。世界中の人々が、自分たちが参加したり遊んだりする機会がないことを認識しているのです。私は、私たちの反乱が破壊的で非暴力的なものであり、グローバルな権力と協力しないものであることを強く望んでいます。それが、世界を破壊する唯一の方法だと思います。

そうでなければ、今以上に大規模な警察国家が誕生することになります。警察国家は加速しています。SWATチームや、軍隊の民営化、警察の軍国主義化など、あらゆることが起こっています。これは非常に心配なことです。そして、個人の自由が完全に失われ、減少していることを表しています。

The Ripple Effect 1:08:49

間違いなく、ええ、そしてそれはまた、私はここでかなり迅速に救済する必要があります。しかし、そうです。また、戦争に関連することですが、この多くは、結局使わなかった装備品です。これは「ハンマーしか持っていなければ、SWATを派遣するとき、すべてが釘に見える」ということわざと同じです。つまり、私が住んでいるある地方都市では

Peter Phillips 1:09:20

キャリアも何もかも。

The Ripple Effect 1:09:23

それは馬鹿げています。でも、でも、本当にありがとうございます、ピーター、私はあなたの時間を取りたくありません。もっとあるのですが、ありがとうございました。

Peter Phillips 1:09:28

私はあなたとあなたのプログラムに会えてうれしいです。いい感じですね。そして、私に知らせてください、このための接続を送信してください。そして、私は必ずそれを掲載するようにします。そうすれば他の人たちも見ることができるでしょう。

The Ripple Effect 1:09:40

ええ、リンクを送りますよ。アップしてライブになったらね。うまくいけば、今週末までには。そして、私はあなたにすべてのリンクを送信します。そして、もしあなたがまた次の本の宣伝や、世の中の出来事について話したくなったら、遠慮なく私に連絡してください、あなたが出演してくれることをとても嬉しく思います。

Peter Phillips 1:09:55

喜んで。私の親友ミッキー・ハフがいます。彼は製品のディレクターで、今はパシフィカ・プロジェクトの検閲された番組を持っています。50の放送局で放送していますし、もちろんインターネット上でも放送しています。私は11年前に彼がこの番組を立ち上げるのを手伝い、私は7年間この番組を担当しました。しかし、私は引退し、同時に100万ものことをするのではなく、70代であることを楽しみ、引退して自分の好きな研究に集中しようとしているのです。

The Ripple Effect 1:10:32

ええ、ええ。間違いなく。退職したのなら、実際に退職したと感じたいものです。あまり忙しくなくていい。それは

Peter Phillips 1:10:39

私たちは物事を考えるようになったんです。そうですね。

The Ripple Effect 1:10:44

素晴らしい、ピーター。しかし、ええ、本当にありがとうございました。そして、次の本が出るのを楽しみにしています。私はそれがいつ出るのでしょうか、必ず追跡するつもりです。そして、私は私が更新を見て、再接続し、うまくいけばそれを促進すると確信しています。そして、ええ、あなたの残りの時間を楽しんでください。また連絡しますよ。

Peter Phillips 1:11:00

ありがとうございました。

The Ripple Effect 1:11:01

ありがとうございます、ピーター。気をつけてね。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました