7. 危機(経済・環境・国際)クリス・マーテンソン個人・組織 (コロナ関連)

「プロスパー !」未来への準備と相続する価値のある世界を作る方法 -第2章 レジリエンス それは一体何なのか?
Prosper!: How to Prepare for the Future and Create a World Worth Inheriting

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

目次

  • 序文
  • 謝辞
  • はじめに
  • 第1章 3つのE
  • 第2章 レジリエンス それは一体何なのか?
  • 第3章 レジリエンス:なぜそれが重要なのか?
  • 第4章 成功への妨げとなるもの
  • 第5章 レジリエンス では、どうすればレジリエンスを身につけることができるのだろうか?
  • 第6章 金融資本
  • 第7章 生活資本
  • 第8章 物質資本
  • 第9章 知識資本
  • 第10章 感情資本
  • 第11章 社会資本
  • 第12章 文化資本
  • 第13章 時間資本
  • 読者ストーリー
  • 次のステップとその他のリソース
  • エピローグ
  • ウェブリンク
  • 著者について

第2章 レジリエンス それは一体何なのか?

本書のメインテーマは、「レジリエンス」が繁栄の鍵であるということである。我々がこの言葉を気に入っているのは、多くの領域をカバーしているからであるが、年齢、場所、富、健康状態などによって、人によってはさまざまな意味を持つことがある。そこで、共通の理解を得るために、「レジリエンス」の意味を定義することに時間を割く価値がある。

オックスフォード辞典の定義を参考にしてみてほしい。

re-sil-ience

名詞

  • 1.物質や物体が元の形に戻ろうとする能力、弾力性
  • 2.困難から素早く回復する能力、強靭さ。

我々は皆、病気からすぐに立ち直ることができる人とそうでない人を知っている。これは、健康におけるレジリエンスの一例である。しかし、レジリエンスは、投資ポートフォリオ、家、庭、キャリア、個人的な人間関係など、我々の人生のほぼすべての側面にも当てはまる。

(文字通り、あるいは比喩的な意味での)嵐の時代をうまく乗り切ることができれば、これらのものはそれぞれ、よりレジリエンスの高いものになると言われている。

教科書的な定義に、冗長性という概念を加えることもできる。自然界では、レジリエンスとは、特定のニーズを満たす方法を複数持っていることだと教えられている。

1つの巣に1つの卵ではなく複数の卵を産むことは、冗長性による回復力の一例である。ジャイアントパンダは竹しか食べられないが、セントラルパークのリスはドングリからチーズポップコーン、ホットドッグまで何でも食べられることが実証されている。リスはすぐに繁殖するが、パンダはめったに繁殖しない。お気づきかもしれないが、世界にはパンダよりもリスの方がたくさんいる。

同様に、湿地はコンクリートの溝よりも多くの水を吸収することができる。湿地には数え切れないほどの隙間があり、スポンジ状の物質が層状になっているからである。湿地は、雨が降ったときにそれを蓄える、自然のバックアップ貯水システムとして機能する。

自然からのヒントを我々の家にも当てはめてみると、家の冷暖房にいくつかの方法やシステムを用意しておくと、エネルギー燃料が不足したり高価になったりした場合に、エネルギーの種類を切り替えることができるので、よりレジリエンスが高くなることがわかる。例えば、暖房にはガス、薪、パッシブソーラーなどを使い、冷房にはエアコンや窓のシェードなどを使うといいだろう。さらに、家全体の断熱材を厚くすることで、冷暖房の必要性を減らすこともできる。このようなハイブリッドシステムを採用すれば、長期的には、これらの投資をしていない人に比べて、より少ない費用で、家族のニーズを満たすことができるだろう。

そこで、辞書にあるResilienceの定義に、次のように付け加えた。

3.自分のニーズを満たすための複数の冗長な手段を持つこと、バッファや蓄積されたリソースを持つこと、異なる潜在的な解決策の間で容易に切り替えられる能力。

「このことは、レジリエンスが、現在のいわゆる「近代的」または「優れた」生活様式とは相反することを意味している。先進国の生活様式の多くは、マイクロスペシャライゼーション、リーン・インベントリ、ジャストインタイム・フルフィルメントを中心に展開されているからである。すべてが計画通りに進んでいるときには目を見張るほどのコスト効率を発揮するが、こうしたアプローチは予期せぬ混乱に弱いものである。ほとんどの都市では、食料品店に3日から5日分の食料しか置いていないことを知っているだろうか?2012年のハリケーン「サンディ」の際にニュージャージー州の沿岸部で起こったように、食料品店に補給するための絶え間ないトラックの流れが何かの理由で止まってしまうと、品不足、飢餓、社会的不安がすぐに起こる。

自分の生活の中で、いざというときに頼りになるものは何かを考えてみてほしい。もしそれがなかったら、あなたはどうなるだろうか?あなたのレジリエンスはどのくらいだろうか?

レジリエンスの8つの主要形態

もしあなたの答えが「自分がなりたいほどのレジリエンスはない」というものであっても、心配はいらない。地球上のほとんどの人が同じ状況にある。それよりも重要なのは、あなたの運命を決めるのは、これからのあなたの行動なのである。

そのために、我々はこの本を作った。この本では、より大きなレジリエンスを身につけるための具体的かつ実践的な方法を紹介している。

しかしその前に、レジリエンスを構成する主要な要素について、より詳しく、具体的に理解する必要がある。

ここでは、アップルシード・パーマカルチャー社のイーサン・ローランド氏とグレゴリー・ランドゥア氏(http://www.regenterprise.com)の研究や、コーチングのパイオニアであるトーマス・レナード氏の研究からヒントを得たフレームワークを、本書の目的に合わせて修正して使用する。このフレームワークは、人間にとってレジリエンスとは、生活の8つのカテゴリーにまたがる資源や能力(総称して資本と呼ばれる)を構築することで達成されるという観察に基づいている。この資本には実際の価値があり、あるカテゴリーの資本は通常、別のカテゴリーの資本と交換することができる。この考え方については後ほど詳しく説明するが、今は重要な特徴であることを覚えておくこと。

これらの構成要素を、獲得、交換、投資の対象となる資本と考えることは、レジリエンスという大きな概念を理解するのに非常に役立ち、最終的には非常に正確な方法となる。

金融資本は、多くの人が最も直感的に知っているものである。お金、株式や債券のポートフォリオ、仕事から得られる収入、そして支出や借金などである。

社会資本とは、プライベートな人間関係や公的な人間関係のことである。我々を育て、導いてくれる人間関係、好意を持っている人との親密ではない関係、そして我々のニーズを満たし、商品やサービスを提供するために利用することができる人脈である。

生活資本とは、我々を取り巻く土地、木、水、土、そして動物たちのことである。また、我々の体、つまり健康や体力、能力なども含まれる。

物質資本とは、家、橋、建材、道具、保存食、コンピュータ、ソーラーアレイ、自動車など、目に見える所有物のことである。

知識資本とは、自分が知っていることや、その知識を応用するための専門知識のことである。

感情と精神の資本は、パンチを受けても、心の中の嵐や外のドラマを冷静に乗り越えられる個人の能力によって測られる。

文化資本とは、我々が暮らす地域の人々の物語、歌、習慣などによって定義される。逆境に強いコミュニティもあれば、そうでないコミュニティもある。その違いは、それぞれの文化資本の大きさを表している。

そして最後に、資本の一形態としての時間がある。これは、繁栄と豊かさに満ちた未来を望むならば、賢明に配分する必要のある、貴重で枯渇し続ける商品を意味する。

このフレームワークでは、8つの要素がそれぞれ同じように強調されている点が気に入っている。このフレームワークは、単に大金を持っていれば、あるいは人里離れた場所に充実した隠れ家を持っていれば、人生でどんなことが起こっても大丈夫だという、広く信じられている不実な信念から我々を導いてくれる。本当の意味でレジリエンスを高め、豊かな生活を送るためには、8つの資本のすべてに厚みを持たせる必要がある。

つまり、レジリエンスを高めるためには、家にソーラーパネルを設置したり、集中的なスピリチュアル・リトリートに参加したりすることが必要かもしれない。財務状況を徹底的に再計算したり、栄養や運動の方法を変えたりすることも必要だろう。また、新しい知識やスキルを身につける人もいれば、感情の幅やリテラシーを高めるための新しいツールを身につける人もいるだろうし、あるいはこれらすべてを少しずつ取り入れていくこともあるだろう。すべてはあなたの状況と目標による。

あなたの目標を達成するために、本書では8つのフォームのフレームワークを採用している。あなたが比較的豊富に持っている資本を、不足している資本と交換する方法を紹介する。それはどのようなものだろうか。例えば、自分の専門知識を使って第二の収入源を作るとか、お金と堆肥を交換するとか。個人の状況によって、どのような方法をとるかは異なる。

我々は、あなたがその道を歩むのを助けるために、8つの形態のそれぞれに1つの章を設け、それぞれの形態で資本を形成する方法について、我々が集めた洞察とベストプラクティスを盛り込みた。あなたは、その手順に従うだけでいい。

不足しているが必要なもの

これらのステップについては、個々のステップでは不十分と感じることも多いだろうが、全体としては必要であることを理解することが大切である。

例えば、自宅の白熱電球をLEDに交換するだけでは、地球温暖化という大きな流れを変えるには全く不十分である。しかし、多くの国で、すべての家庭がこれを行えば、大きな影響を与えることができ、それが必要なのである。

同様に、余分な食料を蓄えることは、家族を数日または数週間以上養うには全く不十分かもしれない。しかし、自然災害が起きたときに、それが大きな違いを生むかもしれないからである。

我々がお勧めするのは何十種類ものもので、どれもそれだけでは不十分かもしれない。しかし、これらを組み合わせることで、繁栄、心の平穏、思考と行動の効果的な調整、そしてあなたに指導やリーダーシップを求めている人々への動機付けのために、完全に必要なものとなる。

目的地ではなく、旅路

我々は、できるだけ早い時期に準備を始めることを心からお勧めする。我々が直面する危機は、非常に長い間、我々と共にある。つまり、レジリエンスを高めることは、「一度で終わる」目的ではない。

「今後数十年にわたって「3つのE」の傾向が強まるにつれ、レジリエンスを維持する必要性が高まっていくだろうし、展開に応じて求められるレジリエンスのタイプも変化していくだろう。

要するに、レジリエンスを高めることは、目的地ではなくだと考えてほしい。

人生のどの分野に力を注ぐにしても、3つの基本的な質問を自分に投げかけてみてほしい。

1.私は何を続けるべきか?

あなたがすでに行っていることのほとんどは、これからも続けていくことができる。よく食べること、十分な睡眠をとること、家族と笑い合うこと、家族を愛することなどは、すべてあなたがやり続けようとしていることの例である。この点を強調しておきたいのは、これから起こる変化を見て、すべてを捨ててまったく新しい、楽しくない生活を始めなければならないと考える人がいるからである。しかし、実際には、あなたの生活の8割から9割は、今まで通りの生活を送ることができる。

2.何をやめればいいの?

マクロのトレンドを考慮すると、もはや意味のないこともある。あなたがやっていることの中で、やめるべきことを洗い出してみよう。栄養にならない食べ物を食べるのをやめよう。お金、エネルギー、その他の資源特に時間)の無駄遣いをやめよう。)

3.どんな新しいことを始めるべきか?

ここからが魔法の始まりである。あなたの行動を、あなたを取り巻く世界の新しい現実と一致させるために、新たにやるべきことは何だろうか?あなたの状況や願望に応じて、運動を増やしたり、日々の気づきやつながりを得るための新しい練習を始めたりすることができるだろう。また、近所の人たちともっと仲良くなったり、ガーデニングを習ったりするのもいいかもしれない。我々は、あなたが何に重点を置くべきかを考える。

しかし、これらのことを追求することは流動的であることを覚えておくこと。すぐにできるものもあれば、何年もかかるものもあるだろう。ただ、それが旅であることを忘れずに、旅をしながら進歩することを楽しんでほしい。

ギャップを意識しよう!

これらのステップを踏むことは、感情的な理由からも非常に重要だ。

イギリスの地下鉄に乗られた方は、女性の心地よい声が録音されているのを聞いたことがあるだろうし、「ギャップを気にしてほしい」というサインにもお気づきだろう。この場合のギャップとは、電車とホームの間にある危険な空き地のことである。

もうひとつの不安材料は、「人が大切にしていること」と「人がしていること」の間にある。この2つは、現代の文化では必ずしも一致しないことが多い。自分の考えと行動の間のギャップの中で、不安と恐怖が生きて繁殖する。時には衰弱し、麻痺してしまうほどの量になる。

もし、あなたが住んでいる場所で地震が起こる可能性があることを知っていても、何の準備もしていなければ、それはギャップがあるということである。意識していなくても、不安な状況は抑え込まれているだけで、意識の端にひっそりと居座って、全体の幸福感を蝕んでいる。

このようなギャップがたくさんあると、必要以上に不安になったり、落ち着かなくなったりする。我々の仕事では、原因がわからないまま不安になったり、落ち込んだりしている人によく出会いる。幸いなことに、ほとんどの場合、そのギャップを解消するには、簡単な行動をとるだけで、不安やストレスを解消することができる。例えば、先ほどの例で言えば、地震対策のためのキットを用意するくらいのことである。しかし、多くの人はそのような簡単なこともできない。

もう一つの例は、ジャストインタイムの食品配送システムが、十数個の正当な理由によって故障する可能性があるというものである。前述のように、ほとんどの都市や地域では、3〜4日分の食料しか店に置いていない。多くの人は、これまで店が空になったことはないという知識で自分を慰めている。そのため、食料品が手に入らない期間が長くなることは、心配するにはあまりにも遠い可能性に思える。

しかし、ハリケーンや大雪が近づくと、人々は「万が一」に備えて食料品を買い込むため、食料品不足の恐怖が潜んでいることを知っている。では、何に備えるのか?答えは、災害時に食料が手に入らなくなる可能性を、誰もがある程度は知っているからだ。

しかし、その知識は、目に見えないところで、まるで招かれざる客のように、嵐が近づいてきて目を覚ますまで、眠っている。では、どうすればいいのか?簡単だ。30年は持つ長期保存用の食品を買い足して、心配事を頭から追い出しよう。著者は何年か前にまさにそれを実行した。そして、それによって得られた安心感は、実際の食品の比較的小さな出費に比べて何倍もの価値がある。

さらに良いことに、負けることはない。もし我々が心配していたリスクが実現せず(願わくば!)、保存していた食品を実際に使うことがなければ、30年後にフードバンクやその他の価値のある場所に寄付することができる。寄付をしたことで気分が良くなり、税金の控除も受けられるかもしれない。どう考えても、不安や労力、お金を減らすという意味では、無駄な努力ではなかった。

将来への不安や心配を減らしたいなら、ただ座っているのではなく、何かをすることである。

利己的ではなく無私の心

準備をしてレジリエンスを高めようとすることに対するもう一つの反論は、そのような行動が利己的であると見なされる可能性があるというものである。しかし、我々はそれを「無私」と考える。緊急事態が発生したときに準備をしていない人は重要な資源を浪費することになるが、準備をしている人は助けになることができる。

援助できる立場にある人、あるいは援助を必要としない人の中に入るということは、あなたの事前の準備行為が、無欲であなたをマイナスからプラスに変えたということである。

備えの第一歩は、自分や大切な人のニーズに応えることだが、多くの人はそれにとどまらず、自分ができない人、してこなかった人、もしかしたらしないかもしれない人のために備える。

危機が訪れる前に準備をすることは、責任ある無私の行為であるが、危機が訪れたときに必要なものを集めようとすることは、「ため込む」行為である。我々は、「買いだめ」を推奨しているわけではない。責任ある準備は、トラブルが起こる前から始めておくことである。それ以外の方法では、事態を改善するどころか、悪化させる可能性が高い。

ニュースでは、物資が不足したときに人々がどのような行動をとるかという話がよく取り上げられているが、それらは概して美しいものではない。2010年、ボストンでは水道管が壊れた数時間後にペットボトルの水をめぐって人々が争った。醜い争いであった。

ベネズエラでは、この本を書いている時点で、日に日に通貨が切り下げられていく中、自暴自棄になった人々が店に残っている可能性のあるものを何でも買おうとしている。そのため、政府によるさまざまな対抗措置がとられており、多くの家庭では必要なものが買えない状況になっている。

前述したように、レジリエンスを高めるためには、時間が最も貴重な資産となる。今は簡単に手に入るものでも、後になると手に入りにくくなるものが多いことを知っておくこと。大きな危機に見舞われる前は、電話やマウスのボタンをクリックするだけで、数日後には茶色の大型トラックで幸福が運ばれてきたが、今はそのようなことはない。あなたが買いたいと思うものはすべて現在入手可能で、ほとんどの国で店舗には豊富な在庫がある。しかし、このように消費財や欲しいものを簡単に手に入れることが、はるかに困難であったり、不可能であったりする未来が数多く考えられる。

レジリエンスとは何か

最後に、レジリエンスとは何か、いくつかの点を明確にしておこう。

レジリエンスを高めることは、「プレッパー」や「サバイバリスト」になることと同じだと思われることがある。我々は、プレッパーの家にあるような同じアイテムをいくつか勧めるかもしれないが、そこで終わってしまう。

我々が提唱するレジリエンスと備えは、ただ生き延びることを願って恐怖の中で生活することとは関係ない。今日、そして明日、未来がどのようなものであれ、成功するためのものである。

「備え」や「レジリエンス」は、賢明な大人であれば誰もが憧れるものである。船長が自分の船に無線機、救命胴衣、救命いかだなどの装備をきちんと整えておくように、我々一人ひとりが自分の家庭にも同じことをすべきである。

また、安全装備を整えている船長を「悲観主義者だ」「いつか沈むと思っている変人だ」と非難することがないように、レジリエンスへの取り組みがバランスを欠いていると見なすのも不適切だと思う。我々にとっては、その逆なのである。自分の未来を守るために最低限の努力もしない人は、自分自身や周りの人を不必要なリスクにさらしていることになる。

家に火災保険をかけるようなものだ。これは社会的に認められていることであり、慎重であると考えられている。そして、火災保険に加入している家の持ち主が、密かに自分の家が燃えてしまうことを願っているとは誰も思わないだろう。

さて、レジリエンスとは何か、そして何ではないのかを理解したところで、さらに話を進めていこう。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました