グローバルリサーチワクチン感染症の歴史

ワクチン接種のドグマと歴史 | 「細菌説」を疑うのはタブー
The Dogma and History of Vaccination. Questioning “Germ Theory” is a Taboo

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.globalresearch.ca/dogma-vaccination/5790942

マイケル・ドリーナー

グローバルリサーチ、2022年8月23日

コビッド・ワクチン接種の問題は、すべてのワクチン接種の問題である。すべての政府、いやほとんどすべての人が、しかしかなりの例外を除いて、細菌説を 受け入れ、とんでもない失敗と効果のなさに直面しながらも、ワクチン接種を進めてきた。

しかし、細菌説やワクチン接種に疑問を持つことは、その昔、地球の宇宙における中心性に疑問を持つようなものである。しかし、当時もそうであったように、そうするには非常に優れた根拠がある。

この「細菌説」は、パスツール、ジェンナー、コッホの3人の研究者によるものであるが、エセル・ダグラス・ヒュームの『ベシャンあるいはパスツール』という本を読めば、パスツールに疑問符がつくに違いない。コッホは炭疽菌や結核の研究で有名だが、彼の行った予防接種はしばしば大失敗に終わっている。コッホは炭疽菌や結核の研究で有名であるが、彼の行った予防接種はしばしば大惨事を引き起こした。ジェンナーは自分の行った予防接種による死亡を隠蔽しようとしたことが、彼自身の言葉で語られている。

ベシャンかパスツールか? | 生物学の歴史における失われた一章 1~3
「もし私が人生をやり直せるなら、細菌は病気の組織の原因ではなく、病気の組織という自然の生息地を求めていることを証明することに専念するだろう。」 ルドルフ・ヴィルヒョー 「失われるものはなく、生み出されるものもない。..... ...

過去に多くの医師や科学者が細菌説に疑問を呈し、誹謗中傷を受けてきた。例えば、イギリスの疫学の父と言われるチャールズ・クレイトン博士は、ブリタニカ百科事典のワクチン接種に関する記事の執筆を依頼されたが、この問題を研究して自分なりの結論を出そうと考えた。

「しかし、20世紀の常識からすれば、現在の瀉血のように不条理に映ることは間違いないだろう。しかし、ワクチン接種は、医学的権威の保証のもとに国の法律として維持されているという点で、これまでのあらゆる教員の誤りと異なっている。このことが、専門家の信用に対する打撃が深刻にならざるを得ない理由であり、それを回避するための努力が、これまでも、そしてこれからも、非常に巧妙に行われ続ける理由なのである。」

あるいは、リスター卿を例にとると

Joseph Lister, 1st Baron Lister, OM, PC, PRS, FRCSE, FRCP Glas (1827/4/5 – 1912/2/10[1])は、イギリスの外科医、医学者、実験病理学者、防腐手術のパイオニア[2]、予防医学のパイオニアである。ジョセフ・リスターは、ジョン・ハンターが外科学に革命を起こしたのと同じように、外科の技術に革命を起こした[3]」。

リスターはもともとパスツールの考えを支持していたが、仕事を通じて考えを改め、空気感染の可能性を否定せざるを得なくなった。

パスツールに惑わされた方法を捨てたリスター卿の最終判断はどうだったのだろうか。ジョージ・ウィルソン博士が引用した彼自身の言葉である。

「空気中の浮遊物を無視することもできる。その場合は消毒洗浄や灌流を省いてもよい。ただし、自分自身と助手が、大気以外のものから敗血症性の汚物が傷口に入り込まないように常に心がけていることが条件だ。」

コッホは、1882年に結核菌を、翌年にはコレラ菌を分離して、不滅の名声を得た。ノーベル賞も受賞した。しかし。南オーストラリア州カリラ・サナトリウムの医学監督官であるJ.W.ブラウン博士が言う。

「現在までに200種類以上のツベルクリンが調製され、記載されている。

問題は、コッホの実験をまだ誰も成功裏に繰り返すことができないことである。モルモットでも、子牛でも、人間でも、結核の治療法としてツベルクリンを支持する証拠はコッホのもの以外にはない。コッホ以外には、感染したモルモットを、どんな種類のツベルクリンでもって治療することができた者はいない。

コッホはシェラが言うように楽観主義者であった。ツベルクリンは無限に害を及ぼす可能性があることは間違いない。何人もの人がツベルクリンによって早死にした。

これほど商業的なワクチンはなかったし、これほど巨大なデマもなかった。ツベルクリンはワクチン療法の対象にはならない、とSheraは言う。ツベルクリンに起因するどんな良い結果も、ツベルクリンにもかかわらず発生したに違いない。

不信心者もまた、肺疾患におけるツベルクリン投与が間違いなく災害をもたらした多くの事例を挙げることができ、ツベルクリン療法士が火種をかき立て、火をつけるための疑いない力を自由に認める一方で、火を消す力の証拠についてこれまで無駄な質問をしてきた。」と。

ハーバート・シェルトンは『オーソパシー』の中で、病気を引き起こすことが知られているはずの病原菌を、食べ物や綿棒、さらには注射で被験者に与えて病気を誘発させようとする多くの試みについて述べている。彼は、殺人者であるウェイト博士とその犠牲者であるペック大佐と夫人のケースに言及している。ウェイトは最初、ペック夫人に病気を与えて殺そうとした。これは、リサ・マレンノーを買って書かれたそれの説明である。

「彼は、ロックフェラー医学研究所やコーネル・メディカル・センターなどの実験室培養液にアクセスできる偽医師であった。彼のアパートには、「腸チフス」「ジフテリア」「肺炎」「破傷風」「アジア・コレラ」などのラベルを貼った試験管やスライドグラスが何百本も隠されているのが後で刑事に発見された。嫌なことに、老婦人はウェイトがスープに細菌を加えても病気になることを拒否した。..」

空気感染で病気を誘発することは、これまで誰もできなかった。空気感染説は、かつて地球が宇宙の中心であると信じたように、心の中に定着しているが、精査に耐えるものではなく、それなしではワクチンの効果も消えてしまうのである。しかし、ワクチンは、腐敗した生体物質や有害物質を直接血液中に入れることが多いので、それ自体が病気を引き起こす可能性があり、また実際に病気を引き起こすことも多い。これらの病気は、ワクチンが治すことを意図していたものに限られない。このこともまた、多くの文献に記されている。

ここで、あるワクチンが予防するはずだった病気、天然痘の増加に関連した例を紹介する。これはレスター市のチャートである。

前述のように、1840年にワクチン接種が義務化され、1867年には再び義務化された。しかし、1845年に天然痘の大流行があった。1871年までに人口の97.5%が予防接種を受けていた。しかし、1872年には3523人の患者が発生し、これはどの年よりも多い数であった。

イングランド、チェスターフィールドの衛生局長、R.ガロウ博士は、1923年から6年の間にイングランドとウェールズの15歳以上の全人口の天然痘による症例死亡率が、ワクチン接種者(0.3%)と非接種者(0.06%)で5倍になったのはなぜか、と質問している!彼は公式の数字を使って、小数点以下1桁と2桁までしか計算していない。彼は公式の数字を使い、小数点以下1桁と2桁で計算した。小数点以下4桁で計算すると、0.324%と0.0578%となり、ほぼ6倍で、両者の比率は5.6055対1となっている。

また、1899年1月、マニラから手紙を出したアメリカ陸軍のリッペンコット外科部長は、「この病気(天然痘)が出現してから、全軍は少なくとも4回ワクチンを接種している」と述べている。

翌年3月、彼は再び手紙を書き、すべての危険は去ったことを述べた。しかし、アメリカ陸軍の軍医総監の報告書には、天然痘の患者数と死亡者数が次のように記載されている。

「同じ時期に、ワクチン接種がはるかに少ないアメリカの一般住民の天然痘による死亡率は3%を超えていないのだ!」。

パスツールの最初の成功は炭疽菌であったと言われている。ポール・ド・クルーフは『微生物ハンター』の中で、パスツールの炭疽病に関する記述を、偉大な人物であっても時には失敗することがあるという証拠として挙げている。

「しかし、パスツールの最も魅力的な特徴の一つは、科学的なフェニックスの特徴であり、彼は自らの失敗の灰の中から勝利して立ち上がった・・・であるから、彼が1881年にルーとチェンバレンと共に、凶暴な炭疽菌を飼いならしてワクチンにする非常に美しい方法を発見したことは、驚くべきことではないだろう・・・”。

「プイィ・ル・フォールの奇跡から1年も経たないうちに、パスツールは独創的な微生物ハンターではあるが、無謬の神ではないことが徐々に明らかになり始めた。モンポティエールをはじめフランスの多くの町、ハンガリーのパッチーズ、カプヴァルなどから不審な手紙が彼の机の上に積み重なった。羊が炭疽菌で死んでいる。危険な野原で拾った天然の炭疽菌ではなく、羊を救うはずのワクチンで死んだのだ。他の地域からは、ワクチンが効かないという不吉な話が伝わってきた。ワクチンは有料で、羊の群れ全体に注射され、農夫たちは『我らが偉大なるパスツールに感謝せよ』と息巻いて眠りについた。しかし、朝起きてみると、畑には羊の死骸が散乱し、免疫のあるはずの羊が、畑に潜んでいた炭疽菌の芽胞で死んでいた。

しかもパスツール応援団から。

前述したように、ワクチン接種はしばしば予防目的以外の病気と結び付けられる。1881年、ハンガリー政府の衛生委員会は、抗アントラックスの接種に使われたワクチンウイルスについて、次のように述べている。

「最悪の病気、肺炎、カタル性発熱などは、もっぱら注射された動物が倒れた。このことから、パスツールの接種は、ある種の潜在的な病気の作用を促進し、他の重大な病気の致命的な発生を早める傾向があることがわかる。」

1888年、ロシアのオデッサにある研究所が、南ロシアのカチョフカに抗アントラックスワクチンを送ったところ、4,564頭の羊がすぐにワクチンを接種され、そのうち3,696頭がつま先をあげて死んでしまった。

1891年5月1日付の『動物誌』は、1890年11月から1891年2月までの間にベルリンで123例の「選ばれた」結核患者が死亡したと報告し、コッホは「雲隠れ」してしまったが、ひどい死亡率のために政府がついに彼を閉鎖するまであきらめなかった。

アメリカ農務省畜産局長は、1902年の報告書で次のように述べている。農務省は1902年の報告書の中でこう言っている。

「ほとんどの獣医学の教科書には、口蹄疫は軽い感染症であり、感染した動物の1,2%しか死なないと書かれており、読者はその損失は動物の価値の2,3%を超えないと推測することになる。そのような結論は重大な誤りである。」

しかし、その原因がワクチンに行き着くまでは軽症だったようだ。農務長官は、department1914 Year Bookの20ページでこう言っている。

「この国では1870年、1880年、1884年、1902年、1908年に口蹄疫の発生があった。1914年度末からは、6回目の発生となる。最初の3回、1870年、1880年、1884年のものは比較的軽微なものであった。1902年と1908年のものは、より深刻であった。今回のものは、その中でも最も深刻で大規模なものである。

1902年、ニューイングランド州で発生。1908年にはデトロイトに端を発した。これらの新しい集団発生の起源は、いずれも天然痘の予防接種に使うワクチンの増殖のためのワクチン・ウイルスの輸入にあることが判明した。このワクチンは、口蹄疫のある日本から輸入されたものである。このような大発生を食い止めるには、この病気が流行するのを防ぐのに最も効果的な方法がある。その方法とは、感染した動物、感染した動物をすべて殺し、その死体を埋め、その動物が接触した可能性のあるすべての建物を徹底的に消毒することである」。

1914年の発生当初は、「なめし革に使われる輸入品」(皮革か)が原因とされていたが、これが駆逐されると、1915年8月にシカゴ近くで再発し、シカゴの研究所が豚コレラのワクチンを製造していることが判明した。このワクチンを使用した11の牛群のうち8頭から口蹄疫が発見された。

これについて農務長官は1915年の年鑑(p.27)で次のように語っている。

「この感染症は、1914年10月にシカゴで調製された汚染された豚コレラ血清によって引き起こされたことは確かなようだ。

…調査中であるが、シカゴからの血清の出荷はすべて禁止された。この施設の製品の一部が11頭の豚に使用されていたことが判明した。

…8つの群れから感染した豚が見つかり、11の群れすべてを一度に屠殺した。」

米国農務省口蹄疫委員会は、1886年から1924年までのドイツにおける口蹄疫の推移を示すグラフを発表しており、以下にそれを転載する。1920年に初めて血清が一般に使用されるようになると、死亡者数が驚異的に増加したことに注目されたい。

同省の農民公報第666号にはこうある。

「口蹄疫はヨーロッパで何年も蔓延し、莫大な経済的損失をもたらしている。イタリア、フランス、スイス、ドイツ、ロシアでは、この疫病は非常に長く存在し、その足場を固めているため、アメリカの屠殺や消毒の方法では経済的に戦うことは不可能である。

イタリア、フランス、ドイツ、スイスではワクチン接種が義務付けられており、そのため大規模なワクチン工場が存在し、米国で発生した事例のように病気が蔓延する可能性がある。もちろん、強制予防接種の有無にかかわらず、近隣の州はこれらの国々から輸入されたインフルエンザで溢れかえることになる。

その他、ブラジルなどワクチン接種を推進しているところでも発症しているし、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランドなど、比較的ワクチン接種を集中的に推進していないところでも、散発的な口蹄疫の発症があるだけで、おおむね簡単に駆除できるようである。

「科学者」はこれをどう説明するのだろうか。

これはパーソンズの『パスツール』の中の図である。Pasteur: Plagarist, Imposter “の中で、結核予防接種の多い国と少ない国、あるいは全くない国の結核の発生率を比較したものである。

かつては、折に触れて、ワクチン接種の弊害が、もちろん医師や政府関係者以外のほぼすべての人に明らかになった。

1890年代には、全米反ワクチン連盟が結成され、反ワクチン運動が本格化した。最終的に反ワクチン運動の声は政府にとって無視できないものとなり、政府は予防接種のオプトアウトを可能にした。

1900年頃、衛生と栄養による健康増進と予防接種の効果を比較検討した結果、イギリス国民の多くが予防接種を拒否するようになり、天然痘はより減少したが、インドのある都市ではイギリス政府は依然として厳格な執行を続けることができた。次の図は、これらインドの3都市における天然痘の死亡率の高さと、クリーンアップ(衛生)キャンペーン後のロンドンにおける死亡率の減少を比較したものである。

もっと読む:ワクチン・ヒステリーは全体主義の悪夢を引き起こすか?

ワクチン接種の最大の成功は、おそらくポリオの撲滅だろう。1955年にソークワクチンが導入され、1962年にはポリオがほぼ撲滅された。しかし、Post hoc ergo propter hocとは、「事象Xの後に事象Yが続いたのだから、事象Yは事象Xによって引き起こされたに違いない 」という論理的誤謬のことである。この間、他の重要な出来事も起こっている。特にDDTの生産と使用は劇的に減少した。

この時期、他の農薬も多用された。BHCは死亡事故の原因になることが知られていた。ヒ素化合物も多用され、この時期に使用中止となった。DDTは40年代前半のポリオ発生率に遅れをとっていたが、他のヒ素化合物は多用されていた。

DDTとポリオの関係は、単なる偶然の産物ではなかった。モルタン・ビスキンドの研究は、この関係をほとんど即座に発見した。

この問題の最近の側面に特に関係があるのは、国立衛生研究所のリリーとその共同研究者(74,75)が1944年と1947年にそれぞれ発表した、DDTが動物の脊髄の前角細胞の変性を引き起こす可能性を示した放置された研究である。これらの変化は、人間以上に暴露された動物で規則的に起こるわけではないが、重要な意味を持つほど頻繁に出現する。動物が人間のポリオに見られるような脊髄の病変を引き起こすことが知られている」化学物質に人々がさらされ、その後、後者の病気の発生率が急増し、毎年その流行性が維持されるとしたら、病因の関係を疑うのは不合理だろうか?

しかし、ポリオの研究は、ほとんどウイルス性の原因を追求することに終始していた。

*

ワクチン接種の推進者たちが腐敗し、明らかに欺瞞に満ちていることは、十分な証拠である。ジョン・バロンは、『ジェンナーの生涯』の中で、ジェンナーの言葉を引用している。

「ウッドワース博士が天然痘病院の患者に関する小冊子を出版しようとしているのを見つけたとき、私は手紙と会話の両方で、予防接種の進行を妨げるようなことをしないよう、最も強い言葉で彼に懇願した。」

トーマス・モーガンは『医学的妄想』の中でこう書いている。

ジェンナーは、天然痘の予防接種を受けた人が死亡するなど、予防接種では免疫ができないことをすぐに発見した。予防接種の評判を落としたくない彼は、報告の抑制に努め、友人への手紙で「専門家の兄弟たちが、予防接種後の致命的な結果を公表するのが遅れることを望む」と述べている。

パスツールの怪しいやり方は、「ベシャンかパスツールか」によく書かれている。

国内でも、迷惑なことがあった。医学アカデミーでは、病気の細菌説に反対する声が上がり、特にM.特にM.ペテロは、パスツールの全知全能の微生物を嘲笑した。1882年3月、炭疽菌のワクチンの評判が惨憺たるものであったからだ。

イタリアでは、パスツールが述べたような実験をトリノ大学のメンバーで構成される委員会が行い、パスツールの予防薬を検証することに価値があると考えられていたのだ。その結果、ルネ・ヴァレリー=ラドーの言葉を借りれば、こうなる。

「ワクチンを接種した羊も、接種していない羊も、シャルボンで死んだ羊の血液を接種した後に、すべて屈した。」

この小冊子には、パスツールの矛盾する発言と、それに対する彼らの批判が記されている。これは、パスツールが別の論文で述べた矛盾を、彼らのコメントと共に引用することで、彼の炭疽病に関する学説をほぼ壊滅させるものであった。

この論文はフランス語に翻訳されたが、パスツールは巧みな誤魔化しでその場をしのぎ、炭疽病ワクチンを押し進めることになった。

高名な医学者たちは、細菌説とワクチン接種計画に対して真剣に疑問を投げかけ、重要な証拠を提示した。クレイトンは、今頃はもうとっくに信じられないような不信感を抱いているだろうと予想していた。19世紀初頭、医学教育は無規制で非公式なものであり、医療行為には様々なアプローチがあったが、「予防」医学はその中に含まれてはいなかった。予防」医学と、その主要な治療法として普遍的に受け入れられているワクチン接種が、なぜ今日のような正統派になったのだろうか。

19世紀の工業化には、社会的、政治的な変革が必要であり、農民や職人という不逞の輩から労働力を生み出すことが必要であった。E. Richard Brownは『Rockefeller Medicine Men』の中で次のように論じている。

「1900年頃から第一次世界大戦までの短い期間に、科学志向の医学部とAMAが力を合わせて、科学的医学を受け入れるよう働きかけたのだ。

科学的医学とは、予防医学である限り、主としてジェンナー、パスツール、コッホの考え方に固執することであった。第二次世界大戦争前にカーネギー教育財団とロックフェラー財団がAMAと提携し、このような結果を生んだ。ブラウンは、これらの財団が医学を操ったのは金銭的利益のためではなく、19世紀末に急速に発展した産業資本主義という新しい社会構造に奉仕するために医学を形成するためだったと主張している。

当時は、「トラスト」が政治的に強い圧力を受けていた時代である。階級闘争が始まるかと思われた。超富裕層は、新しい産業社会の合理性を主張し、それを正当化した。独占は、規模の経済性から、合理的な生産組織と考えられていた。社会ダーウィニズムは冷酷さを正当化した。科学は産業主義を正当化し、慈善事業で成功した資本家は貧困層を救済するために慈善事業を支援した。

そして、必要な教育を受けた労働力を生み出すために、大学に資金を提供し、科学教育を奨励した。また、産業主義や産業界の巨頭が良いものであることを証明する必要があった。このような背景から、医学への関心が高まった。「企業の慈善活動、経営者層、大学が科学を支援することで、ロックフェラー医学者とその新医学体系が生まれた」とブラウンは主張する。

ブラウンはロックフェラーを引用している。

最良の慈善活動、すなわち最も善良で最も害の少ない援助、文明をその根底から養い、健康、正義、幸福を最も広く普及させる援助は、通常、慈善と呼ばれるものではない。私の判断では、それは努力や時間や金銭を、報酬に見合う賃金で人々を雇用する力との関連で慎重に検討し、手元にある資源を拡大発展させ、以前には存在しなかった進歩や健康的な労働の機会を与えるために投資することである。単なる金銭の供与は、その永続的で有益な結果において、これに匹敵するものはない。

スタンフォード大学の経済学者であるエイモス・ワーナー (Amos Warner)は、「科学的慈善活動は、救済よりも予防に努めなければならない」と結論づけた。

大学のカリキュラムに理科を取り入れることは、すでに始まっていた。

1846年4月の最終日、ハーバード大学の新学長エドワード・エヴェレットは、その創立総会で、ハーバード大学が「理論科学と実用科学の学校」を設立し、「生活芸術への応用」を教えるという提案を行った。ハーバード大学に「理論科学と実用科学の学校」を設立し、「生活芸術への応用」を教え、「熟練した技術者」や「この国の無尽蔵の自然の宝」を探査・開発するその他の人材を供給し、「この国の膨大な産業エネルギーを急速な発展に導く」ことを提案した。」

実業家アボット・ローレンスの出資により、アメリカの大学でも理系を教えようという動きが加速した。そして、医学もその傘下に入ることになった。

ウェルチは、患者を相手にする医療行為を公然と嫌う医者で、1878年にドイツでロベルト・コッホに細菌学を学んで帰国した後、純粋な研究者として大学の職を求めた。1878年、ドイツのロバート・コッホに細菌学を学んで帰国した後、純粋な研究者としての大学の地位を求め、まずベルビュー大学、1884年にはジョンズ・ホプキンス大学の職を得て、その目標を達成した。1893年には、ジョンズ・ホプキンス大学医学部の初代学長となった。ブラウンは、ドナルド・フレミングの伝記「ウィリアム・H・ウェルチと現代医学の勃興」を引用している。

「1901年、彼(ウェルチ)はロックフェラー財閥の大立者であるフレデリック・T・ゲイツの目に留まった。1901年、彼(ウェルチ)はロックフェラー財閥の総帥フレデリック・T・ゲイツの目に留まり、ロックフェラー医学研究所の設立を依頼された。財団役員の巧みな指導のもと、ロックフェラーの富は、米国における医学の発展、医学教育の科学的研究基盤への転換、米国内外の公衆衛生プログラムの開発のための最大の資金源となったのだ」。

ブラウンは続ける。

1928年までにロックフェラーから研究所への寄付は総額6,500万ドルに達し、これは当時としては巨額であった。ロックフェラーとその息子は、この寄付で最も広く知られているが、医学研究、医学教育、公衆衛生に対する戦略を立て、投資を開始したのは、フレデリック・T・ゲイツであった。

ゲイツは、このプロジェクトに参加することになった経緯を記した回想録の中で、ある牧師からウィリアム・オスラーの著作を勧められ、ゲイツはそれを入手して一晩で読み通したと語っている。

この本を書き始めたとき、私はすべての文明国において、そしておそらくこの国において、医学の科学的研究がいかにひどく軽視されているかを理解し始めた。また、なぜそうなのか、その理由もはっきりとわかった。まず第1に、調査のための道具である顕微鏡や化学の科学が、つい最近まで発達していなかったことだ。パスツールの細菌説もごく最近のことだ。しかも、天文学、化学、物理学など、他の科学分野では、このように多額の寄付が行われていたのに。医学は、医学部という特殊な商業組織のために、これまでほとんど寄付されたことがなく、研究も教育も、現役の開業医が自分の診療から盗むことができるような偶然に完全に依存して、自分で動くしかなかった。

その年の7月、ゲイツはロックフェラーに、コッホ研究所とパスツール研究所の有用性を指摘するメモを口述している。ロックフェラー家がホメオパシーを支持し、「科学」を標榜する息子やゲイツに対抗したこともあり、数年を要したが、1901年にコッホの弟子の一人であるサイモン・フレクスナー博士を所長としてロックフェラー医学研究所は活動を開始することになった。ブラウンは、ゲイツには純粋な人道的動機があったが、コッホの弟子であるサイモン・フレクスナーとウィリアム・ウェルチの影響が大きかったと認めている。ブラウンは、ゲイツが『米国における科学的医学の効果的システムのいくつかの要素』から「医学の基本目的は、主として病気の治療ではなく、主としてその防止でなければならない」と述べていることを引用している。当然ながら、彼は予防接種を支持する傾向にあった。

医学者たちは、ヨーロッパでの科学留学から戻ると、新しい大学の学部で権威ある仕事を得ることができた。ジョンズ・ホプキンス大学は、そのほとんどがドイツ留学の学生で占められていた。フィランソロピストが目を付けたのは、実際に患者を診る臨床医ではなく、このような人たちであった。

世紀末になると、科学者たちはエリート開業医たちと一緒になってAMAを支配するようになり、より精巧で高価な教育要件を導入し、そうでない開業医の数を減らすために働いた。AMAの改革者たちは、技術的要件を利用して基準を設定し、臨床医や、たとえ才能があろうとも貧しい学生を犠牲にして、実験室の科学者や裕福な学生をますます優遇するようになった。

AMAは、1847年に医師の利益を図ることを目的とした業界団体として設立されたが、1901年にジョージ・H・シモンズ博士の下で再編成されるまで、基本的に無能であり、彼はホメオパシーの教育を受けたものの、後にそれを否定している。シモンズは、階層的な代表構造を作り、地方会を強化することによって、AMAの力を増大させた。ブラウン (Brown)は、「科学的医学を育成し、医学界を共和国の社会的、政治的生活の力とすること」を意図したと、組織変更委員会の言葉を引用している。

AMAはその創立以来、私立医科大学とその学部の利益に敵対してきた。開業医 (AMA)は職業内の競争を減らすために医学部の生産量を減らそうとし、一方、医学部は講義料と将来の顧問料を最大化するために改革の試みに反対した。..。

年以内に、医学教育審議会の指導のもと、州医師会が州委員会を支配するようになった。州医師会の影響力と評議会による直接の接触により、免許委員会は次第に評議会の活動計画の代理人となった。

再編成されたAMAと免許を担当する州委員会を掌握すると、改革派は専門職を変革するための最も効果的な手段を講じるようになった。1904年、AMAは臨時の医学教育委員会に代わり、精力的で機知に富んだアーサー・ディーン・ベバンを長とする常設の医学教育評議会を設置した。評議会は国内160校の医学部をすべて点検し、主に科学施設と入学資格について成績をつけた。

1907年、ベバンはカーネギー教育振興財団の会長であるヘンリー・S・プリチェットを招き、評議会が収集した調査資料を検討させた。ベバンは、カーネギーが支援する医学教育研究の価値をプリシェットに納得させた。プリチェットは、ハーバード大学の学長でカーネギー財団の評議員であるチャールズ・エリオット、ロックフェラーの一般教育委員会、ロックフェラー医学研究所と、この研究案について話し合った。また、コッホの教え子でロックフェラー研究所の所長であったサイモン・フレクスナー博士にも話を聞いた。フレクサーは、この研究のディレクターとして、彼の弟のアブラハムを推薦した。

フレクサーは医者ではなく、プリチェットに会ったときにそのことを伝えたが、プリチェットは医者ではなく、素人の人間を望んでいると断言した。いずれにせよ、フレクスナーは「科学的」医学の科学を判断する立場にはなかった。フレクスナーは、自伝の中で、偉大な頭脳のファンボーイであることを明かしている。

パスツール、リスター、コッホ、エーリック、そして果てしなく続く物理学者や化学者たちは、実践の世界と理論の世界の両方に足を踏み入れていた。そして、そのような人たちが、どのようなバネに動かされようとも、根源的な探究心を持っている。

その時の心構えを語っている。

そこでウェルチ、ハルステッド、モール、アベル、ハウエルの各博士や、医学部のあるべき姿を知っている数人の先生方と、じっくりと話をすることができた。このようにして、イギリス、フランス、ドイツの医学教育の優れた点を、アメリカの事情に合わせて斬新な方法で具体化した、小さいながらも理想的な医学部に親しんだことは、私にとって非常に大きな収穫だった。このパターンが頭の片隅になければ、私はほとんど何も成し遂げられなかったことだろう。私はこのパターンをもとに、アメリカとカナダの医学部を素早く回り始め、その数155校、そのすべてを訪問した。

ブラウンによれば、カーネギーの刻印は、フレクスナーが有名な「フレクスナー報告」で承認した学校への将来の支援を示唆しており、学生獲得競争は、すべての学校を、彼が承認しなかった学校の悪評を恐れさせたという。また、生徒の獲得競争から、フレクスナーが認めない学校の悪評を恐れるようになった。

「カーネギー調査に協力した競合する多くの医学部が、新しい研究室や基金など、大きなメリットを得れば、不利な立場にある医学部の財政破綻と滅亡は確実だった。」

1910年には、学校数は最高166校から131校に減少した。AMAが州の免許委員会を支配していたため、格下げされた学校の生徒が免許を取得することは不可能であり、そのためそれらの学校は失敗した。学校は、細菌説とワクチン接種を受け入れた。

「科学」、特に細菌説によって正当化される余計な教育要件は、開業医の数を減らすというAMAの目的に適ったものであった。「ジョンズ・ホプキンス医科大学は、1893年の開校当初から、入学に学士号を、名誉ある医学博士号を取得するには4年間の教育を必要とし、時代の最先端を走っていた。1901年にハーバード大学が学士号取得を義務付けると、医学部の入学者は、過去最高の198名から67名に減少した。

医師の数を制限するために、AMAは医学を「職業」とすることを目指した。

エリオット・フライドソン[職業に関する理論家]は、専門職の地位を得ようとする職業は、体系的な理論体系を作り、その実践者の独占的権威を主張し、倫理規定を採用し、形式的価値、規範、シンボルを中心にその実践者間の連帯を図り、その他、その主張を裏付ける職業としてよく知られているメダルで身を包んでいると観察している。「体系的な理論体系がない場合、あると言えるようにするために作られる」

医療改革者たちが求めたのは、専門職の高収入、社会的地位、継続的な繁栄を保証する専門職の手段を強制する力であった」。

職業には「倫理 」の規範がある。AMAの倫理規定では、医師は医学的判断について 疑う余地のない権威を与えられていた。「倫理規定では、「医師の処方箋に患者が従うのは、迅速かつ暗黙の了解でなければならない。患者は、「その適否について、自分の粗雑な意見に左右されてはならない」。倫理規定では、医師が他人の診療行為についてコメントすることも禁じている。カルテの機密保持は、他の医師による医療行為への批判を防ぐためである。AMAは、医学が職業として成立するためには、「社会的、政治的に支配的な集団の考えや利益に合致した思想と実践」を持つ「科学」にならなければならないことに気づいた。

「科学」であることは、科学であることと対立していた。これらの機関は自らを科学的と称しながらも、彼らが提供した、そして今日提供している教育は、それ以外の何物でもない。ジョン・L・スピヴァックは『仮面を剥がされた医療信託』の中で、ハーバード大学医学部の当時の学部長であったデビッド・L・エドソール博士の言葉を引用している。

「ほとんどすべての科目は、すべての学生がまったく同じ時期に、まったく同じ方法で履修しなければならず、各科目に導入される量が多いため、独立した興味の精神であらゆる科目を探求する時間やエネルギーを持つ学生はほとんどいない。.. 少し比較すれば、この国の専門教育のほとんどどの形態よりも、医学課程には知的自由がないことがわかる。」

明らかに欠陥のある細菌説が平気で受け入れられ、それに疑問を持つ人がパチモン呼ばわりされるのも無理はない。異論を唱える者は免許を取れないのだ。エドサル博士は続ける。

「私は一時期、治療学と薬理学の教授をしていたことがあるが、そのとき学生たちは、私や他の人たちから、数え切れないほどの薬について学ぶことを義務付けられていたことを経験から知っている。

これは、機械で作られた医者についてだけでなく、AMAの支配下にある医学審査会が医学カリキュラムに及ぼす影響についても、この問題の権威が述べたものである。細菌説はAMAと慈善家の両方のニーズに合っていた。とブラウンはコメントしている。

「病気に関する細菌説は、一般の専門家にとっても、新しい産業界や企業のエリートにとっても、特に魅力的なものであった。細菌説は、病気の原因物質が個別的、特異的、外在的であることを強調した。そして、特定の病的状態を治療するための特定の治療法を考案することを奨励した。科学的医学は、現代の医師を治療効果の高いオーラで包み込み、限定的な改良がそのオーラを支えていた。

つまり、20世紀初頭には、「科学的」医学を取り入れることが医師免許の要件となり、ホメオパシーやカイロプラクティックなどは、これまで見てきたように、治療効果がなく、災害も頻繁に発生していたにもかかわらず、強制的に排除された。しかし、その理論が利益をもたらす慈善家たちは治療の質を判断できず、「科学者」たちは不快なニュースを隠すことに既得権を持っていた。「科学」を使って職業への参入を制限することは、AMAを満足させ、免許を管理するための理想的な手段であったからだ。しかし、「科学」の採用は科学とは何の関係もない。

AIDSとHIVの関連性を実験的に証明する証拠がないにもかかわらず、その関連性に疑問を呈したPeter Duesbergの信用を失墜させたことは、この検閲が、むしろ今日一層激しくなっていることを証明している。この勝利は、慈善家たちの下心に起因するものではない。彼らは利潤に貪欲な実業家であったが、自分たちは善いことをしているのだと考えた形跡はない。しかし、彼らの考える善とは、産業主義の利益のために社会を形成することであり、それは疑問視されかねない。しかし、こうした動機は、賞賛に値するかどうかにかかわらず、科学の原動力となるべきものではなかった。

パスツール、コッホ、そしてその他の「科学者」の動機はそれほど純粋ではない。名声と富を得たいという欲求が判断を鈍らせ、ワクチンによる死亡例など好ましくない結果を隠蔽することにつながったのは間違いない。興味深いことに、ウェルチはミュンヘンでマックス・フォン・ペッテンコーファーという、今日の地形理論家と非常によく似た考えを持った人物を見つけた。しかし、これは野心家のウェルチには合わなかった。私の考えでは、科学の商業化によって腐敗が起こるのは、ほとんど必然的なことだ。大儲けしようとする科学者は、必然的に、自分の失敗の証拠を隠蔽し、反対者の成功を誹謗中傷したくなるものである。この人たちがそうしていたことを示す証拠はたくさんある。フレクスナーは、細菌説に疑問を投げかけるような実験には資金を出さないことで有名であった。今日、『ランセット』誌が発表する実験の80%までもが再現不可能であると言われている。科学の商業化は、科学者に必要な客観性を失わせる。製薬会社の嘆かわしい行動に目を向けるだけでよい。

ベシャンは、敵対する勢力を無視して、パスツールの理論的勝利を、その理論の単純さに帰着させた。体内で争うミクロの二軍というのは、容易に想像がつく。これは、ベシャンの説とパスツールの説の違いに対する無知が生んだものである。

パスツールは、細菌は外からの侵略者で、それを倒すために人間の体が作った抗体が出会ったのだと主張した。病気は、ホームチームが負けた結果である。そして、その過程で、また同じ敵に出会ったときに備えて、特殊な武器である抗体を作り出すことになる。

ベシャンは、病気とは体の毒素を排除する能力の危機であり、普段は気づかない日常生活によって処理されていると考えた。嘔吐、粘液過多、下痢、皮膚発疹、発熱などは、危機的状況にある体が毒素を排除する方法である。病気は、危機に対する体の反応であり、抑制してはならないものである。体内で作られるバクテリアは、毒素除去の正常なメカニズムの一部である。また、外にも同じような働きをする外来菌がいる。有機廃棄物、つまり死んだ物質を、新しい生命が取り込めるような形に変えてくれる。彼らは生命サイクルの重要な要素なのである。他の毒素と同じように、炎症や病気を引き起こすことはあっても、細胞の仕組みを乗っ取って自己増殖することはない。ワクチン接種や傷口のように、皮膚、粘膜、胃酸といった体の保護バリアをバイパスしない限り、このようなことが深刻になることはほとんどない。

つまり、どちらの説でも、細菌は病気の発生部位に存在することになる。そのような場所で細菌を発見する実験は、両方の理論に合致することになり、細菌説を裏付けると誤解されている実験は、そのような実験だった。定数接続は因果関係を証明しないと言われることがあるが、これは論理的に正しくない。定連接は因果関係を証明するが、因果関係の方向は証明しない。ベシャンの支持者は、消防車は常に火事の現場にいるが、火事の原因にはなっていないという例えを提示す。この場合、火災は消防車の存在の原因である。不連続接続は、あるものが別のものの原因であることを示すが、どちらが原因でどちらが結果であるか、あるいは、両者に第三の共通の原因があることは示さない。共通接続は、これらの3つの可能性のうちどれが得られるかを決定することはできない。

エイリアン・バクテリアは、他の毒素と同様に、もし体のバリアーを通過することができれば、毒性危機を引き起こす可能性がある。しかし、それは細菌論者が連想するようなものではないかもしれない。しかし、細菌論者が連想するような毒性危機には見えないかもしれない。彼らは、ダメージを与えたと見られているかもしれない。しかし、それらは毒素であり、体内で繁殖することはない。一方、体内の細菌は細胞内で繁殖しているように見えるかもしれないが、それはすでに損傷を受けているか死んでいる細胞であろう。これらの細菌は有益であり、ダメージを与えることはない。毒素を排除するが、その中には体内の傷ついた細胞も含まれる。

予防接種が、予防の目的とは異なる病気と関連することは、よく知られている。予防接種を受けた部位が腫れたり赤くなったりすることは日常茶飯事であるが、そのような反応は特定の病気に関連した症状の一つではないかもしれない。看護婦として有名なナイチンゲールは、特定の病気は存在せず、病気になった人はその経過中に多くの別々の病気であると思われる症状を示すと主張した。ベシャンは、細菌が毒素に反応してその形を変えることを証明した。

ベシャンが行った実験の一つに、砂に埋もれた猫の死体を容器に埋め、容器を密閉するというものがある。開けてみると、猫の下にはバクテリアがいたが、上にはいなかった。これは、バクテリアが蓋から後から容器に入ったのではないことを証明しているようだ。これは、バクテリアの外部からの侵入、あるいは体内でのバクテリアの自己生成能力についての簡単なテストになるはずだ。

1990年代以降、マイクロバイオームの存在が認められるようになった。消化管に「善玉菌」が存在し、難消化性食物繊維を消費して消化を助けていることは、今では誰もが認めるところである。つまり、ベシャンが言ったとおりの働きをする。マイクロバイオームが個々人に固有のものであることは、実験によって明確に示されている。

「その結果、コードは何百人もの個人の間でユニークであり、個人の微生物の「指紋」の大部分は、1年間のサンプリング期間中、安定したままであることが示された。」

もしそうなら、これらの細菌はどうやって外から来たのだろうか?

伝染病についてはどうであるか?

14世紀に何億人もの人々を殺した「黒死病」は、小惑星の衝突によって引き起こされた可能性があると、科学者たちがセンセーショナルに主張している。ByNATHAN RAO

黒死病は小惑星の衝突が引き金になった可能性がある

この衝撃的な事実は、英国史の最も大きな部分を覆し、科学と学問の世界を根底から覆す恐れがある。…..。

14世紀に起こったヨーロッパ史上最大の疫病は、中国から伝染したエルシニア・ペスティスという細菌によって引き起こされたと広く受け止められている。しかし、専門家の間では、当時、人口の60パーセントを死に至らしめた「もっと大きな」何かが起こったと主張されている。

著者であり年輪年代学者であるマイク・ベイリー教授は、木の年輪の研究から、ちょうどこの病気がヨーロッパを席巻した1350年前に大きな出来事があったことがわかったと述べた。

大気の組成を変え、致命的な感染症が蔓延するための理想的な条件を提供するために、何か破滅的なことが起こったと彼は主張する。

1918年から19年にかけてのインフルエンザの大流行には、簡単に証明できるような説明はないが、ウイルスによらない要因として、いくつか考えられることがある。第1に、もちろん、ガス攻撃や恐ろしく不衛生な塹壕を伴う第一次世界大戦がある。そして、20世紀で最も強いENSO現象が同じ年に起こり、飢饉、洪水、マラリアの蔓延に貢献した。そして最後に、もちろん戦争中に軍隊やその他の人々へのワクチン接種が増加した。いずれにせよ、伝染病によるパンデミックの拡大という記述は、根拠の可能性のない純粋な憶測である。

ラルフ・R・スコービー医学博士は、ポリオの起源が毒物であることを示す豊富な証拠を提示している。ここでは、ポリオの発生率と農薬の生産量を比較している。

「マラリアはどうだろうか?」マラリアは、マラリア原虫によって引き起こされる。この寄生虫は、「マラリア媒介蚊」と呼ばれる感染したメスのアノフェレス蚊に刺されることで人に感染する。アノフェレス蚊と原虫は南極大陸を除くすべての大陸に存在するが、マラリアは熱帯地域に限定されている。しかし、15世紀にはイングランドの一部でマラリアが確認された。この時期には「小氷河期」と呼ばれる時期があり、イギリスは現在よりかなり寒かった。しかし、CDCのウェブページ「マラリアが発生する場所」には、「気温が特に重要である」と書かれている。

細菌説の研究者は、パンデミックでは免疫システムの強さが異なるため、病気になる人とならない人がいると主張する。しかし、免疫力の高い人は、必ずと言っていいほど、一般的に健康な人である。きちんとした食事をし、十分な運動をし、衛生的な環境で生活している人は、強い「免疫システム 」を持っているはずだ。しかし、これは地勢説の別名に過ぎない。免疫力が高いと言うことは、健康であると言うことだ。大切なのは、菌ではなく、これだということに気づけばよい。そう、健康的な生活を奨励することは大きな利益にならない。

予防医学が真に科学的であれば、こうした考察は細菌説やワクチン接種に疑問を投げかけるはずだが、高収益の理論が非科学的に普遍的な真理とされ、それに疑問を投げかける者が変人扱いされているため、そうならない。

*

Michael Dolinerはシカゴ大学でHannah Arendtに学び、Ithaca CollegeとValparaiso Universityで(しばらく前まで)教えていた。数学の学位を持っている。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました