COVID-19 資本主義 利益動機 対 公衆衛生

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

政策・公衆衛生(感染症)社会問題
COVID-19 Capitalism: The Profit Motive versus Public Health

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7543589/

オンラインで2020年9月20日公開

ジェニファー・コーエン

Covid capitalism is flirting with socialism
Globally, right-wing govts are bringing back parts of the welfare state. But it won’t be a lasting legacy of the crisis.Poor countries subsist hand-to-mouth fro...

要旨

資本主義経済における市場インセンティブと公衆衛生上の要求は矛盾している。COVID-19のパンデミックでは、市場から報酬を得る利己的な行動が、死亡率や罹患率の原因となっていることが明らかになった。利益を追求する行動は、健康に必要なものへのアクセスを妨げ、個人に害を与え、集団の健康を損なう可能性がある。また、利益動機は、医療のインプットとなる商品を偏在させることにより、医療システムの能力を損なう可能性がある。さらに、資本主義では利潤追求が経済的に合理的であるため、資本主義の命令は公衆衛生とは相容れない可能性がある。市場が資源を誤って配分する方法は、公共財である健康に対する国家の責任の根拠となる。


健康に対する責任は、自由主義の伝統に従って、少なくとも潜在的かつ部分的には個人の追求であると説明されているが、公衆衛生の文献においては、倫理学者にとって重要なテーマであり続けている。批評家は典型的に、健康の社会的決定要因や、個人ではコントロールできないその他の文脈的・構造的要因を指摘する(Holm, 2003; Bell and Green, 2016; Brown et al 2019; Levy, 2019; MacKay, 2019; Verweij and Dawson, 2019; Cohen er al)。 一部の議論では、健康に対する責任は、個人の行動をとる個人にあるのか、あるいは個人がコントロールできない状況を作る政府にあるのかのどちらかだとしている。このような個人対国家の枠組みでは、資本主義経済においてほとんどの個人が、直接かどうかにかかわらず、生活必需品を確保するメカニズムとしての市場が見えなくなってしまう。このような議論をする際には、市場を注意深く検討する必要がある。市場システムが健康へのインプットを提供しなければ、個人が自分の健康に責任を持つことはできない。

市場は、需要と供給に関連した行動的、制度的、構造的な理由により、資源の配分を誤ることがある。例えば、所得がないために、市場で必要な商品を購入するための支払いができない人、経済用語で言えば、効果的に要求できない人は、商品やサービスへのアクセスが妨げられる(Holm, 2003; Cohen and Rodgers, 2020)。Verweij and Dawson (2019)が指摘するように、人口内の不平等は、国家が健康に責任を持つべき正義に基づく理由を提供する。市場を注視するもう一つの理由は、供給側の行動力である利益動機であり、資本主義経済において健康に対する責任を非個人化するための別の理由を提供している。私は、COVID-19のパンデミックの際に示されたように、利潤動機に基づく行動は、個人が必要なものへのアクセスを妨げ、公衆衛生や保健システムを弱体化させると主張する。さらに、このような行動は資本主義においては経済的に合理的であるため、資本主義の要請は公衆衛生と相容れない可能性がある(Smith, 1776)。

COVID-19のパンデミックのような危機的状況下では、価格破壊者、買い占め者、隔離命令に違反した者を、反社会的、あるいは社会病質的な行動をとる利己的な嫌な奴と見なしたくなるかもしれない。しかし、個人の「ルール違反者」に注目すると、社会的・経済的な背景が見えなくなる(Roy, 2017)。資本主義は、公衆衛生に多大なコストをかけて利益を追求することを奨励する。これらの人々はルール違反者ではなく、彼らの行動は資本主義の論理と一致している。

反社会的な起業家精神は、学生がクラスメートに1回分の手指消毒剤を請求したり(Harvey, 2020)人々がクリーニングワイプを備蓄してCraigslistやFacebookのマーケットプレイスで堂々と転売したり(Tiffany, 2020)製薬会社がインシュリンなどの薬の価格を吊り上げたり(Thomas, 2019)と、あらゆるレベルで発生している。

米国では、連邦政府が規制に責任を持てなかったため、民間団体がその穴を埋めることになり、中には政府自身よりも倫理的なポリシーを制定する団体もあった。アマゾンやイーベイは、手指消毒剤や漂白剤の中古品の販売を、公正な価格設定に関するポリシーに違反していると指摘し、即座に禁止した(Terlep, 2020; Tiffany, 2020)。 イーベイは、「災害と悲劇」ポリシーを引用し、「人間の悲劇や苦しみから利益を得ようとする」試みを禁止した(eBay, n.d.)。一方、政府レベルでは、500ドルのエピペン販売を止めようという政治的意志さえも、ほとんどないようだ。

資本主義につきものの規範的な利益追求行動は、他の時代には称賛されるが、危機の際に必要とされる協力とは緊張関係にある。利益追求の行動を賞賛すべきか、罰すべきかという曖昧さは、「父親が彼を『伝説の男』だと知らせるために電話をかけてきた」という学生のケースで示されている(Harvey, 2020)。この記事のコメント欄には、『10年後には需要と供給を理解した立派なビジネスマンになっているだろう』と書かれてた。COVID-19で人々が死んでいるのと同じ瞬間に、店では価格操作のために手指消毒剤が不足している。認知的不協和は明らかであり、利益を追求することは死を招くことであっても称賛される。

このような行動が問題であると認識された場合、多くの場合、少数の「悪いリンゴ」の行動という言葉で言い換えられる。これは、個人を辱める一方で、医薬品を製造する企業を含む個人や企業の間で、まさにそのような行動を奨励する経済構造を隠蔽するものである。このような経済構造が、私たち全員を危険にさらしているのである。ある販売者は、「これが道徳的にどうかを考えた結果、『私がやらなくても誰かがやるだろう』という結論に達した。そのおかげで、私はそれをすることができた』と述べた(ティファニー 2020)。

これらの話は、起業家精神にまつわる面白い逸話ではない。社会的な価値観の話であり、パンデミックが明らかにしたジェンダーや人種による生死の問題を、通常よりも鮮明に表現している。健康は公共財であり、市場メカニズムに任せておくにしてはあまりにも重大であることを示す証拠である(Segall, 2005)。さらに言えば、これらの話は、資本主義が、子供から大人まで、人間の苦しみから利益を得ようとする資本家を育てているという証拠でもある。

利潤追求の動機は、公衆衛生の要求とは相反する。資本主義は個人の利益を動機づけるものであるが、公衆衛生は個人と社会のニーズを時間をかけて少し複雑に理解することが必要である。例えば、「起業家」が健康や医療への実質的なインプットであるものをため込んでしまうと、利潤動機は医療システムの能力を損なう。起業家による買いだめは、健康を維持するための予防措置を取れない人がいることを意味し、医療需要を増大させる可能性がある。医療従事者にとっては、2つの関係がある。医療従事者が個人用保護具を持っていないために病気になった場合、医療の需要を増やす一方で、医療の供給を減らすことになる。また、医療従事者が死亡すると、医療システムの能力が低下する。長期的には悲惨なことになる。

また、利益動機と公衆衛生は、行動に対する規範的な解釈が正反対となっている。公衆衛生の観点から、個人が「良い」行動をとるためには、例えば医療従事者の個人用保護具へのアクセスを妨げるなどして、医療システムを損なわないようにする必要がある。しかし、経済的に合理的な行動をするということは、「下手な」行動をするということだ。

個人には、たとえ連帯的な環境であっても、不完全な行動をとる権利があるが(Davies and Savulescu, 2019)この不完全な行動の特殊なバリエーションは、他の個人(医療従事者やその他の人々)が健康に必要な商品を手に入れることを妨げる。事実、需要側の支払能力と同様に、利潤動機は供給側の力であり、個人が自分の健康に責任を持てなくなる可能性がある(Levy, 2019)。

健康が間違いなく公共財(排除不可能な)であるならば、市場が配分を誤る方法は、国家の責任の根拠となる。国家は、健康に責任を持つための倫理的根拠について個人を打ち負かすのではなく、市場を打ち負かすべきだ。

 

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker