書籍「Ivermectin for the World」 はじめに

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

書籍「イベルメクチンを世界へ」イベルメクチン

Ivermectin for the World

2021年5月1日

免責事項

本書に掲載されている情報は、著者の長年の実践、経験、臨床研究の成果である。しかし、医師による評価や治療の代わりになるものではない。本書に掲載されている情報は、教育を目的としたものである。専門家による医学的アドバイスの代わりになるものではない。読者の方は、ご自身の医療状況や治療計画に本情報が適しているかどうかを判断するために、必ず医師に相談してほしい。処方箋薬は、医師の処方、ケア、監督なしに入手、服用してはいけない。この本を読んでも、医師と患者の関係を築くことはできない。この本に掲載されている話は真実である。プライバシー保護のため、名前や状況が変更されている場合がある。

AMAZON 見出し

インドでの致命的な第二次波を背景に、本書は再利用医薬品を認識するための行動を呼びかけるものである。この本には、COVID-19のパンデミックの間の時間を切り取った高揚感のある作品集が収録されており、再利用医薬品による解決策の模索、検閲とワクチン推進の間の戦いなど、説得力のあるストーリーが時系列に沿って紡がれている。第一線の研究者たちと彼らの素晴らしい努力が、詩、写真、そして物語として記録されている。アンソニー・ファウチ博士、ジョージ・ファリード博士、ピエール・コーリー博士、テス・ローリー博士、アルバート・シュバイツァー博士をはじめ、さまざまな著名人やメディアの専門家、スポークスマンが登場する。

本書は、世界を代表する医師たちが、あらゆる困難を冒して真実を明らかにするために行った地下運動と、イベルメクチンで世界を救うためのダビデとゴリアテの戦いの様子を始めて率直かつ本音で明らかにしている。「ビッグファーマがビッグタバコの戦略を利用してイベルメクチンを倒そうとする」の著者は、このパンデミックの真のヒーローたち、自分のキャリアよりも他者の幸福を優先した人道主義者たち、世界で最も強力な企業と億万長者に立ち向かい、勝利を収めた医師たちを呼び起こす。これはCOVIDの物語であり、最も重要なイベルメクチンの物語でもある。

著者について

ジャスタス・ロバート・ホープ博士(仮名)は、Wabash Collegeを首席で卒業し、Lilly Scholar(リリー奨学生)に選ばれた。その後、ベイラー医科大学に入学し、医学博士号を取得。カリフォルニア大学アーバイン校のメディカルセンターで理学療法とリハビリテーションのレジデントを修了。

また、カリフォルニア大学デービス校メディカルセンターの家庭医部門と理学療法・リハビリテーション部門で教鞭をとっている。35年以上にわたり医療に携わり、北カリフォルニアで個人開業している。6冊の本を執筆している。

はじめに

この本のメッセージはシンプルだ。インドは今、未曾有の人道的危機にあり、その解決策は存在する。

現役の医師として、この本は私が貢献できる方法であり、このパワフルでポジティブな救命情報を皆さんにお届けできることを大変光栄に思う。この本は、インスピレーションを与えてくれると同時に、冷酷な事実を伝える内容になっている。したがって、どうか落ち込まないでほしい。この本を最後まで読めば、読んでよかったと思えるはずだ。

ワクチンですぐに死者の流れを止めるには遅く、今ではインドのケースは制御不能に陥っている。この2日間で患者数は34万5千人、死者数は2800人と、記録的かつ急激な増加を見せている。

オリジナルのSARS-CoV-2に対してはワクチンがある程度の効果を発揮しているが、現在インドを悩ませているような変異型に対しては、ワクチンの効果はほとんどない。これらの株は、より簡単に拡散し、このままではより致命的なものになるかもしれない。

ワクチンとは対照的に、イベルメクチンは病気のすべての段階で即効性があり、1回の投与で患者が人工呼吸器から解放されることもよくある。イベルメクチンは、すべての変異株に対して抗ウイルス剤として効果がある。タイレノール(アセトアミノフェン)や市販のビタミン剤よりも安全で、1回の投与にかかる費用はわずか数円だ。

これらの情報は、ニュースで聞いたこととは正反対かもしれないが、私が間違っていると判断する前に、少なくともこの本を読んでいただきたい。この本は現在、Kindleの電子書籍として無料で提供されているので、お金がない人でも問題はないはずだ。100ページほどの本で、写真もふんだんに使われているので、午後の時間帯に気軽に読めて説得力をもつものだ。

何はともあれ、すべての写真とグラフに目を通してほしい。説得力があり多くの人は5分もあればそのことがわかる。ページをめくってみてほしい。

私がお願いしたいのは、その証拠を公平に評価していただくことだ。もしあなたが私のようなキリスト教徒であれば、この本をあなたの牧師や神父と共有したいと思うだろう。もしあなたが他の信仰を持っているなら、あなたのラビや神父と共有したいと思うだろう。もしあなたが無神論者や不可知論者であれば、私のメッセージを支持するために、道徳的または倫理的な根拠に基づいて行動することを望むかもしれない。

要するに、私が議論している著名な科学者やノーベル賞を受賞した研究者は皆、シンプルで効果的な抗寄生虫薬イベルメクチンが、最も進行したCOVID-19患者でさえ、死を最大80~90%減らすことができると信じているということだ。息苦しくて死にそうな患者さんを、数時間以内に自分で簡単に呼吸できる人に変えることができる。さらに、ほとんどの人が感染しないようにすることもできる。このパンデミックのために、神自身がこれ以上の薬を設計することはできないだろう。

私は40年近い経験を持つ医師であるが、私の患者さんは皆、イベルメクチンを選択している。彼らは皆、死なずに済んでいる。

イベルメクチンは、それぞれの感染者に48時間以内に効果を発揮した。

しかし、私よりもはるかに優れた資格を持つアカデミックな医師たちの証拠を読んでほしい。人工呼吸器を装着した瀕死の患者が何人もいるのに、病院側が対抗した訴訟事件を読んでほしい。裁判所がイベルメクチンの投与を命じたところ、これらのケースのすべてで回復したのだ。多くの患者は1回の投与で人工呼吸器を外すことができた。

あなたがアメリカのいわゆる「一流ドクター」から聞いたニュースがなぜ毒されていて、あなたに不利なように科学がねじ曲げられている可能性があるのかを読んでほしい。私は反ワクチン派ではない。ワクチンを推奨している。しかし、私はイベルメクチンもお勧めする。なぜなら、ワクチンには、特に南アフリカ株のように、いくつかの亜種を見逃してしまうからだ。

最後に、私は真の専門家の上院証言をレビューしている。テレビで見るような、しゃべるだけで実際には治療をしない人たちではなく、実際に現場で働く医師たちの証言をレビューしている。COVID-19の患者のほとんどを救った医師たち、お金を稼ぐことよりも命を救うことを重視した医師たちだ。

この本のメッセージは、まずこの本のストーリーを楽しんでもらい、次に自分の心に従ってインドで命を救うことだ。私のドラマを許してほしい。しかし、インドの人々はタクシーの中で息を切らしながら病院の前で死んでいるのが現実だ。彼らは病院に入るために何時間も並んで待っている。そのインド人たちには、あなたや私と同じように子供や配偶者がいる。彼らは、あなたや私と同じように家族を愛している。

しかし、彼らは質の高い医療を同じように受けることができない。彼らは、私やあなたと同じように、息苦しさを感じている。彼らは苦しみ、そして死ぬ。彼らの愛する人たちは悲しみに暮れる。

この後のページでは、医師の活動の様子や、医師がCOVID-19からほとんどすべての人を救うことができるという科学的根拠を紹介する。インドの人々が息を吹き返し、健康を取り戻し、死から逃れるのを助けることで、あなたがどのように変化をもたらすことができるのか。

インスピレーションと成功の絵を描き、医師と一緒に回復を祝う患者の実話、ファリード博士、タイソン博士の物語、そしてインペリアル・バレーの奇跡をお伝えする。

そして、パンデミックが、私たちが夕方のニュースで目にするような悲観的なものである必要はないということを、写真や詩を通してお伝えしたいと思う。

この本には、アルバート・シュバイツァー博士、ジョージ・ファリード博士、ピエール・コーリー博士などの医師たちの話をはじめ、パンデミック中の時間を切り取ったものが年代順に掲載されており、爽やかで元気づけられる内容となっている。

しかし、この本の最後に、私たちは「命を救うために協力してほしい」とあなたにお願いする。私たちはお金が欲しいわけではない。行動への呼びかけ(Call-To-Action)という形で言葉を広めるために、あなたの助けが必要なのだ。私と同僚の医師たちだけではできない。私たちは検閲され嘲笑されている。私たちは悪者にされている。ただ発言するだけで私たちは危険にさらされる。

しかし、あなたは医師免許を持っていないので免疫がある。多くの医師ができないことが、あなたにはできる。心配する市民として声を上げることができる。抗議することができる。牧師や指導者に人々へ伝えるよう頼むこともできる。フェイスブックやユーチューブ、そして権力者たちは、我々のメッセージを押さえつけることができても、あなたのメッセージを止めることはできない。

この本を読んで行動してほしい。たとえあなたの行動が小さなものであっても、例えばこの本をたった2人の人と共有するだけでも、その単純な行動が今、インドの命を救うことになる。

私、ローリー博士、コーリー博士、ファリード博士、リッシュ博士、マカロー博士とともに、イベルメクチンでインドを救うという崇高な運動に参加してもらいたい。

R Hope, Justus

 

目次

  • 免責事項
  • はじめに
  • 第1章
    • Covid-19のための再利用医薬品
  • 第2章
    • コヴィドの再利用医薬品を開発した初期の勇敢なパイオニアたち
  • 第3章
    • 11月の上院公聴会の誤報 “The Fix Is In”
  • 第4章 上院公聴会
    • 第2回上院公聴会 ピエール・コーリー博士の登場
  • 第5章 上院公聴会
    • 池の向こう側から アンドリュー・ヒル博士の登場
    • そしてNIHの反応
  • 第6章
    • イベルメクチンの裁判沙汰
  • 第7章
    • ダビデとゴリアテの対決となった法廷闘争
  • よくある質問
  • あとがき
  • 著者について