エポックタイムズパンデミック・ポストコロナプロパガンダ・全体主義マアジッド・ナワズ

Maajid Nawaz エリートはいかにして社会の信頼を失い、過激派の勧誘の場を作り出したか? | パート2

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

PART 2: Maajid Nawaz: How Our Elites Destroyed Public Trust and Created a Recruiting Ground for Extremism

www.theepochtimes.com/part-2-maajid-nawaz-how-our-elites-destroyed-public-trust-and-created-a-recruiting-ground-for-extremism_4333639.html

Maajid Nawaz 0:03

私は反民主主義者でした。私はカリフ制を確立しようとするイスラム革命家で、エジプトで投獄され、エジプト政府を転覆させようとしたため、5年の刑を宣告されました。

Jan Jekielek 0:13

現在、反過激主義の代表的な活動家であるマジッド・ナワズへのインタビューのパート2では、彼が西側世界を巻き込んでいるイデオロギー戦争について、また悪者がいかにプロパガンダやドキュメントステーションを使って社会を過激化させているかについて深く掘り下げます。

Maajid Nawaz 0:29

今日、あなたはどのように反対していますか?真実がどこにあるのか分からないのに、どうやって政府の責任を追及するのでしょうか?それが、私たちが混乱し、混乱し、真実がどこにあるのかわからなくなるようにする目的なのです。

Jan Jekielek 0:38

そして、なぜ共産主義政権はスピリチュアリティに脅威を感じるのでしょうか。

Maajid Nawaz 0:43

精神的な拠り所がなければ、そこには空白が生じ、その空白は国家によって埋められるのです。そして、あなたの道徳は、国家によって定義されるのです。


Jan Jekielek 0:53

こちらはアメリカの思想家、Jan Jekielekです。さて、カナダでは何が起こったと思いますか?つまり、この緊急事態法が発動され、集中的な目的のために、一部の人々は、それが設置されている間、しばらく続くかもしれないとさえ予想していました。そうです。

そして、このトラック運転手の運動は、実はトラック運転手だけでなく、トラック運転手がトランプの国境措置に反対したことから始まっているんです。その直後に、あるいは少なくとも、ここでは強い相関関係、因果関係ではないかもしれませんが。

でもですね、多くの地方で。サスカチュワン州とアルバータ州はすぐに義務化をやめると決め、イギリスはその直後、すべてオープンになりましたね。少なくともイギリスはそうですね。そして、率直に言って、多くの州で、また、率直に言って、アメリカではトラック運転手の運動が始まりました。同じように、私たちが話している間にも、多くの変化が起きています。そうです。

つまり、私はこの全体像を見て、トラック運転手は実際にここでヒーローに大きな影響を与えたという論文を書きましたね?ええ、もちろん、そのために苦しみました。少なくともカナダ人は、カナダ人はオタワに乗り込みました。だから、私は

Maajid Nawaz 2:15

トルドー首相と、彼の政権党に所属するさまざまな盟友は、手を広げすぎたと思います。トラック運転手や人々の力を過小評価していたのです。トラック運転手たちのパワーと人々のパワーを過小評価していました。だから、あなたがおっしゃるように、緊急事態法を延長した直後に、突然の崩壊が起こり、彼はそこから退却してすべてを中止したと私は考えています。

しかし、それは彼にとって持続不可能なことでした。だからといって、中央銀行とデジタル通貨の導入をめぐる闘争は、彼らがそれを推し進め続けることを意味しません。そして、私たちが持っている唯一の選択肢である紙幣は、その部分をコントロールできないため、退場していくことになると思います。

そこで、あなたも同意すると思いますが、紙幣は消えていくでしょう。いつかは分かりませんが、いずれは、そしておそらくすぐにでも、紙幣はなくなります。

唯一の問題は、中央銀行に対抗するものが出てくるかどうかです。暗号化されたデジタル通貨はどうでしょうか?それとも、私たちは皆、中央銀行のバウチャーシステムに縛られるのでしょうか?もしそうだとしたら、次の話題になるであろうそのシステムの中で、私たちはどうやってプライバシーと権利を守るのでしょうか?

Jan Jekielek 3:20

少し前に、世界銀行の米国側担当者であるEric Bethelを番組に招いたんです。今、彼は、ある種のデジタル通貨が将来的にそうなると考えていて、それを避けて通ることはできません。そこで、彼は一連の原則を考え出し、それをKhattar原則と呼んでいます。もちろん、多くの人はこの原則に署名したくはないでしょうが。

しかし、私がいつも疑問に思うのは、こういうシステムを考案しようとすると、必ず権威主義的な衝動に駆られる人たちがいて、そういう人たちはいつも方法を見つけてしまうということです。アメリカの制度は、私がこの3年間かけて発見したことですが、非効率的で、そういう衝動に駆られた人たちに様々な問題を引き起こすような、非常に特別な構造になっていますね。

つまり、あらゆるものが、最近、特に、かなり長い間、投げつけられているのです。それはとても魅力的なことです。さて、あなたは

Maajid Nawaz 4:41

最近、民主的で開かれた社会を疑問視する人たちがいます。つまり、知識人ですね。そろそろ中国のモデルを真似して、もう少し権威的になってもいいのではないかと考えているのです。しかし、多くの人々は、そのようなことはまったく考えていません。つまり、あなたは東欧の家族の歴史と全体主義について個人的な経験を持っています。

この制度があることがどれだけ幸運なことか、彼らには分からないのです。イギリスでも、多くのアメリカ人がこの話を聞いて驚くと断言します。私たちのシステムには、建築と同じように中世の要素が残っています。しかし、政治制度においては、上院に相当する第二院は、トニー・ブレアのもとで、今日まで選挙によって選ばれています。ここで問題が発生しました。彼は自分が進歩的な政治家であることを自覚していました。

しかし、立法を1年遅らせることしかできないので、現状はそうなっているのです。もちろん、問題は、選挙で選ばれていない第二院があるため、下院と呼ばれる議会がこの権力を持つことになることです。

つまり、選挙で選ばれた下院(コモンズ)に反対する民主的な権能を持っていないのです。そのため、立法を1年間遅らせることができるだけです。人々は、「そもそもあなた方は選挙で選ばれたわけでもない。あなた方はそもそも選挙で選ばれたわけでもないのに、なぜ何かを遅らせる権利があるのか」と。

しかし、これは、ボリス・ジョンソンのように下院で多数派を占め、現在80議席を占めている場合、その多数派の規模を考えると、何でも通すことができることを意味します。さて、私たちがここにいる間に イギリスでは、他の法案も可決されました。

法律で拒否された取り締まり強化法案ですが、やはり1年間しか阻止できないので、下院で再び可決されました。この法案は、うるさければ抗議を禁止しようとするものです。そうです。抗議活動のポイントは、シンプルにすることです。

Jan Jekielek 6:30

これはこれは、トラック運転手のクラクションの鳴らしすぎが問題でしたね。 率直に言って、クラクションが多すぎました。

Maajid Nawaz 6:36

そうそう、そうなんです。そうなんです。しかし、これは正しいことで、今ではローボールになっています。つまり、私たちが抱えている問題は、下馬評を確認できていないことなんです。

私たちと上部議会は、私が言ったように、選挙で選ばれていません。もちろん、この上院議会にどのように任命されるかは、英国では、これは適切な新聞に掲載される適切な記事であるらしいということの周辺にある時間です。しかし、そうではありません。つまり、300万ポンドがおよそ16人から保守党に寄付されたと報道されたので、それを言います。その全員が党の議長になりました。

そして、250万ポンドを寄付した後、最後の50万ポンドを寄付したとき、彼らは貴族院に任命されました。全部腐敗していますよね?選挙ではなく、任命によるのであれば、どうやってその任を得るか考えてみてください。誰の手のひらの上で学位を取得したのでしょうか。だから私は、専制政治でもない、と言っているのです。そうでしょう?全体主義国家でもありません。

これはイギリスの議会の母親の話です。そうです。アメリカ人はとても幸運です。この非効率的なシステム、三権分立によってフロリダ、テネシー、テキサスは好きなようにできるし、カリフォルニア、ニューヨークは好きなようにできる。それが民主主義です。

私はカリフォルニアとニューヨークがやったことに賛成ではありません。憲法は、言論の自由をはじめ、憲法が保障するすべての権利を保障しています。不可能ではありませんが、非常に困難なことです。一方、イギリスにはそのような保護がありません。

だから、若い人たち、通常は民主主義に疑問を持つシリコンバレー系の人たちが、民主主義に公然と疑問を持ち、より効率的で技術的な中国モデルを公然と提唱していると同時に、唯一面白いのは、彼らが特権についてたくさん話しているという皮肉が見えるということです。

例えば職場の白人の特権について言えば、彼らはそのことをよく話します。自分たちがいかに特権的で、民主主義に疑問を持ち、中国で実施されているテクノクラート的専制政治のような考えを擁護する能力を持っているかに気づいていないのです。

つまり、これは正直に言って、典型的な例というか、その種のシステムで何が起こるかを知っていればの話なのですが。一人の人間に大きな権力を与えれば、良いことしか起こらないと信じる特権は、人生の暗黒面を見たことがない人が擁護するような甘さなのです。

人生の暗黒面を見たことがあると思うのは、車の中で自動的に接触事故を起こし、誰かが出てきて、運転がおかしかったから殴ると脅したことがあるからです。そして、それはすべて困難な人生なのです。信じられない。

Jan Jekielek 9:25

率直に言って、理解しがたいことですが、そしてこれはですね、その通りです、正しいんです。

私の家族は共産主義のポーランドから来たのですが、ある時期、事実上逃亡していました。しかし、ポーランドでは、率直に言って、中国やソビエト連邦と比べれば、多くの点でかなり軽い共産主義だったと言えるでしょう。

私の家族は、ソ連側とナチス・ドイツ側の両方で何が起こったか知っています。自由な社会で育った私は、こうした話を知っていたのですが、中国の政権に苦しめられた人々と実際に仕事を始めてから、すべてが理解できるようになったのです。

ああ、そうか。私は、あなたが想像するのが非常に難しいことを必要としないことを理解しました。私たちは歴史上最も自由な社会に生きているはずです。そうですね 常に肩越しに見られるような社会が どんなものか想像するのは 難しいですね 率直に言って、私たちの多くは、それがどのようなものかを理解し始めていると思います。

Maajid Nawaz 10:24

ええ、でも歴史上最も自由な社会が、少なくとも物質的な尺度では最も成功した社会の1つであることは偶然ではありません。私はこれは偶然ではないと思います。精神性や宗教的共同体を探求する自由が認められていることは、開かれた民主主義社会にとって非常に重要であり、だからこそ保護され続けているのだと思います。

なぜそれが重要なのか、考えてみてください。共産主義社会では、唯物論は教義であり、真実など存在しない、すべては相対的であり、自分も価値も道徳もすべて社会と状況の産物であるという考え方に立ち返ります。したがって、その状況を定義することができれば、道徳を見出すことができる、それが唯物論なのです。

そして共産主義は唯物論の教義の上に成り立っています。さて、そんなわけで、全体主義国家はあらゆる共同体、特に共同体を軽蔑します。また、国家の外に道徳的な階層が存在できると信じている個人もいます。全体主義国家は、道徳の始まりと終わりになりたがっているのです。

国家から独立した道徳的階層があるということは、自分自身の道徳心を持つということです。宗教的な文脈で言えば、赤線があるということです。正式な宗教である必要はなく、スピリチュアルでも仏教でもいいし、厳格な原理主義である必要もないでしょう?スピリチュアルな信念とでも言いましょうか。

さて、もしあなたがより高い力と主権的な関係、つまりスピリチュアルな関係を持っているならば、それは宗教用語でいうところの神との主権的な関係ですよね?つまり、あなたの道徳観や人生観には 国家の支配を受けない要素があるのです。

つまり、国家は道徳の観点からそれらの要素を形作ることはできません つまり、国家はあなたの現実を形作ることはできません。あなたは世界をどう見るかについて 独立した情報源を持っているのです。だから、中国のような全体主義国家は、大きくなるコミュニティを嫌うのです。チベット人や中国のキリスト教徒を大量虐殺し、彼らを脅かしているのです。

宗教は大衆のアヘンであるというフレーズで共産主義が宣戦布告したのは、この道徳的ヒエラルキーがあらゆる欠点を抱えているからです。そこには欠点もあります。でも原理的には、国家の外で自分自身の道徳観を持って存在できるという考えに脅威を感じないのです。なぜなら、実は唯物論的な教義だけが道徳を定義していると信じているからです。そして、その現実がどうあるべきかを選択するのは国家なのです。

このような背景から、アメリカに話を戻します。アメリカには、憲法で定められた三権分立の開かれた民主主義社会がありますが、COVID義務化の間に、歴史上初めて 組織的かつ世界的な市民の自由の乱用を目にするようになり、多くの宗教団体が、真っ先にこの義務化に反対しました。

彼らは、すでに精神的、神、霊的存在と主権的関係を結んでいる領域に、国家が口を出すことの危険性をすぐに察知したからです。カナダで何度も逮捕された牧師もそうですし、イギリスのモスクにいるイスラム教徒のコミュニティもそうでした。

それがない人たちは 宗教があった場所に国家が介入することで、空白と真空が埋められるのです。歴史上、ソ連に対抗するために宗教が果たした役割について考えてみると、特に教会がその一端を担っていることが分かります。だからこそ、開放的で民主的な社会では、その不完全さゆえに、宗教の多元性が強みになると思うのです。このような理由からですよね?

宗教の多様性が強みになるのは、教義や精神性、文化に多様性があればあるほど、国家が独占することが難しくなるからです。国家が独占しにくいということは、国家が権威主義になりにくいということです。これが、三権分立を採用しているアメリカならではの特徴です。多様性が強みであることを掴みきれないのでしょう。

Jan Jekielek 14:51

私は、「パブリック・プライベート・パートナーシップ」と呼ばれる、国家や医療機関の崩壊のようなものについて考えていました。そして、大手ハイテク企業や製薬会社、ビッグファーマが、特定のシナリオを押し進め、最終的に多くのセンサーを作ることはありませんでした。その科学に基づいているのは、全く別のものなのです。あなたが描いている絵と、この絵はどう関係があるのでしょうか?そうですね。

Maajid Nawaz 15:30

国家があなたの道徳を定義しようとするという考えに戻ると、そのためには様々なツールが必要です。共産主義とは対照的に、ファシズムを見ると、その違いは、共産主義者は生産手段を押収し、国家がそのすべてを所有することを望みますが、ファシズムは、あなたが話したようなパートナーシップで、ファシズムのより良い言葉のようなものです。

しかし、国家が生産手段を押収するのではなく、利潤追求のために、企業と提携し始めるのです。そして、それがCOVIDのもとで起こり始めたことを私たちは目撃しているのです。時代です。巨大で強力な、地球上で最も裕福な企業のいくつか、大きなハイテク企業、大きな製薬会社、ファイザー、でしょう?

歴史上最大の犯罪罰金を支払ったのは誰かと調べると、ファイザーとグラクソ・スミスクラインという2つの大手製薬会社がヒットします。これらの会社が違反トラッカーであるという前提で、ウェブサイトにアクセスすると、詐欺による罰金をすべてリストアップしています。これらの企業は、あなたの利益のために存在するという前提で、本当に疑問を持たなければならないものです。

彼らは利益のために存在し、あなたは、製品であるあなたは、利益の目的のために搾取される必要があるものです。国家が、このような企業と提携を始めたとき、私は、COVIDの委任期間中、特に、アメリカでもイギリスでも、国家はもはや国民のために奉仕していない、という見解を示しました。

むしろ、利益を最大化するために、既得権益者に奉仕しているのです。それがファシズムです。ムッソリーニがそうでした。そして、利益を最大化する目的のために産業を利用することで、ある目標を達成することができるのです。その過程で、人々は単なる歯車となり、個人はもはや重要ではなくなります。これは非常に危険なことです。

そしてまた、精神的な基盤を持たなければ、そこには空洞が生じ、その空洞は国家によって埋められることになります。そして、あなたの道徳は、国家によって定義されるようになります。国家が言う目的、つまり利益を最大化するための商品として存在することに反対する心理的能力はありません。

国家が設定した目的以外に、あなたが熱望するものは何もないのですから。だからこそ、国家という文脈の外側に存在する、より高い志を持つことが重要なのです。

しかし、あなたの質問に対する短い答えとして、それはファシズムです。そしてそれは、残念ながら私たちが危うく近づいたと思うものなのです。

Jan Jekielek 18:16

私にとって本当に興味深いのは、この戦争、ロシアとウクライナの戦争を例に挙げようと思います。私は地方出身なので、ポーランドのような存在です。

私は鋭敏で、ロシアの脅威を本質的に認識しているようなところがあります。率直に言って、反対側のドイツは、ロシアの周辺にあるすべての国、自由な国は、何度も転がされ、ある種の脅威を感じているのです。ですから、私はウクライナの人たちをとても応援しています。

このようなことが起こっている背景には、同じ俳優、同じ企業メディア、同じツイッターアカウントが、例えば「ブラック・ライブズ・マター」以前は、早くから宣伝していたような気がしています。

Maajid Nawaz 19:32

対テロ戦争、最初はイラク侵攻 、ええ、面白い、 同じ群衆、それからブラック・ライブズ・マター、 COVIDの義務化、 同じ群衆、

Jan Jekielek 19:42

つまり、いろいろと そして、このような、ほぼ全員一致の認識があるのです。このような正しいシナリオに従わなければならないのです。

率直に言って、ここでもう少しコメントしたいのですが、私は自分の判断が鈍っていることに気づきました。なぜなら、同じアクターが、基本的に、感覚的に一致したこの特定の立場を押し付けているのを見たからです。

メディアや信頼される組織が真実を追求することから、ジャーナリズムが本来あるべき姿である物語を作り、物語を強化することに切り替えることの代償は何なのか考えてみました。そして、私は、これが私の反省点なのです。

Maajid Nawaz 20:39

このインタビューの冒頭であなたが引用した、「もし現実を定義できなくなったら、誰を信用していいかわからなくなります」という言葉について、あなたはまさにそのケーススタディとしてまとめていますね。

真実がどこにあるか分からないのに、どうやって専制政治に反対し、どうやって政府の責任を追及するのですか?それが目的です。私たちが混乱し、混乱し、真実がどこにあるのかわからなくなるようにです。

つまり、どのようなトピックに対しても、自分がどこに立っているのかがわからないのです。専制政治にどう対抗するのでしょうか。真実がどこにあるのか分からないのに、どうやって政府の責任を追及するのでしょう?それが目的です。

私たちは皆、混乱し、混乱し、真実がどこにあるのか分からなくなります。天才ジョージ・オーウェルは、1984年で、なぜそれが専制政治に役立つかを完璧に証明しています。『1984年』の中で彼が使った例ですが、ニュースは日替わりで変わります。

昨日の見出しと今日の見出しが正反対で、誰もがそれを信じなければならないのです。だから、自分の足元には何の根拠もないんです。泥沼です。しっかり立つことができません。だから、政府の言動について責任を問う根拠がないんです。

なぜなら、昨日までの彼らの言動はすべて、 今日はその逆をやってないって言うんでしょうかから。じゃあ、どうやって嘘をついたと言うんでしょうか?「こんなこと言ってはダメだ。今、こう言ってるんだ。しかし、昨日はそう言っただろう?いや、見てない、変わっただけだ。」

このウクライナの状況は、イスラム圏から見ると典型的なケースです。ボスニアで行われた大虐殺にしろ、武器禁輸にしろ、ロシア人がセルビア人に対して行ったことでした、ええ。ボスニアのイスラム教徒は自分たちで武装することができませんでした。

その前はアフガニスタンです。ソ連がアフガニスタンに侵攻しました。私の家族はパキスタン人です。地域全体を混乱させました。そしてテロとの戦いになった あとは歴史の流れでしょう?ロシアを憎む感情的な理由があります。ポーランドの遺産を受け継ぐ人々と同じようにです。

ロシアを激しく憎む感情的な理由があります。私の人生の軌跡は、ボスニアの大虐殺とロシア人がセルビア人を暖めることに影響されたんです。だから、あらゆる内臓の感情、感情的な理由を持っているんです。私はそれが嫌いです。

しかし、面白いのは、現在のメディアのシナリオがそれを当てにしていることです。さて、何が起こっているのか理解できるようになる必要があるとすれば、まず念頭に置かなければならないのは、外交政策は今や二次元のものであるということ、決して二次元のものではありません、イラクでの失敗からそれを学ぶべきだということです。

プーチンがウクライナに侵攻するのは間違っています。ウクライナにはドイツに供給するガスパイプラインがあることも知っているわけで、何かもう少し複雑な事情があるのでしょう。また 2014年にウクライナで蜂起があったことも知っています。

以前は親ロシア派だった政府が、そのマイディン蜂起で、親米派に転向したことも知っています。そして 2014年以前の政府はEUから正式に離脱し、ロシアに傾いていたため 2014年以降の新政府はNATOへの加盟を望んでいるのです。ですから、感情的な視点ではなく、分析的な視点からこの問題を見ることができます。

プーチンがウクライナに侵攻したのも間違っています。しかし、私があなたとチェスのゲームで対戦する場合、ウクライナを侵略するのは間違っているとあなたに言っていても、私はチェスのゲームをしているだけです。あなたに勝つためにはあなたの戦略を理解する必要があるのです。

チェスというゲームの文脈では、あなたが次の一手や戦略をメモしているとしたら、今日起きたことは、私がそのメモを見て、「あのね、そんなの見る必要ないよ」と言ったのと同じことなんです。そして、私は知らないふりをするつもりです。あなたが私をどのようにプレーするつもりなのか、興味はありません。

私はまだ勝てると思っています。実際、私はあれを見て、あなたがどのようにあなたを打ち負かそうとしているのかを理解することができました。そもそも何の関係もないロシア国民を追い出したんです。このシナリオのコントロールを強化し、反対の声を一切禁止するような行動はどこにあったんですか?むしろ相手の行動を知ることで、そのチェスゲームで相手を打ち負かすことができるのです。

Jan Jekielek 24:13

ここで、戦争における問題です。つまり、情報戦は、実は戦争において非常に重要な部分なのです。そうです、その通りです。その通りです。それぞれの側が常に効果的なプロパガンダを望んでいます。そうですね 。ウクライナ寄りのシナリオを見ると、明らかに戦争プロパガンダですよね。

私はそれを理解しています。この場合、敵側、つまり侵略者のプロパガンダを検閲したくなる気持ちも分かります。同時に、私は、率直に言って、これまで使われてきたのと全く同じシステムが、さらに国内で、つまり政治的な目的のために使われることを恐れているのです。これこそが、あなたのような右派の挑戦なのです。私は本当に言論の自由を絶対視しているのでしょうか?そう思っていたのですが、もう少し時間をください。

Maajid Nawaz 25:08

ですから、それは使われています。そして誰も使わなくなるでしょう。なぜなら、私たちは知っているだけでなく、我々はここでロシアの物語を見ていないように言われているからです。そうです。ウクライナ側のプロパガンダのシナリオを読まされていることも分かっているのです。

戦争で最初に犠牲になるのは真実だという考え方は、以前はうまくいっていたんです。戦争に勝つためにはプロパガンダが必要だという考え方は、中央集権的なメディアの世界でだけ通用するものです。

今の問題は、その世界にいると思い込んでいる人たちが、ショーを運営していることです。そして真実は、ゼレンスキーが迷彩服を着て最前線にいなかったこと、1年前の写真を持っていることが、あっという間に露呈してしまいました。ええ、そうです。数日かかったんです。それでキエフの幽霊とかいうのは全部間違っていた、嘘だったんです。

で、我々の問題は、それが何をもたらすか?そうだ イラク戦争の頃と同じように、7、8、9年かかっても、このようなことが起きないと思っている人たちが、ショーを運営しているんです。しかし、今回は2日で終わりました。

そのことが示すのは、今はこの分散型シナリオの中にいるので、古いルールはもう適用できません、あるいは調整をせず、古いルールや規則でまだ遊んでいる、という彼らです。

そして、彼らが実際に行っているのは、自分たちは良いことをしていると思い込んでいることなのです。いいですか、これは決して意図の問題ではないんです。関係ありません。彼らが悪人だとは言いたくないんです。彼らは善いことをしてると思っています。

しかし、地獄への道は善意で舗装されているのは知っていますよね。そう、彼らは自分たちが良いことをしていると思っているのです。でもその結果、人々は制度を信じなくなり メディアを信じなくなりました。信頼はかつてないほど低くなり、民主主義を信頼しなくなると、どうなるでしょうか?そうでしょう?

これが問題で、システムを信頼しない場合、人々は終わるのです。16歳の時の私のように、権威主義を標榜する過激派組織に勧誘されるのです。

つまり、信頼を損ねることで被害を受けているわけです。彼らはそれに気づいていません。なぜなら、彼らはまだ古い世界から抜け出せず、中央集権的な物語の世界にいて、自分たちがまだ支配していると考えているからです。その解決策として、彼らは権力を手放す必要があります。

デジタルネイティブの世代は、物語は分散化されているという考えで育ってきており、複数の視点を見ることができ、同時に2つの考えを頭に浮かべることができ、それでもそれを乗り越えて良いことをすることができるのです。

権力を放棄して、その世代を前に出させる必要があるのです。そして、これが問題の一部なのです。私はこれを「団塊の世代問題」と呼んでいますが、どんな言葉でもかまいません。ブレットの弟のエリック・ワインスタインのような友人もいますよ。

彼は「団塊の世代は身を引く必要がある」と言っています。70代、80代の人たちが権力を握っているのです。誰がこのショーを運営しているのか考えてみてください。つまり、彼らはペロシ・セイジであり、バイデンの年齢なんです。そうでしょう?ソロスと同じ年齢です。

そして、私も年寄りだと思います、そうでしょう?だって、携帯電話ができる前の時代を覚えているんですから。明日会いたいなら、その場で待ち合わせ場所を決めないといけない時代もありました。もし、あなたが来なかったら、15分待って、次の場所に行くんです。

そして、私がどこに行ったか当てなければならない?そして、あなたは私を見つけることができます……あなたがない場合は、運がいい?まあ、彼は立ち往生しました。

私は 15歳の時、初めて携帯電話を手にしました。YouTubeもTwitterもFacebookも携帯電話もない時代に社会勉強をしたわけです。

私は年寄りです。44歳ですが。ペロシやバイデンやソロスは70代や80代です。キエフの亡霊のような馬鹿げた話を持ち出して、人々が理解すると思うのは無理です。すべてを台無しにしてしまうのです。そして最も重要なことは、システムに対する信頼を損なうことです。

Jan Jekielek 28:34

公平です。その通りです。同時に、この何年かの間に私が気づいたことの1つは、国民の一部に、それがごく一部であるとは思わないけれども、そういう人がいるようだということです。メガホンの言うことは何でも信じるということです。

私は、これは非常に不愉快なことだと思います。繰り返しますが、私は、メガホンに耳を傾ける人たちや、言葉は悪いですが、メガホンに乗ってしまう人たちを批判しているのではありません。

ナッジ・ユニットというのがあって、これはイギリスの言葉かもしれませんが、政府の中で動いている人たちがいます。このような機関が、人々を特定の方向に向かわせるために、事実上の心理作戦を展開しているのです。このことは、ローラ・ドスワースがもうすぐ番組に登場するのですが、暴露されています。

この作戦に参加したイギリスの人たちは、自分たちがやったことを見て、恐怖心というものについて少し行き過ぎたのではないかと思ったようです。

私が言いたいのは、人々が古いものの見方に固執しているというような単純な話ではありません、ということです。SIOPのツールを使えば、人口のかなりの部分に深い影響を与えることができると気づいた人たちもいると思いますし、それで十分なのかもしれません。

Maajid Nawaz 29:56

ヒトラーが使った戦時中のプロパガンダです。メッセージングによるプロパガンダ、心理的虐待は、全体主義政府が常に行ってきたことです。その共通シナリオに疑問を呈すると、ガス抜きされ、精神衛生上の問題を抱えることになります。それが全体主義政権のやり方なんです。

つまり、これは古いやり方ですが、現代の技術に適応しているのです。英国では、SPI-Bと呼ばれる政府のユニットで、これは口語ではナッジ・ユニットと呼ばれていますが、科学的なパンデミック・インフルエンザの行動におけるパンデミックは、Bパート・ユニットなのです。

そして、モデリング・ユニットというスパイEmがいました。モデリングについて、それがいかに悪いものであったかを私たちは知っています。しかし、ローラ・ゴールズワースは、ナチズムについて行われたように、これについても素晴らしい仕事をしています。

この件に関して、私は言葉を濁すことはありません。COVID指令の期間中、政府はメッセージングによって人々を操るために心理学を乱用しました。そして それは恐怖のポイントでした そしてそれは心理学のすべての倫理に反しています。

私たちはそれを立証しました。第二次世界大戦を始めたので、これは間違っていると分かっていましたが、実行されました。

ところで、今、関わった人々がコラムを書いています。例えば、チームの創設者の重要人物の一人で、UnHerdというイギリスのウェブプラットフォームのニュースプラットフォーム、コメントプラットフォームを見てみると、彼はコラムを書いていて、我々はやり過ぎた、間違っていたと書いています。それは、捕まったからです。それはまた別の話です。

しかし、うーん、大多数の人はこの点ではリーダーではありません、というのは正しい。今、あなたが気づいたことは、それが本当に意味することは、あなたの言う通り、もう一度言いますが、あなたが見下しているわけではないと言ってくれてありがとうございます。

本当に意味するのは、あなたにはリーダーシップの特徴があるということです。ですから、人間の性質として、ある人はリーダーシップの特質を持ち、ある人はその特質に興味を持つということが分かっています。もう一つ重要なことは、ほとんどの人は、こうした出来事を研究し、意見をまとめるような特権や贅沢はないということです。

なぜなら、彼らは最低賃金で働いているからです。食卓に食べ物を並べるのが精一杯なのです。だから、勉強するような特権はないんです。だから、信頼できる声に自分の考えをアウトソースするのです。

しかし、だからこそ、信頼できる声をコントロールすることがとても重要になります。COVIDの委任期間中に起こったことは、人々が思考を委託し、信頼しているメディアの声が、彼ら自身がナッジ・ユニットによって共同選択されたために、彼らを惑わすということでした。さて、それに対する解決策は?

Maajid Nawaz 32:25

Tシャツに愛を選べと書いてあるのを見たことがあると思いますが、これは本当に深いもので、人々が思っているようなものではありません。この会話の文脈の中で、実は深い意味があるのです。

もしあなたが、物語を超越するために、そして、それらを上から見て、気づき、青空の視点から見る能力を持っているのなら。それが、私が言っているリーダーシップの特徴です。その能力があれば、あとは、青い鳥の目線で人が見ていないものを見るから、人がついてくるということを今知っているという選択もあります。

しかし、彼は視点を持っています。ですから、あなたは権力のある立場にあり、彼らを操って良いことをすることも、悪いことをすることもできるのです。そこで、このフレーズを考えてみてください、愛を選択するのです。

この点については、ローラは素晴らしいですね。もしあなたがその立場にいて、IQではなく、マズローの欲求階層によって、あなたが到達する特権を得た真実を追求する余裕のない大衆を惑わすことがいかに簡単かわかるなら、その立場では、善を行うか、積極的に愛を選び、人を傷つけないことを選ぶことができるのです。

あるいは、相手の心理を操作して利益を実現することで、国家の目的を追求することもできるのです。それが、choose loveのChooseの部分です。だから、国家の外に道徳的なヒエラルキーがあって、その中でナビゲートする強さ、道徳的勇気、内的な道徳的コンパスを持たなければならないのです。

なぜなら、国家のあらゆる手段を用いて人々をある方向に押しやることのできる権力のレベルは、ポップな例えに戻ると、とても魅力的だからです。スターウォーズで、ダークサイドについて語られるのは、それを弄んではいけない、ダークサイドとはそういうものだから、それは美しい注釈です。ポピュラー・フィクションは、それは美しい解説です。

ジェダイの考え方は、言葉によって操ることができるということですからね。オビ=ワン・ケノービのシーンを思い出してください。

彼らは、犬の警告がなかったことを通して、あなたを操ることができます。その中で愛を選ぶというのは、たとえ力があっても人を傷つけないという道徳的な選択を積極的にしなければならない、ということです。そしてそれは、私が去るときに経験しなければならなかったプロセスであり、何が正しいかということなのです。

残念ながら、政府は正しい方法でそのような選択をするのが得意ではありません。なぜなら、政府には、精神的な大国との主権的な関係というのは、非常に個人的で親密な道徳的な関係ではありません。政府には、政府は機械であり、目的を達成するために存在するという考えがあります。だから、政府にとってはとても簡単なことなのです。

実際、政府がそれ以外のことをするのは不可能です。なぜなら、政府は目的指向で効率を追求する組織なので、目的を達成しようとします。だから、違法でも、表向きは合法でも、あらゆる手段を使って目的を達成しようとします。そのため、大きな政府を作るのは良くないと考えるようになります。

だから、大きな政府は良い考えではないかもしれない、実は、人に害を与えるかもしれない、という認識に至るのです。なぜなら、その機械は怪物を育てるだけで、餌をやればやるほど大きくなるからです。

このような制度は、結局は、正午の闇、キャッチ22,ジョセフ・ヘラー、コスラ社の正午の闇、収容所群島などのような話と同じようなものだと思います。

これらの本のアイデアは、獣が大きくなりすぎるとどうなるか、リヴァイアサンの中でどう迷うかを教えてくれます。だから私は、大きな政府は良くない、本当に必要なのはその力を制限して封じ込めることだという結論に達しました。

そして、地域社会、強い倫理観を持った地域社会のリーダーが必要です。そして、より高い道徳的階層と関係を持ち、政府に頼るのではなく、人々を良い方向に導くことができる個人が必要です。

ここに来る途中、JFKの言葉を引用しましたが、もう一度言いますが、この文脈では、国があなたのために何をしてくれるかではありません。

しかし、あなたが国のためにできることは何でしょうか?これは、政府があなたのために何ができるかを忘れてしまっているということなのでしょうか?あなたは国のために何ができるのでしょうか?

そして、コミュニティーの中で、個人として、コミュニティーとして、どのように良いことをし、物事を良くしていくことができるでしょうか?そのような文脈の中で、愛を選択することは、Tシャツに書かれたコーニス的なフレーズではなく、政治哲学なのです。

Jan Jekielek 36:37

もう一つ、私が考えていたのは、やはりこの考え方に戻るのですが、大きな物語を押し進める、常に存在する物語、つまり物語の補強ということなのです。表向きは正当な理由があるにせよ、これに関わる人々はどれほどのものなのだろうかと、ずっと考えていました。活動家ジャーナリズムについて聞いたことがありますね?真実の追求から脱却し、維持すべき物語があることを知ったのです。

そして、それがジャーナリストに課せられた使命であり、しばしば、真実とは言い難い、あるいは全く真実でないものを選ぶかもしれない でも、それがシナリオに合っています。悪循環に陥る可能性があるのです。このような効果はありません。

このシステムの中にいる人たちは、エコーチェンバーとでも言うのでしょうか、まさにその通りです。たとえそれが、外の誰かが知っているような立派な嘘から始まったとしてもね。そうですね あるいは

Maajid Nawaz 37:54

そう、それはいつも高貴な光から始まるのですね。そして、最後は悪で終わる。しかし、人は予想通りというのはすごいですね、本当に。しかし、人はマトリックスで裁判所を見ることができる。

そして面白いのは、彼らは反抗をフェティッシュ化し、個人の思考をフェティッシュ化し、反抗者であることをフェティッシュ化することです。だから、同じ人々がロジャー・ウォーターズやピンク・フロイドのレンガを聴くことになるのです。そう、教育なんていらないんです。その同じ人たちが、政府機関で働きながら、批判的人種理論を押し通そうとしながら、その音楽を聴いているんです。

つまり、彼らは自分が崇拝しているメッセージを生きているのではなく、それをフェティッシュ化しているんです。それは、彼らがそうでありたいという幻想を持っていて、自分はそうではないことを知っているということです。同時に、疑問を持っている人を見ると、不安が襲ってくる。そして、その人を憎み始めるんです。自分が反抗者ではないこと、自分がやっていることを自分の頭で考えていないことがわかるからです。

彼らは楽な道を選んでいるんです。政府機関の中にいる人たちのことだけを考えて、それが自分たちの仕事だと知っているのです。そのために、このような内輪もめが起こってしまうのです。

こういうことを指摘すると、嘲笑されるのは本当に残念なことで、全体主義がやることです。共産主義体制に疑問を持つ人のことを考えると、ナチズムの下でも、ソ連でも、中国でも同じことが起こりましたね。

今、疑問を抱いている人は、精神衛生上の問題を抱えていると見なされ、イスラム教徒だから再教育キャンプに入れなければならないのです。多様性を祝い、人々が異なる考えを持つという事実を受け入れるのではなく、問題があるのは彼らなのです。

では、このような状況に陥ったとき、どのように打開すればいいのでしょうか?それにはショックが必要です。私たちが訓練してきたメッセージの中には、ショックこそが人々を目覚めさせるというものがあります。ですから、このCOVIDの件は大きなショックで、それまでおそらくCOVID以前よりもずっとまどろんでいた多くの人々を目覚めさせました。

そして、以前は存在しなかったこの種の会話に、幅広い聴衆がいることがわかりました。それはいいことです。それはいいことです。私は楽観的です。

s30年戦争のような、本当に大変な時期がやってくると思いますが、いずれはその反対側に行き、より良い状態になることを望んでいますし、人類はそこから学んでいるはずです。

Jan Jekielek 40:21

私が印象に残っていることの1つは、すべてを支配する技術的エリートが存在し、それがうまくいくという考えです。そのようなモデルが失敗したことを示す、これ以上の証拠はないでしょう。少なくとも、それを見ようとする人にとっては、信じられないようなことが何度も起こっているのです。ですから

Maajid Nawaz 40:50

私が今、大きな政府はそうではないかもしれないと言うとき、あなたはそれを理解し、それを見て、それは受容の耳に落ちるのですか?なぜなら、突然、ああ、そうだ、政府が私たちに何をしようとしたのか見たんだ、となるからです。それが衝撃で、衝撃が人を目覚めさせるんです。

私たちが特権社会と言うのは、このような衝撃を与えて、人々が自分がもろい存在であること、弱い存在であることを認識させることを意味しているのだと思います。そして、弱さを感じたとき、「これが人間の本質だ」と思うようになるのです。

Jan Jekielek 41:15

自由は自由でないということです。ええ、その通りです。その部分です。私たちは忘れてしまったようです。

Maajid Nawaz 41:21

そうですね 。そうです。私たちは時々、自分の思い込みを疑い始めるために、その脆弱性を感じる必要があるのです。そうすれば、思い込みから脱却して解決し始めることができるのです。

Jan Jekielek 41:34

あなたはこの10年の大半を反過激派組織で働き、この目的のために組織を作ったのだと考えざるを得ません。しかし今、あなたは店を閉め、他のことに移っています。それは何なのでしょうか?そして、なぜ?そして、これは私たちが今話していることの一部なのでしょうか?

Maajid Nawaz 41:57

密接に関係しているのです。COVIDの期間中、私はQuilliamを撃墜しました。主に、ご想像の通り、非営利団体のために資金を調達するのは困難で、私たちは501, c 3であり、その他もろもろでした。もう一つは、ここ数十年の主要なテーマであった対テロ戦争が、政治的目的のためにこれらの思想を武器化しているのを見始めたからです。

先ほどもお話ししたように、私はそのようなことには関わりたくありませんでした。そして、この10年間の経験だけでなく、その前の10年間、彼の上司と一緒にいたときの経験も、こうした幅広いトピックに対応するために活用できるのでは、と気づいたのです。

というのも、実際にそのテーマは広がっていったからです。COVIDの指令は世界中に影響を及ぼしました。それは権威主義と自由をめぐる会話で、イスラム教の独裁主義、あるいは神権主義対自由という文脈で、イスラム社会の内部でミクロなレベルで行われていたものです。

同じように、世界的な規模でこのような会話をすることが必要でした。私にとっては自然な流れでした。というのも、この人はどうやって過激派対策組織から放送局になり、声高に批判するようになったのでしょう?COVIDの指令を声高に批判することで、世界の舞台で一定の成功を収め、頭角を現していますが、私にとっては至って自然なことです。

なぜなら、私がCOVID指令の中で見たものは、神権政治としてのイスラム教に反対するときに反対していた考え方、権威主義的な考え方とまったく同じだったからです。それは人間の本性です。

違うのは、語りの中で使われる言葉ですが、事実を特定するための語りさえも、私たちは以前にすべて行っています。ですから、私にとっては、こうしたパターンを見て、「ちょっと待てよ、何かおかしいぞ」と思うのは、ごく自然なことだったのです。

そして、イスラムの神権政治を放棄するために、家族、友人、船の輪、地位、自尊心など、多くのものを諦めたように、実は一貫していたのだと知ることができました。私は、開かれた民主主義社会を守るために、そのすべてをあきらめました。

開放的な民主主義社会を守るためにあきらめたものが、今攻撃を受けているのを見たんです。なぜすべてをあきらめたんでしょう?そもそも、あなた方が信じていないことなのに?それは私を巻いた?

Jan Jekielek 44:15

だから、それは大丈夫です。それは本当に興味深いです。それで、あなたは自分がイスラム主義から自由主義を受け入れるようになったことを知っていると思いますか?その種を、あなたは最初から信じていなかったと思いますか?それが今、私が掴んだことです。

あなたが言った、あの、民主主義に自由主義に言及して、あなたはあなたが最初にこれらのいくつかのことを信じていないように見えると思います。それはあなたが言ったフレーズです。そこで気になるのは、私たちが今見ているような非自由主義的な告発は、自由主義に内在するものだと思いますか、それとも外から来たものだと思いますか、ということです。

Maajid Nawaz 44:53

ということは、あなた方はそもそも信じていなかったということですね。つまり、それを弱体化させようとした権力者たちは、明らかに、私たちがその価値観を信じていない人たちが大勢いるのです。

そしてそれは、私たちがデモで結集したものです。でも私が個人的に思ったのは、この価値観のために全てを捧げてきたのに、その価値観を守るべき指導的立場にあった人たちに裏切られ、その価値観に加わるためにとんでもないものを捧げて、自分を巻き込んでしまったとしたら、あなたたち、私はこの価値観のために犠牲になってきたのに、それを攻撃しているのはあなたたちであって、私がかつて批判していた人たちではありません、ということです。

だから、僕はいつもわかりやすく言っています。その価値観を大切にする人たちと一緒にいたいと思ってきたんです。そうなんです。その価値観を攻撃していたのがイスラム教の神権主義者であれ、今回の義務教育であれ、実際にその価値観を攻撃していたのは国家なんです。

私は、この価値観こそが重要であると一貫して考えています。もし、イスラム側から、あるいは国家から攻撃されたとしても、私はその価値観を守るつもりです。ですから、COVIDの世界に飛び込むのは、私にとってシームレスな移行だったのです。

Jan Jekielek 45:51

自由主義、率直に言って世俗主義とは、実は手を取り合ってきたのですね。小市民的な自由主義ですね。しかし、あなたは、神とのつながりや精神的な要素の重要性について話していますね。つまり、もう一度言いますが、私がここで言いたいのは、これを生み出した本質的な問題があるとお考えですか?

指導者だけでなく、あらゆる人々が、ワクチン未接種の人々を中傷し、ロシア人を中傷しています。つまり、信じられないことなんです。イタリアでは、ダスティ・ネフスキーがコースから追放されそうになったとか、こういうことがあるんです。

Maajid Nawaz 46:35

その要素が欠けています。ではなぜ人々はできたのでしょう。なぜ人々は自分の価値観の利益に反するところでも 国家に従いたくなったのでしょう。それは精神性の欠如なのです。社会から精神的なつながりを取り上げると それがどのように侵食されてきたか 私たちは見てきました。

宗教的な信奉であろうとなかろうと 私が本当に気になるのは より高い目的のために信じる道徳的な階層があるかということですよね?もし、社会からそれを取り除いてしまったら、空白の時間ができてしまい、その空白を国家が埋めてしまうことになります。

そして、あなたの道徳的ヒエラルキーは国家になります。そうすると、国家が設定した道徳基準に盲目的に従うことになるんです。そこで私が気づいたことがあります。価値観だけでなく、その道徳的なヒエラルキーとのつながりを大切にすることの重要性にね。

この後、私の心の中に再び焦点が当てられたと思います。イスラム教のスーフィー派の先生にはシェファリという方がいらっしゃいます。私と友人のオスマンは、イスラム教徒の囚人の更生について、有罪判決を受けた高位テロリストと多くの仕事をしました。

指導の一環として、精神的なつながりを得ることで、強い倫理観と根拠を得ることができます。その価値観が攻撃されたとき、それでもなお、その仕事をするときに直面する熱風や寒風を乗り越える原動力となるものは何なのでしょう。

人々はあなたに敵意を抱き、様々な電話をかけ、契約を打ち切られ、法的な理由もありますが、私が言いたいのは、私はイギリスで最大の商業ラジオグループの番組を持っていましたが、契約を打ち切られました。だから、それを乗り越えるには、何らかのつながりが必要で、それが力を与えてくれます。それが、精神的な土台となる要素なんです。

私たちは、開かれた民主主義社会で見逃してきた、あるいは過小評価してきたのだと思います。だから、先ほど言ったように、精神的な強さを維持し、適切に評価し、保護する必要があるのです。瞑想の実践、健康、私たちのつながり、そして自分の内面に対する理解を促進する必要があります。

そして、世界との関係も。そして、改善するために常に内側を探し続けること。自分自身の失敗や他人の失敗から学び、より良いものを目指すのです。そのつながりが損なわれるのは、とても危険なことだと思います。反神教とでもいいましょうか、そういうのはとても危険です。

人が何を信じようが構わないというのとは対照的です。だから、それを信じてはいけないという考えこそ、反神教の問題だと言っているんです。そうなんです。だって、そうなると残るのは唯物論だけですからね。唯物論しか残っていないと、必然的に相対主義に行き着きます。そう考えると 唯物論は相対主義に行き着きます。なぜなら、唯物論は定義上、外的な道徳など存在しない、自分は100%自分の状況や環境の産物である、と述べているからです。

つまり、すべては相対的なものなのです。状況が変われば、人間であることの意味さえも変える必要があります。今、言われているように、トランスヒューマニズムでは、男であること、女であることの意味さえも、人間であることの意味さえも変える必要があります。

すべては議論のためのものです。そして、結局は何でも許される立場になるのです。権力者が「やってもいい」と言う限りはね。それが心配なんです。人生や人間であることの意味について、何らかの指針が必要だと思うのです。

Jan Jekielek 50:08

今、このコメントを思い出しました。このエピソードの最初の部分は、カナダのブルース当事者と利益法学教授とのエピソードを始めたのですが、私があなたのクリップを共有した後、ある人が私に手紙を書きました。

クイーンズは、このトラック運転手の投身自殺の状況を見ていたようで、私はそのことについて彼と話していました。

彼は私に連絡し、彼は言った、私はコメントから何かが欠けていると思います。もちろん、私が皆に思い出させるつもりだったコメントは、真実というものが存在しないとき、現実を定義することはできません。

そして、現実を定義できないとき、重要なのは権力だけです。つまり、彼のコメントは、真実が相対的か絶対的かをめぐる戦いだけではありません、ということです。もっと根本的なことなんです。

これは真実が相対的か絶対的かをめぐる争いだけではない。もっと根本的なこと、もしそれがあると信じることができるのなら、だが。私にとっては、一貫性を否定するものである。彼らは、我々のもの以外に真実はないと言っているのだ。

もし、そんなものがあると信じることができるのなら。私にとっては、彼らが一貫性を拒絶していることが問題なのだ、と。つまり、私たちのもの以外に真実はないんです。ええ、ええ、それはとても面白いと思いました。そうなんです。

Maajid Nawaz 51:03

真理の追求という言葉を挿入すると、真理に到達するために、その一貫性を追求することになるのです。それを追求する気もないのであれば、これはどうでもよい、私の言うことはこうなる、こうなる、私の言うことを強制する力がある、あなたはそうすればよいという、そういう状況に陥ってしまったということなのです。

COVIDの義務化の時もそうでしたが、結局は、こうあるべきだ、こうしなければ家に隔離するぞ、というような立場になるわけです。怖いですね。誰も科学的な裏付けがあるかどうかに興味はなく、いや、そうしろ、と言っているのです。

Jan Jekielek 51:38

最後に何か思ったことはありますか。

Maajid Nawaz 51:40

素晴らしい会話だったと思います、お会いできて嬉しいです。そして、あなたの活動を本当に応援しています。このようにあなたと深い話をすることができ、とても嬉しく思います。私は人々に、実際に、自分よりも高いものを目指すことができるというこの考えを探求することをお勧めします。

そして、人間同士のつながりが、私たちを結びつけ、単に日々の取引上の追求よりも大きなものであるという考えを持つことで、人間同士の絆を持ち、親密なレベルで、人間であることの価値を深く理解することができるのです。

そして、コミュニティーの価値、人間関係やコミュニティーに感謝することが、私たちの強みになるのです。私は人々に、コミュニティや人間関係の中にそれを求め、機械、つまりシステムやリヴァイアサンの中にそれを求めないよう勧めます。機械はあなたに親密さを与えることはなく、必ず、必然的にあなたを裏切るでしょう。あなたの問題を解決するために、その目的を達成するために存在します。それは必要なことです。私たちはそれを持たなければならないのです。

しかし、今のところその規模は でも、今のところ、この規模では、私たちが求めているような親密な関係を築くことはできません。それは、国からではなく、私たちの愛する人たちやコミュニティとの関係から生まれるものだと思います。

だから、地域主義に根ざしたコミュニティ、人間の本質を理解し、自己修正することの意味を理解し、より高い目的への熱意を持ち、私たちがなぜここにいるのかについて探求する価値のある何かがあることを認識している教師たちとのつながりが必要なのだと思います。これは、私たちが再びこの道を歩まないための保証として、とても重要なことだと思います。

Jan Jekielek 53:32

いやいや、出演していただいてとても嬉しかったです。

Maajid Nawaz 53:35

ありがとうございます。私は、ロンドンでエポックタイムズを購読しています。私があなた方のことを好きなのは、職業として、追求としてのジャーナリズムを再発見し、復活させようとする姿勢です。そして、私はみんなに勧めます。

まず、私のリビングルームに入ると、そこに新聞が置いてあるのを見るでしょう。ですから、私は皆さんと一緒にここにいて、皆さんのオフィスを見る機会があることを嬉しく思っています。

そして、私がイギリスで自分の番組を立ち上げ、Odysseyのプラットフォームで放送することになったとき、フルタイムで仕事をしている者として、ぜひあなたに出演してもらい、コメントしてもらいたいと思っています。それは、ジャーナリズムにおける真実の追究です。ありがとうございました。

Jan Jekielek 54:26

素晴らしい。さて、それではまた、あなたの登場をお待ちしています。

Maajid Nawaz 54:29

いつも光栄です。ありがとうございます。ああ、どうもありがとうございます。


Jan Jekielek 54:33

私たちは検閲と偽情報の時代に生きています。最も著名な声、最も重要な声のいくつかが、抑圧されているため、実際には聞こえてきません。私はこの番組に、アメリカの思想家の何人かを招待しています。

私たちの独占コンテンツで最新のエピソードを知るには、epoch …times.com/newsletterでニュースレターに登録することができます。アメリカの思想家のチェックBOXにチェックを入れてくだ

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました