第五世代戦争への道しるべ
Your Guide to Fifth-Generation Warfare

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ

ジェームズ・コルベット情報戦・5GW・神経兵器

corbettreport.substack.com/p/your-guide-to-fifth-generation-warfare?

The Corbett Reportコルベット報告書

by James Corbett
corbettreport.com
March 27, 2022

今、私たちは世界を変える戦争の真っ只中にいる。

ああ、ウクライナの戦争のことではない。すべてのメディアがあなたに注意を向けるよう求めている戦争である。確かにあの紛争はエスカレートし続けているし、毎日、挑発行為や核兵器の応酬につながりかねない脅威に関する新しいニュースが流れている……が、私が言っているのはその戦争のことではない。

イエメンでの 戦争や、メディアが完全に無視しているその他の軍事衝突を指しているのでもない。確かにこれらの戦争は、ロシアのウクライナ侵攻と同じくらい(それ以上でないにしても)血なまぐさく、陰惨で、破壊的であり、また、 より広い地政学的・地経済的 危機へとエスカレートする危険性もあるが、… 私が言及しているのは、これらの戦争でもないのだ。

いや、私が言っている戦争は、もっと広い意味での戦争だ。老若男女、軍人と民間人を問わず、地球上のほぼすべての人が巻き込まれる戦争である。あらゆる政府が自国民に対して、あらゆる国際機関が自由な人類に対して行っている戦争である。

しかし、これは普通の戦争ではない。この戦争の犠牲者のほとんどは、それが戦争であることを認識することさえできず、自分がその戦闘員であることも理解していない。

第5世代戦争と呼ばれるもので、私はそのすべてをお伝えするためにここに来た。

第5世代戦争とは何か?

そもそも第五世代戦争とは何なのか?そして、そういえば、最初の4世代の戦争は何だったのだろう?

いい質問だ。後者の質問に対する深い答えは、ウィリアム・S・リンドが共著した1989年の海兵隊公報の記事The Changing Face of War: Into the Fourth Generation」を読むとよいだろう。また、「ウィリアム・S・リンド&フィリップ・ジラルディ – Fourth Generation Warfare & The Deep State」、特に13分以降のリンドのプレゼンを見るとよいだろう。

一言で言えば、戦争の「近代」は1648年のウェストファリア条約に始まり、この条約によって「国家が戦争を独占するようになった」というのがリンドらの論旨である。それ以後、近代戦争は次の3 世代を経た。

  • 第一世代の戦争:滑腔式マスケット銃の時代に発達した線と列の戦術。
  • 第二世代戦争:ライフルドマスケット、ブリーチローダ、有刺鉄線、機関銃の時代に発展した間接火器と集団移動の戦術、および
  • 第三世代戦争:第一次世界大戦の戦場火力増強に対応して開発された、機動や潜入などの非直線的な動きをする戦術。

その結果、国民国家が戦争の独占権を失い始め、軍事戦闘が分散型に戻ったのが20世紀後半だと、リンド氏らは指摘する。第4世代戦争と呼ばれるこの時代には、「民間」と「軍事」の境界線が曖昧になり、軍隊は軍事戦闘よりも対反乱作戦を行う傾向があり、敵はイデオロギーや宗教を動機とすることが多いため、心理作戦がこれまで以上に重要な意味を持つようになる。

しかし、私たちは今、戦争の新しい時代、すなわち第五世代戦争に突入したと主張する人もいる。何が第5世代戦争を定義するのか、どうすれば第5世代戦争に関与しているとわかるのか、あるいはまったく存在しないのか(リンドはこの概念を否定している)については、いまだに多くの議論がある。例えば、ワシーム・アフマド・クレシ博士は 「認識と情報の戦い」と定義し、人民解放軍の喬良と王向水は「無制限戦争」の時代について、「軍事的暴力が比較的減少し」、「政治、経済、技術的暴力が増加する」と書いている。

もし、戦争の性質の変化に関する学術的な議論がお好きなら、『5GW: A Fifth Generation of War?』の ハンドブックから多数の学術論文まで、このテーマに関する読み物がたくさんある。

しかし、この論説の目的では、その議論に興味はない。実際、アルジャジーラの記事にある、明らかに非学術的な第5世代戦争の定義を出発点にする。「この用語(第5世代戦争)の基本的な考え方は、現代では、戦争は軍隊やゲリラによってではなく、一般市民の心の中で戦われるということだ」

この定義には、2つの重要な点がある。第一は、第五世代の戦争は、国家の常備軍やゲリラの反乱軍を相手にしているのではなく、日常的な市民を相手にしているということである。もうひとつは、この戦争はどこかの戦場で行われているのではなく、心の中で行われているということである。

この戦争は精神的なものだけでなく、あらゆるレベルで行われているということを含めて、定義を多少拡大することにする。その要点はこうだ。第五世代戦争とは、政府やその所属する国際機関が、私たち全員に対して行っている全面戦争である。今まさに、私たち一人ひとりに対して行われている。それは、あなたの生活のあらゆる側面、つまりあなたの動作や交流、取引、そしてあなたの心の奥にある考えや感情、欲望までもを全面的に支配するための戦いなのである。世界中の政府が企業と協力して、テクノロジーを駆使してあなたをゲノム・レベルまでコントロールしようとしている。

この中で最も信じられないのは、戦争が起こっていること、ましてや自分がその戦闘員であることを知る人があまりに少ないということである。

この戦争を理解する最良の方法は、私たちに対して行われているいくつかの方法を見てみることである。

情報戦

infowar前に聞いたことがあったら止めてほしいのであるが、これは情報戦であり、権力者たちは「あなたの心のための戦争」をしているのである。

もちろん、オルタナティブ・メディアの世界に長く身を置いていれば、「インフォウォーズ」のことは耳にしたことがあるだろう。情報戦は、第5世代の戦争を定義する「対人戦」の絶対的な重要な要素だからだ。

これを理解する最も明白な方法は、自国民に対する心理作戦に従事している実際の軍隊を見ることである。例えば、2年も前にカナダ軍がカナダ国民に対して大胆な偽ウルフの心理作戦を開始し、詐欺騒ぎは「カナダ人に対するプロパガンダ技術を試すまたとない機会」だと宣言したのを覚えているだろうあるいは10年前、米軍が情報操作部隊を米上院に派遣し、「来訪した米上院議員を操って、より多くの兵力と戦費を提供させる」ことを思い起こすかもしれない。

しかし、この第5世代の情報戦は、迷彩服に身を包んだ兵士たちによる徹底的な軍事作戦だけでない。対人戦争において、体制側はあらゆる手段を使って大衆の認識を操作しているのである。

2006年にTime誌のパーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞したRichard Stengelは、外交問題評議会で、アメリカ政府が自国民に対してプロパガンダを行っていることを擁護する対談の議長を務めている。あるいは、第一次湾岸戦争でクウェート政府に雇われ、ネイラーの欺瞞を作り出したPR会社ヒル&ノウルトンが、2020年にWHOに依頼され、詐欺的なメッセージを増幅するために使用できる有名人の「インフルエンサー」を特定している。あるいは、英国政府の科学的新型インフルエンザ行動グループは、国民が新型インフルエンザを恐れるように操作するために心理学的手法を用いることをはっきりと認めており、一部の委員はこれを「全体主義」と呼んでいるが、誰も目をつぶらない。

第五世代情報戦の最も陰湿な部分は、それがあまりにも常態化し、誰もがそれが起こっていることを知っているが、誰もそれを戦争だとは思っていないことだろう。もちろん、すべてが「広告」であり「プロパガンダ」 である。そしてもちろん、それは私たちの行動を操作するために使われている。それが世の中の仕組みというものだろう。

しかし、私たちは情報戦の本質を無視することは、自らの危険を伴う。結局のところ、私はしばしば、これはあなたの心をめぐる戦争であり、世界で最も争われる戦場はあなたの耳の間の空間であると述べてきた。比喩的な意味だと思われたかもしれないが、実は文字通りの意味なのだ。というわけで……。

神経戦

ジェームズ・ジョルダーノ博士の話を聞くとき、彼の言っていることに耳を傾けなければ、彼は自分の研究に情熱を傾けている、明晰で情報に通じた科学者に過ぎないという印象を受けるだろう。しかし、彼の話に耳を傾けると、あるいは、上の「NSIDのためのNeuroS/T」のスライドのように、彼のパワーポイントのスライドを見るだけでも、彼がストレンジラブ博士であることに気がつくのである。ストレンジラブ博士そのものではないにせよ、少なくとも博士のスポークスマンであることは間違いない。

米軍や世界中の軍隊が開発している神経への介入技術である。例えば、「中枢神経系凝集性の高い」ナノ粒子は、ジョルダーノによれば「脳や血管系で凝集し」、「本質的に出血性疾患のようなものを作り出す」のだという。SFのように聞こえるが、彼は、これらのナノ粒子(そして、他の多くの恐ろしい神経学的武器 )は、すでに研究されていると主張している。

実際、これはNATOの同僚や、神経生物学的科学の最悪の利用による人口破壊を研究している人たちが、ある程度検討したことの1つである。[ナノ粒子は、出血や血管の障害、あるいは神経ネットワークの障害として、脳内のさまざまな神経節や神経システムのネットワーク特性を阻害するため、CNS凝集剤として神経破壊を引き起こす可能性について、非常に心配しているのである。

そして、このスライドには、神経兵器の照準を合わせた人間の脳が描かれている。私たちは、文字通り私たちの脳を標的とした敵と戦争をしているのである。

しかし、繰り返しになるが、私たち(第5世代の戦争に参加する、ほとんど無意識の戦闘員)が心配しなければならないのは、通常の戦争環境において通常の軍隊が神経兵器を文字どおり使用することだけではない。リスナーの皆さんはすでに存知のように、技術屋と公言する イーロン・マスクは、自分の脳チップ技術「ニューラリンク」を、認知力をアップグレードするクールでセクシーな方法として、ヒップスターたちに売り込もうとしている…あるいは、来るべきAI神主が私たちに慈悲をかけてくれるように。とか、そんな感じだ。とにかく、早いうちにニューラリンクを頭に埋め込んでおくことだ。そして、ニューラリンクが「ブレイン・マシン・インターフェース」の実験動物として使っていた23匹のマカクザルのうち、15匹が死んだ 理由については、絶対に質問しないように

来るべきトランスヒューマン・ディストピアに人類を備えさせるための情報戦の犠牲になっていない人にとっては、これらはすべて非常識に聞こえるだろう。しかし、敵のインフォウォーズ・Psyopsに引っかかってしまった人々にとっては、この種の心を変えるテクノロジーはまさに宣伝通り、私たちが脳と呼ぶ弱々しい生物学的ウェットウェアを「アップグレード」するエキサイティングな機会なのである。

しかし、脳チップを避けるだけで第5世代戦争の生物学的側面を避けられると思うなら、運が悪かったとしか言いようがない。また、あなたは、. . .

生物戦

生物兵器の話は、当然のことながら、近年、人々の意識の最前線に戻っている。詐欺事件だけでなく、米国が支援するウクライナのバイオラボと、彼らがロシアの目の前で行っているかどうかにかかわらず、疑問が呈されているためである。

例えば、上の写真はArmy.milからのもので、昨年7月の時点では、米軍兵士が「配備可能な移動式研究所」の即応性を確保することを含め、「研究所やフィールド環境でのウクライナ軍との実地訓練やフィールドトレーニング演習」を行っていることを喜んで自慢しているに過ぎない。何も見るべきものはない、皆さん。(この記事について唯一驚くべきことは、彼らがウェブサイトからこの記事を削除していないことだ。まだ)

しかし、もう一度言うが、従来の軍事用語としての生物戦争だけを考えていると、支配的な寡頭政治家の目的のために、環境や食料供給、さらにはゲノムそのもののあらゆる側面を操作し、制御し、兵器化するというはるかに広い作戦を見落とすことになる。私たちに対して行われているこの第5世代の生物兵器には、次のようなものがある。

私たちに対して行われているこの制約のない第5世代の生物学的戦争を構成する、世界の空気、水、生物圏に対する攻撃について、他にも数え切れないほどの例を挙げることができると思う。

あなたがこのパズルのピースを組み立て、人々が攻撃を受けていることを一斉に警告しようとするとき、そしてしたならば、この議題に抵抗する能力は、あなたが蓄積した資源(あなたの富)を使って抵抗のコミュニティを育成する能力にかかっている。しかし、心配無用だ。敵はその領域もカバーしている。. . .

経済戦

ここ数週間の出来事を考えると、眠っている人でさえ、今は経済戦争の時代であることを認識している。

この戦争にも、従来の側面がある。2Dボードでは、ここ数週間、NATO帝国がロシアに向けて金融破壊兵器を発射するのを見てきた。そして、まさに予測されたように、それは便利な地政学的ブギーマンブロックを強化し、国際通貨システム自体への信頼を大きく失う結果となった。そして、これもまた予測された通り、テクノクラートが中央銀行デジタル通貨 (CBDC )というあらかじめ決められた「解決策」を提示するために必要な「問題」と「反応」を提供したのである。ブラックロック社のCEO、ラリー・フィンク 氏に聞いてみてほしい。

戦争は、各国が通貨依存を再評価するよう促すだろう。戦争以前から、いくつかの政府はデジタル通貨に対してより積極的な役割を果たし、その下で規制の枠組みを定義しようとしていた。

これは、単に国家間の戦いでもなければ、競合する勢力圏の戦いでもない。これは、あらゆる権威主義的な権力機構とあらゆる政府(しかし、私は繰り返すが)が、最も重要な資源である財布を支配するために自国民に対して行っている戦いなのだ。

パックス・アメリカーナの崩壊、ドル準備制度の死、そして全く新しい通貨パラダイムの始まりである「中央銀行デジタル通貨」システムは、いつ、どのように、そして経済取引を行うことが許されるかをアルゴリズムで制御することができるプログラム可能な通貨である。これがどのようなものかは、カナダで最近起こった出来事を見ればわかる。

このように、個人間のあらゆる取引をいつでも目撃し、最終的には許可または不許可にできるレベルまで人類を完全にコントロールすることは、テクノクラシーの神格化と第5世代戦争自体の重要な目的の1つを表しているのだ。この悪夢が現実に近づくにつれ、すべてが絶望的に思えてくる。

しかし、それにしても、まさにその通りのことが起こっている. . .

本当の戦争

まだまだ続く。そして、もっと、もっと、もっと。しかし、もう要点はつかんでいただけただろうか。今、世界大戦が起きている。第五世代戦争(とでも呼ぼうか)である。あらゆる領域で同時に行われている。地球の果てから(あるいはそれ以上)、あなたの身体の内部空間、さらにはあなたの心の奥底の思考に至るまで、あらゆる戦場、あらゆる地形の全領域を支配するための戦争なのである。そしてそれは、あなたに対する戦争でもある。

このことを考えると、私たちが直面する課題はほとんど乗り越えられないように思われる。大多数の人々が起こっていることさえ認識していない戦争に、私たちはどう反撃すればよいのだろうか。経済的、軍事的、技術的、生物学的な支配のための武器を何十年もかけて磨き上げてきた敵に、どう反撃すればいいのか。2つの前線や3つの前線ではなく、あらゆる領域と戦場で同時に起きている戦争に、私たちはどう反撃するのか。

このように考えると、私たちの見通しは確かに絶望的に見える。しかし、そこに鍵がある。敵の戦場で、敵の交戦条件で、敵に「反撃」することが私たちの義務であるという認識は、それ自体が物語のフレームである。そして、その物語そのものが、心の戦いで私たちに振りかざされる武器なのである。

この点は、9年前に「The Mind Renewed」というポッドキャストでジュリアン・チャールズと行った「The ANATOmy of New World Order」という対談で、おそらく最も顕著に述べたことなので、ここで長く引用することを許してもらいたい。

私は、私たちが問題を解決するために、誤ったテンプレートを与えられているという考えに興味を持った。その一つが、「敵と戦う」というもので、多くの社会的条件付けやメディアを通じて提供されるテンプレートである。これは、社会的な条件付けやメディアを通して提供されるテンプレートである。ここでは、組織の中心やトップを見つけ出し、その人物やグループ、あるいは何であれ、何とかして殺さなければならないという考え方がある。

大まかに考えて、この誤ったテンプレートは、これまで見たほぼすべてのSFディストピアに登場する。最終的にうまくいくとしたら、それは「ロード・オブ・ザ・リング」であれ 「トロン」であれ、そうした映画であれ、「野獣の頭」の首を切ることに成功したからにほかならない。なぜなら、結局のところ、「力の指輪」を持っているかどうかにかかわらず、特定の個人は取り替えがきくからだ。実際、何らかの理由で旧来の守旧派が一掃された場合、その権力の座に就こうと躍起になる人は非常に多い。

必要なのは、より根本的な革命だと思う。この思想の特定のインスタンスを転覆させるのではなく、この思想全体を転覆させることである。それは、人々が実際に適用したいと思うような代替システムを構築することからしか生まれないと思う。私たちは、これまで織り込まれてきたこのシステムから自らを切り離さなければならないと思う。残念ながら、この例えが示すように、それは難しいだろう。なぜなら、私たちはあまりにも社会の織物に織り込まれており、これらのプロセスのすべてから自らを切り離すことを想像することさえ難しいからだ。

私たちは日常生活の多くをこの巨大で扱いにくい企業システムに依存しており、それはまさに政府機関の糸を引く組織と結びついているため、非常に圧倒されているように見える。一個人がこのような状況にどのように影響を与えることができるのだろうか。しかし、私たちは、こうした支配のシステムから自分を切り離し、ある種の独立性を取り戻せるよう、あらゆる可能性を探さなくてはならないと思う。例えば、スーパーで食料品を買う代わりに、ファーマーズ・マーケットで食料品を買うとか。あるいは、菜園で自分で野菜を育てる。そういうことは、個人レベルでは小さなことだが、長い目で見ると、私たちが実現したい社会の姿につながる唯一のことだと思う。繰り返しになるが、そういう小さなことからコツコツとやっていけば、いずれは打破できるのではないかと思う。しかし、残念ながら、私たちは科学的独裁を可能にする科学革命の入り口に立っているわけで、残念ながら何世代もの時間があるわけではない。時限爆弾とは言わないが、そのことは理解してもらえると思う。私たちには無駄にできる時間があまりない。

私たちには選択肢がある。この技術的、企業的マトリックスに入り続けるか、次世代iPhoneを買うようなことまで含めて、すでに指紋スキャン技術が搭載されると言われている、企業、軍事、ビッグブラザーといった要素に、毎日進んでサインアップし、実際にお金を払うか、このシステムに依存しない代替構造を作り始めるかである。これは、人類の歴史上かつてないほどの速さで、私たちの生活の中で行わなければならない選択なのだ。

私がここで提案しているのは、パラレル・ソサエティの創造であることは、いつも読んでくれている読者ならおわかりだろう。私たちは、主人の食卓からより多くのスクラップを求めることによって、あるいはこれまで以上に窮屈な技術的囲いの中に押し込められながら穏やかに従うことによって、あるいは敵の支配する領域で敵と交戦することによってこの戦争に勝つことができると考えることによって、これを達成することはできないだろう。私たちは、自分たちのテーブル、自分たちの経済、自分たちの利益共同体を創り出すことによってのみ、これを達成することができる。そのためには、情報領域、食糧領域、健康領域、貨幣領域、精神領域など、この第5世代の全面戦争で争われるあらゆる領域で、権威主義的なシステムからの独立性を高めるという、長く困難な作業が必要となる。

もちろん、言うは易く行うは難しだ。しかし、代替案はない。

「しかし、その並行社会を狙われるのではないか」と、私がここで述べたことへの反論であるかのように言う人もいるだろう。ポイントは、ほとんどの人がおぼろげにしか理解していない戦争において、あなたはすでに 敵の標的になっているということだ。そう、敵はあなたを狙ってくる。しかし、彼らは、一人の人間が完全に理解できる以上の方法で、すでにあなたを支配している。それは、あなたが彼らの要求に応じたり、彼らのシステムに参加したりしたからといって、止むことはない。

私たちは、彼らのゲームに付き合うのを止めなければならない。私たちは、彼らの戦争に参加するのをやめなければならない。私たちは、敵の戦場で敵の条件に従って交戦するために、私たちの権力、権威、時間、注意、エネルギー、資源を譲り渡すことを止めなければならない。

私たちは、自分たちの手で並行社会を作らなければならない。

そして、昔の名言を再発見する。言い換えれば、

「第五世代戦争は奇妙なゲームである。唯一の必勝法はプレイしないことだ」

戦争は終わった ……私たちが望むのなら。

この週刊論説は、The Corbett Report Subscriber newsletterの一部である。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL,ChatGPT /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォロー
Alzhacker