ワクチン 生殖への影響心筋炎

あなたが宿した数十億個のナノ粒子はどうなる?
ワクチン安全神話 - ワクチン接種後の重篤な副作用を説明する2つの基本的メカニズム

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

What happens to those billions of NanoParticles you’ve become host to?Vaccine Safety Myth – Two Fundamental Mechanisms that Explain Serious Adverse Effects Post-Vaccination

covidmythbuster.substack.com/p/what-happens-to-those-billions-of?

マーク・ジラルド

史上最も美しいコマーシャルの一つとして、私の子供時代に住んでいたサンフランシスコの近所で行われたカラフルなソニーの広告を思い出す方もいるだろう。思い出すかもしれないが、彼らは17万個のバウンシングボールを放ち、あらゆる色のゴムボールが美しく混沌としたバレエのように通りを転がり落ちていった。

その詩的な下り坂の間に、ボールは雨どい、車のトランク、木の瓦の屋根、街灯…を跳ね返す。郵便受けにぶつかり、ゴミ箱を伝わり、新聞棚を揺らし…どこに落ちるかは、車庫の中、庭、屋根の上など、誰にもわからない。唯一確かなことは、重力に引っ張られて、大部分がマリーナに落ち、その途中で様々なものにぶつかり、単独で、あるいは集団で、素晴らしい行き当たりばったりの振り付けをするということだ。

現在の抗コビッドワクチンは、体の中でボールが跳ねるようなものだ。もちろん、ナノ粒子1(LNP/ウイルスベクター)やスパイクタンパク質は、詩的ではないが、詩的でない分、潜在的なカオスと驚きで補っている。それらが引き起こすドミノ効果は、時に不穏で劇的なものとなる。

あるボールが郵便受けを開けたり、ゴミ箱をひっくり返したりした理由や方法、時期を説明することができないのと同様に、脂質ナノ粒子をベースにしたスパイク生成のための新しい予防接種が特定の悪影響をもたらす正確な条件を説明することは不可能だ。

今後、私は事実に基づいた共通点、重力、力学の概要を説明し、これらのワクチンを接種した後の病気や死亡の原因となるメカニズムのいくつかを説明しようとしている。この無意味なことに意味を見出そうとしている。


膨大な数のLNP さらにおかしな数のスパイクタンパクがある

アストラゼネカ社のウイルスベクターは500億個、モデルナ社のLNPは400億個、ファイザー社のLNPは10個にもなるという。それぞれのLNPにどれだけの無傷のメッセンジャーRNAが含まれているのかはあまり明らかになっていないが、仮に1つのLNPが1,000個のスパイクタンパクを生成するとしても、数ヶ月後には最低でも30兆個の病原性スパイクタンパク2に対処しなければならないということになる…。

これは、非常に重症のSARS-COV-2感染をはるかに超える数字だ。通常、感染のピーク時には、10億から1000億個のウイルスが体内に存在する。

医学界や公衆衛生界が気付いていないのは、これらのナノ粒子に「感染」3した健康な細胞はすべて、最終的には免疫システムによって破壊されるということだ。ファイザー社のワクチンを3回接種すると、450億個もの健康な細胞が犠牲になる…アストラゼネカの場合は1500億個だ!

これらのLNPの多くは、同じ細胞にトランスフェクションするか、あるいはトランスフェクションする前に何らかの理由で破壊されてしまうが、これらの数字は本当に巨大なものである。ワクチン接種後、T細胞がこれらのスパイク産生細胞を攻撃して感染症の模倣を排除しようとするため、腕が痛くなったり、あるいは準即死したりする人がいても不思議ではない。

もちろん、これらのワクチンは、筋肉内に留まるように作られた筋肉内ワクチンである。単純明快、混乱なし、不測の事態なし。理論的には、LNPが筋肉細胞と融合し、mRNAが挿入され、筋肉細胞の細胞内機械がスパイクタンパクを生産し始め、細胞は免疫システムによって「危険な状態」と認識され、T細胞が感染細胞を攻撃し、スパイクタンパクが組織や血流に流出して抗体の選択と生産を誘発し、抗体がスパイクタンパクを中和して除去する。跳ね返るボールが同じ場所に留まっていれば、ドミノ効果は起こらず、筋肉細胞が破壊され、最終的に置き換えられる以外には何も起こらない。これで終わりだ。

では、「跳ねるボール」と「カオス」についての騒ぎは何なんだろうか?

それは、次のようなことだ。

100億個のナノ粒子を筋肉内に注入した場合、それが筋肉内に留まると言い切れるだろうか?…無理だ!

仮にソニーがパシフィックハイツの平坦な交差点に17万個のバウンドするボールを捨てたとしても、その多くは坂道を下っていった可能性が高い。計画と現実は別物である。ワクチンも同じだ。

LNPが筋肉から脱出するには、血流とリンパ系という2つの異なるルートがある。両方のネットワークは非常に異なる動作をし、漏れた場合に考えられる結果も非常に異なる可能性がある…。

循環系は、血液を全身に循環させる閉ループのネットワークであり、栄養、酸素、免疫成分を臓器にもたらし、病原体、危険なもの、不要な循環物質をろ過し、酸素を補給して二酸化炭素を排出する役割を担っている。そのため、血液は心臓、肺、肝臓、脾臓はもちろんのこと、脳や生殖器にも集中して流れている。

リンパ系は開放型のネットワークであり、組織の排水システムであると同時に、リンパ節、胸腺、脾臓、骨髄を結ぶ免疫システムのネットワークでもある。


ワクチンである脂質ナノ粒子は、筋肉の外ではどのような役割を果たすのだろうか?

興味深いのはここからだ。跳ねたボールが重力によって跳ね返ることが事実であるように、ナノ粒子が筋肉内でmRNAを伝達することも事実である。

  • ナノ粒子は、それがどこにあっても、細胞内にmRNAを送り込む。
  • トランスフェクションを受けた細胞は、病原性スパイクタンパク質☠️を生成し、それを放出して拡散する
  • スパイクタンパク質だけでなく、トランスフェクトされた細胞に対しても、特異的な抗体やT細胞による免疫反応が引き起こされる。
  • 何百万、いや何十億ものトランスフェクションされた細胞が、最終的に破壊される💥💥。

これは誰もが驚くべきことではない。少なくとも短期的には、筋肉内に残っていれば比較的無害なこれらの筋肉内製品の目的そのものだ。


では、LNPが脇道にそれるとどうなるのか。

ソニーの広告制作者が、サンフランシスコの街中で実際に本物のバウンドボールを使うことを決めたとき、彼らは素晴らしい芸術体験を生み出すだけでなく、歩行者や環境を守るためにデザインした。ビクトリア朝の家を傷つけないようにボールを選び、人に危害を加えないように防護ネットを設置した。観光客で賑わうロンバード・ストリートに、何千個ものバウンドするボールを投げ込むことを、一夜にして決めたわけではないのだ。

ロンバード・ストリート – サンフランシスコ

無謀な演出は、不思議がっている数人の観光客に大量のボールが降りかかった場合も、ほんの数人が交通事故でスリップしたり、人が転んだりして、被害をもたらし、多くの人を傷つけることになる。

ワクチンの場合、「ボールはロンバード・ストリートに道を見つけた」ようである。ここでは脚本から外れている。多くの場合、LNPが筋肉から逃げ出し、非常に深刻な結果を招いていることは明らかである。

LNPが筋肉から放出されると、主に3つの領域の細胞に到達し、浸透する可能性がある。

  • 微小血管の内皮壁:血管の幅が狭いところでは、トランスフェクションの確率が440倍になる。つまり、道が狭くなればなるほど、跳ねたボールが壁に当たる確率が高くなる。.。

  • 重要な臓器細胞:血管が臓器に栄養を運ぶように、心臓、肝臓、肺…そして時には血液脳関門を通過して脳にまでLNPを届ける可能性が高い。
  • リンパ節:注射部位の近くにあるリンパ系の最も可能性の高い器官は、自然にLNPの受容体となる局所リンパ節である。

そうなると、相互に接続された細胞の大きなパッチがトランスフェクトされ、スパイクタンパクを生産し始め、周囲に大量のスパイクを放出し、T細胞に攻撃されるため、下流で大きな混乱が生じる。

  • 血管では、激しい炎症、出血、最も密度の高い部分での血液凝固、下流での壊死、動脈石灰化、血栓症が必然的に起こる。

  • 心臓、肺、肝臓、卵巣などの臓器では、高度の炎症、細胞死(アポトーシス)石灰化(心膜などは心臓発作の原因となる)を引き起こす可能性が高い:myo/pericarditisの多発は、この可能性を強調している。
  • リンパ節では、ナノ粒子がリンパ節に侵入することでリンパ節自体の機能(B細胞)に干渉するか、リンパ節に含まれる免疫細胞にトランスフェクトすることで免疫システムに干渉し、部分的な免疫不全に陥る危険性がある。帯状疱疹のような休眠ウイルスの再出現は、その方向性を示しているようだ。


これらのLNPが誤った場所に置かれる可能性は2つあると考えるのが妥当だと思われる。

  • 血管に直接注入された場合(すでに別の記事「何が問題なのか」で取り上げている)と、リンパ系に注入された場合である。
  • 自然に筋肉組織を通過して血流やリンパ系に漏れる場合。

誤って、ワクチンを静脈内に注射してしまったらどうなるだろうか?

最も悪いシナリオは、直接静脈内に注射した場合である。なぜならば、集中的に投与されたワクチンは、本来到達するはずのない広い範囲に集中的に感染することになるからである。そうなると、非常に残酷な反応、壮大な規模のサイトカインストーム、大規模な血栓症、そして注入されたLNPの数を考えると、ほとんどの場合、急速に死に至ることになる。

実際に2021年3月の時点で、デンマーク当局はそのような事態を避けるために、吸引法の使用を推奨している。

リンパ節を脂質ナノ粒子で飽和させることは、この受容体に含まれる免疫細胞を大量にトランスフェクションさせる可能性があり、またリンパ節細胞をトランスフェクションさせることで、このB細胞産生器官の機能を一部阻害し、担当する免疫細胞を混乱させる可能性がある。

LNPが徐々に血流に移行するとどうなるのだろうか?

ノルウェーとデンマークで行われた心筋炎の比較研究では、吸引法を用いて直接注入を避けることで、少なくとも58%の減少が見られたことが分かっているが、完全には減少しなかった。これは、血液やリンパが筋肉組織から成分を排出する際に、ナノ粒子が実際に筋肉から体内に漏れ出していることを示しているように思える…より拡散した形で。

LNPが筋肉に注入されると、その一部は、血液を介して排出される組織内の他の要素と同様に、最終的に血液中に移行するのは当然のことである。これには複数の要因が関係している。血管の伝染性(高齢者の方がリスクが高い)や表面・体積の要因(若い男性やアスリートの方がリスクが高い)などが考えられる。

従来のワクチンは細胞をトランスフェクションすることがなかったので、漏洩が考慮されたり、調べるべき問題として認識されたりすることはなかった。..それにもかかわらず、これらのワクチンの設計において見落とされた重要なディテールだ。

漏洩した総量とその分布、集中しているか分散しているか、また製品の品質(品質の悪さが実際に多くの命を救ったのか)投与の繰り返し(1,2,3,最大4回投与か)によって、シナリオは大きく変わる。

  • 何よりもまず、循環系、つまり血管が、こうしたワクチンの血中への拡散的な漏出の最前線にある。内皮壁はLNPがトランスフェクションできる主要な表面である。10億個のLNPは、体全体でトランスフェクション可能な内皮壁の1平方メートルに相当する。損傷は全く目に見えず、拡散するが、血管細胞の再生には長いプロセスが必要なため、数ヶ月に及ぶこともある。
  • 血管にはすべての血液が集中して流れているので、心臓や肝臓など、他の臓器よりも多くのダメージを受けている臓器があるはずだ。実際に、心臓や肝臓への悪影響が多く見られている。
  • 他にも、肺、脳、腎臓、骨髄、卵巣など、分散しているが血管の多い臓器にも影響が出る可能性があるが、やや分散して拡散する。
  • 心臓のように再生しない臓器(心筋炎は軽度ではなく、一度破壊された心筋細胞は再生できない)や、内皮細胞のように再生に時間がかかる臓器もある。つまり、注射をするたびに臓器が弱ったり、状況が悪化したり、炎症が大きくなったりして、血栓や脳卒中、心臓発作などの症状を引き起こすコンデンサ効果がある。

「致死率の高い重症の脳静脈血栓症を引き起こしたワクチン誘発性免疫性血栓性血小板減少症。A Case Series」

ご存知の方も多いと思うが、2回目の接種後は心筋炎のリスクが高まる。1つの仮説として、LNPは血流に徐々に移行する、つまり濃縮された物質にはトランスフェクションせず、全身に拡散するのではないかと考えられる。これは、ワクチン接種後の多くの患者に見られるD-ダイマーの上昇と一致する。


ワクチンが全く効果がないという事実に加えて、ワクチンが人々に害を与えるメカニズムは、我々が考えるほど複雑ではない。デンマーク人は、吸引法を徹底することで、リスクを60%減らしたそうである。他の公衆衛生機関は何をしていたのだろうか?CDCの別の警告では、血管の漏れが問題であることが強調されている。ここでも製品の静脈内投与によるリスクを認めている。それを知っていながら、何十億人もの人々にワクチンを接種し続けることができるのだろうかと疑問に思う。どの当局も、これらの製品が漏れないと確信できるのだろうか?できないのだ。決してできないのだ。トランスフェクションの意味を理解していなかったことは許されることである。1年以上も現実を直視しなかったことは許されない。そして、彼らは間もなくそのことで裁判を受けることになる。私は彼らの弁護士にはなりたくないな…。

以上、興味深く読んでもらえただろうか。「Covid Myth Buster Series 」のシェアはご自由にどうぞ。

長い文章になってしまったことをお詫びする…私の子供時代のSFOの丘でボールを弾ませている、素敵で癒されるソニーのビデオだ。

愛している。Marc


  1. 簡単に説明するために、脂質ナノ粒子とウイルスベクターの両方に同じLNPという用語を使っている。これらは性質が全く異なるが、どちらも最終的に細胞をスパイク工場に変え、免疫系によるトランスフェクトされた細胞の破壊を引き起こす。
  2. アストラゼネカは、150兆個のスパイクタンパクを生産している可能性がある。
  3. 正しい用語は、mRNAの場合は「transfected」、ウイルスベクターの場合は「infected」である。
関連記事
特集 脂質ナノ粒子がマウスの80%を殺すことがPubMed研究で判明
この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました