イベルメクチンワクチンワクチン- 製薬会社、CDC、FDA、DoD中西部の医師医療・製薬会社の不正・腐敗研究方法・科学全般

医療におけるスケーラビリティ(拡張性)
医療行為における逆経済的インセンティブと、COVIDワクチン傷害の治療で直面する障害についての探究

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

amidwesterndoctor.substack.com/p/scalability-in-medicine

Scalability In Medicine

An exploration of the perverse economic incentives in the practice of medicine and the obstacles faced in treating COVID vaccine injuries.

A Midwestern Doctor 中西部の医師

私は常に自由意志というテーマに魅了され、生きた意識体として受け継いだ自発性を放棄することを選択する個人を観察して、常に悲しんでいる。その一方で、この3年間に医学界、科学界の権威、そして一般の人々から観察された忌まわしい行動の多くが、予測可能な心理的パターン、外部からの影響、そしてあらかじめ定義された思考パターンによっていかに説明されているかについて触れてきた。

例としては、以下のようなものがある。

  • 見えない広報産業が国民を洗脳して スポンサーに従わせるために、毎年約1000億円の 資金を受け取っていることを明らかにする。
  • 医師はいかにして「不都合な」病気を感知できないように現実の認識を形成しているのか。
  • 医師が受ける過酷な医療訓練によって、自分の医療行為が安全で効果的であると信じることが実存的に必要とされること(トラウマ体験などの保持された感情パターンが、ほとんどの人の人生に大きな影響を与える)。
  • 現在の学術システムは、いかにして批判的思考を放棄させ、代わりに厳格に定義された認知アルゴリズムに従うように人々を訓練するか。そのため、訓練された人々のほとんどは、不都合な結論に到達することができず、同時に、正統派のために提供するそれぞれの弁護を熱狂的に信じることになる。

自由意志を体現するための根本的な障害の一つは、現実をナビゲートするためにどのような信念を選択するかということである。あなたが従うそれぞれの公理(現実に関する基礎的な仮定)は、必然的にあなたの認識と行動をその公理に従うように制限する。逆に、現実をナビゲートするために使っている信念をすべて捨ててしまえば、人生はほとんどナビゲートできなくなる。したがって、日常生活でそれらの公理を捨てることを主張する哲学のメリットは完全に無効となる。

私は現在、このジレンマに対処するために、正確な信念を選ぶと同時に、ケースバイケースでそれを一時的に脇に置くことをいとわず(これは複雑な病状に対処するためにしばしば必要である)、現実へのアンカーを手放したときに入ることを強いられるダイナミックな不確実性を受け入れることに全力を注いでいる。

残念ながら、人間の心理は、不確実性を認めることで生じる無力感を味わうことを嫌う傾向がある。その結果、多くの人は自分の公理が通用しない状況に遭遇すると、謙虚になるどころか、積極的に状況を自分の信念に従わせようとするのだ。

最近、私たちの社会で批判的思考が徐々に失われていることと、現代の医学論争との関係について連載を終えた。このシリーズの中心的なポイントは、教育の過程で、学生一人ひとりが正統派の公理を中心とした直線的な思考様式にはめ込まれ、教育を受ければ受けるほど、その公理をより積極的に保持するようになることである。

この2年間に観察された多くのフラストレーションのたまる行動は、この条件付けから生じたものである。例えば、教養のある人が、自分のシナリオに疑問を呈する議論を理解するのが最も難しいのはこのためだ。彼らは、異なる視点を聞くための心の余裕を持つのではなく、自分の公理に疑問を呈する議論を退ける方法を特定することだけに集中するように訓練されている。

通常、この問題を考えるとき、正論派の閉鎖性や頑迷さは「エゴ」の結果とされ、その行動は、エゴイストが非を認めないことで自分のプライドを守ろうとする意識的な試み、あるいは、間違っているという恥から自分を守ろうとする恐怖のエゴによるものとされる。しかし、私は、もっと根本的な問題があると思う。人間の心は、(何らかの存在意義のある)公理なしでは機能することが非常に難しく、自分が持っている一連の信念を守るために激しく争うのだ。

お金は諸悪の根源か?

私たちの金銭に対する信仰と献身の起源は、時代を超えて多くの疑問を投げかけてきた。お金への愛は、人の心を悪に向かわせる最も強力な力の一つであると認識されてきた(その結果、しばしば人々や環境に甚大な破壊をもたらす)一方で、その価値はしばしば完全に恣意的である。同時に、お金は社会を発展させ、組織化する顕著な力であり、私たちが依存している多くのものは、私たちが住んでいる経済システムによってのみ利用可能である(逆に、お金は上流階級が残りの人々を奴隷にするために使う主要な道具であるが)。

お金の問題を考えるとき、しばしば「強欲は大罪である」というレンズを通して見られることがある。しかし、私は、お金を効果的に蓄えることは、多くの人が人生を切り開くための基本的な公理であると主張する。このことは、他人の美辞麗句を一旦断ち切って、自分が何を得たいかという視点で物事を見ると、他人の動機が非常に明確になることを説明する一助となる。

より深いレベルでは、金銭的な獲得を最適化する必要性から、人間がとる行動の多くを説明することができる。なぜなら、人間の内部アルゴリズムは、より多くの金銭を獲得できる選択肢を頻繁にデフォルトとして選択するからだ。例えば、ウォルマートとアマゾンの両社は、市場シェアを拡大するための戦略として、価格面で地元企業を切り崩すことを約束した。これは地域経済に壊滅的な打撃を与え、他に仕事が残っていないため、中米の多くの人々を(給料が安く、待遇の悪い)企業労働者に追いやった(COVID-19のロックダウンで中小企業は閉鎖されたが、これらの巨人は閉鎖されなかったため、さらに加速した)。多くの人がこの問題を認識しているにもかかわらず、提供される(少し)低価格が「必要」だから、これらの企業を支援することを止められないのである。

ビジネスのアルゴリズム

最も収益性の高い選択肢を求めるというデフォルトの行動が、私たちの周りに見られる多くの個人の行動を説明するのに役立つのと同じように、ビジネスもまた、利益の最適化を目的とした比較的予測可能な一連の行動に従っており、それは幅広い業界で見ることができる。

一般に、大企業の多くは次のようなことを目指している。

  • 継続的な成長を実現するために
  • 大きなマークアップで販売する製品を持つこと(それゆえ、各販売から大きな利益を得ることができる)。
  • 自分たちの製品をできるだけ広く市場に出すこと。
  • 市場の独占権を確保するため(その市場内での売上を最大化できるように)。
  • 将来にわたって自社製品のリピート販売を確保するため。

製薬業界は、当然のことながら、これらの分野で優れている。だからこそ、何十年も安定した成長を維持することができ、米国で使われる全資金の5分の1が医療に費やされているのであろう。

ゴールドマン・サックスがバイオテクノロジー調査報告書で問う。「患者を治すことは持続可能なビジネスモデルか?

ゴールドマン・サックスのアナリストは、バイオテクノロジー企業、特に先駆的な「遺伝子治療」治療に携わる企業にとって微妙なテーマである、「治療薬は長期的にはビジネスにとって悪い影響を与える可能性がある」と指摘しようとした。

4月10日付のレポート「ゲノム革命」では、「患者を治療することは持続可能なビジネスモデルなのか」とアナリストが問いかけている。

遺伝子治療、遺伝子改変細胞治療、遺伝子編集の最も魅力的な点は、「一発で治る」可能性である。しかし、このような治療法は、慢性的な治療法と比較して、経常的な収益に関して非常に異なる見通しを提供している」とアナリストのSalveen Richterは、火曜日の顧客向けメモに書いている。「この提案は、患者や社会にとって非常に大きな価値がある一方で、持続的なキャッシュフローを求めるゲノム医療開発者にとっては難題となる可能性がある」

Richterは、90%以上の治癒率を達成したギリアド・サイエンシズのC型肝炎治療薬を挙げた。同社のこれらのC型肝炎治療薬の米国での売上は、2015年の125億ドルをピークに、それ以降減少している。ゴールドマンは、報告書の表によると、これらの治療薬の米国での売上は今年40億ドルを下回ると予測している。

「GILDは、C型肝炎のフランチャイズの成功により、治療可能な患者のプールを徐々に使い果たしたケースである。「C型肝炎のような感染症の場合、既存の患者を治療することで、新たな患者にウイルスを感染させることができるキャリアの数も減少するため、患者数も減少する…患者数が安定している場合(例えば、がんの場合)、治療法の可能性はフランチャイズの持続性に対するリスクが少ない」

この報告書が発表された当時、こうした経済原則は業界外の人々にはそれほど理解されていなかったため、当然ながら大きな反発を招いた。ほとんどの医薬品は病気を治すものではなく、むしろ漠然とした目標を永遠に狙い続けるか(例えば、心臓病を防ぐためにコレステロールを下げる)、慢性疾患の症状を一時的に緩和する(例えば、慢性胸焼けを緩和するために胃酸の分泌を減らす)ものである。

この点で最も悪い犯人に投票するとしたら、おそらく精神科の薬を選ぶだろう。それらは、あまりにも多くの人が折り込み済みの、大きく主観的な診断のために処方されることが多く、「役に立つ」ことはないのだが、その中毒性のために(抗うつ剤の離脱は破滅的なことがある)、生涯使い続けなければならないことが多く、さらに精神医薬を追加しなければならない脳の損傷など、人生に影響を与える多くの副作用を頻繁に生み出す(例えば、抗精神病薬で治療する双極I 型の場合は、抗うつ薬の副作用が非常に多い)。

ワクチンとスケーラビリティ

若い頃、私は副業で高級アボカドを転売していた(店で売られているアボカドは、味は最高ではないが、皮が厚いため美容上のダメージを隠せるのでスーパーマーケットに置かれている)。私はこの事業の可能性に胸を躍らせていたのであるが、国内トップクラスのビジネスプログラムに勤める友人にその技術的な話をしたところ、「規模が拡大できない」と即座に却下された。もちろん、その通りだったのだが、それでも数年間は続けていた。あまり儲からなかったものの、アボカドを手に入れることができたから。

ビジネスの世界では、ほとんどすべてのプロジェクトや試みにおいて、「スケールできるかどうか」が焦点となり、トップに立つビジネスは、最もスケールできるビジネスである。スケーラビリティとは、前節で述べたような基準(例えば、市場が継続的に成長できるか)を満たすかどうかが大きな問題であり、これを見極める目を持てば、このアルゴリズムが常にビジネスの行動を決定していることが分かるようになる。

ワクチンは、その拡張性から理想的な製品であり、製薬業界の重要な優先事項となっている。最近、FDAから、うっかりすると現状の多くを総括するような声明が出された。

次に、新しいワクチンのスケーラビリティを確保するために、次の各項目がどのように考えられるかを考えてみよう。

  • ワクチンの魔力に対する信仰が広く浸透しているため、人々はその製品が効くと仮定し、効くという証拠がなくても摂取してしまう可能性がある。
  • ワクチンが失敗する場合、その失敗は、集団免疫を達成するために十分な数の人々がワクチン接種を受けていないこと(これはしばしば決して到達できない閾値である)、ワクチンの免疫が衰えたこと(そしてブースターが必要)、あるいは新しいワクチンの必要な新しい変異株が現れたことに起因している。これらの結果はすべて、驚くことではないが、ワクチン製品のスケーラビリティを向上させるために優れたものである。
  • すべてのワクチンが法的責任のため(実際上、ワクチンで重傷を負っても、いかなる金銭的支援も受けられない)、安全性を確保する必要がない。これにより、ワクチンの開発コストが大幅に削減され、通常であれば法的危険性のために採算がとれないような多くのワクチンが市場に出続けることができるようになった。
  • CDCには、FDAの承認を得たワクチンを(その承認過程がいかに疑わしいものであっても)直ちに全国の医師や保健省が使用する臨床ガイドラインに取り入れる強固な組織が存在するのだ。あなたが疑うように、このプロセスには大きな腐敗があり、州政府や連邦政府はしばしば新しいワクチンの大量注文を直接購入することによって、このプロセスを助成している。
  • 各受給者にワクチンを届けるための優れた配送システムが存在する。最終地点への物理的な配送のほかに、潜在的な受領者がワクチンを摂取することを受け入れるように管理することがある。これには、すべてのワクチンを接種していない患者を非難するようにプログラムされた医師、従業員や患者にワクチンを提供するすべての医療施設、保健当局が推進する地域ワクチンクリニック、できるだけ多くのワクチンイニシアチブを作る公衆衛生「活動家」(より不合理なインセンティブのいくつかをここに挙げている)などが含まれる。
  • 国民への義務付けは、ワクチン接種を望まない人の権利を侵害するよりも、ワクチン接種の利点があるとされる合理的な理由のもとに正当化された。この10年間、この分野にかなりの焦点が当てられてきたが、これは新しい予防接種の多くが潜在的な毒性を持つことが、これらの製品の拡張性の障害となることを担当者が知っていた結果ではないかと私は考えている。
  • ワクチンは長期的な副作用を生み出し、その副作用のために他の医薬品の摂取を必要とする。これは小児用ワクチンで最もよく見られるが(一般的に自己免疫疾患や神経疾患を引き起こすため)、ファイザーなどの企業がスパイクプロテインの既知の副作用を標的とした薬に投資していることも観察されている。同様に、RSVの大きな「原因不明」のスパイク(COVID mRNAワクチンの試験で予測された)は、ファイザーとモデルナの両社に、この新しい「緊急事態」に対するRSVワクチンの追求を促しているのである。

ワクチンは非常に魅力的な市場であるが、その規模を拡大するための大きな課題は常にその製造時間である(例えば、インフルエンザの予防接種が流行している変異型と一致しないのは、インフルエンザのシーズンのかなり前にワクチンを製造しなければならず、製造時にどの変異型のインフルエンザが優勢となるかを正確に予測することが非常に困難であるためだ)。

mRNAの技術が追求された大きな理由は、新しいワクチンの製造期間が劇的に短縮されたことである。これにより、新たなバイオテロの脅威に対するワクチンの迅速な製造という軍のニーズに応えるとともに、これまで無視されてきた多くの病気に対する予防接種を開発することで、製薬業界の成長を支えることが可能になったのである。

市場保護

資本主義は、理論的には、全人類に働くことを奨励し、常に以前のモデルより優れた新製品を開発し、ほとんどの財やサービスを一般大衆が購入できる水準で価格設定するため、これまでに開発された最高の経済システムである。残念ながら、資本主義はプレーヤーが大きくなりすぎると破綻する傾向がある。なぜなら、それ自身のメリットで成功する優れた製品を生産するよりも、劣悪で価格の高い製品が独占されるように市場を操作する方が得策である場合が多いからだ。

そのビジネスモデルが生み出す巨額の利益のために、業界(以前は「医療信託」と呼ばれていた)はしばしば安全でない、効果のない製品(例えばコロナワクチン)の市場シェアを守る余裕があるのだ。よくある戦略のひとつは、メディアを買収することである(そのため、シナリオを支持する研究だけが出版され、業界に有利なメッセージだけがニュースで放送され、ワクチンによる傷害の報告がほとんどのソーシャルメディアプラットフォームによって検閲されるのである)。

もう一つの一般的な戦略は、医薬品の拡張性を脅かす開業医をターゲットにすることである。アプローチとしては、以下のようなものがある。

  • 業界製品と競合する有効な治療法を利用した医師の医師免許を剥奪すること。ヒドロキシクロロキンとイベルメクチンでCOVIDを治療したメリル・ナスが 医師会から訴追されたのは、現代の最もよく知られた例のひとつである。
  • 法執行機関が競合する治療法を宣伝するクリニックを急襲したり起訴したりすることは、先の例と同様、何十年にもわたって問題になっている。最近の例では、COVID-19の初期にビタミンCの静脈注射を行った業者が、COVID-19の患者にビタミンCの静脈注射を行ったとして起訴された (最も有効な治療法ではないが、この治療は安全で、COVID-19にかなり役立つことが多いのである)。
  • 学会誌やメディアを利用して、反対意見のある医師の評判を落とすこと。

拡張性、つまり収益性は、多くの産業界の意思決定の背後にある統一された糸であるため、製薬業界の多くの発言の背後にある本当の動機を特定することは、しばしば非常に簡単である。例えば、メルク社(イベルメクチンの製造元)が2-4-21に発表した、メディアを賑わせた次のような文章を考えてみよう。

ニュージャージー州ケニルワース、2021年2月4日 – 米国とカナダ以外ではMSDとして知られるメルク(NYSE:MRK)は本日、COVID-19パンデミック時のイベルメクチンの使用に関する立場を確認した。当グループの科学者は、COVID-19の治療に対するイベルメクチンの有効性と安全性の証拠について、入手可能なすべての研究結果および新たな研究結果を慎重に検討し続けている。重要なことは、現在までのところ、当グループの分析では以下のことが確認されていることである。

  • 前臨床試験から、COVID-19に対する潜在的な治療効果の科学的根拠が得られない。
  • COVID-19疾患の患者における臨床活性または臨床効果に関する意味のある証拠がないこと。
  • 大半の試験において、安全性に関するデータが不足していること。

私たちは、入手可能なデータが、規制当局が承認した処方情報に示された用量および患者数を超えるイベルメクチンの安全性および有効性を裏付けるものであるとは考えていない。

イベルメクチンがCOVID-19に有用であったという既存の多くの証拠に加え、この発言は特に皮肉なものである。なぜなら、メルク社はイベルメクチンを認可するために最初に使われた強固な安全性データを開発し、規制機関が承認した処方情報とは異なる医薬品の危険な使い方を促進したとして多額の罰金を受け取っている。

しかし、イベルメクチンが特許切れであること(したがってメルク社にとって利益を上げることができない)、メルク社が(イベルメクチンに比べて安全性と有効性の面で劣る)COVID-19の治療薬の開発に多額の投資をしていたことを考慮すれば、この行動はより理にかなっていると言えるだろう。

私が下書きしているもう一つの記事は、ピーター・ロストに関するものである。ロストはファイザー社の幹部で、初期の内部告発者である( ブルック・ジャクソンはより現代的な)。彼はファイザー社と長期の法廷闘争を繰り広げながら、ファイザー社の企業文化の中で観察された多くの極めて気になる行動を共有したのである。ロストが闘った当時、議会では特許切れ医薬品の逆輸入に関する議論が起きていた。

大衆の立場は、他国で売られているアメリカの医薬品はずっと安いのだから、現地(例えばカナダ)で買って逆輸入すれば、社会の貧しい人々も医薬品を買えるようになる(定収入のある人々の多くは、医薬品を買うのに苦労している)、というものであった。業界では、逆輸入された医薬品の安全性は保証されないので、非合法化する必要があるという立場であった。

ロストは、再輸入を禁止する製薬業界の主張に対し、議会の公聴会で証言し、注目を浴びるようになった。そこでロストは、再輸入を禁止する唯一の理由は、製薬業界がその驚異的な利益を維持するためにアメリカの消費者から価格をふんだくることが必要だからだと明確に主張した。予想通り、20年近く経った今でも、FDAは医薬品を「安全に」逆輸入する方法を研究している。

医療におけるスケーラビリティ

医療を見れば見るほど、その多くが医療従事者が診察した患者から請求可能なサービスを効率的に抽出するための生産ラインであると思えてくる。例えば、プライマリーケアの多くは、患者に生涯処方箋(私などはその多くが有益かどうか疑わしいと考えている)を与えたり、儲かる医療サービスを紹介したりしているだけである(どちらの場合も、プライマリーケア医は患者にこれらの製品を勧めなかった場合、重大な法的責任を問われることになる)。同様に、病院のサービスには必要なものもあるが、そうでないものも多く、いずれの場合もその費用よりもはるかに高い値段で売られているのが普通である(これはこのテーマについての素晴らしい調査である)。

スケーラビリティのレンズを通して医療を見るようになってから、私たちが医師として受けるトレーニングの多くが、医療サービスや製品の流通に依存する医療モデルに従わせるように設計されていることに気づいた。これは、他の多くの医療システムが、医師が手持ちのものを活用して、診察した患者の健康と幸福を増進することを重視しているのとは対照的である(医師以外の者がその診察から利益を得ることを防ぐモデルである)。

これは、以前の経済システムが現在のモデルを支えきれなかったことが一因だと思う(人々は貧しく、目に見える結果が得られない限り医師にお金を払うことはなかったし、以前の時代には、継続的に収入を得るために市場を独占する余裕のある巨大な医療産業複合体が存在しなかった)。また、医師が患者のためになると思うことをしないように、腐敗した圧力やインセンティブがかかっていなかったからだとも思う。

最近の記事で、私は「(企業)経済封建主義」という概念を取り上げた。これは、オリガルヒが民衆に押し付けようとしている統治システムだと私は考えている。このシステムは、企業を現代の「領主」とし、労働者階級をその「農奴」(経済的奴隷)として確立しようとするものである。このシステムは、国民を徐々に貧困化させ、過酷で劣悪な企業の地位に甘んじてもらうことを必要とする(例えば、アメリカの企業では何百万人もの人々が、不当なワクチンの義務化か解雇かの選択を迫られ、仕事を失うわけにはいかないので渋々ワクチン接種を受けることになったのだ)。

この封建的モデルの効用は、小さな経済的インセンティブをトップダウンで素早く実行できることで、支配者が民衆の行動を効果的にコントロールできることである。これは、(前時代の君主や領主が必要とした)執行のために常備軍を使うよりもはるかに安価で効果的なアプローチであることが重要なのである。

経済的封建主義は医療を含む多くの産業に影響を及ぼしており、私の同僚の多くは、自分たちの職業が企業労働者に力を委ねることによって重大な過ちを犯したと述べている。その結果、世界的に有名なICUの医師であるポール・マリクが経験したような事態を引き起こしている。彼は、患者に感謝されながら、COVID-19を効果的に治療するプロトコルを使っていたが、ファウチがアメリカに強制した効果のないプロトコルよりはるかに少ない収入しか得られなかったために、病院から狙われていたのである。マリックが望ましいプロトコルに変更することを拒否した後、彼の病院は彼のプロとしての評判を落とし、将来の雇用から締め出した。

例えば、NassとMarikが経験したような、コンプライアンスを守らない医師を恐怖に陥れるあからさまな経済制裁と、若い患者のほとんどにワクチンを接種するなどの政策指針に従わない医師にはクリニックが必要とする多額の資金を没収するソフトな経済インセンティブを組み合わせることによって、医療産業における各製品の拡張性を確保することができる。

以前の時代には、今では忘れ去られた医療技術の革新に挑んだ非協力的な医師が、その治療法を医工複合体に売ることを拒否し、法的に起訴された(あるいはもっと悪い)ケースを数多く知っている。しかし、COVID-19では医療界の信頼に挑戦したために刑務所に入れられた人を見たことがない(ビタミンC点滴の先生はそうなるかもしれないが)。

私は、製薬会社には市場を監視し、自社の独占的な治療法を脅かす可能性のある競合する拡張性のある治療法を特定する担当者がいるという前提で話を進めている。このことは、医師が患者に容易に配布できる競合療法に対して、常に同じ脚本が使用される理由を説明するのに役立つ。

同時に、私が生涯を通じて使ってきた多くの極めて効果的な治療法が、(科学的正統派から時折受ける嘲笑を除けば)ほぼ完全に放置されている理由も説明できる。こうしたアプローチは、潜在的な顧客を市場から排除することはできるが、規模を拡大することはできないため、一般的な医療行為での使用を禁止するために必要なコストに見合うものではない。

私は、ある種の代替療法(例えば、鍼治療)を支持している。しかし、これらのアプローチのほとんどは、その結果が施術者の技術レベルに大きく依存することが分かっている(例えば、多くの鍼灸師は私に紹介するほどの効果をもたらさない一方で、私の患者を大いに助けてくれた奇跡の人たちもいるのである)。

そのため、私が用いる治療法の多くは、標準化されていないアプローチで、それぞれの患者に正しく適用するためには、感受性、微妙な観察力、批判的思考、創造性が必要とされる。このカスタマイズされたアプローチは、医師が受けるトレーニング(同じ医療行為を行うために、示された標準的な手順を繰り返し行う)とは全く異なるものであり、したがってスケールアップすることはほとんど不可能である。

ポイント・オブ・ケア超音波診断

最近、ピエール・コーリーの投稿を読んだが、上記と同じ問題の多くが示されていた。ICUでは、患者の重要な問題をできるだけ早く特定することがしばしば重要である(遅れると死につながるからだ)。ICUで使用できる診断ツールのほとんどは、時間的な遅れがある(例えば、MRIを撮って結果を送るのに数時間かかるし、血液検査も同じことが言える)。

しかし、例外として、ポイントオブケア超音波検査(POCUSとは、深刻な問題が浮上しうる一般的な部位をすべて、医師が素早く超音波検査すること)がある。余談だが、コーリーのPOCUSの経験によって、彼は時折、最大静脈内の血液ドロドロを観察することができるようになった。

POCUSをICUに導入するためのコーリーの旅で興味深いのは、多くの人がそれに抵抗したことである(例えば、従来ベッドサイドでの超音波検査の請求を行っていた放射線科医や心臓内科医は、彼ら以外に超音波検査を行う資格がないと主張し、病院は、ICU医師がそれについて請求可能な幅広いレポートを書くのに長い時間をかけるより、ただ行うだけでよいとして導入に消極的だったのである)。

コーリーのチームは、一般的な病院での処置の安全性を向上させることで、病院の責任(これは病院にとって大きな問題である)を軽減するという正当な理由のもと、最終的にICUに超音波検査を導入することに成功することができたのである。しかし、このようなことが起こったにもかかわらず、私は超音波検査が活用されているICUに勤務したことがない(問題が疑われる部位を局所的に検査することはあるが、それ以外は)。その代わりに、ほとんどのICUの医師は、少なくとも必要な情報が得られることを期待して、多くの検査をオーダーすることがデフォルトになっている(幸いなことに、一部のICUでは、POCUSを医療実践に導入する意欲のある医師がいる)。

より多くのICUの医師が、複雑な診断アプローチに慣れるために必要なトレーニングの努力を惜しまなければいいのであるが(単一部位の超音波評価を正確に行うことは、オペレーターのスキルに依存することがよく知られており、グローバルな検査を行い、それを臨床像と統合することは非常に困難である)。しかし、ICUの現場ではまだそうなっていないが、医学部では超音波検査の有用性が認識され始め、徐々にカリキュラムに加えられるようになってきている。このことは、医学界が重要な技術革新を採用するのに何十年もかかることが多いという、より大きな問題にも通じている。

COVID-19 ワクチンによる傷害

この2年間の私の主なプロジェクトの1つは、COVID-19ワクチンによる傷害をどのように治療するかを考えることだった。というのも、観察される合併症の多くは他の毒性のある医薬品に見られるものと似ており(したがって、同様のアプローチに反応する)、同時に、COVID-19ワクチンの損傷は他の医薬品の合併症よりも治療が難しい傾向があるためだ。

その過程で、私はこれらの怪我(および以前の薬物合併症)の治療で結果を出している人たちと連絡を取り合うことに全力を尽くしていた。しかし、私が望ましいと考えるアプローチをこれらの医師と共有すると、最も多く寄せられる批評は、「それは興味深いけれど、拡張性がない」というものである。ワクチンで傷ついた患者の多くが助けを必要としていることを考えると、これはまったく妥当な反論であり、この2年間、私が頭を悩ませてきたパズルだった。

政治的な観点からも、ワクチン被害の治療にはいくつかの大きな問題がある。

  • COVID-19ワクチンによる傷害を治療していると公言することは、ワクチンが傷害を引き起こす可能性があり、したがって実際には「安全」ではないことを認めることを要求する。カリフォルニアなどの 多くの地域では、私が話した医師は、医療委員会が免許を取り消す(医療委員会は他の州で行われた停止処分をコピーする傾向があるので、その結果、完全に医療行為を行う能力を失うことになる)恐れがあるので、この話題に触れたがらない。
  • COVID-19ワクチン傷害の治療のためのアプローチのほとんどは一貫して効果がなく(それぞれがある患者には効果があるが、他の多くの患者にはない)、しばしばかなり高価である。このため、治療にあたる医師が、詐欺的な治療法で弱い立場の患者から搾取しているという非難から身を守ることは、ほぼ不可能な状況にある。

この問題を解決するために、いくつかの選択肢があるが、どれも理想的ではない。それらは以下の通りである。

  • 「治療」する医師が、ワクチン傷害の「治療」を目的とした治療を行わない他の様々な医療機関で医療サービスを受けるよう患者に勧めること。
  • 広告をせず、口コミで患者を見つけるのみ。
  • 医療の自由に優しい司法権の下で診療すること(フロリダ州のような共和党の州が、いずれワクチン被害に関してこのような方針を公式に打ち出すことを期待している)。

このように、どの選択肢を選んだとしても、いずれもこの手法の拡張性を阻む大きな障壁となる。

COVID-19ワクチンによる傷害の治療のスケーラビリティについて

現時点では、COVID-19ワクチン傷害に共通するいくつかのサブタイプを特定した。これはワクチン傷害とその生理学的反応の両方が人によって異なるため、全員に同じアプローチを利用することができないことを認識することが重要である。それぞれの患者の症状に合わせて治療法を選択するとして、私が知っているCOVID-19ワクチン傷害の治療法は、いくつかの異なるカテゴリーに分類される。これらはそれぞれ、拡張性に関して異なる課題を抱えている。

  • 様々なワクチン傷害にかなりよく効くが、現実的には米国では利用できない準高価な治療法。

私の同僚の一人は、そのような選択肢の一つを利用できるようにするために、臨床をほぼ中断していたが、これはまだ進行中で、現在広く利用できるわけではない。

  • この治療法は非常によく効くが、非常に高価であり(特に繰り返し投与する必要があるため)、米国での需要を満たすほど生産規模を拡大できるとは思えない(この点に関しては、私が間違っているかもしれないが)。

また、私の同僚がパートタイム勤務に切り替えたのは、そのような治療法を一般に普及させるために、ある企業と協力するためだった。

  • かなりよく効く治療法でありながら、その入手のしやすさは様々で、FDAによって禁止される危険性も高い。ここ数年、多くの患者を救うためにこれまで利用してきた治療法の多くをFDAが入手不可能にしているのを目の当たりにし、ここで何をすべきか行き詰まっている(そのため、残りの備蓄品を非常に慎重に配給することが必要になっているのである)。

私の同僚たちは、もし私たちがこれらの治療法をCOVID-19ワクチン傷害に対する有用性という文脈でオープンに議論したら、FDAは即座にこれらの治療法を市場から排除してしまうのではないかという懸念を抱いているのである。国民の抗議によってそれを阻止できるとは思えないので(例えば、イベルメクチンでこれまでに起こったことを考えると)、私はこれらの話題について公に議論しないよう要請されている。これは正しい選択だと思うが、それでも私は葛藤している。

最近の例を挙げると、オリジナルのCOVID-19モノクローナル抗体(承認されたCOVID-19療法のうち効果があった数少ないものの一つ)は、緊急使用許可が取り消された( こちらとこちらを参照)。なぜなら、SARS-CoV-2は変異したウイルスなので、標的としたスパイクプロテインはもはや存在しないからだ。しかし、不思議なことに、この論理はCOVID-19ワクチン(そのほとんどがオリジナルのSARS-CoV-2スパイクプロテインを生成する)には当てはまらなかった。オリジナルのモノクローナル抗体はワクチンのスパイクプロテインと一致するため、COVID-19ワクチンで傷ついた患者の多くが、その恩恵を大いに受けたと報告している。しかし、残念なことに、EUAが引き上げられると、すべて廃棄されてしまった(ある同僚は、幸運にも廃棄される直前に病院の備蓄品を入手することができ、現在8回分が残っているそうだ)。

この方法は一部のCOVID-19ワクチン傷害を改善することができるが、高価であり、長期間の投与が必要である(そのため、製薬業界はその採用を支持している)。しかし、コストがかかるため、保険会社が提供することに抵抗があるのは当然で、この療法を必要とするすべての人に提供することは(コストと生産の両面から)不可能であると思う。

  • 効能が大きく異なる安価な治療法(例えば、B-12は COVID-19のワクチン傷害に時折 効く)。私はこの選択肢で利益を得た人を見たことがある(そして、たくさんのサプリメントを試すことは、私がワクチン傷害の支援団体で見た最も一般的な戦略である)。しかし、ほとんどの場合、たくさんのサプリメントを摂取しても、そうすることでわずかな改善しか得られないという結果を招く。

手ごろな値段で、一貫して効果があると思われる(しかも患者に副作用を与えない)治療法もいくつかあるが、それは人々が試している選択肢の中では少数派である。

  • 準高額なラボで校正された標準的な医薬品プロトコル(他の多くの機能性医学のアプローチと非常に類似している)。

これは拡張性の問題を解決するものであるが、私が知る限り、この方法で推進されている唯一のアプローチは、いくつかの大きな懸念を残しており、それを追求した私の知る限りの絶望的な患者の誰も助けてはくれなかった。

このアプローチの主な問題点は、患者に必要なものが大きく異なることである(提案された第一線の治療法で助かるのは一部の人だけだ)。その結果、多くの潜在的な治療法を経験する必要があり(多くの人にとって困難である)、患者は完全回復というより部分回復に落ち着く必要がある。さらに、私が知っている最も効果的な治療法のいくつかは、科学文献の中で議論されていないため、FLCCCがワクチン傷害に対するエビデンスに基づく治療法をまとめようとするようなガイドラインには掲載されていない。

  • 部分的に特定の患者を助ける、準高額で広く使われている統合治療法(例:高気圧酸素)。

このアプローチの主な問題は、ワクチンで傷ついた患者の予算を超えることが多く、どのアプローチが正しいかを判断するために有能な統合医療医を必要とすることである。そのため、上記の多くのアプローチと同様に、拡張性がない。

  • 私がよく利用するような患者中心のアプローチ。これらは、COVID-19のワクチン傷害の治療に必要な場合もあるが、私が遭遇する他の多くのワクチン傷害のケースでも、このセクションで説明したより高価な治療法の多くを必要とする場合がある。

私自身や同僚たちは、こうしたアプローチを必要としている患者に提供するために必要なトレーニングの規模を十分に拡大する現実的な方法があるかどうか、まだ考えているところである。私はそれが可能だと考えているが、私たち以前の多くの人々もまた、試行錯誤の末に成功しなかったのである。

また、いくつかの治療法は、ワクチン傷害者のニーズに対応できる有効性と拡張性を持っていると思うが、現時点では未検証のままである。もし、コビッドワクチン被害者のコミュニティが集まって、ライムコミュニティが行ったようなことを行えば、COVID-19ワクチン被害のタイプごとにどの方法が最も良い結果をもたらすかを特定することが可能になると思うが、このようなプロジェクトが軌道に乗るまでにはしばらくかかると思われる(その間、従来の研究が現れるとも思えないしね)。

また、この項を検討する際に忘れてはならないのは、製薬業界は現在、COVID-19ワクチンの異なる副作用をそれぞれ治療する製品の開発に投資していることである。したがって、彼らは典型的なパターンに従って、COVID-19ワクチンの傷害を広く治療するためのアプローチに反対し、それによってこれらの新興市場を脅かすようにFDAに働きかける可能性が非常に高い。その代わり、この症状は、それぞれが高価な独自の薬(IVIGなど)を持つ様々な小さな市場に分割されるだろう。

結論

私がアボカドビジネスに取り組んだ方法と同じように、私が望む医療行為は、常に拡張性の問題を完全に無視することである。私は、患者一人一人とじっくり向き合い、その人のケースを解決するために何をすべきかを考えようとする。むしろ、役立つかもしれない標準的なアプローチをいくつか行い、その標準的なアプローチが失敗したら他の人(おそらくその人も彼らを助けられないだろう)に送り出すのである。私はこのモデルで能力を発揮し、それを楽しんで行っているので、診療の他の部分(例えば、従業員の雇用、マーケティングなど)の規模拡大に力を入れたくない。

同時に、私が行っていることの一部は、規模を拡大することでより多くの人々に届けることができると分かっているのに、このように行動することが倫理的に正しいかどうか、常に自問自答している。そのため、私は常に、重要なニーズを満たすことによって多くの人々に影響を与える可能性があると感じるプロジェクトに取り組んでいる(例:ワクチンで傷ついた患者を助ける、医学教育の忘れられた重要な側面を提供する、などなど)。このブログの読者の方々のサポートによって、比較的多くの人々を助けることが可能になったので、このブログにも多くの時間を振り向けている(この10カ月で書いた40万6千文字と、まとめたマルチメディアやコメントなど)。

なので、私は経済システムが中心となっている拡張性の必要性を嫌悪しているが、時にはそれが必要であることも認識している。根本的なところで、私の意見の違いは、ルドルフ・シュタイナーが最もよく表していると思う。シュタイナーは、人類という種の意識が進化するためには、3つの条件が必要であると述べている。その一つは、人間がもはやお金のために働かないことである(私はこの立場を支持する実践的かつ精神的な議論の多くに強く同意するが、この記事の範囲を超えた長い議論になる)。

要約すると、お金は人生の目的を達成するための手段から、それ自体が目的になってしまうと、魂を汚す堕落した存在になってしまうと私は考えている。超富裕層の多くはこの問題に苦しんでおり、他の人たちを犠牲にしてでもすべてを所有したいという飽くなき欲望を抱くと同時に、私たち下層階級が当然と考える基本的な幸福をほとんど欠いている(私は何人かの人を知っているが、他の多くの人からも同じことを言われている)。

最後に、ドイツの保険データに関する前回の記事を投稿してからの1週間、私はそれを修正し、データの正当性を吟味するために多くの時間を費やした。現時点では、このデータに反論する信頼できる論拠を見出すことができない(ドイツ当局が提示した反論は1つを除いてすべて無効であり、最後の反論は私がこれまで妥当性を立証できなかったデータソースに依存している)。このデータの重要性、特にワクチン接種に伴うさまざまな傷害を示す重要性を考えると、私は各自がこの論文を見直し、可能であればデータの独自のレビューを行うことを強くお勧めする(出版当時からいくつか実施されており、改訂論文に含まれている)。

amidwesterndoctor.substack.com/p/the-most-important-dataset-of-the

この記事は公開されているので、自由にシェアしてほしい(例えば、私がこの記事を送る前夜に公開してフィードバックをもらっているGabやGETTRで )。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました