ジョン・キャンベルワクチンワクチン・メーカー、CDC、FDA

ファイザー社の資料 Dr. John Campbell

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

The Pfizer documents

John Campbell 0:00

温かく迎えてくれた今日のトークは、3月9日(水)です。さて、私は長い間、このファイザー文書について調べるように言われてきました。そして、情報公開請求の結果として公開された食品医薬品局(FDA)の文書です。

何が起こっているのか理解するのに時間がかかりました。しかし、まだ理解したとは言えません。しかし、私が得たものをお見せします。最初の3ヶ月で、42,000件の有害事象が報告され、1223人が死亡しているようです。これは実に憂慮すべきことです。

では、これを見てみましょう。さて、これは私が知る限り、透明性を求める公衆衛生と医療専門家たちから始まっています。このグループは、ただ透明性を求めているように見え、そのグループには、権威ある、高度な資格を持つ署名者のリストがより多くあります。

さて、何が起こったかというと、彼らは事務弁護士を使って、情報公開法(Freedom of Information Act)の要求を出しました。そして、これらの文書は現在、このウェブサイトに掲載されており、すべてパブリックドメインとなっています。リンクを貼っておきますので、ご自分の目ですべてご覧ください。

phmpt.org/

そして、これらの多くは、この情報公開請求の結果、公開されたものです。これがその要求です。それが何であるかはよく分かりませんが。それは裁判所への申請だと思います。

しかし、かなりはっきりしているのは、この、テキサス州北部地区連邦地方裁判所ということです。これは原告、公衆衛生と医薬品、公衆衛生と透明性のための医療専門家グループだと思いますが、食品医薬品局に対して、裁判官は食品医薬品局のローリング生産を30日ごとではなく、毎月の最初の営業日にするように命じました。

なるほど、これは事務的なことですね。FDAは最初の2回で1万ページ、FDAは5月2日、6月1日、7月1日までに8万ページを作成する予定です。つまり、膨大な量のデータ公開を命じているわけです。

さて、私の頭の中にある疑問は、なぜこのデータが最初に公開されなかったのか、確かに我々は情報に基づいた医療判断をするためにこの情報を知りたいと思うのですが。とにかく、このグループは、彼らのウェブサイトをクリックすると、彼らのウェブサイトに移動し、そこでファイザーのドキュメントをクリックすることができます。

phmpt.org/pfizers-documents/

私が今日見ているのは、ポストマーケティングエクスペリエンスというものです。これらはすべて、このサイトの好意により、完全にできるようになりました。

これは特に見ていただきたいものです。ここまでが、ややこしい話なんです。この情報を得るのがなぜこんなに難しいのか、裁判所の命令、私たちは健康問題について話しているのですから、これはきっと、私たちが十分に情報を得ることができるように、最初から公開された情報であるべきだったのです。しかし、とにかく見てみましょう。これがそのグループです。

これが彼らのリンクで、情報の自由、先ほどお見せしたものすべて、そしてこれが裁判所命令です。これは裁判所命令です。これが可能な文書のリストで、先ほどから申し上げているように、広範囲にわたっています。ここで見ているのは、この1枚です。この情報の大半はここから来ています。

これはもともとファイザー社の機密事項で、公開される前のものです。かなり広範な文書です。略語がたくさんあって、意味を理解するのはかなり難しいです。とにかく役立つ略語のリストがあります。これは認可後の分析結果をまとめたものです。

これは、ファイザー社製ワクチンの青年緊急承認後の市販後分析です。これは有害事象報告で、非常に初期の段階ですが 2020年12月1日から、もちろんファイザーは承認されていませんから、12月11日から2月28日まではアメリカでは承認されていないと思いますので、最大3ヶ月です。

ですから、2月28日までに、42,086件の有害事象が報告され、医学的に確認されたものと、そうでないものがあります。当時、このことを知ることができたのは良かったのではないでしょうか。

John Campbell 5:01

158000の異なる違反が含まれています。ですから、明らかに、複数の事象を持つ人がいます。ほとんどの症例は、米国から13,739件、英国、イタリア、ドイツ、フランス、ポルトガル、スペイン、その他53カ国から寄せられています。

このように、ポストマーケティングのデータ収集は実に印象的です。1223人の死亡者、42,000人の有害事象、これらの数字をワクチンの接種回数に関連付けるのです。

そして、これは編集されているようです。もし、この部分が編集されているとしたら、一体なぜこの情報を編集したいのでしょうか。なぜなら、この情報は、副作用を起こす人の割合や、ワクチン接種が原因で死亡する人の割合を算出できるのに、実際に何人の人がワクチンを接種したのかが分からないため、算出できないのです。

なぜ、そのような情報にアクセスできないのでしょうか?私が間違っていなければ、それは他の意味ですが、私は編集を意味すると思います。教えてください。

2020年12月11日以降、ファイザーのバイオワクチンは、今日の例で見ている米国で緊急使用認可の下で利用できるようになりました。

さて、この最終承認が下りたのは8月21日です。その時点で、ジャネット・ウッドコック博士(FDA長官代理)がこのように述べました。つまり、これは緊急使用承認から正式承認への移行です。

今、彼女はここで安全にと言っています。しかし、現時点では、私の理解では、この文書にアクセスするよう求めるべきでした。この文書によると、1000人から223人の関連死があったということですが、どうやって安全だと言うのでしょうか。それが、このボタンがある部分です。このPDFをすれば、非常に有用な情報が満載されています。

しかし、私が言うように、個人的にアクセスするのはそれほど簡単ではありません。今日のマイルストーンは、これは、これは8月21日に話している、私たちはジャネットWoodcockので、8月21日付与米国議会でこのパンデミックのコースを変更するために一歩近づく置くです。ここで見ているこのデータは、2月末のものまでしかないことを忘れないで下さいね。2月28日です。

では、彼女はこのデータにアクセス出来たのでしょうか?もしそうなら、どうして彼女はそれが安全だと言えるのでしょうか?

私にはあまりに意味不明なので、理解できたら教えてください。ウッドコック博士のこの発言から、何百万人もの人々に投与されたワクチンの安全性について話を進め、2月28日現在で報告されている有害事象について話を進めたいと思います。

つまり、3月、4月、5月、6月、7月、つまり基本的に6ヶ月前ということになります。もちろん、その間のデータも。まだ公開されていないのは、このローリングベースで見たように、これから公開されるのだと思います。

とにかく、推定で入手できた情報ということですね。これは2月末までに見ることができた情報ですが、一番大きな数字が含まれていると思われます。つまり、これらはイベントの2%以上と同等かそれ以上です。

John Campbell 9:24

一般的な障害と管理現場の状況 51,000件の有害反応や有害事象が蓄積されています。つまり安全に投与されたこれらのワクチンは 25,957の神経系障害と関連していたのです。

安全に投与されたこれらのワクチンが FDAの声明によると、17,283の筋骨格系のイベントと関連していました。安全に投与されているこれらのワクチンは、14,096の胃腸障害と関連しています。

皮膚では8400、呼吸の数字を読むことができる。胸部Commediaスタインオフのために縦隔は、肺では8884、感染症は4610、

時々私はこれらの番号を間違って読みます。もし私が数字を読み間違えても、書いてある数字が正しい。書いてある数字が正確です。

傷害中毒や手技的合併症も同様にチェックします。循環器系は、これは特に関心のある有害事象です。

もちろん、心臓の有害事象について、カイルやアダムと話をしましたし、関連する心臓の有害事象と推定される症例数1403、市販後の有害事象データセット全体の3.3%です。ワクチンを接種した人の3.3%ではなく、有害事象の3.3%がデータセットとして残っています。

そして、それはすべてそこで見ることができます。もちろん、携帯電話やスクリーンで見ることはできませんが、していただければ、すべての情報を見ることができますし、このワクチンの安全な投与中に指摘された特に関心のある有害事象について、本当にきれいに分類されています。

幸せな人だと言えると思います。要約から前へ 、そうです。そうそう、これはメディカで確認されたものとそうでないものだけなんです。

まとめ 結論から言うと、これがこの報告書の要約と結論です。

長い、長い報告書……たくさんの情報があります。そして、私が実際に確認したいのは、この要約と結論のメモには

「市販後の累積経験について利用可能なデータを検討した結果、ファイザー社のワクチンには有利だが有益なリスクバランスがあることが確認された」

と書かれている点です。

これがこの報告書の結論のようです。ただ、本当にそう書いてあるのかどうか、わからないのです。私はこれをカット・アンド・ペーストして、そう書いてあるのは知っています。

つまり、これだけ言っておいて、本当にそうなのでしょうか?

それが彼らの結論なのでしょうか?

今、私はそのままを得ています。そこに書かれてあります、そこには非常良く書かれてあるものということを忘れないでください。しかし、そこにはこう書いてあるんです。リスクベネフィット分析が良好であると結論付けています。

さて、これに加えて、特別な利害関係のある有害事象も取り上げています。これがそのリストです。ここでもまた、あなたは見ようとしなかったのですが、これは一般的な有害事象がここにリストアップされています。公平に見て、これらの中には1回か2回しか発生しなかったものもあるでしょう。

しかし、これは非常に長い医学的状態のリストです。そしてまた、私はこれを読むまで、これらすべてを認識していなかったし、それでもまだ、これらの多くが何を意味するのか分かりません、リストは長い。

本当に信じられないくらいです。なぜ私たちは、当時これらを利用できるようにしておかなかったのでしょうか。当時は気づいていなかったのですから、これらの疑惑を示す指標を持っていて、目を光らせておくことができたはずです。

John Campbell 14:09

FDAの生物学的評価研究センターのディレクターであるPeter Mark MD PhDはこのように言っています。これはFDAのサイトからの引用だと思います。8月21日に発表されるのではなく、8月21日に執筆されるということですね。

そして、このデータセットは、私たちの科学的、医学的専門家がこのワクチンについて非常に徹底的で思慮深い評価を行う6ヶ月前のものです。我々は、科学的なデータや情報を含む何百もの千のページで評価したので、それはファイザーワクチンの安全性と有効性の独自の分析を通じて実施したすべての何百もの千のページに目を通し、製造プロセスの詳細な評価を実行するように見え大丈夫である。

彼はこう言っています。「国民は安全で効果的なワクチンに期待していますが、それが今になって明らかになったのは、我々が脅迫されていたほど安全ではなかったということです。我々はこのワクチンを迅速に承認しましたが、それは米国のワクチンに関する既存の高い基準に完全に沿ったものであったと確信することができる。

つまり、12月11日の緊急使用許可から8月21日のFDAの報告までの間に、数百万回分のワクチンが安全に投与されたと言うことです。今回発表された情報が、安全な投与を示しているかどうかは、関連する潜在的な状態を見ながら、判断してください。

私は本当に困惑しています。また、政治家や医学界のリーダーが、このワクチンは安全で効果的だとずっと言っていたのに、このデータがFDAに提供されていたとは、私には思えません。

このデータは英国、ドイツ、カナダ、オーストラリアの規制当局が入手できたのでしょうか?

最後に、ワクチンを接種することのリスクベネフィット分析が、このような状態と比べて変化したのでしょうか?

 

さて、オーストリアですが、これはオーストリアの関連大臣、上級政治家、1月に可決されたVAT強制接種のための法律が2月初旬に施行され、オーストリアでの強制接種が行われましたが、当時は回復したことを覚えています。

彼女は今、それは比例していないと言います。なぜなら、オミクロンに感染したほとんどの人が経験する比較的軽い症状。だから、ファイザー、そして、FDAはリスクベネフィット分析が良好であると結論づけたように見えました。

2021の初期に戻るなら、最初の3ヶ月に、我々は1223の関連する有害性、ファイザーワクチン接種、不明な不利益について議論することができました。

しかし、今、オミクロンで、それはより少ない病原性、より少ない入院率、より低い死亡率、なくなってはいませんが、はるかに少ないです。

確かに、リスク・ベネフィット分析が変わったことは事実として言えると思います。だから、本当にオーストリアのような政府は、ワクチン接種のリスクの増加に対して状況を見直す必要があります。

今回のファイザー社のワクチン接種の場合、もう一つのワクチン接種の詳細が分からないので、比較する必要があります。そして、オミクロンの既知のリスクと比較してみてください。リスク・ベネフィット分析が変わる時が来たのかもしれません。

たぶん、それは政策に反映させる必要があります。しかし、私はただ……いったいなぜ、ただの裁判官の署名が必要なのか、と感じざるを得ません。本当に、どういうことなのでしょうか。

それで、当時は知らなかったことをここで学んだというわけです。当時、私たちは年長者の言葉を鵜呑みにしていたのです。

John Campbell 18:57

もうひとつは、なぜ主要メディアがこの件をまったく取り上げていないのか、ということです。私は、これは完全なスキャンダルであり、おそらくウォーターゲート事件やプロヒューモ事件、あるいはあなたの国にある相当するようなものと同列に扱われると思っていたのですが、取り上げられないようです。

もちろん、今は誰もがある程度正しく戦争に夢中になっています。しかし、これらの国々には、賢明な質問をする精神的余裕がまだ十分にあります。と思っていたのですが、私が見る限りでは、主要メディアはこのことを取り上げていないようです。

だから、私たちはこうしているのです。これが、私がこれまで解決してきた状況です。もちろん、コロナウイルスに感染して死亡する人がたくさんいる、ということは言えるでしょう。

しかし、私は約40年間診療してきました。しかし、その多くは教えることでしたが、私は多くの臨床臨床を経験し、長い間、臨床看護師として働いてきました。そしてまた最近ですが、人の命を救えないこともあります。

もちろんです、もちろん、それは文中では許容範囲内なんですが、私たち人間、男も女も死すべき存在です。もちろん、私たちは、子供でさえ、時には死ぬのです。だから、そういうこともあります。

しかし、もしそれが自分が引き起こしたことなら、ちょっと違います。自分が行った介入を振り返って、それが誰かの死を加速させたかもしれないと考えるようになったこともあります。しかし、それは本当に正しい理由があってやったことだと思います。

そして、それが受け入れられる場合もあります。終末期の患者に鎮痛剤を投与することがありますが、それが死を早める可能性があることを承知の上で、生活の質を高めるために許容される場合もあるのです。

しかし、健康な人に害を及ぼすようなことを実際に行うのは、「まず害を及ぼさない」というヒポクラテスの考えを根本から覆していると言えるでしょう。

どうやら、私たちは害を及ぼしてしまったようです。

私たちが知る限り、現在のすべての規制機関は、リスク・ベネフィット分析が良好であるとしています。過去やデルタについて議論することは可能です。しかし、オミクロンに関しては、リスク・ベネフィット分析が変わりました。このことが政策に反映されることを期待しましょう。

もう1つ、私が思うに、今回の件で権威に対する信頼が失われたと思います。だから、上級の人たちは、これは安全で効果的だと言うでしょう。

しかし、彼らの言う安全という言葉と、私の言う安全という言葉の理解は、実際には全く異なるものであることが判明したのです。では、このような人たちを将来的に信用できるのでしょうか?

これはまったく別の問題で、おそらく今はちょっとわだかまりがあるのでしょう。しかし、ほとんどの政府がロシアがウクライナに侵攻すると信じていなかったのは、情報が乏しかったからではありません。

コリン・パウエルとその仲間たちが、サダム・フセインとトニー・ブレアをはじめ、当時のあらゆる人々が、不正な情報によってサダム・フセインが45分以内に大量破壊兵器の雨を降らせるかもしれないと言ったからなのです。つまり、信頼は失われていたのです。信頼は失われていました。私が思うに、イラク侵攻の口実として。そして今、本物の情報があっても、人々はそれを信じませんでした。

では、ここでも状況は似ているのでしょうか。将来、私たちが本当に、本当に、本当に、医療のリーダーを信頼する必要性があるようなことが起こるのでしょうか?その結果、もしかしたらそうでない人も出てくるかもしれません。これは思いつきに過ぎません。ご視聴ありがとうございました。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました