モデルナは、mRNA毒の需要が低いにもかかわらず、製造能力を大幅に拡大している…

サーシャ・ラティポワパンデミックⅡ・疾病Xワクチン- 製薬会社、CDC、FDA、DoD

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

モデルナ・カナダがケベック州ラバルのmRNAワクチン製造施設の建設を完了。(CNWグループ/モデルナ社)

Moderna is substantially expanding manufacturing capacity, despite low demand for their mRNA poison…

sashalatypova.substack.com/p/moderna-is-substantially-expanding

2024/03/15

モデルナは多くの国に製造施設を建設しており、コビッドワクチンの時よりもはるかに多くの生産能力を有している。

カナダ

モデルナ社によれば、ケベック州ラバルに新しいmRNAワクチン工場の建設が今年後半に開始され、2024年末までに生産が開始される予定である。 この工場は製薬大手の米国外初の製造施設となり、建設費は推定1億8000万ドルである。

オーストラリア

米国のバイオテクノロジー企業モデルナ社は、ビクトリア州にmRNAワクチン製造施設を建設することで基本合意に達した。これは南半球初のmRNA製造施設となる。 モデルナ社は、オーストラリアで毎年最大1億人分のワクチン製造を見込んでいる。

イギリス

モデルナによれば、2025年までに稼動予定のこの施設は、MITCとしても知られ、呼吸器系疾患の “幅広い “mRNAワクチンを英国に供給することを目的としている。昨年夏、モデルナは “迅速なパンデミック対応能力 “へのアクセスを強化する努力の一環として、MITCを建設するための予備契約を英国と結んだ。当時、モデルナはこの施設を “緊急に “稼働できるように設計していると述べていた。この動きは、将来のパンデミックの威力を鈍らせることを目的とした英国の「100日ミッション」に該当する。

日本(政府のワクチン契約待ち):

モデルナのステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)は今週、ワクチン外交のため日本を訪れた際、日経新聞の取材に対し、政府との長期的なワクチン契約の締結を条件に、日本に製造施設を建設すると述べた。

この工場は、COVID、インフルエンザ、その他同社がmRNA技術プラットフォームで開発する可能性のあるあらゆるワクチンの注射を一貫して製造する工場になると、バンセル氏はオーストラリアカナダイギリスでの同社の動きを参照しながら、同誌に語った。

中国:

上海 2023年11月28日 ロイター – 米国のワクチンメーカーであるモデルナは、mRNA医薬品を製造する中国初の施設の建設を今月開始した。

スペイン – ロヴィの生産能力を拡大:

この新たな契約は10年間の期限付きで、スペインのマドリッドにあるROVIの施設全体で製造能力を増強するための一連の投資が含まれている。モデルナのCOVID-19ワクチンの製造に加え、ROVIのプラットフォームは将来のモデルナmRNAワクチン候補のサービスにも利用される可能性がある。

モデルナの内部情報筋によると、

新しい生産能力はインフルエンザワクチン用ではないが、その可能性はある。

次に市場に投入される可能性の高い製品はインフルエンザワクチンで、今秋(2024年)に計画している。しかし、コビド・ブースターの摂取率が20%程度であることを考えると、この製造拡張がすべてインフルエンザ製品だけであるとすれば、規模が大きすぎる。

私の生産能力の見積もりは、コビッドのために利用可能だったものと、現在建設中のものを比較したものだ。

コビッドには、マサチューセッツ州ノーウッド、ロンザNH、ロンザSWSS、ロヴィ・スペインがあった。

現在、Norwoodの生産能力はcovidの時の2倍、カナダ、オーストラリア、英国、Roviスペイン、そしておそらく日本と中国となる。

これらの施設は、先を見越して建設しているようだ。せいぜい疑わしいコビドワクチン以外、承認された新製品はない。

また、がん遺伝子治療製品である個別化ワクチン治療の能力も増強している。

非公式の組織は何か「大きな」ことを計画しており、そのためには大量の毒が必要だ。 私は皆に、警戒を怠らず、デタラメ探知機を最大限の精度で対応するよう忠告する。 早ければ今秋にも、生物・化学兵器、場合によっては放射線兵器が使用される可能性がある。 これが「選挙特番」になるのか、それとも2025年以降になるのかはわからない。 何よりも家族を守り、従わないことだ。

タイトルとURLをコピーしました