PANDA,,PROPAGANDA IN FOCUS抵抗戦略

ナッジされない方法 | PANDA -パトリック・フェイガン
Patrick Fagan | How not to be nudged

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ


パトリック・フェイガン 0:00

ですから、あなたはメディアのシナリオをご存じだと思います。従わない人、疑問を持つ人、愚かで、利己的で、病的だと言われています。そこで、私自身、いくつかの研究を行いました。ひとつは4000人の人にCOVIDについて質問してもらいました。

この調査結果について私が得た結論は、ある意味正しいのですが、それはすべてフレーミングの問題だということです。どのように位置づけるかが重要なのです。従わない人は知能が低いと言われても、私は知能の問題だとは思いません。それよりも、共通集合の方が重要だと思います。

それに、利口なバカ仮説(Clever sillies)というのがあって、IQの高い人は概念が欠落しがちだという仮説があるんです。ジョージ・オーウェルが言ったように、アイディアのあるセルビア人はいますが、彼らを導くことができるのは知識人しかいない。つまり、知能は必ずしも無意味なものから守られているわけではないのです。

むしろ、それが危険因子となる可能性もあります。なぜなら、頭がいいということは、知的な面で自分を縛ることができ、合理化や空想の物語を考え出し、空に城を建てることができるからです。そして基本的に、私はあなたの直感や常識、現実からかけ離れてしまうのです。

PANDA 1:17

それでは皆さん、本日の監督会議へようこそ。今日はパトリック・ファビアンさんにプレゼンしていただきます。パトリックさんは後天的行動科学者で、有名ブランドや主要な政治キャンペーンへのコンサルティングを13年以上経験されています。

彼は非常勤講師であり、先ほど見た「Hooked」というマーケティング心理学の本の著者でもあります。彼は以前、ケンブリッジ・アナリティカで主任心理学者を務め、現在はいくつかの行動科学やデータ科学のコンサルティング会社で活躍しています。

私たちは、常にあらゆるところから情報や感情を浴びせかけられる世界に生きています。どこを見ても、誰かが私たちに製品を買え、候補者を選べ、戦争に行けと説得しています。このような環境の中で、私たちはどのようにして自分の心理的な完全性を維持し、強化することができるのでしょうか。

どうすれば心を解放できるのでしょうか。そして、私たちの精神に無限に押し寄せるように見えるナッジ、ポンプ、ショーブに抵抗するにはどうしたらよいのでしょうか。パトリック、ようこそ。今日はあなたのプレゼンテーションを聞くのがとても楽しみです。どうぞよろしくお願いします。

パトリック・フェイガン 2:29

ありがとうございました。ここに来れてとてもうれしいです。まず、ナッジングとは何でしょうか?そして、この危機的状況に至るまでの数年、数十年の間に、社会で何が起きているのでしょうか?なぜ、そのようなことにならない人たちがいるのでしょうか。

そのような免疫のない人がいるのは、どのような特徴があるのでしょうか。一方で、なぜ免疫がない人がいるのでしょうか?なぜ彼らは、何が起こっているのかを潜在的に理解することができないのでしょうか。そして最後に、もう一つ、実用的なヒントとして、あまり自己紹介をされないようにするための方法を簡単に紹介します。

私の名前は、ご存知のように、パトリックです。時々、私はパットと呼ぶように人に頼みますが、私はそれがあまり好きではありません。しかし、これはあまり好きではありません。なぜかというと、ニックネームや短い名前を使うことで、より人気者で明るいと思われるようになるそうです。

私は、応用行動科学者として、心理学の学術的な科学的側面から、現実の世界でどのように応用できるかを考え、日々、無料で行動しています。学術的な面では、いくつかの大学で非常勤講師を務め、商業的な面では、実験や広告の改善、Webサイトでのナッジなどを13年間続けてきました。

明らかに、ここ数年、このようなことすべてについて、良心の呵責というか、ちょっとした倫理的危機を感じています。これは、ケンブリッジ・アナリティカで働いた人の話です。ここ数年、行動科学は非倫理的になり、私でさえ問題がありました。

本当にひどい状態になり 主任の心理学者だった私がジャネットに「ちょっと待て これはおかしい」と言わせたのです。私は今でも行動科学の仕事をしていますが、私がしていることは「役に立つ」ということとは大きな違いがあると思います。

例えば、コカ・コーラ社は、もっとコーラを売れ、と言っています。コカ・コーラをクライアントにしたことはありませんが、あくまで一例です。一方、社会の構造を完全に硬直化させ、社会の構造、制度に対する信頼や信用を蝕むような、かなり有害なものを与える可能性があります。

広告がより説得力があるように、広告も単なるコミュニケーションであり、あらゆる種類のコミュニケーションは説得の一形態です、私があなたに話していることさえも。今、私は、私の商業的な仕事はそれほど非倫理的ではないと思わせようと説得しているのですが、実際、それはうまくいっています。

しかし、すべては説得なのです。ですから、そこから逃れることはできません。しかし、本当に問題なのは、「自分は投資できる」と思っている人たちが使う場合だと思うんです。自分たちは合理的で、自分たちは正しく、相手も合理的で、より大きな利益のためにコントロールし、管理する必要があると考えるわけです。

倫理的な問題はそこにあり、人々の自律性と主体性を奪ってしまうことだと思うのです。ここ2年間、明らかに起きていること、恐怖メッセージの使用、社会契約が再構築される方法、プロパガンダ、そしてもちろん、これからお話しするナッジに非常に心を痛めてきました。

例えば、あなたが公衆衛生キャンペーンを行うとしましょう、公衆衛生にとって本当に良いアイデアだと思います。すべての開業医の診療所を閉鎖し、ジムを閉鎖し、人々が日光を浴びて新鮮な空気を吸うのを止め、恐怖をぶつけて、社会的な交流を止めるのはどうでしょう?それは明らかに精神的なもので、人々の健康にとって本当に悪いことです。

2020年3月のスタート時に私が行ったように、Google Scholarで30分調べるだけで、ロックダウンやあらゆるものが人々に与える大規模な悪影響を確認することができるのです。ですから、私たちのような人間にとって、ここで何かが起こっていることは、最初から明らかだったのです。

このような対策や介入は、人々にとって良いものではありませんでした。しかし、3つの謎のうち、本当の謎は、なぜ他の誰もこのことに気づかなかったのでしょうか、ということです。なぜ彼らは、なぜ疑うことなくそれに従ったのでしょうか。言い換えれば、人々は一体どうしたのだろうということです。ということで、心理学的な観点から、まずそれに答えたいと思います。

パトリック・フェイガン 7:20

基本的には、2つのことが起こっています。人々は好かれたいと思っていますし、明るくなりたいと思っています。この2つの力が、人を眠らせないように共謀しています。つまり、人は好かれたいという側面があるのです。これはAsch実験と呼ばれるもので、適合性と集団圧力がいかに強力であるかを示している素晴らしいビデオです。

パトリック・フェイガン 9:12

進化論的な観点からすると、仲間はずれにされること、集団から追い出されることは、本質的に死を意味するわけです。集団に含まれないということは、資源や安全性などにも含まれないということです。ですから、私たちは拒絶されたり、追い出されたりしたくないという本能が非常に強く働いています。

皆さんの中にも、間違ったことを言うと、ネット上で暴徒化するような経験をしたことがあるのではないでしょうか。例えば、私がマスクについて発言したことが原因で、誰かが私の住所をネット上に公開し、そのせいで仕事を失ったことがあります。

家族を養わなければならないのに。とても怖いことなんです。だから私たちには、揺さぶりをかけたくないという本能と、追い込まれるようなことを言いたくないという本能が、潜在的にあるんです。そしてもう一つ、私たちは好かれるのが好きです。

しかし、私たちは正しいことも好きです。これは認知的不協和の話ですが、首尾一貫した世界観を持つ必要があり、トラウマにならないように、基本的には世界観が粉々に吹き飛ばされ、完全にひっくり返されないようにする必要があるのです。

私のように「トゥルー・クライム」のドキュメンタリーを見たり、ポッドキャストを聴くのが好きな人は、目撃者が森の中で死体を見つけたとき、いつも何と言うでしょうか。「マネキンだと思った」「人形だと思った」と言うんです。ダミーを森に埋めれば死体になるのは当然ですが、そうでない場合はどうなるのでしょうか。しかし、恐ろしいものやトラウマになるものに出くわしたとき、脳はある意味トラウマから自分を守るために、それを見せないようにするのです。

例えば、否認、退行、つまり子供の頃の状態に戻るだけです。例えば、否認、退行、幼少期に戻るなどです。また、同一視、つまり、加害者と同一視してしまうこともあります。このような防衛機制が、恐ろしい真実を見せないようにしているのです。

心理的にトラウマになりかねないので、例えば、自分の政府が、よくても無能で、悪くても邪悪であるという考えを知るようなものです。ですから、私たちはこのような防衛機制のようなものを持っていて、それが苦痛であれば、物事をありのままに見ることを止めてしまうのです。

この2つの傘の下には、人々がこの種のことについて批判的に考えることができないような、特定の認知バイアスも入ってきているのかもしれません。意志的盲目があります。これはダチョウ効果とも呼ばれるところです。しかし、本質的には、私が言ったように、心は自分が処理できると思うものしか見せないのです。

そうしない場合、感情的に関わるのではなく、合理化できるような否定に入ったり、自分から遮断したりすることができます。認知的不協和がありますが、物事が自分の期待する世界と一致しないとき、私たちはその緊張感を最小限に抑えようとするのです。

例えば、陰謀論者のような思考停止フレーズによって、人々はそのギャップを埋めることができるわけです。例えば、インフルエンザがCOVID中に消失したという証拠を持ってくる人がいたとします。この思考停止装置が、「あの人はフェイクニュースを流す陰謀論者だ」と、その隙間を埋めてくれるのです。ですから、そのことについて考えたり、関わったりする必要がないのです。

3つ目は、システムの正当化です。基本的に、あるシステムの中で育ち、その恩恵を受けて、そのシステムに深く組み込まれていると、それが間違っている可能性を想像することができません。イギリスでは、少数民族の人たちがCOVIDの制限に従わないのは、このような理由もあるのだと思います。なぜなら、彼らは他の人たちがするように、何世代にもわたって先祖をたどれるとは限らないからです。

パトリック・フェイガン 13:46

それから、恐怖への対策もあります。これは、死というものに直面したときの防衛メカニズムのようなものです。実際、私たちは皆、ある日突然死に、塵と化し、腐敗した肉人形となり、虚栄の中の虚栄、すべてが塵と化します。これは、私たちにとって、とても恐ろしいことです。ですから、人はいつか死ぬという事実を思い知らされ、死について考えさせられます。

例えば、ある実験では、墓地を歩くと、ある予測された反応が起こります。伝統的なブランドを買おうとします。つまり、確実性や意味を与えるものであれば何でもいいのです。そして、最終的には、怖い死、つまり、私たちが死んでしまうという考えを避けるためにできることをするのです。

同様に、行動免疫系と呼ばれるものもあり、病気の脅威や嫌なことに直面したとき、私たちは非常に予測可能な方法で反応します。これは、病気の蔓延を防ぐために、進化的に組み込まれたものです。

しかし、基本的に、私たちはより偏狭で不寛容になり、より多くのグループを好み、偏見を持つようになります。このことは、ここ数年、明らかに人々に見られる行動です。純潔にこだわるようになると、ピューリタンになってしまうという考え方もあります。

また、conformity(適合・遵守・服従・同調)という考え方もあります。これも進化論的な利点で、特定のブッシュの実を誰も食べていないなら、自分もその実を食べるべきではないでしょう。ですから、一般的に言えば、群衆に従うのは理にかなっているのです。

次に、前にも述べたように、私たちは仲間はずれにされたり、追い出されたりするのが嫌だという事実があります。また、社会的動物として、自分の集団と対立するものを拒絶する集団バイアスも働いています。そして、相反する情報が提示されると、より偏った考えになってしまうのです。

ですから、もしあなたがTwitterに、NHSのハート、EUの旗、ウクライナの旗、青いハートを持っているタイプなら、自分が特定の部族に属しているというシグナルを送っているようなものなのです。もし、他の部族のものや、陰謀論者のものを見たら、すぐに拒否して、自分の部族にさらに凝り固まることになります。

なぜなら、私たちは部族的であるように仕組まれているからです。しかし、実際には情報に耳を傾けたり、理性的に関わったりしているわけではなく、自分が属する集団の中で自分のアイデンティティを表現するためのものとして利用しているだけなのです。

次に、私たちは皆、いわゆる「認知障害」です。つまり、私たちは情報を処理するための注意力と時間とエネルギーが非常に限られています。また、現状に挑戦することはリスクが高いことでもあります。例えば、私の友人に非常に大きなビジネスを経営している人がいます。

彼は明らかに多忙を極めています。しかし、彼はとてもオープンマインドで、のんびりしていて、クールな人です。ある理論について話していたとき、彼は「他のビジネスのことを考える時間はない」と言ったんです。それは、私たち全員に言えることです。

私たちには、すべてを合理的に考え、すべての科学論文を読む時間はありません。ですから、白衣の人たちがやっていることを、他の人たちもやっている、という現状をデフォルトにするしかないんです。

学習性無力感とは、自分には何の力もないと思ってしまうと、そもそも挑戦しようともしなくなることです。例えば、あることについてその人に話そうとすると、「それが本当だとしても、知りたくもないし、私にできることは何もない」と言うのを聞いたことがあります。

Patrick Fagan 18:00

権威とは、スタンレー・ミルグラムのショック実験のようなもので、例えば白衣を着ている人の言うことは何でも聞くようになります。なぜなら、先ほども言ったように、私たちは自分自身ですべてを合理的に考え抜くだけの脳力、時間、モチベーションを持ち合わせていないからです。

かなり明白な例を挙げると、ほとんどの人が同意すると思いますが、私自身は完全に解決しているかどうか分かりませんが、地球が丸いということに同意するとします。しかし、どうやってそれを知ることができるのでしょうか。私たちの誰もが、宇宙に行って自分の目で見たことがないのではないでしょうか。

画像はありますが、合成画像であることが多いのです。例えば、振り子を使ってできる実験があります。白衣を着た人や教師が「地球は丸い」と言えば、それは正しいに違いないと思うでしょう。

保険会社が保険商品を販売するとき、その保険会社が何を言っているのか分かっていると信じなければならないのです。

家を買うときに測量士に来てもらってチェックするにしても、彼らを信頼しなければなりません。ですから、私たちは人を信じるしかないのです。しかし、今、私たちが目にしているのは、あらゆる分野で信頼が失われ、侵食されていることです。

そして最後に、退行です。これは本質的に、世界は恐ろしく、混乱し、努力が必要だという事実です。ですから、私たちは皆、ある程度、子供に戻りたいと思い、自分の責任や意思決定を他の何かに委ねたいと思っています。ですから、ほとんどの人は子宮に戻り、リスクも責任もない子供時代の快適さを取り戻したいと思っているのです。

パトリック・フェイガン 19:58

申し訳ありませんが、私はクイックチャットを見ているだけです。たぶん、この話はまた後ですることになると思います。つまり、これが第一の問題で、人々は何が間違っているのかということです。ノリで言うと。もうひとつは、私たちの何が問題なのでしょうか、ということです。

この電話では、私たちは多かれ少なかれ同じ考えを持っていると思うのですが、なぜ私たちはそれを見抜くことができたのでしょうか。なぜ私たちはプロパガンダを見破り、何が起こっているのか疑問を持つことができたのでしょうか?メディアのシナリオはご存知の通りです。

従わない人、疑問を持つ人、愚かで、利己的で、病的だと言われています。例えば、ワーキングメモリ容量の低さは非遵守と関連し、基本的にはIQ、社会病質的特徴は非遵守と関連し、幼少期のトラウマは非遵守と関連すると言われているのです。

私自身、いくつかの研究を行いました。ひとつは、COVIDについて質問してきた人たち4,000人を対象にしたものです。他にもいくつかあります。これらの調査結果について私が得た結論は、ある意味正しいのですが、それはすべてフレーミングによるものだということです。

ところで、私は自分自身をコンプライアンスに反する人間だと考えています。ですから、これらのことは私自身にも当てはまりますが、すべてはフレーミングの問題なのです。どう位置づけるかが重要なのです。例えば、コンプライアンスを守らない人は知能が低いと言われますが、私はそうは思いません。

私は、それは知性の問題ではないと思います。むしろ、常識の問題だと思います。高IQの人は常識が欠落している傾向があるという「利口な愚か者仮説」(clever sillies hypothesis)というものがあります。ジョージ・オーウェルが言ったように、セルビア人にはある考えがありますが、それを信じられるのは知識人だけです。ケンブリッジ大学でジェンダー研究の博士号を取得することも可能です。

ですから、知性は必ずしも無意味なものから身を守るものではありません。むしろ、危険因子となる可能性もあります。なぜなら、頭がいいということは、知的な面で自分を縛り、合理的な理由づけや空想の物語を考え出し、空に城を築くことができるようになるからです。

心理学にも、センターピース・ダイアナというものがあります。私は詩を読んだことがあります、ムカデは楽しいでヒキガエルが獲物を言うまで、静かな、幸せでした、どの脚がこのようなピッチに適応するために、このレースの後に移動し、彼女はどのように実行するのかわかりません、借金に疲れ果てた感じです。ですから、物事を考えること、つまり知的に考えることは、実は邪魔になるし、常識や直感だけの真実から引き離すことができるのです。

ですから、私は知性そのものが問題だとは思いません。それよりも、概念や直感に従うことの方が重要だと思います。私たちはその傾向が強いと思います。もちろん、これは平均的な話ですが。また、面白いことに、ミッドウッドの考え方もあります。エドワード・ダットンは『クレバー・シリーズ』を書きましたが、彼はネットワークの話もしていて、これは中程度の知能を持った人たちのことです。

ユーモラスな例として、ワクチンというものがあります。しかし、これはある調査のデータにも裏付けられていて、高学歴しかない人たちや博士号を持っている人たちが、最も高いレベルでワクチンをためらうということが分かっているのです。

しかし、重要なのは、ちょっとした知識が危険だということです。そして、それについて考える時間と能力があれば、それを咀嚼して取り入れることができます。しかし、次のステップに進み、批判的に考えることはできないかもしれません。

ですから、ワーキングメモリーがコンプライアンスと関連していると言う場合、直線的な関係から見る傾向があるように思います。それは、ある種のベルカーブかもしれません。それがひとつ。

インテリジェンスについては、実はもっと常識的なものだと思います。もう一つは、悪人、社会病質者、その他です。これらの特徴は、「嫌われやすさ」と呼ばれるものに引き寄せられる傾向があります。不愉快さとは、対立を受け入れやすく、物事に同意しにくく、協力的でなく、皮肉屋であることを意味します。

パトリック・フェイガン 24:38

不愉快な人は、何かを持ち込まれたときに同意しにくいというのは、特に大きな驚きではないと思います。この人はおそらく不愉快な人なのでしょう。彼の友人たちは、おそらく血まみれの手で難癖をつけているようなものです。再び、ええと、あなたは知っています、刑事社会は不愉快な人々頑固な、反抗的な人々のようなものを振るし、新鮮な維持し、みんなから何かに準拠して停止する必要があります、それは危険なことができますので。

そう、ソクラテスは自分自身のことを「ハエ」だと言っています。アテネ市民の馬の周りをブンブン飛んで、馬に噛み付いて困らせ、馬を蹴散らして、突然自分が嫌な人間だと思わせるような、議論を巻き起こしたり、批判的、皮肉屋、懐疑的に物事を問いかけたりしていました。それは悪いことではありません。しかし、このような人は、対立に寛容でなく、人をあまり信用しない傾向があります。

そして3つ目は、トラウマです。従順でない人は、背景にトラウマがある可能性が高いんです。過去に何らかの虐待を受けた経験があれば、虐待的な政府を見たときにそれに気づく可能性が高くなるというのは、私にとっては非常に理にかなっていると思います。

同様に、人生で悪を見たことがあれば、例えば、中毒や、虐待といった形で、悪が社会的に起こった時、より認識しやすいのです。悪に対抗できるようになります。この引用文が中毒について述べているように、中毒という形で悪に取り憑かれた場合、トランスパーソナルな悪という考え方は、それほど異質でも奇妙でもなくなります。

そう、人は暗くて悪質なものに蝕まれる可能性があるという考えですね。過去に自分がそのような経験をしたことがあれば、それを見抜くことができますし、免疫力を高めるためのツールも持っている可能性が高くなります。

先ほども少し触れましたが、「死の否定」という素晴らしい本があります。彼は、すべての性格特性は、本質的に、私たちがいつか死ぬという考えに対する防衛機制であると仮定しています。例えば、ある人はとても社交的です。それは、他の人たちと一緒にいることが、その人にとっての人生の意味を得る方法だからです。

そして、良い人間関係があれば、有意義で目的のある人生を送っていると感じます。もし、誰かがとても良心的で、組織化されているとしたら、それは、混沌に構造をもたらし、世界の混沌から守られていると感じる方法なのです。

興味深いことに、彼は本の中で、人が人生で初めて自分が本質的に腐敗した肉であることに気づくのは、トイレの訓練を受けたとき、あるいは、私は子どもの頃だと思いますが、自分の中から腐った物質が出てくることに気づき、それをコントロールできず、基本的に世界の気まぐれに対する動物であることを理解するときであると語っています。

2020年3月にロックダウンが始まったとき、人々はトイレットロールを買い、備蓄していました。基本的に、死を直視したことがある人は、インフルエンザも怖くなくなると思います。また、死を目の前にして、人生の暗闇を経験したことがある人は、後で暗闇に直面したときに、より強く立ち直ることができると思います。

これが主な3つのポイントです。この3つは、フレーミングの問題だと思います。私は研究の中で、これらのことを発見しました。もちろん、これらの平均値はすべての人に当てはまるわけではありません。しかし、これらはある種の真実であり、メディアの報道よりもはるかに肯定的だと思います。

パトリック・フェイガン 28:54

同様に、これと関連して、スライドをやるかどうか迷ったのですが、皆さんと一緒にリスクを取ることができると思います。最後に、私たちを特徴付けているのは、メディアなどで以前からナンセンスを見せられ、それに対して免疫ができていることだと思います。

私自身は、15年ほど前に、ツインタワーは何らかの方法で爆破されたのだと理解しました。左側のビル7棟が崩壊しているのが見えますが、どうやらあの急速で対称的な下降は、ビルの崩壊の仕方らしいのです。床が一つずつ飛び出して、砂煙の下に落ちていくのが見えます。

そして右側には、スクイブと呼ばれるものが見えます。解体用語では、このような瓦礫の塊は、いわゆる崩壊波のはるか下にあるものです。しかし、とにかく、これ以外にもたくさんのことがあります。ここでは、ごく当たり前の例を3つ紹介します。

しかし、私は15年前にこのことに気づいたので、COVIDが登場したとき、何か疑わしいことが起こっているかもしれないという考えに対して、よりオープンになることができました。他の人たちは、メディアがヒステリックになり、トランプについて完全に不誠実で操作的なやり方をしたことが原因かもしれませんが、それが何であれ、人々を免責することはできません。

ですから、彼らは、そのシナリオが出てきたときに、それを受け入れようとしない可能性が低かったのです。しかし、それは私たち、この2年間のすべてのものにうながされるのを防いだような、心理的なもののほとんどだと思うのです。そして3つ目は、一般的なナッジングと、起こった社会的な変化についてお話します。

パトリック・フェイガン 30:47

ここで重要な原則は、私たちは皆、いわゆる「認知障害者」であるということです。私たちは、情報に注意を払い、それを処理し、選択をするための注意力が限られています。ある研究者は、私たちは食べ物だけで1日に200の決断をしていると推定しています。

どのように推定したのかは分かりませんが、要は、私たちは毎日あらゆる決断をしており、あらゆる情報、特に今はあらゆるテクノロジーがあり、常に情報と選択肢にさらされているのです。しかし、私たちには処理するための意識的な脳力がありませんし、時間も体力もなく、やる気もありません。

そこで、ヒューリスティックと呼ばれるものに頼らざるを得ません。これは、無意識のレベルで機能する近道で、非常に複雑な情報や選択を、綿密に考えることなく、ナビゲートすることを可能にします。

例えば、外国の都市に一泊の出張に行ったとき、夕食を食べる場所を探そうとすると、2つのレストランしか見つからず、1つはとても混んでいて、もう1つは全く人がいない。どちらで食べるかというと、ほとんどの人はすぐに、そして満場一致で、「混んでいるから、おいしいに違いない」と混んでいるほうに行くでしょう。つまり「忙しいから美味しいに違いない。」ですから、それを選ぶんです。こういうのを非合理的と言いますか、バイアスと言いますね。

しかし、実はとても役に立つのです。何十年、何百年、何千年、何百万年と進化してきたのです。それで、私たちは生きていて、機能しています。とても便利なものです。しかし、時には状況に対して 適切でないこともあります。例えば、私たちはできるだけ多くのカロリーを摂取するように仕向けられています。

しかし、カロリーが豊富な昨今では、それはあまり役に立ちません。むしろ逆効果になりかねません。そこで、ナッジを使って、こうしたバイアスを理解することで、人々がより少ないカロリーで食事できるようにすることができるかもしれません。

では、例を挙げましょう。これは、コビッドワクチンのために送られたテキストです。わずか19文字で、6つのバイアスの使い方、つまり人々に影響を与える6つのナッジを詰め込むことに成功しました。あなたは、NHS(英国保健医療局)のCOVID-19ワクチンを無料で受けることができる優先順位の一番上にいます、と言っています。

行列があると言うことで、社会的証明と呼ばれるものを使い、ワクチンが人気があるように見せ、あなたが行列の一番上に達したと言うことで、より価値を認めさせます。彼らは、コミットメントと一貫性と呼ばれるものを使います。何かに投資したと感じると、投資を失いたくなくなり、行列の一番上に電話することでその通りにする傾向があります。

優先的に電話することで、希少価値と呼ばれるものを利用し、ワクチンチームを不足させるのです。ですから、あなたはより評価され、より緊急性を感じて、それを取りに行くのです。彼らはそれを無料で提供します。これは、彼らがあなたに好意を寄せているように感じられるので、お返しに何かをしてあげるという互恵関係です。

NHS(英国保健医療局)は英国で信頼され、好まれている機関なので、NHS(英国保健医療局)からのメッセージは、メッセンジャーのメッセンジャー効果を利用しています。NHS(英国保健医療局)からメッセージが来れば、これは本当に信頼できるものだとわかるし、同意するかどうかは別として、ナッジングの使い方のマスタークラスです。

もし、あなたがバイアスを理解し、人々の意思決定を理解すれば、それを使って、特定の方法で人々に影響を与えるようなメッセージを作ることができるのです。さて、ナッジングは、ほとんどのものがそうであるように、善意から始まりましたが、善意については何と言うかご存知でしょう。

原著の共同執筆者の一人であるリチャード・ファウラーにサインをしてもらうと、もしあなたが善意で書いていたなら、彼は自分の本にそうサインをします。それがきっかけで、このようなことが始まりました。ナッジングは、人々がもっと野菜や果物を食べるようにするため、自殺防止のため、禁煙のための運動のため、などに使えるのではないかという考えです。なぜなら、これらは一般的に人々にとって良いことであり、強制するものではなく、ただ、希望を持って、友好的で、役に立つものを与えようとしているからです。

パトリック・フェイガン 35:40

しかし、もちろん、その後、状況は大きく変わりました。リチャード・ダリは、2020年にこの本を書き、すべての人が予防接種を受けるために白いリストバンドを持つべきであり、そうすればレストランなどに入れるようになると述べました。

このように、急速に広まっていったのです。また、ナッジングという考え方自体も、ナッジングです。人は損失回避性というものがあり、損失に対しては利益よりも敏感に反応します。つまり、人々は牛肉を買う可能性が高くなるのです。ラベルに脂肪分20%ではなく、脂肪分80%と書いてあれば、同じことを意味するにもかかわらず。

死亡率1%よりも生存率99%の方が、手術を受ける可能性が高くなります。そしてもちろん、もし毎日ニュースで「COVIDを発症した人のうち、その日に生存した人の割合」と言われていたら、ここ数年がどれほど違っていたかを想像してみてください。

もしCOVID患者の99%が今日も生存していると言っていたらと想像してみてください、事態は大きく変わっていたでしょう。それがフレーミングというものです。ナッジング自体もフレーミングの一例で、かなりネガティブなイメージのあるもの、つまり潜在意識下の操作を、いい意味でフレーミングしています。

パトリック・フェイガン 37:11

これは、リバタリアン・パターナリズムという政治的な考えと結びついています。人々にとって最善のことを望むという考え方は、父性的であると同時に、人々が自分で選択することを認めるということです。つまり、リバタリアンなのです。つまり、タバコを違法にするのではなく、タバコの箱に嫌な画像を貼るだけです。

つまり、リバタリアン的なパターナリズムは、とても親しみやすく、ファーザー・クリスマス的な存在に聞こえます。実際は、その逆で、権威主義的なパターナリズム、もっと口語的に言えば、ナニー・ステート(乳母国家)のようなものでしょう。

David Gilmoreが言うように、原始的な快楽原則で、女性の腕の中で溺れさせ、快楽と安全の繭の中に引き込もうとする誘惑です。つまり、私が回帰について話したのは、私たちがある程度、子どもの頃の状態に戻って、母親に完全に世話をしてもらいたいという願望なのでしょうか。

哲学的な観点からは、完全に安全な牡蠣であるという考え方です。ですから、完全に安全なんですが何もない、何もない。完全にフラットな状態です。哲学的な思考訓練としては、このような人生を送る人間でありたいと思うのですが、たくさんの冒険があり、たくさんの浮き沈みがあり、幸せな点もあれば、時にはたくさんの苦痛や絶望もあり、最終的には病気になって死んでしまうのでしょうか。

それとも、牡蠣のように何百年も殻の中で安全に過ごせる方がいいでしょうか。明らかに、あなたは何も経験しません。私たちが社会に入っていくのは、牡蠣のような平等の哲学、つまりすべてが繭のように安全で、誰も自分のためにリスクを取らない社会だと思います。

マトリックスは快適で安全なので、誰もマトリックスから出ようとはしません。そこで行動科学が登場するのですが、これは国家に対する責任の放棄です。人を機械の歯車と見なし、人は自分の行動の単位に過ぎないというのが行動主義です。

だから客観的で経験的で物質的です。この物理的な領域にあるのです。そして、行動に関するものです。思考や感情とは関係ない 魂とか、神の輝きとか、人には見えない何かとか、崇高な力とか、そういうものは考えず、ただこの領域のすべてを小さな単位に分解して、チーズのかけらや電気ショックで変化させるのです。

行動主義の先駆者の一人であるジョン・ワトソンは、人間を自動的なロボットとして見ていました。サピエンスの著者であるユヴァル・ハラリはこう言っています。彼は、人間はただの機械で、魂なんてものは存在しないと言っています。私たちは皆、ハッキング可能である。私たちは信号などに反応しているだけなのだと。

ジョン・ワトソンはそれを信じて、この行動主義的アプローチで子供を育てました。そして二人とも自殺を図りました。人生には、何か非人間的なもの、つまり、神的な側面が欠落していると思います。

ホロコーストの生存者、エリ・ヴィーゼルが言ったように、私たちは、すべての人の中に、独自の秘密、独自の宝物、軌道上の苦悩の源泉を持つ宇宙を見なければならないのです。つまり、人はとても豊かで深い存在なのです。心理学者として、一人の人間を選んで、その人の研究に一生を捧げても、まだまだ足りないくらいです。ですから、私たちを行動の断片に還元できるという考え方は、非常に粗雑です。

パトリック・フェイガン 41:15

そして、明らかに、あなたはこれを将来に向けて進めています。テクノロジーは非常に恐ろしいものです。もちろん、Cambridge Analyticaのことはご存知でしょうが、人々の人格に基づいてメッセージのターゲットを絞ることです。

しかし、今後数年間で、デジタルIDの義務化によって、これは次の段階に進みます。そうなれば、国家やハイテク企業は、基本的に同じことをすることになります。おそらく、1つ目は、まだこの上にいる人たちを作ることになるでしょう。オンラインになり、彼らはあなたの全てを知ることになります。

あなたの人生のあらゆる部分が追跡され、あなたの心拍、気分、思考、あなたの最も個人的で親密な感情や思考までもが追跡され、これらのモデルによって予測されることになるのです。文字通り、あなたの心を読むことができるようになるのです。

10年近く前だと思いますが、Facebookのライトに関する研究があり、Facebookの「いいね!」からセクシュアリティ、メンタルヘルス、薬物使用などを予測することができました。これは5-10年前の話ですが。つまり、データの足跡から様々なことが予測できるのです。

これが一つ。もう1つは、このデジタルIDによって国家は全能となり、非常に強力になります。つまり、スーパーマーケットに入れるか入れないですか、銀行のスイッチを入れるか入れないかを、これらのデータ、つまりあなたのことを予測したものに基づいて決めることができるようになるのです。

あなたがガリ勉か、ソクラテスのような人間かを予測し、あなたがそれを止めるまで、食料品を買えなくすることができるのです。ニューロリンクのようなテクノロジーも同じで、理論的には、ちょっと誇大広告かもしれないし、フックかもしれませんが、理論的には、ソースで脳を読み取って変えることができるようになるのです。

さらに、より広範な社会的トレンドも起こっています。人々は一般的に考えることが少なくなり、より幼児的になっています。例えば、言葉の理解力は時代とともにかなり確実に低下しています。大人のおもちゃのようなものです。楽しいという意味ではありません。

文字通り、香りのついたおままごととか、大人向けのレゴとか、そういうことです。CBCでは、被害者意識と抑圧者のヒエラルキーのような物語が絶えず展開されています。しかし、学問的には、Jean Twengeの研究によると、人々は時間とともに自己愛が強くなっていることが分かっています。

また、外的な支配の所在をより強く持つようになっています。つまり、この2つのことが重なると、人々はますます自分は特別で、世界は自分に敵対しており、自分の人生をコントロールすることはできないと考えるようになるのです。そして、オートメーションのようなものの結果として、潜在的に。

ツイートやあらゆるものに振り回されることで、人々は自分の人生をコントロールすることができなくなっているのです。しかし、結局のところ、ここで言いたいのは、被害者意識というより、物事をコントロールできていないと感じていることです。

そのため、国家に介入して事態を収拾するよう求めるには最適の条件なのです。人々はますます世俗的になっています。後で話しますが、何かを支持しなければ、何でも支持されてしまいます。自然は真空を嫌うので、ニヒリストのような人は、どこかから来たイデオロギーで満たされることになります。

そこで、国家が登場することがあるのです。世俗的というのは、現在のサイクルのことで、ラテン語でサイクルを意味する言葉からきていますね。世俗的であれば、革命に振り回されることになります。しかし、世俗的でない人は、内面的にある種の原則にしがみついていれば、内面的な誠実さがあれば、周囲に流されたり、なぶられたりすることから自分を守ってくれる岩にしがみつくようなことができるのです。

それは宗教である必要はなく、地域社会や家族、長続きする哲学など、どんなものでもよいのです。だから結局のところ、エドモンド・バークが言ったように、支配する権力がどこかでそれを演じなければ、社会は存在できないのです。その時に国家が介入し、強制することができるのです。Aldous Huxleyも同じように、性的自由が増加すると、政治的自由が減少すると言っています。

パトリック・フェイガン 45:46

最終的に、広い意味で起こっていることは、Disrupt them reframe、または難解な言い方ですが、Solvay coagulant, dissolve, and then reassembleとして知られていることだと思います。

つまり、より良いものを作り直したいなら、まずすべてを解体しなければならないとこれは、洗脳、尋問、拷問などの古典的な特徴です。人を分解する必要があるのです。まず、ある意味、大学のフレッシャーズ・ウィークがそうだと思うのですが、人々は酔っぱらい、ドラッグをやり、セックスをし、徹夜をするわけですが、こうしたことが人々の古いアイデンティティや重要な防御を破壊し、ある方法で彼らを作り変えることができるようにします。

例えば、Baby sharkを繰り返し再生することは、重要な防御を破壊するため、一種の拷問です。この数年、あるいは数十年、私たちが経験してきた社会的な流れや社会的なトレンドが、ここ数年の危機的な状況という形で結実したのだと思います。

個人的な感想ですが、ロックダウンなどは、社会的条件が整っていなければ起こりえなかったと思います。むしろ、社会的な区分という一種の病気の症状であったと思うのです。しかし、社会は80年から100年周期で循環しているという説があります。

それは季節が春から夏、秋から冬へと移り変わるようなものです。60年代から70年代にかけて、「サマー・オブ・ラブ」がありましたね。これは中間点でした。そして今、私たちは「暗闇の冬」の終わりにいるのです。80年から100年前、ヨーロッパでは同じような状況がありました。

産業革命が起こり、物事が劇的に変化し、人々の世界における居場所や目的意識が変わりました。政治家は信頼されたいと思っていて、人を刺す、背後から刺すという感覚を持っていたのです。そして、彼らは裏切り者でした。報道機関に対する信頼がまったくなく、スペイン風邪が流行ったときにはワイン報道と呼ばれましたが、なぜか先ほど話した行動免疫系が人々を特定の行動反応に向かわせ、より不寛容にさせる、そういう非常に寛容なカクテルがあったんですね。

ハイパーインフレがあり、生活費の危機があり、情報の共有と消化に革命をもたらす新しい形のマス・コミュニケーションもありませんでした。これらのことが重なると、恐怖が生まれ、多くの感情が生まれ、古い秩序が崩壊し、物事は非常に流動的になります。

そして、人々は流動的で柔軟でニヒルな存在になります。先ほども言ったように、自然は真空を嫌います。そして、イデオロギーの形成が可能になったとき、大衆形成が可能になる条件なのです。

ところで、イデオロギーを引き起こすのは恐怖である必要はありません。怒りである場合もあります。ですから、これは自分自身で気をつけるべきことなのです。前回、私がこのプレゼンテーションをしたとき、ある人がその後で、政治家たちに並んでショックを受けてほしい、と話していました。私もその気持ちはわかりますし、自分でもそう思いますが、それが役に立つとは思えません。このようなネガティブな感情は逆効果になる可能性があるので、気をつける必要があると思います。

では、最後に、ナッジされないためにはどうしたらいいのでしょうか?ジェファーソンが言ったように、一般に人々を啓発すれば、専制政治や心身の抑圧は夜明けの悪霊のように消え去るでしょう。ですから、誰もが不合理であり、ナッジできる、ナッジすべき、という考えから離れ、啓蒙と合理性という考え方に戻る必要があるのだと思います。

もっと現実的な話をすると、3つのことができると思います。1つは「発見」です。基本的には、こうしたテクニックを見抜く力を身につけることで、野生のテクニックを見抜き、それに対する免疫力を高めるのです。

2つ目は、電源プラグを抜くことです。「床屋に長くいれば、遅かれ早かれ散髪することになる」ということわざがあります。Twitterやニュースなど、あらゆる情報を消費していると、たとえそうしていたとしても、批判的なものが脳に入り込んできて、影響を与えることになります。これは共有しすぎかもしれません。

しかし、妻と口論になったのは、妻を交換する番組か何かを見ていたからです。私たちはその番組を批判的に見て笑っていたのですが、それがいかにくだらないものであるかを知っていました。しかし、私が「これならできるかもしれない」と冗談を言ったら、彼女は怒っていました。笑って見ていたとしても、批判的に見ていたとしても、私たちの頭の中にこの考えが入り込んでいて、それは特に健康的なものではないことに気づいたんです。

パトリック・フェイガン 50:44

私たちにとって、もしここにいる誰かがスワッピングを見るなら、それはあなたにとってだからです。しかし、そうですね、とにかく試してみて、そこから自分を取り除いてみてください。ソーシャルメディアやニュースのサイクルから自分を解放してください。

そして最後に、自分の意識のレベルを上げることができれば、外部の操作や合法的なものに振り回される可能性は低くなります。ポルノ、配信、メインストリームニュースなど、感情的で、より原始的な状態を維持するもの、つまり、情熱を活性化するようなものは、最終的にあなたをナッジに対してかなり柔軟にしてしまうことになります。

一方、読書や瞑想、健康的な食事、運動など、より合理的で内省的で思慮深くなるようなことは、あなたを操りにくくさせます。それでは、最後にいくつかのヒントをご紹介しましょう。予防接種とは、ある意味で、そのことについて読むことで、自分自身をそのことにさらすことです。

「同意しに」というのは、たとえ暗黙の了解であっても、同意しないということです。こういうことをするためには、あなたの同意が必要なんだそうです。あなたの同意がないと動かないのです。もう少し、哲学的な哲学的な話があります。しばらくは頑張ります。

やはり、批判的にやっても、動画よりも文字で情報を得るようにしましょう。なぜなら、映像はとてもエモーショナルだからです。文脈から完全に切り離されていて、立ち止まって呼吸し、情報を消化する脳の余裕を与えてくれません。一方、テキストはより深く情報を取り込むことができます。

『The Shallows』という素晴らしい本がありますが、これはとてもおすすめです。考えすぎないでください。ムカデの話を思い出してください。考えすぎて歩けなくなった人がいます。私は、私が知っている人の中で、おそらく最も賢い人は非常に知的です。

彼がこれを見る可能性があるので、これ以上言いたくないのですが。しかし、彼は本当に頭がいいんです。私は彼のことがとても好きです。しかし、彼はマスクをつけてレストランに入り、座って降りて、その後、立ち上がってトイレに行くためにマスクをつけて、戻って来て座って、マスクを取ったんです。

あんなに知的な人なのに、まったく不合理なナンセンス行動です。記号と視覚の言語を学ぶ。ここでお話しできることはたくさんあります。しかし、いい例だと思うのは、昨日、あるニュースの見出しを見たところです。イギリスの党員ゲートに関するものです。

その見出しは、ワインボトルで溢れかえるゴミ箱、みたいなものでした。これは明らかに、非常に視覚的なものであるため、非常に明確に設計されたラインのヘッドラインです。ですから、ビジュアルを思い起こさせるもの、非常に印象的なビジュアルを思い起こさせるものは、説得力を持たせるためにデザインされている可能性があるので、注意が必要なのです。

そうそう、ボリス・ジョンソンはレスリングと見えない市場についてフロアに語りかけるでしょう。彼はCOVID、カーブを平らにする、明らかにこの種のものすべてについて話していました。高潔であれ。これはまた、自分の感情や情熱をコントロールすることです。

というのも、私たちが何かのために、あるいは何かのために立ち上がることを制御していたことを知らないのなら、この種の内部の原則と誠実さを持つということです。そうでなければ、外部の何かに操作される可能性が高くなります。そして最後に、私たちは皆、認知の誤用者であることを認識することです。

私たちには、すべてを注意深く考え抜くだけの脳力がないのですから、誘導されないようにすることはできませんし、洗脳を回避することもできません。しかし、できることは、自分で論理を選択し、自分で洗脳を選択することです。例えば、世界を美しく、詩的に見たいのであれば、詩を読み始めればいい。

Twitterで、怒りのニュースより哲学のアカウントをフォローするのもいいでしょう。自分の世界観がどのように作られるかを選択することができるのです。使いこなせれば、かなり強力なものです。結局、パブロフが条件付けできなかったのは、そもそもベルトに注意を払わなかった犬だけです。

だから結局のところ、洗脳やナッジをされたくなければ、このようなものに一切関わらないようにすればいいのです。

怒りに任せて赤い旗をリングの上で追いかける牛も、究極的には、自分が惨殺されるように話を進めるだけなのです。ですから、怒りや憎しみや憤怒、必ずしもポジティブな感情でなくても、本当に一番いいのは、ただ関わらないことです。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました