デジタル社会・監視社会ビッグテック・SNS情報戦・5GW

第五世代戦争入門
An Introduction to Fifth Generation Warfare

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

greydynamics.com/an-introduction-to-fifth-generation-warfare/

心配するのをやめて、5GWを愛することを学んだ方法

私たちは、スイスアルプスを高速鉄道で旅しながら、この言葉を打っている。世界が小さくなるにつれ、私たちラジオ・リサーチ・グループは、第5世代戦争(Fifth Generation Warfare)の影で、現代の紛争について私たちが知っていたほぼすべてが変化していることを直接目撃していた。驚異的で指数関数的なスピードで加速するテクノロジーは、何世紀にもわたる標準的な操作手順を覆した。外交官も軍のリーダーも同様に未知の領域へと突き進み、目に見えない敵によって混乱させられ、私たちは現実を疑わされている。

トンネルが列車を包み込むように、暗闇が私たちに降り注ぐ。地上波のGSMは暗転し、衛星の追跡は同期を失う。世界最長のトンネル、ゴッタルド基底トンネルに入る。

私たちの世界は急速に進化しており、現代戦に関する古典的な思考の枠組みは意味をなさなくなっている。GSMモデムは、トンネルの奥にあるセルタワーに接続される。地下深く、光の速さで世界と再接続する。不可能と思われていたことが、今では当たり前のことになっている。

列車がトンネルを抜けると、GPSが復旧し、陽光が列車を包む。周囲には信じられないような山々が広がり、私たちは信じられないような新世界に足を踏み入れたのである。

5GWとは?

ウィリアム・リンドの世代別戦争モデルは、次のようなものだ。

世代 説明
第1次 古代の近接戦闘 マスケット銃
第2次 火薬を使った組織的な戦闘 電撃作戦
第3次 速度と機動性を重視した機械化戦争 テロリズム
第4次 分散型戦争は国家アクターが主導(Primarily Kinetic) モバイルインターネット、ネットワーク効果
第5次 情報・知覚(主に非キネティック系) TBD?

第5世代戦争という概念自体には賛否両論があり、これに反対するリンドは4GWは「まだ完全に実現されていない」と述べている。私たちは、現代の紛争で起きていることは第4世代の枠組みとは根本的に異なるので、第5世代に入るべき時だと主張している。(あまりに確信したので、今ではかなり編集されているにもかかわらず、私たち自身でウィキペディアの記事を書かなければならなかった。重要な要素の多くをここに追加している)。

第5世代戦争に関する私たちのお気に入りの定義は、アボット氏の「5GWハンドブック」(2010)に掲載されており、「第5世代戦争の本質は、定義することが難しいものである」と述べている。

5GWは情報戦、認識戦である。

私たちラジオ・リサーチはその定義を発展させ、第5世代戦争とは、既存の認知バイアスを利用し、新たな認知バイアスを作り出すように設計されたデータ駆動型の非キネティックな軍事行動によって定義されると述べている。あるいは、AbbottとRees/Herringが言うように、「望ましい結果を達成するために、観察者の文脈を意図的に操作すること」である。

第五世代戦争技術は、正しく適用されれば、その使用方法そのものが隠蔽されるまでに進歩している。後述の「帰属問題」で述べるように、多くの場合、第5世代戦争の攻撃の背後にいる人物を単純に理解することは不可能である。

つまり、第5世代戦争による紛争は、1発の銃弾も発射されることなく、またほとんどの国民が戦争が起こっていることを知ることなく、戦い、勝利することができるのである。5GWに関連する技術・手法としては、以下のようなものがよく挙げられる。重要なのは、これらの技術を使うことで、戦闘に大きな影響を与えたり、戦闘の必要性を完全になくしたりすることができるという点である。

  • 誤情報(データドリブン)
    • ディープフェイクス
  • サイバー攻撃
    • ハニーポット
  • ソーシャルエンジニアリング
  • ソーシャルメディア操作(データドリブン)
    • 分散型かつ非帰属性の高い心理戦(ミーム、フェイクニュース)
  • 大量監視
    • オープンソースのインテリジェンス
    • 商用利用可能なソーシャルメディア分析
    • オープンソースおよびグレーマーケットデータセット
    • 市販の衛星/SA画像
    • 市販の電磁波情報
    • 暗号化バックドア
  • 電子戦、そのコストと入手性が急速に低下している。
    • オープンソースの暗号化技術/DeFi/コミュニティ技術
    • 低コスト無線機/SDR
    • 量子コンピュータ?(大規模に利用されているかは不明)

アボット氏は、クラークの第3法則を引用しながら、5GWの説明を締めくくった。「十分に進歩した技術は、魔法と見分けがつかない」

5GWの要約

  • 情報戦と認識戦
  • 個人と組織の既存の認知バイアスを対象とする。
  • 新たな認知バイアスを生み出す(ソーシャルエンジニアリング)
  • 古典的な戦争と異なるのは、以下の理由による。
    • 観察者・意思決定者個人に焦点を当てている
    • 属性付けが困難または不可能
    • 攻撃の性質が隠蔽されている

以下では、現在の戦争に関するフレームワークのどこが崩れ始めているのか、そして次に何ができるのかを説明する。

起源

前述したように、5GWの起源は、データ駆動型戦争とプロパガンダを組み合わせたもので、少なくとも第二次世界大戦の終わりまでさかのぼるため、激しく論争されている。この分野での最高の仕事のいくつかは、この時期に起こったものである。

今回の分析では、ネットワーク化されたモバイルコンピューティングとビッグデータ分析が、社会規模の意思決定の推進にどのように利用されているかに着目している。「5GWハンドブック」は初期の事例を暗示しているが、この本が出版されたのは9.11以降で最も破壊的な社会的事件が起こる前だった。

Fifth Generation Warfare

エジプトの抗議する人々がヘリコプターに高出力レーザーを照射し、光学系を混乱させる。(出典)

5GWへの前兆:第一次偶発的第五世代紛争

「アラブの春」は 2008年にチュニジアで発生し、2010年に北アフリカ全域で勃発した戦争における重要な転機となった。この「アラブの春」は、FacebookやTwitterを中心としたソーシャルメディアによって引き起こされた最初の紛争だった。

私たちは、革命や抗議行動がまずデータで現れ、その数時間後にBBCで放送されることを目の当たりにした。紛争はオンラインで顕在化し、戦闘行為が行われる前に膨大な量のデータを生成していたのである。

「アラブの春」には、第5世代戦の重要な要素がいくつか欠けている。特に、敵対勢力の曖昧さである。(誰がそれを煽っているのかについては、曖昧さがあったが)。興味深い余談だが、エジプト革命の主要な組織者の1人であるWael Ghonimは、当時Googleで働いていた)。

そのため、私たちは「アラブの春」を「最初の偶発的な第5世代紛争」と呼ぶことにする。

アラブの春の社会的反響は、数年後の2014年に民主化運動中の香港や台湾を中心に、地球上を飛び交い続けた。この時点で、私たちは新しいテクノロジーが出現し始めたことを確認し始めます。分散型テクノロジー(国防総省のような保守的な組織で働く人々にとっては「ゼロ・トラストシステム」)である。2014年9月の香港の抗議デモでは、暗号化されたメッセージングアプリが多用されました。地元の携帯電話インフラが「過負荷」になったとき、抗議者たちはFirechatという分散型メッシュネットワークアプリを採用し、グレートファイアウォールの制限を完全に迂回したのです。このような事態に各国政府は動揺し、ロシアは自国の電子戦部隊を抗議デモに投入し始めました。

ビットコインのような分散型通貨は、例えば2011年のウォール街の占拠の際に、一般的に使用され始めた。 分散型戦争は4GWの定義の重要な要素だが、攻撃者が曖昧になり、ビッグデータとメディアが互いに強化し合う武器として使われるようになると、新たな領域へと踏み込んでいくことになる。

第5世代戦のパズルのピースを第4世代の戦場にはめ込む

戦争には心理作戦やプロパガンダの長い歴史があるが、紛争がオンライン化することで心理戦が加速し、フィードバックのループがミリ秒単位に短縮される。Facebookの製品チームには、このことを表す言葉がある。「ドーパミン・ループ(Dopamine Loop)」である。ビッグテックの世界では、構築、テスト、デプロイメントを数分のうちに行うことができる。軍事、広告、政治の戦略家は、100年以上にわたる心理戦の教えを活用し、この知識をデータ駆動型の心理的フィードバックループと組み合わせて、行動に影響を与える方法を考え始めている。

私たちはこれをソーシャル・エンジンと呼んでいるが、フェイスブックは(「メタ」で申し訳ないが)これを「ビジネス・アズ・ユー・スタンダート」と呼んでいる。データ駆動型の認知バイアスの作成は、選挙の「スウィング」からネットフリックスの脚本の決定、化粧品の広告に登場する有名人まで、すでに過去 10年間を定義している。

実は、この段落の斜体部分を書くのにGPT-3というAIアルゴリズムを使っている。GPT-3は予測文字入力プログラムであり、キーボードで入力されそうなキーを予測して文字を入力することができる。GPT-3は、キーボードで入力される可能性のある単語を予測し、その単語を入力させることで、認知バイアスに影響を与えることができる。そうすれば、人々はそのメッセージを自分のテキストに複製し、そのコンテンツの広がりは、ユーザーの自然な認知バイアスを反映したものになる。

こうした能力は、従来の戦争では見られなかったものであり、4GWの枠組みにはうまく当てはまらない。

第4世代戦争が破綻し始める主要な分野の1つは、攻撃勢力の曖昧さ、特に「サイバー帰属問題」である。これは、ソフトウェアエンジニアがコード行を書きながら、積極的に自分の身元を隠したり、誤認したりすることに関係している。場合によっては、ハッカーはNSAのサーバーから流出した改造サイバーウェポンを使っていることさえある(EternalBlue 2017).

第5世代のサイバー戦争では、単に敵が誰であるかを知ることはほぼ不可能になりかねない。

帰属問題(敵は誰なのか)

ほぼすべての近代的な軍事ドクトリンでは、敵の正体を知る必要があるため、サイバー帰属問題は伝統的な戦争の問題点を浮き彫りにしている。現代の紛争はここからが本番である。各国政府は日常的に、サイバー攻撃は運動兵力で対応することが可能であり、今後も対応することを表明している。

2018年版の「米国防総省の核態勢見直し」では、米国政府は「非核戦略攻撃」に対して「核兵器の採用」で対応する権利を留保していると述べている。核抑止力の致命的な欠陥は、それが核兵器だけにしか適用されないことである。

「米国は、米国、同盟国、パートナーの死活的利益を守るための極端な状況においてのみ、核兵器の使用を検討する。極限状況には、重大な非核戦略攻撃も含まれうる。」

核体制の見直しにおいて、16回も「サイバー」に言及している。歴史上最大のサイバー攻撃のいくつかが10代の若者によって始められたことを考えると(Mirai botnet, 2016)、The Cyberの影響は大きい。

「帰属問題が現代の核抑止論に与える影響は、文字通り正気の沙汰とは思えない。昔は敵のいる部屋に入ることができたが、今はエーテルに浮かんでいるだけだ」

-2021年、「死ぬまでに時間がない」でボンドに話すM。

新しい時代の幕開けだ。

第五世代戦の誕生

ソーシャルメディアは、その本質において(今日のインターネットの大部分とともに)、営利目的の認知プログラミング、また広告として知られているによって駆動されている。広告は、何十億もの人々によって生成され、指数関数的に増加する「広告」データとともに、今や武器化されている。個人について収集できるデータの量は、指数関数的に増加している。

私たちは、第5世代戦の最初の説得力のある事例が2016年の米国大統領選挙であったと主張する。これには、相手勢力の完全な曖昧さ、データを用いた広範な社会工学(ケンブリッジ・アナリティカを参照)、政府とソーシャルメディア企業間の組織的反撃、検閲、数十億人の意思決定プロセスへの直接攻撃などが含まれる。

このようなことがどのように行われているのか、コンピュータ科学者の視点から正確に説明したFacebookの内部報告書がリークされているので、ぜひ一読してほしい。それは魅力的でとても恐ろしいものだ:「Stop the Steal and Patriot Party:敵対する有害な運動の拡大と緩和」)。

www.buzzfeednews.com/article/craigsilverman/facebook-failed-stop-the-steal-insurrection

残念ながら、2016年の大統領選挙は、ほとんどの読者にとって政治的になりすぎ、彼ら自身の認知バイアスが主観的な第5世代戦争フレームワークの作成を妨げてしまうからだ。将来的にはこのセクションを更新し、はるかに議論の少ないもので5GWの物語を続けるかもしれない。

イスラエル、2021年5月 壁の番人作戦

イスラエル国防軍(IDF)は情報戦の達人である。イスラエルには、軍の宣伝部門である「IDFスポークスマンユニット」まである。電波の伝搬を表現した、なかなかクールなロゴもある。

5GWの紛争で初めてキネティックバトルに発展したのは(その数ヶ月前の米国連邦議会議事堂襲撃を除く)、2021年のイスラエル・パレスチナ紛争の時である。2021年5月13日、IDFはTwitterで、またThe Wall Street Journalの取材に対して、「IDFの空軍と地上軍が現在ガザ地区で攻撃中」と虚偽の発表をした。IDFは、イスラエルによるガザ侵攻が始まったと発表していた。

その後、ニューヨーク・タイムズ紙は翌日、この発表はごまかしであり、イスラエル軍はガザに足を踏み入れなかったと報じた。IDFはさらに、この発表の意図は、敵対するハマス軍を(おそらく無人ISRを使って)摘発し、精密誘導弾でトンネル網を破壊することだったと宣言し、声明を明確にした。

カッツとボーボットは、著書「Weapon Wizards, 2017」(武器の魔術師たち2017)で、IMSIキャッチャーと携帯電話ネットワーク解析を使って、以前ハマスのトンネルを特定し破壊したことを別々に説明している。IMSIがある場所から別の場所に「テレポート」すれば、それはトンネルである。一人の戦闘員が(おそらく多くの)ニュース報道後に携帯電話の送信機をオフにするのを忘れたことが、大規模で激しい爆撃攻撃につながったのかもしれない。宇宙の片隅には多くのデータがあり、データがないことが情報を提供することさえある。

IDF報道官部隊は、「壁の番人」作戦の2週間後、この紛争が「最初のAI戦争」であると発表した。IDFは続けて、8200部隊が構築した「信号情報(SIGINT)、視覚情報(VISINT)、人間情報(HUMINT)、地理情報(GEOINT)」を融合させたシステムについて説明した。このような戦場管理システム(BMS、C5ISR)は2021年のガザ危機以前から存在していたが、ソーシャルメディアの欺瞞や精密誘導弾と組み合わせた発表自体は、第4世代戦のLind定義とは全く対照的である。

しかし、自衛隊の例では、「相手部隊の曖昧さ」を欠いているが、多くの前例のないテクニックや技術、特にメディアを武器として使うことと無人ISRとの組み合わせが含まれている。

ここからは、コーヒーブレークを挟んで、第5世代戦の奇妙で頭を使う世界へ、さらに深く潜入していく。

ハバナ症候群 第五世代戦の症状か?

最後の例である「ハバナ症候群」は、私たちがこれまでに目撃した中で最も純粋な「第五世代戦争」の形を含んでいる。また、最も奇妙な作品の1つでもある。「ハバナ症候群」は、5GWのすべての要素を満たしている。

  • 対抗勢力の曖昧さ
  • 攻撃ベクトルの曖昧さ
  • ドーパミン・ループ
  • ターゲットに既存の認知バイアスを誘発する。
  • 新たな認知バイアスを生み出す。

実際、ハバナ症候群はあまりに無名であるため、米国防総省内でも存在するかどうか大きな議論がある。

ハバナシンドロームは2016年にキューバ大使館周辺で初めて報告され、その後、広州、ハノイ、ベルリン、そして最も注目すべきはオーストリアのウィーンなど世界各地で報告されている。

外交官たちは、奇妙な音が聞こえたり、頭痛がしたり、その結果、神経に重大なダメージを受けたと報告している。米軍マッドサイエンス研究所は、この事例の研究に携わった医師の一人であるジェームズ・ジョルダーノ博士にインタビューを行った。

削除された報告書は非常に興味深いので、ぜひ読んでみてほしい:(報告書へのリンク)

ジェームズ・ジョルダーノ博士が米軍マッド・サイエンス・ラボに説明している通りである。

「現在までに、ハバナ症候群を代表する自覚症状と客観的徴候に罹患した職員が100人以上確認されている…」

「急性症状は比較的曖昧で、頭の圧迫感や耳鳴り、錯乱感を訴える人もいる…。」

「最初に罹患した人の大部分と、その後罹患した人の多くが、生理学的検査や画像診断で明らかな、長期にわたる識別可能な神経学的特徴を示している…」

さらに興味深いことに、国務省は最近、5GWはまったく攻撃ではなく、単なるコオロギAnurogryllus Celerinictus)であり、心因性の影響が報告された健康問題の主な原因であると宣言した。

その後、陸軍のレポートは削除された。私たちは5GWを愛している

最後に確認したところ、ウィーンやベルリンにAnurogryllus Celerinictusは存在しなかったが、国防総省の報告書を読んでみてほしい。攻撃の性質が曖昧であること、国防総省やCIAの職員でさえ原因や存在をめぐって激しく議論していることから、「ハバナ症候群」は5GWのフレームワークに完全に適合している。

コオロギに関する国防総省の報告書を見てみよう:(出典)

私たちの友人であるAnurogryllus Celerinictusの最後を見ていないことは確かであり、このような攻撃が将来さらに行われることを期待している。(私たちは、これが改造されたセルタワーを使ったMassive MIMO攻撃だと考えているが、それはまた別の機会にお話ししよう)

www.bbc.com/japanese/60239377

第五世代戦の歴史まとめ

5GWのチェックリスト
  • 対抗勢力の曖昧さ
  • 攻撃ベクトルの曖昧さ
  • ドーパミン・ループ
  • ターゲットに既存の認知バイアスを誘発する。
  • 新たな認知バイアスを生み出す。
  • 「アラブの春」から登場。
  • 2016年の米大統領選で固まった。
  • 2021年のイスラエル・パレスチナ紛争は、キネティックバトルにおける5GWの最初の例となった。
  • 「ハバナシンドローム」は純粋な5GWである。

ここから先は、信じられないほど不確かな未来だ。私たちはヨーロッパで第三次世界大戦の瀬戸際にいるのだ。ディープフェイクは双方から生み出されている。5GWについて考え始めることは、これまで以上に重要である。私たちは、思考の枠組みを整理することを試みた。

認知バイアスがOODAループの各セクションに影響を与える役割を担っていることから、これに関する私たちの考え方は急速に進化している。以下は、いくつかの推奨事項である。

観察する

何が起きているのか。戦場を理解し、相手を特定し、主要な属性を説明する。できるだけ多くのデータを取得し、そのデータを使って仕事ができる優秀な人材を採用する。中国は、地球上に「AIコンサルタント」のネットワークを構築し、子供向けの裏技的なアプリを使って大量のデータを北京にフィードバックすることで、このような取り組みを行っている。米国は、FacebookやISPと連携し、Androidをコントロールすることでこれを実現している。ヘッジファンドもこのデータを大量に保有している。大量監視ツールを開発する際には注意が必要である。これは社会のシステム的な問題を加速させる可能性があり、敵はあなたのチーム内の弱点を狙ってくる。大量監視は、一般に文明にとってメリットよりもリスクの方が大きい。大量監視は抑止力のある技術なのか?これは議論の余地があり、5GWになるとますます重要になる。

オリエンテーションを行う

既存の文化的バイアスを理解しようとする。5GWは、バイアスを影響力のある認知ツールとして使い、意思決定能力を攻撃する。あなたが好きなミーム、好きな政治団体、あなたのフェチや嫌いは何であるか?クローゼットの中にどんな秘密があるのか?ソーシャルメディアはどのように使っているか?愛する人との関係はどうなのか?これらのデータはすべて、あなたのインターネット履歴と空間ウェブから採取され、第五世代の標的型戦争の世界であなたに対して使われることになる。(このデータのほとんどは、グレーマーケットで市販されている)。

心理的なベースラインを確立すれば、文化的なバイアスと認知的なバイアスを分離しようとすることができる。前日に見たミームが、今日のあなたの決断に影響を与えることは間違いない。今までのところ、唯一の推奨事項は、デジタルアタックサーフェスを減らし、自然の中で時間を過ごし、瞑想することだ。瞑想することで、既存の文化的偏見に気づき、潜在的な意思決定プロセスにおいて、自分のエゴがどのように作用するかを理解することができる。この点については、人類はまだ理解が進んでおらず、数千年前の優れた研究成果もある。バガヴァッド・ギーターから始めることをお勧めする。

決定する

私たちは今、より早く回復し、前進し、最小限のダメージで行動するための最良の戦略を選択しなければならない。仮説を検証し、何度も同じ決断をしないように気をつけよう。多くの場合、「素早く動いて、壊す」しかない。このデータを大規模に分析する手段を持ち、通信が完全に途絶えた場合の計画を立てておくこと。理想的なのは、超大型のスーパーコンピュータを導入し、最新のFacebook Graphを利用し、自分自身のアルゴリズムにバイアスがかかっていないかどうかをチェックすることだ。多くの場合、分数軌道砲撃システムはすでに軌道上にあり、あなたのサーバーは炎上し、通信はバックドアされ、あなたの理論を検証する喜びはないだろう。

行動する

引き金を引き、その余波で可能な限り多くのデータを得る。結局のところ、私たちは皆人間であり、これが私たちに対して使われることになる。

私たちは5GWの始まりに過ぎない

5GWとは一体何なのか、その歴史はどうなのか、そして私たちはどのようにそれを考え始めることができるのか、その概要をお伝えできればと思う。私たちの5GWフレームワークの定義は進化しており、皆さんもこの議論に参加し、私たちの考え方に疑問を投げかけてほしい。

5GWの存在を否定することは非常に危険であり、私たちが話をするハッカーや暗号専門家と公共部門の関係者の間には、大きな隔たりがある。国防総省で話をするほとんどの人は、私たちのことを完全にクレイジーだと思っている。

私たちが目にし始める攻撃は、「コオロギ」を超えて、奇妙で不可能と思われるものへと急速に進化していくだろう。生物兵器や核兵器の抑止力、大規模なソーシャル・エンジニアリング攻撃、極超音速の拡散懸念などの未来について、むしろ落ち込んでしまいがちだ。しかし、私たちは常にポジティブでなければならない。

限られた資源をめぐって世界を考えること(「私たち」対「彼ら」の戦争)は、世界の問題の多くの根源である。私たちの経済はデジタル化され、信じられないようなテクノロジーが登場し、歴史的に見られた資源に起因する紛争のほとんどを解決できるようになった。

  • 石油化学 – 原子力
  • 干ばつ- 海水淡水化
  • オイルマネー – DeFi
  • 疾患 – mRNA/ CRISPR
  • 広告 – Web3

文明は、防衛に基づく抑止力(パスワードマネージャーやアイアンドドームなど)に重点を置き、組織や制度を豊かさの視点へと根本的に転換する必要があるのである。データは私たちを助けてくれるだろう。5GWを理解し、使いこなすことが鍵になりそうだ。

最後に、DARPAのプログラムマネージャーに、「地球上から文明を消し去りかねないような技術を目の当たりにして、どうやって将来を楽観視しているのか」と尋ねたことがある。その元プログラムマネージャーは、「文明は多くのことを乗り越えてきたし、いつも乗り越えてきたじゃないか」と答えた。

これからの時代は、とてつもなく面白くなる。

5GWのススメ

  • OODAループを使って、思考の枠組みを構築する。
  • 守備
    • 基本的なサイバーセキュリティを理解する。パスワードマネージャーとハードウェアセキュリティキーを使用する。自分自身の偏見、文化、そして自分を苦しめたもの(メディア、ミーム)を理解する。
    • 瞑想して自分のバイアスを理解する
    • 電子的な攻撃対象領域をマッピングし、デジタルフットプリントを制限するための作業(例:誰があなたの位置情報にアクセスできるか?)
    • ドメインに関する完全なテクノロジー・アウェアネスを獲得する
    • フィルターバブルのマッピングと可視化
    • ネットワーク全体が攻撃され、オフラインになることを想定し、計画を立てる。
    • ブロックチェーンを甘く見ないで、ゼロ知識証明DAO(分散型自律組織)について学ぼう。技術的に必要なことは、Pavel Kravchenko著「Blockchain And Decentralized Systems」を読むとよいだろう。社会的な意味合いをよく理解するために、「The Sovereign Individual」を読んでほしい。
    • すべての商用暗号通貨はバックドアされているか、次の大きな紛争で解読されると仮定する。
    • 暗号のルーツやトラストをマップし、鍵の管理プラントを持つ
    • 最新の通信機器と「ゼロトラストシステム」への投資
    • 組織であれば、セキュリティ監査やレッドチームの費用を負担する。
    • システムをレッドチーム化する。
    • レッドチーム、フィッシングの模擬演習を行う。
  • 攻撃
    • 5GWはほぼ守備的なものだが、いくつかやるべきことがある。
    • Inoculation Theory(接種理論)日本語)。ソーシャル・エンジニアリングに抵抗するためのかなり新しいコンセプトだが、意図したターゲットに弱い反論を提示することによって、ある考えを強化することに焦点を当てたものである。
    • モニタリング、議論の余地はあるが、少なくとも基準値を把握する上では有効。
    • 検閲 ソーシャルメディア企業は認知バイアスに影響を与えるビジネスである
    • 偽の代替プロファイルとデータの生成は、ランダム性の中に隠蔽する。シビルアタック、ソックパペットアカウントを参照。
    • ミーム戦
    • ソーシャルメディアのアルゴリズムに説明責任を持たせ、オープンにする。ソーシャルメディアは一般的に利益のために認知バイアスを強化するため、これは今日の大きな問題である。

プロパガンダの歴史と未来、そして情報戦についての必読書。

  • 『集団心理学と自我の分析』ジークムント・フロイト、1921年。
  • 『プロパガンダ』エドワード・バーネイズ、1928年(宣伝相ゲッペルスに多大な影響を与えた)。
  • ウルトラの秘密, F.W. Winterbotham, 1974.最初の「技術流出」であるこの本は、ブレッチリーパークでのエニグマ暗号の解読について、チャーチルや特別連絡官によって組織されたウルトラの使用を隠すためのプロパガンダキャンペーンとともに詳しく述べている。
  • ベルリン日記 ウィリアム・L・シャイアー、1941年。ヨーロッパで勃発した第二次世界大戦をCBSのニュース特派員がありのままに描写した迫真の記録。ナチスのプロパガンダや検閲官との論争についての記述が魅力的。
  • 『ブラック・スワン』ナシーム・ニコラス・タレブ 2007年。読んでみてほしい。
  • Snow Crash Neal Stephenson, 1992.(SF)情報戦に関する非常に面白い説明で、文字通り、”MetaVerse “と”Avatar “を定義している。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、注釈や画像の挿入、代替リンク共有などの編集を行っています。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました