COVID-19 コロナワクチン後遺症・副反応 予防・治療関連 まとめ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

スティーブ・キルシュワクチンワクチン後遺症
キーワード

POSTワクチン、ポストワクチン、ポストワクチン症状、ワクチンの副作用、ワクチン副作用、ワクチンの副反応、ワクチン副反応、ワクチン障害、ワクチン後の有害事象、ワクチン後の副作用、ワクチン後遺症、ワクチン接種後、ポストコロナワクチン症候群

ポスト・コロナワクチン症候群 症状・メカニズム

「ポスト・ワクチン症状」のある患者の解析

ブルース・パターソン博士によるLong-COVIDの病態と治療について、国際的専門家とともに
International Expert on Long COVID pathology and treatment with Dr Bruce Patterson Philip McMillan 1:10 先日開催されたCOVIDカンファレンスで、インターネットに接続で...
I-RECOVER(アイリカバー)Covid-19の予防と治療のためのプロトコル
Management Protocol for Long Haul COVID-19 Syndrome (LHCS) Long-hauler時のCOVID-19症候群(LHCS)の管理プロトコル 以下に示すアプローチは、Mobeen Syed博士(...
Syed Haider博士、COVIDマネジメントについて語る(2021年7月)
Dr.Syed Haider Discusses COVID Management (July 2021) Dr. Been 0:02 このドキュメントはすべてdrbeen.comから保存されています、もう一つのショーにようこそ。サイード・ヘザー博士は紹介するまでもなく、...

Syed Haider

Dr. Been

そこで質問ですが、ワクチンによる問題の後、このような患者をどれくらい診ていますか?症状は?症状はPost-COVIDと似ていますか?COVIDとは違った症状はありますか?

Syed Haider

ええ、これは、私が見たのはほんの一握りで、これまでに5~10人だったと思いますが、これからもっと増えていくでしょう。でも、今のところ10人くらいで、彼らはLong-COVIDのような症状ではなく、もっとターゲットを絞った特定の症状を持っているようでした。

最初に見たのは、ひどい耳鳴りが主な症状でした。つまり、ある特定の場所に集中しているようで、通常見られるようなLong-hauler型の症状がすべて出るわけではありません。しかし、彼らはそのうちの1つか2つ、つまり特定の症状を持っています。これまでのところ、イベルメクチンは彼らによく効いているようで、すぐに反応するようです。必ずしも問題全体を解決するわけではありませんが、イベルメクチンだけで70~80%程度の大幅な緩和が得られています。

Syed Haider

つまり、ワクチン接種後の症候群に効く薬と同じものが、Long-haulerにも効くのです。イベルメクチン、ステロイド、フルボキサミン、マラビロクなどです。私の経験では、これまでのところ、10人から 15人程度で、それほど多くの人を見たわけではありません。現時点ではそのような可能性があります。皆、とても良い反応を示しているようです。しかも、とても早く。一般的にLong-haulerよりも扱いやすいようです。

免疫プロファイル

免疫細胞のスパイクタンパク - ブルース・パターソン博士がCOVIDのロングホールについて語る
Spike Proteins In Immune Cells - Dr. Bruce Patterson Discusses COVID Long Hau l Dr.Been 0:01 これらの資料はすべてDr.bean.comからのものです。One more showへよ...

長い時間をかけて行うよりも、短時間で行うプロトコルの方が反応が良い傾向にあります。COVID。しかし、私たちが発見したのは、先ほど言ったように、実際にバイオインフォマティクスのプログラムを使って行った50個の実験では、重要なパラメータの数がLong-COVIDとはわずかに異なっていました。しかし、最終的にはコンピュータはそれらをLong-COVIDに分類しています。

非古典的な単球を調べてみると、確かにS1タンパク質を持っていました。今、この論文をまとめているところですが、Long-COVIDの時と同じように、質量分析で再度確認して、本当にS-1が非古典的単球に存在することを絶対的に確認しています。その結果、COVIDと非常によく似ていることがわかりました。

ワクチン接種後に症状が出ていない対照群をいくつか見つけました。我々は15人を調査しましたが、そのうちの1人は非典型的単球のタンパク質を持っていました。非常に興味深いのは、サイトカインパターンが正常であることです。CCL-5,単球CD4,TNF-αの上昇など、ワクチン後の免疫プロファイルに典型的な血管性炎症のパターンが見られないのです。-Dr.Bruce Patterson

免疫細胞のスパイクタンパク - ブルース・パターソン博士がCOVIDのロングホールについて語る
Spike Proteins In Immune Cells - Dr. Bruce Patterson Discusses COVID Long Hau l Dr.Been 0:01 これらの資料はすべてDr.bean.comからのものです。One more showへよ...

これまでCOVIDに感染したことがない人が、ワクチン接種後3~4ヵ月後に長期不調組と呼ばれる症状が出ることがあります。

バイオインフォマティクスのバイナリモデルを使ってみたところ、全員が「Long-hauler」と判定されました。実際、免疫学的にはLong-haulerに非常によく似ているので、同じように治療し、治療に成功しています。

ワクチン接種後の患者さんの多くは、耳鳴りとブレイン・フォグをよく目にします。本当に奇跡的なのは、CCR5アンタゴニスト(マラビロク)で3~5日以内に耳鳴りがなくなることです。

Ram Yogendra

Ram Yogendra博士がCOVID Long-Haul Managementについて語る
Dr. Ram Yogendra Discusses COVID Long-Haul Management Dr.Been 0:02 All this document being saved from Dr. bean.com Welcome to One more...
Ram Yogendra

スパイクタンパクが血流にのって、マイクロクラウドや内皮の損傷を引き起こすのではないかという懸念がありますが、私たちのメカニズムでは、単球がより多くの原因となっています。そのため、必ずしもヘモグロビンの低下は見られませんでしたが、臨床症状という点では次のことが言えます。ポストワクチン接種の患者さんは、COVIDの患者さんに比べて神経症状が強いか、血管系の症状が強いと思われます。

Long-haulerとの類似性

ブルース・パターソン博士によるLong-COVIDの病態と治療について、国際的専門家とともに
International Expert on Long COVID pathology and treatment with Dr Bruce Patterson Philip McMillan 1:10 先日開催されたCOVIDカンファレンスで、インターネットに接続で...

これまでCOVIDに感染したことがない人が、ワクチン接種後3~4ヵ月後に長期不調組と呼ばれる症状が出ることがあります。

バイオインフォマティクスのバイナリモデルを使ってみたところ、全員が「Long-hauler」と判定されました。実際、免疫学的にはLong-haulerに非常によく似ているので、同じように治療し、治療に成功しています。-Dr.Bruce Patterson

神経症状・血管症状

Ram Yogendra博士がCOVID Long-Haul Managementについて語る
Dr. Ram Yogendra Discusses COVID Long-Haul Management Dr.Been 0:02 All this document being saved from Dr. bean.com Welcome to One more...

スパイクタンパクが血流にのって、マイクロクラウドや内皮の損傷を引き起こすのではないかという懸念がありますが、私たちのメカニズムでは、単球がより多くの原因となっています。そのため、必ずしもヘモグロビンの低下は見られませんでしたが、臨床症状という点では次のことが言えます。ポストワクチン接種の患者さんは、COVIDの患者さんに比べて神経症状が強いか、血管系の症状が強いと思われます。

-Dr.Ram Yogendra

金属の味

カイルのワクチン合併症  Dr. John Campbell
Kyle's vaccine complication John Campbell 0:00 さて、今日はカイルに話を聞いてみましょう。あなたはどこにいますか?今は?実はね。 Kyle Warner 0:06 アイダホ州のボイシにいます。 John Campbell...
Kyle

私の場合、ちょっと変だったのは、注射してすぐに、(30秒以内に)口の中に金属のような、生理食塩水のような奇妙な味がしたことです。

それから1日か2日後には、腕の痛みもあまり感じなくなりました。だから、これは大したことないな、と思ったんです。2回目の投与は1回目よりもずっと簡単だと思いました。そして2週間後、心臓に奇妙な反応が出始めました。一日中、立っていたり座っていたりしているだけなのに、妙な胸騒ぎがするのです。一日中、立っていたり座っていたりするだけで、心拍数が上がり、不安発作のような奇妙な感覚に襲われるのです。

John Campbell

つまり、口の中の金属味が、不注意による血管内投与の兆候であることに、臨床医が気づかないという事実が私を悩ませているのです。筋肉内に注入されたワクチンは、全身に吸収されるまでに30分、もしくはそれ以上かかると言われていますが、血管内に入ったワクチンは筋肉内に留まります。しかし、血管に入った場合は、すぐに金属の味がします。私は仕事で静脈注射をしているときに、何度もこのようなことがありました。例えば、特定の抗生物質やビタミン剤などは、「味がする」とよく言われます。それは、あなたが言うように、注射の後20秒ほどで起こります。ですから、すぐに味がするということは、不用意に血管に投与した疑いがあります。他に口の中ですぐに反応を起こすものとしては、アレルギー反応くらいしか思いつきません。

ウイルスの再活性化

テス・ローリー博士がCOVIDとワクチンについて語る
Dr. Tess Lawrie Discusses COVID and Vaccines Been 0:02 All this Dr. mobian Surya from Dr. bean.com One more showへようこそ。今日のショーも特別です。今日...

これらのデータベースでは、潜伏ウイルスの再活性化が多く見られることから、免疫力の向上ではなく、免疫力の低下が示唆されています。水ぼうそうの後にできる帯状疱疹の症例が多く見られます。通常は、ストレスや免疫力の低下があった場合に発症します。また、ヘルペスの再活性化も見られます。英国では狂犬病の症例もあります。狂犬病は潜伏ウイルスであり、いつでも再活性化する可能性があります。このように、有害事象の範囲は非常に広く、多系統の炎症やCOVIDのような症状が見られます。考えてみれば当然のことで、COVIDの害、血栓症、アレルギー性の肺、多系統の炎症、脳のぼんやり感など、長い間COVIDを使ってきましたが、これらはスパイクタンパクに関連していました。-Tess Lawrie

予防と治療

I-RECOVER(アイリカバー)Covid-19の予防と治療のためのプロトコル
Management Protocol for Long Haul COVID-19 Syndrome (LHCS) Long-hauler時のCOVID-19症候群(LHCS)の管理プロトコル 以下に示すアプローチは、Mobeen Syed博士(...

このプロトコル(I-RECOVER)は、ワクチン接種後の炎症性症候群の治療にも使用され、同様の成功を収めている。

Long Haul COVID-19 Syndrome/長期コビッド症候群(LHCS)は、長引く倦怠感、頭痛、全身倦怠感、睡眠障害、脱毛、嗅覚障害、食欲減退、関節痛、呼吸困難、胸痛、認知機能障害を特徴とする。COVID-19の後、最大80%の患者が長引く病気を経験している。

LHCS は COVID-19感染後だけではなく、ワクチンを接種した一部の人にも見られる(ワクチンのスパイクタンパクによる単球の活性化が原因と考えられる)。

-FLCCC

マラビロク・ブレインフォグ

ブルース・パターソン博士によるLong-COVIDの病態と治療について、国際的専門家とともに
International Expert on Long COVID pathology and treatment with Dr Bruce Patterson Philip McMillan 1:10 先日開催されたCOVIDカンファレンスで、インターネットに接続で...

ワクチン接種後の患者さんの多くは、耳鳴りとブレイン・フォグをよく目にします。本当に奇跡的なのは、CCR5アンタゴニスト(マラビロク)で3~5日以内に耳鳴りがなくなることです。-Dr.Bruce Patterson

Steven Kirsch

ワクチン接種前とワクチン接種後の炎症性症候群(PVIS)に使う薬 
COVID、Long-hauler、COVIDワクチンの副作用の治療方法について
How to treat COVID, long-haul, and COVID vaccine side-effects 2021年5月4日 COVIDに感染したのか?最良の結果を得るためには、早急に治療することが重要だ。 簡単に言うと、症状が出る...

「理想的には、ワクチン接種の3日前に開始する。より理想的ではないが、ワクチン接種後すぐに開始してほしい。

ワクチンの副作用を最小限にするために使用する場合は、14日間続ける。

時間が経てば経つほど、心臓、肺、脳に永久的なダメージを与える可能性が高くなる。それらの組織が炎症によって傷ついてしまうと、決して治ることはない。これが、多くの長期療養者が完全な機能を取り戻せない理由である。ワクチンの被害者も全く同じである。チャールズ・ホーフェ博士の8分間のビデオをご覧になることをお勧めする。

  1. フルボキサミンを 50mg BID(30mg Prozac QDでも代用可
  2. イベルメクチン:0.2mg/kgを3日おきに投与
  3. プレドニゾン:炎症のために5mg/日。注:これ以上投与すると免疫系に影響が出始めるので、この量は少なめにしている。なぜなら、マクロファージにスパイクタンパクを除去してもらいたいからである。
  4. NAC:600mg/日を14日間投与する。これはスパイクタンパクによるダメージを軽減する。
  5. 吸入ブデソニド 1回の吸入につき400μg(1日2回、1日の総投与量1600μg)×7日間(または呼吸器症状が消失するまで)。呼吸器系の症状がある場合のみ使用してほしい。ほとんどの人は必要ない(早期に治療を開始した場合)。

他の選択肢としては、covidlonghaulers.comに行って検査を受け、その結果に基づいて薬を処方してもらうことができる。

また、FLCCCのI-Recoverプロトコルをチェックしてみてほしい。これはPVISにも使用できる(本文にも書いてある)。Long-COVID

I-RECOVER(アイリカバー)Covid-19の予防と治療のためのプロトコル
Management Protocol for Long Haul COVID-19 Syndrome (LHCS) Long-hauler時のCOVID-19症候群(LHCS)の管理プロトコル 以下に示すアプローチは、Mobeen Syed博士(...

さらにオプションの読み物を紹介する(英語)

  1. 治療に関する詳細なアドバイス
  2. COVID感染症の治療について知っておくべき10のこと
  3. 薬剤と投与量
  4. 早期治療についてわかっていることのまとめ(「はじめに」を読むだけ)。」

Dr. Syed Haider

誰かが対照群を設けてテストすべきワクチン保護プロトコル。

0.2-0.4mg/kgのイベルメクチンをワクチン接種の72時間前から、ワクチン接種日の後、5日間毎日投与する。

または、ワクチン接種の日から5日間、またはすべての副作用がなくなるまで、これらすべてを服用する。

  • アスピリン81mgを毎日投与。
  • プラバスタチン10mgを1日1回
  • ペプシド20mg 1日2回
  • クラリチン10mgを1日2回。
  • 神経症状が現れた場合は、症状が改善するまでフルボキサミン50mgを1日2回投与する。
サプリメント
  • ビタミンD3 15,000 IU/日※1
  • 亜鉛 15mg 1日4回
  • ビタミンC 500mg 1日2回
  • ケルセチン 250mg/日
  • ナイアシン 100mg/日
  • NAC 600mg/日
  • メラトニン 6mg(毎晩)

*ワクチン接種の際には、D値50(またはCa、PTH値から生理機能に適した値)を目安にする。

ビタミンCのようなビタミン剤の注入、高圧酸素、オゾン療法なども考えられる。

もちろん、このような研究を行うには、ワクチンが一部の人に害を及ぼす可能性があることを認め、実際に引き起こされた害を測定する必要がある。

あまり期待はしないで。

断食も効果があるかもしれない。

https://twitter.com/DrSyedHaider/status/1453931076473303043

CD147ターゲット

イベルメクチン

COVID-19治療のためのイベルメクチン:CD147を介した血管閉塞の仮説的緩和による準閾値用量での臨床効果
Ivermectin for COVID-19 treatment: clinical response at quasi-threshold doses via hypothesized alleviation of CD147-mediated vascular occlus...

イベルメクチンがSARS-CoV-2のスパイクタンパクを遮蔽し、このスパイクタンパクがACE2と同様にCD147膜貫通型受容体に結合することを示す研究結果に基づき、大きな用量反応性が得られる可能性が評価されている。

メラトニン

Role of melatonin in the treatment of COVID-19; as an adjuvant through cluster differentiation 147 (CD147) - PubMed
COVID-19 caused by the SARS-CoV-2 outbreak quickly has turned into a pandemic. However, no specific antiviral agent is yet available. In this communication, we ...

COVID-19の治療におけるメラトニンの役割;cluster differentiation 147 (CD147)を介したアジュバントとして

CD147 は、ウイルスの侵入を媒介することで肺のサイトカインストームを引き起こす糖タンパク質である。以前、メラトニンを使用すると、CD147の活性を阻害することで心臓の損傷を軽減することが示された。したがって、安全な薬剤であるメラトニンは、COVID-19患者の重篤な症状を予防し、症状の重さを軽減し、他の抗ウイルス剤の副作用を軽減する可能性がある。結論として、高齢者や免疫不全患者では減少するメラトニンの使用は、そのCD147抑制作用と免疫調節作用を通じて、アジュバントとして考慮されるべきである。

スタチン

COVID-19 スタチン 古くからの友人はCOVID-19との戦いを助けてくれるだろうか?
スタチン 古くからの友人はCOVID-19との戦いを助けてくれるだろうか? 概要 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)によって引き起こされたCOVID-19パンデミックは、少なくともCOVID-19の重症度を軽減するための治療法の迅速な開発を必要と...

スタチンのもう一つの多面性効果は、CD147の異なるレベルでの調節である。メカニズム的には、スタチンは、タンパク質のイソプレニル化およびN-グリコシル化を阻害することにより、CD147の発現、構造および機能を変化させる。

培養THP-1単球において、アトルバスタチン、プラバスタチン、フルバスタチンによる前処理は、CD147の細胞表面への転座を阻害し、マトリックスメタロプロテアーゼ活性をダウンレギュレートし、THP-1のマクロファージへの分化を阻害した。

また、アトルバスタチンは、CD147 レベルをダウンレギュレートし、マウスの実験的なアテローム性動脈硬化症におけるプラーク脆弱性を減衰させた。したがって、これらの研究はいずれも、スタチンが肺細胞を含むヒト細胞のCD147をダウンレギュレートすることで、ウイルスの細胞への感染能力を損なう可能性があり、COVID-19に対するアドオン療法またはコアジュバント療法として使用できる可能性を示唆している。

イカリイン

Icariin influences cardiac remodeling following myocardial infarction by regulating the CD147/MMP-9 pathway - PubMed
Objective We investigated the protective effect of icariin on myocardial infarction-induced cardiac remodeling. Methods A cardiac remodeling model was construct...

フラボノイドの一種であるイカリインはCD147/MMP-9経路を制御することで心筋梗塞後の心筋リモデリングに影響を与える。イカリインは、ラットモデルにおいて、アポトーシス率の低下とCD147/MMP-9経路の阻害により、心筋梗塞後の心筋のアポトーシスを減弱させた。

アジスロマイシン

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32307653/

CD147をCOVID-19治療のターゲットに

宿主細胞上の受容体であるCD147は、SARS-CoV-2の新たな侵入経路となっている。我々の研究は、CD147がCOVID-19治療のターゲットであることを強調し、このタンパク質がアジスロマイシンによる効果の可能な経路であることを示唆した。

スポーツの自粛

COVID-19ワクチン接種に伴う青年期の心筋炎
COVID-19 Vaccination-Associated Myocarditis in Adolescents Supriya S. Jain MD, Jeremy M. Steele MD, Brian Fonseca MD, Sihong Huang MD, MM...

COVID-19 ワクチン接種後の心筋炎後のスポーツ復帰に関するガイドラインがない中で、今回の結果は、急性ウイルス性心筋炎に対する推奨事項を適用することが妥当であると思われる。その推奨事項とは、少なくとも 3~6 ヶ月間スポーツを控え、不整脈が発生していないか注意深く観察することである。

個人の逸話情報

松葉茶・スターアニス・ブラックシードオイル

カイルのワクチン合併症  Dr. John Campbell
Kyle's vaccine complication John Campbell 0:00 さて、今日はカイルに話を聞いてみましょう。あなたはどこにいますか?今は?実はね。 Kyle Warner 0:06 アイダホ州のボイシにいます。 John Campbell...
Kyle

最初はイベルメクチンを使っていましたが、一時的には効果があったようです。しかし、イベルメクチンの面白いところは、服用をやめた途端に、すべての症状が戻ってしまうことです。

ブラックシードオイルを補っています。ブラックシードオイルはACE受容体をブロックしてくれるので、それを使うように言われています。それがとても役に立っています。そうですね、サプリメントを使ってスパイクプロテインの反応を抑えようとするたびに、私はそれが起こっていると信じているのですが、それがとても助けになっています。しかし、やりすぎるとすぐに再発してしまいます。

私たちが試し始めたのが、ACE2受容体の遮断です。松葉茶スターアニスですね。そして今回のブラックシードオイル。これらは私にとって最も効果的なものでした。松の木から採れる中国の果実のようなスターアニス茶を飲み始めました。それを使ってお茶を作るようにしたら、とても効果がありました。それから、トゥジャ・オクシデンタリス(Thuja occidentalis/ニオイヒバ)もね。これもサプリメントの一種で、飲んでいました。これもかなり効き目がありました。

オゾン療法

患者へのインタビュー ワクチン接種後の神経学的問題 Dr.Been
Patient Interview - Neurological Issues After Vaccination Dr.Been 0:02 さて、もう一つの番組にようこそ。今日は Shawn Brockovich さんです。彼は私の良き友人です。彼は研究者です。彼の経歴...
Shawn Brockovich

例えば、小さな血管の検査でもしない限り。私は、低用量アスピリン、納豆キナーゼ、サプリメントなどを試してみましたが、あまり効果がありませんでした。

その他にも、自然療法的なことをいくつか行いました。EVO2と呼ばれる方法で、血液をフィルターから取り出し、オゾン、酸素と混ぜ合わせるものです。その結果、数日後には多少の緩和が見られました。だから、それが逸話的なものかどうかはわかりません。誰もが急いでそのようなことをすべきだとは言えません。

低用量ナルトレキソン

患者へのインタビュー ワクチン接種後の神経学的問題 Dr.Been
Patient Interview - Neurological Issues After Vaccination Dr.Been 0:02 さて、もう一つの番組にようこそ。今日は Shawn Brockovich さんです。彼は私の良き友人です。彼は研究者です。彼の経歴...
Shawn Brockovich

低用量ナルトレキソン 私は今、それを試しています。実際、良いリウマチ医の勧めもあって、試してみましたが、とても役に立ちました。優れたグリア細胞調整剤で、私の耳鳴りにも少し効果があったと思います。

コメント コメント欄を設置しました!

タイトルとURLをコピーしました