Long-COVID/後遺症イベルメクチンフルボキサミン/シグマ1受容体ワクチンワクチン後遺症

COVID、Long-hauler、COVIDワクチンの副作用の治療方法について

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

How to treat COVID, long-haul, and COVID vaccine side-effects

https://www.skirsch.io/how-to-treat-covid/

2021年5月4日

COVIDに感染したのか?最良の結果を得るためには、早急に治療することが重要だ。

簡単に言うと、症状が出るのを待ってはいけないということだ。COVIDに感染していることがわかったら、あるいはその疑いが強くなったら、すぐに3つの薬剤による治療を開始してほしい。あなたが低リスクの患者であるか、高リスクの患者であるかは関係ない。また、年齢も関係ない。もしあなたがCOVIDに罹患しているか、あるいはおそらくCOVIDに罹患していると思われる場合は、直ちに治療を開始してほしい。

現在、医師が犯している最大の過ちは、「ハイリスクの患者でなければ治療しない」、「症状が出てから治療しよう」、「あなたはまだ若いから、おそらく病気にはならないだろう 」というものだ。

メキシコでは、COVIDの疑いがあれば治療を開始し、PCRの結果が出るのを待つこともない。彼らの病院は空っぽである。

下記の再利用薬を使った治療は、いずれも極めて安全で忍容性が高く、たとえ健康な10代の若者であっても、何もせずにじっとしているよりも積極的に治療した方が良い。

ある医師が私に打ち明けてくれた。「私は早い段階で17歳の子を治療しないという間違いを犯したが、彼女の両親には治療した。

COVIDの治療が早ければ早いほど、その進行を止めたり、元に戻したりするのが容易になる。早期に積極的な治療を行えば、長期にわたるCOVIDの発症を避けることができる。

COVIDの兆候がある場合、治療前に検査結果を待つ必要はない。もしCOVID検査が陰性であっても、何の問題もない。

あなたが抱えている最大の問題は、WHO、NIH、CDC、EMAなどの指導に従うのではなく、表に出ている証拠(そして、複数の国でこれらの薬剤を併用したことのある他のすべての医師の結果)に注意を払うように医師を説得することだ。あなたは統計よりもはるかに良い結果を出すことができるが、そのためには、必要な薬を手に入れるために必要な知識で武装する必要がある。

詳しくは 早期治療がより良い結果をもたらす鍵

医師のリスト

残念ながら、あなたの主治医があなたの正しい治療方法を知っている可能性は低いであろう。ここでは、そのような知識を持った遠隔医療提供者のリストを紹介する。

早期治療用COVIDの処方箋を書いてくれる医師のリスト

フルボキサミンとイベルメクチンのTogether試験結果についてのメモ

なぜイベルメクチンは失敗したように見え、フルボキサミンはあまりうまくいかなかったのか?イベルメクチンは3日間、フルボキサミンは10日間投薬した。

我々は、この試験が不正に行われたとは全く思っていない。これは正当な結果だと思う。

主任研究者のEdward Mills氏を知っているが、彼は完全に誠実であり、彼が得た結果を信じない理由はない。しかし、他の研究者も同様に信じている。

では、誰もが疑問に思うのは、なぜこの薬が他の研究では、それほどの結果を出せたのかということである。

その答えは、変異株が違っていたからだ。P1はブラジルで見られる変異株で、デルタは誰でも簡単に感染するようだ。症状が出たらすぐにP1を治療しなければ、大きな失敗を見ることになる。

フルボキサミンを4日目ではなく0日目に投与していたら、結果は劇的に変わっていたであろう。

イベルメクチンを0.6mg/日で14日間、Day0(症状が出た最初の日)から投与していたら、劇的に異なる結果になっていたであろう。

アグレッシブな変異株であればあるほど、早く、そして強力に治療しなければならない。

イベルメクチンは、以下の4つの理由で失敗したと思われる。

  1. 投与量が少なすぎる
  2. 開始が遅すぎた
  3. 十分な期間継続しなかった
  4. 多くの患者がすでにイベルメクチンを服用していた。

この4つが最大の理由だ。医療機関では、すぐに使えるように薬をキャビネットに入れておくことを奨励する必要がある。誰もそれをしない。それが問題なのだ。

また、デルタやP1を病院で治療することはできない…そこではもっとずっと厳しいものになっている。ビル全体が炎上してから消防隊が到着するようなものだ。

早期の積極的な治療が重要だ。早期に治療を受けた人の入院や死亡は限りなくゼロに近い。しかし、マスコミはそのことを決して口にしない。NIHやCDCもそんなことは言わない。なぜだろう?

ニューヨークのマウントサイナイでは、入院患者の27%がワクチンを接種しており、ICU患者の17%がワクチンを接種している。

早期治療は効果がないというNIHのアドバイスに従うのをやめれば、それだけ早く命を救うことができるようになる。

臨床試験が失敗する可能性

再利用された医薬品の臨床試験は、必ず最初に外来患者を対象に、医師が共有の意思決定に基づいて処方することで実施されるべきだ。一旦、信頼できるプロトコルが見つかったら、有効性を「証明」するために臨床試験のプロトコルを「固定」することができる。残念ながら、我々はその逆を行っており、多くの時間とお金を無駄にしている。先に仮説を立て、数百万ドルを投じて、外来患者ベースではなく大規模な試験で検証しようとするのだ。

以下は、臨床試験が失敗する可能性のある方法だ。

1. 投与量

標準的な投与量は、新しい変異株のために増やさなければならないかもしれない。FLVの用量である50mg BIDはα変異株に対してテストされた。一般的には、侵攻性の高い変異株や感染後に開始される治療には投与量を増やす必要がある。この試験では100mg BIDを使用した。欠点としては、この用量では薬の使用を中止しなければならないというコンプライアンス上の問題が生じる可能性があること。

2. 遅延

Togetherでは、症状が出てから平均4日後に治療を開始した。特にデルタのような複製速度の速い変異株では、待ち時間が長すぐ。教訓としては、症状が出てから、あるいはそれ以前に、特に積極的に複製する変異株については、直ちに治療を開始することである。これは成功の最も重要な決定要因である。これが最も重要なことである。

3. コンプライアンス

Togetherの試験では、患者のコンプライアンスは約80%と推定されている。コンプライアンスが低いと、効果の大きさが制限されることになる。この試験では、全員が指示通りにすべての薬を飲んだことをどうやって証明するのだろうか?これは、試験のソースデータを見て手がかりを得るしかない。

4. 期間

デルタは33日間はつづけられる。症状が治まってから5日後まで治療を続ける必要がある。そのため、(治験のように)期間が決まっているわけではないはずである。試験では、イベルメクチンの投与期間はわずか3日、フルボキサミンは10日であった。

5. 欺瞞

参加者はCOVIDに早く参加することになってたが、多くの参加者が故意に、あるいは誤って不正確な情報を伝えた可能性がある。これは測定されていなかったのでわからなかった。このことは、多くの参加者が、治療開始後1日以内に病院に運ばれたことを説明している。参加者の病気の状態を評価するためのベースラインの血液検査が行われなかった。これにより、病気の段階を判断し、より良い結果を得ることができたはずである。

6. 適応性に欠ける

医師の中には、D-ダイマーやCRPを用いて投与量や投与期間を決めることが非常に有効であると考える人もいる。これは臨床試験ではほとんど行われない。

7. 単剤

複数の薬剤を用いたプロトコルを用いる方が、特に薬剤が相乗効果を発揮する場合には効果的である。例えば、亜鉛を含まない ヒドロキシクロロキンは効果がないと多くの人が主張している。

8. 改ざん

第3相試験では、不正操作を検出するためのコントロールレベルがない。皆が自分の仕事を信頼して行うことに依存している。もし薬剤が誤って入れ替わってしまっても(プラセボと本物の薬剤)誰にもわからない。だからこそ、ソースデータや副作用報告を見ることが重要なのだ。どんなに優れた研究であっても、改ざんされる可能性がある。その改ざんは、意図的なものと偶発的なものがあり、発見するのが難しい場合がある。

9. データ操作

あるイベルメクチンの研究では、陽性の結果が明らかに操作されていた。データ操作は常に行われている。それが明らかになるまでには数ヶ月かかることもある。

10. 被験者はすでに試験薬を服用している可能性がある

米国でイベルメクチンの臨床試験がうまくいかない主な理由は、多くの対照者がイベルメクチンを服用している可能性があるからである。例えば、TOGETHER試験では、イベルメクチンは除外基準ではなかった(したがって、結論を出す前に、データをそれによって分割する必要がある)。

 

これらは、どんな試験でも、たとえよくできた試験であっても、起こりうる問題である。このようなミスを検出するために、一般的な試験では、より多くのコントロールが行われていないのは残念である。起こるものである。これはすべての臨床試験の既知の限界であり、エラーに対するロバスト性を備えているものはほとんどない。

COVID感染症に使用された薬剤

急性のCOVID感染症に私が推奨する薬やサプリメントを紹介する。このリストの最終更新日は2021年8月13日で、それ以前の日付の文書よりも優先される。COVID感染症の疑いがある場合は、(指示された場合を除き)すべての薬剤(入手可能なもの)をすぐに服用してほしい。これらはすべて安全であり、相互作用はない。治療を開始するのが遅かった場合、投与量や期間を増やさなければならないことがある。どのような場合でも、症状がなくなるまで治療してほしい。14日間というのは安全な最低期間であるが、症状が続く場合は続けてほしい。

  1. フルボキサミン(luvox)50mg×2回/日×14日間。使用できない場合は、フルオキセチン(プロザック)30mg qd×14日を使用する。すでに抗うつ剤を使用している場合は、変更について医師に相談することを検討してほしい。フルボキサミン服用中は、カフェインを避けてほしい(興奮しすぎてしまう)。カフェインは血液脳関門を通過するので、ブレイン・フォグのチケットになる。まれに抜け毛の原因になることがある。
  2. イベルメクチン0.4~0.6mg/kgを1日1回、最低10日間投与し、症状が治まるまで続ける。吸収を良くするために、食事と一緒に、または食後すぐに服用する。イベルメクチンはこれまでに発明された薬剤の中で最も安全なものの一つである。
  3. 吸入ブデソニド 1回400μg(1日2回2パフ、1日の総投与量1600μg)×7日(または呼吸器症状が消失するまで)。呼吸器系の症状がある場合のみ使用してほしい。ほとんどの人は必要ない(早期に治療を開始した場合)。
  4. NAC:600mg/日を14日間使用する。スパイクタンパクによるダメージを軽減する。
  5. ビタミンD3:15,000IU/日を14日間、炎症を低下させる。
  6. プラバスタチン:20mg×14日間(Bruce Patterson氏の研究室で推奨されているもので、長期にわたるCOVIDのケースには効果がある

また、Fareed-TysonプロトコルやFLCCc.netのI-MASK+プロトコルもある。Chris Martensonのビデオを見てほしい。

これらの薬剤は、現在入手するのは難しいだろう。

  1. enovid. この薬はSanotize社が作っている。おそらくあなたの地域では入手できないと思うが、効果はあるようだ。
  2. インターフェロン・ラムダ(アイガー社製)を1回だけ注射することができれば、効果の大きさと安全性の面で最も優れた薬剤である。現在、臨床試験でしか使用できない。最良の結果を得るためには、感染後速やかに投与する必要がある。d-ダイマーを劇的に減少させる。これは、血液凝固(およびおそらく炎症)を低下させる劇的な効果を持つ優れた指標である。この薬を飲めば、基本的に入院することはない。もし1つの薬しか飲めないのであれば、この薬を飲むべきである。この薬を早く手に入れることができれば、他の薬はオプションになる。
  3. カモスタット:200mgを1日4回、7日間経口投与すると、長期にわたるCOVID症状の可能性を絶対に減らし、入院のリスクも減らすことができる。米国では承認されていないが、他の国では承認されている。回復までの時間は変わらない。Long-hauler中のCOVIDの症状や重症化を防ぐためのものである。抗ウイルス剤なので、早急に服用してほしい。

なお、インサイダー情報に基づいた私の意見では、COVIDに最もインパクトのある薬は次の5つである(早期に投与した場合の効果のおおよその順)。

  1. インターフェロンラムダ
  2. フルボキサミン
  3. フルオキセチン(プロザック);フルボキサミンが入手できない場合に使用(1日30mg
  4. イベルメクチン
  5. 吸入ブデソニド(このツイートを見る)
  6. カモスタット

このリストは2021年7月26日に作られたものである。世界の人々がそれを理解するまでには4ヶ月かかるであろう。

フルボキサミンの投与量はSeftelの研究から、イベルメクチンの投与量はFLCCCガイドラインから、ブデソニドの投与量は単独のブデソニド早期治療研究からである。3つの薬剤を同時に直ちに開始してほしい。

早期に治療を開始した場合、症状は24時間以内に回復し始めるはずである。

Long-COVIDに使用される薬剤

ブルース・パターソンのCOVIDの長期投与は、4つの薬剤に頼っている。投与量は、あなたの血液検査の結果(covidlonghaulers.comで入手可能なCytokine 14パネルに基づく)に依存するので、投与量は平均的なものである。

  1. フルボキサミン 50mg BID
  2. イベルメクチン:0.2mg/kgを3日毎に投与
  3. プラバスタチン:20mg(フラクタルキナーゼ阻害剤の代用として
  4. マラビロク 300mgPO BID これはCCR5を減少させるもので、効果が出るまでに約5日かかる。

ワクチン接種前とワクチン接種後の炎症性症候群(PVIS)に使う薬

理想的には、ワクチン接種の3日前に開始する。より理想的ではないが、ワクチン接種後すぐに開始してほしい。

ワクチンの副作用を最小限にするために使用する場合は、14日間続ける。

時間が経てば経つほど、心臓、肺、脳に永久的なダメージを与える可能性が高くなる。それらの組織が炎症によって傷ついてしまうと、決して治ることはない。これが、多くの長期療養者が完全な機能を取り戻せない理由である。ワクチンの被害者も全く同じである。チャールズ・ホーフェ博士の8分間のビデオをご覧になることをお勧めする。

  1. フルボキサミンを 50mg BID(30mg Prozac QDでも代用可
  2. イベルメクチン:0.2mg/kgを3日おきに投与
  3. プレドニゾン:炎症のために5mg/日。注:これ以上投与すると免疫系に影響が出始めるので、この量は少なめにしている。なぜなら、マクロファージにスパイクタンパクを除去してもらいたいからである。
  4. NAC:600mg/日を14日間投与する。これはスパイクタンパクによるダメージを軽減する。
  5. 吸入ブデソニド 1回の吸入につき400μg(1日2回、1日の総投与量1600μg)×7日間(または呼吸器症状が消失するまで)。呼吸器系の症状がある場合のみ使用してほしい。ほとんどの人は必要ない(早期に治療を開始した場合)。

他の選択肢としては、covidlonghaulers.comに行って検査を受け、その結果に基づいて薬を処方してもらうことができる。

また、FLCCCのI-Recoverプロトコルをチェックしてみてほしい。これはPVISにも使用できる(本文にも書いてある)。

さらにオプションの読み物を紹介する

  1. 治療に関する詳細なアドバイス
  2. COVID感染症の治療について知っておくべき10のこと
  3. 薬剤と投与量
  4. 早期治療についてわかっていることのまとめ(「はじめに」を読むだけ)。

追加情報

フルボキサミンをCOVIDに使用するケースの簡単なまとめ(スライド)

スライドのビデオプレゼンテーション(センメルワイス効果セミナー開始時に15分程度)

COVIDにフルボキサミンを使用することを支持する証拠の詳細な要約

要約すると、これまで見てきたすべてのエビデンス(観察研究、ランダム化試験、医師の経験)が肯定的であるということである。フルボキサミンが事態を悪化させたケースはない。早期にフルボキサミンを投与すれば、患者は回復し、長期にわたるCOVIDの問題を完全に回避することができる。

私の背景

COVID-19早期治療基金(CETF)の紹介 – YouTube

フルボキサミン。40年前の抗うつ剤にCOVID-19の早期治療の可能性を見出す – 60 Minutes – CBS News

良かった記事に「いいね」  していただけると嬉しいです。
今後の記事作成・構成の参考にします。
いいねランキングは こちら

備考
機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、掲載画像、添付リンクは原文と異なることがあります。
翻訳ソフト:DeepL /文字起こし:Otter 
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました