免疫細胞のスパイクタンパク – ブルース・パターソン博士がCOVIDのロングホールについて語る

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

スパイクタンパク質単球ブルース・パターソン博士/IncellDx
Spike Proteins In Immune Cells – Dr. Bruce Patterson Discusses COVID Long Hau

lhttps://www.youtube.com/watch?v=JwjJs5ZHKJI

Dr.Been 0:01

これらの資料はすべてDr.bean.comからのものです。One more showへようこそ。今日はロックスターをお迎えしています。以前にもブルース・パターソン博士をお招きしたことがありますが、今日のお話の重要性は、おそらく皆さんがお聞きになる中で最も重要なお話の一つだと思いますが、実際に彼をお招きできたことは幸運でした。その理由は、彼が病理学として長距離のオペレーションのための発見をしたからです。そして、その発見が患者さんの管理にどのような意味を持ち、どのように使われるかが非常に重要なのです。私は、このパンデミックが終息しつつあると感じています。このパンデミックが終息に向かっているように感じていますが、実際には患者数は増加しており、悲惨な状態が続いているのです。ブルース・パターソン博士と彼のチームの仕事は、パンデミックを先取りするための画期的なものになると思います。私はこのことを彼に伝えていません。しかし、今日、私はチームのメンバーと彼の友人とで、どうやってピエール・コーリー博士とブルース・パターソン博士をノーベル賞に推薦できるかを話していましたが、どうなることやら。しかし、これらの発見がどれほど重要であるかを私は感じています。それでは、ブルース・パターソン博士を歓迎しましょう。ようこそ、ブルース・パターソン博士。

Bruce Patterson 1:25

先生、ありがとうございます。先生の番組に出演して、活発な議論ができることをいつも嬉しく思っています。この番組に出演できることをとても嬉しく思います。この番組に出演できることは、私にとって非常にエキサイティングなことです。ありがとうございます。

Dr.Been 1:37

どうもありがとうございました。それでは早速ですが、考察にも存在するここのリンクをいくつか紹介します。つまり、これはDr. bean.comです。これはCOVIDというブルース・パターソン博士のウェブページです。Long hollers.comです。私はここで商業的な利益を得ていないことを、完全な免責事項として述べておきます。パターソン博士に来てもらって、彼の知識を皆さんと共有し、クールビーンにどんな利益がもたらされるかということ以外には、何の興味もありません。それが私の関心事です。その他の商業的、財政的、影響力に関するリンクはここにはありません。また、これは長期的な話をしている間のことです。これはFLCCのサイトで、私が主導していたlong haul protocolに、Dr. Bruce Pattersonのチームも意見を出しています。しかし、パターソン博士と話す彼らのプロトコルは、私たちやユーザーにとっても、多くの議論とレビューが必要だと感じています。それでは、博士からの最初の質問ですが、ブルースと呼んでもいいですか?

もちろんです。

ブルース、最初の質問は、Long-haulerとは何ですか?実際には2つの質問があるのですが、Long-haulerとは何ですか?この後、見ていますか?COVID?そして、ワクチンの後に見ていますか?

Bruce Patterson 3:02

いやはや、実にいい質問ですね。先週、『Frontiers in Immunology』誌に大きな論文が掲載されました。その論文では、誰がLong-haulerなのか、何がLong-haulerなのかを明確にしました。最初は100個以上あったバイオマーカーを14個に絞り、その14個のバイオマーカーを使って、重度のCOVID、軽度から中等度のCOVIDのLong-hauler患者と健常者の間にどのような違いがあるかを調べました。そして実際に、非常にはっきりとしたセットが存在し、99%が活動性COVIDとは異なることがわかりました。そして、それはまさに独自の免疫学的特徴でした。私たちはLong Hauler Indexを開発しました。それは、誰がLong Haulerなのかを診断の観点から主観的にではなく定量化し、最も重要なことは、治療中の彼らをモニターすることです。なぜなら、ビーン博士はよくご存知だと思いますが、これらの人々に話を聞くと、彼らの話は全く異なります。彼らには日々の変化がありますが、それについては後ほどお話しします。また、回復治療の観点からどんな情報でも把握できるように、彼らがどのように感じているのか、何ヶ月も衰弱しているのかを確認します。彼らの症状複合体の観点から衰弱しなければならないことの寄与は何かというと、非常に複雑で、機械学習やコンピュータ支援がなければできないことだと思います。

Dr.Been 5:01

了解しました。この度はありがとうございました。これからもどんどん議論を深めていきたいと思います。その魅力的な議論をするために、あなたも一緒に来ていただければと思います。もうひとつ質問があります。ブルースさん、Long-hauler業者は、あなたが管理しているものもそうだと思いますが、この丘や谷を通過します。この質問をしたクールな人がいました。なぜそのようなことが起こるのか、あなたは知っていますか?

Bruce Patterson 5:32

今はわかっています。つまり、先週の論文でLong-hauler患者とは何かということが明らかになり、実際、「Frontiers of Immunology」に掲載された論文では、Long-hauler患者やCOVIDが血管の炎症によって引き起こされることを示唆するデータを得ることができました。また、血管の炎症は体中で起こっているという事実は、Long-hauler患者が経験する215以上の異なる症状をまとめる統一的な仮説となっています。その論文の続編を今朝、プレプリントサービスに提出したところ、非古典的な単球がCOVIDの1つのタンパク質を診断後15ヶ月まで持ち続けることが原因であることがわかりました。これらの細胞はフラクタルカインを介して血管壁や内皮細胞に結合します。フラクタルカイン受容体は、非定型単球に発現している。これらの細胞が炎症を起こすと、もちろん血液脳関門を通過して、脳内の血管に炎症を起こします。私たちが文献で見つけた最もエキサイティングなことは、ヨー博士とガンダー博士に賛辞を送りたいと思いますが、これらの非古典的単球は運動や活動によって動員されるということです。ところで、私たちは第1回目のソーティング実験と次世代シーケンシングを行いました。今日、実際のところ、これらの細胞には本当にタンパク質がないことを示すために、S1タンパク質を発現していますが、運動によって動員されることがわかりました。もちろん、長距離運転をする人は、運動後に悪化します。COVID投与前のレベルに戻った人もいますし、寝たきりだった人が、庭仕事や子供をスポーツイベントに連れて行くのに十分なほど元気だったのに、やりすぎて再発した人もいます。実際のところ、この細胞がまだタンパク質を含んでいて、それが循環していれば、ちょっとした運動、つまり1~2マイル歩くだけで、症状が再燃してしまうのです。これが、症状の強弱が見られる理由です。治療とそのアプローチについては、この症状を軽減し、これらの細胞を循環から排除する方法についてお話しします。

Dr.Been 8:43

それは重要なポイントですね。これはとても重要なトピックなので、すぐに説明しますが、「いわゆる」とは、これが血管で、ここには内皮細胞があるということです。パターソン博士が言っているのは、血管壁の近くにいる単球のことで、彼らは血管の境界をパトロールしていますが、実際にはすべての境界をパトロールしています。そして、重要なものの一つが血管の境界であり、彼らはM2状態、あるいはパターソン博士が言ったように、非古典的状態にあります。つまり、食べては修復するという状態です。では、ブルース先生、彼らはS1タンパク質を持っているのでしょうか、それとも単に発現しているだけなのでしょうか?

Bruce Patterson 9:35

はい、あります。基本的には、抗原提示細胞を発現させています。つまり、外来の抗原を提示するという、本来の役割を果たしているのです。そう、表面にはS1タンパク質があり、フローサイトメトリーでそれを確認することができます。次に、これらの細胞を選別し、後でスライドをお見せしますが、高感度の質量分析計を使って、これらの細胞が質量分析計の用語で言うところの1つのスパイクを持っていることを確認し、それが実際にS-1タンパク質であることを示しました。そして、これらの細胞が何をしているかというと、ご存じのように、M2表現型、つまり炎症を促進する表現型なのです。つまり、これらの細胞はまだTNF-αを作っているのです。非常に興味深いのは、この単球がフラクタルカインとフラクタルカイン受容体を介して内皮細胞に結合すると、ほとんどすべてのLong-haulerで上昇が見られるVEGFを産生することです。そして、VEGFを発生させるのですが、なぜそれが重要なのか?ビーン博士も見たことがあると思いますが、頭がいっぱいになり、血管が拡張し、頭痛や偏頭痛を訴えますが、これは血管収縮ではなく基底部の拡張が原因であることがわかっています。繰り返しになりますが、Long-haulerに作用するこのメカニズムを理解した今、説明できないことはほとんどありません。

Dr.Been 11:19

これはとても重要なことです。今朝も昨日も、ある患者さん(25歳の若い女性)と話していました。彼女は、「頭の中に圧力があるような気がします。そして、正しく見ることができません。混乱してしまうのです。外出して明るいところを見たり、パソコンの画面を見たりすると、視界が変になってしまうんです。これが彼女の説明です。では、これらは今回の問題と関係があるのでしょうか?訪問検証?

Bruce Patterson 11:51

その通りです。ここで、いくつかのスライドを出して、クールビーンズと、私たちのデータの一部、そして私たちが話していることをお見せしましょう。この画面を見ていただきたいのですが。これは興味深いことに、論文で述べられているように、古典的な単球はACE2受容体を非常に多く発現し、CCR5をほとんど持たず、中間的な単球はCCR5を非常に多く発現し、受容体へのAceを多く持ちますが、重度のLong-hauler患者でも長期のLong-hauler患者でも、細胞が時々感染することがあるかもしれません。非古典的な単球を見ると、ACE2受容体を発現せず、CCR5を発現し、フラクタルカイン受容体を高レベルで発現しています。ここにS1陽性の細胞が集まっているのです。さて、これがマススペクトル分析です。これはかなり小さいですが、新しい論文に掲載されています。しかし、この上のパネル、上の長方形は、この青い箱の中にある1つのスパイクを示していますが、これは市販のS-1タンパク質です。ある会社から購入したもので、高度に精製されています。これは完全な長さのS1タンパク質です。次の6つのパネルを見てください 12ヶ月から 15ヶ月のLong-haulerのどれもが 同じスパイクを持っています これはS-1タンパク質を表しています そして、この2つのグラフを見ると、スパイク1タンパク質の40%に相当するアミノ酸の特定の配列を表しています。このように、2つの異なる技術によって、これらの非典型的な単球がS-1タンパク質を保有していることを確認しました。また、CD14陽性、CD14lo、CD16陽性のS-1 protein陽性細胞に戻ってS-1 proteinを調べたところ、なんとフラクタルカイン受容体であるcx 3 CR 1を発現していました。もちろん、これが血管上皮に結合することを可能にしています。 ビーン先生の図ほどうまくはありませんが、この図は、これら3つの単球サブセットの傾向とその機能を示しています。

Bruce Patterson 15:18

そしてもちろん、非古典的な単球は、あなたが示唆したように、その機能は血管をパトロールすることです。彼らはまた、フェイゴ・シビックでもあり、抗原を提示します。これこそが、Long-COVIDで血管の炎症を引き起こしている原因なのです。この図を見るとわかるように、細胞はフラクタルカインとフラクタルカイン受容体を介して結合し、その過程でTh1反応を起こします。

Th1反応とは、インターフェロンガンマとインターロイキン2で構成される古典的な抗ウイルス反応のことです。しかし、コンピューターがLong-hauler指数を導き出すアルゴリズムを考えていた時には、このことを知りませんでした。しかし、長期不調組の原因となるメカニズムを調べ始めたところ、先週発表したバイオインフォマティクスと血管炎症説の内容と驚くべき相関関係があることがわかりました。

そしてまた、こちらでは、血管単球がフラクタルカイン受容体であるcx 3 CR 1を介して内皮細胞に結合すると、フラクタルカイン(cx 3 CL 1メッセンジャーRNAの別称)が何をするかを見ています。

VEGFを介して血管新生を促進します。そして、ベゾ・ダウト・ディライミテーションを引き起こします。これはもちろん、頭の膨らみ、頭痛、偏頭痛などの原因になりますし、おそらくブレインフォグにもなります。では、なぜそれが重要なのでしょうか?これらの単球はCCR5を発現しており、運動によって動員されます。治療の観点からは、CCR5アンタゴニストを推奨していて、マラビロク、レロンリマブを使用しています。レロンリマブは、この番組でもよく取り上げられている例です。これもCCR5アンタゴニストで、まだ承認待ちですが、RANTESに反応して単球が全身に移動するのを防ぐのに重要な役割を果たします。そして、人々は私がいつもRANTESの話をしていると言います。さて、ご存知のように、Long-haulerではランデブーフィーが上昇しており、Long-haulerの80%以上がRANTESに支配された病気であると言えます。実際、先週、あるLong-haulerのRANTESレベルは、通常1万のところ、90万でした。また 2020年2月に行った重症患者を対象とした急性COVIDの最初の研究では、最高でも30万人でした。つまり、Long-haulerのRANTESのレベルは、急性COVIDの最も重篤なケースよりも高い時があるのです。そして、実際には、血管新生とVEGFの区切りが一役買っていますが、このフラクタルカイン受容体経路をスタチンで遮断することもできます。ですから、今、私たちが推奨している治療法の特徴は、CCR5拮抗薬とスタチンです。そしてもちろん、イベルメクチンは、あなたやコーリー博士が多用しているように、組み合わせて使うと非常に有効であることがわかっています。COVIDのメカニズムを理解しているので、単独では使用しません。症状ではなく原因を治療するために、経路を遮断したいのです。しかし、想像の域を出ません。イベルメクチンは、CCR5アンタゴニスト、フラクタルカインを補完する免疫調整作用において重要ではないと考えていますが、これは中毒性があります。すみません。ああ、どうぞ。続けてください。

Dr.Been 20:00

とても重要な質問がいくつかあります。あなたの思考の流れを止めたくありません。ですから、あなたの考えを完成させてください。そして私が質問をします。はい。

Bruce Patterson 20:08

最後にもう1枚スライドをお見せしたいと思います。この質問は、ソーシャルメディアや患者さんからの重要な質問で、ワクチン接種後のことです。これまでCOVIDを受けたことがない人が、ワクチン接種後3~4ヵ月後に長期不調組と呼ばれる症状が出ることがあります。これまでに100人、あるいは200人近くの患者を登録してきました。現在、そのデータを機械学習アルゴリズムに入力し始めています。機械学習に入力した最初の20~25人からは、非常に異質なグループが見られ、急性COVIDで使用する重症度スコアでは正常な人が1人いました。また、長期臥床者に使用するLong Haul(スコア)では陰性となり、COVIDによく似た炎症プロファイルを持つ個人や、COVIDではないが重度の活動性COVIDを持つ個人が見つかり、残りの個人はLong Haul(スコア)やIndexから見ても、まさにLong-haulerのようでした。そこで、バイオインフォマティクスのバイナリモデルを使ってみたところ、全員がlong haulersと判定されました。実際、免疫学的にはLong-haulerに非常によく似ているので、そのように治療し、治療に成功しています。ワクチンの副作用ではありますが、あまり気にする必要はないと思います。治療可能ですし、いつまでも続くものではありません。ですから、私たちはその点を考慮しなければならないことを非常に喜んでいます。それは素晴らしいことですね。I

Dr.Been 22:14

実は、あなたのスライドのひとつにも質問があります。しかし、私にとっても燃えるような質問をいくつかさせてください。最初の質問ですが、リマさんから、これは単球とマクロファージですか?

Bruce Patterson 22:28

単球です。腸や肺のマクロファージにはCOVIDやSARSが含まれているという報告もあります。私たちが発見した重要な点は、血液中の移動性の高い細胞に存在するということです。剖検では、末期に分化したマクロファージの中にウイルスの断片を見つけることができますが、今回の発見はその点で非常に重要です。

Dr.Been 23:34

どうもありがとうございました。今日の講演のために、クールビーンズと一緒に考えてみたいことがあります。私は、全世界の人口がこのCOVIDから抜け出せなくなっているのではないかと考えていました。70億人以上の人がいます。そして、イベルメクチンを発明した人、いや、発見した人がいる。そして今、彼らはいません。しかし、ピエール・コーリー博士のようにそれを推進している人たちがいて、彼らこそが何十億人もの人々を救っているのです。同様に、ワクチンも何十億人もの人々を救っています。そして私は、ブルース・パターソン博士と彼の発見について考えていました。何十億人もの人々を救うのと同じレベルなのです。というのも、今日、ある患者さんと話をしていて、この悲惨さに私は怒りを覚えました。彼はCOVIDの後遺症で長い間苦しんでいます。彼は研究者であり、医療従事者でもあります。彼は研究者であり、医療従事者です。彼自身も医療従事者です。そして彼は研究員です。彼が医者のところに行っても、医者は何も知らないし、彼が「これをやってみよう」「これを試してみよう」と言っても、医者は何も知らないし、数人の医者以外は興味すら持たない。私は、もしこれがワクチンの目的であるならば、と怒りを覚えました。これでは、人々を壊してしまうことになり、彼らを助けることもできません。もう一度、あなたの仕事に感謝します。世界中の人々が、あるチームが発見し、解決策を持っていることを知り、それを使えるようになることを願っています。さて、ここでもう一つ重要な質問があります。それは、「システムは最終的に均等化され、元に戻るのか?」

Bruce Patterson 25:21

これは、問題の核心に迫る最高の質問だと思います。実際のところ、細胞の寿命は決まっています。正常な人間の古典的な単球、中間的な単球、非古典的な単球を見てみると、数日から数週間程度の寿命であることがわかります。しかし、病的な状態では、細胞死を防ぐ一連のメカニズムが働いて、正常な人よりも長生きするようになるのです。とはいえ、CCR5アンタゴニスト、スタチン、イベルメクチンを併用することで、細胞の連続モニタリングを行い、レベルが下がっていることを確認しています。私たちは、最終的に細胞がクリアになることを非常に期待しており、楽観的です。私たちのプログラムでは、すでに患者の免疫系が正常に戻ったことを示しています。絶対的に正常な状態で、私たちのパネルに含まれる14種類のプレックスサイトカインのすべてが正常です。免疫系を正常に戻すことが目的でした。症状に遅れが出ることもありますが、12ヶ月間衰弱したことで起こる症状もあります。例えば、腰を痛めて8ヶ月間ソファで寝たきりだった人が、突然腰の調子が良くなったとしたら、痛みや体調不良、以前やっていたことができない、疲れやすいなどの症状が出てくるでしょう。このような人たちに、「あなたの免疫プロファイルは正常に戻っています」と言えるのは心強いことです。通常、彼らの症状はそれに伴って改善されます。しかし、中にはまだ症状が残っている人もいます。そして、COVID導入前のレベルの90~95%まで回復させます。しかし、まだ5~10%残っています。しかし、その5~10%は、長い間、衰弱していたことによるもので、長い間、座っていたり、寝たきりであったりしたことによる通常の影響だと思います。挫折するかもしれませんが、私は彼らに、免疫システムを正常に戻すことができたのだから、弓矢のような的を得たのだと言います。弓矢のように的があり、どこに的があるかわかっていて、どうすればそこに戻れるかわかっているのです。ですから、運動量を増やしたり、予防接種を受けたり、予防接種を受けたければ、活動量の増加やその他の免疫系の乱れの結果に対処しましょう。それが私たちのメッセージです。

Dr.Been 28:42

ありがとうございました。どうもありがとうございました。病理学的な面でもう1つ質問したいのですが、その後、たくさんの質問があります。病理学の方では、もう1秒だけ画面を共有して、質問があります。そこで、1つ目の訂正ですが、フラクトルカインと書いてしまいましたが、フラクタルカインです。はい。

Bruce Patterson 29:04

論文を書いている間に、5つの異なるスペルを使っていたと思います。

Dr.Been 29:08

どうもありがとうございました。私の質問は、あなたがインターフェロンガンマにも言及したことです。インターフェロンガンマは、Tヘルパー2経路とTヘルパー1経路があり、Tヘルパー1はナイーブT細胞、そして細胞障害性T細胞という図式を知っています。そして、Tヘルパー1がインターフェロンガンマを産生することがわかっています。 インターフェロンガンマがどのようにTヘルパー2に影響を与えるのか、それはインターフェロンガンマがTヘルパー2に影響を与えて活性化するということなのか、それとも別の方法なのか。それは私にはわかりませんでした。

Bruce Patterson 29:46

ええ、その逆だと思います。つまり、これらの単球はまだ炎症を起こす性質を持っていおり、TNFやその他のサイトカインを作っているのです。そして、事実、私たちのパネルにはこれらすべてのサイトカインが含まれています。だからこそ、あなたが今、エレガントに描き出したメカニズムをまとめることができたのだと思います。そして、モニターすることができます。つまり、インターフェロンガンマがこのプロセスの一部であること、VEGFがこのプロセスの一部であること、IL-2が単にアップレギュレートされることがわかっています。もちろん、IL-2はインターフェロンガンマと一緒になって、私たちのロングカラーインデックスの分子となります。ですから、治療法によって、Long-hauler指数の分子を下げ、もちろんLong-hauler指数を正常なレベルまで下げるべきなのです。これがプレシジョン・メディシンの素晴らしさです。そして、主観的ではない指標を持つことは、結果的に病因の一部であることがわかります。

Dr.Been 31:09

要するに、あなたがしていることは、これらの人たちに「やめろ」と言っているのだと思います。1つ目は、内皮細胞とのつながりを絶つことです。2つ目は、これらの細胞をより良い細胞に変えるか、死滅させようとしているのですね。

Bruce Patterson 31:25

そうです。私は、彼らが死ぬのを防ぐために、彼らに関わるプログラムを逆にしようとするのが大好きです。そのためには、CCR5アンタゴニストが非常に重要な役割を果たしていると思います。

Dr.Been 31:46

つまり、何が起こっているのかというと、私自身が興奮しているだけでなく、非常に理にかなった治療法に興奮しているということです。サイトカインを生成し、血管炎やその他の症状を引き起こしています。そして、もちろん死ぬか、何か別の形に変わるかしてほしいのです。これは天才的なことですね。本当にありがとうございました。パターソン博士。そして、ブルース、私はもっと質問をするつもりです。今です。これはとてもエキサイティングなことです。ケイトリンの質問は「COVIDによって再活性化されたウイルスについてはどうですか?助けることができる治療法はありますか?」この質問について何かコメントはありますか?

Bruce Patterson 32:35

ご存知のように、多くのLong-haulerは、EBV、CMV、水痘、HHV-6など、ヘルペス系のウイルスに慢性的に感染していますからね。そのため、COVIDの再活性化はありません。なぜなら、先ほど言ったように、COVIDは単なるタンパク質であり、我々が調べた限りではRNAは存在しませんでした。我々はその発見に多大な努力をしています。しかし、ヘルペスのような真の潜伏期ではなく、休眠、再活性化、休眠、再活性化する傾向のある家族のウイルスが、慢性疲労症候群の一部となっています。他の慢性的なウイルス感染後症候群では、何年も生きていますが、SARS-CoV-2にはその能力がありませんでした。私たちが論文で述べたように、これはポストライムの原因となる病原体であるボレリアとよく似ています。魅力的なのは、ポストライムには中間型単球、そしておそらく非古典型単球が関与しているということです。なぜなら、細菌は基本的に細胞壁を剥がして残り、単球によって貪食されるからです。しかし、バクテリアの活発な複製はまだ行われていません。ポストライムでは、非常に似たような症状が見られます。つまり、COVIDで展開してきた戦略は、ポストライム、線維筋痛症、慢性疲労にも適用できると考えています。私たちは、COVIDが陰性のワクチン接種後のグループに行ったように、どれだけ密接に似ているかを見てみたいと思い、現在、積極的に取り組んでいます。私たちは機械学習を使って、彼らがどこに当てはまるのかを判断したいと思います。Long-haulerなのか、活動的なCOVID感染なのか、それとも独自のカテゴリーなのか?先ほど申し上げたように、少なくとも予備的なデータでは、彼らはLong-haulerをする人たちと似ていて、活動的なCOVIDとはあまり似ていないことがわかりました。しかし、もし私が賭け事をする人だったら、少なくとも、特に8ヶ月から 10ヶ月後には、Long-hauler機には複製可能なウイルスは残っていないという事実に賭けるでしょうね。

Dr.Been 35:44

ありがとうございます。ありがとうございました。そして、ここにいるブルーフィールズも気にしないでください。彼はあなたのチームを賞賛しています。では、さらにいくつか質問があります。あなたのプロトコルでは、マラビロク・イベルメクチン・スタチン・アスピリン・ルボックスがあると思いますが、マラビロクを使ってどのようにこの状態をターゲットにするのでしょうか?

Bruce Patterson 36:15

繰り返しになりますが、これらの非古典的な単球は、CCR5を発現しています。そして、ミツバチがハチに引き寄せられるように、これらの免疫細胞はラムゼスに引き寄せられます。私たちはすでに最初の論文で、重度の軽度、中等度、そして健常者と比較して、長期不調組では彼らのRANTESースが統計的に有意に上昇していることを示しました。つまり、RANTESースは長期にわたるCOVIDに関与しているのです。活性化された血小板によって作られ、血小板はおそらく、ヘリウムの終わりに炎症を起こしている人に反応しているのでしょう。もし私がビーン博士のように上手に絵を描けたら、すべてをまとめることができるかもしれませんが、あなたがおっしゃったように、紙やホワイトボードにすべてを書き出すまでには至っていません。

Dr.Been 37:14

では、あなたのところに行ってみましょう。ホワイトボードに何を描けばいいのか、教えてください。

Bruce Patterson 37:18

招待されているようなものです。

Dr.Been 37:20

完璧ですね。私は以上です。では、次の質問に移りますが、あなたはアメリカだけでなく、世界各地で活躍されていますね。あなたのチームは最も多くのLong-hauler患者を管理してきましたが、どのくらいで彼らは気分が良くなり始めるのでしょうか?

Bruce Patterson 37:43

ええ、それはいい質問ですね。ところで、私たちは英国でパイロット試験を行ったばかりです。英国の研究室と交渉していますが、すでにassezの有効性が確認されつつあります。研究グループはスペインに本拠地を置いていますが、EU全域に研究室を持っています。このように、私たちは急速に拡大しており、COVID長距離通信社にさらに3人の医師を迎え入れて規模を拡大しています。グループです。さらに、100人以上のネットワーク医師がいて、実際に処方箋を書いたり、患者を管理したりしています。現在、積極的に事業を拡大していますが、その際に求められるのは、まず2週間の間隔で実施することです。そして、2週間後には何らかの改善が見られることを望んでいます。そして、私たちは本当に、本当に信じているのですが、ほとんどの場合、大多数の患者さんに2週間で何らかの改善が見られています。90%まで行きますか?2週間で?いいえ。70%や80%になることはありますか?そうです。さらに2週間から4週間かけて改善していきます。その後も改善が見られます そして、免疫系が正常に戻ったかどうかを確認するために、検査を繰り返します。平均して4~6週間で、患者は通常の生活に戻り始めていますが、多少の症状が残ることもあります。私たちは、免疫システムが回復したと言えるような精密医療を提供しています。それが私たちの目標なのです。

Dr.Been 39:43

そのために次の質問をします。ビーン博士こんにちは。パターソン博士、Tリンパ球におけるCOVID-Long-haulerとHERV-Wエンベロープ発現の関係はわかりましたか?

Bruce Patterson 40:00

なんと、Long-COVIDで私の記録を1つの質問で持ち出す人がいるとは思いませんでした。もちろん、その答えはノーです。でも、この質問は大好きです。私がよく受ける質問のひとつに、「COVIDのゲノムにはHIVやレトロウイルスの配列があるのですか?私の答えは、私たちのゲノムにはレトロウイルスのような配列があり、それはHerbes(ヒト内因性レトロウイルスまたはウイルスの配列)と呼ばれています。私はこの質問が大好きです。率直に言って、時間がなくて見ていません。私はずっと前に学者の帽子を脱いで、会社を経営しています。私はその背後にある基礎科学を推進しています。しかし、あなたが提起したような、本当にクールな質問に丁寧に目を通す時間はありません。

Dr.Been 41:02

もう一つ質問があります。ポスト-ワクチン?どうやって?ワクチン後にもこの現象が起きていることは確定していますね。ワクチンはどのようにしてこの現象を引き起こすことになるのでしょうか?

Bruce Patterson 41:19

私たちが調べているのは、つまり、Long-COVIDとは異なる1つのことで、それは血管の炎症マーカーの上昇です。Long-hauler指数は、IL-2にインターフェロンガンマを加えてCCLを超えたもので、4つの指数が上昇しています。これはブレインフォグの原因でもあります。なぜなら、あなたがスライドで示したように、これらの細胞が血液脳関門を通過し、膨満感やVEGFの発現を引き起こし、血管の境界線を形成するからで、これはもちろん、頭痛や偏頭痛の中心でもあります。しかし、ワクチン接種後の長期的な症状に見られる最も一般的なパターンは、長期的な症状や指標の上昇に加えて、RANTES、CCL5、サイビル、CD40ラーゲンであることがわかっていないのです。

Dr.Been 42:44

了解しました。そして、もうひとつ。

Bruce Patterson 42:48

ワクチン接種後の患者が、ワクチン接種後3ヶ月、4ヶ月経ってもCOVIDタンパク質の断片を保持しているかどうかを確認するために、これらの単回接種のサブセットを調べようとしています。

Dr.Been 43:13

今、1300人ほどの人がこの番組を見ています。これはパターソン博士の会社のウェブサイトです。もう一度言いますが、私は何の関係もありませんし、商業的な利益もありません。私の関心は、ブルースと彼のチームに感謝しているということです。彼はここで、必要な情報を提供してくれています。それが希望を生み、命を救うのです。私は、「死にたい」と言われたことのあるLong-haulerを知っています。そして、ここに、助けてくれる会社があります。これが彼のウェブサイトです。covidlonghaulers.comです。ですから、もしあなたがここで助けを必要としているのであれば、ぜひ彼らに連絡してください。引き続き、パターソン・スティーン博士のロングホラープロトコルについても紹介したいと思います。これはFLCCのサイトにあります。そうは言っても、私たちはロングホラーについて話していますが、それはCOVIDのせいかもしれませんし、ワクチンのせいかもしれません。では次の質問ですが、パターソン先生。これが聞かれたことをどうやって知ったのですか?何だったんですか?ACE2はどこにありましたか?これが最大の問題で、これは楽しい問題として知っているはずです。ACE2はどこに行ったのでしょうか?

Covid Long Haulers
Bruce Patterson 44:34

いい質問ですね。S1タンパク質を見つけたことがその一因だと思います。私たちは、他に何があるのかを調べるために、さらに多くのタンパク質の配列を調べている最中です。しかし、私たちの目的は、S1タンパク質に対する抗体を含む20種類の異なる抗体で細胞を標識し、それらの細胞を選別することができる、高パラメータのフローサイトメトリーによって発見したという事実です。私たちの唯一の目標は、これらの非古典的な単球にS-1タンパク質が実際に存在することを確認することでした。しかし、これで終わりではありません。免疫系を刺激する他のフラグメントがあるのかどうか、正確に把握するための旅が始まりました。繰り返しになりますが、私たちはすでにこれらの細胞を再度選別し、RNAを精製して、SARSの完全な補完物であるcovid2 RNAを調べるための次世代シーケンスを行っていますが、それはSARSの1つの遺伝子だけでなく、複数の遺伝子になります。今のところ、何も見つかっていませんが、数日後に別の実験を行う予定です。

Dr.Been 46:00

わかりました。では、次の質問です。ワクチン後の肺の可能性を確立しているベテランの方はいらっしゃいますか?ハラー、誰が過剰反応を起こしそうですか?これは、私にとっても最も一般的な質問の一つで、皆さんから「誰が重度のCOVIDを発症するか分かりますか?誰がLong-haulerになるかわかりますか?COVIDのポストワクチン?あなたがこれまでに行ってきた研究から、何か手がかりがあるのでしょうか?」

Bruce Patterson 46:28

そうですね。非常に興味深かったのは、先日投稿した論文の中で、重度のCOVIDをコントロールとして使用したことです。実際、活発なCOVIDでは、この単球リザーバーが形成されているのがわかりました。また、これらの細胞は、RNA陽性やS1陽性である可能性が高かったのですが、そうではありませんでした。さて、ワクチン後の悪化という点では、基本的には全く同じ道を辿っています。今、私たちが取り組んでいることの一つは、可溶性メディエーター、サイトカイン、ケモカインなどの免疫プロファイリングをすでに行っていることです。そして、次のステップは、当然ながら、ワクチンを接種したものと同じタンパク質を探すことです。しかし、長期不調組は感染時に確立されることを示唆するデータがあります。そして 2020年1月から参加している私にとっては 私たちは、個人が十分に長く治療されていないと思われる状況に陥りました。病理学的にはそうですが、ウイルス学的には組織の損傷を防ぐことができましたが、リザーバーの形成を許してしまったため、あまり良い結果ではありませんでした。つまり、すべてはリスクベネフィットなのです。先週発表された研究では、重度のCOVID患者の何人かが実際にlong hauler indexを持っていました。つまり、免疫学的にはlong haulerになる途中で、まだ活動中のCOVIDを持っていたのです。私たちは、これは感染時に確立されたものだと考えています。これは、リザーバーとトロピズムの問題です。そして、我々は、類似したものなのか、それとも異なるものなのか、あるいは、軽度の治療を受ければ治るものなのかを確認するために、postワクチンの長期不調組の調査を始めたところです。私たちはそのようなことを見たくはありません。私たちはそれを診断し、管理することができます。そして、それをフォローすることができます。長い目で見ていくことができるのです。

Dr.Been 49:39

私の頭の中にある質問に答えてみましょう。あなたは今その質問を見て、後で答えることができます。ここに、ヨー先生がいます。私は彼が誰なのか全く知りません。先生は、P先生のボードに名前が付いていたのは本当だとおっしゃっていますね。

Bruce Patterson 50:01

面白いですね。あのね、もしかしたらいつかはね。

Dr.Been 50:07

なるほど、では耳鳴りについての質問です。ワクチン接種後の患者さんの多くは、post-COVIDも同様に耳鳴りを経験しています。このメカニズムと耳鳴りの関係はどうなっているのでしょうか?

Bruce Patterson 50:24

つまり、耳鳴りとブレイン・フォグをよく目にします。本当に奇跡的なのは、CCR5アンタゴニストで3~5日以内に耳鳴りがなくなることです。これは素晴らしいことです。私が思うに、少なくとも脳へのLong-haulerの細胞の移動を防ぎ、それらを血管の境界から遠ざけることができるのではないでしょうか。そして、脳の特定の部分ではありますが、よく見かけるし、多くの治療を行ってきました。私たちは、この症状を取り除くことに長けていると思います。

Dr.Been 51:21

これは非常に重要なポイントですね。私が心配していたのは、Long-haulerの場合、継続的に炎症が起こっていることでした。あなたの研究のおかげで、血管の境界部分で血管炎が起こっていることがわかりましたが、これが長期間続くと、損傷の上に瘢痕ができてしまい、永久的な問題になる可能性があります。ですから、できるだけ早く管理することが重要だということです。私たちはここで、何ヶ月か後に患者さんが徐々に良くなっていく可能性があると言っていますが、私は、できるだけ早く患者さんが良くなることが重要だと感じています。瘢痕化する。私の考えは正しいですか?

Bruce Patterson 52:18

それには反対しません。そして、あなたは本当に良いポイントを突いたと思います。実際、免疫系と組織は驚くほどの修復能力を持っています。第一に、マクロファージを再分極することです。急性COVIDでCCR5アンタゴニストを使って話したように、CCR5を架橋することで、マクロファージを炎症性のプロ炎症の表現型から、より効果的な修復の表現型へと転換させ、再分極することができます。私は、これらすべてが非常に重要であると考えています。しかし、どのような病気でもそうですが、治療は早ければ早いほど良いと考えています。Long-COVIDを認識し、積極的な治療を開始するまでに、これほど長い時間がかかったことは悲しいことです。去年の6月には、積極的に治療を開始し、今はとても良い状態にあります。しかし、これほど長い間、人々が苦しんでいたと思うと、多くの報告書で述べてきたように、本当に胸が締め付けられる思いです。あなたがおっしゃったように、私たちは今、アメリカではなく、おそらく世界で最も多くのLong-haulerを抱えています。多くの話を聞き、様々な現象を目の当たりにしています。私たちはできる限りの努力をしていますし、いくつかのテストでは償還を受けることができました。他の国でも、議員や政府関係者と話をして、仕事をしていない人たちへの手当を求めています。彼らは確かに衰弱しています。しかし、他の国ではそうはいきません。メカニズムやその背景にあるものを考えるだけでなく、何ができるのか、誰に相談すればいいのかを考える日がありません。このような患者を救うために、誰に相談すればいいのか。なぜなら、COVIDが続くことによる経済的困難は、感染者の10~30%にも及ぶ可能性があると考えると、気が遠くなるようなものです。これは2年後、3年後、もしかしたら5年後にも続くかもしれません。だからこそ、私たちは、このような人たちに利益をもたらし、支援することを考えなければならないのです。

Dr.Been 55:05

まったくもってその通りです。インドの医師であるミート・ケサリ氏は、単球の寿命は24時間程度と言われていますが、私が間違っていなければ、新しい単球にもスパイクがあるのでしょうか?

Bruce Patterson 55:21

それはいい指摘ですね。私たちの論文でも当然取り上げています。そう、通常、単球の寿命は24時間なのです。しかし、これには正常なものは何もありません。私たちが言ったように、そして論文にも書いたように、単球が長生きするには理由があります。私たちは、いずれは死滅すると考えています。しかし、病的な状態ではそうなってしまうので、長生きしているのです。古典的な数学は24時間ですが、非古典的なもの、つまりドグマは寿命が短いのです。しかし、これは普通の人についての話ですよね。

Dr.Been 56:12

これは質問ではありませんが、多くの神経科医がやっていることです。そして、このコメントをご覧ください。シルビアは、「私の友人は、何人かの神経科医に診てもらったことがあります。彼らは彼女をどうやって助けたらいいのかわかりません。彼女は6ヶ月間頭痛に悩まされていて、目の奥の視神経を撃たれています。彼女は看護師ですが、神経科医の中には患者に耳からステロイドの注射をしたりする人もいるようです。これは非常に悲しいことです。何が正しいことなのでしょうか?あなたが持っているプロトコルだけですか?それは、6ヶ月経っても効果があるものなのでしょうか?

Bruce Patterson 56:55

ええ、その通りです。ありがたいことに、私たちはFLCCCプロトコルを共同開発しましたが、これにも大きなメリットがあると思います。これには大きなメリットがあると思います。この問題を解決する必要があります。確かに、手っ取り早い解決策を求めて、多くの買い物が行われています。私が聞いた話では、幹細胞やアプリ、エクソソームなど、人々を元気にするために何があるのか、気が遠くなりそうです。このような人々の病気を見て、何が起こっているのかを深く掘り下げることは、単に十分な数の人々を見ることではないのです。もちろん、私たちにはそれぞれの考え方がありますが、私のアドバイスとしては、現時点では侵襲的な処置は避けるべきだと思います。

Dr.Been 58:05

その通りです。236yearsagoからの質問です、このプロトコルで成功した方はいらっしゃいますか?

Bruce Patterson 58:19

たくさんいます。成功しなかったら、このプロトコルをやっていないでしょうからね。そうですね、たくさん、たくさん、とてもたくさんです。つまり、反応しなかった人の数は、私の手で数えられるほどです多くの場合、彼らは他にも多くの基礎疾患を抱えています。 症状は出ているが、ループスなどのXYZを患っているという非常に複雑な患者さんに遭遇したことがあります。私たちが出会った非常に複雑な患者さんの中には、基礎疾患が何であるかを解明するまでは治療を推奨できない方もいます。私たちは、CD8数が少ない可能性があることをアドバイスしたりします、25%のLong-haulerで見てきました。男性の免疫システムの一部は高免疫性ですが、あなたの免疫システムはわずかに抑制されているかもしれません。私たちは、できるだけ多くの情報を提供しようとしていますが、中にはあまりにも多くの問題を抱えている人もいて、それらをすべて整理するのは難しいのです。

Dr.Been 59:39

はい。次の質問です。ロンダさんは、「ワクチンやCOVIDの後、慢性的な失語症を抱えて長距離を移動する人がよくいますが、そのようなケースにはどのように対処していますか?平均して、回復にはどれくらいの時間がかかりますか?」

 59:57

慢性的な失語症はあまり見たことがありませんが、いくつか見たことがあります。迷走神経への過剰な刺激なのか、VEGFによる神経障害なのかはわかりませんが、一般的に私たちが行うことは、時々、ひも状の筋肉の締め付けを感じることです。繰り返しになりますが、私たちは根本的な原因を治療することに専念します。そうすれば、これらの症状は消えていくでしょう。もし症状が残るようであれば、免疫系を正常に戻した後、他の原因を探すことになります。

Dr.Been 1:00:43

ベス・バウアーさんが、ビーン先生、私は1日1日で良くなりました、と言っています。改めて、ブルースさん、あなたのお仕事とチームのお仕事に感謝します。

Bruce Patterson 1:00:58

繰り返しになりますが、私たちは2週間から始めて、4週間になりました。そして、最終的には非常に良い反応が得られ、正常に近い状態になり、免疫系が正常でなくても、皆がマラビロクの毒性について話しているところです。1つはNIHが発表した論文で、毎日服用しているHIV患者における5年間のマラビロクの安全性を示しています。そして、もう1つの論文は、小児患者におけるマラビロクの安全性を示したものです。小児集団における安全性ほど、安全性を示すものはありません。そして、あなたが小児用の論文を読んでいるので、あなたは2週間、最初は4週間、長くても6週間は飲んでいることになります。慎重を期すために、肝酵素をモニターしました。しかし、タイレノールを服用した人に肝酵素の上昇は見られず、士気の低下も見られませんでした。今のところ、タイレノールとマラビロクはゼロですが、この2つの論文は私たちのウェブサイトに掲載されていますので、安全性プロファイルについて読みたい方はご覧ください。

Dr.Been 1:02:34

プロツール44の質問です。Long-haulerはマイクロRNAの制御異常の影響を受けるのでしょうか?

Bruce Patterson 1:02:45

繰り返しになりますが、1日の時間は限られていますよね。私たちは、見たいと思っているすべての質問に目を通すという贅沢はできません。だから、その質問には目を通していないのです。

Dr.Been 1:03:05

これは興味深い質問ですね。それをパスするかどうかはあなた次第です。でも、興味のある質問は面白いですね。terretAb 123さんは、ワクチン接種によって免疫反応の標的となった後、三角筋の筋肉細胞は入れ替わるのか、と言っていますね。つまり、抗原を取り込んで抗原を提示しているときに、免疫系細胞がやってきて殺してしまった場合、これらの細胞は入れ替わるのでしょうか?あるいは何が起こるのでしょうか?さ

Bruce Patterson 1:03:31

良いニュースは、筋肉細胞は回復できるということです。しかし、私にはわかりません。私はそれをよく調べていません。

Dr.Been 1:03:42

了解しました。私の方からもう一つ質問したいと思います。1つは、あなたのプログラムの将来性を理解したいということです。この質問の文脈ではクールビーンズになるような1つのリクエストをどのようにスケールアップしていくのでしょうか?私はあなたに何かを押し付けようとしたことはありませんが、「いいね!」や「購読」を共有するための慣習的なリクエストは言っています。このビデオは、私たち全員が一緒になって、できるだけ多くの人に共有すれば、命を救うことができるビデオのひとつだと思います。不幸を救うこともあれば、経済的な災害から救うこともありますし、自殺からも救うことができますので、ぜひシェアしてください。そして、パターソン博士に質問ですが、あなたのプログラムの将来はどうなるのでしょうか? それが一番目の質問で、二番目は、immuno track appとは何かという質問です。

Bruce Patterson 1:04:37

ええ、素晴らしい、素晴らしい質問ですね。このプログラムは、すでに世界中で展開しています。イギリス、EU、中米、南米、そしてアジアにも進出する可能性がありますからね。素晴らしいのは、テストキットの製造者を簡単に増やせることです。現在は遠隔医療にも対応しています。しかし、私たちは「immune attrack.app」にとても期待しています。そして、最初の出荷を終えたばかりのimmuno watchです。このアプリは約2~3週間後にリリースされる予定ですが、すでにAppleのApp Storeに登録されており、AppleやAndroid、そして当グループの専用ウォッチでも動作します。そして、自分の症状をスコア化し、心拍数、血圧、脈拍、心拍変動を追跡することができるようになります。さらに、検査結果や投薬内容をアップロードすることも可能になります。医師はダッシュボードを見て、「この日は薬を変えた」「症状のスコアで何が起きたか」「心拍数で何が起きたか」「心拍変動でBPを負った」など、個人に起きているダイナミックな動きを確認することができます。そして最終的には、収集したすべてのデータにバイオインフォマティクスを適用し、さらに優れた予測アルゴリズムを提供したいと考えています。冒頭で述べたように、私たちは慢性疲労、脳梗塞後遺症、線維筋痛症、その他の免疫系疾患、さらにはLong-haulerにも積極的に展開していきます。なぜなら、一度モデルを確立すれば、免疫学の分野で前進し続けることができるからです。そして、私たちが提供している「Dx」の最大の特徴は、精密医療やより良い医療を実現するための基礎科学研究を提供できることです。

Dr.Been 1:07:17

あなたがこれまでに行ってきた仕事は、まさにその資格があります。私は、COVIDとワクチンの研究に続いて、慢性疲労とポストラインの研究を進めていることにとても興奮しています。

Bruce Patterson 1:07:38

その通りです。

Dr.Been 1:07:41

アンソニー・カトリカ氏によると、非ウイルス性病原体の再活性化は、多くの所見があるダニ媒介性のボレリアですが、バベシアやカビの毒性はすべて以前から保有していたものですが、C19免疫破壊症状の前には抑えられています。カルロスさん、以前にも少し触れられていましたね。

Bruce Patterson 1:08:04

ええ、同意します。例えば、ボレリアでは、細菌の核酸の兆候はありませんが、細胞壁のタンパク質は、中間型の非古典的単球によって貪食されます。そして、私たちが提示したように、これらの人々の免疫系に提示され、おそらく同じような血管の炎症を引き起こし、その結果、同じような症状を引き起こすのです。

Dr.Been 1:08:44

SARS-CoV-2は、単球に発現するためには、血流に入らなければなりません。

Bruce Patterson 1:08:52

単球は血中をパトロールしているので、その部分のために体の大部分をパトロールしているのです。そしてその次元。昨年2月に発表した最初の論文では、SARSやCOVIDの血漿中のウイルス量を初めて報告しましたが、そのためにはドロップレットデジタルPCRを使用しなければなりませんでした。これは非常に感度が高く、セルフリーDNAや癌の検査に使用されています。これは非常に感度の高いもので、細胞の遊離DNAや癌の検査に使われています。そして、血漿中にウイルスを発見しました。ほとんどが重症例ですが、確かに血漿中にはウイルスが存在しています。それが他のものと同じかどうかはわかりません。複製されているかどうかはわかりませんが、私たちはそれを見つけました。

Dr.Been 1:09:48

これは重要な質問です。デニスから、MCASはどうですか?

Bruce Patterson 1:09:58

私たちは見てみましょう。 いくつかの追加マーカーが必要かもしれません。つまり、現在のパネルに追加のキャパシティがあると考えられます。そして、それぞれの新しいフロンティアに向かうときには、MCASと同じように、マーカーを追加しなければならないかもしれません。

Dr.Been 1:10:25

Friscoからです。パターソン博士、社会との関係や信頼を向上させるために、機関ができる3つのことは何でしょうか?今のところ、信頼関係はかなり損なわれていると思いますが。

Bruce Patterson 1:10:39

まず第一に、今回のパンデミックは非常に大きな課題だと思います。想定外のことがたくさんあったので、その管理は大変でした。しかし、将来的には、新たな病原体に対する計画を持たなければならないと思います。以前から言っていることですが、免疫調整剤やCCR5アンタゴニストのように、病原体に特異的ではない方法で免疫システムを強化できる薬剤を備蓄しておく必要があります。もちろん、他の薬でも同じことができます。しかし、問題のひとつは、今回のパンデミックで我々はあっけにとられてしまったことだと思います。1年前 2012年の3月だったと思いますが、私は突然変異率を見て、「これは問題だ」と言いましたが、これはHIV時代の話です。それが今の状況なのです。変異体で反撃しているのです。そして、亜種が出現し、私たちは亜種との競争に巻き込まれることになります。私たちは、病原体に特異的でない治療法を含む戦略を考えなければなりません。また、がんやPD、1つのPDL、1つのストーリーから、私たちは免疫システムを強化することで、がんであれ、ウイルス感染細胞であれ、外敵の侵入を防ぐことができることを知っています。私は、これが継続的な戦略の焦点であると考えていますが、そのためには、以下のようなことは避けなければなりません。

Dr.Been 1:12:48

このような状況に再び陥らないためにも、継続的な戦略が必要だと思います。分かりました。そして、私が周りを見回していても気にしないでください。私は次の質問を探すためにコメントを見ています。だから、あなたのメッセージを無視しているその時ではありません。申し訳ありません、ご心配なく。さて、ジョディ・バージニアさんの質問ですが、イベルメクチンは、ワクチンやCOVIDによる長丁場の確立を妨げますか?早期治療で?

Bruce Patterson 1:13:14

率直に言って、それは研究されていないと思いますし、私たちにもわかりません。先ほど言ったように、急性期に長期不調組が長期不調組になる理由については、いくつかの証拠があります。しかし、誰も実際に介入しようとはしませんでした。私たちは今、自分たちが考えていることを報告しているだけで、どうすればそれを防ぐことができるかについては、これから説明します。イベルメクチン、CCF5拮抗薬、スタチンを併用することで、重症化を防ぐだけでなく、細胞内のリザーバーの形成を阻止することができるかもしれません。

Dr.Been 1:14:09

了解しました。私のコメントは研究ではありませんが、私の患者、COVIDの何百人もの患者の中で、合計3人の患者がロングホラーになりました。そして、私は定期的にイベルメクチンを使用していますし、私の主な使用法もイベルメクチンです。同様に、ヘクター・カバリオ博士からも意見を聞いています。彼は丸太運びとイベルメクチンに関する最新の論文を発表しており、メリットがあるようです。このように、スタチンとイベルメクチン、そしておそらくはステロイドを併用することで、継続的な治療が可能になるという素晴らしい組み合わせだと思います。この話は、Dr.Beenのもとで、予防について話してきました。管理、外来管理、厳しい管理について話しました。そして今、ワクチン後、post-COVIDの長期的な対応で、全体の構造が完成したと思います。このような重要なお話を伺うことができました。どうもありがとうございました。ブルースさん、お集まりいただきありがとうございました。それでは、1時間20分を過ぎてしまいましたが、もう少し質問しても大丈夫ですか?ニュージャージー州のビルさん、95%の意味で治療に成功した後、薬から解放された個人や、実際に助けてくれた人はいますか?

Bruce Patterson 1:15:44

今、私たちはそのようなことをたくさん行っています。私たちは、基本的に彼らから薬を取り除き、彼らのシステムを混乱させています。先ほど言ったように、私たちが確立しようとしているのは、弓矢のような的であり、免疫システムを正常に戻す方法を知っているということです。正常な状態に戻ったら、薬を服用して、ゆっくりと運動量を増やし、システムに刺激を与えるのです。そうすれば、万が一、症状が悪化しても、薬を戻してベースラインと免疫系を正常に戻せるからです。このように、多くの患者さんと一緒に過ごしてきた数ヶ月後の段階では、運動に関して何をすべきかを考えるようになっています。先ほど言ったように、予防接種を受けたい人には、私たちは「よし、どうぞ、あなたのシステムを乱してください」と言います。何をすればいいのか、どうすれば元に戻るのかはわかっています。それが、私たちの哲学です。そうですね。

Dr.Been 1:16:55

webaccess 11にMECFSとあります。ブルース先生、息子さんが苦しんでいるロン・デイビスさんと連絡を取ってください。

Bruce Patterson 1:17:05

ええ、その話は読みました。私がスタンフォードにいた頃、彼はスタンフォードにいました。私はただ、文字通り毎日働いています。あまりにも遅い時間まで働いていたので、チャンスがなかったんです。彼は私の連絡先を知っています。彼が私に電話したいなら それは素晴らしいことです。でも、私は、起きてから薬を飲むまで、ずっと 仕事をしています。

Dr.Been 1:17:36

ありがとうございました。分裂期にスパイクタンパク質に何が起こるのか、何かわかったことはありますか?これがDNAと融合して、脳にまで長期的な影響を及ぼす可能性はあるのでしょうか?つまり、細胞分裂の際、スパイクタンパク質はDNAと融合するのでしょうか?それとも、メッセンジャーRNAがDNAと融合するのでしょうか?

Bruce Patterson 1:18:02

いい質問ですね。先ほど言ったように、私たちが調べたことのないことです。フローサイトメトリーを使って、連続した世代、つまり娘細胞、娘細胞、娘細胞を見て、細胞分裂の間にどのように分配されるかを見ることができますが、時間がありません。

Dr.Been 1:18:29

あなたはそれを手に入れました。つまり、これは主に免疫系の病気であり、治療が必要なのです。

Bruce Patterson 1:18:39

その通りです。免疫疾患はそのように治療しなければなりません。私は、ウイルス学的な段階はずっと前に終わったと思っています。ですから、私たちは免疫疾患を治療しているのです。

Dr.Been 1:18:53

これは重要な質問ですね。申し訳ありませんが、私の声が響いています 長髪の治し方 匂いの消失 2週間プラス

Bruce Patterson 1:19:03

繰り返しになりますが、私たちができることは、匂いをつかさどる神経を圧迫しているかもしれない炎症を本当に治すことだと思います。diva先生はどうかわかりませんが。私は、芝刈り機の中で匂いが失われているのをあまり見たことがありません。もちろん、見かけることもありますが、そうではありません。最初に出てくるものを見ると、明らかに疲労感、ブレインフォグ、耳鳴り 関節痛もあります。つまり、オスミアはあまり見当たらないのです。 長距離路線では 2020年3月から6月までの期間に長距離路線を利用する人が多いことが、とても興味深いと思います。これまでに何千台と見てきましたが、私のオフィスではまだ見ていませんが、人々と話をしていると 2020年3月から6月までとなっています。Long-haulerのための時間です。ですから、いずれは過去にさかのぼって、当時の治療に関して何をしていたのか、それが原因になっているのではないかと考えています。

Dr.Been 1:20:21

わかりました。

Dr.Been 1:20:23

私が見てきたのは、急性のCOVID患者が数週間から数ヶ月間、長引くことがあるということです。イベルメクチンは、吐き気と高用量で、通常2,3日で元に戻ります。では、ここでRimaさんからの質問です。ワクチン後のロングホラーがロングホラーやpost-COVIDに似ているとしたら、どのような予測になりますか?ワクチンを接種した人の17%にもなるのでしょうか?推定値はありますか?

Bruce Patterson 1:20:59

繰り返しになりますが、私たちのプログラムの登録者数だけでは、そのような割合はわかりません。また、先ほど申し上げたように、初期の段階では簡単な治療ですぐに治ります。

Dr.Been 1:21:17

もう一つ質問があります。その後、私たちは停止します。サマンサが言うには、「心拍数が速く、心臓の熱に耐えられない患者をどのように治療しますか?」

Bruce Patterson 1:21:25

同じように、その中心にあるのは、炎症が反応を刺激するものとして、炎症を言い訳にすることです。確かに熱不耐性は、おそらく基底膜の剥離が原因ですが、心拍数は、回復やすべての症状を報告している患者さんを見ても、同様に良くなる傾向があると思いますよ。

Dr.Been 1:22:01

あなたのスピリットアニマルであるバイソンでよかったですね。

Bruce Patterson 1:22:06

どうやら、そう聞いたようですね。だから私はそれを受け取ります。素晴らしいですね。

Dr.Been 1:22:14

では、もう1度、パターソン博士のサイトを紹介しましょう。このことについて混乱がないように、何度も言います。私はここで、商業的、経済的、あるいは影響力に関連した利害関係や関与はありません。パターソン博士と彼のチームの仕事に対する私の関心は、法律でカバーされた状況を大衆に解決することです。このサイトはCOVID long haulers.comで、他にもFlcccというサイトがあり、ここにはプロトコルもあります。私は、長距離運転をしている人は誰でも、パターソン博士のグループに連絡を取り、好きな方法でこのプロトコルを試してみてほしいと思います。しかし、そこには助けがあります。解決策があり、パターソン博士が私たちと共有した研究があります。皆さんが良くなって、早く回復することを願っています。そして希望があります。ブルース、最後に何かコメントがあればお願いします。

Bruce Patterson 1:23:23

しかし、繰り返しになりますが、これは彼らの健康に関することですが、私たちはまた、政府がこれらの人々の面倒を見るように働きかけています。彼らが、Long-haulerやPASCというものがあることを認識しているという事実には、驚かされます。そして、彼らはプレートに向かってステップアップする必要があるのです。私たちのようにね。私たちは、あなたやビーン博士、コーリー博士、そしてFLCCCのグループのように、昼夜を問わず働いていて、あそこで素晴らしいことをしています。私たちは自分の役割を果たしているのではなく、政府がこのような人々を支援し、彼らが必要とする利益を提供するべき時が来ているのです。

Dr.Been 1:24:11

了解しました。改めて、お集まりいただきありがとうございました。このような洞察を共有してくださり、ありがとうございました。この仕事を祝福します。そして、今まさに苦しんでいる人々に恩恵を与えることになるあなたの仕事を、人類に祝福します。またお会いできることを楽しみにしています。

Bruce Patterson 1:24:28

いつもありがとうございます。次の機会を楽しみにしています。

  • 翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 機械翻訳による誤訳、文章省略の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker