操作された反対派、ブラックプロパガンダ
リスク評価、パラノイア、戦略か現実か?

レジスタンス・抵抗運動ロバート・マローン全体主義・監視資本主義操作された反対派、認知浸透、分断

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

rwmalonemd.substack.com/p/controlled-opposition-black-propaganda

Controlled Opposition, Black Propaganda

Robert W Malone MD,MSロバート・W・マローン医学博士、MS


操作された反対派(反対行動):個人、組織、または運動が第三者によって密かに操作されたり影響を受けたりする戦略で、操作された実体の真の目的は、公にされた目的とは異なるものである。操作された主体は、大衆の欺瞞、監視、および/または政治的/社会的操作の役割を果たす。ほとんどの場合、支配(操作)される側は、支配する側の利益と対立するように描かれている。

  • 真実だが否定的な情報を、個人またはグループによって歪曲された/汚名を着せられた形で開示または擁護させることによって、先制または中和する。情報を開示している、あるいはある立場を「擁護」している支配者(個人またはグループ)が持つ極端な、過激な、あるいは好ましくない立場によって、真実が偽情報で塗り固められたり、メッセージの真実が連想によって中和されることがある。汚名を着せられたり、不純物が混じったりした真実は、通常であれば批判や支配者に対する深刻な反発を引き起こす真実の情報から遠ざけることになる汚名を着せられた真実はまた、(通常、支配者による犯罪行為に関わる)敏感な領域に対する独自の研究を大きく阻害し、(極めて重要ではあるが)敏感なテーマを公に議論することがタブーとなるように、社会力学を操作する役割を果たす。

トラスト作戦ボルシェビキの目的は、操作された反対派を作り出し、ロシア王政の支持者たちを陥れることであった。

出典アーバンディクショナリー


ブラック・プロパガンダとは、信用を失墜させるはずのものによって作られたという印象を与えることを意図したプロパガンダの一形態である。ブラック・プロパガンダは、出所を特定しないグレー・プロパガンダや、出所を全く偽装しないホワイト・プロパガンダと対照的である。それは典型的には、誤った表現によって敵を中傷したり困惑させたりするために使われる。

ブラック・プロパガンダの大きな特徴は、聴衆が誰かに影響されていることに気づかず、ある方向に押しやられていることを感じないことだ。ブラック・プロパガンダは、本当の情報源以外のところから発信されたように見せかける。このタイプのプロパガンダは、秘密の心理作戦と関連している。時には、情報源が隠されたり、偽の権威に信用されたりして、嘘、捏造、欺瞞を広める。ブラック・プロパガンダは、あらゆる種類の創造的な欺瞞を含む大きな嘘である。ブラック・プロパガンダは、情報源の信憑性を受け入れる受け手の意志に依存する。ブラック・プロパガンダのメッセージの作成者や送信者が意図する読者を十分に理解していない場合、メッセージは誤解されたり、怪しく思われたり、完全に失敗したりすることがある。

政府がブラック・プロパガンダを行うのには、いくつかの理由がある。政府が直接関与していることを隠すことによって、そうでなければ信じない対象者を説得することに成功する可能性が高くなるかもしれない。ブラック・プロパガンダの背景には、外交的な理由もある。ブラック・プロパガンダは、自国の外交政策に不利となる可能性のある活動への政府の関与を難解にするために必要である。

出典ウィキペディア


上記と関連するものとして、潜入作戦と破壊作戦がある。この戦略がどのように展開されるかの例は、以下の記事で見ることができる。

占領軍には、混乱させ、分裂させ、誤らせるための侵入が蔓延している。

アメリカでは政治運動への潜入が常態化している

「Surveillance and Governance」(監視とガバナンス)によれば、FBIの現場工作員は次のように指示されていた。「Crime Control and Beyond」によると、FBIの現場工作員は次のように指示されている。

  • 1.活動家を監視し、ネガティブな個人情報を公開することで、対象グループのネガティブなパブリックイメージを作り上げる。
  • 2.代理人に人種間の対立を激化させたり、匿名の手紙を送ったりして対立を作り出し、内部組織を崩壊させる。
  • 3.あるグループがお金を盗んでいるという噂を流し、グループ間の不和を作る。
  • 4. 非営利団体に圧力をかけ、資金や物質的な支援を打ち切らせることによって、資源へのアクセスを制限する。
  • 5.エージェントが警察に対する暴力を促進することで、抗議行動を組織する能力を制限すること。
  • 6.人格攻撃、誤認逮捕、監視などにより、個人の集団活動への参加能力を制限すること。

COINTELPROの文書には、ベトナム戦争に反対する大規模な抗議行動を阻止しようとしたFBIの事例が数多く開示されている。多くのテクニックが使われた。文書にはこうある。「反戦勢力の分裂を促進し、社会主義者への赤狩りを奨励し、大規模で平和的なデモに代わるものとして暴力的な対立を推し進める」など。

現在の第五世代戦争(5GW)の戦場戦術をさらに検討するなら、この問題について多くの時間をかけて調査・考察しているMathew Crawfordの一連のエッセイをお勧めする。私は、いつもMathewの意見に賛成するわけではないが、彼の言うことにはいつも耳を傾けている。彼はとても賢い。

5GWでは、あなたとあなたの心が戦場であることを心に留めておいてほしい。物語をコントロールすること、ひいては自分の思考や感情をコントロールすることが目的なのである。

テミス・レポートドキュメント戦争/スパイ活動物語?カオス・エージェントその1

魔法のトリックの仕組み効果的な抵抗を断ち切るカオス・エージェントその2:リベットの実験とレディネス・ポテンシャル

スチュワート・ピーターズのカオス。突然死した信頼性その1カオス・エージェントその3

スチュワート・ピーターズのカオス。突然死した信頼性その2カオス・エージェントその4

スチュワート・ピーターズのカオス。突然死した信頼性その3カオス・エージェントその5

また、この「Children’s Health Defense」の記事も関連性がある。

健康の自由運動への侵入と妨害のための努力についての新しい報告書


ある意味、「操作された反対派」や「彼/彼女はディープステートの工作員だ」という非難を通じて他人の信用を落とそうとする努力の高まりは、WEF/WHO/米国サイバーセキュリティおよびインフラセキュリティ機関(CISA)のコロナ危機のアジェンダに従うよう国民を強制し、強要する「ホワイトプロパガンダ」の取り組みがほとんど失敗したことを暗に認めているのかもしれない。世界的なレジスタンス運動が展開され、企業やソーシャルメディア(および大手ハイテク企業)の嘘と誤誘導が明らかになり、多くの民衆は「ホワイト・プロパガンダ」を見抜いて拒否する能力がますます高度になってきた。第4次産業革命/グレートリセットを「物語をコントロール」し、「形成」しようとする人々にとって、戦術を転換することが必要になってきたのである。そのため、浸透と破壊というよく発達した「古い学校」の戦術がますます重視されるようになったのは、驚くべきことではない。

コロナ危機のシナリオと関連する機能不全の公衆衛生政策を推進する政府、WEF、WHOなどに対する反対派の中で、「操作された反対派」または「ディープステートの工作員」としてそう非難される人々のリストは、最近かなり長くなってきた。その中には、実際に「操作された反対派」である可能性のある人もいれば、明らかにそうでない人もいる、以下のような人たちが含まれる。

この活動で広く称賛される「リーダー」のソーシャルメディアアカウントを管理(マネージメント?)するパトリシア・ロドリゲス(旧姓カロリナ・ボニータ。

などなど、たくさんある。

政治が気に入らない、自分の基準では十分に過激化していない、注目を集めすぎていると思う、自分のポッドキャストに出てこないので気分を害した、などの理由で「倒したい」人がいるのだろうか?例えば、この記事の「ノーベル賞候補」ベン・マーブルの引用を見てほしい。つまり、本当に。ベン・マーブルは、私と神や宗教との関係について何を知っているのだろうか?少なくとも、かなり推定的である。なぜか”Hubris “という言葉が頭に浮かぶ。J’accusevousの操作された反対派。”Off with their heads”(比喩的に)。

「トロイの木馬」も、無責任だが効果的な言いがかりとして好まれている。

この種の誹謗・中傷は、万能の「贈り物」である。私がよく指摘するように、非難には反論できない。何を言っても、その告発の正当性を証明することになるのである。「奥さんを殴るのをやめたか」というのも、この種の論理的誤謬の一例です。これは、魔術の告発に似ている。この告発に反論しようとすると、告発者の頭の中では、告発された人は実は魔女なのだということを確認することになるだけだ。


では、COINTELPROのチェックリストをもう一度見てみよう。

  • 1.活動家を監視し、ネガティブな個人情報を公開することで、対象グループのネガティブなパブリックイメージを作り上げる。

ああ。それを見た。少なくとも2つの主要なレジスタンス/医療自由組織で

  • 2.代理人に人種間の対立を激化させたり、匿名の手紙を送ったりして対立を作り出し、内部組織を崩壊させる。

そう。カロリーナ・ガルビン/ボニータ/パトリシア・ロドリゲスから直接、個人的に体験したものだ。

  • 3.あるグループが金を盗んでいるという噂を流し、グループ間の不和を作る。

そうだ。少なくとも2つの主要なレジスタンス/医療自由団体でも見られる。

  • 4.非営利団体に圧力をかけ、資金や物質的な支援を打ち切らせることによって、資源へのアクセスを制限する。

そうだ。ここ数週間、私自身が直接それを体験している。

  • 5.エージェントが警察に対する暴力を促進することで、抗議行動を組織する能力を制限すること。

そう。もう一度、テミス・レポートと関連するボニータ・レポートを読んでみてほしい。

  • 6.人格攻撃、誤認逮捕、監視などにより、個人の集団活動への参加能力を制限すること。

ああ、そうだ。それも少し見たことがある。企業メディアからも、陰謀論志向のフリンジからも。

以下は、上に引用したChildren’s Health Defenseの記事で強調されている、展開されている戦術のリストである。

  • ブランド認知に乗じて既存のグループに潜入し、模倣し、最終的に乗っ取る。
  • グループのオーナーをターゲットにして信頼を獲得し、グループの乗っ取りを可能にするボットをインストールし、新しいアイデンティティと目標を主張する。
  • グループ内で共有できるコンテンツを制御し、グループのミッションを歪める。
  • グループを攻撃的または非生産的な行動へと導き、平和的な抗議場所や価値観の主張に関してメンバーを混乱させる。
  • 健康自由化戦略に関連する個人情報や情報を取得する。

先日のRon Johnson 公聴会の初日(企画)終了後、同僚(上記の「操作された反対派」リストを作った人)と食事をしながら長い議論をした。その中で、この非難について議論した。いつものように、彼は魅力的な観察で脚本をひっくり返した。

  1. もし誰かがあなたを操作された反対派だと非難しているのなら、彼らはただ知的に怠けているだけか(上のモンティ・パイソンの「魔女を燃やせ」のクリップを参照)、それとも実際に考えているのかのどちらかだろう。もし彼らが、誰かの非難をただ繰り返すのではなく、本当に自分のために考えているのなら、それは良いことだ。
  2. 主張がなされたら、告発者の最終的なゲーム、目的をどう想像しているのか、相手に聞いてみよう。私の場合、告発者は、私が突然反転して、私についてくる人たちを誘ってmRNAのワクチンを打とうとすると想像しているのだろうか?もう一度、モンティ・パイソンの「魔女狩り」を見てほしい。他の優れたコメディーと同様、より深い真実をとらえている。
  3. 彼の意見では、浸透、混乱、カオス、そしてCOINTELPRO戦略が展開されているこの明確な証拠を見ているこの段階で、私たち一人ひとりが、コロナ危機の物語に対する抵抗者を含むあらゆる新しい交流(物理またはバーチャル)において、この人は操作された反対派なのか、と自分に問う必要があるのだそうだ。

彼の夕食時の会話は、私に多くのことを考えさせるものだった。

このように、浸透や混乱、操作された真の反対勢力に常に警戒するアプローチをとっていると、コミュニティの絆を確立し維持することが非常に難しくなる。信頼と友情を得るためには、まずそれを広げなければならない。もし私たちが、誰が信頼できるかを常に疑ってかかるようになったら、敵は成功し、私たちの成長する共同体は破壊されるだろう。すでに起こっているように。どうにかして、中間点を見つけなければならない。信用を疑う?聖書にある「柔和な者が地を受け継ぐ」という言葉は、「謙虚な強さ」に近い意味の「柔和」に基づいていることを心に留めておいてほしい。

個人的には、何十年にもわたって学問的な略奪と邪悪な政治(「学問的な政治は賭け金が低いので悪質だ」)を経験し、一時は神経衰弱とPTSDの診断を受けていたため、私の経験則は「スリーストライクルール」となっている。誰かが私や私の評判を一度傷つけたなら、それは見落としの可能性がある。2度目は、私のレーダーが上がる。3度目は、その人物を排除する。私は「No Asshole Rule」を適用し、可能な限り違反者を私の人生から排除し、前に進む。誠実さを失った人たちと付き合うことを強いられると、誠実さを保つことはできない。

No Asshole Rule

職場の有害なスタッフを排除するために提案されたルール

  • その人に出会った後、人は抑圧されたり、屈辱を感じたり、自分自身が悪化していると感じるのだろうか?
  • その人は、自分より力の弱い人をターゲットにしているのだろうか?

ところで、誰かを「操作された反対派」、「ディープステート」、あるいは誤った偽情報や有害情報を流していると非難することは、詐欺師として非難することである。事実や意図を偽っていること。不正行為。不正行為は重大な非難である。不正行為の告発は、立証できなければ、名誉毀損になる。そして、悪意を持ってそうすることは、企業メディアの弁護士たちが「公人」と判断された人たちに対してなされた名誉毀損の発言を正当化するために引用したがる、悪名高い「サリバン対ニューヨークタイムズ」のケースを乗り越えることになる。つまり、このような発言をする人は、無知であるか、非常に無責任であるか、訴訟を起こすか、あるいは明確に証明できる事実でその主張を裏付けることができるかのいずれかである。

「操作された反対派」、「ディープ・ステート」、あるいは誤った情報、不正な情報を流布しているという非難を評価する最初のステップは、爆弾を投げている人に注意を向けることである、と私は提案する。それは真実の爆弾なのだろうか?そのような非難には十分な理由があるのだろうか?非難している人は、荒唐無稽な陰謀論や偏執狂的な思考をする傾向があるのだろうか?彼らは、クリック数、ランキング、眼球、広告収入を得るために、「FearPorn」または「Stoking Rage」ビジネスモデルを展開しているか?利害の衝突や恨みを持っているのだろうか?

ある場合は、答えは明らかである。しかし、ほとんどの場合、答えはそれほどでもない。そして、最も巧妙な潜入者/妨害者は、自分が広場にいて、「私たち」(そのときの「私たち」が誰であれ)の一員であると周囲に信じ込ませる専門家である。彼らは、あるグループのメンバーの信頼を得ることに長けており、その信頼を利用して他のメンバーへのアクセスを獲得する。

告発者、その動機と歴史を評価した後、初めて告発者に目を向けることをお勧めする。彼らの行動はどうなのか?彼らの実績はどうなのか?言葉は重要だが、行動は言葉よりも雄弁である。そして、「この人が誠実さを失い、「操作された反対派」として機能することは、どんな利益をもたらすのか」と自問してほしい。世界を手に入れても、魂を失っては、何の得になるだろうか?そして、利害の衝突は強力なものであることを心に留めておいてほしい。

自分の頭で考える。それがポイントだ。もしあなたが個人的な主権を維持したいのであれば、あなた自身の道を歩まなければならない。私の言うこと、あるいは他の誰かの言うことを、福音のように真理として受け取ってはいけない。常に疑い、考えよう。

最後に、誠実さを失い、別の主人に仕えるようになる最も強力な力のひとつは、お金である。言ってみれば、マモンだ。

マモン (Mammon) は、新約聖書に現れる、富を意味するとされる言葉である。また、旧約聖書と新約聖書の間の中間時代の後期ユダヤ教のラビ文献において、不正な財を指して用いられたアラム語の語彙である[1]。キリスト教文化圏においては、物質的「富」または「貪欲」(カトリック教会では七つの罪源のひとつ)を指し、擬人化されて神格として扱われ、地獄の七大君主(英語版)の一人とされることもある。時には金貨をばらまく悪魔の姿で表象される[R]

ジルと私は、サブスタックの購読者のうち、有料会員になることを選択した人たちだけに、ほとんど頼っている状態である。私たちは、これらのエッセイを誰もが読めるように毎日無料で公開し、コメント欄はわずかな料金を支払うことを志願した人たちだけに制限している。この試みを始めた1年以上前に、私たちはこの選択をし、それがうまく機能している。これは金銭的な要求ではなく、むしろ説明なのである。私たちは、すべての購読者、特に料金を支払ってくださる方々をクライアントとして扱っている。ジルと私は何十年もコンサルティング業を営んできた(詐欺、虐待、害悪、倫理違反について発言することでそれを破壊するまで)。しかし、ここで重要なことがある。私たちにはたくさんの購読者がいる。合計25万人近くいるが、そのうち月額料金を支払っているのはごく一部である。その結果、私たちは一人の購読者にも縛られることがない。もし誰かが攻撃的になったり、無礼になったりしたら、その人は「購読停止」になる(上記のRE「ろくでなしルール」を参照)。

政治家が少数の利益団体から多額の小切手を受け取るよりも、多くの小額の献金に頼ることを選択するのと同じように、私たちは見たままの真実を話し、書くことができるようになる。まさに、購読者のみなさんが私たちを自由にしてくれている。

そしてそのことに、私たちは感謝する。そして、私たちはこれからも誠実に行動し、人間の尊厳を尊重し、コミュニティを構築するために努力していく。

私たちが皆さんにお願いしたいのは、自分の頭で考えるということだ。そして、理由もなく結論を急いだり、他人を中傷したり、攻撃したりしないよう、個人的に最善を尽くしてほしい。もし、私たちがあなたの考えや行動に影響を与え、その方向へ導くことができれば、それは私たち全員にとって「勝利」となることだろう。

タイトルとURLをコピーしました