エマニュエル・パストリッチビッグテック・SNSプロパガンダ・全体主義民主主義・自由資本主義・巨大企業

Youtubeを見ている間に暴君が米国を制圧した方法

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

How tyranny overran the United States while we were watching Youtube

www.koreaittimes.com/news/articleView.html?idxno=107167

エマニュエル・パストリッチ博士(Emanuel Pastreich )アジア・インスティチュート ワシントンD.C.代表、

ソウル、東京、ハノイ、未来都市環境研究所所長。アジア・インスティテュート・ワシントンD.C.所長、ソウル、東京、ハノイ、未来都市環境研究所所長 エマニュエル・パストライク博士。

アメリカ人は、自分たちの意思に反して、またフットボールを見てピザを食べるという自然な傾向に反して、ゆっくりと、自分たちの存在のあらゆる側面に触手を伸ばしている全体主義システムの現実に目覚めている。悲しいかな、この専制政治の本性は、ほとんどの市民の理解を未だ得ていない。その理由の一つは、アメリカが全く変わってしまった過程が遅かったこと、もう一つは、商業メディアがこの転落の真の原因から我々を遠ざけ、全ての責任を簡単に特定できる悪人たちに押し付けていることだ。

進歩的な政治的伝統に染まった人々は、ジョージ・W・ブッシュ政権下で正義と透明性が急激に失われたことを感じていた。この傾向はトランプ政権下で加速するばかりで、オバマ政権下では猶予があると考えられ、バイデン政権下では好転する可能性がある。

保守政治に染まった人々は、クリントンとオバマの下で自由の終焉と市民を抑圧する社会主義、あるいは「左翼」のイデオロギーの広がりを観察した。

どちらの解釈共同体も、同じ社会的・政治的傾向、つまり、グローバル資本の残酷な神々に生贄の子羊として捧げる自由への戦争に言及している。しかし、この2つのグループが用いるレトリックはあまりにも根本的に異なっており、また、両者が受け入れる米国の歴史もあまりにも乖離しているため、同じ忍び寄る全体主義を表現しながらも、激しいイデオロギー的対立に迷い込んでしまう。

その対立は偶然ではない。取るに足らないことをめぐるそのイデオロギー的な戦いは、大金融の利害関係者にとってまさにうってつけのものなのである。あるいは、J.P.モルガンがこう言ったように。

「民衆を分断することで、民衆の教師を除けば、我々にとって重要でない問題で争うことにエネルギーを費やさせることができる」

超富裕層はすでに、経済、メディア、教育、政治プロセスの完全な乗っ取りに直面しても団結できないように、宗教によって、民族的アイデンティティによって、文化的記号によって、階級によって市民を分割する方法について、コンサルタントに詳しい研究を出させていた。

進歩主義者は地方のトランプ支持者を 「バカ 」と言い、キリスト教原理主義者は民主党の信者を「悪 」と言う。

このような深い誤解は、おそらく、分裂的な左翼、あるいは右翼の立場を推進する個人が、共通の大義を持つべき人々を敵に回すように奨励され、金をもらっている数々の機密工作によって強化されているのだろう。

我々が社会の変容を理解するのに苦労する理由はもう一つある。この全体主義の本質は、我々が映画や小説やニュース報道によって教えられた前提に反しているのだ。我々の頭の中には、現実とは相反する独裁と悪の原型が散乱している。

ハリウッドの最大の罪は、悪は牙と爪を持つ怪物や不吉な笑みを浮かべた悪の指導者の形をとるものだと我々に信じ込ませたことだ。腐敗したジャーナリストはこの虚構を公共圏に拡大し、悪が金正恩、習近平、プーチンといった外国の指導者や、ヒラリー・クリントン(右派)やドナルド・トランプ(左派)といった国内の悪人の中でいかに体現されるかを説明する。

その結果、我々は、この社会の乗っ取りを察知することができず、また理解することもできない。

つまり、哲学者シェルドン・ウォリンの言葉を借りれば、我々の日常生活のあらゆる側面が知らないうちに多国籍企業に支配され、我々はあらゆる自由を失っている文化的・政治的状態である「逆全体主義」に直面しているのである。

その結果、我々の行動は深く制限され、金利手数料、学生ローン、絶え間ないモニタリングという柔らかい手袋で覆われた鉄拳で常に打ちのめされている。

我々が直面している全体主義は、ある独裁者が頂点に立ち、個人的な欲や虚栄心や残酷さから我々を抑圧し、悪い買い物をすることを期待しているという意味で「逆さ」である。しかし、我々の不幸の真の原因は、むしろ多国籍企業がスーパーコンピューターを使って利益を計算し、我々が自分で食べ物を育てたり、自分で病気を治したり、自分で教えたり、自分で楽しんだりすることを不可能にして、我々からできるだけ多くのお金を引き出す方法にある。その代わりに、我々はオンラインやスーパーマーケットで商品を買わなければならない。その取引によって、多国籍企業や銀行が必ず大きな利益を手にすることになる。唯一認められている学習は、高価で、企業によってコントロールされている。

我々は、ペプシかコーラか、タコベルかウェンディーズか、アクション映画かラブコメか、民主党か共和党か、といった誤った選択肢しか提供されていない。

市民が自立し、食料生産とエネルギー生産の自給自足を失い、裁縫、編み物、大工仕事の基本技術を失い、企業の供給する製品に依存するようになった過程は、100年前に始まっていた。現在の危機は、ジョン・D・ロックフェラーが自動車と貿易の促進、公共交通機関の予算の削減と高速道路への巨額の出資、農業の機械化の推進、プラスチックの普及などを通じて、市民に石油への依存を強いたキャンペーンに遡ることができる。

また、ロックフェラーは専門家に金を払い、ホメオパシー医学や伝統的な治療法を疎外し、企業と結びついた高額な病院に依存させ、大学や研究機関を金持ちの慈悲に依存させ、富の源泉に対する体系的な批判をタブー視させた。

より具体的に言えば、我々の日常体験を支配している目に見えない逆全体主義は、1985年にOSとして発売されたウィンドウズに遡ることができる。ビル・ゲイツ(ジョン・D・ロックフェラーの熱烈な弟子)の支配下にあったマイクロソフト・ワードは、市民がコンピューターを利用する手段をコントロールし、後にはインターネットを通じて市民同士が交流する方法をコントロールしようとした。

確かに、4年ごとに大統領選挙が行われ、国民には意思表示の機会が与えられていた。政府を批判する者を秘密警察が排除することはなかった。むしろ、銀行規制緩和の影響から目をそらすために、政府批判が奨励されたのである。

多くの国民は、自分たちが「借りている」はずのコンピューターのシステム・ソフトウェアが、一企業に支配されていることが、自分たちの自由を奪っていることをほとんど意識していなかった。

しかし、その変化は深刻であった。それまでは、個人がオフィスのどこにファイルを置くか、どのように書類を整理するか、タイプライターを中心に書類をレイアウトするか、自分で決めることができたのに、ウィンドウズの中で情報を整理する方法は極めて限定的で、責任能力のない力によってあらかじめ決められ、フォーマットやレイアウトはユーザーによって変更することができない。

言うまでもなく、専制政治への道を歩むこの第一歩、基本的な自律性の致命的な喪失は、利便性や効率、刺激的な革新、技術的進歩というレトリックで慎重に覆い隠され、その喪失を認識する人はほとんどいなかった。

利便性、接続性、グローバル化の重要性についての神話は、国民全体が飲み込んでしまった。科学的手法、生産手段の管理、政府やその他の機関における意思決定プロセスといった重要なテーマは忘れ去られた。

Googleのような検索エンジン、Facebookのようなソーシャルネットワーク、その他巨大で相互接続された企業が、個人とコミュニティの交流を仲介し、これまでコミュニティや学校、研究所のような非営利組織に属していた重要な機能をしばしば引き継ぐようになった。

個人の利便性を高めるという名目で、投資銀行から無限の資金を得たビジネスマンたちはライバルを買収し、検索エンジンを協同組合として提供する代替手段を遮断し、それによって、透明な機関を装いながら、アルゴリズムを使って人間の相互作用を巧妙に操作することで利益を得る検索エンジンを作り上げた。

グーグルとフェイスブックは何年も赤字が続くような資源を持っていたので、彼らが市民の自治を削り取るやり方はほとんど見破られることがなかった。同様に重要なのは、投稿やインスタントメッセージ、派手なニュース報道による短期的な脳への刺激を利用して、シナプス間の接続を再マッピングし、ほとんどの人が複雑で立体的な思考ができないようにするという戦略である。このサービス、つまり、捨てられた受動的な人々の創造は、インターネットの巨人が本当の顧客に提供する真の商品であった。

グーグルは、われわれがどの情報にアクセスするか、どのような順序でアクセスするかを管理し、検索結果に重要性の階層を設けている。この階層は、事実にはある程度の根拠があるが、主として最高入札者に売り渡すための政治的行為である。

グーグルの検索結果は、極めて特定の聴衆に自分たちの意見を宣伝したいという企業のニーズに応えて、その都度、変更される。

われわれはグーグルを公共サービスとして考えるように訓練されているが、その虚偽は、広報会社によって作成されたウィキペディアの並列エントリによってますます権威づけられ、外部の審査にさらされることはない。グーグルのユーザーは、政策の策定過程にも、コンテンツの審査にも、決して参加することが許されない。つまり、米国は民主主義を自称しているが、市民が情報を得るために頼る主要なツールは独裁国家として運営されている。

専制政治への転落のもう一つの一般的な隠れ蓑は、ニュースの内容として「意見」を枠にはめることだ。1990年代以降、科学的事実が報道の中心でなくなった。その代わりに、世論調査会社によって選ばれたグループの世論調査が、何が真実であるかを確認するものとして掲げられている。

世論調査は、自社株買いのプロパガンダに相当する。億万長者たちは、経済の規制緩和を過激に行い、国民を馬鹿にした上で、自分たちが支配するメディアを通じて国民に意見を強要し、自分たちの望む政策が国民から求められていると主張しているに過ぎない。

フェイスブックは、市民が自由に自己表現でき、誰とでも友達になれるかのように見せている。しかし、フェイスブック社は、市民がそのネットワークを通じて誰を簡単に見つけることができ、誰が何を見るかを管理し、ユーザーが自分のソフトウェアを使ったり、自分のページをデザインしたり、フェイスブック上に作ったネットワークを所有したり、フェイスブックの管理方法について発言することを許可しないので、自由はフィクションである。

契約のような法的概念は、わたしたちを取り囲む全体主義的なサイバースペースにおいて、認識できないほど捻じ曲げられている。

契約とは、二者間の交渉による合意である。しかしオンラインで、クッキーを受け入れるかどうかの決定であれ、商用アプリケーションの規則に従うかどうかであれ、ユーザには企業に要求する権利はないのである。ユーザーは、提示されたすべての条件に同意するか、サービスにアクセスできないかという誤った選択を迫られる。契約は空虚な儀式なのだ。

われわれは、FacebookやTwitter、SnapChat、Instagramが、われわれが共有する情報のあり方を決定することに慣れきっており、われわれが提供する情報、コンテンツ、創造的なアイデアを何の対価も与えずに売り飛ばすことによって、これらの企業が何十億もの利益を上げていることに気づいていない。ある意味、これらのソーシャルネットワークは仮想奴隷の一形態なのである。

COVID19 全体主義

市民の思考は何十年にもわたって劣化し、市民は基本的な情報を企業が支援する情報源に頼っているため、超富裕層が計画し、彼らが所有するニュースソースが宣伝し、彼らが出資する研究所や大学の専門家が認可し、根本的に民営化された政府機関(および世界保健機関などの国際機関)が正当化する仮想パンデミックを初めて作成できるようになった。

以前は、かなりの数の市民が自分で情報の正確さを評価することができた。ハーバード大学のような研究機関には、まだ科学的手法や学問的誠実さへの倫理的コミットメントがあった。

それが今、すべて終わってしまった。NIHやハーバードの外観は変わらず、もしかしたら、より良く維持されているかもしれないが、知的な内部は腐ってしまっている。著名な教授たちが簡単に集められ、COVID-19に関するばかげた理論について証言している。

COVID-19ワクチンの危険性は、第一の脅威ではない。むしろ危険なのは、政策の決定過程が科学から離れ、透明性のある政策論争から遠ざかっていることにある。COVID-19は、プライベート・エクイティ・ファンドの見えない力が秘密裏に医療政策を決定し、それを権威者を通して我々に伝えるという成功例となる。

それらの見えない勢力は今、科学に対する説明責任なしに、学校に通い、就職し、医療を受ける権利の条件として、彼らが提供するあらゆる物質を体内に注入することを、我々に自由に要求できると感じている。

このプロセスは、ソーシャルネットワーク、検索エンジン、商業メディア、その他信頼できる権威ある声に関する意見を決定する日常経験の重要な構成要素の相互作用によって可能となった。そのプロセスは、接続性に溺れ、注意散漫で混乱し、焦点の定まらない人々を支配する、目に見えない独裁者として運営されている。

この悪夢の原因は、ブッシュ家、クリントン家、オバマ家、トランプ家の遺産ではなく、科学的方法と倫理原則に深く関与する専門家の著作にアクセスできる、自立した情報通の市民の終焉にあると市民が認識するまで、何も改善されないだろう。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました