NSSM200の生と死
政治的意志の破壊がいかにして米国の人口政策を破滅させたか - スティーブン・D・マンフォード

マルサス主義、人口管理

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Contents

THE LIFE AND DEATH OF NSSM 200

How the Destruction of Political Will Doomed a U.S. Population Policy

by Stephen D. Mumford

www.population-security.org/index.html

目次

  • 第1章 人口に関するニクソン大統領の「特別メッセージ」 1969年、大統領が「人口増加とアメリカの未来に関する委員会」の設立を提案した瞬間を示す。
  • 第2章 – 人口増加に関する「ロックフェラー委員会」 1970年、委員会設置法案に署名した際のニクソン大統領の発言、そして1972年に提出された、性教育、女性の平等な権利、避妊と未成年者、任意不妊手術、人工妊娠中絶、人口安定化など、50近い分野の政策と行動に関する委員会の勧告。
  • 第3章 NSSM200指令と要請された研究ニクソン大統領に代わってヘンリー・キッシンジャーが署名した1974年の指令と、研究報告書”Implications of Worldwide Population Growth for U.S. Security and Overseas Interests “の本文。
  • 第4章 – フォード大統領による米国の人口政策への動き 1975年、フォード大統領を代表してブレント・スコウクロフトが署名した国家安全保障決定メモ314の全文であり、NSSM200の勧告のほぼすべてを承認している。
  • 第5章 勢いはどうなったのか?人口過剰問題に取り組む米国の政治的意志が、1975年のピークから低下していく過程をたどる。
  • 第6章 なぜ政治的意志は衰えたのか?NSSM200勧告の実施に向けた積極的な行動を頓挫させるために、ローマ・カトリック教会の関与が強まったことを記述している。
  • 第7章 バチカンの役割とは何だったのか?レーガン政権が、海外援助資金を人工妊娠中絶の実施や促進のために使用することを全面的に禁止するというバチカンの主張に従うために、どのように海外援助プログラムを変更したか。
  • 第8章 司教団の「司牧計画」 政府のあらゆるレベルにおいて、アメリカの民主的プロセスを浸透させ、操作するためのマスター・ブループリントである。米国司教団の「プロライフ活動のための司牧計画」の完全な「未浄化」テキストを含む。
  • 第9章 司牧計画の意味カトリック記者協会、カトリック医師ギルド、カトリック弁護士協会、病院協会、信徒組織の役割、そして「エキュメニカル活動」の麻痺させる影響など、計画とその実施についての分析。
  • 第10章 人命修正条項–そしてその後司教団が司牧計画の実施を通じてアメリカの政治的意思を殺すことに大成功した証拠であるが、人命修正条項の可決には至っていない。
  • 第11章 教皇の無謬性という十字架教皇の無謬性という教義の歴史と力学。そのためにバチカンは、人口過剰に対処しようと努力する各国政府の政治的意思を損なうことを余儀なくされている。
  • 第12章 教会の自滅を先送りする。バチカンと米国のカトリック司教団が、自分たちの組織を延命させてきた戦略。
  • 第13章 信者の離反なぜアメリカのカトリック信者は教皇の教えに従わないのか–多くの信者が教会を去り、プロテスタントになっている。
  • 第14章 報道の自由を否定するバチカン報道の自由に対する150年にわたるローマ法王の敵意を検証する。報道を「手かせ足かせ」にするテクニックと、調査報道の第一人者として知られるジョージ・セルデスの、「カトリックの問題」には報道の自由はないという結論について論じる。
  • 第15章 カトリック連盟と報道弾圧の現在カトリック連盟の行動を支配する原則、その成功につながる方法、教会に対する公的な批判を阻止するために考案された具体的な行為の数々。
  • 第16章 「物事は見かけによらない」 アメリカの「解団」政治体制に対する国民の信頼の失墜など、司牧計画の広範な結果を探る。
  • 第17章 結論教皇庁を守る戦いのために、バチカンはアメリカの民主的制度を破壊することにいかに躊躇しないか。

参考文献

付録

  1. 世界人口行動計画(NSSM-200 はこれに言及している)
  2. NSSM 200 研究報告書(NSSM-200の全文)
  3. バチカンによる世界保健機関(WHO)の政策統制

先行コピーの読者によるコメント

  • JAMES H. SCHEUER, 米国下院議員、1965-1994年、ニューヨーク州
  • エドワード・O・ウィルソン、ハーバード大学比較動物学博物館
  • EDGAR WAYBURN, M.D., シエラクラブ元会長
  • リチャード・D・ラム、元コロラド州知事
  • REIMERT T. RAVENHOLT, M.D., 元国務省USAID人口局局長
  • PHILANDER P. CLAXTON, JR. 米国国務省人口問題担当国務長官第一特別補佐官
  • WERNER FORNOS、人口研究所会長、ワシントンDC
  • 博士 VIRGINIA ABERNETHY、ヴァンダービルト大学「人口と環境」編集者
  • 博士ハンス・キュン、カトリック神学者
  • RUTH ROEMER, J.D., 米国公衆衛生協会元会長
  • GARRETT HARDIN、カリフォルニア大学サンタバーバラ校
  • GENE R. LA ROCQUE、米海軍少将(退役)、ワシントンDC国防情報センター会長
  • ティム・ブラック(マリー・ストップス・インターナショナル最高経営責任者、ロンドン
  • ELAINE STANSFIELD、Save Our Earthディレクター、Zero Population Growth of Los Angeles元ディレクター
  • ラリー・レーダー(全米妊娠中絶・リプロダクティブ・ライツ・アクション・リーグ(NARAL)創設委員長
  • フラン・P・ホスケン、WIN NEWS(女性国際ネットワーク)編集発行人、マサチューセッツ州レキシントン
  • ジョン・H.タントン医学博士、米国移民改革連盟(FAIR)創設者、『社会契約』編集発行人
  • RIC OBERLINK, J.D., Executive Director, Californians For Population Stabilization(人口安定化のためのカリフォルニア州民)。
  • モニーク・A・ミラー(ワシントンDC、キャリング・キャパシティ・ネットワーク事務局長
  • DONALD A. COLLINS、先駆的人口活動家
  • ED. ERR、「宗教的自由のためのアメリカ人」事務局長、メリーランド州シルバースプリング、米国ヒューマニスト協会会長
  • ロバート・カイザー(米国長老派引退牧師、『社会契約』編集長)
  • W.W.フィンレイター牧師 W. W. FINLATOR, 元プレン記念バプテスト教会主任牧師、ノースカロライナ州ローリーのコミュニティ教会牧師
  • WILLIAM C. PADDOCK, 農業科学者、フロリダ州ウェストパームビーチ
  • MRS. ELIZABETH POOL, ダブリン, NH
  • PRAVIN KINI, MD, 産科医・婦人科医; 南インド主任調査員; 国際家族健康連盟、バンガロール
  • MARY S. MORAIN、世界芸術科学アカデミーフェロー、カリフォルニア州カーメル
  • ジョージ・C・デニストン医学博士(ワシントン州シアトル)
  • ALBERT D. WARSHAUER医学博士、人口学者、ノースカロライナ州ライトスビルビーチ
  • チャールズ・R・オーシャーマン(CHARLES R. AUSHERMAN):開発訓練研究所エグゼクティブ・ディレクター、米国改革派教会聖職者
  • 米国改革派教会牧師ビビアン・ヒアット・ボック&レイ・ボック、ワシントン州ポールスボ
  • RICHARD VA. STYNE、家族経営農家、環境保護活動家
  • 牧師ローレンス・D. エピスコパル司祭、「持続可能な人口のためのニューハンプシャー市民」副議長
  • MAURICE KING医学博士、英国リーズ大学名誉研究員
  • MADELINE WELD, Ph.D., Global Population Concerns 会長 — オタワ

コメント

『NSSM200の生と死』は力作である。この本は、バチカンが人口政策の領域で反対勢力を苦しめるために、何度も何度もどのように動いているのかを、並外れた資料を用いて鋭く説明している。マンフォード博士は、NSSM200の研究勧告を沈没させたカトリックのヒエラルキーの戦略と動機、そして私が1970年から1972年まで委員を務めたロックフェラー人口増加とアメリカの未来委員会の戦略と動機に、ほとんど外科手術のように焦点を当てている。同じような戦略と動機が、1992年の国連環境会議(リオ)の舞台裏で、バチカンによって実行された。もちろん、人口増加と環境悪化、特に森林伐採と砂漠化には直接的な関係がある。しかし、1000ページにも及ぶリオ会議の報告書には、この関係や、それに対して何をしなければならないかについては一切触れられていない。–なぜなのか?国連は、政策声明を完全に承認するためにコンセンサスを必要としている。私はリオ会議の米国代表団の一員だったが、アルゼンチンとフィリピンがバチカンの代理として、人口と環境の関係について言及するあらゆる努力を阻止するのを目の当たりにした。この点で、環境会議の結果は恥ずべきものだった。マンフォードの著書は、バチカンがリオでなぜあのような振る舞いをしたのか、そしてNSSM200を全滅させた理由を鮮明に描き出している。この本は、最高の調査報道ジャーナリズムに相当する学問的なものであり、われわれすべてにとってかけがえのないサービスを提供してくれる」

— ジェームズ・H・ショイヤー

米国下院議員、1965-1994年 ニューヨーク

『NSSM200の生と死』は、世界の人口過剰と米国の国家安全保障との間に強い結びつきがあることに注意を喚起するという、大きな役割を果たしている。この点は、もっと強調されるべきだ。ソマリア、エルサルバドル、ハイチの事例で、アメリカ人はおそらくその関連性を理解し始めただろうが、メディアは残念ながら、近接的で表面的な政治的出来事に集中し続けている。人口政策は外交政策の中心であるべきだ。

— エドワード・O・ウィルソン ハーバード大学ペレグリーノ教授

比較動物学博物館 アガシズ博物館

マサチューセッツ州ケンブリッジ

「人類にとっての最大の危機は、間違いなく、人間の欲求を満たすための資源の枯渇とともに、人間の人口が驚異的に増加していることである。ニクソン大統領は25年以上前、人口増加とアメリカの未来に関する委員会を任命し、1974年に再び、世界的な人口増加がアメリカの安全保障に与える影響についての調査を指示したとき、このことを認識していた。マンフォード博士は、これら2つの報告が実施されなかった理由について、説得力のある議論を展開している。本書は非常に興味深く、最も重要な文書である。一読の価値がある」

— エドガー・ウェイバーン医学博士

シエラクラブ元会長

アルバート・シュバイツァー賞受賞者 サンフランシスコ

スティーブン・マンフォードは、彼の新作『The Life and Death of NSSM 200』において、人口政策なくして外交政策はあり得ないと指摘している。夢中にさせる本だ。

— リチャード・D・ラム 元コロラド州知事、

デンバー大学公共政策・現代問題センター エグゼクティブ・ディレクター

スティーブン・マンフォードは、勇気と学識をもって、20年間、バチカンとカトリック司教団の絶え間ない反民主的、反米的策略を助長してきたメディアの沈黙の掟–1975年の『プロライフ活動のための司教団司牧計画』で明らかになった–に立ち向かう岩のように立ってきた。「ローマ・カトリック教会は、その専制的な宗教帝国を科学的啓蒙の侵食から救うために、教皇の無謬性という教義を主張し、それによって生殖の権利と民主的プロセスをバチカンが支配することを確立しようとしている。彼らが1970年代から80年代にかけて、爆発的な人口増加から米国と世界の安全を守るために必要な行動について、米国の最高レベルの決定を抑圧することに成功し、世界をリードする米国の人口/家族計画支援プログラムを頓挫させたことは、我々の民主主義の未来と地球環境を憂慮するすべての真の愛国者にとって、悲惨ではあるが必読の書である。」

— レイマート・T・レーベンホルト医学博士

ポピュレーション・ヘルス・インパラティブズ

ワシントン州シアトル

1966-79年米国国際開発庁人口局元局長

米国国務省人口局 国務省

『NSSM200の生と死』は、世界の人口問題に真剣に取り組む学者や活動家、そして私たちの環境と私たち自身の存続に関わるこのテーマに関心を持つすべての人々にとって、必読の書である。本書は、米国と世界の政策とプログラムの初期および発展期の実際の文書に関する最良の情報源である。このテーマに関する本格的なコレクションを持つすべての図書館に所蔵されている。本書は、ジョンソン、ニクソン、フォード各政権の政策とプログラムを統合したNSSM200そのものを紹介している。1975年11月にフォード大統領によって承認された後、内外の宗教的、イデオロギー的な反対勢力はその出版を阻止することができたが、人口政策とプログラムの運営に携わる米国政府の全メンバーが利用できるものであったため、実際には挫折した。1984年にメキシコシティで開催された国際人口会議の勧告や、1994年にカイロで開催された国際人口開発会議の行動プログラムに反映され、拡大された。この本を読まない人は、自分たちが携わっている偉大な仕事の歴史を知らないだろう。

— フィランダー・P・クラクストンJr.

世界人口協会

初代国務長官特別補佐官(人口問題担当)

人口問題担当国務長官特別補佐官

「米国の国際人口政策に対するバチカンの圧力について、スティーブ・マンフォードが明らかにしたことは、米国民だけでなく、国連にとっても力強いメッセージである。ローマ法王庁の代表団は、最近の国連会議で、近代的避妊具への普遍的なアクセスを阻止する努力を加速させている。マンフォードの著書は、バチカンの国連における常任オブザーバーの地位、つまり宗教的教義を広めるために世界で最も重要な世俗的フォーラムで影響力を行使することが、なぜ再考されるべきなのかについて、冷ややかな洞察を与えてくれる。『NSSM200の生と死』は、公共政策を学ぶすべての学生にとって必読の書である」

— ヴェルナー・フォルノス会長

人口問題研究所

ワシントンDC

「ローマ・カトリック教会は、あらゆる機械的あるいは化学的な避妊手段に断固反対してきた。スティーブン・マンフォードは、ローマ教皇の無謬性という教義が、その始まりから、教会に世界人口危機の現実を否定することを約束させ、実際、米国の時宜を得た介入と対応(厳格な移民規制を含む)を阻止する努力を大成功に導いたという圧倒的な証拠を突きつけている。これは、米国の人口安定化と国家の長期的存続に反する利益のために、民主的制度と政治的意志が損なわれていることの劇的な暴露である」

— DR. ヴァージニア・アバーネシー

『人口と環境』編集委員

精神医学(人類学)教授

ヴァンダービルト大学メディカルセンター

テネシー州ナッシュビル

「本書は、人口増加と避妊に関するバチカンとアメリカの隠された政策協調について、非常に有益な背景情報を与えてくれる。バチカンのある種の問題ある作戦が、公の場で議論される時が来たのだ。」

–ハンス・キュン(カトリック神学者)

エキュメニカル神学教授

エキュメニカル研究所所長

ドイツ、チュービンゲン大学教授、エキュメニカル研究所所長

1994年のブレイクスルー「人口と開発に関するカイロ国際会議」で初めて国際的に認められた、女性と男性の生殖に関する権利を保証することは可能なのだろうか?1974年12月、米国政府がいかにして平和と開発にとって重要な世界人口に関する政策を採択したか、その政策がカトリック教会による政治的影響力のために14年間も制限された文書(NSSM200)の中に隠されていたか、そしてバチカンとカトリック教会がいかにして米国と他の国々の安全保障にとって不可欠な人口政策の実施を弱体化させ、妨害してきたかを、マンフォードは十分に文書化された説明の中で語っている。すべてのアメリカ人は、この憂慮すべき隠蔽工作と民主的意思決定の破壊に関心を持つべきである」

— ルース・ローマー法学博士

名誉非常勤教授

UCLA公衆衛生大学院 元会長

米国公衆衛生協会

『NSSM200の生と死』において、マンフォード博士は、バチカンがいかにしてアメリカ政府を操り、アメリカ政府を思いやりに満ちた人口管理から遠ざけさせたかについて、他に類を見ないほど明瞭な説明をしている。悲劇的なことに、この鋭い分析の妥当性は、人口を煽る新たな恐怖が起こるたびに増していく」

— ギャレット・ハーディン

カリフォルニア大学

カリフォルニア州サンタバーバラ

「長い目で見れば、米国の安全保障をすべての国の安全保障から切り離すことはできない。本書の情報は、選挙で選ばれた政府高官に、世界の急速な人口増加から生じる問題に対処する政策とプログラムを開発する必要性を認識するよう働きかけたい米国やその他の国々の人々にとって、非常に大きな価値を持つだろう。」

— ジーン・R・ラ・ロック

米海軍少将(退役)

防衛情報センター会長

ワシントンDC

「バチカンの策略がなければ世界を変えていたかもしれない人口政策についての、魅力的で不穏な洞察である」

— ティム・ブラック

チーフ・エグゼクティブ

マリー・ストップス・インターナショナル

ロンドン

「スティーブン・マンフォードは新著の中で、ニクソン大統領から依頼され、その後、バチカンをはじめとする宗教右派の指導者たち(政治家たちが常に恐れているような人たち)に反対されたため、次々と政界の派閥によって葬り去られた米国の賢明な人口政策の終焉について、細心の注意を払って詳述している。マンフォード博士は長年にわたり、人口過剰は国家の安全保障にとって危険であると訴えてきた。そして今、私たちは急激な人口増加の継続がもたらす混沌とした無政府状態を目の当たりにしている。政治的不安定は人口増加圧力の結果である。環境破壊も同様だ。マンフォードは20年以上にわたって、キナクリンペレットによる非外科的不妊剤を含む、あらゆる種類の医学的不妊コントロールの評価において主導的科学者であった。本書はまた、ローマ法王庁を守る戦いの中で、バチカンが米国の政治に入り込むことに何のためらいもなく、民主主義を意図的に侵食するためにそうしてきたことも示している。もし我々の政治的意志がカトリックのヒエラルキーによって破壊されず、NSSM200の提言が1975年に実行されていたら、世界は今日もっと安全な場所になっていただろう。」

— エレイン・スタンスフィールド

セーブ・アワ・アース ディレクター

「人口ゼロ成長」元ディレクター

ロサンゼルス

スティーブン・マンフォードの著書『The Life and Death of NSSM 200』は、バチカンがいかにして米国の人口政策を否定するために絶え間なく働いてきたかについての、完璧で夢中にさせる研究書である。原理主義者とカトリック保守派の同盟がこの攻撃を強めている。議会における右派の力が増すにつれ、家族計画と中絶の権利は深刻な危機にさらされている。マンフォードは、女性が生殖能力をコントロールする権利に対するこの猛攻撃を分析する先駆者である。彼の著作とキャンペーンは、可能な限り多くの読者に読まれるに値する。

— ラリー・レーダー

中絶の権利の動員会長

全米中絶・リプロダクティブ・ライツ・アクション・リーグ創設委員長

フェミニスト・マジョリティ財団「フェミニスト・オブ・ザ・イヤー賞」受賞者

「世界の女性の権利運動にとって、私たちの身体と生殖のコントロールほど重要なものはない。すべての民主的制度と平等の基礎をなすこの基本的人権は、バチカンと組織化されたカトリック教会によって、かつてないほど攻撃されている。この邪悪な同盟にキリスト教右派が加わり、絶対的な権力を求める彼らの動きは、女性の生殖能力と命を駒として、人口抑制という戦場で行われている。スティーブン・D・マンフォードの新著では、その高い賭けと冷酷な政治権力キャンペーンが明確に示され、明快に説明されている。これは必読の書である」

— フラン・P・ホスケン

WIN NEWS編集発行人

(ウィメンズ・インターナショナル・ネットワーク)

マサチューセッツ州レキシントン

バチカン市国の人口政策は「ゼロ成長」である。出生率はゼロであり(おそらく)、純移民はゼロである。世界の他の国々へのメッセージは、「私の言うとおりにしなさい」であって、「私のするとおりにしなさい」ではない。スティーブ・マンフォードに、バチカン自身が守ろうとしない規則に他人を従わせようとするバチカンの努力を語ってもらおう。ゲームに参加しなければ、ルールを作ることはできない。

— ジョン・H.タントン医学博士

アメリカ移民改革連盟(FAIR)創設者

『社会契約』編集発行人

人口安定化を推進する取り組みを初めて知った人は、1972年の「人口増加とアメリカの将来に関する委員会」の報告書に具現化された先見の明を発見して驚くことが多い。マンフォード博士の新著は、これらの勧告と、ニクソン大統領が要請し、ホワイトハウスでは「NSSM200」として知られたその後の調査から生まれた、効果的な人口政策の発展を妨げた策略に光を当てている。カリフォルニア州では、長年にわたる第三世界の人口増加率による生活の質の低下に日々苦しんでいる。

— リック・オーバリンク法学博士

エグゼクティブ・ディレクター

人口安定化のためのカリフォルニア州民

「NSSM200の終焉を理解することは、なぜ米国の政策立案者がいまだに人口増加問題の解決に取り組もうとしないのかを理解することにほかならない。マンフォード博士の著書は、数十年にわたる集中的な研究を象徴するものであり、この論争の的となる複雑なテーマへの重要な貢献である。本書が出版されることに感謝する。」

— モニーク・A・ミラー

エグゼクティブ・ディレクター

キャリング・キャパシティ・ネットワーク

ワシントンDC

「昨年カイロで開催された国連人口開発会議では、それ以外の成果はほとんどなかったとしても、バチカンの代表団の行動は、スティーブ・マンフォードがずっと言い続けてきたことの本質を鮮やかに示していた: すなわち、ローマ法王とカトリック階層は家族計画と世界人口安定化の「敵」であり、そのようにレッテルを貼られ、対処されるべきだということだ。マンフォードは先駆者だ。彼のような人物は、効果的な社会運動の原動力として必要である。家族計画運動には、その先駆者たちがいる。このような人々は、しばしば同僚をうんざりさせるような騒ぎを起こすことを厭わず、私たち全員に警告を発し、建設的な対応に活力を与えるために、火をつけることを厭わない。私は、マンフォード博士の新著『NSSM200の生と死』が出版されることで、人口問題分野に影響力を持つ勢力が、博士に敵対するのではなく、むしろ博士に向かうことを望んでいる。そうなれば、彼の研究はその長所について真剣に議論されるようになるだろう」

— ドナルド・A・コリンズ

人口問題活動家のパイオニア

「ニクソン大統領がNSSM200の調査を命じて以来、世界の人口は50%増加した。この報告書が抑制されたおかげで、世界は、人口と資源利用を地球の環境収容力に一致させることに失敗した場合、必然的に起こることになる世界的な災難にずっと近づいている。スティーブ・マンフォードは、この重要な文書を明るみに出し、人口/エコロジー問題の解決を不必要に難しくしている人々を暴いたことで、称賛されるべきである」

— ED. ERR

エグゼクティブ・ディレクター

宗教的自由のためのアメリカ人

メリーランド州シルバースプリング

米国ヒューマニスト協会会長

スティーブン・マンフォードの『The Life and Death of NSSM 200』では、「カトリック・バッシング」と受け取られるかもしれないが、本書の重要な主張を損なうことがあってはならない: 人口増加に関するローマ・カトリックの神学と道徳の教えは、人類にとって危険である。人口が増えるということは、地球にとって、国家にとって、そしてアメリカにとって、より深刻な問題を意味する。マンフォード博士は、リチャード・ニクソンとロックフェラー委員会の大胆な構想に焦点を当て、その結果もたらされた国家安全保障調査メモランダム200とその運命を明るみに出すという大役を果たしている」

— ロバート・カイザー

長老派(USA)の牧師を引退

『社会契約』編集長

『NSSM200の生と死』の中で、スティーブン・マンフォードは、人口抑制において世界をリードする機会とコミットメントからアメリカが後退しているという憂鬱な物語を暴露している。この本は、アーノルド・トインビーが「偉大なる拒絶」と呼んだものを彷彿とさせる。モーゼのように、アメリカは約束の地を眺めるだけで、後には引けなくなった。. . . 宗教右派とカトリック階層は、今や政府、メディア、産業界に対して、人間の無秩序な繁殖力からの救済において世界をリードするための資源を持ち、かつてはビジョンとエネルギーを持っていた一つの国のコミットメントを挫折させ、意志を押しとどめるための影響力を持っていることは疑いない。

— W. W. フィンラット牧師 W・W・フィンラター牧師

プーレン記念バプテスト教会 元シニア牧師

コミュニティ教会牧師

ノースカロライナ州ローリー

「私たち一人ひとりに対する不吉な脅威を理解するためには、この本を読まなければならない。人口抑制反対運動の爆発的な高まりと、妊娠中絶を禁止する憲法修正条項の制定に向けたイニシアチブである」

— ウィリアム・C・パドック

農業科学者

フロリダ州ウェストパームビーチ

「一言一句読んだが、この本の学識と著者の情熱に深い感銘を受けた。大人になってからずっとこの分野で苦労してきた私は、NSSM200は光が最も必要とされる場所で明るく輝く光であると言える立場にある。」

— MRS. エリザベス・プール

ダブリン、NH

「スティーブン・マンフォードの最新刊は、非常に不穏な読書となる。ここインドの日常生活の中で、私たちはバチカンによるキャンペーンの影響を目の当たりにしている–都市のスラム街での悲惨な生活や農村の貧しい人々の飢餓。これらはすべて、宗教政治の不正義を叫ぶものであり、イエスが説いたこととはかけ離れている!この国の人口抑制計画を頓挫させたのは宗教政治であることに、私たちは全面的に同意する。バチカンは、直接的に、あるいはその代理人を通して、人口計画が前進しないように見張ってきた。中国とインドネシアは人口増加の抑制においてはるかにうまくいっているが、それはWHOを通さない限りバチカンの影響力が最小だからだ。インドには人口比率をはるかに上回る影響力を持つカトリック教徒がいる。その最大の影響力は、善良な修道女や神父たちによる素晴らしい慈善活動から来ている。しかし、そのような深い人道的奉仕は、バチカンが私たちの人口プログラムをいかに機能不全に陥れているかを見えにくくしている。修道女や神父たちに落ち度はない–彼らはバチカンの罪のない手先にすぎないのだ。私は『NSSM200の生と死』を、私たちの人口プログラム全体の政策立案者に提供するつもりである」

— プラヴィン・キニ医学博士

産婦人科医

南インド主任調査員

国際家族健康連盟

バンガロール

新著『NSSM 200の生と死』において、マンフォード博士は、これまで隠されていた–そして最も興味をそそる–記録資料を最大限に活用している。この本は、世界の悲惨な人口増加を食い止めるための人道的で効果的な方法を見つけることを目的とした、おそらくこれまでに行われた最も包括的な研究の勧告を実行するために、2人の大統領を含むわが国政府の努力を、カトリックのヒエラルキーがいかに堕落させたかを明瞭に明らかにしている。こうして、バチカンはアメリカの人口政策の主導権を簒奪し、我々に何の政策も残さなかったのである。

— メアリー・S・モレーン

世界芸術科学アカデミー フェロー

カリフォルニア州カーメル

「アメリカ市民に生殖能力の効果的なコントロールを導入することに成功しながら、人口コントロールに向けた世界のリーダーとしては惨めに失敗したアメリカ人の大軍団に、ここにその理由を説明しよう。アメリカの聡明で優秀な大軍団は、人類史上初めて、安全で絶対的な繁殖力のコントロール(中絶を援用した効果的な避妊)を実現した。この使命に携わる誰もが、人口過剰の危険性を認識している。しかし、世界の人口増加を抑制するための主要な努力は失敗に終わっている。なぜか?ローマ・カトリック教会は、自らの権力を守るために、全世界にとって不道徳な人口抑制の立場をとってきた。これが、スティーブ・マンフォードの鋭い新著のすべてである。」

— ジョージ・C・デニストン医学博士

ワシントン州シアトル

『NSSM 200の生と死』は、人口過剰とそれが人類にもたらす悲惨な結果、そして人口増加を効果的に抑制することに対するバチカンの容赦ない反対を、公正かつ正確に描写している。これらのテーマに関して私が目にした本の中で、断トツに素晴らしく、最も勇気ある本である

— アルバート・D・ウォルシャウアー医学博士

人口学者

ノースカロライナ州ライトズビルビーチ

マンフォード博士のような洞察力を持ち、人口におけるバチカンの役割について十分な調査を行ったことのある人で、本書『NSSM 200の生と死』に書かれていることを理解し、信じられる人はほとんどいないだろう。. . . バチカンが人口や、人類の福祉と地球存続に関わる重要な領域に関して行ってきたこと、そして現在行っている弊害についてのマンフォードの事実に基づいた説明は、宗教的な説得力に関係なく、思考力のある人なら誰でも警鐘を鳴らすだろう。. . . 彼の本はベストセラーとなり、大きな影響を与える可能性を秘めている。」

— チャールズ・R・アッシャーマン

開発訓練研究所所長 エグゼクティブ・ディレクター

アメリカ改革派教会牧師

『NSSM200の生と死』は目から鱗が落ちる思いだ。私たちは、米国が自国の人口を安定させる計画を持たずに、他国の人口を安定させるよう助言できることに、しばしば疑問を抱いてきた。今、私たちはその計画に何が起こったのかを理解している。現実的な米国の人口政策を確立するためには、まずバチカンの対外的な策略を暴露し、無力化しなければならない。

— ビビアン・ハイアット・ボックビビアン・ハイアット・ボック

レイ・ブロック ワシントン州ポールズボ

「人口が安定しない限り、社会問題や環境問題を解決するための他のすべての努力は役に立たない。このことに率直に向き合わなければならない。スティーブン・マンフォード博士は、最新刊『The Life and Death of NSSM 200(NSSM200の生と死)』の中で、米国の伝統的な政教分離がいかに冷笑的に破壊されてきたか、その悲劇的な舞台裏を克明に記録している。. . . しかし、環境保護団体やその他の団体は、人口問題から遠ざかっている。論争を恐れ、敏感なつま先を踏むことを恐れているのだ。問題を直視することで誠実さを示し、それによって影響力やメンバーを失うリスクを冒すか、比較的安全なアジェンダに固執するかという、昔からの葛藤である。私たちは勇気を奮い起こして、世界の人口を安定させるという、私たち全員が知っているやるべき仕事に取りかからなければならない」

— リチャード・ヴァン・アルスタイン

家族経営農家、環境保護活動家

「スティーブン・D・マンフォードの『NSSM 200の生と死』は、人口増加と人類の健康と運命に対する真の懸念を公言する宗教界のすべてのメンバーにとって必読書となるべきである」

— ローレンス・D.ローレンス・D.ルップ

エピスコパル司祭、

持続可能な人口を求めるニューハンプシャー市民の会副会長

スティーブン・マンフォードが、人口に対する合理的なアプローチを求めるキャンペーンを、彼の『NSSM200の生と死』(The Life and Death of NSSM 200)で続けていることを嬉しく思う。ローマは私が思っていた以上に不吉な国だ!悲劇的なことに、教会はカトリック色の強いルワンダで最近起きた大惨事の責任の一端を担っている。もし教会が避妊に反対していなければ、ルワンダの人口はこれほど増加しなかったかもしれないし、人口収容力はこれほど超過しなかったかもしれない。

モーリス・キング医学博士

リーズ大学 英国 名誉研究員

マンフォード博士の本を読むと、最も悲しい言葉が思い浮かぶ: 「あったかもしれないこと」である。1974年に実施されたアメリカ政府の国家安全保障研究覚書200は、人口問題を分析し、早急に対処する緊急性を認識した。しかし、バチカン主導の大規模な取り組みにより、政府の政治的意志は散逸し、国民は偽情報に惑わされた。その結果、人口問題に対する無策が招かれ、NSSM200の厳しい予測が現実のものとなり、私たち全員がその代償を払っている。「バチカンに触れずに人口否定運動を分析することは、ドイツに触れずにホロコーストを分析するようなものだ。しかし、バチカンは現在でもメディアから手荒い扱いを受けており、その情報抑圧や偽情報の流布の努力が暴露されることはほとんどない。マンフォード博士は手袋を外し、バチカンの冷酷な意図を暴露した。本書が広く読まれることを願うばかりである。人口問題を軽視する偽情報はいまだに横行しており、高い評価を得ているニュースソースを含め、多くのニュースソースによって広められているからである。」

— マデリン・ウエルド博士

グローバル・ポピュレーション・コンサーンズ代表 — オタワ

1994年大統領決定指令

20391 公式使用のみ

——————–

FAXにて

1994年6月1日

宛先エレン・マーシャル(州担当) 663-3068 663-3094

AID ニルス・ドーレール 647-8415 647-8595

サラ・コフナー、保健省 690-6347 690-7098

デビッド・オグデン(財務省) 622-0764 622-1228

ボブ・ワード(EPA) 260-2785 260-3828

From: ジェーン・ブラッドリー、OEP/NSC

件名世界人口問題に関するPDD草案の改定について

本日は、人口問題に関する大統領決定指令草案の見直しと再調整にご協力いただき、誠にありがとうございました。我々の会合の結果、改訂されたものを添付します。この改訂版について何か問題があれば、金曜日にC.O.B.で知らせてください。連絡がない場合は、クリアランスとみなします。

添付ファイル

———————————————————————

公式使用に限る

——————–

ドラフト

件名世界の人口問題に関する方針

世界人口の急速な増加は、国際社会の安定と持続可能な開発に対する緊急かつ重大な脅威である。

この大統領決定指令は、世界の人口増加に関する米国の政策の目標を明確にし、その実施を指導するものである。この政策は、人口増加と長期的な安全保障の関連性、環境に影響を与える人口増加{発展途上国の場合}と高い消費率{先進国の場合}の関連性、そして人口問題に取り組む米国のリーダーシップと持続可能な開発を促進する世界的な努力の関連性について、米国が認識していることを示すものである。さらに、この政策は、人権、ジェンダー平等、子供の数や間隔を決める個人や夫婦の権利といった国家の基本的価値観に深く根ざしている。

国連は、2050年の世界人口を次のように予測している。

世界人口は、現在の55億人から78億人から125億人に増加し、その90%が発展途上国で発生すると推定している。これらの国々における高い成長率は、失業、経済発展の停滞、賃金の低迷、一人当たりの農地利用可能面積の減少、食糧不足、急速な都市化、天然資源の枯渇、環境悪化といった既存のジレンマを悪化させると予想される。国連食糧農業機関は 2000年までに31の低所得国が、自国の土地を使って予想される人口を養うことができなくなり、その多くが不足分を補うための食糧の購入が困難になると推定している。その結果、次のような事態が発生する可能性がある:{発展途上国の内部および}間の破壊的な移民の流れ、米国や他の先進国への移民圧力の大幅な増加、地域の生態系や地球環境への負荷の増大、地域や地方の政治的安定への脅威。

世界の人口増加に関する米国の政策の目標は、相互に補強しあう3つの目標に基づき、人口増加傾向に対する緊急かつ協調的で包括的な国際的対応を行うこと: {女性と青少年のリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)のニーズと、乳幼児と子どもの一般的な健康のニーズに特別な注意を払いながら、個人のリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)を改善する。

この目標を達成するための戦略には、以下の分野が含まれる;

二国間および多国間のルートを通じて、開発途上国に的を絞った援助を推進する。それぞれの戦略的分野において、米国の政策は、家族計画とリプロダクティブ・ヘルス・サービスに対する満たされていない需要と必要性、大家族への願望、現在の人口増加の勢いの影響に取り組むことによって、出生率の決定要因を包括的に対象とする。

女性教育、ジェンダー平等(法的、経済的、政治的)、妊産婦と乳幼児の死亡率を減らす努力は、人口動向と持続可能な開発に大きな影響を与えることができる。女性の権利と役割{と責任}を促進することに特に注意を払わなければならない。

国務省は、世界人口問題に関して、省庁間の政策立案と情報共有機能を総合的に調整し続けるものとする。世界人口増加に関する政権の方針を促進するため、国務省は、他の適切な機関と連携して、本 PDDに定める方針を明確にし、世界人口問題に関連する他の政権の方針との積極的な関連性を表明する公的声明を作成し、公開するものとする。

1. 行動のための国際的コンセンサスを醸成する

世界的な人口増加に対処するためには、行動に対する集団的な意志が基本である。したがって、1994年9月にカイロで予定されている国際人口開発会議(ICPD)において(また、今後予定されている世界社会開発サミット、国際女性会議、その他の関連する国際会議において)、米国は、米国の政策に合致した、人口に関する将来の国際協力の強固な基盤となるコンセンサスを求めるものとする。

具体的には、目先の定量的な少子化目標は避けつつも、米国は世界的・地域的な人口増加削減のための長期的なプログラム・アプローチに関する国際的コンセンサスを求めるものとする。

米国はリプロダクティブ・ライツ(生殖に関する権利)のような分野では、人々がこれらの権利を行使できるようにするための政府の義務を含む。さらに、米国は、世界人口増加に関する政策声明が、リプロダクティブ・ヘルス、子どもの生存、環境保護、開発協力、女性の権利、移住など、密接に関連する問題についての相互強化の約束に言及するようにする。ICPDの準備のため、国務省は、他の適切な機関と協議のうえ、[署名から1カ月後]までに、同会議における米国の目標達成のための戦略を確定するための作業プログラムを作成し、省庁間で検討するものとする。作業計画は、戦略の最終化にあたり、非政府組織および他国政府との協議と協力のために十分な時間が割り当てられるようにするものとする。さらに、米国の目的を達成するための戦略には、会議における非政府組織の役割を含めるべきである。

2. 的を絞った援助の推進

米国は現在、開発途上国の人口増加を緩和することを目的とした援助を、二国間および多国間のチャネルを通じて提供している。海外の家族計画プログラムに対する米国の予算コミットメントのレベルは、全体的な開発援助努力の中での優先順位の高さを反映し続けるべきである。したがって、機能的開発援助予算におけるその重要性は維持されなければならない。

米国は、主に国際開発庁を通じて実施される人口援助プログラムの支援において、引き続き指導的役割を果たす。

a) 人口増加への全体的な寄与、避妊に対するアンメット・ニーズのレベル、生殖医療サービスへのアクセス不足、妊産婦と子どもの死亡率、人口に関連した地球環境の悪化などの指標に反映される世界的な影響、および

b) 人口増加と生殖環境が持続可能な開発にとって重要な障害となっている地域的・地方的影響。しかし、米国は、他の分野での取り組みに人口問題を持ち込むことは避けなければならない。人口援助もまた人道的なものとみなされるべきであり、米国は、他の分野での懸念のために人口援助を拒否することを可能な限り避けなければならず、そのような拒否を必要とする既存の法律の改正を模索しなければならない。

米国の二国間援助プログラムの重点は、リプロダクティブ・ヘルスに対する包括的なアプローチに基づくものとする;

c) リプロダクティブ・ヘルスに関する幅広い目標(性感染症および生殖管感染症の検診と予防を含む)に取り組む。米国の支援プログラムは、ケアの質とインフォームド・チョイスの重視を強化する一方、プログラムの設計と実施のすべての段階における女性の役割を増やすものとする。さらに、プライマリーヘルスケア、HIV/AIDS予防とサービス、母子保健、開発における女性の役割、女性教育への追加投資の必要性にも注意を払わなければならない。

人口援助のための多国間チャネルの適切な活用もまた、世界的な人口増加に対する協調的な国際対応にとって極めて重要である。その結果、行政は、国連人口基金、世界保健機関(WHO)ヒト生殖研究プログラム、および適切な民間の任意団体や非政府組織などの多国間プログラムに十分な資源が向けられるよう努めるものとする。さらに、国務省、国際開発庁、財務省は、他の関連機関と協力し、人口・人材分野における他の二国間ドナーと多国間組織による援助のプロファイルの見直しを行い、これらの援助形態を調整し、重複を避け、参加を増やすための戦略を策定するものとする。

3. 模範を示してリーダーシップを発揮する

人口増加に起因する健康、安全保障、持続可能な開発への懸念に対処する目標について、米国が国際的リーダーシップを発揮するための努力は、自らこれらの目標に向けて努力するというコミットメントによって支えられなければならない。国内政策審議会および保健福祉省は、他の適切な機関と協議の上、広範な人口問題に取り組む米国の政策とプログラムを記述した声明を作成するものとする。

同時に、米国と他の先進諸国は、自国の消費と生産のパターンが地球環境に不釣り合いな影響を与えていることを認識し続けなければならない。{発展途上国の数倍の消費パターンを通して)。人口増加傾向への国際的な対応という目標を効果的に達成するためには、米国は、地球環境への悪影響を減らすことを目指し、こうした{消費}パターンの影響に取り組む上で、模範となるリーダーシップを発揮しなければならない。{米国における商品とサービスの消費について-}。 環境保護庁は、エネルギー省、運輸省

環境保護庁は、エネルギー省、運輸省、財務省、その他の適切な機関と連携して、このような負の影響を削減するための米国の戦略を明確にした声明を作成するものとする。

最後に、国務省、{-}国際開発庁、{-}保健福祉省、{+}環境保護庁は、他の適切な機関と協議の上、以下の分野における新たな取り組みで米国がリーダーシップを発揮する可能性について検討し、報告するものとする: 特に、開発途上国における満たされていないニーズに対応し、女性がよりコントロールできるようにし、また性感染症から守るために特別に考案された方法の研究開発、青少年のためのリプロダクティブ・ヘルスに関する情報とサービス、安全な人工妊娠中絶と関連サービスおよびカウンセリングへのアクセス、HIV/AIDSおよびその他の性感染症のサービスと予防の家族計画およびその他のリプロダクティブ・ヘルス・プログラムとの調整、旧ソビエト連邦および中東欧におけるリプロダクティブ・ヘルス・ニーズ

政策とプログラム関連研究、特に人口と環境の相互関係に関する研究である。

人口と環境の相互関係、移住と都市化、人口と食糧事情、人口増加・開発・性行動と生殖行動の相互関係。上記の分野における新たな取り組みの可能性に関する報告書を、{1994年7月1日-}までに国家安全保障会議に提出すること。[の1カ月後)までに、国家安全保障会議に提出されなければならない。

ICPDの実施に最大限に役立てるためである。

プロセス-} ICPD行動計画の実施に最大限に役立てるためである。

公式使用に限る

序文

1ページ目のフォード大統領の手紙は、アドルフ・シュミットとフォード大統領の秘書との会話の直後に書かれた。その会話の内容は、フォード氏に本書の序文を書いてほしいというものだった。彼の秘書は、フォード氏はもう80歳近いので、新しいプロジェクトを引き受けたくないというメッセージを伝えた。

シュミット氏はニクソン政権時代に駐カナダ大使を務め、ニクソン大統領をよく知る人物であり、フォード大統領とも長い付き合いである。そのため、彼はフォード大統領が、これまでどの政府も取り組んだことのない最も重要な人口プロジェクトのひとつで、重要かつ積極的な役割を果たしたことを痛感している。これは、フォード大統領が大統領執務室を継承する前にニクソン大統領によって開始された、世界の人口過剰がもたらす国家的、世界的安全保障上の重大な脅威に関する決定的な調査であった。この研究とその結果は、このプロジェクトに断固として反対する唯一の機関、すなわち、安全保障上の利害が米国とはまったく異なる外国に支配された機関、バチカンによって、18年間も抑圧されることに成功した。

1996年、世界人口は59億人を突破する。1975年の世界人口は40億人に達したばかりだった。ここで1975年を比較対象に選んだのは、フォード大統領が、ニクソン大統領が要請した権威ある省庁間調査である国家安全保障研究覚書200(NSSM200)に含まれる人口政策の勧告を支持した年であることを、彼の手紙に記しているからだ。フォードの支持は、国家安全保障決定覚書314(NSDM 314)で示された。本書では、この2つの覚書の全文をそのまま掲載する。

NSSM200は、20年近くにわたって徐々に高まってきた、世界で横行するまったく前例のない人口増加への懸念から生まれたものだった。事実上、NSSM200は、国連協会のパネルが先に表明した結論を検証し、強調したものであった。すなわち、持続的な高率の人口増加は「個人の権利を損ない、国家目標を危うくし、国際的な安定を脅かす」というものであった。

国連協会をこの結論に導いた人口統計学的事実と同じような厳しい事実が、1969年7月、リチャード・ニクソン大統領に「人口増加問題に関する議会への特別メッセージ」を出させた。このメッセージは、これ以上歯止めなく増え続ける人口を制限するための、アメリカの広範なコミットメントを示したものであった。このメッセージは、国内外を問わず、政府の幅広い活動を開始させた。この委員会は、包括的で現実的な米国の人口政策の策定を可能にするデータの収集と分析を行った。

このメッセージでは、その他に次のような政府活動が求められている: (1)あらゆる種類の避妊法と人口増加の社会学に関する研究の拡大、(2) 国内外を問わず、人口と家族計画分野で働く人材をより多く養成するためのプログラムの拡大、(3) 人口増加が環境と世界の食糧供給に及ぼす影響に関する研究の拡大、(4) 家族計画サービスを希望しながらも受ける余裕のないすべての人々にそのようなサービスを提供することを目的とした国内家族計画サービスの拡大、などである。

議会が承認したメッセージの全文は第1章に掲載されている。ニクソン大統領は、私たちの種がこれまでに直面した最大の脅威は、現在の前例のない人口増加であることを理解していた。以下は、ニクソン大統領の結びのコメントの一部

「今世紀最後の3分の1において、人類の運命に対する最も深刻な挑戦のひとつは、人口の増加であろう。この挑戦に対する人間の対応が 2000年に誇りをもたらすものとなるか、絶望をもたらすものとなるかは、今日の私たちの行動にかかっている。もし私たちが今、適切な方法で仕事を始め、この問題に多大な関心とエネルギーを注ぎ続けるならば、人類は文明の長い歩みの中で幾多の困難を乗り越えてきたように、この難題を乗り越えることができるだろう」

1969年から1975年にかけて、私たちはこの約束を果たすべく大きく前進した。しかし、記録にあるように、アメリカの対応は1976年から崩れ始め、それ以来悪化の一途をたどっている。1993年3月26日にシュミット大使に宛てた書簡にあるように、人口過剰の意味するものに対するフォード大統領の見解は、NSDM314を発表した1975年当時と今日も変わっていない。この見解が、多くの有識者によって共有され、極めて健全なものであったことは、この間の年月が物語っている。

私は、世界の人口増加を抑制するために十分な対策が講じられなければ、人口増加の圧力に対する私たちの対応が不十分であれば、悲惨な結果を招くと予測していた一人であった。しかし、そのような結果の多くが今、私たちに降りかかってきていることに、私は何の満足も覚えていない。私の予測は、このテーマに関する最初の著書『人口増加抑制』でなされた: 1977年に哲学ライブラリー(ニューヨーク)から出版された『The Next Move is America’s』である。NSSM200の復活に伴い、私はこの不適切な対応が国際平和、自国を含むすべての国の国内安定、そして地球環境にもたらす重大な脅威を改めて感じている。

NSSM200プロジェクトを始動させるにあたり、ニクソン大統領は特に「世界的な人口増加が米国の安全保障と海外利益に与える影響」の研究を命じた。この研究では、無秩序な人口増加が国家と世界の安全保障をどのように損なうかを詳細に検証している。この研究は、1974年当時と同様、今日でも時宜を得たものである。報告書でなされた多くの予測はすでに実現している。20年以上前になされた予測は、どれも不正確であることが証明されていない。1996年の時点から見れば、世界の人口増加に対する私たちの不十分な対応がもたらすと予想される結果の多くが、今や避けられないものになっていることは明らかだ。NSSM200の研究は、人口政策に関して書かれたものの中で最も重要なもののひとつかもしれないが、14年間機密扱いのままであったため、マスコミで取り上げられることもなく、ほんの一握りの人しか目にしていない。

本書には、NSSM200とその研究報告書が、フォード大統領に提出された当時のまま収録されている。私は、国内外を問わず、人間の紛争、世界の家庭の社会的・経済的福祉、そして地球環境に関心を持つすべての人に、この本を読んでもらいたい。1976年以来、人口問題に対処する政治的意志が、なぜこれほど奇妙に、そして悲劇的に枯れてしまったのか、ぜひ考えてみてほしい。そして、それを復活させる手助けをしていただきたい。

スティーブン・D・マンフォード

ノースカロライナ州リサーチ・トライアングル・パーク

1996年9月

はじめに

1960年代、世界人口問題に対するアメリカ国民の意識が急上昇した。1960年に避妊用ピルが発明されたことで、避妊とその必要性について、広く一般市民が議論するようになった。教皇ヨハネ23世が1963年に教皇庁人口・出生委員会を創設したとき、彼は教会が避妊に対する立場を変えようとしているという希望を世界に与えた。結局のところ、教会が避妊に関する教えを変える立場にないのであれば、なぜバチカンはこの問題を研究するのだろうか?1968年、ポール・エーリック夫妻は著書『人口爆弾』を出版し、この種の本としては史上最高の成功を収めた1。同じ年、科学雑誌『サイエンス』は、ギャレット・ハーディンの「コモンズの悲劇」と題するエッセイ2という、これまでで最も物議を醸した論文を掲載し、人口過剰の脅威について多くの議論を巻き起こした。

プロテスタントの主流教派の中で、長老派はこの問題への率直な対応をいち早く呼びかけた。1965年、米国長老教会総会は、「–米国政府は、少子化と人口増加を抑制する実際的かつ人道的な手段として、自発的な計画的子育てのプログラム開発への支援を要請する国々を支援する用意がある」ことを求めた。1971年には、個人の自発的な意思決定に依存することは、人々の態度や願望を根本的かつ急速に変化させない限り、人口増加に必要な制限を与えるには不十分であると認識した。教会は、この変化を実現するために尽力しなければならない。夫婦が養えるだけの子供を持つ自由があるという前提に疑問を投げかけるべきである。私たちはもはや、望めば望むだけ子どもを産むことを正当化することはできない。私たちの企業責任は、これを禁じているのだ。1972年、長老派は政府に対し、「人口規模を安定させるような行動をとること……人口減少の見通しではなく、人口過剰の緊急性に突き動かされている私たちは、信仰をもって対応することによって、種を保存するだろう」と呼びかけた: 地球は満たされているのだ。

このように行動を求める声が高まるにつれ、アメリカの政治指導者たちは、人口増加抑制の概念に共感し、この問題に対処するための新たなプログラムを求めるようになった。

ニクソン大統領が議会に「人口増加問題に関する特別メッセージ」を送ったのは、このような懸念の高まりの中でであった。議会への特別メッセージは極めて稀であり、人口に関するこのようなメッセージはこれが初めてであった。この行動は、人口危機の高まりに対処するアメリカの政治的意志の絶頂期の始まりを告げるものであった。このメッセージは、初めて米国が人口問題に立ち向かうことを約束した。また珍しいことに、この特別メッセージは議会で承認された。その可決は超党派であり、この問題と闘うためのアメリカの政治的行動に対する幅広い政治的支持を示していた。このメッセージはブレイクスルーものであったが、それを思い出す人はほとんどいない。完全な文書は第1章として掲載されている。

特別メッセージの最も重要な要素は、「人口増加とアメリカの未来に関する委員会」の設立である。委員会設置法案の署名式で、ニクソン大統領は幅広い政治的、国民的支持についてこうコメントした: 「これは歴史的な出来事だと思う。私は、これは歴史的な出来事であると信じている。この歴史的な出来事は、単に大統領がこの法案に署名したことだけでなく、この法案が超党派の支持を得たこと、そして全米でこれほど広範な支持を得たことによってもたらされたのである。(大統領の発言全文は第2章を参照のこと)。

24人の委員からなる委員会の委員長はジョン・D・ロックフェラー3世が務めた。委員会は100以上の調査プロジェクトを命じ、米国の包括的な人口政策の策定を可能にするデータの収集と分析を行った。2年間にわたる熱心な取り組みの後、委員会は『人口とアメリカの未来』と題する186ページの報告書を完成させ、70以上の勧告を提示した。提言は、1973年に私たちが直面した課題に対する、大胆だが賢明な対応であった。例えば、学校制度が十分に計画された人口教育プログラムを確立できるようにするための人口教育法の成立、特に学校を通じて性教育を広く受けられるようにすること、男女同権修正条項(ERA)の成立、未成年者を含むすべての人が、必要であれば国費で避妊を受けられるようにすること、希望するすべての人が、必要であれば国費で人工妊娠中絶を受けられるようにすること、人口増加抑制に関連するさまざまな分野の研究を大幅に拡大すること、不法滞在外国人の雇用をすべて撤廃すること、などである。

提言の全リストは第2章に掲載されている。これらは、米国で最も有能な人々の結論を代表するものである。委員会の100の研究プロジェクトを完成させた科学者たちは、それぞれの分野で最高の人材であった。これらの提言が本書に収められているのは、人口問題に対する米国の対応がどうあり得たか、どうあるべきだったかを読者が知ることが重要だからだ。

1972年5月5日、委員会の所見と結論を正式に提出する目的で開かれた式典で、ニクソン大統領は報告書を公に破棄した4。これは大統領が再選を目前に控えた6カ月前のことであり、大統領は、特に強力な、外国に支配された特別利益団体–ローマ・カトリック教会の階層–からの激しい政治的熱を感じていた。アメリカの包括的な人口政策となるであろう3点以上の勧告のうち、実施に向けた動きは何も起こらなかった。勧告は一つも採用されなかった。今日に至るまで、米国には人口政策がない。このような特徴を持つ数少ない主要国のひとつである。

もし1973年に、これら70の慎重な理由付けがなされた提言が米国の人口政策として採用されていたら–あるいは、最も重要な提言のうち十数個でも採用されていたら–、今日のアメリカは大きく変わっていただろう。私たちはより安全で、より犯罪が少なく、より良い教育を受け、より大きな教育の機会があり、より健康的な環境でより少ないストレスで生活し、より安全な雇用とより大きな雇用機会、より良い医療を受け、すべてが物理的に混雑していないアメリカになっていただろう。

私たちは世界に模範を示すことができただろうし、世界の多くの国もそれに倣ったと信じるに足る理由がある。皮肉なことに、アメリカ国民は1996年よりも1973年の方が、こうした勧告を受け入れる準備が整っていた。過去20年間、私たちは皆、人口問題の深刻さについて疑念を抱かせるために、反対派によって演出された強烈な偽情報にさらされてきた。

ロックフェラー委員会報告書の後、ニクソン大統領は激しい反対運動に遭遇したが、人口過剰問題の深刻さに対するニクソン大統領の評価と、それに対処しようという意欲は、明らかに変わっていなかった。再選からほぼ1年半後の1974年4月24日、ニクソン大統領はNSSM200において、人口危機に関する大統領在任中の最も重要な行動として、「世界の人口増加が米国の安全保障と海外利益に与える影響」を明らかにするための包括的な新たな研究を行うよう指示した。この研究報告書は、世界の人口増加に関する最も重要な文書のひとつとなった。NSSM200では、ヘンリー・キッシンジャー国家安全保障顧問が大統領の代理として、国防長官と農務長官、中央情報局(CIA)長官、国務副長官、国際開発庁(AID)長官に、人口調査を共同で行うよう指示した。この調査の報告書は1974年12月10日に完成し、指定された長官と省庁の責任者に回覧され、検討と意見が求められた。

1974年8月9日、ジェラルド・フォードが大統領職を継承した。研究の修正は1975年7月まで続けられた。1975年11月26日、227ページに及ぶ報告書とその勧告は、フォード大統領によってNSDM 314で承認された: 大統領はNSSM200に対する省庁間の対応を検討した。大統領は、人口増加と闘い、世界人口行動計画*を実施し、米国の安全保障と海外利益を増進するためには、米国のリーダーシップが不可欠であると確信している。大統領は、NSSM200のエグゼクティブ・サマリーに含まれる政策提言を支持する。

フォード大統領は事態の深刻さを認識し、NSDM314を上記の各省庁以外にも指示した。さらに、保健、教育、福祉、財務の各長官、行政管理予算局長、統合参謀本部議長、経済諮問委員会、環境質評議会にも指示した。フォード氏は、これがわが国政府の人口政策の基礎となることを意図していることを、合衆国政府のすべての関係省庁に明らかにした。

フォードは、さらなる行動の責任を国家安全保障会議(NSC)に委ねた: 「したがって大統領は、NSC次官委員会の委員長に、人口分野における政策を定義・立案し、NSSM200の対応を超えてその実施を調整する責任を委ねる」今日に至るまで、NSDM314に定められた政策は公式に撤回されていない。第4章では、NSDM314はフォード大統領が承認したとおりに掲載されている。

NSSM200自体は2ページの文書で、第3章に掲載されている。NSSM200で要請された報告書のタイトルは「NSSM200:Implications of Worldwide Population Growth for U.S. Security and Overseas Interests」(NSSM200:世界の人口増加が米国の安全保障と海外利益に及ぼす影響)である。この報告書は29ページの要旨と、198ページのタイプスクリプトからなる2部構成の報告書である。この報告書は印刷も出版もされなかった。タイプライターでダブルスペースである。要旨は第3章に、報告書本体は付録2に掲載されている。両者ともフォード大統領が読んだとおりに掲載されているが、ここでは出版用にタイプセットし、ページ番号を適宜変更している。

米国の安全保障とすべての国の安全保障にとって、この文書の潜在的な重要性は、昔も今も計り知れない。調査結果も提言も、年月を経るにつれてますます関連性と緊急性を増している。そのため、本書にはこの文書の全文を掲載した。

NSSM200の研究は、世界の人口が急速に増え続けることが、米国と世界の安全保障にどのような深刻な脅威をもたらすのか、またなぜそうなるのかについて詳述している。また、この報告書を作成した人々の深い懸念を反映し、急増するこの問題に対する米国の対応の青写真も示している。その戦略は複雑で、難しい問題を提起している。提案された政策の中には、必然的に大胆なものもあり、報告書の著者たちは、提案された目標を米国民が全面的に受け入れられるよう準備するため、5年間は機密扱いにするよう求めた。しかし、理由は不明だが14年間も機密扱いされたままだった。

著者たちの強い懸念がはっきりと表れている。NSSM200はこう報告している: 「急速な人口増加の継続は)世界の経済、政治、生態学的システム、そしてこれらのシステムが破綻し始めると、私たちの人道的価値観に深刻な損害を与える大きなリスクがある」5「世界の人口増加は、緊急の対策を必要とする最も重大な現在の危険として、政府内で広く認識されている」6 「各国政府が人口増加の事実とその意味を認識し、自国にとって意味のある究極的な人口規模を決定し、望ましい目標を達成するための精力的なプログラムを直ちに開始することが、最も緊急の課題である」7。

NSSM200は、いくつか挙げると次のような提言を行った:

米国は人口増加抑制において世界のリーダーシップを発揮する8。

米国は2000年までに自国の人口を安定させることを目指す。9 このためには、人口動態の勢いという現象により、一人っ子家族政策を米国に導入する必要があったが、この要件は著者たちもよく理解していた(中国が一人っ子家族政策を採用したのは1977年である)。

米国の目標として、1980年までに家族計画に関する情報、教育、手段を開発途上国のすべての人々が利用できるようにし10,2000年までに開発途上国で2人家族を達成することを掲げている11。

米国は、これらの目標を達成するために多額の資金を提供することになる12。

しかし、ロックフェラー委員会報告書と同様、NSSM200の勧告の実施は、フォード大統領によって承認され、その承認は政府内のすべての関係省庁に伝えられたが、ロックフェラー委員会の勧告の採択を阻んだのと同じ反対派の影響によって、主に阻止された。

NSSM200の勧告が1975年に実施されていれば、今日の世界は大きく変わっていただろう。すべての国家と国民にとって、安全が大幅に向上する見込みが立っていただろう。内戦や地域紛争は減り、飢餓や飢餓は減り、環境は清潔になり、病気は減り、教育の機会は増え、市民権、特に女性の権利は拡大し、民主主義の拡大に資する政治情勢が整っていただろう。

第5章では、ロックフェラー委員会とNSSM200構想の運命について論じている。第6章では、その終焉の理由を検証する。第7章では、構想破壊の責任者を特定し、第8章と第9章では、それがどのように達成されたかを述べている。米国におけるバチカンの反人口削減努力の最終目標は、第10章で論じる人命修正条項の可決である。世界の人口問題の根本的な原因は、カトリック教会の基盤である教皇の無謬性(1870)の教義である。第11章は、この2つのイニシアチブを破壊した教会の論理的根拠であり、自らの組織的存続を保証するための策略である。無謬性というカトリックの原則は、人口過剰という現実の中で挑戦され、1870年に思慮深い司教たちが予言したように、教会を自滅へと向かわせる。

第12章では、自己破壊がいかに先送りされているかについて論じている。アメリカのカトリック信者のほとんどは、生殖と人口に関する教会の教えを拒否している。その結果、アメリカの教会が急減していることは、第13章で述べられている。私たちアメリカ人が情報に溢れかえっていることを考えると、このようなことが私たちの知らないところで起こっていたとは考えられない。しかし、起きてしまったのだ。どのようにしてなのか?第14章と第15章は、この極めて重要な疑問に答えることに費やされている。共和党の乗っ取りを含め、バチカンの安全保障と存続の利益を守ろうとする必死の試みは、私たちの民主的な政治システムを深刻に蝕んでいる。このキャンペーンの多くの結果は第16章で述べられている。最後の章は、人口増加抑制の唯一の重要な反対者–バチカン–への適切な対応に焦点を当てている。

本書で紹介されている文書は、世界の人口問題を理解するための基本的なものであり、その深刻さは論を待たない。このことは、第5章から第17章で紹介されている問題についても同様である。これらの問題に効果的に立ち向かわない限り、世界人口問題にうまく対処することはできないだろう。

* 1974年8月にブカレストで開催された国連世界人口会議で、世界人口行動計画が採択された。NSSM200の第6章に要約され、議論されている。これはこれまでに書かれた人口に関する文書の中で最も重要なもののひとつであり、付録1にその全文が掲載されている。

NSSM200の生と死 – 目次索引人口と安全保障研究センターの紹介このセクションに関するコメントを著者にメールで送るこれらの問題について最新情報を入手する

第1章 ニクソン大統領の人口に関する特別メッセージ

この章は、1969年7月18日に発表された大統領の「人口増加問題に関する議会への特別メッセージ」で構成されている。ホワイトハウスが発表したものをそのままここに転載する。

合衆国議会へ:

1830年、地球上の人口は10億人であった。1930年には20億人、1960年には30億人となった。今日の世界人口は35億人である。

これらの統計は、人口増加率が劇的に上昇していることを示している。最初の10億人が誕生するのに何千年もかかり、次の10億人は100年かかり、3人目は30年後に誕生し、4人目はわずか15年で誕生する。

このペースで人口が増え続ければ、今世紀末には地球上に70億人以上の人類が誕生することになるだろう。つまり、今後30年間で、世界の人口は倍増する可能性があるのだ。10億人が新たに増えるのは、千年単位でも、100年単位でも、10年単位でもない。現在のトレンドが2000年まで続くとすれば、80億人はわずか5年で、さらに10億人ずつ増えることになる。

今後数十年の間に人口がどれほどのペースで増加するかについては、さまざまな意見があるが、情報に精通した観察者の多くは、このような予測に対して同じような反応を示す。彼らは、人口増加が我々が直面する最も重要な問題のひとつであることに同意している。そして、人口増加は事前の計画によってのみ達成可能であることに同意する。そして、そのような計画を立てる時間が非常に短くなっていることにも同意している。このメッセージで人口問題を取り上げるのは、こうした理由からである。

発展途上国において

今日、人口が最も急速に増加しているのは、世界の発展途上国である。これらの地域では、人類の歴史の中で経験したことのないような高い自然増加率がしばしば見られる。出生率が高水準を維持し、死亡率が急激に低下しているラテンアメリカ、アジア、アフリカの多くの国々では、現在、100年前の10倍のスピードで人口が増加している。現在のペースでいけば、2000年までには多くの国が現在の2倍、中には3倍の人口を抱えることになるだろう。この事実は、世界中で健康水準が向上し、経済が進歩した結果、より多くの人々が長生きできるようになり、より多くの子供たちが成人まで生き延びることができるようになったことが大きく影響している。

その結果、すでに貧困に陥っている多くの国々が、先進国が背負うことのなかった人口増加というハンディキャップの下で苦闘している。これらの国々のほとんどが、経済成長率では先進工業国よりも速く、総成長率では先進工業国よりも速いという急速な進歩を遂げているにもかかわらず、人口増加率がはるかに高いため、一人当たりの経済発展が非常に遅れている。生活水準は急速には上昇せず、富裕国の生活と貧困国の生活の格差は縮まらない。

実際、経済発展が人口増加に遅れをとり、生活の質がかえって悪化する恐れがある面もある。たとえば、農業技術がかなり向上し、穀物生産が劇的に増加したにもかかわらず、増加した人口に十分なレベルの栄養を与えることはまだ困難である。タンパク質の栄養不良が蔓延している。毎日約1万人(そのほとんどが子どもたち)が、栄養不良が少なくとも部分的な原因となっている病気で死亡していると推定されている。さらに、何百万人もの若者の肉体的・精神的潜在能力が、適切な食糧の不足のために発揮されていない。食糧の増産と配分の改善への期待は大きいが、こうした暗い現実に対抗するには十分ではない。

人口増加の重荷は、社会進歩の分野でも感じられる。多くの国で、学校の数や教師の数が増えているにもかかわらず、学校教育を受けられない子どもたちが増えている。新しい住宅が建設されているにもかかわらず、適切な住居を持たない家庭が増えている。失業や不完全雇用は増加の一途をたどっており、成長して労働力になろうとする若者が増えれば、状況はさらに悪化する可能性がある。

また、発展が家族の人数の減少をもたらす段階にはまだ達していない。発展途上国の多くの親は、貧困や無知といった力の犠牲になっており、家族の人数をコントロールすることが難しいのである。まとめると、人口増加は、どの国も無視することのできない世界的な問題であり、それが自国の利益という最も狭い認識で動いているにせよ、人類共通という最も広い視野で動いているにせよ、無視することはできないのである。

国際協力

国連、その専門機関、その他の国際機関が、世界の人口増加への対応においてリーダーシップをとるべきであるというのが、われわれの信念である。米国は、それらのプログラムに全面的に協力する。この関連で、ジョン・D・ロックフェラー3世が議長を務める国際連合協会のパネルが最近発表した報告書の範囲と内容に、私は最も感銘を受けた。

国際組織との協力に加え、米国は他国政府の取り組みを支援することでも貢献できる。すでに米国は、この分野で多くのことを行っている。たとえば、われわれは少子化対策への支援を求める国々に援助を提供している。ただし、われわれが支援するサービスは、それを受ける個人が自由に受け入れたり拒否したりできるものでなければならない。援助プログラムを通じて、我々は発展途上国の農業生産を改善し、経済成長を促進するために努力してきた。

先日の対外援助に関するメッセージで指摘したように、我々はこれらのプログラムを改善するために重要な努力をしている。実際、私は国務長官と国際開発庁長官に、我々のいくつかの援助プログラムの中で、人口と家族計画に高い優先順位を与え、注目し、人材、研究、資金を提供するよう要請した。同様に、商務長官、保健・教育・福祉長官、平和部隊長、米国情報庁長官にも、海外での活動を計画する際に、人口問題に細心の注意を払うよう求めている。また、農務省と国際開発庁に対し、開発途上国における食糧生産と流通を改善するために、わが国の農業の経験と能力を適応させ、拡大する方法を調査するよう要請する。これらすべての国際的な取り組みにおいて、わが国のプログラムは、民間団体や大学研究センターの重要な資源をさらに評価すべきである。われわれが海外での人口および家族計画の取り組みを拡大するにつれて、われわれは他国に対しても、この分野におけるプログラムを拡大するよう要請する。

これらすべての分野において、迅速な行動が不可欠である。高い人口増加率は、国連パネルの報告書にあるように、”個人の権利を損ない、国家目標を危うくし、国際的な安定を脅かす “からである。

米国における指標

しばらくの間、人口増加は発展途上国の問題であると見なされてきた。しかし最近になって、先進工業国でも、たとえば米国が現在予測しなければならないような速度で人口が増加した場合、差し迫った問題が生じることが分かってきた。そのような国々では、食糧の供給は十分かもしれないが、社会的供給–青少年を教育する能力、プライバシーと居住空間を提供する能力、開かれた民主的な政府のプロセスを維持する能力–は、深刻な緊張を強いられるかもしれない。

米国では、人口増加率は発展途上国ほどではない。実際、米国では18世紀以降、人口増加率は概して低下している。しかし、年率約1%という現在の成長率は、依然として大きなものである。さらに、現在の統計によると、出生率は最近の減少の終わりに近づいている可能性がある。

出産適齢期のカップルの多さ、アメリカ人家族の典型的な規模、長寿化など、いくつかの要因が毎年の増加につながっている。子供、両親、祖父母の3世代が集まるのが一般的だった一家団欒が、4世代にわたる家族が集まるようになる時代が、この国では急速に到来しつつある。これは喜ばしいことであり、誇るべきことである。しかし、両親の間に生まれる子供の数が同じであれば、人口がはるかに増えることを意味することも認識しなければならない。

1917年、アメリカ人の総数が1億人を突破した。丸3世紀にわたる着実な成長の後である。それからわずか半世紀後の1967年には2億人を突破した。現在の成長率が続けば、およそ30年の間に3億人が増えることになる。つまり、2000年、あるいはその直後には、アメリカ人は3億人を超えることになる。

この成長は、私たちの社会に深刻な課題をもたらすだろう。私は、現在の社会問題の多くは、2億人目のアメリカ人を受け入れるための期間がわずか50年しかなかったことに関係しているのではないかと考えている。実際、1945年以降だけでも、約9000万人の赤ん坊がこの国で生まれている。このように、かつては何世紀にもわたって行われてきた人口増加への適応を、わずか数十年で成し遂げなければならなくなったのである。そして現在では、わずか30年の間に3億人のアメリカ人を養わなければならないようだ。

次の1億人のアメリカ人の大多数は、彼らの誕生を心待ちにし、彼らが成長する過程で彼らを愛し、世話をする用意のある家族のもとに生まれるだろう。重要な問題は、社会制度が彼らの到着を計画し、人道的で知的な方法で彼らを受け入れることができるかどうかである。社会が直ちに計画を立てない限り、この成長に対する準備が整わないことは確かである。適切な計画を立てるには、多くの重要な問題を自問自答する必要がある。

例えば、次の1億人のアメリカ人はどこに住むのだろうか?ここ数十年のパターンが今世紀の残りも続くとすれば、次の1億人の少なくとも4分の3は、高度に都市化された地域に住むことになる。私たちの都市は、そのような人口流入に 備えているだろうか?都市成長の混沌とした歴史は、そうでないこと、また、都市が抱える既存の問題の多くが、人口の激増によって深刻な事態に陥ることを示唆している。では、都市を準備する方法はあるのだろうか。あるいは、人口集中の傾向を逆転させることはできるのだろうか。たとえば、1950年代には全米の郡の半数が人口を減らしているにもかかわらず、全米の人口は増加しているのは望ましいことなのだろうか。増え続ける人口をよりうまく分配する方法はあるのだろうか。

この目標を達成するために、衛星都市やまったく新しい町の制度を提案する人もいる。都市成長に関する国家委員会(National Commission on Urban Growth)は最近、この問題について刺激的な報告書**を発表した。しかし、この大胆な計画を実行に移したとしても、受け入れられる人口総数は2,000万人に過ぎない。億人すべてを新しいコミュニティに収容しようとすれば、今から今世紀末まで毎月25万人分の新しい都市を建設しなければならない。つまり、タルサ、デイトン、ジャージー・シティと同規模の都市を、30年以上にわたって30日ごとに建設することになる。この問題が莫大であることは明らかであり、代替案を慎重に検討しなければならない。

他の問題も私たちに突きつけられている。例えば、今後1億人のアメリカ人をどのように収容するのか。すでに経済的で魅力的な住宅は非常に不足している。必要な住宅を供給するには、新しい建築形態、建築技術、資金調達戦略を積極的に開拓しなければならない。

天然資源と環境の質についてはどうだろうか。純粋な空気と水は、生命そのものの基本である。公園やレクリエーション施設、魅力的な田園風景は、私たちの心の豊かさに不可欠である。動植物や鉱物資源も不可欠である。人口が増えれば、そのような資源に対する需要も増加する。しかし、多くの場合、その供給量は増えず、絶滅の危機に瀕することさえある。環境を保全し、向上させる努力が人口の増加に見合わなければ、現在私たちが依存している生態系は深刻な悪化を招くかもしれない。

これほど多くの人々をどのように教育し、雇用するのだろうか?交通システムは、必要なだけ迅速かつ経済的に人々を移動させることができるのだろうか?人口が3億人に達したとき、適切な医療をどのように提供するのだろうか?社会がこのような規模になったとき、政治機構も再編成されなければならないのだろうか。1969年の要求に応えようとするあまり、すでに多くの機関が多大な負担を強いられている。今後30年の間に、増え続ける人々の洪水に押し流されてしまうのだろうか?そのような施設は、どれほど簡単に入れ替わったり、変更したりできるのだろうか?

最後にわれわれは問わねばならない。アメリカの家庭が希望する以上の子どもを持たないようにするために、われわれはどうすればよりよい援助ができるだろうか?内政問題に関する私の議会への最初のメッセージの中で、私は、すべての子どもたちが生まれてから5年間、健康的で刺激的な環境を提供することを国家として約束するよう呼びかけた。この目標を推進する方法のひとつは、より多くの親が効果的に家族計画を立てられるよう支援することである。非自発的な出産は、家族全員の身体的・精神的健康を損なうことが多い。これは、乳幼児死亡率の高さ、栄養失調の深刻さ、学校での成績の悪さなどの要因のひとつである。望まない出産や早すぎる出産は、多くの家庭を貧困に追い込んだり、その状態を維持させたりしているいくつかの要因のひとつである。その脅威は、違法な中絶の危険な発生を助長している。そして最後に、もちろん、人口増加によってあらゆる資源に無用な負担を強いている。

私がここで提起した疑問は、どれも目新しいものではない。しかし、これらの疑問はすべて、今、新たな危機感をもって問いかけられ、答えられなければならない。その答えは政府だけでは出せないし、政府だけでその答えをプログラムや政策にすることもできない。しかし私は、連邦政府にはこれらの問題を定義し、思慮深い対応を促す特別な責任があると信じている。

おそらく現在の状況で最も危険な要素は、社会全体の視点からこれらの問題を検討している人があまりに少ないという事実である。洞察力のあるビジネスマンは、人口動向を調査することによって、自社製品の需要を何年も先まで予測している。他の民間機関は、急速に変化する状況に対応できる高度な計画メカニズムを開発している。しかし、政府の分野では、人口動態の変化を詳細に理解し、それを公共政策に反映させるような仕組みはほとんどない。連邦政府はこの分野では最低限の努力しかしていない。州政府や地方政府の努力も不十分である。最も重要なことは、あるレベルでは行われている計画が、他のレベルでは十分に理解されておらず、しばしば未検証の仮定に基づいていることである。

要するに、私がこのメッセージで提起した疑問は、あまりにも多くの場合、問われることもなく、問われたとしても、適切に答えられることはめったにないのである。

人口増加とアメリカの未来に関する委員会

以上の理由から、私は本日、人口増加とアメリカの未来に関する委員会の設置を議会に提案する。

議会は、この委員会に3つの特定分野における調査と勧告の責任を与えるべきである。

第一に、現在から2000年にかけての人口増加、国内移動、および関連する人口動態の予測である。

これらの予測は、可能な限り、地域、州、都市圏ごとに行うべきである。このような予測には不確実性が伴うため、さまざまな代替可能性をプロットする必要がある。

1970年8月から、その年の4月に実施された10年国勢調査から、郡別の人口データが入手できるようになる。1971年4月までには、国勢調査の初回集計データのコンピュータによる要約が国勢調査区ごとに利用できるようになり、所得、職業、教育、世帯構成、その他の重要な考慮事項に関する重要な情報も入手できるようになる。連邦政府は、このような人口統計情報をこれまで以上に活用することができるし、州政府やその他の政治部門も、このようなデータをより有効に活用することができる。人口増加とアメリカの将来に関する委員会」は、この重要な取り組みのための適切な手段となるだろう。

第二に、予想される人口増加に対処するために必要となる公共部門の資源である。

過去何世代にもわたって、政府のあらゆるレベルにおいて、先見の明を欠いた最大の失敗は、人口増加に関連する分野であった。政府や議会は、人口の継続的増加が公共部門に課すであろう需要を、しばしば理解できなかった。このような需要は無数にある。幼稚園の教室からポスドクのフェローシップまで、何千マイルも水を運ぶ公共事業から地域から地域へと人や製品を運ぶ高速道路まで、混雑した都市のベスト・ポケットパークから田舎の森林保護区や静かな湖まで、その範囲は多岐にわたるだろう。おそらく特に、このような要求は生活の質に影響を与える形で現れるだろう。今こそ、そうしたニーズを真剣に評価するときである。

第三に、人口増加が連邦政府、州政府、地方政府の活動にどのような影響を与えるかである。

ある面では、人口増加はアメリカ政府のあらゆる活動に影響を与える。しかし、政府機関が自らの計画において人口増加に十分な注意を払うことは、ごくたまにしかない。人口動向の現在および将来の活動に対する重大な影響を考慮することは、ごくたまにしかない。

しかし、必要な情報の一部は手元にあり、あらゆるレベルの政府が利用できる。残りの多くは、委員会が入手することになる。しかし、そのような情報を最大限に活用するためには、その情報を解釈・分析し、その意味をより明確にする必要がある。人口増加とアメリカの将来に関する委員会の仕事は、調査的であると同時に教育的である。アメリカ国民とその統治部門は、こうした増大する課題に対して、本来あるべき警戒心を持っていない。理性と先見の明を持つ、責任ある、しかし執拗な声が必要なのである。委員会は、私たちの目の前にある数年間、そのような声を提供することができる。

委員会のメンバーには、議会の各院から2名ずつと、広く社会を代表する知識豊富な男女を加えるべきである。その過半数は、公共政策の重要な問題に対処する能力を証明した市民であるべきだ。委員会のメンバーには、生物科学、社会科学、環境科学、神学、法学、芸術、工学の専門家も含めるべきである。委員会には、その広範な主題の細目を検討するための諮問委員会を設置し、その審議に参加する専門家や指導者を世界各地から招く権限を与えるべきである。

委員会には、卓越した経験と理解を持つ事務局長の監督の下、十分なスタッフと予算が与えられるべきである。

委員会が1970年の国勢調査から得られる初期データを活用する時間を持つために、私は委員会の設置期間を2年間とするよう要請する。初年度の終わりには、大統領と連邦議会への中間報告が求められるべきである。

その他の政府活動

この機会に、委員会の報告を待つまでもなく、人口増加に対処する政府のその他の活動について、いくつか触れておきたい。

第一に、調査の強化が不可欠である。例えば、あらゆる種類の避妊法や人口増加の社会学に関するさらなる研究が必要であることは明らかである。保健教育福祉省は、その人口研究センターを活用して、他の連邦政府機関とともに、民間団体、大学研究センター、国際機関、諸外国の研究と慎重に関連づけながら、拡大した研究努力を展開する上で主導的な役割を果たすべきである。

第二に、国内外を問わず、人口・家族計画プログラムに従事する、より多くの訓練された人材が必要である。そこで私は、国務省、労働省、厚生省、教育省、内務省の各長官に、国際開発庁長官、経済機会局長官とともに、このようなプログラムに人を集め、適切に訓練するための我々の取り組みについて、包括的な調査に参加するよう要請する。同グループは、州、地方、民間の適切な関係者と協議の上、この分野の改善勧告を作成すべきである。私は、大統領補佐官(都市問題担当)にこのプロジェクトの調整を依頼している。

第3に、人口増加が環境と世界の食糧供給に及ぼす影響については、慎重な注意と早急な対策が必要である。そのため、私は環境品質審議会の審議において、これらの問題に慎重な注意を払うよう求めている。また、内務省、農務省、厚生省の各長官には、環境を保護し、世界の食糧供給を増大させるのに役立つ新技術の研究やその他の提案に最優先で取り組むよう要請する。

第四に、連邦政府が支援する国内の家族計画サービスを拡大し、よりよく統合すべきであることは明らかである。現在、保健教育福祉省と経済機会局の両方が、この重要な業務に携わっているが、彼らの努力を合わせても、希望するすべての人に情報とサービスを提供するには十分ではない。特に、この国の推定500万人の出産適齢期の低所得女性のほとんどは、家族の人数に関する希望が通常、高所得層の親と同じであるにもかかわらず、現在、家族計画援助への十分なアクセスを持っていない。

経済的な理由で家族計画援助へのアクセスを拒否されるべきでないというのが、私の考えである。したがって、今後5年以内に、家族計画サービスを受けたいが受けられないすべての人々に、適切な家族計画サービスを提供することを国家目標として設定すべきだと私は考える。これは、私たちにできることである。

この目標を達成するための活動が、いかなる状況においても、個人の宗教的信念や個人的な希望や自由を侵害するものであってはならないし、公的機関によって良心の問題を尊重されるという、すべての個人の絶対的権利を損なうものであってはならないことは明らかである。

この国家目標を達成するためには、人口と家族計画への支出を増やさなければならない。しかし、この努力の成功は、支出の増加だけでもたらされるものではない。サービスを受ける人々の生活環境や家族計画の希望はかなり異なるため、効果的なプログラムは、現在の多くの取り組みよりも柔軟な設計でなければならない。さらに、プログラムはよりよく調整され、より効果的に運営されなければならない。現行の法律では、州または地方の包括的なプロジェクトは、多くの異なる資金源から資金を寄せ集めなければならない。さらに、現行法では、家族計画サービスのための資金要請は、他の有意義な保健事業への要請としばしば競合しなければならない。

しかし、これらの問題は克服できる。国内の家族計画事業の大部分を担当している保健教育福祉省長官は、同省の主要な家族計画事業活動を再編成する計画を策定した。これらのサービスのための独立した部門が、保健サービス・精神衛生局内に設立される予定である。長官は近い将来、より広範で正確な立法権と、より明確な財政支援源を提供することにより、同局がこの重要なプログラムを実施するのに役立つ法案を議会に提出する予定である。

経済機会局はまた、困窮者に対する家族計画サービスの提供における革新的プログラムと試験的プロジェクトを強化することによって、この分野の進展に貢献することができる。また、O.E.O.が支援するコミュニティ・グループの既存のネットワークも、家族計画の援助や情報提供にもっと幅広く活用すべきである。私は、経済機会局の局長に対し、今後数年間における国家目標の達成を支援するために、同局のプログラムをどのように構成し、拡大するのが最善かを判断するよう求めている。

保健・教育・福祉長官と経済機会局長は、それぞれの計画を策定する際に、国内のすべての家族計画プログラムを調整するための最も効果的な方法を決定すべきである。そのような計画には、州政府、地方政府、民間機関も参加すべきであるというのが私の意向である。この分野における連邦政府の活動の増大は、他のレベルにおける努力の大幅な増大と一致しなければならないことは明らかだからである。連邦政府だけですべての重荷を背負うのは非現実的だが、本政権は必要不可欠なリーダーシップを発揮する明確な責任を受け入れている。

未来に向けて

今世紀最後の3分の1において、人類の運命に対する最も深刻な挑戦のひとつは、人口の増加であろう。この課題に対する人間の対応が、2000年に誇りをもたらすものとなるか、絶望をもたらすものとなるかは、今日の私たちの行動にかかっている。もし私たちが今、適切な方法で仕事を始め、この問題に多大な関心とエネルギーを注ぎ続けるなら、人類は文明の長い歩みの中で幾多の困難を乗り越えてきたように、この難題を乗り越えることができるだろう。

未来の世代が私たちの時代の記録を評価するとき、その判断の最も重要な要素のひとつは、私たちが人口増加にどのように対応したかであろう。私たちの後の世代が、地球の外に目を向けるときでも、自分たちの住むこの惑星に誇りを持ち、過去にこの惑星に住んでいた人々に感謝し、この惑星の未来に確信を持ち続けることができるように、私たちは行動しよう。

リチャード・ニクソン

ホワイトハウス

* 1969年5月付けの57ページの報告書は、”世界人口、国連とその機関システムへの挑戦 “と題されている。この報告書は、米国国際連合協会が設置した国家政策パネルによって出された。

** アーバン・アメリカ社のアドホック・グループである「都市成長政策に関する国家委員会」が発表した報告書は、ドナルド・キャンティが編集し、プレーガー社から出版された『新しい都市』に収録されている。– 編

第2章

【省略】

第3章 NSSM200指令と要請された研究

この章は、1974年4月にヘンリー・キッシンジャーがニクソン大統領に代わって署名した国家安全保障調査報告書(NSSM)指令そのものから始まる。続いて、この指令を受けて実施された調査報告書の要旨が続く。膨大な量の詳細な報告書本体は2部構成で、付録2にある。

報告書全体は翌年12月にフォード大統領に提出された。エグゼクティブ・サマリーに続き、本章では、サマリーには掲載されていない報告書の重要なポイントをいくつか挙げる。これらの点については、本書の別の箇所で取り上げている。


国家安全保障会議

ワシントン D.C. 20506

1974年4月24日

国家安全保障調査メモ

————————————-

宛先

国防長官
農務長官
中央情報局長
国務副長官
国際開発庁長官

件名:世界的な人口増加が米国の安全保障と海外利益に及ぼす影響

安全保障と海外利益

大統領は、世界の人口増加が米国の安全保障と海外利益に与える影響について調査するよう指示した。この研究は、少なくとも2000年までを見通し、人口増加に関するいくつかの合理的な代替予測を用いるべきである。 各予測について、以下の点を評価すべきである:

  • 特に貧しい国々における、対応する発展のペース;
  • 米国の輸出、特に食糧に対する需要と、資源をめぐる競争から米国が直面する可能性のある貿易問題。
  • 人口増加や不均衡が、破壊的な対外政策や国際的不安定性をもたらす可能性。

この研究は、生態学的、社会学的、その他の側面よりも、人口増加が国際政治・経済に与える影響に焦点を当てるべきである。 その上で、米国が海外で人口問題に対処する際にとりうる行動方針を提示する。 そして、米国が海外、特に発展途上国の人口問題に対処する上で可能な行動指針を、以下の質問に特別な注意を払いながら提示する:

  • 人口問題に国際的な関心を集中させるために、米国による新たな取り組みが必要であるとすれば、それはどのようなものか。
  • 技術革新や開発によって、人口増加を抑えたり、その影響を緩和したりすることは可能か。
  • もしそうであれば、どのような形で、どのような機関(二国間、多国間、民間)を通じて、米国は人口分野における援助を改善することができるのか。

この調査は、人口政策は個人の尊厳に密接に関わる人間の問題であり、米国の目的は、他国に見解を押し付けるのではなく、他国と緊密に協力することである、という大統領の懸念を考慮に入れるべきである。 大統領は、この研究をNSC次官級委員会によって達成するよう指示した。次官級委員会の委員長は、1974年5月29日までに、委員会の行動勧告とともにこの研究を大統領による検討のために提出するよう要請される。

ヘンリー・A・キッシンジャー

cc: 統合参謀本部議長

 


 

———————————————————-

NSSM 200:

世界の人口増加の意味

米国の安全保障と海外利益への影響

1974年12月10日

ハリー・C・ブレイニー3世による機密扱い

大統領令11652の一般機密解除スケジュールに従い、2年ごとに自動的に格下げされ、1980年12月31日に機密解除される。

この文書はホワイトハウスによってのみ機密解除される。

機密解除/1989年7月3日リリース
———–
E.O.12356の規定に基づく
国家安全保障会議 F.グラボスケ著


 

目次

要旨 65 (読者:第1部と第2部については付録2を参照のこと)

第一部 分析編

——– 第一章 世界の人口動向

  • 第二章 人口と世界の食糧供給
  • 第三章 鉱物と燃料
  • 第四章 経済発展と人口増加
  • 第五章 国家安全保障に対する人口圧力の影響
  • 第六章 世界人口会議

第二部 政策提言

——– 第一節 米国の世界人口戦略

  • 第二節 少子化の条件を作り出すための行動 人口と開発援助戦略
  • A. A.I.D.援助の一般的戦略と資源
  • B. 少子化条件を整えるための機能的支援プログラム
  • C. 平和のための食糧計画と人口
  • 第III節 国際機関とその他の多国間人口プログラム
  • A. 国連機関および専門機関
  • B. 民間組織の奨励
  • 第IV章 家族計画サービス、情報、技術の提供および開発
  • A. 受胎調節技術を向上させるための研究
  • B. 低コストの提供システムの開発
  • C. 家族計画のためのマスメディアおよび衛星通信システムの活用
  • 第V節 人口安定に対する世界的な政治的・民衆的コミットメントを発展させるための行動

エグゼクティブ・サマリー

世界の人口動態

1. 第二次世界大戦以降の世界の人口増加は、人類史上、量的にも質的にも、これまでのどの時代とも異なっている。第二次世界大戦前は約1%、1750年から1900年までは0.5%以下、1750年以前はもっと低かった。その結果、世界人口は100年ではなく35年で2倍になった。1900年には1,000万人だった人口が、今では毎年8,000万人近く増えている。

2. 人口動向の2つ目の新たな特徴は、富裕国と貧困国の間の急激な差別化である。1950年以降、前者の人口は年率0~1.5%、後者は2.0~3.5%で増加している(20~35年で倍増)。最も高い増加率を示しているのは、すでに人口密度が高く、資源基盤の弱い地域である。

3. 人口動態には勢いがあるため、出生率の低下は総数にゆっくりとしか影響しない。近年の出生率の高さは、若年層の人口比率の高さにつながっているため、将来的に2人家族が主流になったとしても、長年にわたって大幅な人口増加が続くことになる。少子化対策が総人口に大きな影響を及ぼすのは、数十年後のことである。しかし、将来の人口を合理的な範囲内に抑えるには、少子化対策を1970年代から1980年代にかけて開始し、効果を上げることが急務である。さらに、出生率を低下させるために今すぐ開始されるプログラムは、開発途上国にとって、食糧、保健、教育、その他のサービスに対する需要を低下させ、生産的投資に貢献する能力を拡大させ、その結果、開発を加速させるという短期的な利点をもたらす。

4. 国連の推計では、1970年の人口36億人(現在の人口は40億人近く)を基準として、2000年の人口を約60億人から80億人と予測しており、米国の中位推計は64億人である。米国の中位推計では、2075年の世界人口は120億人となり、東アジアが2倍、現在の先進国が40%増加するのに対し、南アジアと東南アジア、ラテンアメリカは5倍、アフリカは7倍に増加することになる(表1参照)。国連や米国人口評議会を含むほとんどの人口学者たちは、100億から130億の範囲が、少子化対策に集中的に取り組んだとしても、世界人口が安定する最も可能性の高い水準であると考えている。(これらの図は、飢饉による制限を避けるために十分な食糧が生産され、分配されることを前提としている)。

世界食糧供給の公平性

5. 人口の増加は、特に最貧で最も急速に成長しているLDCにおける食糧需要に深刻な影響を与える。通常の気象条件の下で、最近のトレンドに沿った食糧生産の伸びを仮定すれば、世界の総農業生産は人口を上回るペースで拡大する可能性があるが、それでも食糧の流通と資金調達には深刻な問題が生じ、人口の多いLDCの多くの地域では、現在の栄養水準でも不足が生じる可能性がある。現在でも、毎年1,000万人から2,000万人が栄養失調によって直接的または間接的に命を落としている。さらに深刻なのは、時折起こりうる大凶作の結果である。

6. 短期・中期的に最も深刻なのは、世界の特定の地域、特に最貧地域で大規模な飢饉が発生する可能性である。入手しやすい肥料と水利の良い土地がすでにほとんど利用されている時期に、世界の食糧需要は年間2~1.5%以上増加する(食生活と栄養状態の改善に対する適度な手当をする)。したがって、食糧生産量の増加は、主に収量の増加からもたらされなければならない。人口が大幅に増加している国々は、輸入を絶えず増加させる余裕はないが、今後1~2世代にわたって食糧生産量を2~4%着実に増加させることは、手ごわい挑戦である。集約的農業に必要な資本と外貨は莫大であり、エネルギーコストの上昇や肥料の不足と価格上昇によって悪化する。伝統的農業を変革するための制度的、技術的、経済的問題も、克服するのが非常に困難である。

7. さらに、人口過密地域の一部では、人口の急激な増加が、長期的な食糧生産を脅かすような形で、脆弱な環境を圧迫している。限界地の耕作、過放牧、砂漠化、森林伐採、土壌浸食、それに伴う土地の破壊と水の汚染、貯水池の急速な沈泥、内陸および沿岸漁業の障害などである。

鉱物と燃料

8. 人口急増は、それ自体、枯渇性資源(化石燃料やその他の鉱物)に対する圧力の大きな要因ではない。一方、世界は発展途上国からの鉱物供給への依存度を高めており、急速な人口増加によって途上国の経済発展や社会進歩の見通しが挫折すれば、その結果生じる不安定さが、生産量の拡大やこうした資源の持続的な流入の条件を損なう可能性がある。

9. 急速な人口増加に伴い、最貧国の一部には深刻な問題が生じるだろう。必要な原材料やエネルギーの代金を支払うことがますます難しくなる。自国の農業生産に不可欠な肥料は、今後数年間は入手が困難になるだろう。燃料やその他の原材料の輸入は、より大きな財政支援の必要性と、輸出価格の上昇を通じてより良い貿易条件を得ようとするLDCの努力の両方を通じて、米国に打撃を与えかねない重大な問題を引き起こすだろう。

経済発展と人口増加

10. 急速な人口増加は、本来達成可能な経済発展率に深刻な足かせを与え、時には一人当たり所得の増加を妨げるほどである。一人当たり所得への全体的な影響に加え、急速な人口増加は、LDCsの社会的・経済的進歩にとって重要な、生活の質に関するその他の広範な側面に深刻な影響を及ぼす。

11. 一般的に急激な人口増加がもたらす経済的な悪影響には、以下のようなものがある:

  • 家族の貯蓄と国内投資の減少;
  • 食糧輸入のための多額の外貨の必要性の増大;
  • 深刻な失業と不完全雇用の激化;
  • 扶養支援、教育、保健など、本来ならもっと生産的な投資に使われるはずのサービスに多額の支出が必要になる;

より少ない総人口の生活条件の改善よりも、より多くの人口の生存を確保するための食糧増産に開発資源が集中する。

12. 過去10年間、LDCsのGNPは年平均5%の割合で増加したが、人口が2.5%増加したため、一人当たりの年平均成長率はわずか2.5%にとどまった。多くの人口の多い地域では、この割合は2%以下であった。石油危機で最も大きな打撃を受けたLDC(総人口8億人)では、1970年代の残りの期間、GNPの伸びは1人当たり年1%未満になる可能性がある。これらの国々の人口のうち、平均所得が100ドル未満の最貧困層の半数については、この期間、成長も後退も見込めない。

13. 人口増加の鈍化に大きな進展が見られれば、GNPと1人当たり所得の成長にプラスの影響が大きくなる。さらに、経済と社会の進歩は、おそらく出生率の低下にさらに寄与するだろう。

14. 出生率の高さは、主に以下から生じていると思われる:

  • a. 不妊治療の手段に関する情報が不十分であり、またその手段も利用できない;
  • b. 子供の数を減らす動機付けが不十分で、乳幼児や子供の死亡率が依然として高いことや、老齢期の扶養の必要性から、多くの子供を産む動機付けが組み合わされている。
  • c. 環境の変化に対する家族の嗜好の変化の遅さ

15. 世界の生活水準を向上させるという普遍的な目的は、経済成長が人口増加を上回ることを規定している。世界の人口増加率の高い地域の多くでは、GNPの最大の割合が消費され、貯蓄されるのはわずかである。そのため、経済成長の「エンジン」である投資に使えるGNPの割合は少ない。ほとんどの専門家は、受諾者一人当たりの費用がかなり一定しているため、効果的な家族計画サービスへの支出は、全体的な福祉と一人当たりの経済成長を改善しようとするLDC諸国にとって、一般的に最も費用対効果の高い投資の一つであることに同意している。というのも、ほとんどの開発途上国では、少子化には何十年もかかることは間違いなく、その間、急激な人口増加は開発を遅らせ、貧富の差をさらに拡大する傾向にあるからである。

16. 開発と人口増加の相互関係は複雑で、完全には理解されていない。経済発展と近代化のある側面は、他の側面よりも出生率の低下と直接的な関係があるように見える。したがって、ある種の開発プログラムは、他の開発側面よりも少子化への人口学的移行を早める可能性がある。世界人口会議で採択された世界人口行動計画では、出生率に影響を与えようとする国々は、出生率に決定的な影響を与える開発プログラムや保健・教育戦略を優先すべきであると勧告している。国際協力は、このような各国の努力を支援することを優先すべきである。このようなプログラムには以下が含まれる: (a)子どもの死亡率を低下させるための保健ケアと栄養の改善、(b)女性の教育と社会的地位の向上、(c)女性の雇用の増加、(d)老齢保障の改善、(e)一般に出生率が最も高い農村部の貧困層に対する支援であり、個人所有農場の提供を含む所得と資源の再分配を行う。しかし、具体的な大規模な運営プログラムとの関係を特定するだけでは話を進めることはできない。例えば、特に男性の失業を増やさないことを重視するのであれば、女性の雇用拡大を促す費用対効果の高い方法はまだわかっていない。多くの状況において、具体的にどのようなプログラム・パッケージが最も費用対効果が高いのかも、まだわかっていない。

17. 「供給」と「需要」の両側面における様々なアプローチの費用効果について、より多くの情報が必要である。供給面では、1980年までに、特に農村部において、すべての妊娠可能な人が避妊に関する情報と手段を完全に利用できるようにするために、強力な努力が必要である。農村部の貧困層に最も受け入れられ、使用可能な避妊方法の改善も必要である。需要面では、さらなる実験と実施行動プロジェクトやプログラムが必要である。特に、出生率が最も高いことが多い最貧困層のモチベーションについて、より多くの研究が必要である。支援プログラムは、従来よりもこのグループに的を絞ったものでなければならない。

18. LDCの農村部の貧困層が、家族の人数を減らすことのメリットがコストを上回ると思われる程度まで状況が改善されるまでは、希望する家族の人数は代替水準近くまで減少することはないだろう。LDCで急成長している都市部の人々にとって、多すぎる子どもを持つことの負債はすでに明らかになりつつある。人口増加の抑制を大きく前進させるためには、援助を受ける側も援助する側も、開発と貧困層の生活の質の向上を重視しなければならない。これは主に他の理由から採用されたものであるが、AIDの法律が貧困層の問題に新たに重点を置いていること(これは、他の援助国や、増加するLDCが政策の重点を変えていることと同じである)は、少子化対策に必要な条件に直接関係している。

人口要因の政治的影響

19. LDCにおける現在の人口要因の政治的影響–急速な成長、国内移動、若年層の高い割合、生活水準の改善の遅れ、都市への集中、外国人移住への圧力–は、米国がその進歩に関心を持つ国々の国内安定と国際関係に損害を与え、その結果、米国にとって政治的、あるいは国家安全保障上の問題を引き起こす。

20. 急激な人口増加によって、田舎から膨れすぎた都市への国内移住のペースが大幅に強まっている。行政、衛生、教育、警察、その他のサービスのために、LDC政府に莫大な負担がかかり、都市のスラム住民(最近の移住者ではないらしいが)は、政治的安定を脅かす不安定で暴力的な力として機能する可能性がある。

21. こうした要因や関連する要因によって生み出され る社会経済的な悪条件が、子どもの遺棄、少年非行、慢性 的で増大する不完全雇用と失業、小窃盗、組織的な山賊行為、 食糧暴動、分離主義運動、共同体の虐殺、革命行動、 反革命的クーデターの高い水準と増加の一因となっている可能 性がある。このような状況は、これらの地域の経済成長を高めるために不可欠な外国資本の誘致に必要な環境も損なう。このような状況が外国の利益を収奪することにつながるのであれば、そのような行動は、経済的観点から見て、投資国にとっても受入国政府にとっても最善の利益とはならない。

22. 国際関係においては、発展途上地域における暴力的紛争において、人口要因は極めて重要であり、しばしばその決定要因となる。主に政治的な観点から捉えられている紛争は、人口学的な根を持つことが多い。このような関係を認識することは、このような敵対行為を理解し、防止する上で極めて重要である。

人口急増に対処するための一般的目標と要件

23. 1974年の世界人口政策にとって中心的な問題は、人類が最終的に120億から150億の人口–中国以外のほとんどすべての低開発世界では5倍から7倍の増加を意味する–を目指す軌道にとどまるのか、それとも(人口増加の勢いにもかかわらず)最も早く実現可能な人口安定の路線–最終的に80億から90億の合計を意味し、どの主要地域でも3倍から4倍を超えない増加–に切り替えられるのかということである。

24. その賭けとは何か?技術の発展によって、21世紀に80億人、まして120億人以上の人口を養うことが可能になるかどうかはわからない。今後10年間の気候変動が、増大する人口、特にますます限界的で脆弱な条件下で暮らすLDCsの人々に食糧を供給する上で大きな困難を生じさせないかどうか、完全に確信することはできない。少なくとも、現在の状況は、世界の多くの地域にとってマルサス的な状況を指し示している可能性がある。

25. しかし、仮にこのような多くの人々の生存が可能であったとしても、良い年には最低限の栄養を供給するためにあらゆる努力が払われ、悪い年には世界の人口が少なく豊かな国々からの緊急救援活動に完全に依存するような、むき出しの生存になる可能性が高い。短期的に見れば–現在から2000年までの間に–、この2つのコースの違いは、永久的な貧困と所得格差の拡大に対して、混雑した貧困地域で何らかの物質的な利益を得たり、富裕層と貧困層の間の1人当たり国内所得の相対的な配分を改善したりすることである。また、人口増加を遅らせるための、より精力的な努力は、栄養失調や飢餓という甚大な悲劇が、深刻な慢性的状態にとどまるかどうかという、非常に大きな違いを意味する。

政策提言

26. 人口問題を「解決」する唯一の方法はない。複雑な社会的・経済的要因が絡んでいるため、二国間および多国間の要素を含む包括的な戦略が必要である。同時に、行動やプログラムは特定の国やグループに合わせたものでなければならない。とりわけ、LDCs自身が成功のために最も重要な役割を果たさなければならない。

27. 人口増加を緩やかにするためには、二国間援助国と多国間組織間の調整が不可欠である。世界的な成果を得るためには、それぞれの努力が必要である。

28. 人口分野における世界の政策とプログラムには、2つの主要な目標を盛り込むべきである:

(a)21世紀半ばまでに、大規模な飢餓や発展への希望が完全に挫折することなく、60億人までの継続的な人口増加に対応するための行動。

(b)人口が100億、130億、あるいはそれ以上に達することを許容するのではなく、究極的なレベルを80億にできるだけ近づけるための行動

29. この分野での具体的な目標を述べるのは難しいが、われわれの目標は、2000年頃までに、世界が代替可能なレベルの出生力(平均2人家族)を達成することである[強調表示]。そのためには、現在の2%の成長率を10年以内に1.7%に、2000年までに1.1%に低下させる必要がある。国連中位計画の予測と比較すると、この目標は2000年に5億人、2050年には約30億人の人口減少をもたらすことになる。この目標を達成するには、人口プログラムを大幅に強化する必要がある。この世界目標を達成するための各国の人口増加抑制目標を策定するための基礎は、世界人口行動計画に含まれている。

30. 世界人口行動計画は自己強制的なものではなく、実効性を持たせるためには、関心を持つ国々、国連機関、その他の国際機関による精力的な努力が必要である。米国のリーダーシップが不可欠である。戦略には、以下の要素と行動が含まれなければならない:

(a) 主要国に集中する。人口節減のための援助は、米国の政治的・戦略的関心が特に高い、最大かつ急成長している発展途上国に第一義的な重点を置くべきである。これらの国々は以下の通りである: インド、バングラデシュ、パキスタン、ナイジェリア、メキシコ、インドネシア、ブラジル、フィリピン、タイ、エジプト、トルコ、エチオピア、コロンビアである。これらの国を合わせると、現在の世界の人口増加の47%を占めることになる。(現在のところ、これらの国々に対するAIDの二国間援助は受け入れられないかもしれないことを認識すべきである)。二国間援助は、人口増加、対外援助の必要性、米国の長期的利益、自助努力への意欲などの要素を考慮し、資金が利用可能な範囲で、他の国々に行われる。多国間プログラムは必然的に広い範囲をカバーしなければならず、他の国の援助国の二国間プログラムは、それぞれの国の特定の関心に合わせて形成されることになる。同時に、米国は多国間機関、特にすでに80カ国以上でプロジェクトを展開している国連人口活動基金に期待し、米国の拠出金を増額して、より広範な人口援助を拡大する。これは米国の利益という観点からは望ましいことであり、国連の政治的観点からも必要なことである。しかし、それにもかかわらず、重要な13項目で前進を遂げなければならず、わが国の限られた資源はそれらに大きな重点を置くべきである。

(b) 人口要因と人口プログラムを国の開発計画に組み込む。世界人口行動計画で求められているように、開発途上国および開発途上国を援助する国々は、国家計画において人口要因を特に考慮に入れ、そのような計画に人口プログラムを含めるべきである。

(c) 家族計画サービス、情報、技術に対する援助の拡大。これは世界人口計画にとって不可欠な側面である。(1) 現在の技術に基づく家族計画に関する情報および資料は、主要なLDCsの人口の85%、すなわち出生率の最も高い農村部の貧困層が、できるだけ早く完全に利用できるようにすべきである。(2) 簡単で、低コストで、効果的で、安全で、長持ちし、受け入れられやすい不妊治療の方法を目指して、基礎的・開発的研究を拡大すべきである。この分野の生物医学研究に対するすべての連邦政府機関による支援を、毎年6,000万ドル増額すべきである。

(d) 少子化を助長する条件を作り出す。それ自体の利点と「世界人口行動計画」の勧告に合致することから、一般援助プログラムでは、家族の人数を減らす動機付けを高めることが最も期待できる分野の選択的開発政策を優先すべきである。多くの場合、パイロット・プログラムや実験的研究が、後の大規模な取り組みの指針として必要となる。優遇分野には以下のようなものがある:

    • 最低限の教育を、特に女性に提供する;
    • 乳幼児死亡率の削減(簡単な低コストの医療ネットワークによるものも含む);
    • 特に女性の賃金雇用を拡大する;
    • 老後の保障として、子どもに代わるものを開発する;
    • 特に農村部における最貧困層の所得を増加させる(個人所有の農場を提供することを含む);
    • 少人数家族の望ましいあり方について、新しい世代を教育する。

AIDは、少子化につながる新たな主要な社会経済的要因の相対的重要性に関する情報を持っているが、どのような費用対効果の高いプログラムや政策が少子化につながるかを見極めるためには、さらに多くの調査と実験を行う必要がある。

(e)食糧・農業支援は、人口に配慮した開発戦略にとって不可欠である。不足時に、増加する人口に十分な食糧を供給することは極めて重要である。LDCsにこのようなプログラムがなければ、不足が紛争につながり、人口目標や開発努力に悪影響を及ぼす可能性がかなりある。具体的な提言は、本研究のセクションIV(c)に含まれている。

(f) 人口の安定化に対する世界的な政治的・民衆的コミットメントの構築は、効果的な戦略の基本である。そのためには、主要なLDC指導者の支援とコミットメントが必要である。これは、彼らが無制限な人口増加がもたらす悪影響をはっきりと認識し、政府の行動によってこの問題に対処することが可能であると信じる場合にのみ行われる。米国は、LDCの指導者たちが、多国間組織内でも、他のLDCとの二国間接触を通じても、家族計画と人口安定化を率先して推進するよう奨励すべきである。そのためには、大統領と国務長官が人口増加抑制というテーマを最重要事項として扱い、他国政府、特にLDCの指導者たちとの定期的な接触において、具体的に取り上げることが必要である。

31. 1974年8月の国連世界人口会議において137カ国のコンセンサスによって採択された世界人口行動計画および決議は、理想的なものではないが、人口/家族計画プログラムの世界的システムを発展させるための優れた枠組みを提供するものである[強調]。(行動計画は付録1に掲載されている)私たちはこの枠組みを利用して、成長率を下げるための全面的な努力に対する国連機関や各国の指導力を生み出すべきである。米国による建設的な行動は、私たちの目標をさらに前進させる。そのために、われわれは次のことを行うべきである:

(a) 「世界人口行動計画」を強力に支持し、その適切な条項を国家プログラムやその他のプログラムに採用する。

(b) 2000年までに、DCとLDCsの代替出生力レベルを含む具体的な人口目標を国家プログラムに採用するよう促す。

(c)米国で適切な準備をした後、現在の国民平均出生率を置換レベル以下に維持し、2000年までにほぼ安定した出生率を達成するという米国の目標を発表する[強調]。

(d) ブカレストで米国代表団が提案したように、生物医学的および社会経済的要因を網羅する、ヒトの生殖と受胎調節に関する各国の研究プログラムの国際協力戦略を開始する。

(e) ブカレストでの我々の申し出に基づき、関心のある他の援助国や国連