政治的権威の問題
強制する権利と服従する義務に関する一考察

アナーキズムレジスタンス・抵抗運動市民的不服従・納税拒否民主主義・自由社会問題

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

The Problem of Political Authority

政治的権威の問題

ミヒャエル・ヒュメアによるも

マイケル・ヒュメア

コロラド大学ボルダー校

目次

  • 分析的内容
  • 図リスト
  • 序文
  • 第Ⅰ部権威の幻想
    • 1 政治的権威の問題
    • 2 伝統的社会契約論
    • 3 仮説的社会契約論
    • 4 民主主義の権威
    • 5 帰結主義と公平性
    • 6 権威の心理学
    • 7 権威がなければどうなるだろうか?
  • 第Ⅱ部権威のない社会
    • 8 社会理論の評価
    • 9 捕食の論理
    • 10 無国籍社会における個人の安全保障
    • 11 刑事司法と紛争解決
    • 12 戦争と社会的防衛
    • 13 民主主義から無政府状態へ
  • 参考文献
  • 索引
  • 分析的内容

内容紹介

第1部 権威の幻想

1 政治的権威の問題

1.1 政治的譬え

国家に類似した行為を行う私人は、強く非難されるであろう。国家が非難されないのは、それが「権威」を持っていると考えられているからだ。

1.2 権威の概念:最初のパス

政治的権威には、政治的義務と政治的正当性の両方が含まれる。

1.3 行為対代理人:権威の必要性

政府に対する態度と自警団に対する態度の違いは、その行為の違いではなく、代理人の違いを認識したことに起因する。

1.4 強制の意義と権威の到達点

強制が倫理的に重要であるため、権威に関する説明が必要である。多くの政府政策は権威への信頼に依存している。

1.5 権威の概念:二度目のパス

一般性、特殊性、内容的独立性、包括性、至高性という5つの条件を含むのが、通常の権威の概念である。

1.6 方法論についてのコメント

政治哲学への最良のアプローチは、常識的な道徳的判断から推論することである。

1.7 本書の計画

第1部部では、国家がなぜ権威を欠いているのかを説明する。第2部部では、権威のない社会がどのように機能しうるかを説明する。読者は、単にその急進的なテーゼのために本書を否定してはならない

2 伝統的な社会契約論

2.1 社会契約説の正統性

社会契約説は、市民が国家に服従し、国家が市民を保護することを要求する契約を仮定する。

2.2 明示的社会契約説

このような契約が明示的に受け入れられたというのは、もっともらしい話ではない。

2.3 暗黙の社会契約説

私たちは、自分の行動を通じて、暗黙のうちに社会契約を受け入れているとする説がある。

2.4 有効な契約の条件

有効な契約は、4つの原則を満たしている。(1) 有効な同意にはオプトアウトする合理的な方法が必要である(2) 明確な反対意見は疑惑の暗黙の同意に勝る(3) ある行動が合意の伝達としてとられうるのは、その行動をとらなければその合意が自分に課されなかったと代理人が信じている場合に限られる(4) 契約上の義務は相互に、条件付きである。

2.5 社会契約は有効か?
2.5.1 オプトアウトの難しさ

権利を放棄することなく、社会契約から脱退する方法はない。

2.5.2 明確な反対意見を認めないこと

国家は、社会契約に対する明示的な拒否を認めない。

2.5.3 無条件の押しつけ

社会契約とされるものは、市民が何をしようがほとんど関係なく押しつけられる。

2.5.4 相互義務の不存在

国家は個人に対するいかなる義務も公式に放棄している。

2.6 結論

伝統的な社会契約論は破綻している。

3 仮説的社会契約説

3.1 仮説的同意からの議論

哲学者の中には、市民が何らかの仮想的なシナリオにおいて社会契約に同意するだろうという主張に政治的権威を基づかせようとする者がいる。

3.2 通常の倫理学における仮説的同意

仮説的同意は実際の同意が得られない場合にのみ有効であり、仮説的同意は当事者の実際の哲学的信条や価値観と一致する。

3.3 仮説的同意と合理性
3.3.1 合理性の証拠としての仮定の合意

仮説的合意は政治的取り決めが合理的であることを示すと主張する者がいる。

3.3.2 合意に達することができたか?

すべての合理的な人が社会契約について合意できると考える理由はない。

3.3.3 仮説的同意の妥当性

契約の合理性は、当事者がそれを受け入れることを義務づけるものでも、当事者にそれを強制することを許容するものでもない。

3.4 仮定的同意と倫理的制約
3.4.1 権威の説明としてのロールズの契約論

最も影響力のある政治哲学者であるジョン・ロールズは、仮説的社会契約説を提唱している。

3.4.2 合意に達することができたか?

ロールズの仮説的シナリオにおいて合意に達することができると考える理由はない。

3.4.3 仮説的同意の有効性、その1:公正な結果へのアピール

契約の公正さは、当事者がそれを受け入れることを義務づけるものでも、そうすることを強制することを許容するものでもない。

3.4.4 仮説的合意の妥当性(その2):信頼できる道徳的推論のための十分条件

ロールズのシナリオは、信頼できる道徳的推論のための十分条件ではなく、いくつかの必要条件を具現化したものである。十分条件とは、完全で正しい価値観を必要とするものである。

3.4.5 仮説的同意の妥当性、その3:信頼できる道徳的推論のための必要条件

ロールズは、どの競合理論も許容可能な道徳的推論のための彼の必要条件を満たさないことを示すことができない。

3.5 結論

仮説的同意は社会契約説を救うことはできない。

4 民主主義の権威

4.1 ナイーブな多数決主義

常識的な道徳では、多数決は順守する義務や強制する権利を発生させない。

4.2 熟議民主主義と正統性
4.2.1 熟議民主主義という考え方

ジョシュア・コーエンは、民主主義社会における理想的な熟議の条件を明確にしている。

4.2.2 ファンタジーとしての討議型民主主義

コーエンの条件を満たす現実の社会はない。

4.2.3 熟議の無関連性

たとえコーエンの条件が満たされたとしても、権威を根拠づけることはできない。いかなる審議過程も、強制に対抗する個人の権利を消し去るには不十分である。

4.3 平等と権威
4.3.1 平等からの議論

トマス・クリスチャーノは、政治的義務を、平等を支持し他者の判断を尊重するという正義の義務から導き出す。

4.3.2 不条理に厳しい正義の理論?

クリスティアノの正義の概念は、政治的義務を生み出すには、不条理なほど厳しいか、弱すぎるかのどちらかでなければならない。

4.3.3 服従を通じた民主主義の支持

法律への服従は民主主義を支持する意味のある方法ではない。

4.3.4 民主的な平等は唯一無二の公共性か?

平等という価値の民主的解釈は、一意的に公に実現できるものではない。多くの平等の解釈が公に実現できるのか、それともどれも実現できないのか、どちらかである。

4.3.5 他者の判断の尊重

他人の判断が事実上欠陥のあるものであることを知っている場合、他人の判断を尊重する義務はない。

4.3.6 強制と他者を目下の者として扱うこと

国家は、その意思に従うことを市民に強制することによって、市民を目下の者として扱う。

4.3.7 義務から正統性へ?

平等を支持し、他者の判断を尊重する義務は、強制的に執行することが適切であるような種類の義務ではない。

4.4 結論

民主的プロセスは、その結果に権威を付与するものではない。

5 帰結主義と公平性

5.1 政治的義務に対する帰結主義者の議論
5.1.1 政治的義務に関する帰結主義者の主張の構造

国家への服従によってのみ促進できる特定の大きな財を促進する義務があると主張する者がいる。

5.1.2 政府の利益

政府は犯罪者や外国政府から私たちを守り、社会協調のための一貫したルールを提供する。

5.1.3 善を行う義務

最小限のコストで非常に悪いことを防ぐことができる場合、人はそうすべきなのである。

5.1.4 個人の冗長性の問題

個人の服従は、国家が重要な社会的便益を提供する能力に影響を与えない。

5.2 ルール結果主義

みんながやったら悪いからという理由だけで、何かをすることは間違いではない。

5.3 公平性
5.3.1 政治的義務に関する公平性理論

不服従は他の市民にとって不公平であるため、人は法に従わなければならないと主張する者がいる。

5.3.2 政治的財貨のコストとしての服従

多くの法律において、服従は国家がその存在を正当化するとされる重要な便益を提供する能力とは関係がない。

5.3.3 反対論者の政治的義務

ある政策に反対する者が、それに協力することを拒否しても、不公平な行動をとることはない。

5.3.4 特殊性と代替財の問題

代わりにもっと社会的に有益なことができるのであれば、法律に従う必要はない。

5.4 正統性の問題
5.4.1 正統性の結果論的説明

国家が個人を強制することができるのは、そうすることが偉大な財を達成するために必要だからである、と主張する者がいる。

5.4.2 包括性と内容非依存性

帰結主義者の議論は、狭い範囲の正しい政策の押しつけを正当化することしかできない。

5.4.3 至高性

帰結主義者の議論は、なぜ非国家主体が国家と同じことをする権利がないのか、またなぜ国家に対して強制力を行使してはならないのかを説明することができない。

5.5 結論

帰結主義や公平性に基づく議論は、政治的権威を確立するものではない。

6 権威の心理学

6.1 心理学の関連性
6.1.1 この本は危険か?

権威への信仰を損なうことは危険であるという考え方もある。

6.1.2 民衆の意見に訴えること

権威の否定は常識的な政治的信条から離れすぎていて、まともに相手にされないという考え方もある。

6.2 ミルグラムの実験
6.2.1 実験の設定

ミルグラムは、被験者が無力な他者に電気ショックを与えるよう命じられる実験を考案した。

6.2.2 予測

ほとんどの人は、被験者が実験者の命令に逆らうと予想している。

6.2.3 結果

3分の2の被験者が、明らかに致死的なショックを与えるところまで完全に従った。

6.2.4 服従の危険性

この実験から、権威を信じることは非常に危険であることがわかる。

6.2.5 権威に関する意見の信頼性のなさ

この実験はまた、人々が強い親権者バイアスを持つことを示している。

6.3 認知的不協和

人々は権威に関する理論を考案することで、国家に対する自らの服従を合理化しようとすることがある。

6.4 社会的証明と現状維持バイアス

人々は一般的に信じられている信念や自分たちの社会の慣習に偏る。

6.5 政治的美学の力
6.5.1 シンボル

国家は自らの権力と権威について感情的かつ美的感覚を生み出すためにシンボルを用いる。

6.5.2 儀式

儀式も同様の機能を果たす。

6.5.3 権威ある言語

法律用語や一部の政治哲学者の言葉は、権威に対する尊敬の念を促すのに役立っている。

6.6 ストックホルム・シンドロームと権力のカリスマ性
6.6.1 ストックホルム・シンドローム(Stockholm Syndrome)現象

ストックホルム銀行強盗事件のように、誘拐された被害者が誘拐犯と感情的な結びつきを持つことがある。

6.6.2 ストックホルム症候群はなぜ起こるのか?

この症候群は防衛的なメカニズムである可能性がある。

6.6.3 ストックホルム症候群はいつ発症するだろうか?

ストックホルム症候群が最も起こりやすいのは、深刻な脅威をもたらす他人の権力下にあるとき、逃げられない、あるいは捕獲者を制圧できないとき、捕獲者が何らかの慈悲の兆候を示したとき、そして外界から隔離されたときである。

6.6.4 一般市民はストックホルム症候群になりやすいか?

政府の臣民はストックホルム症候群の発症条件を満たし、その症状もいくつか見られる。

6.7 権力の濫用に関するケーススタディ
6.7.1 ミライの再来

ミライの虐殺では、兵士はただ命令に従っただけであった。村人を助けた一人の兵士は裏切り者として酷評された。

6.7.2 スタンフォード監獄実験

有志が刑務所生活の模擬実験に参加した。看守は囚人に対して次第に虐待的になっていった。

6.7.3 SPEの教訓

権力は、人に苦痛と屈辱を与えるように仕向ける。堕落していない人は、堕落している人を抑制することはほとんどできない。

6.8 結論 幻想の解剖学

権威に対する一般的な信念は非合理的なバイアスの産物である。権威を信じることは社会的に有害である。

7 権威が存在しないとしたらどうなるだろうか?

7.1 いくつかの政策的含意
7.1.1 売春と法的モラリズム

もし権威がなければ、売春を禁じる法律のような法的モラリズムは正当化されない。

7.1.2 麻薬とパターナリズム

薬物法の場合のような法的パターナリズムは不当である。

7.1.3 レントシーキング

レントシーキングに動機づけされた法律は明らかに不当である。

7.1.4 移民

入国規制は不当である。

7.1.5 個人の権利の保護

個人の権利を保護する法律は正当化される。

7.1.6 課税と政府財政

課税は、政府財政の自発的な方法が実行不可能であることが判明した場合にのみ、正当化される。

7.2 貧困層への援助の場合
7.2.1 生活保護と溺れる子供たち

緊急時に第三者を助けることを誰かに強制することが許される場合がある。この原則は、政府の社会福祉計画を正当化するために使われるかもしれない。

7.2.2 反貧困プログラムの有用性

政府の反貧困プログラムが全体として有益だろうかどうかは議論の余地がある。

7.2.3 貧困プログラムは適切に対象を絞っているだろうか?

政府の反貧困プログラムは他国の極度に困っている人々の利益を無視して、自国の少し困っている人々に焦点を当てるものである。

7.2.4 類似性の衝突:溺れる子供と慈善団体による強盗事件

政府の社会保障制度は、溺れる子供を助けるために見知らぬ人を無理やり助けることよりも、慈善のためにお金を集めるために人を襲うことのほうに類似性がある。

7.2.5 前述の議論が間違っている場合

たとえ前述の議論が間違っていたとしても、国家は私人よりも大きな権利を持たないので、貧しい人々への援助のケースは政治的権威を支持しない。

7.3 国家の代理人への示唆

政府の職員は不当な法律の実施を拒否すべきである。

7.4 私人への影響
7.4.1 不従順な人々を賞賛して

不当な法律に対する市民的不服従は正当化される。

7.4.2 処罰を受けることについて

不服従者は可能な限り罰を免れるべきである。

7.4.3 暴力的な抵抗について

暴力的な抵抗は通常、その目的を達成することなく罪のない人々に害を与えるので、通常は不当である。

7.4.4 陪審員無効の擁護について

陪審員が不正な法律のもとで被告人を有罪にするのは道徳的に間違っている。

7.5 規則崇拝を支持する反対意見
7.5.1 誰もが自分の思い通りにしてよいのか?

権威の否定は、個人が望むことや正しいと思うことを何でもしてよいということを意味しない。

7.5.2 手続き対実体

法律への従順のための純粋に手続き的な基準は必要ない。不服従の妥当性を評価するためには、実質的な道徳的原則に依拠する必要がある。

7.5.3 社会秩序を弱体化させるだろうか?

社会秩序の崩壊をもたらすというよりも、権威に対する懐疑が広まることで、より自由で公正な社会が実現する可能性が高いだろう。

7.5.4 コンテンツ非依存の原則がもたらすもの

いかなる大規模な制度も、すべての道徳的誤りを回避することは期待できない。しかし、組織が時折誤りを犯す権利があるという見方をすれば、そのような誤りはより頻繁に発生することになる。

7.6 控えめなリバータリアン的基盤

私たちはリバタリアンの結論を、議論を呼ぶような理論的前提からではなく、常識的な道徳から導き出した。

第2部 部権威なき社会

8 社会理論の評価

8.1 社会理論の合理的評価に関する一般的見解
8.1.1 合理的な評価は比較的である

ある社会システムが絶対的に良いかどうかではなく、代替案よりも優れているかどうかを問うべきである。

8.1.2 合理的評価は包括的である

一つの問題に焦点を当てるのではなく、システムの全体的な利点を考慮すべきである。

8.1.3 政府の多様性と無政府状態

最良の形態の政府と最良の形態の無政府状態を比較すべきである。

8.1.4 現状維持バイアスに反対する

私たちは、社会的現状を支持するバイアスを避けるべきである。

8.2 人間の本性についての単純化された概念
8.2.1 人間はおおよそ合理的である

人は通常、自分の目標や信念を考えると理にかなったことをする。

8.2.2 人間は自分の置かれている環境を知っている

人々は通常、世界がどのように機能しているかについての明白な、実際的に関連する事実を知っている。

8.2.3 人間は利己的だが、社会病質者ではない

人は概して利己的だが、ある程度の道徳的制約を受け入れ、友人、家族、隣人に対してある程度の配慮をする。

8.2.4 簡略化のために

人間の動機におけるいくつかの大きな要因を特定する、人間の本性についての単純化された説明を考えることは有用である。

8.2.5 歴史的な応用

今述べた人間観は、アメリカの最初の共産主義の実験が失敗したような出来事を説明する。

8.3 ユートピアニズムとリアリズム
8.3.1 リアリズムの原則

ある種の社会システムは、理論的には望ましいが、ユートピア的すぎて関心を持たれない。

8.3.2 現実的なアナーキズムのための処方箋

十分に現実的であるためには、アナーキストは、自分たちのシステムが私たちが知っているような人間の本性によって成功しうること、自分たちのシステムが安定的であること、そして、ほとんどの人々がアナーキズムを受け入れると仮定して、それが限られた領域で成功しうることを主張しなければならない.彼らは、人々がその理論を受け入れる可能性が高いことを主張する必要はない。

8.3.3 ユートピア的国家論に対抗して

穏健な政治理論はユートピア的である可能性がある。統計主義者は、政府がその通りに行動することを単に仮定してはならないし、政府役人が人間性から免除されることを仮定してもならない。

9 捕食の論理

9.1 政府に対するホッブズの主張

ホッブズは、無政府状態は万人対万人の戦争状態になるが、単一の絶対的支配者が平和を作り出すと主張した。

9.2 自然状態における捕食
9.2.1 ゲーム理論的考察

政府が存在しない場合でも、他者と争いを始めることは通常,賢明にも非合理的である。

9.2.2 暴力の蔓延に影響を与える社会的条件

暴力の蔓延は文化的価値観、繁栄、技術に影響される。

9.2.3 国境を越えた暴力

国家間の暴力は、対人暴力ほど簡単には抑止されない。

9.3 全体主義国家における捕食

絶対的な支配者は臣民の権利や福祉を気にする理由がほとんどなく、しばしば恐ろしい虐待を行う。

9.4 民主主義下での捕食
9.4.1 多数派の専制政治

民主主義では、多数派が少数派を抑圧することがある。

9.4.2 非投票者の運命

政府は、政府の政策によって影響を受ける外国人を含む非有権者の権利と利益を無視することができる。

9.4.3 有権者の無知と非合理性

有権者は自分の一票が何の影響も与えないことを知っているので、政治的に無知で不合理になりがちである。

9.4.4 活動家:ユートピアの解決策

市民活動家が何千もの日常的な政府活動を監視し続けることは現実的には期待できない。

9.4.5 報道機関:眠れる番犬

政府を監視することは、報道機関にとって利益にはならない。

9.4.6 集約の奇跡

大衆の偏見は、典型的な選挙における少数の情報通で理性的な有権者の小さな影響力を押し流してしまう可能性がある。

9.4.7 失敗の報酬

社会問題が悪化すると政府はより多くのお金と権力を手に入れるので、社会問題を解決することは政府の利益にはならない。

9.4.8 憲法の限界

政府は自分自身に対して憲法を施行することを信頼することはできない。

9.4.9 チェック、バランス、三権分立について

政府の異なる部門はお互いを抑制する動機がない。

9.5 結論

三権分立を伴う立憲民主主義は全体主義よりずっと良いが、政治的捕食をなくすことはできない。

10 無国籍社会における個人の安全保障

10.1 非国家的な司法制度
10.1.1 保護機関

無国籍社会では、競合する治安機関が犯罪からの保護を提供することになる。

10.1.2 仲裁機関

紛争は、競合する仲裁会社を通じて解決される。

10.2 それは無政府状態か?

このシステムは、従来の政府とは異なり、セキュリティ・プロバイダー間の自発的な関係と有意義な競争に依存している。

10.3 保護者間の対立
10.3.1 暴力のコスト

暴力は極めてコストが高いので、治安維持機関は紛争を解決するための平和的な手段を求めるだろう。

10.3.2 殺人への反対

ほとんどの人は、殺人を犯すことにも、撃たれることにも強く反対している。したがって、戦争を好む治安維持機関は、従業員を確保するのが難しいだろう。

10.3.3 政府間の紛争

国家間の戦争の問題は、省庁間の戦争の潜在的問題よりもはるかに大きい。なぜなら、政府は不当な戦争を宣言することに対してはるかに弱い障害に直面しているからだ。

10.4 犯罪者の保護
10.4.1 権利を行使することの収益性

一般人の保護は犯罪者の保護よりも収益性が高い。

10.4.2 政府による犯罪者保護

対照的に、政府が被害者ではなく犯罪者を保護することを止めることはほとんどない。

10.5 売買される司法
10.5.1 既存の権利

ある意味では、個人が自分の権利を保護されるためにお金を払う必要はないはずだ。しかし、保護を提供する者は、無料でそうすることを正当に要求することはできないし、無料でそうすることはないだろう。

10.5.2 正義に基づく法律

法律は、収益性よりもむしろ正義に基づくべきである。アナキストは、政府社会の支持者と同様に、この規範を受け入れることができる。

10.5.3 政府から正義を買う

政府制度もまた、個人が自分の権利を守ってもらうためにお金を払うことを要求し、また法律を正義以外のものに基づかせるかもしれない。

10.6 貧困層のための保障
10.6.1 ビジネスは貧困層のためになるだろうか?

ほとんどの産業は、低・中所得者向けの生産が中心となっている。保護機関は低・中所得者向けのサービスを提供する。

10.6.2 政府はどの程度、貧困層を保護しているだろうか?

政府は貧しい人々をほとんど保護しない。

10.7 保護の質

民間の保護機関は、政府の警察よりも高品質で安価なサービスを提供する。これは、他のほとんどの財の民間供給が安価で高品質であるのと同じ理由である。

10.8 組織犯罪

ギャンブル、売春、麻薬などの商品やサービスが合法化されれば、犯罪組織は財政的に打撃を受けるだろう。

10.9 保護か強要か?
10.9.1 競争の規律

競争は保護機関が乱用されるのを防ぐ。

10.9.2 政府による強要

政府は競争圧力にほとんど直面しないため、民間の保護機関よりもはるかに多くの乱暴な行為を行うことができる。

10.1 0 独占
10.10.1 戦闘における規模の優位性

ノージックは、最も強力な機関に保護されたいという顧客の願望によって保護産業が独占されると論じている。これは、保護機関の仕事が他の機関との戦闘であることを誤って想定している。

10.10.2 企業の効率的規模の決定

保護産業では、企業の最も効率的な規模はかなり小さいだろう。これによって、多くの企業が共存できるようになる。

10.1 0 政府の独占

独占に反対する人は、すべての独占の中で最大のものである政府の独占に反対すべきである。

10.1 1 共謀とカルテル
10.11.1 カルテルに関する伝統的な問題

カルテルの個々のメンバーはカルテルに反対して離反する動機を持っている。

10.11.2 武力による威嚇によるカルテル化

保護業界のカルテルが、保護機関間の暴力によって強制されることはありえない。

10.11.3 保護延長の拒否によるカルテル化

また、非カルテルの代理店の顧客の保護を拒否するという脅しによって、業界カルテルを強化することもできない。

10.1 2 HOA対政府

HOAへの加入は任意であり、HOA間で有意義な競争が行われているため、HOAは(伝統的な)政府より優れている。

10.1 3 結論

保護産業の民営化は、政府制度が提供するよりも、より高い品質、より低いコスト、より少ない望ましくない副作用をもたらすであろう。

11 刑事司法と紛争解決

11.1 仲裁人の誠実さ

仲裁会社は、顧客を引きつけるために、公正さと知恵に対する評判に依存することになる。

11.2 企業の不正操作

企業は、紛争解決メカニズムやその他のものに関して不合理な要求をすることによって、より大きな利益を得ることはない。

11.3 仲裁の拒否

保護機関は、仲裁を拒否する顧客の保護を拒否するだろう。

11.4なぜ仲裁人に従うのか?

代理店は、仲裁判断に違反するクライアントを保護することを拒否するだろう。

11.5 法律の源

法律は、立法府ではなく、契約と裁判官によって作られるのが最善である。

11.6 処罰と返還

アナーキズムの司法制度は罰よりも返還に焦点を当てる。

11.7 埋め合わせ不可能な犯罪

裁判官は、補償が不可能な犯罪の場合に何をすべきかを決定しなければならない。

11.8 過剰な賠償

犯罪者は、真に正当な報酬よりもいくらか高い報酬を要求されるかもしれない。これは制度を崩壊させるものではないし、既存の政府制度における過剰な処罰の問題よりも明らかに悪いものではないだろう。

11.9 中央集権下での法と正義の質
11.9.1 不当な有罪判決

現在の制度では、多くの人が誤って有罪判決を受けている。

11.9.2 法律の過剰供給

あまりにも多くの法律が作られすぎている。

11.9.3 司法の価格

政府の司法制度は不当に高く、時間がかかる。

11.9.4 投獄の失敗

投獄は囚人の虐待と高い再犯率につながる。

11.9.5 改革か無政府状態か?

政府は、政府ベースのシステムのインセンティブ構造に内在する理由から、改革に時間がかかる。自由市場モデルへの移行は多くの改善の可能性を高めるだろう。

11.1 0 結論

法制度の民営化は、政府ベースの法制度が提供するよりも、一般に、より高い品質、より低いコスト、より少ない欠陥をもたらすだろう。

12 戦争と社会的防衛

12.1 社会的防衛の問題

政府だけが他の政府から社会を守ることができると主張する人がいる。

12.2 非政府的防衛
12.2.1 ゲリラ戦

ゲリラ戦は外国の占領者を追い出すのに驚くほど効果的であることが証明されている。

12.2.2 統治されていない地域を征服することの困難さ

侵略軍は、統治されていない地域を征服し、政府を樹立するために大きなコストに直面することになる。

12.2.3 非暴力による抵抗

非暴力による抵抗は、政府の抑圧を終わらせるのに極めて効果的であることが証明されている。

12.2.4 結論

無政府社会は、外国からの侵略者に対して、もっともらしい防衛手段を持っている。

12.3 紛争を回避する
12.3.1 人間の自然な攻撃性

人間の自然な攻撃性によって戦争は避けられないと主張する人がいるが、この説はもっともらしくない。

12.3.2 土地と資源

戦争を避けるためには、無政府主義社会は、貴重な資源が異常に集中しておらず、領土争いの歴史がない地域に設立されるべきである。

12.3.3 紛争スパイラルと政府間紛争

ほとんどの戦争は、政府間の紛争によって引き起こされる。これらは、政府を持たないことで回避することができる。

12.3.4 力関係

多くの戦争は、国際的な支配をめぐる政府間の闘争によって引き起こされる。これらは、政府を持たないことによって回避することができる。

12.3.5 自由民主主義の平和

社会は、自由民主主義に囲まれていれば、戦争を回避することができる。

12.3.6もし戦争を望むなら、戦争に備えよ

軍事的な備えは、戦争を防ぐものではない。それは戦争のリスクを増大させる。

12.4 テロを回避する
12.4.1 テロの脅威

大量破壊兵器を用いた攻撃の可能性から、テロの脅威は今後深刻化する可能性がある。

12.4.2 テロの根源

テロは、ほとんどの場合、政府の行為に対する報復として発生する。

12.4.3 暴力的な解決策と非暴力的な解決策

テロを回避する最善の方法は、潜在的なテロリストをすべて無力化しようとするのではなく、テロを誘発する政策を排除することである。

12.5 「国家安全保障」の危険性
12.5.1 不当な侵略の危険性

常備軍を維持することは、自国政府が不当な侵略を行うリスクを生む。

12.5.2 世界的な災害の危険性

政府の軍隊は、人類を破滅させる危険性がある。

12.6 結論

政府の軍隊は、安全保障のために必要ではなく、むしろ私たちの危険を増大させるかもしれない。

13 民主主義からアナーキーへ

13.1 現存主義的な偏見に抗して:急進的な変革の展望

急進的な社会変化は過去にも起こったし、将来もおそらくもっと早く起こるだろう。

13.2 無政府状態へのステップ
13.2.1 裁判所業務のアウトソーシング

社会は、特定の裁判を民間の仲裁人に委任することによって、司法制度の民営化に近づくことができる。このプロセスはすでに始まっている。

13.2.2 警察の職務のアウトソーシング

警察機能の民営化に向けた動きも進行中である。政府は、いくつかの警察業務を民間の警備会社にアウトソーシングしている。

13.2.3 常備軍の終焉

常備軍の終焉は、世界的な文化的転換と軍事力の漸進的縮小によってもたらされるかもしれない。

13.2.4 残りの方法

軍隊がなくなり、裁判所と警察が民営化されたら、おそらく誰かが政治家を家に帰す方法を考えるだろう。

13.3 無政府状態の地理的な広がり

アナーキーは、小さな国や国の一部で始まる可能性が高い。もしその結果が有望であれば、その考えは広がっていくだろう。

13.4 アイデアの重要性

人類の知識は長期的に進歩する傾向があり、思想が社会の構造に影響を与えるため、最終的に無政府状態が到来するのはもっともなことである。

13.5 結論
13.5.1 第一部の議論

権威は幻想である。

13.5.2 第2部部の議論

社会は政府なしでも機能する。

13.5.3 本章の主張

アナーキーは達成可能である。

  • 6.1 コロラド州議会議事堂
  • 6.2 コロラド州の裁判所
  • 10.1 収入別の犯罪被害頻度
  • 10.2 米国の犯罪のうち逮捕によって解決される割合
  • 10.3 規模の経済と規模の不経済の両方がある産業における企業の平均費用曲線
  • 11.1 標準的な価格理論の図
  • 13.1 世界の民主主義国家数(1800-2010)

序文

本書は、政治哲学の根幹をなす問題、すなわち政府の権威を説明する問題を扱っている。この権威は、常に不可解であり、問題であると感じてきた。なぜワシントンにいる535人の人間が、他の3億人の人間に命令を出す権利があるのだろうか。そして、なぜ他の人々は従わなければならないのか?以下のページで私が論じるように、これらの疑問には満足のいく答えがない。

なぜこれが重要なのだろうか。ほとんどすべての政治的言説は、政府がどのような政策をとるべきかを中心に据えており、そのほとんどすべてが、政治哲学であれ大衆のフォーラムであれ、政府が社会の他の人々に命令を出す特別な権限を持っていることを前提にしている。例えば、政府の移民政策はどうあるべきかを議論するとき、私たちは通常、国家が国内外への移動をコントロールする権利を持っていることを前提にしている。最適な税制について議論するとき、私たちは国家が個人から富を奪う権利を持っていることを前提にする。医療改革について議論するとき、私たちは国家がどのように医療が提供され、支払われるべきかを決定する権利を持っていることを前提にしている。もし、これらの前提が誤りであるとすれば、現在の政治的言説はほとんどすべて誤ったものであり、根本的に考え直さねばならない。

誰がこの本を読むべきなのか?本書で扱われている問題は、政治や行政に関心を持つすべての人に関係するものである。私は、哲学者仲間が本書から利益を得ることを願うと同時に、そのような少人数のグループを超えて、本書が広く行き渡ることを望んでいる。そのため、学術的な専門用語は最小限にとどめ、できる限り明瞭でわかりやすい文章を心がけた。専門的な知識を前提にしているわけではない。

これは過激なイデオロギーの本なのだろうか?イエスでもありノーでもある。私は以下のページで、いくつかの過激な結論を弁護している。しかし、私は過激派ではあるが、常に理性的であろうと努めてきた。私は、常識的と思われる倫理的判断に基づいて推論を行う。私は、議論を呼ぶような壮大な哲学的理論や、ある特定の価値観に対する絶対主義的解釈、あるいは怪しげな経験的主張の数々を前提としているわけではない。つまり、私の結論は大いに議論を呼ぶものだが、その前提はそうではない。さらに、私は、代替的な視点を公正かつ合理的に扱うよう努めた。私は、政府の権威を正当化するための最も興味深く、当初はもっともらしい試みについて詳細に検討している。私自身の政治的見解に関しては、文献や口伝に見られる重要な異論をすべて取り上げている。政治がそうである以上、他のイデオロギーの熱心な党派を説得することは期待できない。しかし、私の目的は、政治的権威の問題について開かれた心を持ち続けている人々を説得することである。

この本の内容は?第2章から第5章では、国家権力の根拠に関する哲学的な理論を論じている。第6章では、権威に関する私たちの態度について、心理学的・歴史的証拠を論じている。第7章では、もし権威がないのであれば、市民や政府職員はどのように振る舞うべきかという問いを投げかけている。ここで、最も即効性のある提言が現れる。本書の第2部部では、権威に基づかない代替的な社会構造を提案している。第10章から第12章では、そのような社会における最も明白な現実的問題を取り上げている。最後の章では、私が推奨する変革が実現しうるかどうか、またどのように実現しうるかを論じている。

本書を執筆するにあたり、協力してくれた友人や同僚に謝意を表したい。Bryan Caplan, David Boonin, Jason Brennan, Gary Chartier, Kevin Vallier, Matt Skene, David Gordon, and Eric Chwangは貴重なコメントをくれ、多くのカ所で間違いをなくし、文章をより良くするのに役立った。彼らの寛大さに感謝している。もし間違いが残っていたら、読者はこれらの教授を調べて、なぜ訂正しなかったのか尋ねることができる。この原稿は、2011年から2012年にかけて、コロラド大学人文・芸術センターからのフェローシップの支援を受けて完成させた。

第1部 権威の幻想

1. 政治的権威の問題

1.1 政治的譬え話

まず、短い政治的な話から始めよう。あなたは犯罪問題を抱えた小さな村に住んでいる。荒らしが村を徘徊し、人々の財産を盗んだり壊したりしている。誰もそれに対して何もしていないようだ。そこで、ある日、あなたとあなたの家族は、それを止めることにした。銃を持って、荒らしを探しに行くのである。定期的に一人捕まえては、銃を突きつけて家に連れ帰り、地下室に閉じ込める。餓死させないように食料は与えるが、数年間は地下室に閉じ込め、教訓とするつもりだ。

数週間こうして活動した後、あなたは近隣を見回り、まずは隣の住人を訪ねることにした。「この数週間、犯罪が減っているのに気づいたか」と尋ねると、彼はうなずいた。「それは私のおかげだ」とあなたはうなずく。あなたは自分の犯罪防止策を説明する。隣人が警戒しているのを気にしながら、あなたは続ける。「とにかく、犯罪防止基金への寄付を集める時期なので来た。今月の請求は100ドルだ」

隣人はあなたをじっと見て、お金を渡そうとはしないので、あなたは辛抱強く説明する。もし彼が支払いを拒否したら、残念ながら彼を犯罪者と認定せざるを得なくなり、その場合彼は前述の荒らしと一緒にあなたの地下室に長期監禁されることになるだろうと。あなたは腰のピストルを見せながら、必要なら力づくで彼を捕まえる用意があることを告げる。

もし、あなたがこの方法を隣人全員に取ったとしたら、どのような反応が予想されるだろうか?ほとんどの人は、犯罪防止にかかる費用の分担を快く引き受けてくれるだろうか?

そうではないだろう。おそらく、次のようなことが予想される。まず、あなたに借りを作ることに同意する人はほとんどいないだろう。地下室への投獄を恐れてお金を払う人はいるかもしれないし、荒らし屋に対する敵意からお金を払う人もいるかもしれないが、そうする義務があると考える人はほとんどいない。支払いを拒否した人々は、あなたに立ち向かったことで非難されるよりも賞賛される可能性の方が高いだろう。

第二に、ほとんどの人はあなたの行動が非道だと考えるだろう。あなたの支払いの要求は裸の恐喝であり、支払いを拒否した人々を監禁することは誘拐であると非難されるだろう。あなたの行為の非道さと、村の他の人々があなたを支援する義務を認めるというあなたの誤った思い込みが相まって、多くの人があなたの正気を疑うことになるだろう。

この話が政治思想とどう関係するのだろうか。この物語の中で、あなたは初歩的な政府のような振る舞いをしていた。それは、他人の権利を侵害したり、命令に背いたりした人を罰することと、活動資金を調達するために不本意ながら寄付を集めることである。政府の場合、これらの活動は刑事司法制度と税制と呼ばれる。あなたの場合は、誘拐や恐喝と呼ばれている。

一見すると、あなたの活動は政府と同じようなものである。しかし、多くの人々の政府に対する評価は、この物語の中のあなたに対する評価よりもはるかに甘い。ほとんどの人は、国家が犯罪者を投獄することを支持し、税金を払う義務を感じ、脱税者を罰することは望ましいことであり、国家の権利の範囲内であると考えている。

これは、政府に対する私たちの態度の一般的な特徴を示している政府は、非政府の個人または組織が行ってはならないことを行うことが倫理的に許されていると考えられている。同時に、個人は政府に対して、非政府の個人または組織に対しては負わないであろう義務を負うと考えられている。たとえ非政府のエージェントが政府と同じように行動したとしても、である。これは単に法律の問題でもなければ、どのような行為から逃れることができるかという問題でもない。私たちの倫理的判断は、政府の行為と非政府の行為をはっきりと区別しているということである。非政府組織が行えば不正または道徳的に容認できない行為でも、政府組織が行えば全く問題なく、賞賛に値するとさえ思われることがよくある。以下、「義務」を単なる法的義務ではなく、倫理的義務を指すものとして使用する。「権利」についても同様である1。

なぜ私たちは政府にこのような特別な道徳的地位を与えるのか、そしてそうすることは正当化されるのだろうか。これは政治的権威の問題である。

1.2 権威の概念:最初のパス

通常の道徳的思考において、上記の物語におけるあなたの行動と政府の行動とを区別するものは何であろうか。大まかに言って、二種類の説明が可能である。一つは、見かけによらず、二つの行動は異なっている、つまり、政府は自警団と同じことを実際にはしていない、という説明である。例えば、決定的な違いは、自警団(この物語ではあなた)が、政府(ある国では)が罰しようとする者に行うように、破壊者に公正な陪審裁判を与えないことだと考えたとする。このことが、自警団の行動が政府の行動よりも正当でない理由を説明することができる。

つまり、政府は自警団と同じことをしているかもしれないが、誰がしているのかで全く違ってくる。物語の中で非難されるべきなのは、政府の真似を忠実にやっていないからではなく、政府ではないのに政府のように振る舞っているからだ。

私が政治的権威の発動と特徴づけるのは、この第二のタイプの説明である。政治的権威(以下、単に「権威」という)とは、政府が他の誰にも許されないある方法で人々を強制することができ、市民が他の誰にも従う義務がないような状況でも政府に従わなければならないという、仮説上の道徳的性質である。権威には二つの側面がある。

  • (i) 政治的正当性:政府の側で、ある種の法律を制定し、その社会の構成員に対して強制力をもって法律を執行する権利、つまり支配する権利である3。
  • (ii) 政治的義務:非政府機関の発する同様の命令に従う義務がないような状況でも、市民が政府に従う義務である。

政府が「権限」を持っていれば、(i)と(ii)の両方が存在する。すなわち、政府は統治する権利を持ち、国民は服従する義務を負う。

政治的義務を有するということは、単に法律や他の政府の命令が要求することをしなければならないということではない。しかし、これは私たちが「政治的義務」を負っていることを立証するには十分ではない。なぜなら、殺人を禁じる法律がなかったとしても、私たちは殺人をしない道徳的義務を負っているからだ。しかし、一般的な意見によれば、法律が命じているからこそ私たちは物事を行う義務があり、法律で命じられていなければそれらの物事を行う義務はない、というケースもある。例えば、法律で定められている国では、私たちは所得に対して税金を払う義務があり、税法で定められた金額を支払う義務があると、ほとんどの人が考えている。税金が高すぎると思う人は、税金の一部を免れる権利があるとは思っていない。税金が安すぎると思う人は、政府に余分なお金を送る義務を感じない。また、もし法律が変わって所得税が不要になれば、自分の収入のうちこの部分を政府に納める義務はなくなる。つまり、所得税を納める義務は政治的な義務である、というのが一般的な考え方である5。

政治的権威を信じる者は、政治的権威が無条件に、あるいは絶対的に存在すると考える必要はなく、またすべての政府がそれを有すると考える必要もない。例えば、国家の権威は、国家が基本的人権を尊重し、市民に一定レベルの政治参加を認めることが条件であり、したがって、専制的な政府には権威がない、と考えることもできる。また、合法的な政府であっても、例えば、人に殺人を犯すことを命じてはならないし、市民はそのような命令に従う義務はない、と考えることもできるだろう。このように、権威を信じる者は、ある種の政府には一定の限定された権限領域があることだけを信じるかもしれない。

このような制限にもかかわらず、ある種の政府に帰属する権威は、印象的な道徳的性質を持っている。第1.1節で見たように、この権威は、権威を持たないエージェントにとっては非常に間違っていて不当だと考えられる種類の行為を実行する資格を説明することになる。

1.3 行為対エージェント:権威の必要性

第1.1節の自警団と政府との間の道徳的な違いを説明するために、この権威の概念は必要だろうか。あるいは、政府の行動と自警団の行動の違いにのみ訴えて、その違いを説明できるのだろうか。

私が説明した物語では、自警団の行動と典型的な政府の行動には多くの違いがあった。しかし、これらの違いのどれもが本質的なものではない。自警団を政府に変えない限り、ほとんどの人は直感的に自警団を類似の行動をとる政府のエージェントよりもずっと厳しく判断することだろう。

このように、多くの政府が訴えられた犯罪者に公平な陪審員裁判を提供しているという事実を考えてみてほしい。自警団も同じことをすることができる。例えば、あなたが破壊者を捕まえるたびに、近所の人を何人か集めて、強制的に裁判を受けさせるとする。証拠を提示した後、あなたは近所の人々に告発された破壊者の有罪か無罪かを投票させ、その結果に基づいて告発者を罰するかどうかを決定する。この場合、あなたの行動は容認されることになるのだろうか?おそらく破壊者に対するあなたの扱いはより公平なものになるだろうが、あなたのプログラム全体が正当化されるとは到底思えない。実際、あなたは今、あなたの非道な行動のリストにもう一つの犯罪を加えている。それは、あなたの「正義のシステム」に仕えるために隣人を一時的に奴隷にすることである。

もう一つの提案を考えてみよう。政府の捜査官は一般に、明確に公表された規則、つまり法律の違反に対してのみ人々を逮捕するのに対して、自警団は自分の中の善悪の感覚に従ってのみ人々を罰するのである。この違いもまた、取り除くことができる。例えば、あなたが容認できないと考える行動の長いリストと、そのような行動をとる人々に対してあなたが何をするつもりかを書き記したとしよう。そして、そのリストを家の外の掲示板に貼り出すとする。しかし、これだけでは、あなたの行動を正当化することはできない。

より妥当な示唆は、コミュニティがあなたをその役割に選んだのではないのだから、あなたの行動は許されないというものである。これに対して、民主主義国家では、市民がリーダーを選ぶ。(この説明では、民主的な政府のみが正当であることを示唆している。したがって、歴史上の政府の大部分は非合法であり、大多数の人々は政治的義務を欠いていたことになる)。これはすでに常識の大幅な修正であろう) しかし、政府と自警団の違いについてのこの説明は、権威へのアピールであることに注意してほしい。それは、自警団が政府のしていることとは違うことをしていると主張しているのではなく、問題の行動はあるエージェントによって行われ、他のエージェントによって行われないかもしれないと主張しているのである。自警団には犯罪者を罰したり、税金を徴収したりする権限がない、なぜなら彼は社会から認可されていないからだ。この権威の理論については、後の章で検討することにする。今のところ、観察すべき点は、単に権威に関する何らかの説明が必要であるということである。

1.4 強制の意義と権威の到達点

政治的正当性の説明の必要性は、強制の道徳的意義と政府の強制的性質から生じている。これらの原則を明確に浮かび上がらせることが重要であり、説明する前に説明する必要があることを明確に把握することができる。

まず、強制力とは何か。以下、私は「強制」という言葉を、人が他人に対して物理的な力を行使したり、そのような力を行使すると脅したりすることを意味するものとして使う。私が人に何かをするよう強制すると言うとき、私はその人が望ましい行動をするよう誘導するために物理的な力または物理的な力の脅威を使用することを意味するものとする。私は、「物理的な力」と「暴力」を同じ意味で使っている。この概念に関する私たちの直感的な理解で、この後の議論には十分であり、何が物理的な力として適格だろうかについての論争的な判断に依存することはしないものとする。

私の「強制」の定義は、英語でのこの用語の標準的な用法の分析として意図されたものではない。これは規定的な定義であり、「物理的な力の行使または行使の脅威」というフレーズの繰り返しを避けることを意図している。私のこの用語の使い方は、少なくとも二つの点で通常の用法とは異なっている。第一に、この用語の通常の意味では、AがBを「強制」するとき、AはBがAの望む何らかの行動をとるよう誘導するが、私の意味では、AがBの行動に影響を与えるかどうかにかかわらず、Bを物理的に傷つけることによってBを強制する可能性もある。第二に、通常の感覚では、より広い範囲の脅威を強制とみなしている。通常の感覚では、AはBに関する悪意ある噂を広めるという脅しを使ってBを「強制」するかもしれない。通常の強制の概念は多くの文脈で有用である。にもかかわらず、私が規定的な定義を導入したのは、そうすることで不必要な意味論的議論を避けつつ、政治的権威に関するいくつかの重要で興味深い議論を検討することができるからである6。

政府は強制的な制度である。一般に、国家が法律を制定する場合、その法律には違反者に課される罰が伴う。違反に対する罰が規定されていない法律もありうるが、実際の政府はほとんどすべての法律に罰をつけている7。法律を破った者すべてが実際に罰せられるわけではないが、国家は一般に違反者を罰する相応の努力をし、一般にかなりの数の違反者を罰し、通常は罰金や懲役を科すことになる。これらの罰は法律違反者に害を与えることを意図しており、一般にそのように成功する。

直接的な物理的暴力が罰として用いられることはほとんどない。というのも、暴力の脅威がなければ、法を犯した者は単に罰を受けないという選択をすることができるからだ。例えば、政府はドライバーに赤信号の手前で止まるよう命じている。もしこれに違反すれば、200ドルの罰金を科されるかもしれない。しかし、これも単なる命令である。赤信号で止まれという命令に従わないなら、なぜ政府に200ドル払えという命令に従うのだろうか?もし罰金を払わなければ、運転免許を剥奪すると政府は脅すかもしれない。言い換えれば、政府はあなたに運転を止めるように命じるかもしれない。しかし、最初の2つの命令に違反したのに、なぜ3つ目の命令に従うのだろう?運転停止命令は、無免許運転を続ければ懲役刑になるという脅しによって強制されるかもしれない。これらの例が示すように、命令はしばしばさらなる命令を出すという脅しによって強制されるが、それだけでは済まされない。しかし、それだけでは不十分だ。連鎖の最後には、違反者が文字通り逆らえないような脅しが必要だ。システム全体は、非自発的な介入、つまり個人の選択に関係なく国家が課すことのできる害悪によって固定されなければならない。

そのアンカーは物理的な力によって提供される。投獄の脅威でさえも強制力を必要とする。国家はどのようにして犯罪者を確実に刑務所に入れることができるのか。その答えは、実際の身体的傷害や脅迫を伴う強制、あるいは最低限、個人の身体を投獄される場所まで物理的に押したり引いたりする強制にある。これは、個人が逆らうことを選択できない最終的な介入である。罰金を払わないことも、無免許で運転することも、パトカーまで歩いて行って連行されないことも、人は選ぶことができる。しかし、国家の代理人が物理的な力を課すことを決めた場合、それを受けないという選択はできない。

このように、法制度は意図的で有害な強制の上に成り立っているのである。ある法律を正当化するためには、法律違反で捕まった人に実際の危害を強制的に加えることを含め、危害の脅威によってその法律を国民に課すことを正当化しなければならない。常識的な道徳では、脅威や実際の強制的な危害の付与は通常、間違っている。これは、それが正当化できないと言っているのではなく、強制には正当化が必要だと言っているに過ぎない。それは、強制が人を見下し、その理性を回避し、恐怖によって人を操ろうとするやり方であったり、他の人の自律性や平等性を否定するようなやり方であったりするからであろう。

私は、どのような場合に強制が正当化されるのかについて包括的な説明を試みるつもりはない。私は有害な強制は正当化を必要とするという直感的な判断と、満足な正当化を構成する特定の条件に関するいくつかの直感に依存している。例えば、正当な理由の1つは自己防衛や無実の第三者を守ることである。その人が不当に他人を傷つけるのを防ぐために必要であれば、有害な強制を行うことができる。有害な強制を正当化するもう一つの理由は同意である。したがって、もしあなたが参加者双方が同意したボクシングの試合に参加しているならば、相手の顔面を殴ってもよい。

一方、強制の理由として考えられるものの中には、明らかに不適切なものが多くある。ポテトチップスを食べ過ぎている友人がいたら、それをやめるように説得するかもしれない。しかし、もし彼が言うことを聞かないなら、無理にやめさせることはできない。もし、あなたが隣人の車を賞賛しているなら、あなたは彼からそれを買うと申し出るかもしれない。しかし、もし彼が売ろうとしないなら、暴力で脅してはいけない。同僚の宗教的信条に同意できない場合、あなたは彼を改宗させようとするかもしれない。しかし、もし彼が言うことを聞かなければ、あなたは彼の鼻を殴ってはいけない。などなど。常識的な倫理学では、強制を正当化する理由の圧倒的多数は失敗する。

現代国家は政治的正当性の説明を必要としている。なぜなら、現代国家は、非政府のエージェントには不適切と見なされるような理由で、一般的に個人を強制し、危害を加えるからだ。このことは、第1.1節の話を少し脚色して説明することができる。

例えば、あなたが、隣の町が非常に破壊的な兵器を製造しており、いつかその兵器を使用して他の村を脅かすかもしれないと告げたとしよう。それを防ぐために、あなたは志を同じくする村人たちを集めて隣町に行き、村長を暴力的に追い出して、建物を爆破し、その過程で何人かの罪のない人々を殺したとする。

このような行動をとれば、テロリストや殺人犯のレッテルを貼られ、処刑や無期懲役を要求されるのがオチだろう。しかし、政府がこのような行動をとると、その行動は「戦争」というレッテルを貼られ、多くの人がそれを支持する。確かに、先制攻撃の戦争という考えを否定する人はたくさんいる。しかし、兵士や彼らを戦場に送る政府指導者をテロリストや殺人者と表現するのは、政治的過激派だけである。例えば 2003年のイラク戦争に反対する人たちでさえ、ジョージ・W・ブッシュを大量殺人者と呼んだり、彼の処刑や投獄を要求したりする人はほとんどいなかった。政治的権威という概念がここで働いている。その選択が良いか悪いかにかかわらず、戦争に行くかどうかを決定する権限を持つ主体は政府である、という感覚である。このような状況下で、目的を達成するために大規模な暴力を行使する権利を持つ主体は他にない。

今、あなたが他のあらゆる変わった活動の中で、チャリティーの支援を始めることに決めたとしよう。あなたは貧しい人々を支援する慈善団体を見つけた。しかし残念ながら、あなたは自分の村がこの慈善団体に自発的に十分な寄付をしていないと考え、近所の人々から無理やりお金を引き出して、その慈善団体に渡すという行動に出た。

もしあなたがこのような行動を取れば、泥棒や恐喝者のレッテルを貼られ、あなたを投獄し、あなたが収奪した富を個人的に返済するよう強制する声は日常茶飯事だろう。しかし、政府がこのように行動する場合、その行動は社会福祉事業を行うこととして知られ、多くの人々はそれを支持する。もちろん、社会福祉事業に反対する人もいるが、反対派であっても、社会福祉事業を行う政府関係者や社会福祉事業に賛成する議員を泥棒や強要者と見る人はほとんどいない。彼らを投獄したり、納税者に個人的に返済させたりすることを要求する人はほとんどいない。ここでもまた、権威という概念が働いている。私たちは政府には富を再分配する権限があると考えるが、非政府組織はそう考えないのである。

このことは、政治的権威の概念に正当化の根拠を依存する政府活動の範囲をある程度示しているはずだ。第7章では、この範囲がどこまで広がっているかをさらに論じることにする。しかし、この簡単な議論からでさえ、権威に対する信念がなければ、私たちが現在合法的と認めていることの多くを非難しなければならないことは明らかであろう。

1.5 権威の概念:第二の通過点

この節では、「政治的権威」、「政治的正当性」、「政治的義務」の概念を精緻化する。以下の5つの原則は、政府の権威に関する通常の概念に暗黙に含まれているものであり、権威の擁護者が守りたいのはこの点である。

  • 1. 一般性 国家の権威は国民一般に適用される。すなわち、国家は少なくとも国民の大多数に対して強制的に規則を課す権利を有し、国民の大多数は政治的義務を有する8
  • 2. 特異性 国家の権限は、その国民および領土内の住民に固有のものである。すなわち、政府は、一般的に外国にいる者に規則を課す権利がない方法で、自国の領土にいる者に規則を課す権利があり、国民は、他の国家に対して負うことのない種類の義務を自国の国家に対して負っている9。
  • 3. 内容的独立性 国家の権威は、法律やその他の命令の具体的な内容に縛られない10。つまり、考えられる法律の範囲が広く、その範囲内で、国家はどのような法律でも強制的に課す権利があり、国民はそれに従う義務がある。許容される法律の範囲は無限である必要はない。おそらく国家は、奴隷制を強制する法律のような、ある種の著しく不当な法律を制定したり強制したりする権利はないだろう。しかし、国家は少なくともしばしば、たとえ法律が悪いものであっても、法律を執行する権利を有し、市民はそれに従う義務がある。
  • 4. 包括性 国家は人間の活動を広く規制する権利を有し、個人はその広い範囲内で国家の指示に従わなければならない11。この範囲は無限である必要はなく、例えば、国家は市民の個人的な宗教活動を規制してはならないかもしれない。しかし、現代の国家は、雇用契約の条件、金融証券の取引、医療行為、レストランでの調理手順、個人の麻薬使用、個人の武器所持、国内外への移動、航空機の飛行、外国との貿易などの事項を規制し、規制する権利を有するとされているのが普通である。
  • 5. 至上性 国家が規制する権利を有する行動範囲内では、国家は最高の人間的権威である12。いかなる非政府の代理人も国家に命令することはできず、そのような代理人も国家が有するのと同じように個人に命令する権利を持っていない。

(1)-(5)の条件を提示することで、私は、政治的権威に関する通常の常識的な概念を忠実に特徴づけようとする。権威に関する納得のいく説明は、この5つの原則に対応し、説明できるものでなければならない。もし、(1)〜(5)の原則に適合するようなもっともらしい理論がなければ、いかなる国家も真に権威を有していないと結論づけられるはずだ。

この5つの原則は、「広範囲」や「大多数」といった概念を用いるなど、曖昧なものである。私は、これらの点から政治的権威の概念を正確にすることを試みるつもりはない。この概念は、本書の残りの部分における議論を評価する目的では、十分に明確なものである。また、理論がこれらの原則にどれだけ忠実に対応しなければならないかも曖昧である。ここでも、私はこの点を正確に説明しようとは思わない。ただ、もし理論が権威の直観的な概念に対応することから大きく外れるようであれば、それはある時点で権威の擁護ではなくなる、ということだけは留意しておく必要がある。

権威の擁護者がコミットしていないことについて少し述べておく。政治的義務という考え方は、政府が何かを命令すること自体が、人がそのことを行う義務を負うのに十分であるということを意味するものではない。例えば、法律は公正で民主的なプロセスに従って作られるべきであり、現在の政府は以前の合法的な政府を簒奪してはならない、などである。また、政府の権限には限界があるという考え方もある。例えば、法律が著しく不当であってはならない、保護されている特定のプライバシー領域を侵してはならない、などである。つまり、「法律が要求しているから」行為を行わなければならないという考えは、大まかに言えば、「法律が要求しているから」「法律は正当な政府によって適切な方法で作られたから」「法律は著しく不当ではない」「法律は政府が正当に規制できる範囲にある」ということを意味している。

上記の原則を説明するために、課税のケースを考えてみよう。民衆の意見によれば、国家はその領域内のあらゆる住民に税を課すことができ、住民は一般に課された税を支払う義務がある(一般性条件)。国家は外国にいる人々に課税する権利を持たず、国家が課税しようとしても外国人は支払う必要がない(特殊性)13。国家はその領域内のどの活動にいくら課税するかを決定する一般的権利を持ち、住民はその額が不当に高くても低くても支払う義務がある(内容的独立性)。非政府の個人または組織には、国家に課税する権利も個人に課税する権利もない(Supremacy)。したがって、もし一般的な見解が正しければ、課税のケースは政府の政治的権威を説明するものである。

1.6 方法論に関するコメント

本書の第一部は、道徳哲学を政治に応用するための演習である。その中心的な関心事は、政府に対する私たちの道徳的態度の評価である。政府は本当に、私たちが通常行う権利があると考えることを行う権利があるのだろうか。私たちは本当に、私たちが通常義務であると考える方法で政府に従う義務があるのだろうか。

この種の問いはなかなか難しい。どのようにアプローチすればよいのだろうか。一つのアプローチは、何らかの包括的な道徳理論、例えば功利主義やカント的な排他主義から出発して、政治的権利と義務に関する適切な結論を導き出すことを試みることだろう。残念ながら、私はこれを行うことができない。私は正しい一般的な道徳理論を知らないし、他の誰も知らないと思う。私が懐疑的である理由は、伝えるのが難しいのだが、道徳哲学の問題点と、それらの問題点に関する複雑で混乱した、そして常に論争の絶えない文献に対する考察から導き出されたものなのである。このような文献では、次から次へと理論が謎と問題の泥沼に突き当たり、より多くの哲学者がこの問題に取り組めば取り組むほど、ますます複雑になっていく。私が道徳理論に懐疑的であることを理解いただくには、読者のみなさんが自身でその文献を掘り下げていただくのが一番である。ここでは、私がいかなる包括的な道徳理論も想定していないこと、そして、そのような理論から出発して政治哲学の健全な結論に到達しようとする試みには、非常に懐疑的であるべきだと考えていることを、簡単にお知らせしておこう。また、同様の理由から、私は一般的な政治理論を仮定することから始めないが、最終的には政治理論に到達することになる。

では、その代わりとなるものは何だろうか。私は、当初は比較的議論の余地のない道徳的主張から出発することにする14。これは自明の理と思われる。政治哲学は困難で議論の多い分野である。進歩しようとする者は、議論の多い道徳理論から始めることはできないし、ましてや議論の多い政治イデオロギーから始めることはできない。その前提は、例えば、リベラル派と保守派の双方が一見して明らかだと思うようなものであるべきである。そして、その前提から、関心のある争点についての結論に至る推論を試みなければならない。しかし、このようなアプローチは、当然のように思われるかもしれないが、めったに採用されることはない。政治哲学者は、議論を呼ぶ一般理論から出発して、議論を呼ぶ問題についての立場を主張することがより一般的である。例えば、ある哲学者は、移民を制限すべきかどうかを、ロールズ的な仮説的社会契約説を適用して判断することがある15。

私が依拠する道徳的前提の大半は、比較的特殊なシナリオにおける特定の行動に対する道徳的評価である。第1.1節で紹介した自警団の話はその一例である。その話に登場する個人が不道徳な行動をとることを前提とするのは合理的である。このケースは、(例えばトロッコ問題16のような)ジレンマでもなければ、(例えば、誰かが中絶を行うケースのような)道徳的論争を伴うものでもない。常識的に考えて、否定的な評価は真っ当で明白な評決である17。

哲学者の中には、道徳哲学を行う際には、抽象的な倫理原則にのみ依拠すべきであり、具体的な事例に対する直感的な評価を信用すべきではないと考える者もいる18。また、多かれ少なかれ、具体的な事例に関する判断にのみ依拠すべきであると考える者もいる19。正しいのは、議論のある倫理的判断は信頼できない傾向があり、一方、明白で議論のない倫理的判断は、具体的か一般的かを問わず、信頼できる傾向があるということである。私は、人間には何らかの道徳的知識があり、最も明確で広く共有されている倫理的判断はそのような知識の一例であると仮定する21。

私の倫理的前提は比較的議論の余地のないものだが、私の結論はそうではない。それどころか、私が到達する結論は、ほとんどの人の最初の意見とはかけ離れているため、おそらくどんな議論もほとんどの人を納得させることはできないだろう。私は最終的に、政治的権威は幻想であると結論づける。誰も支配する権利を持たず、政府からの命令というだけで従う義務はないのだ。しかし、これはほとんどの人にとって直感に反することかもしれないが、私の側には何の間違いもないと思う。バートランド・ラッセルは、「哲学の要諦は、述べるに値しないほど単純なことから始め、誰もそれを信じないほど逆説的なことで終わることである」と述べている22。私はこれが哲学の要諦であるとは思わないが、直観的な前提から驚くべき結論へと導くことが、必ずしも悪い哲学であるとは言えない。

常識に対する私の態度は矛盾しているように見えるかもしれない。一方では、最も広く共有されている倫理的直観は、信頼すべき妥当な前提であると考えている。一方、非常に広く共有されている政治的信念の中には、根本的に間違っているものがあると主張する。合法的な政府が存在するという主張はあまり議論の余地がなく、政治スペクトルの左派、右派を問わず、ほとんどすべての人がそれを当然のこととして受け止めている。では、なぜ私は、個人の倫理に関する常識的な信念を受け入れるのと同じように、合法的な国家の存在を出発点として受け入れないのだろうか。

その理由の一つは、他人の政治的直観を共有したことがないからである(もしそれがそうであるならば)。例えば、(正当防衛のような特別な場合を除いて)他人のものを盗んだり、殺したり、危害を加えてはならない、一般に人は真実を語り、約束を守るべきである、などである。しかし、他人を支配する権利のある人間がいるとは思えなかったし、法律だからといって従う義務のある人間がいるとは思えなかった。

私の直感は、まったく特殊なものではない。現代の政治の世界では、政府の規模を大幅に縮小することを主張する少数派が存在する。彼らはしばしば、政府の計画はうまくいかないという現実的な観点や、個人の権利に関する絶対主義的な主張によって、自分たちの意見を弁護する。しかし、私はこのような議論は本質的な問題を見逃していると思う。真の根底にある動機は、政治的権威に対する広範な懐疑心だと思う。要するに、小さな政府の支持者は、他の誰にも許されないような多くのことを、なぜ政府が許されなければならないのかが分からないのだ。このような懐疑的な態度を共有しないとしても、異なるイデオロギーを持つ人々の直感を単純に否定することには注意が必要である。政治哲学において人間は非常に誤りやすい存在であり、直感の衝突は頻繁に起こる。客観性を保つためには、自分自身の直感が誤っている可能性を真剣に検討する必要がある。

ある国家は権威を持っているという直観から出発した人は、私が示したいように、政治的権威を信じることが常識的な道徳的信念と相容れないことが判明すれば、その直観を諦めざるを得なくなるかもしれないのである。常識的な政治哲学よりも常識的な道徳を信奉したいと考える理由は三つある。第一に、これまで述べてきたように、常識的な政治哲学は常識的な道徳よりも論議を呼びやすい。第二に、オーソドックスな政治的見解を受け入れる人々でさえ、常識的政治哲学よりも常識的道徳の方に強く納得しているのが普通である。第三に、直感的に権威を受け入れる人でさえも、この権威が不可解であるという感覚、つまり、ある人々がこの特別な道徳的地位を持つべき理由に対して何らかの説明が必要であるという感覚を、例えば、挑発なしに他人を攻撃することが間違っているということが不可解でないような形で同時に持っている場合がある。したがって、政治的権威について満足のいく説明が見つからない場合、常識的な道徳的信念をあきらめるのではなく、権威に対する信念をあきらめることになるのかもしれない。

1.7 本書の計画

本書の第一部の中心的なテーゼは、政治的権威は道徳的幻想であるということである。私は、権威に関する主要な哲学的説明の批判を通じてこれを示す(第2章から第5章)。これらの理論に関する議論に続いて、権威に関する私たちの態度の心理学に関する議論(第6章)を行い、権威に関する哲学的説明は、非合理的なソース、すなわち私たちがほとんど信頼すべきではないソースを持つ態度に対する合理化であることを示唆する。

ほとんどの人は、政府は非常に有益であり、それがなければ社会は住みにくいカオス状態に陥ってしまうと信じている。私は読者に、この信念をひとまず脇に置いておくようお願いしたい。本書の最初の部分は、政府が良いか悪いか、という問題ではない。問題は、政府にはあなたや私にはないある特別な権利があり、政府に対しては他の誰にもない特別な義務があるかどうかである。政府は、私的な自警団と同じように、非常に有益でありながら、私が定義した意味での権威を欠いている可能性があるのである。権威に関するほとんどの説明は、権威ある主体が大きな利益をもたらすという主張以上のものである。例えば、社会契約説では、ある国家の市民はその政治体制に同意していると主張する。この同意の存在と有効性は、国家が提供する便益の大きさとは無関係に検討することができる。もちろん、国家が提供する便益の大きさが国家の正統性の確立に重要な役割を果たすと考える人もいるかもしれない。その話題は、第5章で、さらに詳しくは、本書の第2部部で取り上げることにする。読者の皆さんには、この問題を直接取り上げるときが来るまで、脇に置いておくことをお願いしたい。

国家の必要性、そして権威への信仰なしに社会がどのように機能しうるかについての疑問は重要である。これらの疑問は第2部部で取り上げ、政治的権威の幻想を放棄した場合の現実的な帰結を取り上げる。第二部の中心的なテーゼは、社会は権威を一般に受け入れなくても機能し、繁栄しうるというものである。

私の政治哲学は、アナーキズムの一種である。私の経験では、ほとんどの人が、アナーキズムは明らかにナンセンスであり、最小限の考察で30秒以内に反論できる考えであると確信しているようだ。これは、私がこの理論について何も知る前の、おおよその態度である。また、このような態度をとる人々は、アナーキストが実際に何を考えているのか、つまりアナーキストは社会がどのように機能すべきと考えているのか、30秒の反論にどのように対応するのかを全く理解していないというのが私の経験である。アナーキストはキャッチ-22に直面している:ほとんどの人は、その立場が狂っていると確信しているので、アナーキズムに真剣な耳を傾けることはない。したがって、私は読者に、単にその結論のために本書を読むことをあきらめないようお願いする。著者は愚かでも狂人でも悪人でもない。無国籍社会がどのように機能するかについて、理にかなった説明をしているのだ。最終的にその説明を受け入れるかどうかは別として、考えるに値する内容であったことは確かだろう。

近年の哲学文献では、政治的義務の実在性を問うことが一般的になっている。政治的義務に対する懐疑論は、今やおそらく支配的な見解であろう。この驚くべき展開は、A. John Simmonsが『Moral Principles and Political Obligation』の中で、政治的義務に関するいくつかの有力な説を論破したことによるところが大きい。私はシモンズの議論のほとんどを支持している。読者の中にはこれらの議論をすでに知っている人もいるだろうが、そうでない人も多いだろう。したがって、続く章では、政治的義務に対する最も重要な議論を、それらが以前に印刷物に掲載されたかどうかに関係なく、説明することにする。同時に、私は現代の哲学者たちがまだ十分な距離を置いていないと考えている。政治的義務について研究している哲学者たちは、現存する政治的義務に関する説明の不十分さにはほとんど向き合っていた。また、政治的無政府主義に真剣に取り組んでいる哲学者はほとんどいない。一般に、政治的義務に関する議論は、国家が極めて必要であることを当然のこととし、たとえ私たちが政府を必要とし、近代国家がその典型的な活動のほとんどにおいて正当化されるとしても、それでも私たちは単にそれとして法律に従う義務はないとする見解が支配的である。本書が、政治的正当性の仮定と国家の必要性の仮定の両方について、より深い考察を誘発することを願うものである。

  • 1 一部の思想家は、義務を義務と区別している(Hart 1958, 100-4; Brandt 1964)。しかし、以下では、あらゆる倫理的要求を示すために、「義務」と「責務」を互換的に使用する。
  • 2 代理人の特性と行為の特性の区別は、直感的なレベルにとどめておく。「行為の特徴」は、「このようなタイプのエージェントによって行われた」というような特徴を何らかの形で除外してとらえる必要がある。同様に、「エージェントの特性」は「そのようなタイプの行為を行うようなものである」といったようなものを含んでいてはならない。
  • 3 私は「権威」、「正当性」、「政治的義務」を規定された技術的な意味で使っている。私の「権威」と「正統性」の使い方は Buchanan(2002)のそれにほぼ従っているが、私は政治的義務が特に国家に負うべきものであることを要求していない。国家が主張する統治権は、請求権ではなく正当化権として理解されるべきである(Ladenson 1980, 137-9)。つまり、国家があることを行うことを許容するものであり、他の主体に対して何らかの道徳的要求を課すものではないのである。私の「正統性」と「権威」の使い方は、他の理論家のそれとは異なる(Simmons 2001, 130; Edmundson 1998, chapter 2; Estlund 2008, 2)。
  • 4 政治的義務は、法律だけでなく、行政勅令や裁判所命令など、その他の政府の命令にも適用されることがある。この点は全体を通して理解されるべきだが、私はしばしば単に法律遵守の義務について話すことにする。
  • 5 クロスコのフォーカス・グループ調査は、このような民衆の態度の印象をある程度裏付けている(2005, chapter 9, especially 198, 212-18)。
  • 6 Edmundson(1998、第4章)は、法は通常の意味での強制力ではないと主張している。私の「強制」の専門的な用法は、強制に対する道徳的な推定を保持しつつ、エドマンドソンの議論を回避するためのものである。
  • 7 自殺禁止法、一部の国際条約、政府の憲法など、いくつかの例外はある。
  • 8 この条件はシモンズ(1979, 55-6)によって明確にされている。
  • 9 シモンズ 1979, 31-5.
  • 10 ハート 1958, 104; ラズ 1986, 35-7, 76-7; グリーン 1988, 225-6; クリスティアーノ 2008, 250; ロールズ 1964, 5.
  • 11 クロスコ 2005, 11-12.
  • 12 グリーン 1988, 1, 78-83.
  • 13 例外として、関税は国家が設定することができるため、許容されると考えられている。
  • 14 哲学においては、ほとんどすべての主張が誰かによって論争されているため、興味深い結論に到達しようとするならば、まったく議論の余地のない前提に頼ることはできない。
  • 15 Carens 1987, 255-62; Blake 2002.
  • 16 フット 1967 参照。
  • 17 ここでは、特に私の社会や本書の読者が属すると思われる社会で、大多数の人々が受け入れようとするものを「常識」と呼ぶことにする。これは、私の以前の著作(2001, 18-19)における「常識的な信念」という専門的な用法と混同されないようにするためである。
  • 18 シンガー 2005.
  • 19 ダンシー 1993,4章。
  • 20 マッキー 1977.
  • 21 道徳的知識と道徳的懐疑論への対応についての説明は、Huemer 2005、特に第 5 章を参照。
  • 22 ラッセル 1985, 53.
  • 23 シモンズ(1979, 196)は、「正統な」政府が存在することも、政府が市民を強制したり罰したりする「権利」を持っていることも否定している。しかし、彼はこれらの用語を私よりも強い意味で使っているようだ。というのも、彼は政府がその活動において道徳的に正当化されることがあることを認めているからである(199)。このことは、シモンズ 2001, 130-1でも確認されている。したがって、シモンズの私に対する見かけ上の同意は言葉上のものに過ぎない。私の用語法では、シモンズは政治的正当性を受け入れているが、私はそれを否定している。

2. 伝統的な社会契約論

2.1 社会契約説の正統性

社会契約説は、過去400年の哲学の中で最も著名な権威の説明であり、アメリカの権威の理論であると言うにふさわしいものである。この理論は、少なくともいくつかの国では、政府と市民の間に契約関係が存在すると考える。この契約では、政府は国民に対してある種のサービスを提供することを要求している。特に、民間犯罪者や敵対する外国政府からの保護である。その見返りとして、国民は税金を納め、法律に従うことに同意する1。社会契約に関するいくつかの見解では、政府はより大きな役割を担っており、例えば、困窮する国民の基本的ニーズの提供、物質的資源の公平な分配の確保などである2。特定の理論家が国家の正当な機能であるとするものは何でも、理論家は、社会契約が国家に対してこれらの機能を果たす権限を付与し義務を課すと主張するだろう。

伝統的な社会契約理論のもとでは、政治的義務は契約上の義務の一種であり、市民は、そうすることに同意しているのだから、法律に従わなければならない。社会契約はまた、政治的正当性を端的に説明する。ある人がある種の強制に服することに同意すれば、原則としてその強制は誤りではなく、その人の権利を侵害することはない。例えば、ナイフで人を切るのは通常悪いことである。しかし、もしあなたが手術をするために医者を雇ったのなら、その手術の際に医者があなたを切っても、それは間違いではなく、あなたの権利を侵害するものでもないのである。同じように、市民が政府のサービスに対して金を払うことに同意し、払わない場合は強制されることに同意しているのであれば、政府が市民に金を払わせることは許される3。

2.2 明確な社会契約論

社会契約は存在するのだろうか。一見したところ、この理論は現実を無視した不謹慎なものである。これまで誰も、政府がどのように運営されているかを説明した契約書を提示され、署名を求められたことはない。政府を持つことに同意するという口頭または書面での表明が適切な状況にあった人はほとんどおらず、ましてや実際にそのような表明をした人はいないのである。社会契約論者は、この出来事がいつ起こったと考えているのだろうか。

ジョン・ロックは、(少なくともいくつかの政府の場合)政府が設立された時点で実際に明示的な合意がなされたと考えていた4。当時の人々がほとんど記録を残していなかったため、こうした出来事に関する証拠はほとんど残っていないとロックは説明している。ロックは、ローマやヴェネチアを、明確な社会契約を結んで社会が成立した例として挙げている。

しかし、仮に社会契約の原型があったとしても、その契約に参加したこともなく、同意を求められたこともない、ずっと後に生まれた人たちを、どうやって拘束できるのだろうか。ロックは、社会契約は土地に関する永続的な制限的契約によって機能すると考えた。最初の契約者は、土地を含むすべての所有物を、彼らが創設した政府の管轄権に委ね、将来その土地を使用するいかなる者も、その政府に服従することを要求されるようにしたのである5。

この最後の作戦の巧妙さにもかかわらず、この理論全体は単なる神話であり、今日の関心は主に歴史の一コマとして、またより妥当な理論への箔付けとしてである。つまり、現存する国家の歴史のある時点で、クーデターのように、権利を持たない人物によって政府が強制的に乗っ取られるか、政府(またはその国民、あるいは将来の国民)が、現在支配している土地を元の住民から力づくで奪い取ったかのどちらかである。ロック派に言わせれば、これらのどちらかが起これば、国家の権威は無効になる。

例えば、アメリカ合衆国とその政府の場合、その歴史は征服の歴史である。現在のアメリカの領土は、アメリカ先住民から奪われ、アメリカ政府の支配下に置かれたものである。ロック派の考えでは、この歴史がアメリカ政府の土地支配を非合法なものにしている。

このように、この理論は、今日、歴史的な関心を集めるにとどまり、現代の著名な理論家の中には、明示的な社会契約説を支持する者はいない。次のバージョンの社会契約論は、これらの問題を回避するように設計されている。

2.3 暗黙の社会契約説

明示的同意とは、口頭や書面で「同意する」と表明することで示す同意である。これに対して、暗黙の了解とは、実際に同意を表明することなく、自分の行動を通じて示す同意である。もし市民が社会契約を明示的に受け入れていないなら、おそらく暗黙のうちに受け入れているのだろう。

では、同意を表明することなく、どのように同意を示すことができるのだろうか。ある状況下では、人は提案に反対することを控えるだけで、その提案への同意を表明することができる。私はこれを「消極的同意」と呼んでいる。例えば、あなたが役員会に出席しているときに、議長が「来週の会議は火曜日の10時に変更になる。「異議のある者はいるか」と言ったとする。議長が間を置いたが、誰も何も言わない。この場合、取締役が反対を表明するよう求められても表明しないのは、取締役がその変更に同意していることを示すと考えるのが妥当であろう。

また、ある要求が付随していることが分かっている利益を要求したり、自発的に受け入れたりすることによって、ある要求を受け入れることを約束するケースもある。私はこれを「便益の受け入れによる同意」と呼んでいる。例えば、あなたがレストランに入り、おいしそうな野菜たっぷりのラップを注文したとする。ラップを食べた後、ウェイトレスがお勘定を持ってくる。「これは何だ」とあなたは言う。「私はこの料理の代金を支払うとは一言も言っていない。支払ってほしいなら、最初にそう言ってくれればよかったのに。申し訳ないが、私はあなたに何も借りはない」。この場合、レストラン側は、あなたが料理を注文することによって、その料理の提供に関連する通常の要求、すなわちメニューに記載された代金の支払いに暗黙のうちに同意したことをもっともらしく主張することができる。この社会では、レストランは一般に報酬を得るためにのみ料理を提供することがよく知られているので(そしておそらくあなたも知っている)、もしあなたが無料の料理を望むなら、前もってそれを表明するのはあなたの責任である。そうでなければ、あなたは通常の慣習に参加することに同意しているというのがデフォルトの前提である。そのため、あなたが反対を表明しようとも、食事代を支払う義務があるのである。

暗黙の了解の第三の形態は、私が「プレゼンスによる同意」と呼ぶもので、ある場所にとどまるだけで提案への同意を示すものである。私の家でパーティーをしているとき、私はその場にいる全員に大声ではっきりと、私のパーティーに残りたい人は後片付けを手伝うことに同意しなければならないと告げる。私の発表を聞いた後、あなたはパーティーを続ける。そうすることで、あなたは最後に片付けを手伝うことに同意したことになる。

最後に、人はある慣習に自発的に参加することで、その慣習を支配する規則に暗黙のうちに同意することがある。私はこれを「参加による同意」と呼んでいる。例えば、哲学の授業で、私が学生たちに「これから自主的にくじ引きをしてみよう」と言ったとしよう。参加したい人は、この帽子に名前を入れてほしい。私が無作為に一人ずつ名前を引く。そして、他の参加者がそれぞれ1ドルずつ、名前を引かれた人に支払うことになる」あなたが私の帽子に自分の名前を入れたとする。当選者の名前が引かれたとき、あなたは残念なことに、当選者があなたでないことに気づいた。私は、当選した学生に渡すために、あなたから1ドルを徴収しに来たのである。「私はあなたに何も借りはない」とあなたは主張する。私は1ドル払うことに同意したとは一言も言っていない。私はただ、あなたの帽子に私の名前を入れただけだ。もしかしたら、私は自分の名前を帽子に入れるのが好きだから、入れたのかもしれない」この状況では、あなたはドルを手渡す義務があるように思える。この仕組みがどのように機能するかがよく分かっていたときに、あなたが自発的に参加したことは、あなたが私のくじの仕組みに関連する可能性のある金銭的負担を受け入れることに同意したことを意味する。

これら4種類の暗黙の了解-受動的な了解、利益の受容による了解、存在による了解、参加による了解-のそれぞれは、社会契約に対する市民の暗黙の了解のモデルとして使用することができるかもしれない。そもそも、おそらく市民は通常、社会契約に対して異議を唱えることを控えるだけで同意している(受動的同意)。社会契約を受け入れると明言した者がいたとしてもほとんどいないように、受け入れないと明言した者もほとんどいない。(例外は、政府を拒否することを明言した無政府主義者である)。

利益の受け入れによる同意もまた、ほぼ普遍的な権威を与えることになる。ほぼすべての人が、政府から少なくともいくらかの利益を受け入れている。国家安全保障や犯罪防止など、国家がその領域内のすべての人に自動的に提供する特定の公共財が存在する。これらの財は、市民が望むと望まざるとにかかわらず与えられる利益であるため、同意とは関係ない。例えば、平和主義者は、その意思に反して、軍事防衛という「財」を与えられている。しかし、市民が受け入れるかどうかを選択できる財は他にもある。たとえば、ほとんどすべての人が、政府によって建設された道路を利用している。政府はこれらの道路を使うことを人々に強制していない。したがって、これは政府の利益を自発的に受け入れた場合である。同様に、警察に電話して援助や保護を求める場合、他人を裁判にかける場合、子供を自発的に公立学校に通わせる場合、政府の社会福祉プログラムを利用する場合、人は自発的に政府の利益を受け入れていることになる。そうすると、人は政府を持つことに付随することが知られている条件、つまり、政府の金銭的コストの支払いを助け、政府の法律に従うべきだという条件を暗黙のうちに受け入れていると主張することができる。

次に、「存在」による同意のケースを考えてみよう。私の経験では、これは国民が国家にどのように同意を与えるかについて最も人気のある理論である。おそらく、国家の領域内にいるすべての人に適用できる唯一の説明だろうからだろう。政府は(囚人以外の)誰にも国に留まることを要求しないし、ある国の中に住む人は法律に従い、税金を納めることが期待されていることはよく知られている。したがって、自発的に留まることで、おそらく私たちは暗黙のうちに法律に従い、税金を納める義務を受け入れることになる8。

最後に、政治制度への参加を通じて暗黙のうちに同意する国民もいるかもしれない。選挙で投票すれば、自分が参加している政治体制を受け入れていると推論されるかもしれない。その結果、たとえ自分が望んだ法律と違っていても、政治システムのルールに従って作られた法律など、政治プロセスの結果に従うことが義務づけられるかもしれない。

これらの4つの提案のいずれかが成立すれば、少なくとも一部の国民に関しては、政治的義務と政治的正当性の両方を説明することができるだろう。

2.4 有効な協定の条件

有効な合意とは、道徳的に有効な合意である。つまり、人が同意するある行為を許容すること、あるいは人が同意した方法で行動する義務を発生させることに成功する合意である。前節の例はすべて有効な合意に関するものであった。しかし、ある種の「合意」は無効である。例えば、ある犯罪者があなたの頭に銃を突きつけて、あなたの最新作の映画化権を譲り渡せと要求してきたとする。もしあなたがサインしたら、暴力の脅しによってその契約は非自発的なものとなり、無効となる。あるいは、あなたがセールスマンからテレビを買うことに同意したとする。しかしセールスマンは、そのテレビが壊れており、画像が表示されないことをあなたに知らせなかったとする。この場合、売買契約はセールスマンの詐欺行為によって引き出されたものだろうから、無効である。テレビは、通常、画像を表示することができるものと理解されており、このことは、人々がテレビを購入する理由にとって不可欠である。したがって、もし動かないテレビを売りたいのであれば、この条件を明示しなければならない。そうでなければ、テレビは動くものであるというのが既定の前提である。

有効な合意が存在する場合について完全な説明を試みることはしない。しかし、有効な合意に適用される一般原則としては、以下の4つが考えられる。

1.有効な同意には合理的なオプトアウト方法が必要である。あらゆる合意の当事者は、権利を有する何かを犠牲にすることなく、合意を拒否する選択肢を持たなければならない。

セクション2.3の役員室の例を修正して考えてみよう。議長は、「来週の会議は、火曜日の10時に変更する」と言う。反対する人は、左腕を切って合図をしてほしい」9 議長が立ち止まる。腕は切れない。よろしい、合意された!」と彼は宣言する。これは有効な合意ではない。なぜなら、スケジュール変更に反対する代償として、役員に左腕を差し出せという要求は不合理だからだ。一方、2.3節のパーティーの例では、後片付けを手伝うことに同意しないなら私のパーティーから出て行けという要求は妥当である。なぜなら、私のパーティーには誰が参加するかを決める権利が私にあるからだ。

修正後の役員会の例とパーティーの例との重要な違いは、コストの大きさの問題ではない。つまり、左腕を失うことの方がパーティーから追放されることよりもずっと悪いというだけではない10。会長は、スケジュールの変更に異議を表明するために役員に1ドルを支払うよう要求することさえ正当化されないだろう。むしろ、反対者が手放すよう要求される財貨に対して、誰が権利を持つかの問題である。ある提案への同意を求める人は、その提案を拒否する代償として、あなたの権利を放棄するよう要求することはできない。私は、あなたが私の提案を受け入れない場合、私の財産の使用を諦めるよう要求することができるが、あなたの財産の使用を諦めるよう要求することはできない。

2. 明示的な反対意見は、主張された暗黙の了解に優先する 同意しないことを明示的に表明した場合、有効な暗黙の了解は存在しない

セクション2.3のレストランの例を変形して考えてみよう。席に着いた後、あなたがウェイトレスに「私はあなたが運んできた食べ物の代金は払わない」と言ったとする。しかし、とにかく野菜たっぷりのラップをほしい」と言ったとする。その後、ウェイトレスがラップを持ってきても、あなたはその代金を支払う義務はない。あなたの発言から、彼女はあなたが食事代を払うことに同意したともっともらしく主張することはできないだろう。

パーティーの例ではどうだろうか。私は、私のパーティーに残った人は片付けを手伝うことに同意しなければならないと発表した。私の発表の後、あなたが「私は同意さない」と答えたとする。私はあなたに退席を促したが、あなたはそれを拒否し、パーティーの終わりまで残っていた。この場合、あなたは片付けを手伝う義務があるのだろうか?あなたは、「同意しない」とはっきり言ったので、片付けに同意したわけではない(どれだけはっきり言えるだろうか?) しかし、あなたが掃除を手伝う義務があるというのはもっともなことである。なぜなら、あなたがそうすることに同意したからではなく、私には私の家の使用に関して条件を設定する権利があり、その中には使用する人が掃除を手伝うという条件も含まれるからだ。これは合意ではなく、私の家に対する所有権に由来するものである。

3. ある行動が、ある計画への同意を示すと見なされるのは、その行動を取らなければその計画が自分に課されることはないと信じられる場合に限られる

例えば、役員会の例で、議長が「来週の会議は火曜日の10時からに変更する、それについて皆さんが何を言おうが関係ない。さて、どなたか異議のある方はいるか」と彼は言った。誰も何も言わない。「よろしい、決まった」と彼は宣言する。この場合、有効な合意はない。取締役会メンバーには異議を唱える機会が与えられたが、異議を唱えればスケジュール変更はいずれにせよ行われることを理解させられた。したがって、彼らが異議を表明しなかったことをもって、合意を意味するとは思えない。単に、選択の余地のないことに抗議して時間を浪費したくなかったということかもしれない。

4. 契約上の義務は相互的かつ条件付きである 契約は通常、両当事者に互いに義務を負わせ、一方の当事者が契約上の義務を拒否することで、他方の当事者の義務が解放される

あなたがレストランで料理を注文したとする。あなたとレストランのオーナーの間には、レストランが料理を提供し、あなたが代金を支払うという暗黙の了解がある。ウェイトレスが料理を運ばない場合、あなたはウェイトレスにお金を払う必要はない。ウェイトレスが約束を果たさないことで、あなたは約束を果たす義務から解放されるのである。さらに、一方の当事者が契約を守るつもりがないことを伝えるだけで、もう一方の当事者も契約を守る義務はない。したがって、料理を注文した後で、それを受け取る前に、店員に「レストランにお金を払う義務はない」と伝えた場合、レストランは、あなたが契約を拒否したと判断し、あなたに料理を持ってくる必要はないのである。

この4つの条件は、同意と契約に関する常識的な考え方に属するものである。次節では、これらの原則を、想定される社会契約に適用する。

2.5 社会契約は有効か?

2.5.1 オプトアウトの難しさ

有効な契約に関する最初の条件から始めよう。契約のすべての当事者は、オプトアウトするための合理的な方法を持たなければならない。社会契約から脱退するために利用可能な手段とは何だろうか。それは、国家が支配する領域から退去することである。

この選択肢を行使できない理由をいくつか考えてみよう。自国を離れるには、通常、どこかの国の許可を得てその領土に入らなければならないし、ほとんどの国が移民に制限を課している。また、希望する国へ移住する経済的な余裕がない人もいる。移住できる人でも、家族、友人、故郷への愛着から移住できない場合もある。さらに、移住すれば、他国の政府に服従することになる。どの政府にも同意したくない人は、どうすればいいのだろうか。海に住むか、南極に移住するか、自殺するかである。

では、国家が支配する領域から出るという選択肢は、社会契約から離脱する方法として合理的なのだろうか。要求があまりにも過酷であるため、合理的でないと考える人もいる。デイヴィッド・ヒュームの言葉を借りれば、こうだ。

人間は、船内にとどまることによって、船長の支配に自由に同意している、と断言してもよい。

しかし、2.4 節で述べたように、このことは主要な問題ではない。主要な問題は、社会契約を拒否する代償として、権利を有するものを放棄するよう求められているかどうかということである。これは確かにそうだと思う。もし理事長が、スケジュール変更案への反対を表明するために理事に1ドルを支払うよう要求できないのであれば、どうして誰かが契約への反対を表明するために家と仕事を手放し、友人や家族をすべて置き去りにすることを要求できるだろうか。

ここに一つの答えがある。おそらく、国家はその管轄権を主張するすべての領土を所有しているのだろう。したがって、パーティーの後片付けを手伝うことに同意しない人を、私が家から追い出すことができるように、国家は、法律を守り税金を払うことに同意しない人を、その領土から追い出すことができるのである。

たとえ国家がその領土を所有していると認めたとしても、社会契約を拒否する人々を追放することができるかどうかは議論の余地がある(次のように比較してみよう:もし私のパーティから途中で抜ける人は死ぬ運命にあるのなら、私はパーティから人々を追い出す権利を失うと考えるかもしれない)。しかし、ここではその問題を解決する必要はない。その代わりに、国家が管轄権を主張するすべての領土を実際に所有しているかどうかに注目してもよいだろう。もしそうでなければ、国家はその土地の使用に条件を付ける権利を持たないことになる。

例として、米国の場合を考えてみよう。この場合、国家が「その」領土を支配しているのは、(1)ヨーロッパの植民地主義者がその土地をもともと占有していた人々から先に収奪したこと、(2)最初の収奪者から代々受け継がれてきたその領土の一部の権利を得た個々の土地所有者に対する国家の現在の強制力によるものである。このことは、米国政府側に正当な財産権を生じさせるとは思えない12。たとえ、源泉(1) を見過ごしても、すべての政府に適用される源泉(2) は、財産権の主張の正当な根拠とはなりえない。国家がある地域の人々に対して権力を行使するという事実だけで、その地域内のすべての土地に対する財産権(他のいかなる種類の権利も)を国家に与えることはないのである。

もし、国家の権威を確立することができれば、国家は、単にその財産を国家に割り当てる法律を公布することによって、その領土すべての所有権を確立することができる。「土地収用法」(国によっては「強制購入」、「再開発」、「収用」)は、まさにそのような法律と解釈されるかもしれない。しかし、これは社会契約論者にとって何の役にも立たない。なぜなら、社会契約は国家の権威を確立するための方法として意図されているからだ。したがって、社会契約論者は、社会契約そのものがどのように成立するかを説明する際に、国家の権威を前提にしてはならないのである。もし、国家がすでに権威を持っていると仮定しなければ、国家が国民のすべての土地の所有権を主張することは非常に困難である。そして、国家がすでに権限を持っていることを前提にしなければ、社会契約論は必要ないのである。

第1章では、あなたが村の他の人々から、荒らしを罰し、その代価を強要されるという話があった。あなたが隣人の家に行って代金を受け取ろうとすると、隣人は、あなたの防犯サービスに対してお金を払うことに同意した覚えはないと抗議してきたとする。それに対してあなたは、「そんなことはない。あなたの家に住んでいるのだから、あなたは同意したのである。お金を払いたくないのなら、家から出て行ってみよう」これは妥当な要求だろうか?隣人が家を出なかったからと言って、あなたにお金を払う義務があるのだろうか?

もちろん、そうではない。あなたの家に借家人が住んでいる場合、あなたはその借家人に、あなたの保護サービスを購入するか、家を出て行くように要求することができる(ただし、これが、あなたがその借家人と交わした既存の契約と一致する場合に限る)。しかし、あなたには、隣人が自分の家から出て行くことを要求する権利も、隣人が自分の土地に住み続けることに条件を付ける権利もない。隣人があなたに保護費を払うことに同意しないなら自分の家から出て行けというあなたの要求は、あなたの保護サービスを購入しないことを選択する「合理的な方法」を意味しないのである。政府が本当に(通常言われているように)国民が所有するすべての土地を所有していない限り、政府はこの例におけるあなたと同じ立場になるだろう。政府は、個人が自分の土地の使用を止めるよう要求することも、個人が自分の土地を占有し続けることができる条件を設定することもできない。

私は、有効な契約に関する第一の条件は、社会契約によって破られると結論づける。

2.5.2 明確な反対意見を認めないこと

第二の条件について説明しよう。契約を受け入れないと明示的に表明した場合、暗黙のうちに契約を受け入れたことにはならない。社会契約の場合、少数の人々が明示的に反対意見を表明している。政治的無政府主義者、つまり政府など存在すべきではないと主張する人々である。しかし、どの政府もアナキストに法律や税金を課し続けている。社会契約に対してどんなに声を大にして抗議しても、政府は税金を返してくれないし、法律から免除してくれない。

明確な反対意見を認める国家が存在する可能性もある。そのような国家の社会契約は、より有効なものに近づくだろう。少なくとも、有効な契約に関するこの第二の原則に違反することはないだろう。しかし、実際の国家はこの条件に違反し、したがって、その権威を主張する人々の少なくとも一部に対して真の権威を持つことができない。このことは、これらの国家が他の市民に対して権限を持つことを妨げるものではない。もしその他の市民が何らかの形で自発的に同意したのであれば。しかし、国家が明示的な反対意見を認めないことはよく知られており、明示的に反対意見を表明していない人々によってなされたとされる暗黙の同意の有効性には疑問符がつく。実際には反対を望まない人たちであっても、明示的に社会契約を断るという選択肢は与えられていないことに変わりはないのである。

2.5.3 無条件の押しつけ

有効な合意に関する第三の原則は、ある行動は、その人がその行動を取らなければ、その計画は自分に課されないと合理的に仮定できる場合にのみ、ある計画に対するその人の合意を示しているとみなすことができる、というものであった。このことは、市民が社会契約を暗黙のうちに受け入れると言われる方法のほとんどすべてを除外している。

ほとんどすべての人が、政府に反対しようが、政府のサービスを受け入れようが、政治プロセスに参加しようが、国家は相変わらず同じ法律と同じ税金を課し続けることを知っている。したがって、異議を唱えないこと、政府サービスを受け入れること、そして政治プロセスに参加することでさえ、社会契約への同意を意味するものとは見なされない。

この原則によって排除されない暗黙の同意の一つの形態は、プレゼンスによる同意である。暗黙のうちに統治されることに同意するとされる他のすべての方法とは異なり、国家の領域に存在し続けることは、国家の法律があなたに課されるための条件である。したがって、プレゼンスによる同意のみが、有効な合意に関する第三原則を満たす。しかし、プレゼンスによる同意という考え方は、他の理由によって上記で否定されている。

2.5.4 相互の義務がないこと

最後に、有効な合意に関する第四の原則に触れる。契約は当事者に相互の義務を課し、各当事者の義務は他方の当事者がその義務を受け入れることを条件とするものである。

社会契約の場合、個人は国家が公布した法律に従う義務があるはずだ。時には市民がその法律に違反することもあるが、その場合、国家の代理人は-違反に気付き、資源に余裕があれば-通常、罰金や投獄などの処罰を行う。国家が作る可能性のある法律の範囲が広く、不定であることと、それに違反した場合に受ける可能性のある刑罰の範囲を考えると、社会契約に基づいて個人が国家に譲歩することは非常に大きな意味を持つ。

国家は、犯罪者や敵対する外国政府から市民を保護することを含め、市民の権利を行使する義務を負うことになっている。国家がこの義務を果たさないことはあるのだろうか。失敗したらどうなるのだろう?

ある意味では、国家は常に失敗している。どんな大きな社会でも、毎年何千、何百万という市民が、国家が防げなかった犯罪の犠牲になっている。しかし、国家がすべての犯罪を防止することを期待するのは無理があるだろう。おそらく社会契約は、国家が犯罪を防ぐために合理的な努力をすることだけを要求しているのだろう。しかし、国家がそれさえもできないとしたらどうだろう。政府が合理的な努力をしていれば、わずかなコストで簡単に防げたはずの重大犯罪の被害者になってしまったとする。その時、国家は社会契約上の義務を怠ったことになるのだろうか。

社会契約が何かを意味するのであれば、その答えは「イエス」に違いない。もし国家と市民の間に契約があるならば、国家は市民のために何かをする義務があるはずだ。犯罪からの保護は国家の最も中心的で広く認識されている機能だろうから、国家はおそらく犯罪から人を保護することに関して何らかの義務を負っているはずだ。もしこの義務が全く意味のあるものであるならば、国家がその義務を果たせなかったとみなされるようなことがあり得るはずだ。そして、もし前項で述べたような状況が、市民を犯罪から守るという義務を果たしていないとみなされないのであれば、何がそうさせるのか、なかなかわからない。

米国では、このような事態が何度も起きている。以下にその一つを紹介する。聞き捨てならない話だが、そこから学ぶべき重要な点がある。

1975年3月のある朝、ワシントンDCの女性3人が住むタウンハウスに2人の男が侵入した14。2階の女性2人は侵入を聞き、階下から同居人の悲鳴を聞いた。2人は警察に電話し、救助が来ることを告げられた。二人の女性は窓から隣の屋根に這い出て待っていた。すると、パトカーが通りかかり、去っていくのが見えた。別の警官が玄関のドアをノックしたが、応答がなく、押し入った形跡もなかったので、その場を離れることにした。裏口は調べなかった。中に入ると、また同居人の叫び声が聞こえたので、2階の女性たちはまた警察に電話した。しかし、2回目の電話には誰も駆けつけてくれなかった。同居人の叫び声が止んだとき、2階の女性は警察が来たと思った。同居人の悲鳴が止んだので、警察が来たと思い、同居人に呼びかけたが、それは犯人に自分たちの存在を知らせるだけであった。その後、2人の犯人は3人の女性を誘拐し、犯人のアパートの一室に連れ帰り、14時間にわたって女性たちを殴り、奪い、レイプしたのである。

この事件で注目すべきは、国家が一部の国民を保護する義務を悲劇的に果たせなかったというだけではない。社会契約論にとってより重要なのは、その後に起こったことだ。彼女たちは、政府が彼女たちを保護する義務を怠ったとして、コロンビア特別区を連邦裁判所に訴えた。もし、政府が市民を保護するために合理的な努力をする契約上の義務があるとすれば、彼女たちは明確な裁判を起こすことができるはずであった。ところが、裁判長は裁判をせずにこの事件を却下してしまった。原告側は控訴したが、棄却が支持された。

なぜか?政府の過失に異論はなく、その結果、女性たちが大きな被害を受けたことにも異論はなかった。裁判所が否定したのは、そもそも政府には3人の女性を保護する義務があったということだ。控訴裁判所は、「政府とその代理人は、警察の保護などの公共サービスを、特定の個々の国民に提供する一般的な義務を負わないという基本原則」を引用したのである。政府の義務は、あくまでも犯罪を抑止するための一般的な義務である、と裁判所は説明した。裁判所は、個人を保護する義務が認められると、「政府の業務が事実上迅速に停止し」、「現実と空想の不満をめぐる新世代の訴訟当事者が裁判所に送り込まれる」ことを懸念した15。

この判決は、決して特殊なものではなかった。別の事例では、ある女性が、別れた夫から電話で「今から殺しに来る」と言われ、警察に電話をかけた。警察は、夫が到着したら電話をかけ直すようにと言った。16 第三の事例では、社会福祉省が、ある男性を息子への虐待で監視していた。DSSのソーシャルワーカーは、5回にわたって虐待の証拠を記録したが、子どもは父親に預けられたままであった。この事件も、政府を相手取った訴訟に発展し、あっけなく却下された。児童虐待のケースは、連邦最高裁に上告されたが、連邦最高裁は棄却を支持した。この事件でも、政府は市民を保護する義務を負っていないと裁判所は判断している。

これらの裁判は、社会契約法理とどのように関係しているのだろうか?これらの裁判では、国家が個人に対して何らかの義務を負うことは否定された。契約は一般的に当事者同士の相互義務を必要とするので、これは個人と国家との間に契約が存在しないことを意味する。

では、国家の義務は個人ではなく、広く国民に対して負っているという考え方はどうだろうか。この提案の問題点の一つは、それが純粋に恣意的であるということである。この提案には実際の証拠がなく、国家が単に社会契約は国家自身がやりたいことだけを要求すると宣言しているのではないかと疑われても仕方がないだろう。もう一つの問題は、社会契約論は、なぜ個人が国家に従わなければならないかを説明するためのものである。もし個人が社会契約の当事者でないなら、その契約のもとでは国家に対して何の義務も負わない。もし契約が何らかの形で国家と一般大衆の間にのみ存在するのであれば、おそらく「一般大衆」は国家に対して何かを負っているが、個人は負っていない。一方、社会契約が個人と国家の間に成立しているのであれば、国家は個人に対して義務を負わなければならない。つまり、個人は国家に対して義務を負うが、国家は個人に対して何の義務も負わないということはできないのである18。

おそらく、これらの裁判の意見は間違っていたのだろう。しかし、裁判所が発表し、再確認され、決して覆されることのない意見は、政府の公式見解である。つまり、政府は、特定の国民を保護する義務はない、という立場を公式に、明確に採用したことになる。したがって、政府は社会契約を否定したことになる。もし国家が社会契約を否定するならば、個人もその契約の下で義務を負うとは考えられない。

この最後の議論、相互義務からの議論は、特にアメリカ合衆国に適用されるものである。他の政府は、国民を保護する積極的な義務を認めれば、この欠陥を免れるかもしれない。

このセクションで私が主張したいのは、ほとんどの人は政府を持つことに同意しないだろうということではない。私の主張は、実際には有効な合意は存在しないということである。おそらく皆さんは、もし選択肢があれば社会契約を受け入れただろう。しかし、あなたはそうしなかった。このことは、あなたと政府との関係を、あなたが実際にその関係に満足しているかどうかにかかわらず、非自発的で非契約的なものにしている。また、すべての非自発的な関係が道徳的に違法または不当であると主張しているわけではない。要は、社会契約説は非自発的な関係を自発的なものとして描いているので、間違っているというだけのことである。

2.6 結論

社会契約説は、政治的権威を説明することができない。実際の社会契約理論は失敗する。なぜなら、どの国家もオプトアウトの合理的な手段、つまり、国家が独自に課す権利のない大きなコストを反対者に負わせる必要のない手段を提供しなかったからだ。暗黙の了解に関するほとんどの説明は失敗している。なぜなら、ほとんど全ての国民は、同意を伝えるとされる特定の行為を行ったかどうかにかかわらず、政府の法律が彼らに課されることを知っているからだ。個々の市民を保護する義務を否定する政府の場合、契約論は、仮に社会契約があったとしても、政府がその契約上の中心的義務を否認し、それによって市民がその契約の下で負っていたはずの義務から解放されているという追加的な理由で失敗する。

伝統的な社会契約理論の中心的な道徳的前提は称賛に値する。しかし、事実の中心的な前提は、現実に即している。他のどのようなことを言おうとも、政府への服従は明らかに自発的ではない。現代では、すべての人間がこの従属の下に生まれ、そこから逃れる現実的な手段を持っていないのである。

  • 1 ロック1980 しかし、ホッブズは、国家は契約の当事者ではないので、国家は市民に対して何も負っていないと主張し、その代わりに、社会契約を市民間の契約とみなしている(1996, 122)。
  • 2 ロールズ1999、ゴーティエ1986。
  • 3 他の強制の形態に対する同意を通常撤回できるように、市民が後で同意を撤回できるかどうかという興味深い問題が残る。このことは、本文で後述する問題に加えて、さらなる問題を引き起こす。
  • 4 ロック1980,100-4節。
  • 5 ロック 1980, 116-17, 120-1 節。
  • 6 ヒューム 1987, 471.
  • 7 この例は、Simmons (1979, 79-80)による。
  • 8 ロック1980,120-1節、大塚2003,5章。
  • 9 この例はシモンズ(1979, 81)による。
  • 10. 大塚(2003, 97)が主張するように、同意がなされないと非常にコストがかかる場合でも、同意は有効である場合がある
  • 11. ヒューム 1987, 475.
  • 12. 不当な歴史の問題は、世界の国土のすべて、あるいは大部分に影響を及ぼす。その内容は不明である
  • 13. これに対しても、いくつかの例外がある。例えば、海外に住む米国市民は、その収入の一部について、まだ米国税を支払う必要がある場合がある
  • 14. この事件は、Warren v. District of Columbia (444 A.2d. 1, D.C. Court of Ap., 1981)という判例があり、そこから私の説明を導き出したものである。
  • 15. 同上、多数意見より
  • 16. Hartzler v. City of San Jose, 46 Cal.App. 3d 6 (1975)
  • 17. DeShaney v. Winnebago County Department of Social Services, 489 U.S. 189 (1989).
  • 18. 社会契約は個人と国家の間に成立するが、国家の個人に対する約束は社会一般を保護することだけであると主張する人もいるかもしれない。

管理

13. 民主主義からアナーキーへ

アナーキーは理論的には望ましいかもしれないが、実現可能なのだろうか。本章では、アナーキー資本主義秩序が最終的に発展することは、必然ではないものの、不可能でもなければ、極めてありえないことでもないと主張する。

13.1 現行主義的な偏見に抗して:急進的な変革の展望

私たちは、無政府資本主義が実現されたことがなく、現状とは大きく異なるという理由だけで、無政府資本主義世界の台頭は極めてありえない、あるいは不可能であると結論付けたい誘惑に駆られるかもしれない。私は、この誘惑に抗うべきであると主張する。私が楽観的な見方をしているのは、大きく分けて3つの見解があるからだ。第一に、人類の歴史において、政治的・文化的な大転換を含め、多くの根本的な変化が起きてきたことである。第二に、未来は過去よりもさらに急速な変化を遂げる可能性が高い。第三に、最も重要な長期的社会変化のいくつかは、最終的に無政府資本主義が出現する方向と一致している。

最初の観察について詳しく述べると、解剖学的に現代人のホモ・サピエンスが出現したのは20万年前である。最初の19万年間は文明がなく、人類は主に狩猟採集の遊牧民として生活していた。その間、ほとんど変化はなかった。宇宙人の観察者は、何か面白いものを見ることはできないと、ずっと前からあきらめていたことだろう。しかし、1万年ほど前から、人類は原始社会から文明社会へと急激に移行し、現在ではほぼ全人類を包含している。

文明の歴史の大半において、人類社会は専制政治と呼ぶにふさわしい形で組織されていた。個々の独裁者や少数の貴族グループによって支配される社会は、市民の権利や利益をほとんど顧みないものであった。民主主義は散発的に、しかも非常に不完全にしか試みられていなかった。しかし、9800年にわたる専制政治を経て、200年前から人類はついに民主主義への決意を固め始めた。この変化は20世紀に加速し、現在では地球全体を包み込む運命にあるようだ(図13.1参照)1。

図13.1 世界の民主主義国家数(1800~2010年

【原図参照】

人間は自然の産物の中では珍しく、何千年、何十万年と同じことをやっていても、その後、急速に根本的に新しい行動様式に移行することがある。文明の勃興と専制政治から民主主義への移行は、いずれも人間の知性が可能にした人間の社会組織の急激な変化の例である。他にも、奴隷制の廃止、女性参政権の普及、暴力率の極端な低下、共産主義の興亡、グローバル化の進展など、歴史上多くの劇的な社会的・政治的変化が起きている。社会の急激な変化が止まったと考えるのは愚かなことである。むしろ、社会変化のスピードは加速しているように見える。例えば、この20年間で、民主主義はそれまでの200年間に到達したのとほぼ同じ数の新しい国々に広がっている。経済や技術の発展も指数関数的に進んでいるように見える。新しい情報技術と世界の相互接続の増大は、これまで以上に急速な社会変化を可能にしているように見える。

100年以上先の人類社会がどのような姿をしているか、何世紀も前の先人たちが私たちの社会の姿を予測できたのと同じように、今の私たちには予測することができない。しかし、未来は現在と同じようにはならないだろう。過去の急激な変化は、経済的、技術的なものだけでなく、社会的、政治的なものであった。したがって、現在の社会的・政治的制度が今後も急激な変化から免れると考えるのは近視眼的であろう。私は、世界的な無政府状態の到来を予言しているのではない。しかし、人類の歴史は混沌としており、将来の不確実性も大きいので、無政府状態も一つの可能性として考えている。

そう考える理由は何だろうか?一つは、人類の歴史に見られる幅広い傾向の中で、最も顕著なものが無政府資本主義の方向への動きと一致しているということである。哲学的に最も興味深い傾向は、人間の価値観の傾向である。人類がその歴史の中で見てきた自由化の度合いを誇張することは困難である。ほんの数例を考えてみよう。

今日、ボクシングというスポーツの残虐性を批判する人がいる。しかし、古代ローマでは、当時の娯楽は剣闘士による戦いであった。今日のボクシング関係者が、ボクサーに剣を持たせて、お互いを切断するように提案することを想像してみてほしい。

歴史上最も偉大な哲学者の一人