WEF/グレート・リセット政治・経済資本主義・巨大企業

「GIANTS」グローバル・パワーエリート 第一章 国境を超えた資本家階級パワーエリート 70年の歴史

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Giants

我々は皆、「彼ら」が世界を、あるいはその大部分を動かしていることを知っている。そして、彼らの唯一の目的が自分たちをさらに豊かにすることであることも、この強迫的な事業が、貧困を広げ、終わりなき戦争を引き起こし、地球を末永く汚染することによって、我々残りのすべての人々を殺していることも、知っている。

我々は、彼らがいかに強力であるか、そしてそれが我々に何をしているかを知っている。しかし、我々は「彼ら」が誰であるかを正確に知らない。我々が非常に必要とする情報を、「我々の自由な報道」は我々に提供しなかったし、どの学校でも定期的に教えられていない。

そして、彼らの息の根を止めたい我々は、ピーター・フィリップスに(解放的な意味で)恩義を感じている。彼のおかげで、199人の致命的なスーパー経営者の名前と物語をようやく知ることができた。フィリップスは、C.ライト・ミルズがかつてアメリカだけを動かしていた「パワーエリート」の貴重な解剖を終えた後、西側の軍事力という巨大な手段、国際的な「情報コミュニティ」、そして少なくとも「我々の自由な報道機関」を通じて、今日の世界をほぼ支配する「トランスナショナル資本主義クラス」のメンバーを徹底的に特定する。

しかし、フィリップスは、真の抵抗の可能性と(真の)民主主義への道を指し示すことによって、我々に希望を与えてもいるのだ。我々が今いる場所とその理由を正確に知りたい人、そして我々は別の場所に行くことができるし、そうしなければならないと知っている人にとって、『ジャイアンツ』は今すぐ読むべき本であり、薦めるべき本である。

-マーク・クリスピン・ミラー、博士、ニューヨーク大学メディア研究教授

 

『ジャイアンツ』は学際的な力作であり、多国籍資本主義階級のグローバルなパワーエリートを独自に分類・追跡し、世界の隅々や我々の生活のあらゆる面にますます大きく広がっていることを分析する暴露本である。Project Censoredのベテランで著名な政治社会学者であるピーター・フィリップスは、資本主義後期の富の集中の政治経済を分析し、迫り来る結果を指摘し、何をなすべきか-新しいグローバル・パワーエリートの名前を挙げ、ネットワークを暴露し、手遅れになる前にすべての人にとってより公正、民主、代表的社会を反映する形で権力の力学を逆転するよう、彼らにその役割を求めることさえ含んでいる。

「本書は一般市民にとって必読の書であり、特にコミュニティ・カレッジや大学生に適している。フィリップスの『ジャイアンツ』は、現代に必要な本である。公教育や真に自由な報道機関を含む)民主主義制度を再生し、環境破壊的な気候危機を是正し、永久戦時経済を制限し方向転換すること。地球上の種としての我々の未来は、フィリップスが『ジャイアンツ』で暴露したグローバルなパワーエリートの野心とネットワークをどれだけ理解し、それに立ち向かうために動員し行動するかどうかに大きくかかっている可能性がある」。

-ミッキー・ハフ、メディア・フリーダム・ファウンデーション代表、プロジェクト・センサードディレクター、ディアブロ・バレー・カレッジ社会科学・歴史学教授。

 

「この重要な本の中で、ピーター・フィリップスはいくつかの点で権力に関する進歩的な考えを進めている。彼は社会学者C.ライト・ミルズの社会構造のモデルを、国家権力エリートからトランスナショナル資本家階級に拡大した。そして、その階級に属する主要な権力者を特定し、個人と組織の説明責任の倫理を強調した。そして、今日の政治情勢で必要とされる一貫した人権の枠組みの中で、それを実現している。ジャイアンツ グローバル・パワー・エリートは、切実に必要とされている社会変革のための重要な地図である。」-ROBERT HACKETT

-サイモン・フレーザー大学コミュニケーション学部教授 ロバート・ハケット(ROBERT HACKETT

 

「世界的な資本の集中が止まらず、不平等が深刻化し、人類は絶滅の危機に瀕している。この抑圧的で暴力的な経済秩序を動かしている金融界の巨頭は、これまでほとんど影で活動してきたが、ピーター・フィリップスは最新作でその名を挙げた。よく聞かれるが、ほとんど答えのない質問に、ジャイアンツは詳細に答えている。誰が本当に糸を引いているのか?本書は、最も強力なシンクタンク、投資会社、企業役員会を管理し、地球を犠牲にして社会の意思決定を行う一握りの人物の概要を示している。『ジャイアンツ』は、帝国と資本主義の覇権を握る人々を理解するために不可欠なツールであり、そうすれば我々は生存のために戦う力を得ることができるだろう。」

-アビー・マーティン、調査報道番組「エンパイア・ファイル」の司会者

 

ピーター・フィリップスの著書『ジャイアンツ』は、数十年にわたるパワーエリートに関する研究を経て、世界で最も裕福な個人と組織をつなぐパワーネットワークと、彼らの力を支えるイデオロギー的正当性を暴き出したものである。フィリップスの社会正義と人権への強いこだわりを反映し、非の打ちどころのないオリジナル研究が、熱烈な行動への呼びかけの土台となっている。本書は、21世紀の社会経済的不平等を理解しようとする人にとって必読の書であり、より良い世界を作ろうとする人にとって不可欠なインスピレーションとなる。

-Project Censoredのアソシエイト・ディレクター、ANDY LEE ROTH氏

 

「ピーター・フィリップスは、アメリカ人の生活を形成する強力な経済的利害関係の役割を再評価するよう我々に要求している。抽象的なエリートについての議論ではなく、ジャイアンツは主要な人物を名前、利益、役割で列挙している。批判的思考が好きな人には貴重な資料だ」。

-善き政府と包摂のための研究所(IGGI)代表兼CEO、LOAN K. LE, PHD.

 

「本書は、一群のグローバルエリートの台頭と、彼らが世界中で振るう権力について、大胆不敵に暴露したものである。見事に論証され、綿密に文書化されている。. . . フィリップスは思いやりと人間性をもって書き、権力のメカニズムを明らかにすることが、民主主義、平等、環境破壊という現在の危機に対処するための世界経済システムの再構築に必要な第一歩であることも教えてくれる。」

-フォーダム大学コミュニケーション・メディア学教授 ロビン・アンダーセン氏

 

「ジャイアンツ。グローバル・パワー・エリートは、グローバルな寡頭政治を見事に解明したものである。グラフィックはうまく機能しており、文章は非常に明快で魅力的である。ピーター・フィリップスは膨大なデータを収集し、それを実にうまく表現している。彼の努力に敬意を表し、この本が多くの読者を獲得することを願っている。」

-WILLIAM CARROLL、ビクトリア大学社会学教授

 

「フィリップス博士は、我々の世界の権力と支配の大部分を担う17のグローバル金融の巨人、我々が世界中で苦しんでいる社会問題の多くに貢献しているにもかかわらず、しばしば説明責任から隠されたままの巨人について、驚くべき仕事をやってのけている。偉大なC.ライトミルズを彷彿とさせるラディカルな社会学者として、フィリップス博士はこれらの巨大企業の名前を挙げ、読者に社会活動のための有用な入門書を提供する。彼は、これらのグループがどのように民間の警備会社によって守られているか、また、メディアがどのように彼らをきれいに見せ続けているかを詳しく説明する。フィリップス博士は権力に真実を語り、この著作の最後には、これらのグローバル・ジャイアントに対する公開書簡を掲載し、私はこれに誇りを持って署名し、より公正な社会を再構築するよう呼びかけた。」

-スーザン・ラーマン博士

 

「ジャイアンツ。本書は、少数のグローバルな政治エリートに富が集中することが、人類の幸福や地球上の生命の究極的な持続可能性にどのような影響を及ぼすかに関心を持つすべての人にとって必読の書である。政治社会学の最高の伝統と、データに基づいた強力な分析により、ピーター・フィリップスは、少数のグローバル・パワー・エリートが、人類の幸福-寿命さえ-を犠牲にして、自らの利益のために世界経済を「操作」してきたことを実証している。」 -人類学者DONNA BRANDS.

-人類学者ドナ・ブラセット博士

 

「グローバル・エリートは、その軍隊や警察とともに、加速度的に、自分たちの利益に基づいて地球を破壊している。. . . このままでは、地球も、我々の子供も、孫も、非常に暗い未来に直面することになる。彼らの政策は、すでに我々を瀬戸際まで追い込んでいる。「ジャイアンツ ジャイアンツ:グローバル・パワー・エリート」は、貪欲な破壊者たちが利益と惑星資源の世界的支配の名の下に何をしようとしているのかについての実地ガイドだ。読んで涙を流し、そしてできる限りそれに抵抗するために行動しよう。ジョー・ヒルが言ったように、『嘆くな、組織せよ!』」。

-デニス・J・バーンシュタイン(ラジオニュース番組「フラッシュポイント」エグゼクティブ・プロデューサー

 

「誰が世界を支配しているのか知りたければ、この本を読めばいい。彼らが使っている組織と、それを作り出しているネットワークを知りたければ、この本を読めばいい。彼らが地球を破壊するのを止めるために「何をすべきか」を知りたければ、この本を読み、そして行動を起こそう。」

-デイビッド・コブ、2004年緑の党大統領候補、「協力フンボルト」共同設立者

目次

  • 前書き
  • はじめに
  • 誰が世界を支配しているのか?
  • 1.国境を超えた資本家階級パワーエリート 70年の歴史
  • 2.グローバル金融ジャイアンツ  グローバル資本主義の核心
  • 3.経営者 グローバル・パワー 金融ジャイアンツのエリートたち
  • 4.ファシリテーター 国際資本家階級のパワーエリート 政策立案センター
  • 5.保護者 パワーエリートと米軍 NATO帝国、諜報機関、民間軍事会社
  • 6.イデオロギー論者 企業メディアと広報 広報宣伝会社
  • 7.ジャガーノートに立ち向かう 民主化運動と抵抗 ポストスクリプト
  • グローバル・パワー・エリートへの手紙
  • 謝辞

前書き

『ジャイアンツ グローバル・パワー・エリート』は、C・ライト・ミルズの1956年の著書『パワー・エリート』の伝統を受け継いでる。ミルズと同様に、我々の生活や社会のあり方に影響を与える権力のネットワークに対する認識を高めることを目的としている。ミルズは、パワーエリートとは、大きな影響を与える「何事も決定する者たち」であると述べている。それから62年、パワーエリートはグローバル化し、世界のあらゆる場所で資本投資の維持と保護を促進する制度を構築してきた。

グローバル化したパワーエリートという考え方の中心にあるのは、20年ほど前から学術文献で理論化されてきた「トランスナショナル資本家階級」という概念である。本書の第1章では、ミルズが述べた国民国家のパワーエリートから、世界中のグローバル資本の支配を中心とするトランスナショナルなパワーエリートへの移行を概観している。グローバル・パワー・エリートは、集中する世界の富を管理、促進、保護し、資本の継続的成長を保証するという共通の利益を持つ、同じような教育を受けた富裕層の非政府ネットワークとして機能している。グローバル・パワー・エリートは、世界銀行、国際通貨基金(IMF)、NATO、世界貿易機関(WTO)、G7、G20など、政府当局が管理する国際機関に影響を与え、利用している。これらの世界政府機関は、非政府のグローバル・パワー・エリート組織や団体のネットワークから政策決定のための指示や勧告を受けている。

我々は、グローバル・パワー・エリートの最も重要なネットワークとそこにいる個人を特定することに取り組んでいる。本書では、グローバル資本の継続的な集中を管理し、促進し、保護する政策立案非政府ネットワークの中核となる約389人の個人を挙げている。グローバル・パワー・エリートは、世界の富裕層の1パーセントであるトランスナショナル資本家階級の活動家の中核であり、彼らが共有する利益に対してイデオロギー的正当性を提供し、トランスナショナル政府組織による実行のために必要な行動のパラメータを確立するという団結機能を担っている。

このように保護された富が集中することで、貧困、戦争、飢餓、集団疎外、メディアのプロパガンダ、環境の破壊が種レベルの脅威に達し、人類の危機を招いている。我々は、人類が絶滅の危機に瀕していることを認識し、大規模な内乱や戦争、混乱なしにこの状態を是正できるのは、おそらくグローバル・パワー・エリートだけであることを認識している。本書は、グローバル・パワー・エリート自身だけでなく、読者にもシステム改革と富の再分配の重要性を認識してもらい、彼らが人類救済のプロセスを開始できるようにと願っての試みである。

また、世界人権宣言を道徳規範とする民主的で非暴力的な抵抗・非協力社会運動が、富の再分配のプロセスを加速させ、グローバル・パワー・エリートがまだ取りたがらない行動に圧力をかけることができると、我々は考えている。

第2章では、17のグローバル金融巨人、すなわち1兆ドル以上の資本を支配する資金管理会社を明らかにした。これらの巨人は、世界各地に広がる連動した資本の自己投資ネットワークで、合計41兆1000億ドル以上を運用している。巨人たちは、互いに投資するだけでなく、巨人に近い何百もの投資顧問会社に投資し、その結果、何十兆ドルもの資金が、ごく少数の人々によってコントロールされた一つの広大なグローバル資本のネットワークで調整されている。その結果、数十兆円もの資金が、ごく少数の人間によって、世界規模の巨大なネットワークで管理されている。不十分な投資機会は、危険な投機的投資、公共資産の買い占め、恒久的な戦争支出につながる。

我々は、世界的な金融ジャイアンツの199人の取締役を名前と略歴で特定し、個人の純財産に関する公開情報を提供する。これらの巨人のグローバルパワーエリート経営者についての情報は、第3章の重要な部分を形成している。経歴から、この199人の共通する興味や背景を読み取ることができる。また、グローバル・ジャイアンツの最も重要な経営者である3人の経歴をより深く掘り下げている。

これら199人のグローバル資本経営者は、世界経済フォーラム、国際通貨会議、大学関係、各種政策会議、社交クラブ、文化事業など、数多くの関連ネットワークを通じて密接に連携している。彼らは皆、個人的にお互いを知っているか、あるいは権力のある立場という共通の文脈でお互いを知っていると結論づけても間違いないだろう。

第4章では、グローバル・エリートの政策立案に関わる2つの重要な民間組織のメンバーについて検討する。どちらも非営利法人で、G7、G20、IMF、WTO、世界銀行といった多国籍政府機関が実施する指示や政策を設定する調査・支援スタッフを抱えている。三十人組の32人と三極委員会の拡大執行委員会の55人は、グローバル資本主義を促進する85人(2人重複)の中心グループを構成している。これらの人々は、グローバル資本が安全で、安心で、成長し続けることを保証するために働いている。

伝統的に、集中する富は、それ自体を保護するための法律と警察権のシステムを必要とする。このことは、資本のグローバルな集中にも確実に当てはまる。第 5 章では、米国と北大西洋条約機構(NATO)の軍事帝国を取り上げる。この超国家的な軍事警察国家は、世界のほぼすべての国で活動し、グローバル資本に全面的に協力しない国々を、秘密活動、政権交代、激しいネガティブプロパガンダで脅している。また、グローバル・ジャイアンツが、余剰資本を利用して確実に利益を得る方法として、戦争行為にどのように投資しているか、グローバル・パワー・エリートとその富を守るために、民間軍事/警備会社の利用が増加していることも検証する。

グローバル・パワー・エリートは、貧困にあえぐ広大な人類の海の中で、ごく少数の裕福な1パーセントの少数派として自分たちの存在をよく認識している。例えば、大西洋評議会は、集中する富の安全を守るための非営利の非政府政策立案団体として機能しており、その目標はしばしば我が国の「死活的利益」の一部と表現される。我々は、大西洋評議会の執行委員会に所属する35人の主要なグローバル・パワー・エリートを特定した。これらの人々は、集中したグローバル資本を守るために必要不可欠な存在である。国防総省、NATO、情報機関は、彼らの勧告や調査報告書に細心の注意を払っている。

権力のネットワークと集中した資本は、継続的なイデオロギー的正当化を必要とする。第6章では、巨人による企業メディアへの投資の度合いと、世界のニュースシステムにおける広報宣伝会社の利用拡大について検討する。世界の6大メディアは、企業資本主義を継続的にイデオロギー的に正当化し、現在進行中の富の集中と不平等の拡大に疑問を呈する情報を減少させたり検閲したりしている。われわれは、人間の思考のあらゆる側面を支配しようとし、継続的な消費とコンプライアンスを促進するメディアシステムを有している。今日の企業メディアからの支配的なイデオロギーメッセージは、経済の継続的な成長は、全人類にトリクルダウンの利益をもたらし、地球を救うというものである。

第7章は、人類の危機が続き、近い将来に是正措置が必要であることを強調するまとめとWhat-needs to-be-done の記述である。富の集中というジャガーノートに挑戦する社会運動に携わる活動家は、彼らの継続的な行動が人類の生存に不可欠であることを認識すべきである。グローバル・パワー・エリートが、自分たちだけでなく人類全体を守るための対策を講じるよう、圧力をかけ続けなければならない。我々は、トリクルダウンを、地球上のすべての人間に届く資源の河に変えなければならない。そのためには、世界人権宣言の重要性を認識することが不可欠であろう。

本書のあとがきは、グローバル・パワー・エリートに対して、グローバル資本に関する決定を下す際に将来の世代を考慮するよう求めるとともに、より深刻で避けられない不安と環境破壊が影響を及ぼす前に是正措置を取るよう促す手紙である。

ピーター・M・フィリップス

政治社会学教授

ソノマ州立大学

はじめに

誰が世界を支配しているのか?

我々は今、悲惨な世界的危機の時代に生きている。世界の社会的二極化は、前例のないレベルに達している。国際開発機関オックスファムがまとめた数字は、今やよく知られている。2017年、人類の最富裕層1パーセントが世界の富の半分以上を支配し、人口の上位30パーセントが世界の富の95パーセント以上を支配し、残りの70パーセントは世界の資源の5パーセント未満でやりくりしなければならなかった。2018年1月、ドナルド・トランプ米大統領が、自分の手は北朝鮮よりも「大きな核のボタン」にかかっていると自慢した直後、Bulletin of Atomic Scientistsは、終末時計を午前0時までわずか2分前に進めた。同じ月、『エコノミスト』(1月27日号)は、”大国間紛争の脅威の増大 “を警告するカバーストーリーを掲載した。世界各地で気候変動と生態系の劣化が大惨事を引き起こしている。私が住むカリフォルニア州では、気候変動1による長期の干ばつが2017年に山火事を引き起こし、数百人の死傷者を出した。さらに2018年初頭には鉄砲水と土砂崩れが発生し、数十人の命が奪われ、私が教えている大学は数週間の閉鎖を余儀なくされた。核兵器によるホロコーストで自滅するか、世界的な警察国家の野蛮さに落ち込まない限り、我々は科学者がすでに始まっていると言う、人類による第6の大量絶滅の脅威に直面しなければならないだろう。

グローバル資本主義の猥雑な不平等は、持続可能ではない。米国のトランプ主義の台頭がよく示すように、しばしば人種差別や民族主義的な訴えによって、衰退を食い止め、ある種の安定を回復すると約束するデマゴギー的な政治家によって、世界の労働者や中間層の下層階級の間で右翼ポピュリストの反乱や新ファシスト運動が扇動されているのである。不平等の拡大、社会的対立、政治的危機の関係は、社会学的な文献で長い間実証されてきた。不平等が拡大し、世界人口のますます少ない部分に富が集中すると、需要が縮小し、グローバル市場は世界経済の生産物を吸収することができなくなる。トランスナショナル・キャピタル・クラス(TCC)は、蓄積した何兆ドルもの資金を再投資するための出口を見つけることができない。近年、TCCはグローバルカジノでの乱暴な金融投機、公共予算の強奪と略奪、戦争、社会統制と抑圧のシステムの拡張に転じ、蓄積を維持し、貧しい人々や疎外された人々の現実または潜在的な反抗を封じ込めようとしている。

人類の生存は、グローバル資本主義のシステムを完全に転覆させないまでも、抜本的な改革にこれまで以上に依存していることは明らかである。強制的な支配に基づくシステムは不安定である。しかし、現在のグローバル資本主義の状況では、合意による支配の基盤はない。現代の最も緊急な政治的課題は、いかにして世界的な富と権力の再分配を実現し、貧しい大多数の人々のために資源を回復させ、このシステムの爆発的、いや、自殺的矛盾を相殺するかということだ。このような再分配を実現するためには、世界の権力構造を理解する必要がある。フィリップス教授がこの研究で達成しようとしたのは、この課題である。そして、彼はそれを達成した。フィリップス教授は、社会科学的な研究と文書化の手段を用いて、地球上のすべての人々の生活を形成している多国籍企業パワーの巨大なネットワークを明らかにしたのである。このタイムリーで重要な研究は、”誰が世界を支配しているのか “という問いに答えを与えてくれる。

フィリップス教授は、C.ライト・ミルズが1956年に出版した名著『パワー・エリート』で初めて紹介したパワーエリート研究の優れた伝統において、このグローバルな権力構造の頂点に立つトランスナショナル資本主義階級の上層部から選ばれた389人の内核を暴露している。これまでのパワーエリート研究は、国家レベルを支配する企業や政治家のネットワークに焦点をあててきた。しかし、この世代の研究は、資本主義のグローバル化に伴い、時代遅れのものとなっている。かつて国家レベルの資本家階級であったものが、その資本が国境を越えて統合され、トランスナショナルな資本家階級として発展してきたのである。『ジャイアンツ』では フィリップス教授は、『ジャイアンツ:グローバル・パワー・エリート』の中で、グローバル化がいかに各国の権力ネットワークの国境を越えた相互浸透をもたらしたかを示す最近の一連の研究成果を踏まえている。我々は、金融資本の前例のない集中を通じ、またこの経済支配が国家や政府間・国境を越えた国家機関に及ぼす政治的影響力を通じ、このトランスナショナルエリートの政治・経済力がグローバルレベルで強固なものになっていることを目の当たりにしているのである。

私は30年前からグローバル資本主義を研究し、過去20年間はTCCを研究してきた。それにもかかわらず、この研究を読んで、世界の経済力がごく少数の金融エリートに集中していること、そしてその力の大きさを知り、衝撃を受けたのである。驚くほど小さな集団が人類の運命を支配しているのである。つまり、17のグローバル金融コングロマリットが41.1兆ドルを「地球をまたにかけた自己投資型資本のネットワーク」で運用している。しかも、この17社は互いに相互投資しているので、単に連動するグローバル金融資本の塊にしか見えない。41兆ドルという数字は、実は誤解を招くほど低い。この調査が示すように、この数字には、これらのコングロマリットが世界の企業構造のあらゆる部門で保有している資本金の価値が含まれていないからである。この多国籍金融資本の集合体は、メディア、産業、商業、そして世界の軍産複合体に深く投資している。

グローバル・パワー・エリートは、世界経済フォーラム、三極委員会、グループ30、大西洋評議会、ビルダーバーグ・グループなどの民間の政策決定フォーラムや、世界銀行、国際通貨基金、G20、国際決済銀行などの多国籍国家機関で、世界資本の管理と保護、債権回収の執行に関して彼らの利益を促進する政策を練り上げている。同時に、彼らは、個々の国家や国境を越えた国家機関の中でのメンバーの地位を通じて、これらの政策を押し付けるために戦略的に配置されている。簡単に言えば、経済力の巨大な集中は、グローバルな政策決定に対する巨大な影響力を意味する。このような経済(階級)パワーと国家パワーの関係は、TCCが政府高官に指令を出す際のものである。フィリップス教授が引用したグローバル・エリートの一人が言うように、これらの役人は “我々の飛行機を操縦するパイロット “なのである。フィリップス教授の言葉を借りれば、グローバル・パワー・エリートは、「勧告を出すのではなく、従うことを期待する指示を出す」のである。

この研究は、我々がどのようにGlobal Power Eliteに立ち向かい、打倒とまではいかなくても、軌道修正をさせることができるかを示すものではない。これは政治的なマニフェストではない。20世紀の大半、労働者階級と民衆階級、植民地化された人々、人種的に抑圧された人々、貧しい人々の大衆闘争は、資本主義に内在する両極化を相殺する富の再分配をシステムに強要した。エリートは、20世紀後半に、新自由主義的グローバリゼーションとして知られるようになった反攻を開始することによって、下からの反乱に対応した。グローバル化によって、資本家は国民国家レベルでの野放図な利潤追求と富の蓄積に対する制約から自由になることができた。その結果、TCCに富がかつてないほど集中したのである。しかし、フィリップス教授は、グローバル・パワー・エリートとその退廃的なシステムに対抗する抵抗闘争や社会変革運動の盛り上がりについても言及している。確かに、グローバルな警察国家が、それ自体が利益を生む企業として出現しているとすれば、その最も重要な政治的目的は、グローバルな反乱を抑圧することだ。この反乱が進むにつれて、反乱が直面しているグローバルな権力構造を理解する必要がある。この研究は、そのような理解に不可欠なものである。

多国籍エリートの改革派には、抑制されない不平等がグローバル資本主義の安定を脅かし、何らかの再分配が必要であるという懸念が高まっている。これらのエリートは、資本主義をそれ自体から救い、下からのより急進的な挑戦を弱めるために、システムを改革する方法を見つけようと躍起になっている。一方では、グローバル資本主義の危機と多国籍エリートの改革主義者の間での懸念の高まりが、グローバル支配ブロック内の鋭い分裂を引き起こしている。他方、ブロック内の分裂の拡大と改革の緊急性は、より広範囲な変化を求めて闘う下からの人々が戦略的政治同盟を模索するための新しい可能性を開いている。歴史は、資本主義の主要な改革が、支配者グループが分裂し、下からの強力な大衆社会運動が存在する、深刻な危機の時に行われたことを教えている。例えば、1930年代と1960年代の主要な改革運動は、過激な変革を国家とエリートに要求する戦闘的な大衆闘争から生まれた。資本主義の主要な改革は、啓蒙的なエリートからというよりも、エリートに改革を強いる下からの大衆闘争からもたらされたのである。私の考えでは、資本主義の改革を達成する最良の方法は、資本主義に反対する闘いである。

ウィリアム・I・ロビンソン

社会学教授

カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授

第1章 トランスナショナルな資本家階級パワーエリート

70年の歴史

トランスナショナルな支配エリート

オックスファム・インターナショナルは2016年1月、62人が世界の半分と同じだけの富を保有していると報告し、その1年後には世界の富の半分がたった8人の男性によって所有されているとオックスファムは報告した3 富の集中は非常に急速に起こっており、いつの日か近いうちに1人の男性が世界の半数の人間より多くの富を持つことが現実的になりそうである。2017年の億万長者上位6人の国籍と推定純資産は、ビル・ゲイツ(米国、888億ドル)、アマンシオ・オルテガ(スペイン、846億ドル)、ジェフ・ベゾス(米国、822億ドル)、ウォレン・バフェット(米国、762億ドル)、マーク・ザッカーバーグ(米国、560億ドル)、カルロス・スリム・ヘルー(メキシコ、545億ドル)であった。フォーブスの億万長者リストには、2017年に2,047人の名前があった4。 これらのグローバル資本主義エリートは、こうした膨大な不平等と富の集中が急速に進んでいることを十分に認識しているのである。億万長者たちは、植民地の農園主たちと似ている。彼らは自分たちが膨大な資源と権力を持つ少数派であることを知りながら、手に負えない搾取された大衆が反乱を起こすことを絶えず心配しなければならないのである。本書は、より大きな民主主義と平等を促進するために、こうした膨大な貧富の差がどのように拡大し続け、どのような権力のメカニズムがこれらの巨大な資本主義を保護し維持しているのかを説明する試みである。最近、米国議会で富裕層エリートに対する大規模な減税が可決され、彼らにさらに何十億もの富が集中することになったのはなぜだろうか。権力と不平等がどのように維持されているかを理解することは、おそらく今日の世界において民主主義と平等のために戦い、勝ち取るための機会を提供することができるだろう。

社会学的研究の長い伝統は、米国に支配的な支配階級が存在することを記録している。これらのエリートは政策を決定し、国の政治的優先順位を決定する。アメリカの支配階級は複雑で、競争的である。社会的地位が高く、ライフスタイルが似ている家族、企業、エリートクラブや私立学校の会員が交流することで、永続的に存続している5。

アメリカの支配階級は、全米製造業協会、米国商工会議所、ビジネス評議会、ビジネス・ラウンドテーブル、カンファレンスボード、アメリカン・エンタープライズ公共政策研究所、外交問題評議会、その他のビジネス中心の政策グループなどの政策決定機関を通じてその影響力を維持し、ほとんど自己永続的だと判断されてきた6。

C.ライト・ミルズは1956年の著書『パワー・エリート』の中で、第二次世界大戦によって、米国では企業、軍、政府のエリートが三位一体の権力構造を固め、階級の利益によって動かされて、「より高いサークル」での接触や合意を通じて一体となって働いていたと記録している。ミルズ(Mills)は、パワーエリートとは、重要な事柄を「決定する者」であると述べている8 。これらの上位サークルの意思決定者は、特定の企業利益を追求するよりも、組織間の関係や経済全体の機能に関心を持つ傾向があった9 。

米国の上流階級の一部である上層部の政策エリートは、社会における主要な意思決定者である。このようなエリートは、「われわれらしさ」を発揮する一方で、さまざまな社会政治的状況における具体的な政策や必要な行動について、継続的に意見の相違を持つ傾向がある11。こうした意見の相違は、1930年代の労働運動や1960年代の公民権運動のように、社会運動や市民の不安に対する攻撃的な反動的反応を阻害することがある。この二つの時代には、政策エリートのよりリベラルな要素が意思決定プロセスを支配する傾向があり、1935年の全国労働関係法と社会保障法、1964年の公民権法と経済機会法の成立を支持した。これらの国家法案は、進行中の社会運動や市民不安に対する譲歩と見なされ、より抑圧的な政策を制定する代わりに実施された12。

過去数十年間、特に 9.11 の事件以降、米国の政策エリートは、世界中で抵抗する集団-通常「テロリスト」と 呼ばれる-に対する抑圧的な戦争を維持する軍事力のアメリカ帝国を支持することでほぼ一致してい る。この対テロ戦争は、テロを抑圧することよりも、国境を越えたグローバリゼーション、金融資本の世界的な自由な流れ、ドルの覇権、石油へのアクセスを守ることの方がはるかに重要である。米国には、「国益」を守るために世界中に介入してきた長い歴史がある。北大西洋条約機構(NATO)は、ますます米国の世界支配計画のパートナーとなり、国益のトランスナショナルな経済的性質の拡大を反映している。

国境を越える資本家階級

資本主義パワーエリートは世界中に存在する。貿易と資本のグローバル化によって、世界のエリートはますます相互関係を深めており、過去数十年の間に、学者たちはトランスナショナル資本家階級(TCC)の発展を理論化し始めたほどである。

TCCに関する初期の著作の一つである『The Transnational Capitalist Class』(2000年)において、著者のレスリー・スクレアは、グローバル化によって多国籍企業が国際的に影響力のある役割を担うようになり、その結果、国民国家は世界貿易機関(WTO)やその他の国際機関を通じて発展した国際協定よりも重要でなくなったと述べている13。

スクレアーは、「私的利益と永遠の蓄積への飽くなき欲望のために、世界中の人々と資源を追い求める新しい階級が出現している」と書いている。この新しい階級は、企業幹部、グローバル化する官僚や政治家、グローバル化する専門家、消費者主義のエリートからなるトランスナショナル資本家階級(TCC)である” と書いている。スクレアーはさらに、TCCがグローバリゼーションの新たな支配機構であり、TCCがその行動において階級的な連帯感を示していることを論じている。この統一された階級行動は、利益主導の消費主義による継続的な成長が、それ自体で最終的に世界の貧困、大規模な不平等、環境崩壊を解決するという共通の信念によって自己再生産されるのである14。

ウィリアム・I・ロビンソンは、2004年に著書『グローバル資本主義論』を出版し、これに続いた。15 ロビンソンは、500年にわたる資本主義の歴史が、すべての人間の活動を資本に転換させるというグローバルなエポックメイキングをもたらしたと主張した。そして、世界は単一の市場となり、社会的関係が私有化されたとする。ロビンソンは、TCCがライフスタイル、高等教育、消費のパターンをますます共有するようになると考えた。資本のグローバルな循環は、世界中の寡占的なクラスターで活動する国際ブルジョワジーの核心にある。これらのエリート集団は、富と資本の集中を高めることを目的に、合併や買収を通じて戦略的な国境を越えた提携を結んでいる。この過程で、覇権エリートの多層構造が形成される。

このレベルの富と権力の集中は、ますます少数のエリートの手に過剰に蓄積される傾向があり、資本は安全な投資機会を制限され、投機的/危険な投資への圧力につながるポイントになる。TCCのグローバル・パワー・エリートは、世界銀行、世界貿易機関、国際通貨基金、G20、G7、世界経済フォーラム、三極委員会、ビルダーバーグ・グループ、国際決済銀行などの国際機関を通じて、自らの利益を修正し保護しようと努力している。ロビンソンは、このシステムの中では、国民国家は人口封鎖地帯に過ぎず、真の権力はグローバル資本を支配する意思決定者にあると主張している16。

TCCに関するより新しい研究は、ウィリアム・K・キャロルの『The Making of a Transnational Capitalist Class』(2010年)である。キャロルは、1996年から2006年にかけてのトランスナショナルな企業-政策ネットワークの統合に焦点を当てた。彼は、500社のグローバル大企業の取締役会のデータベースを用いて、主要企業の相互関係が集中し、関係者の数が減少していることを示した。この分析によると、企業の取締役会の平均人数は、彼の研究の10年間に20.2人から14.0人に減少している。さらに、こうしたネットワークの中心は、金融機関であることが多くなっている。キャロルは、これらのネットワークの中心にいるTCCは、互いに広範な結びつきから利益を得ており、したがって、効果的な政治的連帯に必要な構造的能力と階級意識の両方を提供していると論じている17。

Handbook of Transnational Governance (2011)は、52のトランス・ガバメント・ネットワーク、仲裁機関、マルチステークホルダー・イニシアティブ(インターネット協力)、自主規制団体(公正労働・貿易協会)を挙げている。 18 これら52のTCC機関の中には、バーゼル銀行監督委員会、1989年にマネーロンダリングやテロ資金対策として設立された金融活動作業部会、アジア金融危機後の1997年に金融大臣に国際レベルでのコミュニケーションプラットフォームを提供し、G7やG20に提言を伝達するために設立された金融安定理事会、国際会計基準委員会、国際保険監督者連盟などが引用されている。

Transnational Capitalist Classの深層には、David Rothkopfが “superclass “と呼ぶものがある。2008年に出版された彼の著書「Superclass: ダボス会議に出席し、ガルフストリームやプライベートジェットに乗り、巨大企業と連動し、政策立案を行う世界のエリートであり、グローバルな権力ピラミッドの絶対的頂点に位置する人々である。彼らは94%が男性で、白人が多く、ほとんどが北米とヨーロッパの出身である。ロスコフは、G8(現在はロシアを除いたG7)、G20、NATO、世界銀行、WTOで議題を決定しているのは彼らだと主張する。彼らは、金融資本、多国籍企業、政府、軍、学会、非政府組織、精神的指導者、そして影のエリートの最高レベルの人々である。(影のエリートとは、例えば、アメリカの紛争地帯から年間8000トンのアヘンを採取し、5000億ドルを多国籍銀行(その半分はアメリカに拠点を置く)を通じて洗浄する国際麻薬カルテルに関連した国家安全保障組織の深層政治を含む20)。」

TCC/グローバル・パワー・エリートは、世界の富の階層の上位1パーセントの富裕層を構成する数十万の百万長者や億万長者の利益を代表するものである。皮肉なことに、この頂点に集中する資本の極端な蓄積は、グローバルなマネーマネージャーにとって継続的な問題を引き起こす。彼らは、資本に対して十分なリターンをもたらす新しい投資機会を求めて世界中を駆け巡らなければならない。

ロスコフは、超階級の定義として、その影響力と権力を強調している。2017年の世界のビリオネア2,043人は、合計で7兆6700億ドルの富を保有している。ビル・ゲイツは依然として世界一の富豪であり、2016年から2017年にかけて110億ドル増加し、総額888億ドルになった21。ビリオネアはスーパークラスの一員であるが、世界の政策に直接影響を与えるという意味では、すべてのビリオネアがグローバルパワーエートの一員であるとは言えない。しかし、ほぼすべてのビリオネアが、自らの富とその継続的な成長を守ることは、国家、警察、政策立案者が保険をかけようとする良いアイデアであることに同意するだろう22。

ダボス会議で毎年開催される世界経済フォーラムは、1971年以来、世界的な不平等やその他の主要な世界の問題の継続的な問題を強調している。2017年1月の会議では、”It’s too easy to insulate yourself’-Davos leaders reflect on social divides “と題した報告書が推進された。報告書は、エリートは自分たちを世界から孤立させてはいけないと宣言した。UNIグローバルユニオンのフィリップ・ジェニングスは、”すべての人のために働く社会を作りたいなら、誰もが何らかの立場で意思決定のテーブルにつく必要がある “と述べた。2017年の会議でユニークだったのは、中華人民共和国の習近平国家主席が参加したことだ。習近平のメッセージは、今日の世界の問題の多くは、経済のグローバル化の結果であるというものであった。2017年のパネルでは、”万人のためのベーシックインカムは単なる夢なのか?”という問いが取り上げられた。

世界経済フォーラムは全体として、富、グローバリゼーション、資本主義の祭典として続いていると言ってよいだろう。世界の問題を議論していても、参加者は経済成長の継続を促進する以外に、世界の貧困や永久戦争の具体的な解決策に本気で取り組むことを避けている。

我々は、世界経済フォーラムをサンフランシスコのボヘミアンクラブの夏の恒例行事に似ていると考えている24 。両イベントとも何千人ものエリート(後者のクラブでは男性のみ)を集め、その日の主要な社会経済的トピックについて、有名で重要な人物から選ばれた基調講演やパネルを聞くものだ。どちらの場でも、議論や「挨拶」の時間が設けられている。しかし、どちらのイベントも正式な政策提言や、グローバル・ガバナンスの検討のための具体的なアジェンダを設定することはない。

本書では、トランスナショナルエリートがどのような階層として交流し、グローバル資本の管理者として機能しているかを示す情報を紹介する予定である。我々は、集中資本の主要な管理者、資本成長の促進者、システムの保護者として、389人のグローバルパワーエリートを特定する。これらの人々は、Transnational Capitalist Classのパワーエリートの中核をなしている。彼らは一般的にお互いを知っているか、しばしば個人的に知っていて、一緒にビジネスをし、大きな個人資産を持ち、同じような教育やライフスタイルの背景を持ち、共通のグローバルな利益を保持している。ほぼ全員が大手資本投資会社や大手企業、大手銀行の取締役を務めている。彼らは非政府の政策団体に集い、必要に応じて新しい団体を設立し、政府、治安部隊、世界機関が実行するための意思決定を私的に行う。多国籍パワーエリートは、グローバル資本主義の技術者であるという共通のイデオロギー的アイデンティティを持ち、自分たちの生活様式と継続的な資本成長が全人類にとって最善であるという確固たる信念を持っている。

人類の危機

我々は、カリフォルニア大学サンタバーバラ校の社会学者ウィリアム・I・ロビンソンの著書『グローバル資本主義と人類の危機』(2014年)に感謝し、序章のこの部分を構成するのに役立てている25。ロビンソンは、世界は社会的不平等、環境悪化、世界的暴力、経済の不安定化という前例のない危機に直面していると主張している。彼は、世界システムは投資機会が限られるほど資本を集中化し、過剰に蓄積しており、過剰な資本を投資するメカニズムは、リスクの高い金融投機、戦争と戦争準備、公的機関の民営化の3つしかないと述べている。これらのメカニズムを利用すると、政府の正統性問題が発生し、民主的な構造が絶えず損なわれ、軍国主義的な警察国家が世界中に出現する傾向がある。

国家の警察・軍が、TCC資本の利益に有利な国の内部抵抗運動を効果的に封じ込められない場合、米国、NATO、国連、民間軍から選ばれた国際軍が、統制と支援のために投入されることになる。これらの軍事介入は、イデオロギー的に平和維持や人道的任務として正当化される。しかし、政府/政権がTCCの資本利益にとって好ましくないと見なされれば、リビア、シリア、イラク、イエメン、ソマリア、ウクライナ、ベネズエラ、ユーゴスラビアの事例のように、抵抗勢力は政権交代に向けて支援・奨励されることになる。これらの介入は、政権を支持する場合も、政権に反対する場合も、民間人の犠牲、飢餓や病気の増加、大量の避難民など、恐ろしい人的結果をもたらすものである。

世界の総資産は255兆ドル近くに達し、その約3分の2を米国と欧州が保有していると推定される。一方、世界の人々の80%は1日10ドル以下で生活し、世界人口の最貧困層は1日2.50ドル以下で、13億人以上が1日1.25ドルで暮らしている26。

ウィリアム・I・ロビンソンは、人類が1パーセント、20パーセント、80パーセントに三分されており、それによって富が人類の上位5分の1に集中し続けていると書いている27。TCCのエリートたちは、現在、世界には過去最大の中産階級が存在すると自負しているが28 、その生活水準は人類の大多数にまでは及ばないし、今日世界で組織されているグローバル資本主義の下では、おそらく今後もそうなることはないだろう。

ロサンゼルス・タイムズ紙は、「9人に1人が毎晩空腹でベッドに入る」と報じている。国連世界食糧計画(WFP)によれば、この9分の1は地球上の7億9500万人で慢性的な飢餓に苦しんでいる。国連は、2050年までにさらに20億人の人々が食料不足に陥ると予測している。また、3人に1人が何らかの栄養失調に陥っており、食事から十分なビタミンやミネラルが摂取できず、子どもの発育不全など健康上の問題につながる可能性がある。. . . 毎年、栄養不良により5歳未満の子ども310万人が亡くなっている」29 1日あたり2万5千人、年間900万人以上が飢餓と栄養不良で命を落としている30 このような虐殺が毎日世界中で起こっているのである。飢餓は、ほとんどの場合、人々が家族のために食糧を購入するための資金があまりにも少ないことが原因である。これらの家庭には、子どもたちが生き生きと健康でいるために必要な栄養を得るための資源がない。慢性的な飢餓は、ほとんどが流通の問題であり、世界で生産される食料の3分の1が無駄になって失われている31。

何百万人もの人々が苦しんでいる間、TCC の金融エリートは何兆ドルもの利益を追求し、その中には食料と土地の価格上昇に伴う投機も含まれる。彼らは、TCCの権力と支配のグローバル資本主義システムの中で、互いに協力してこれを行い、経済成長と縮小のサイクルに構造的に取り込まれ、継続的に大量の人道的影響を及ぼしている。

資本投機には、先住民の農民がパワーエリートの投資家に取って代わられる世界の農地も含まれる。過去10年間、78カ国で900億ドル以上が投資され、7400万エーカー以上の農地が買い占められている。その結果、通常は輸出用の大規模な企業農業が行われ、地元の食料源であるこれらの土地が取り除かれた32。

TCCのエリートの多くは世界の貧困を認識しているが、飢えと死に対する真の解決策は、資本に対するリターンを求める必死の努力を続けることによって失われている。廃棄される食料を保存するための政府のシステムは、世界の飢餓を大幅に削減することができる。飢餓に対するもっと簡単な解決策は、界の2,000人の億万長者に対して25%の富裕税を課すことだろう。もしこれが均等に配分されれば、世界の飢餓は永久に解消されるだろう。

戦争と戦争準備もまた、TCCが余剰資本を投資している分野である。ストックホルム国際平和研究所によると、2016年の世界の軍事費は1兆6900億ドルで、世界のGDPの2.2%に相当する33。2016年の軍事費上位国(各100億ドル以上支出)は、米国(6110億ドル)、中国(2150億ドル)、ロシア(690億ドル)、サウジアラビア(630億ドル)、インド(550億ドル)、フランス(550億ドル)、英国(540億ドル)、日本(460億ドル)、ドイツ(410億ドル)である。韓国(360億ドル)、イタリア(280億ドル)、オーストラリア(240億ドル)、ブラジル(230億ドル)、イスラエル(180億ドル)、カナダ(150億ドル)、スペイン(140億ドル)、アラブ首長国連邦(140億ドル)、トルコ(140億ドル)、イラン(120億ドル)、アルジェリア(100億ドル)、パキスタン(100億ドル)である。 34 今なお、ドワイト・アイゼンハワーが1953年に述べた「作られるすべての銃、打ち上げられるすべての軍艦、発射されるすべてのロケットは、最終的には、飢えているのに食べられない人、寒くて服を着ていない人からの盗みを意味する」35 という言葉はタイムリーである。

9.11 以降の戦争は、中東、アフリカ、その他の地域に大混乱と混乱、そして死をもたらし続けている。これらの戦争は、単に軍事的冒険主義や政治的対立の結果ではなく、プロパガンダされたイデオロギー的恐怖と軍事資本投資による利益欲の両方が動機となっているのである。ロッキード・マーティンは、戦争による利益創出で主導権を握っており、2015年の売上高は364億ドルである38。テロとの永続的な戦争は、ビジネスとTCC資本投資にとって好都合である39。

多くの人にとって、地球規模の核戦争を除けば、人類の究極の危機は環境破壊である。宗教学者の David Ray Griffin はその著書 Unprecedented の中で、文明は CO2 の危機を乗り切れるか、と問いかけている40 。産業革命以前から気温は華氏 1.4 度上昇し、世界の気象に大きな変化をもたらしている。1988年以降、たった100の企業が、世界の温室効果ガス排出量の70%以上を占めている41。CO2排出量と気温の変化には、少なくとも10年のタイムラグがある。このような気温の上昇は、異常気象、記録的な暑さと寒さ、洪水、火災、高潮、高い死亡率、経済的損失など、ますます深刻な気象現象を引き起こす43 。これらの混乱や不足は、気候戦争や内乱を引き起こすだろう45 。実際、公害による病気は、年間900万人の早死を招いている46 。これらのことは、近い将来、放置すれば、生態系の崩壊と地球上の生物の大量絶滅、おそらく人類の絶滅さえも引き起こすだろう47。

驚くべきことに、TCC/Global Power Elite のマネーマネージャーは、変化する環境を研究し、新たな投資機会を探している。フォーブスによれば、気候変動への投資は利益を生む可能性があり、低炭素投資や、気候変動によるストレスが増大した場合に恩恵を受ける分野(防衛、医療、損害保険など)に参入することは有利であることが証明されている48。

本書で取り上げたグローバル・パワー・エリートは、世界の資本主義の中心的な資金運用者である。本書で指摘されているグローバル・パワー・エリートは、世界の中心的な資本主義者の資金管理者であり、毎年、富をより集中的に蓄積し、より多くを求める絶え間ない探求に埋め尽くされている。TCC/パワーエリートにとって最も重要なことは、資本投資を保護し、負債を確実に回収し、さらなるリターンを得る機会を築くことだ。環境を保護することが利益につながるのであれば、環境に配慮した投資も容認される。しかし、資本主義に利益をもたらさない人々や環境、サービスに対してお金を使うことは、依然として容認できない。意図的であろうとなかろうと、人間の向上に対するこの無関心は、多国籍資本家階級の核心的矛盾であり、資本主義の真の危機である。この狂気を覆すことは、すべての人道主義的な人々の義務であり、それは近い将来、集団的かつ非暴力的に達成できると、我々は信じている。

また、我々は、グローバル・パワー・エリートとその覇権システムを名指しすることによって、彼らが自らの人道的衝動を認識し、それによって、市民社会と協力して、グローバル経済システムの組織的再構築を促し、環境危機の現実に直面するよう、十分に促すことができると信じている。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました