パンデミック 総括

コビッドに関する20の事実
Facts about Covid

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

swprs.org/covid19-facts/

更新日 2022年7月 公開 2020年3月

読者が現実的なリスク評価を行えるよう、専門家が提供するコビッドに関する全事実を参照。(以下、定期更新)。

「疫病と戦う唯一の手段は正直さである」

-アルベール・カミュ、(1947)

概要

致死率

一般集団(老人ホームを除く)における新型コロナウイルスの感染致死率 (IFR)は、ほとんどの国で約0.1%〜0.5%であり、1936年、1957年、1968年の中型インフルエンザの流行に最も近いとされている。

年齢プロフィール

コビッド死亡の年齢の中央値は、多くの欧米諸国では80歳以上(米国では78歳)であり、死亡者の約5%は医学的前提条件を有していなかった。多くの欧米諸国では、コビッド死亡の約50%が老人ホームで発生している。

ワクチンによる保護

コビッドワクチンは、非常に高い保護効果を発揮するが、重症化に対する保護効果は急速に低下する。ワクチン接種では、感染や伝播を防ぐことはできない。一般に、ワクチン接種に比べ、先行感染により優れた免疫が得られる(粘膜免疫によるところもある)。

ワクチンによる傷害

コビッド接種により、心血管、神経、免疫学的反応など、重篤で致死的なワクチン反応を引き起こす可能性がある。このため、健康な小児および50歳未満の成人におけるコビッド接種のリスク・ベネフィット比は、依然として議論の余地がある。

過剰死亡率

世界的なパンデミックによる過剰死亡は2000万人近くで、これは通常の世界死亡率と比較して約15%、世界人口と比較して約0.25%である。パンデミックによる間接的な影響やロックダウンによる追加死亡もある。

症状

感染者全体の約30%は無症状である。全体の約95%の人は、軽度または中等度の症状で、入院の必要はない。特に、肥満は重症化する大きな危険因子である。

治療

高リスクまたは高被曝の人々には、病気の進行を防ぐために早期または予防的な治療が不可欠だ。数多くの研究により、コビッドを早期に外来治療することで、入院や死亡を大幅に減らすことができることが分かっている。

ロングコビッド

有症者の最大10%が急性期以降のコビッド、すなわちコビッドに関連した症状が数週間から数ヶ月続く長期にわたるコビッドを経験する。また、急性期の感染が軽微であった若年者や健康な人でも、長期にわたる感染症に罹患することがある。

感染

経路コロナウイルスの主な感染経路は屋内のエアロゾルであり、屋外のエアロゾル、飛沫、およびほとんどの物体の表面は、その役割をほとんど果たしていないと思われる。症状発現前の感染は、全感染の最大50%を占めると考えられている。

マスク

マスクは感染率に影響を与えないことが、パンデミック以前の研究ですでに知られていた。N95マスクでさえ、一般集団の感染率に影響を与えなかった。さらに、マスクの長期使用や不適切な使用は、健康上の問題を引き起こす可能性がある。

ロックダウン

初期の国境管理 (例:オーストラリア)とは対照的に、ロックダウンは感染率に大きな影響を与えなかった。しかし、世界銀行によると、鎖国は1億人近い「歴史的に前例のない世界の貧困の増加」を引き起こした。

子供と学校

インフルエンザとは対照的に、小児の重症コビッドリスクはむしろ低い。さらに、子どもはパンデミックのドライバーではなく、学校の閉鎖は一般集団の感染率に影響を与えなかった。

PCR検査

高感度なPCR検査は、偽陽性または偽陰性を生じやすい (例:急性感染後)。全体として、PCR検査と抗原量的検査は一般集団の感染率に影響を与えなかった (例外:国境管理を維持するため)。

コンタクトトレース

手動でのコンタクトトレースや携帯電話のコンタクトトレースアプリは、感染率に影響を与えなかった。すでに2019年には、WHOのインフルエンザパンデミックに関する研究で、コンタクトトレーシングは「いかなる状況でも推奨されない」と結論付けられている。

ワクチンパスポート

ワクチンパスポートは、ワクチン接種で感染を防ぐことはできないため、感染率に影響を与えることはなかった。しかし、ワクチンパスポートは、デジタル生体認証IDや決済システム導入の基盤となる可能性がある。NSAの内部告発者であるエドワード・スノーデンは、2020年3月の段階で、パンデミック時にモニタリングが拡大する可能性があると警告していた。

ウイルスの変異

インフルエンザウイルスと同様に、コロナウイルスでも変異が頻繁に起こる。ワクチン研究から生まれたと思われるオミクロン変異型は、感染力と免疫逃避が著しく高いが、致死率は90%低い

スウェーデン

スウェーデンでは、ロックダウンを行わない場合のコビッド死亡率は、インフルエンザが流行したシーズンと同程度であり、EUの平均をやや下回っていた。スウェーデンの死亡者の約50%は老人ホームで発生し、スウェーデンのコビッド死亡者の年齢の中央値は約84歳であった。

インフルエンザウイルス

インフルエンザウイルスは、コロナウイルスのパンデミック時にほとんど姿を消した。これは「コビッド対策」の結果ではなく、対策のない国(スウェーデンなど)でも新型コロナウイルスに 一時的に置き去りにされた結果である。

メディア

多くのメディアの報道は、むしろ専門外であり、人々の恐怖とパニックを増大させ、コロナウイルスの致死性を100倍も過大評価させることになった。一部のメディアは、状況を演出するために操作的な写真やビデオを使用した。

ウイルスの起源

遺伝学的な証拠は、この新型コロナウイルスが実験室起源であることを指摘している。武漢のウイルス研究所 (WIV)およびWIVに協力していたいくつかの米国の研究所は、類似のコロナウイルスについてさまざまな種類の研究を行っていた。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました