ホーム

初めて当サイトを訪れた方へ
 

このブログは認知症の回復・改善方法を真剣に探求されている、すべての認知症患者さんへ向けて書かれています。

UCLA大学ブレデセン博士による世界で初めて認知症患者さんの認知症症状を逆転させた症例報告と、その研究で用いられた治療プログラムを手がかりに、多くの探求や推察を行っています。

従来の医療概念、手法とは大きく異なるアプローチをとっているということもあり、一般的な医療制度の元では黙殺に近い立場にあります。

また私個人も、単一標的型の現代医療、統計値に縛られすぎる臨床研究、隠される認知症患者の苦しみ、過小評価される認知症の社会問題、世の中で流通している的外れな健康情報等々、ほとんど全方位的に疑念や違和感を感じており、ご批判をいただくであろう記述も少なくありません(冷汗)

こういった既存の価値観に反する開拓的な情報を活用していくには、自分の頭で考えて理解し(批判的な吟味も含めて)納得していくことが非常に重要な鍵となります。

そのため、ひじょうに長いあいさつを書かせていただいておりますが、まずはお読みいただき理解の一助となっていただければと思います。

そして治療プログラムの正当性を見抜き、認知症から真の意味での回復を果たす患者さんが一人でも多く現れてくれることを願っています。

アルハカ  

あいさつ 目次

1. これまでの経緯

・はじめまして

 
・認知症介護の悲惨さと闇

・新薬には期待できない

・認知症という病気のやっかいさ

 
・医学的根拠の問題

・進行抑制の本当の理由

・進行が穏やかに進む要因

・開発者ブレデセン博士の記事・経歴

・アミロイドβとは何のか

・アルツハイマー病 3つのタイプ

・書籍の紹介

・ブレデセンプロトコル(リコード法)の特徴

・アルツハイマー病 36の要因

・ブレデセンプロトコル(リコード法)への批判

・ブレデセンプロトコル(リコード法)の課題

・個人で行う治療の内在的な課題

・組み合わせ治療の原理的な実証不可能性

・アルハカ改善策

・日常の改善策

・すでにあるアルツハイマー病治療薬

・伝統療法について

・検査では本当の進行はわからない

・認知症トラップ

・回復を遠のかせる4つの障壁

・キーパーソンが鍵をにぎる

・注意事項とお願い

・理解は信頼を超越する

・ブレデセンプロトコルは最後の希望

・社会全体の現実逃避

・認知症先進国ジャパン

・実存的問題

リコード法についての説明

リコード法が知りたいと思って来れた方は、以下の記事にまとめています。

4は少しむずかしいので、飛ばして5から読んでもらっても構いません。

 
 
 
リコード法の実行内容 概要

リコード法 30の治療プロトコル

リコード法によるタイプ&認知症診断

予防診断&リコード法のタイプ診断です。

リコード法 タイプ診断

認知症予防診断検査コグノスコピー(簡易リスト)

認知症予防診断検査コグノスコピー(詳細リスト

食事

認知機能改善食事プログラム ケトフレックス12/3

神経成長因子BDNFを増やす8つの戦略 その1(食事・サプリメント編)

運動

認知症・アルツハイマー病への運動効果 研究のまとめ

サプリメント

サプリメントの総合案内

認知症サプリメント 総合案内 ガイド記事

※サプリメントの名称がわかっている場合は、右上の検索窓口から探したほうが早いかもしれません。

スタートアップサプリメントプログラム
リコード法に基づく認知症サプリメントプログラム
 
 
 
 

リコード法実践者との情報交換・交流

フェイスブック リコード部

  facebook リコード部 (交流メイン)

アルツハッカーサイト掲示板

掲示板 総合案内 (研究メイン)

リコード法実践者のブログ

その他の人気記事

脳血流を改善する40の方法と研究論文
 

メールはこちらまで info@alzhacker.com

Translate »