COVID-19戦略 フェーズ6 後遺症

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

コロナウイルス COVID-19戦略

フェーズ6 後遺症

症状がなくなり回復した後も、COVID-19の中期・長期的な健康影響については疑問が残る。ある研究では、退院した患者の94%が最終的なCTスキャンで病変が残存しており、最も一般的な特徴はグランドガラスの不透明性を示している。[R]

COVID-19が永久的な肺瘢痕化および線維化をもたらすかどうかは、さらなる調査が必要。COVID-19によって誘発された心臓や腎臓の損傷などの組織損傷は、既存の合併症を悪化させ、患者の長期的な健康に影響を与えるのではないかと疑われている。

免疫記憶・中和抗体

全体的に、SARS-CoV-2のRDBは、免疫系によって効率的に標的化されにくく、ウイルスに対する効率的な免疫応答を手配するのに苦労している可能性があるように思われる。この理論は、SARS-CoV-2感染の過程での抗体生成のプロセスが非定型的で特異的であることを示す証拠によって確認されている。

IgMは、感染性病原体に反応して現れる免疫グロブリンの第一級であるが、SARS-CoV-2感染者の20〜40%には存在しない、力価が低い、重要なことに、Sタンパク質RBDを特異的に標的としないため、理論的にはウイルスを中和することができない。

したがって、感染を根絶する能力は、より特異的で強固な恒久的な免疫応答、具体的にはIgG免疫グロブリンの生成を含む免疫応答が現れるまで遅れる可能性がある。回復後の抗体産生と免疫学的記憶によって長期的な防御免疫が得られるかどうかは不明である。

後遺症を報告する患者

海外の後遺症が長期化した患者さんが主導で作成したアンケート調査結果

COVID-19 症状・後遺症 / 患者主導の後遺症調査 実際の回復はどうなのか?
コロナウイルス SNSアンケート調査と分析 概要 あなたは一人ではありません このサイトは、COVID-19からの長期回復の間、サポートを探している人のためのリソースとして作成されました。 これらの記事は、世界中の人々がウイルスからの予期せぬ長期の回復を経験していることを示しています。 ...
COVID-19 は数ヶ月間続くことがある

https://alzhacker.com/covid19-coronavirus-longterm-symptoms-months

https://alzhacker.com/covid19-sequelae/

COVID-19後遺症は何週間も残ることがある/軽症例の、持続的な疲労、呼吸困難、心臓の問題
COVID-19 後遺症は何週間も残ることがある 軽症例でも、持続的な疲労、呼吸困難、心臓の問題を示す。 月末に微熱を出した時ジャレット・デサンティはCOVID-19とは関係ないと思った。しかし、彼の熱が持続し、体が弱り、ニューヨークで症例が出続けたため、デサンティの主治医は検査を受けるよう主張した。 ニューヨーク州ブレント...
コロナウイルス長期不調組の不幸が続く
The lasting misery of coronavirus long-haulers SARS-CoV-2に感染してから数ヶ月が経過したが、いまだに「ロング・コービッド」の圧迫的な疲労、肺障害などの症状と闘っている人もいる。 イタリア・ジェノバでのリハビリプログラムに参加するCOVID-19から回復した人。Credit...
「長期不調組」にとってのジレンマ 多くの人がCOVID-19を持っていたことを証明できない
A dilemma for ‘long-haulers’: Many can’t prove they ever had Covid-19 コロナウイルスの大パンデミックが続く中、回復したと思われる患者の中には、未知数の患者がPost-COVID症候群と呼ばれる症状を経験している。 深い疲労、発熱、集中力や記憶力の問題、...
長期不調組はCOVID-19を再定義する
Long-Haulers Are Redefining COVID-19 一部の患者が経験する余病を理解しなければ、パンデミックを理解することはできない。 ローレン・ニコルズは、トム・ハンクスが診断を発表し、NBAがシーズンを一時的にキャンセルする直前の3月10日からCOVID-19の病気にかかっている。彼女は1ヶ月間、手の震...

6.1 亜急性期の後遺症予防

COVID-19 回復した入院患者の退院後のケア 英国国民保健サービス(NHS)のガイダンス
コロナウイルスから回復した入院患者のアフターケアニーズ 2020年6月5日発行 第1版 1. はじめに 本ガイダンス1 は、COVID-19 の急性エピソードの後に退院した患者が、退院後に予想される典型的な医療ニーズを記述することで、プライマリケアおよび地域医療サービスが、即時および長期的なケアニーズを満たすことを支援するもので...
6.11 後遺症予防のための急性期回復後の抗凝固剤の使用

いくつかの病院では、出血リスク要因(高血圧、糖尿病、脂質異常症、心房細動、喫煙、飲酒)がない場合は、血栓予防のために退院した後も後遺症予防として、患者にリスク評価後、抗凝固薬の投与を試みている。[R][R]

“70歳以上、運動能力の低下、集中治療室(ICU)入院、肥満度(BMI>30kg/m2)、活動性がんの既往歴など、血栓症を発症するリスクが高い患者(入院患者における静脈血栓塞栓症発症リスクのPadua予測スコア)には、退院時に35~42日間の延長予防的抗凝固療法を行うべき。”[R]

“ベトリキサバン60mg/日やリバロキサバン10mg/日などの直接経口抗凝固薬(DOAC)が選択される。一方、低リスクの患者には、低用量アスピリン予防薬(アスピリン81mgを1日2回)のみを退院後4週間以上継続して投与してもよい。”[R]

凝固作用に影響を与える栄養・食品など(参考)

ビタミンE、セレン、CoQ10、ビタミンD、オメガ3脂肪酸、クランベリー、ブロッコリー、ほうれん草、緑茶、生姜、にんにく、シナモン、カレーのウコンなど

凝固作用に影響を与えるハーブ・サプリメント類

ドンクアイ、ブロメライン、ぶどう種子エキス、エキナセア、アロエ、イチョウ葉エキス、高麗人参、カバ、ノコギリヤシ、セントジョンワート、バレリアン、カイエンペッパー、イラクサ、など

脳血流を改善する9つの戦略
「人は自分の動脈と同じくらい老朽化している」 17世紀の内科医 トーマス・シデナム 関連記事 認知症患者の脳血流は破綻しているのか 脳血流を改善する9つの戦略 脳血流を改善する40の方法 ブレデセンプロトコル(リコード法)36の課題のうちのひとつ、脳血流の改善方法をまとめてみた。 1. 脳血流に関...
脳血流を改善する40の方法
リコード法 36項目/脳血流を増やしサラサラにする 関連記事 認知症患者の脳血流は破綻しているのか 脳血流を改善する9つの戦略 脳血流を改善する40の方法 食品・サプリメント 食事療法による脳血流改善。ドコサヘキサエン酸、エイコサペンタエン酸、ウリジン、コリン、リン脂質、葉酸、ビタミンB12、B6、C、E、セレン ...
6.12 肺線維症・呼吸リハ
COVID-19感染に伴う肺線維症の治療法
COVID-19 SARS-CoV-2感染に伴う肺線維症の治療法の可能性 要旨 2019年12月には、新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」が登場し、呼吸器感染を中心とした幅広い症状を引き起こした。2020年3月、世界保健機関(WHO)は、コロナウイルス病2019(COVID-19)をパンデミックと宣言したため、世界中の科学者...
COVID-19 スピロノラクトン
スピロノラクトン スピロノラクトンによるミネラルコルチコイド受容体のブロックは、重症COVID-19病における幅広い治療作用を有する可能性がある 肺レニンアンジオテンシン(Ang)系(RAS)は、そのバランスが肺の恒常性維持に重要な2つの経路から構成されている。内皮ACEは血管収縮と抗炎症作用を促進するためにA...
COVID-19 肺の後遺障害・呼吸リハビリテーション
コロナウイルス 肺の機能障害 呼吸リハ COVID-19を有する退院患者における肺の後遺症、短期観察研究 抄録 コロナウイルス疾患2019(COVID-19)肺炎患者の一群が中国・武漢の病院から退院した。各時点での放射線学的完全消失の累積割合を明らかにし、関連する影響因子を探索し、退院後の異なる時点での胸部CT所見を記述する...
COVID-19 メトホルミンの抗ウイルス作用
コロナウイルスと抗糖尿病薬メトフォルミン メトホルミン治療はCOVID-19糖尿病患者の死亡率低下と関連していた レトロスペクティブ解析 2020年1月27日から2020年3月24日までに中国・武漢の同済病院に入院したCOVID-19が確認された糖尿病患者を,使用した糖尿病治療薬により,メトホルミン群とメトホルミン...

6.13 リハビリテーション
COVID-19 回復した入院患者の退院後のケア 英国国民保健サービス(NHS)のガイダンス
コロナウイルスから回復した入院患者のアフターケアニーズ 2020年6月5日発行 第1版 1. はじめに 本ガイダンス1 は、COVID-19 の急性エピソードの後に退院した患者が、退院後に予想される典型的な医療ニーズを記述することで、プライマリケアおよび地域医療サービスが、即時および長期的なケアニーズを満たすことを支援するもので...
Post-COVID-19リハビリテーションのためのスタンフォードホール-コンセンサス声明 FREE
The Stanford Hall consensus statement for post-COVID-19 rehabilitation コンセンサスステートメント 要旨 高感染性・病原性の新型コロナウイルス(CoV)である重症急性呼吸器症候群(SARS)-CoV-...
6.14 持続する嗅覚障害
COVID-19時代のアノスミア(嗅覚脱失)と嗅覚障害
Anosmia and loss of smell in the era of covid-19 知っておくべきこと COVID-19の患者の半数は嗅覚を失う可能性がある;ガイダンスでは、嗅覚の新たな変化や喪失は自己隔離の期間を促すべきであるとされている。 10人中9人の患者が4週間以内に嗅覚の大幅な改善を期待で...

6.2 COVID-19の中長期的な合併症

COVID-19 後遺障害の長期化 関連記事・社説
コロナウイルス 後遺障害 総説・社説 COVID-19は一部の回復した患者で長期的な後遺症の兆候を示す コロナウイルスによって引き起こされるこの病気は、たとえ軽度の症状を示すだけであっても、それに感染した人の中には永続的な害をもたらす可能性がある。 COVID-19は医学用語で後遺症と呼ばれる長引く影響を持つ可能性がある...
COVID-19後遺症は何週間も残ることがある/軽症例の、持続的な疲労、呼吸困難、心臓の問題
COVID-19 後遺症は何週間も残ることがある 軽症例でも、持続的な疲労、呼吸困難、心臓の問題を示す。 月末に微熱を出した時ジャレット・デサンティはCOVID-19とは関係ないと思った。しかし、彼の熱が持続し、体が弱り、ニューヨークで症例が出続けたため、デサンティの主治医は検査を受けるよう主張した。 ニューヨーク州ブレント...

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32515393/

A. 心肺系の合併症
  • 1. 心臓病の合併症
    • 循環器疾患の増加
  • 2. 肺の合併症
    • 肺葉内および肺間部のセプタム肥厚
    • FEV 25-75の障害
    • 拡散能力の低下
B. 糖代謝の合併症
  • 1. 脂質異常症リスクの増加
  • 2. 高血糖リスクの増加
  • 3. 内分泌学的合併症
    • 副腎皮質機能亢進症
    • 第一次・中枢性甲状腺機能低下症
C. 神経精神医学的合併症
  • 1. 神経筋骨格系
    • 持続的な筋骨格系の痛み
    • 大腿骨頭壊死
  • 2. 精神科の合併症
    • うつ病
    • 心的外傷後ストレス障害
    • 擬態性疼痛障害
    • パニック障害
    • 慢性疲労症候群
    • QOLの低下

6.21 心筋障害

COVID-19による心筋・微小血管障害
2019年コロナウイルス病による心筋および微小血管の損傷 Myocardial and Microvascular Injury Due to Coronavirus Disease 2019 要旨 過去数ヶ月間、世界中の医療システムは、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)によって引き起こされるコロナウイ...

6.22 小児

小児では、COVID-19の経過はほとんどが軽度だが、ここ数週間で新たなポストウイルス現象が出現し、SARS-CoV-2との関連が疑われている。

COVID-19 小児/マルチシステム炎症性症候群(MIS-C)
COVID-19の子供におけるマルチシステム炎症性症候群(MIS-C):家族性の川崎病の同時症例からの洞察 Multisystem Inflammatory Syndrome in Children (MIS-C) ハイライト SARS-CoV-2 は、Multisystem Inflammatory Syndrome in C...
COVID-19 小児のコロナウイルス関連川崎病
川崎病 「SARS-CoV-2関連の炎症性症候群が英国の子供たちに出現している、またはこれらの症例に関連するまだ特定されていない別の感染性病原体が存在するかもしれないという懸念が高まっている。」 症例には共通して、「トキシックショック症候群と非定型の川崎病の重複する特徴があり、血液パラメーターが小児の重度のcovid-19...

6.23 男性の生殖能力

COVID-19 男性の生殖能力への影響
精液のSARS-CoV-2:神話か、または現実か 要旨 SARS-CoV-2が男性の泌尿器系の健康に与える影響が懸念されているが、感染者の精液中にSARS-CoV-2が存在するかどうかは未解決の問題の一つである。精巣および男性性器管内でACE2およびTMPRSS2が発現していることから、感染時に精巣が関与している可...
COVID-19患者の生殖器・性的愛情への影響
COVID-19患者の生殖器・性的愛情に関する焦点を絞ったレビュー A focused review on the genital and sexual affection of COVID-19 patients 要旨 コロナウイルス病2019(COVID-19)のパンデミックは、男性と女性の両方の生殖および性的健康を害する可...

6.24 中枢神経系の関与

一次呼吸器病原体SARS-CoV2の神経侵襲性 エビデンスのまとめ
Neuroinvasive potential of a primary respiratory pathogen SARS- CoV2: Summarizing the evidences ハイライト ・比較系統解析により、SARS-CoV2の神経侵襲性が明らかになった。 ・神経細胞および神経グリア細胞におけるACE2の発...

6.241 パーキンソン病

1918年のパンデミックでは、インフルエンザ発生後に発生したレサルギカ脳炎(EL)の流行によりELを発症した患者のほぼすべてが脳炎語パーキンソン病を発症した。先行研究では、1918年のインフルエンザ大流行時に生まれた人や若年者は、1888年以前や1924年以降に生まれた人に比べて、パーキンソン病を発症するリスクが2~3倍高いことが報告されている

弱毒性である風土病コロナウイルスは、パーキンソン病の発症に関与している可能性が示唆されている。

COVID-19 神経変性疾患・パーキンソン病
コロナウイルス 神経変性疾患 神経変性疾患の潜在的なトリガーとしてのSARS-CoV2 脳内コロナウイルスの空胞化 中枢神経系における他のコロナウイルスの存在は、高齢者のアルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症の症例で以前に報告されている(2)。したがって、この仮説はCOVID-19でも可能である。 この点、最近...

6.242 アルツハイマー病

あるレトロスペクティブ研究では、COVID-19肺炎患者のコホートにおいて、認知症患者の死亡率(62.2%)が認知症のない患者の死亡率(26.2%)よりも高かったことが報告されている[142]。

アルツハイマー病がCOVID-19の危険因子であるかどうかは現在のところ不明であるが、Naughtonらは、SARS-CoV-2が無症候性または無症候性前の患者を無症候性ウイルスの侵入または全身性炎症の結果として神経変性に陥らせるのではないかと仮説を立てている[140]。特に、インターフェロン発現を誘導するアミロイドフィブリルには核酸が含まれており、自然免疫応答に関与している可能性が高いことが先行研究で明らかになっている。

また、アルツハイマー病患者は、インターフェロン誘発遺伝子の増加レベルを示すことが明らかになった。これらの知見から、アミロイドフィブリルがSARS-CoV-2などの病原体を捕捉し、ミクログリアを活性化させ、それによって炎症性インターフェロン応答を誘発する可能性が提案されている[140,143]。しかし、アルツハイマー病とCOVID-19との関連性については、現在までのところ不明な点が多い。

https://www.mdpi.com/2073-4409/9/11/2360/htm

  • 直接的なウイルス性脳炎
  • 全身性炎症
  • 末梢臓器機能障害(肝臓、腎臓、肺)
  • 脳血管の変化
COVID-19 アルツハイマー病・認知症
ApoE4遺伝子型はイギリスのバイオバンクで重度のcovid-19を予測する。コミュニティーコホート 新型呼吸器疾患COVID-19は様々な症状を呈し、発熱、咳、息切れが一般的である。高齢者では、英国バイオバンク(英国バイオバンク)のCOVID-19重症度の主要な危険因子(OR = 3.07、95%CI:1.71~5.50)とし...
コロナウイルスの神経生物学 COVID-19との関連性
Neurobiology of coronaviruses: Potential relevance for COVID-19 要旨 21世紀の最初の20年間で,高病原性コロナウイルス(CoV)による重症呼吸器感染症が世界各地で3回発生している.2002年~2003年のSARS-CoVによる重症急性呼吸器症候群(SARS)、201...

6.25 ポストSARS慢性疲労症候群

過去のポストSARS慢性疲労症候群を示した患者では、広範囲にわたる筋骨格痛、疲労、鬱病および睡眠障害の症状が報告されている。[R]

睡眠がSARSとどのような因果関係を結んでいるのかはまだわからないが、一般的に睡眠の悪化は病因との相互作用による悪循環によって疾患を悪化させることが知られている。

ポストSARSでは、以下の取り組みが早いほど良い結果が得られることが文献で示されている。

  • 質と量のある睡眠
  • 自分に心地いいレベルの運動
  • ビタミンD、亜鉛、マグネシウム
コロナウイルス感染回復後のウイルス感染後疲労(PVF)と ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)ガイダンス
コロナウイルス感染後のポスト・ウイルス性疲労(PVF)とポスト・ウイルス性疲労症候群(PVFS)に関する情報 by ME協会 機械翻訳を大雑把に修正したものです。一部日本であまり関係のない情報など省略しています。下線、強調などは管理人が加えたものです。正しくは原文を参照してください。 略語 MEA:ME協会(筋痛性脳...
COVID-19 ウイルス感染後疲労症候群・慢性疲労症候群
ポストウイルス疲労症候群・Post-viral fatigue syndrome(PVFS)・慢性疲労症候群(CFS) ウイルス感染後疲労症候群(PVFS) Wiki ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)は、ウイルス感染後に 起こる慢性疲労症候群の別名として用いられている 。 最近のレビューでは、慢性疲労症候群患者では エプス...
過去のポストSARS慢性疲労症候群 関連研究
ポストSARS慢性疲労 ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3071317/ 要約 ポストSARS慢性疲労症候群における慢性広汎性筋骨格系疼痛、疲労、抑うつ、睡眠障害 症例対照研究 ウイルス性疾患である重症急性呼吸器症候群(SARS)の長期的な副作用については、十分に理解されていない。 ...

6.26 慢性疼痛

COVID-19パンデミック後の慢性疼痛の増加の可能性を考える
Considering the potential for an increase in chronic pain after the COVID-19 pandemic 1. 序論 COVID-19パンデミックは、世界中の人々の生活と健康に影響を与え、将来的にはさらなる影響が出る可能性がある。このパンデミックの中での生活は、...

6.27 がんリスク

新型コロナウイルスの臨床的後遺症 COVID-19感染は患者にがんを発症させるか?
要旨 がん患者はCOVID-19感染に罹患しやすいことが臨床的に知られているため、COVID-19感染ががんに罹患しやすいかどうかという副次的な問題を探っている。本論文では、新規コロナウイルスの後遺症とがんとの関連を明らかにすることを目的としている。 この関連性を確立するために、COVID-19の作用機序、感染時にCOVID-...

6.3 後遺症メカニズム(仮説)

COVID-19の短期および長期的な健康被害の可能性 迅速なレビュー
Short- and Potential Long-term Adverse Health Outcomes of COVID-19: A Rapid Review 要旨 コロナウイルス疾患2019(COVID-19)のパンデミックにより、世界中で数百万人の患者が感染し、日常生活の混乱を通じて間接的にさらに多くの個人に影響...
  • 中枢神経系[R]
    • ウイルス性脳炎
    • 嗅覚神経経路の損傷
    • 血管内皮の感染・血管の変化
    • 感染した白血球のBBB透過・完全性の破壊
    • HPA軸障害[R]
    • 低酸素と神経炎症による海馬、皮質領域の損傷
  •  ウイルスがどこかの器官で保持されている
    • 免疫細胞への感染
    • 呼吸中枢への感染[R]
    • ミトコンドリア[R]
  • ウイルス遺伝子の断片が残存しており免疫系がそれには反応する
  • 免疫ホメオスタシスの異常
    • サイトカインストームネットワークの調節不全(CNS浸潤不要)
    • 末梢免疫細胞の遊走 感染した単球による神経炎症
  • 臓器損傷
    • 肺の後遺障害(腰痛)
    • 腎障害
    • 心臓
    • 肝臓
    • 膵臓
  • コルチコステロイドなど免疫調節治療の影響
  • 腸内微生物の変化
    • 腸脳軸
    • 腸肺軸の影響
  • マイクロ血栓・マクロ血栓
  • 重複感染、真菌との関連
    • EBVの活性
    • ヒトメタニューモウイルス
    • 慢性B型肝炎
  • マクロファージ活性化症候群
  • 細胞危険応答(CDR)
  • マスト細胞活性化症候群
  • 自己免疫疾患
    • 分子模倣
    • バイスタンダー活性
  • 栄養不良
    • ビタミンD欠乏
  • 心理的要因
COVID-19 ウイルスが持続する5つの理由
COVID-19ウイルスが数ヶ月間持続したりするのはなぜなのか? 理由3:免疫システムを回避するために唾液の中に潜伏している。それが免疫力にとって何を意味するのか ウイルスのクリアランスには個人差がある。また、感染症からの回復が早い人がいる理由の一つでもある。そして、回復という言葉は厄介で、臨床症状の消失、またはウイルス要素の...

6.31 分子模倣

SARS-CoV-2は分子模倣によってストレス誘発自己免疫を誘発するか?
Does SARS-CoV-2 Trigger Stress-Induced Autoimmunity by Molecular Mimicry? A Hypothesis 要約 ウイルスは宿主内で分子模倣現象を発生させることができる。 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)はなぜこれらの1つとみなされ...
COVID-19と自己免疫(分子模倣・バイスタンダー効果)
Covid-19 and autoimmunity 1. 前書き 自己免疫疾患の正確な病因はいまだに不明であるが、遺伝的素因、腸内細菌叢を含む細菌感染、ウイルス性真菌や寄生虫感染などの環境的誘因、物理的・環境的要因、ホルモン要因、宿主の免疫システムの調節障害など、宿主における自己免疫疾患の出現に寄与すると考えられている様々な要因が...

6.32 マスト細胞活性化症候群(MCAS)

残念ながら、増殖性マスト細胞障害の遺伝的原因と、放出される複数のメディエーターの影響があることから治癒できる治療法がない。誘因への曝露を制限し、症状を軽減することが治療の主な目的となる。メディエーター、特にサイトカインの分泌を抑制することが望ましい。

COVID-19の高炎症とCOVID-19後の病気はマスト細胞活性化症候群に根ざしているかもしれない
Covid-19 Hyperinflammation and Post-Covid-19 Illness May Be Rooted in Mast Cell Activation Syndrome ハイライト COVID-19 過剰炎症の多くは、マスト細胞主導の炎症と一致している。 重度コービッドの有病率は、...
マスト細胞を活性化させる一般的な誘因

アルコール、防腐剤、香辛料、熱、寒さ、薬物[抗生物質、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDsオピオイド、神経筋接合阻害剤]、放射性物質、ヒメノプテラ刺傷、物理的刺激(圧力、摩擦、エストロゲン、ストレスの多い状態)

肥満細胞メディエーター障害の治療アプローチ

1. 抗ヒスタミン薬(セチリジン、ジフェンヒドラミン、ヒドロキシジン)
2. 抗好酸球作用を有する抗ヒスタミン薬(ケトチフェン、ルパタジン)
3. 抗セロトニン作用を有する抗ヒスタミン剤(シプロヘプタジン)
4. 複合抗ヒスタミン作用を有する三環系抗うつ薬(ドキセピン)
5. フラボノイド(ルテオリン、高純度で吸収率アップされたケルセチン)
6. 抗ロイコトリエン(モンテルカスト)
7. クロモリンナトリウム
8. ステロイド(メチルプレドニゾロン)
9. エピネフリン(エピペン、アナペン)
10. 抗IgE(オマリズマブ)
11. TK阻害剤(イマチニブ)
12. 変異型KITを発現する肥満細胞に対するキナーゼ阻害剤(ミトスタウリン、アバプリチニブ

肥満細胞活性化の理解における最近の進歩 あるいはマスト細胞メディエーター障害であるべきか?
Recent advances in our understanding of mast cell activation – or should it be mast cell mediator disorders? 要旨 はじめに マスト細胞が放出する複数のメディエーターが原因で、脳を含む多くの臓器に影響を及ぼす複数の...

「我々は、COVID-19病の発症を認識または疑った時点で直ちにマスト細胞活性化症候群を標的とした治療(例えば、安価で安全なヒスタミンH1およびH2受容体拮抗薬)を開始することが、病気の重症度を軽減する可能性があると理論的に考えている」

COVID-19 マスト細胞活性化症候群
SARS-CoV-2(COVID-19)パンデミックにおける肥満細胞症とMCASを有する患者のリスクと管理 専門家の意見 関連記事 概要 COVID-19(SARS-CoV-2)パンデミックは、私たちの医療システムを大幅に歪め、影響を受けた地域社会に壊滅的な結果をもたらした。犠牲者の数は増加の一途をたどっており、ウイルス性の...
マスト細胞活性化症候群(MCAS)  改善ガイド
肥満細胞と慢性炎症・ブレインフォグ 関連記事 概要 主な参考書籍:Toxic/Heal Your Body from Mold Toxicity, Lyme Disease, Multiple Chemical Sensitivities, and Chronic Environmental Illnes...

6.33 細胞危険応答

細胞危険応答 / Cell Danger Response (CDR)
慢性疾患と細胞危険応答(CDR) Self-defense is Nature's eldest law.   John Dryden 自己防衛は自然界最古の法である。 ジョン・ドライデン 概要 細胞危険応答(CDR)とは 細胞危険応答(CDR)とは、宿主を侵入者から保護するための進化的に備わった細胞およびミトコンドリア...
細胞危険応答(CDR)の代謝的特徴
Metabolic features of the cell danger response ハイライト 細胞危険応答(CDR)は、脅威に対する古代の代謝反応の観点から定義されている。 CDRは炎症、自然免疫、酸化ストレス、ERストレス反応を網羅している。 CDRは細胞外ヌクレオチド(プリン作動...

6.34 HPA軸障害

COVID-19 副腎不全・副腎疲労・HPA軸機能障害
COVID-19における副腎の炎症性細胞浸潤 Inflammatory Cell Infiltration of Adrenals in COVID-19 要旨 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)は、2019年11月~12月に中国の武漢で発生し、世界中に急速に広がり、文明全体に深刻な健康被害と社会経済的...

6.35 内分泌系全般

SARS-Cov-2ウイルス感染が内分泌系に与える影響
The Impact of SARS-Cov-2 Virus Infection on the Endocrine System 要旨 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)ウイルスが世界中に急速に蔓延し、未曾有のパンデミックを引き起こしている。この疾患の新規性のため、内分泌系への影響は明らかになっていな...

6.4 後遺症を経験しいてる「長期微熱組」の方へ

中長期的な後遺症について、現時点では情報が限られており、症状もその病因機序も上記で記載しているように非常に多種多彩なものが提案されている。機序は複数にまたがる可能性もあれば、個人によってその病因が異なる可能性もある。そのため、具体的な方案を提案することが難しい。m(_ _)m

言うまでもなく海外でのPost-COVID後遺症患者が先行しており、活動規模や情報量も圧倒しているため、まずはそれらの情報を参照していくことが、最も確実だろう。

回復情報/サイト
Chrome でウェブページを翻訳する

https://support.google.com/chrome/answer/173424

ツイッター

https://www.c19recoveryawareness.com/

Post-COVID症候群に向けた計画:パンデミックの長期的な合併症を緩和するために、保険者はどうすればよいか
Planning for the Post-COVID Syndrome: How Payers Can Mitigate Long-Term Complications of the Pandemic 要旨 COVID-19の大パンデミックが続く中、米国中の保険者はCOVID-19の検査と治療の費用負担を免除することで、患者の経...
コロナウイルス後遺症患者への対応を行っている/準備している病院・クリニック

ご存知の方はお知らせください。

アルツハッカー

より具体的な関連情報や分子作用的な機序の解明が得られれば、そこから確度の高い情報を詳しく書いていきたい。自分が現時点で考えている最大公約数的なポイントは以下の通り

  • 早期取り組み
  • 凝固障害(血栓症)への対応(特に亜急性期のフェーズ6.1段階で)
  • 呼吸リハビリテーション(呼吸器系障害がある場合)
  • ポストSARS慢性疲労症候群での知見(後述)
  • ビタミンD、亜鉛、マグネシウム、NAC、メラトニン
  • マスト細胞活性化症候群への対応 ケルセチン、ルテオリン(可能であれば緊急措置としての抗ヒスタミン剤)
  • 腸内微生物叢・歯周病への取り組み
  • 概日リズムを整える。
  • 認知行動療法(マインドフルネス瞑想も良い)
  • 段階的身体運動セラピーは賛否が別れているが、改善したという報告も複数あり、少なくとも一部の人で効果があることは確かなようだ。早期で無理をしないことがポイントだろう。

また、この記事で提示している予防方法の多くが、後遺症への取り組みと一致するであろうと考えている。ヘルスケア情報に疎い人にはありがちなパターンだが、トリッキーな魔法の薬を探し求めるのではなく、まず栄養や睡眠、水分(電解質)不足といった基本的なことが満たされているのかを総点検してほしい。これは一般論として重要だという理解では不十分で、実際にそれらの欠乏によりコロナウイルス患者の重症化が促進される理論的根拠と症例報告がある。

以下、実行が比較的簡単であるにも関わらず、重要度が高い(主観的な選択)と思われるアプローチを記載しておく。

朝の散歩

朝の日光を浴びながらの散歩も、その単純さから軽んじられがちだが、医学的な背景のある改善メカニズムが非常に多く含まれている。運動習慣のない人は、2分でいいので無理しない範囲で、是非実行してもらいたい。通勤時に一駅分歩くといったようなことなど。

睡眠の量と質・メラトニン

良い睡眠をとるためのただ一つの方法といったものは存在しないため、かんたんなアドバイスが難しい。睡眠は総力戦であり、寝室の環境のみならず、昼の活動や食事など様々な要因が個人に依存して介在する。良い睡眠というのは目指す目標でもあるが、同時に起床時の様々な取り組みの結果(バロメーター)を示すものでもある。

睡眠誘導剤は一般的に睡眠構造を壊し睡眠の質を下げる、このことは免疫記憶能力を低下させ、概日リスム、腸内細菌にも影響をおよぼす。慢性的な長期摂取では容易にデメリットが上回る可能性が高い。睡眠ホルモンとして知られるメラトニンは少なくとも2mgまでは睡眠構造を壊さないことがわかっているだけではなく、中枢神経にも作用する非常に優秀な抗酸化剤として作用してくれる。IHERBなどの海外通販でのみ入手が可能。

ビタミンD・亜鉛・マグネシウム

COVID-19後遺症を改善する直接的証拠は当然まだないものの、それぞれの栄養素が予防のみならず、後遺症のいくつかの病因に対して働きかける理論的な可能性がある。一般的にこの三つの栄養素は健常な人でも半数以上で欠乏していることを示唆する証拠がある。加えて疾患や加齢などによっても吸収率が低下し必要量も高まることがから、特に高齢者では、よほど食事からの栄養に気を使っていない限り大半の人で欠乏している可能性が高い。サプリメントはとにかく嫌いという人も、せめて回復期の間だけでも検討してみることをおすすめする。(できればビタミンCとセレンも加えておきたい)

Nアセチル・システイン

COVID-19 N-アセチルシステイン(NAC)
コロナウイルス N-acetylcysteine (NAC) 関連記事 N-アセチルシステイン長期投与によるインフルエンザ様症状の軽減と細胞介在性免疫の改善 要旨 N-アセチルシステイン(NAC)は、還元型グルタチオンの類似体であり前駆体であり、30年以上前から粘膜溶解薬として臨床使用されている。また、いく...
COVID-19 グルタチオン
コロナウイルス グルタチオン 関連記事 COVID-19肺炎に伴う呼吸困難の緩和におけるグルタチオン療法の有効性:2症例の報告 要約 目的 COVID-19への感染は、重度の呼吸困難、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)、劇症型心筋炎、および播種性血管内凝固を伴うか否かにかかわらず多臓器不全を伴う新型コロナ...
N-アセチル-L-システイン/NAC(認知症・アルツハイマー)
N-アセチル-L-システイン(NAC) 概要 N-アセチル-L-システインとは N-アセチル-L-システイン(NAC)は、アミノ酸 L-システインをアセチル化したもので、数十年にわたって医療用途への探求が行われてきた栄養補助食品。 N-アセチル-L-システインは、最強の抗酸化物質と言われるグルタチオンの前駆体であり、体内で...
マスト細胞活性化症候群(MCAS)

COVID-19の急性期の炎症およびポストCOVID-19と関連性において、マスト細胞活性化症候群が疑われている。

認知機能への影響

中枢神経系が直接的に関与する神経症状がある場合には、認知機能障害な改善方法として医学的なバックグラウンドがある中でもっとも実績のあるリコード法が、現実的な選択肢となっていくだろう。

特に高齢者や、若い方でも(40代~)低酸素症や感染時に強い神経学的症状を経験したコロナウイルス患者は、将来の認知症発症リスクが高まっている可能性があり、ICUなどを経験した高齢の患者での将来の認知症リスク増加の可能性が高いことは過去の調査で明らかになっている。

リコード法は認知症患者さんだけではなく、健常者が認知機能低下を防ぐためのプロトコルとして実行可能なようにデザインされている。(早ければ早いほど効果が高い)。ApoE遺伝子検査は、治療方針の方向性を定める重要な検査の一つであり、次の治療ステージへ移行する前に受けておくことをおすすめしておく。(キット取り寄せでもできる)

6.5 メンタルヘルス

COVID-19 メンタルヘルス / さまざまな精神衛生課題
コロナウイルス メンタルヘルス COVID-19の系統的レビュー・メタアナリシスス 私たちの知る限り、これはコロナウイルス感染の精神医学的影響に関する最初のシステマティックレビューであり、メタアナリシスである。我々は、コロナウイルス感染の急性期および発症後の精神医学的および神経精神医学的特徴に関するデータを提供している72の独...
COVID-19 メンタルヘルス/支援・対策・アイディア
コロナウイルス メンタルヘルスの改善 コロナ時代のメンタルヘルス うつ病の変化 ボリス・ジョンソン首相が3月23日に発表したロックダウンが、うつ病や不安の急増と相関していることを示唆している。発表前には、参加者の16%がうつ病を報告していたが、発表直後には38%にまで上昇した。 不安については、17%から36%に上昇した。...
COVID-19パンデミック メンタルヘルスへの影響 システマティックレビュー
COVID-19 パンデミックとメンタルヘルスの影響 ハイライト ・COVID-19の患者は高レベルの心的外傷後ストレス症状(PTSS)とうつ病の増加を示した。 ・精神疾患の既往がある患者では、精神症状の悪化が報告された。 ・医療従事者の間では、より高いレベルの精神症状が認められた。 ・心理的な幸福度の低下が...
COVID-19 メンタルヘルスの回復力/レジリエンスのメカニズムと免疫への影響
心と体の間のインターフェイス 生物学的精神医学 要約 大うつ病性障害や心的外傷後ストレス障害などのストレスに関連した神経精神疾患は、社会経済的および個人的に甚大な影響を与える。逆境に直面したときの適応プロセスであるレジリエンスは、ストレス反応の個人差を理解することを可能にする重要な概念であり、この情報を利用して身体の自然なレジ...
COVID-19生存者における不安と抑うつ:炎症性および臨床的予測因子の役割
 Anxiety and depression in COVID-19 survivors: role of inflammatory and clinical predictors ハイライト COVID-19は、他のコロナウイルスのように、精神医学的な意味合いと関連している。 サンプルの55%が少なくとも1つ...
COVID-19治療による神経精神医学的副作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32636036/

高齢者差別
COVID-19 エイジズム・高齢者差別
エイジズム・高齢者差別 COVID-19パンデミックはエイジズムの限定的な理解を暴露する エイジズムという生物心理社会的現象 COVID-19パンデミックの間、避難指示の正当化は高齢者の脆弱性を強調してきた。他のリスクの高いグループが言及されることもあったが、高齢者を強調することは、今後数十年にわたって高齢化や高齢者に関する態度に影...
自殺

パンデミックが自殺行動に与える影響についての直接的な証拠はまだない。歴史的には、危機の初期段階、すなわち「ハネムーン期」と呼ばれる地域社会の結束力が高い時期には、自殺率は低下する。

実際にロックダウン前後の期間において日本では自殺者が減少したという報告がある。また、グーグルの調査結果では、現時点で金融や仕事に関連した懸念に関する相対的な検索量は増加しているが自殺や自殺方法に関する検索は増加していないことを示している。

災害の次の段階は、人々が援助の限界に気づく「幻滅」である 。危機が慢性化すると、落胆、ストレス、疲労困憊、薬物乱用などの症状が現れ始める。この段階は数ヶ月から数年続くこともある。

SRAS患者の調査では、自殺衝動と関連するコロナウイルスの血清陽性は1年後に持続する[R]

頭痛、めまい、急性虚血性脳卒中、運動失調、痙攣などの神経学的状態がCOVID-19患者で観察されている。 虚血性脳卒中や頭痛を含む神経学的状態は自殺リスクの増加と関連している。

自殺の最も重要な予測因子はうつ病の存在である。COVID-19の回復した患者は、うつ病と自殺のスクリーニングを受ける必要がある。

COVID-19 メンタルヘルス / 自殺
ハネムーン期を過ぎて COVID-19の時代の自殺:完全な嵐 歴史的には、危機の初期段階、すなわち「ハネムーン期」と呼ばれる地域社会の結束力が高い時期には、自殺率は低下する。 物質乱用・精神保健サービス局によれば、災害の次の段階は、人々が援助の限界に気づく「幻滅」である 。危機が慢性化すると、落胆、ストレス、疲労困憊、薬物乱用な...
自殺研究・予防・COVID-19 グローバルな対応と国際共同研究の確立に向けて
Suicide Research, Prevention, and COVID-19 Towards a Global Response and the Establishment of an International Research Collaboration 2020年のCOVID-19パンデミ...