COVID-19 回復した入院患者の退院後のケア 英国国民保健サービス(NHS)のガイダンス

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

コロナウイルスから回復した入院患者のアフターケアニーズ

https://www.england.nhs.uk/coronavirus/publication/after-care-needs-of-inpatients-recovering-from-covid-19/
2020年6月5日発行 第1版

1. はじめに

本ガイダンス1 は、COVID-19 の急性エピソードの後に退院した患者が、退院後に予想される典型的な医療ニーズを記述することで、プライマリケアおよび地域医療サービスが、即時および長期的なケアニーズを満たすことを支援するものである。

英国全土の病院で95,000人以上のCOVID陽性患者の世話をしてきたが、ほとんどの患者は回復して退院することができた。

しかし、生存している患者の多くにとって、ウイルスとその対策に必要な治療は、その健康に永続的な影響を及ぼすことは明らかである。

 

このウイルスの最初のピークを過ぎ、2020年4月29日の書簡にあるように、サイモン・スティーブンスとアマンダ・プリチャードによるCOVID-19へのNHSの対応の第二波では、地域医療サービス、プライマリ・ケア、メンタルヘルスにおけるアフターケアとサポートに対する需要の増加が見られることになるであろう。

地域医療サービス-身体的・精神的ケアの他の提供者と協力して-は、COVID-19から回復し、退院後に身体的・精神的にリハビリを行う継続的な健康支援を必要とする患者の増加をサポートする必要があるだろう。

 

これらの課題に対応するためには、例えば、集学的チームやバーチャル病棟の手配などを含めて、シームレスに連携しながら共同で取り組む必要がある。COVID-19が患者に与える影響は急速に変化しており、すべての面での包括的なデータはまだ入手できていないことに注意することが重要である。

本ガイダンスの公表後、地域は本文書で提起された問題の管理を支援するために公表された更なる情報を検討し続けるべきである。

健康格差とCOVID-19との関係を理解するための作業が進行中であり、患者へのケアや支援を考える上で考慮しなければならない。

 

もともと2020年3月19日に発表されたガイダンスでは、イングランドのすべてのNHS信託、地域の利害関係会社、急性期、地域病床、地域医療サービスの民間ケア提供者、ソーシャルケアスタッフに対する退院サービスの要件が定められていた。また、医療・ソーシャルケアの委託事業者(臨床委託グループや地方自治体を含む)の退院に関する要件も定められている。

COVID-19から回復した入院患者のアフターケアの必要性 既存の健康状態を持つ患者は、COVID-19のエピソードの結果として、それらの状態の管理に即時または長期の変更を必要とする可能性があるが、本ガイダンスの焦点はそれではない。

このガイダンスは、NHSが主導する臨床介入に焦点を当てている。しかし、成人のソーシャルケアの専門家やソーシャルケアプロバイダーとの連携なしには、全体的なケアは不可能であり、私たちは保健社会福祉省と協力して、彼らの役割を支援していくことになる。

2. 退院後のCOVID-19患者の医療ニーズ

このセクションでは、COVID-19のエピソードの後の新たな状態に焦点を当てて、COVID-19患者の退院後(集中治療を受けているかどうかに関わらず)、在宅や地域社会の環境へと移行した後の、予想される当面の健康ニーズと長期的な健康ニーズについて述べている。緩和ケアを受けている患者については、ここで情報を得ることができる。

COVID-19に関連する更なるガイダンスと情報については、付録1を参照のこと。以下は、COVID-19から回復した患者が退院時に呈するであろう最も重要な問題を簡単にまとめたものである。

これらの問題は、患者さんの新規または修正された個別ケア・支援計画を知らせるべきであり、その中には、患者さん自身がニーズを管理するために何ができるのか、ソーシャルケアやボランタリーセクターを含むサービスからどのような幅広い支援を必要とするのかが含まれている。

これらは、当面のニーズと長期的なニーズのいずれかの文脈で考慮されるべきであり、我々はそれらを身体的、神経心理学的、社会的にさらに分類したが、患者のニーズと症状の管理は常に全体的に考慮されるべきである。

  • 身体的:多くの患者が急性期施設を退院する際には、呼吸器介入や創傷・圧迫部のケア、失われた筋肉量や身体機能を回復させるためのケアやリハビリテーションを必要とする。
  • 心理学的および神経心理学的:重度のCOVID-19病から回復した患者のかなりの割合が、病気や治療の経験の結果、持続的な心理的困難を抱えている可能性がある。また、コミュニケーションおよび/または認知障害の程度に差がある患者もいる。
  • 社会性:患者の社会的なニーズや状況はパンデミックの影響を受ける可能性がある。例えば、遮蔽している家族の一員からのケアサポートが必要な場合などである。ロックダウン中の変化による潜在的な影響も考慮すべきである。

COVID-19から回復した入院患者のアフターケアの必要性 初等・地域医療サービスは、COVID-19後に退院した患者への全人的ケアの提供を支援するために、家族、ケアホーム、家庭的ケアと協力すべきである。

2.1 組み合わせ:身体的、認知的、心理的ニーズ

集中治療後のケア症候群(PICS)は、長期人工呼吸後12ヶ月には56%の患者で持続的な身体的、認知的、心理的障害が複合的にみられる。

考察

症候群全体を特定することなく、個々の症状が単独で認識されることがある。

リソース

国のいくつかの地域にはクリティカルケアのフォローアップ診療所があり、これらの診療所は典型的には集学的であるが、集学的チーム(MDT)のすべてのメンバーが含まれているわけではないことが多い。

いくつかの地域では、ハブアンドスポーク方式でカバーされており、その地域のクリティカルケア診療所が国内の他の地域からの紹介を受けている。これらの診療所の紹介基準は様々である。例えば、ICUでの72時間以上の滞在期間、機械換気の長さ、せん妄、他の臨床医、自己または家族からの紹介などである。

重症患者のすべての患者をレビューすることは日常的ではなく、どのような患者コホートをレビューすべきかについては、現在のところほとんどエビデンスがないが、BTSは有用なガイダンスを発表している。

NICEガイドラインCG83では、退院後2~3ヶ月で、患者の重症患者の問題点とリハビリテーションケアの経路を熟知した適切な技術を持つ医療専門家が患者を見直すことを求めている。重症患者の診療所では、必要に応じて6ヶ月後と12ヶ月後にも患者の再診を行う。この見直しの際には、必要に応じて性機能障害についての議論も含めて、完全な機能評価を行うべきである。

集中治療室(ICU)退院後の早期の身体リハビリテーション(主に在宅でのリハビリテーションおよび/または運動訓練のみ)が生活の質および死亡率に及ぼす影響は明らかではない。しかし、重症インフルエンザA(H1N1)肺炎による急性呼吸器疾患症候群(ARDS)の生存者を対象に、8週間の肺リハビリテーションプログラムを実施したところ、生活能力とQOLが有意に改善した。

2.2 身体性

2.2.1 呼吸器の問題

課題 酸素を必要とする患者の管理 – 有病率と関連性。
有病率と関連性

重症患者と非重症患者の両方の環境で、病院で酸素サポートを必要とする患者が増加しているが、これに関するデータは不足している。

地域レベルでは、一時的に酸素を必要とする患者の退院が増えているという逸話がある。

考慮すべきこと

在宅酸素サービス、地域呼吸器チーム、遠隔医療は、すべての臨床コミッショニンググループと一部の地方自治体にすでに存在している。しかし、規模が問題となる可能性が高い。

参考資料

入院回避と早期退院の支援に焦点を当てた呼吸器の専門スキルを持つMDTは、在宅で酸素を必要とし、呼吸器の専門的な入力を必要とする患者を支援するスキルを持つことができ、ケアホームでも可能性がある。

適切な訓練を受けたスタッフと患者は、在宅でのモニタリングとフォローアップ(例:酸素濃縮器および/またはボンベ、酸素飽和度モニター)を可能にするための機器と技術を、対面式または技術的に促進されたレビューで迅速に利用できるようにする必要がある。

地域に根ざした抗生物質治療のための静脈内治療チーム(OPAT)は、気管支拡張症や肺炎などの特定の呼吸器疾患を持つ患者をサポートする地域にすでに存在しており、在宅でのCOVID-19患者のケアをサポートする可能性がある。

これらのプロセスを標準化するための道筋は、地域レベルの既存の在宅酸素サービスと一緒に開発する必要がある。

課題 肺リハビリテーション(PR)
有病率と関連性。

肺リハビリテーションの必要性は、COVID-19感染の重症度、既存の併存疾患、機能状態によって異なる。

大多数の患者は機能的に大きな影響を受ける。

ほとんどの患者は正式な介入なしに回復するが、一部の患者は正式な運動リハビリテーションプログラムの恩恵を受けることができる。

考慮事項

確立されたエビデンスによれば、適切な場合には、利益を最大化するために早期(30日以内)にPRを開始すべきであるとされている。

しかし、特にCOVID-19の患者に対しては、特に患者の感染性が不明であることから、英国胸部学会とそれに相当するいくつかの学会は、国際的に退院後6~8週間待つことを推奨している。PRサービスはあらゆる地域に存在し、通常は地域社会で提供されている。

多くの地域ではパンデミック前にすでに待機者が出ており、作業療法士や理学療法士などのコミュニティセラピストの中には現在急性期に再配置されている者もいることを考えると、通常通りの業務が再開された場合には、PRサービスのキャパシティと需要は伸び悩む可能性が高いと考えられる。

PRサービスの再開に関する更なるガイダンスは、今後数週間のうちにBritish Thoracic Societyから発表される予定である。これらの患者で酸素を使用する際には、パラフィン系の製品などの可燃性ローションの使用を避けるなど、危険因子を特定し、フラグを立てるべきである。

参考資料

患者や介護者の中には、自宅でのウェブベース/直接指導型トレーニングを希望する人もいるだろう。英国胸部学会は、遠隔地でのトレーニングをサポートするガイダンスとリソースパックを発表している。

さらに、「My Covid Recovery Programme」と呼ばれる新しいオンラインCOVID-19後のリハビリテーション・プラットフォームが7月中旬に開設される予定である。

課題 肺血管疾患-有病率と関連性

COVID-19患者は血栓塞栓性疾患の有病率が高いという証拠がある。さらに、重度のCOVID-19でICUで治療を受けた患者の中には、肺動脈性高血圧症を発症する患者もいる。

考察

肺塞栓性疾患を有する患者は、抗凝固療法の最適な期間と長期フォローアップを定義するために、適切なチームによる検討に基づいた治療が必要となる。

参考資料

静脈血栓塞栓症に関する詳細は、BTSのCOVID-19 VTEガイダンスに記載されており、COVID-19に関連する静脈血栓塞栓症に関するBTSガイダンスでは、より多くの情報が提供される予定である。

課題 気管切開術(留置)
有病率と関連性

気管切開を必要とする患者の数は明らかになりつつある2,3が、時期、適応、および気管切開関連喉頭損傷は声帯麻痺を引き起こす可能性がある。喉頭気管狭窄は嚥下機能に影響を及ぼす可能性がある。

考察

地域社会で気管切開術を受けている患者の離乳をサポートしているサービスはほとんどない。そのためには、明確な説明責任を伴う統合的なMDTアプローチが必要である。地域社会のサービスが存在する場合でも、除管を容易にするために二次医療が必要になることが多い。

気管切開チューブの存在は、患者、その家族、介護者、医療機関に大きな負担を強いる。4 患者さんは、分泌物の管理や誤嚥のリスクを含む嚥下障害を継続的に抱えている可能性がある。代替のコミュニケーション戦略や一方通行弁の安全な管理が必要になる。

患者さんは、気道管理のサポートを必要とする:ファイバーオプティック内視鏡による嚥下評価(FEES)の使用を含む発声と嚥下の評価、再建手術の前、手術中、手術後のアドバイスなど。

参考資料

理学療法、言語療法、耳鼻咽喉科(耳鼻咽喉科)、地域看護、栄養学、作業療法、専門看護師(学習障害、自閉症、精神衛生訓練を受けている人を含む)。

全米気管切開術安全プロジェクト(National Tracheostomy Safety Project)や、MDT気管切開術ケアに関する新たに発表されたNHS Improvement guidance(NHS Improvement guidance)を通じて利用できる既存のリソースがある。

プロトコル/パスウェイは、離乳を促進するために開発することができるが、これは経験豊富なMDTとしばしば二次医療の入力のための必要性に依存している。

これは、スタッフのスキルアップを可能にし、早期退院を促進するために、急性期と地域社会の設定の間で作業する機会を提供するであろう。

課題 気管切開創
有病率と関連性

気管切開術は経皮的ではなく外科的に行われることが多くなると予想されている。気管切開創は治癒が遅く、感染症の発生率が高い傾向にある。早期退院支援や地域でのケアがベストプラクティスとなり、通常の業務となるため、地域看護への需要が高まるであろう。

考慮事項

地域の看護師はすでに気管切開創を持つ患者のケアに慣れているが、このような短期間に必要とされる数ではない。地域看護師および実践看護師のための追加の研修が必要になるかもしれない。

参考資料

上記のように、創傷ケアの専門スキルと専門知識を持つ地域の看護師。現在、病院の診療所が運営されていないため、耳鼻咽喉科サービスへのアクセスはより困難になる可能性が高いが、これは、これらのスキルを持つ臨床医を、在宅で患者をサポートするために地域社会で働くために移動させる機会となる可能性がある。

課題 嚥下障害
有病率と関連性

重症治療後、呼吸器疾患が継続している患者は、誤嚥性肺炎、生活の質の低下、死亡のリスクが高くなる。嚥下障害は一般的で持続性があるが、見落とさなければ治療可能である。10,11 これらの患者の中には、嚥下機能を損なう非侵襲的人工呼吸(NIV)を行っている患者もいる。

考慮事項

患者は嚥下が困難になる(誤嚥のリスクについては上記の有病率と関連性を参照)。このような患者は食事時の疲労のリスクもあり、評価や食事の変更などの代償戦略が必要になる可能性がある。このような患者には嚥下機能を回復させるための嚥下運動も有効であろう。

食感修正食は栄養摂取量に影響を与える可能性があり、すでに栄養状態が悪化している患者に影響を与える可能性がある。

参考資料

栄養士は、適切な栄養と水分補給を確保し、栄養失調を防ぐために、栄養ニーズを評価し、見直しを行う専門家である。言語療法士(SLT)は、COVID-19に続く様々な症例での嚥下障害の管理に不可欠なファイバーオプティック内視鏡評価(FEES)やビデオフルオロスコピック嚥下試験(VFSS)などの器材評価を使用する専門家である。

長期的な呼吸器の必要性

COVID-19の長期的な影響は、プライマリーケア、セカンダリーケア、コミュニティケアを含む医療とケアシステムのすべての部分に影響を及ぼす可能性が高い。

以下の提案は、初期のデータに基づくものであり、因果関係は今後の研究に依存する。

課題 慢性咳嗽
有病率と関連性

慢性咳嗽は、成人では8週間以上続く咳嗽と定義されている。メタアナリシスでは、一般成人における慢性咳嗽の世界的な有病率は約10%と推定されている14 。しかし、COVID19感染後の慢性咳嗽に関するデータは存在しない。

考察

慢性咳嗽管理のためのコミュニティサービスはほとんど存在しない。広範な評価と医学的管理を行っているにもかかわらず、慢性咳嗽症例の最大20%では咳が持続し、医学的治療に反応しない。プライマリケアでは、適切なケアパスウェイが存在することを確認するために、他の医療提供者と協力すべきである。

参考資料

慢性咳嗽を含む上気道障害の治療について、Royal College of Speech and Language Therapistsによってファクトシートが作成された。

課題 肺線維症の長期的リスク
有病率と関連性

SARS-CoVおよび中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)による世界的なSARS発生の生存者の約30%は、線維性肺疾患と一致する持続的な生理学的障害および異常な放射線学的検査を経験している16,17。

考察

地域は、罹患率の増加と診断・管理サポートを提供するためのサービスへの資源の影響を認識しておくべきである。

英国胸部学会のCOVID-19後の呼吸器フォローアップガイダンスでは、持続的な呼吸器症状、生理学的障害、または退院後12週間後に異常が残る胸部X線検査を受けた患者に対して、肺機能検査とCTスキャンを推奨している。

参考資料

英国胸部学会によるCOVID-19後の呼吸器フォローアップガイダンス。

課題 肺機能への影響を判断するための肺生理学的検査
有病率と関連性。

有病率と関連性:上記の通り

考察

COVID-19の効果の生理学的影響を判定するためには、肺生理学的検査(例えば、スピロメトリーや肺活量、ガス移動、運動能力などのより詳細な肺機能検査)が必要である。実施すべき検査の時期と性質については、排出物からのデータが得られた後に決定する必要がある。潜在的な肺の瘢痕化とその結果としての線維化は、画像検査と同様に重要なこれらの調査なしには管理できない。

参考資料

地方は、COVID-19患者のどの人口統計が退院後の肺生理学的調査を必要とするかについて具体的な公式の国のガイダンスが作成されているかどうかに引き続き注意する必要がある。

課題 気管支拡張症の長期的リスク
有病率と関連性

明確な数字はないが、推定ではCOVID-19肺炎患者の最大5%が気管支拡張症を発症する可能性があるとされている。しかし、因果関係はまだ確立されていない。

考察

地域は罹患率の増加の可能性を認識し、診断と管理のサポートを提供するためのサービスの必要性を考慮すべきである。

課題 X線異常を確実に除去するための胸部X線検査
有病率と関連性

有病率と関連性:COVID-19が放射線学的に確認された患者に胸部X線を再検査する適応は、基礎となる肺癌を除外するためではなく、むしろ肺炎の変化を確実に解消するためである。

縦断的CT研究では、放射線学的にCOVID-19が確認された患者の94%が退院時にCT異常が持続していた18

考察

British Thoracic SocietyのCOVID-19後の呼吸器フォローアップガイダンスでは、退院後12週間後に胸部X線検査のフォローアップを推奨している。しかし、基礎となる悪性のプロセスが示唆される場合は、退院後6週間後に胸部X線検査を行い、適切であればがんサービスへの紹介を行うべきである。

参考資料

British Thoracic Society post-COVID-19呼吸器フォローアップガイダンス。

2.2.2 循環器内科

課題 COVID-19関連の心臓合併症に対する心臓リハビリテーションと緊急フォローアップ
有病率と関連性

急性心筋損傷はCOVID-19で最も一般的に報告されている心血管系合併症であり、退院者全体の8~12%に発生している;回復して退院した者では12%の心不全が報告されている(死亡した者では52%);16.7%の動悸が報告されている。

19 末梢動脈疾患(PAD)は一般的に診断が不十分で治療が不十分であることが知られており、回避可能な心臓発作、脳卒中、切断、早期死亡の原因となっている。20

考察

多くの患者では、退院前の心臓評価に加えて、心エコー検査(通常)、薬物療法の最適化、循環器科でのフォローアップが必要となる。少数の患者では、心筋症や冠動脈疾患の可能性など、特定の問題のためにさらなる調査が必要な場合もある。

これらの患者は、心不全サービスからの継続的な情報提供と、二次医療(胸痛サービス、CTスキャン、心臓MRスキャンなど)での更なる調査と管理のための紹介を必要とする場合がある。開業医は、アドバイスやサポートのために地域の循環器科サービスと連絡を取るべきである。

リハビリテーションは、この集団では早期に開始して最大限の効果を得るべきであるという確固たる証拠がある。

参考資料

Activate your HeartやThe Heart Manualなどのオンラインサービスを利用したバーチャルセッション。これらのウェブベースのリハビリテーションプログラムは遠隔でサポートすることができ、英国心臓血管予防リハビリテーション協会(British Association for Cardiovascular Prevention and Rehabilitation)と英国心臓財団(British Heart Foundation)はこの分野のガイドラインを持っている。

また、患者は、Pumping MarvellousやCardiomyopathy UK(NICEガイダンスで参照されている)などの慈善団体のリソースを参照することもできる。さらに、NHSE/Iは、「My Covid Recovery Programme」と呼ばれる新しいオンラインCOVID-19後のリハビリテーション・プラットフォームを開発中で、7月中旬に開始される予定である。

泌尿器科チームは血管サービスと密接な関係を持ち、重度の末梢動脈疾患や重症肢を診断することができる。虚血は、血管サービスへのタイムリーな紹介を確保することで、回避可能な心臓発作や脳卒中を減らすために、心血管リスクを管理することができる。

組織生存能力のある看護師や地域の看護チームは、適切な訓練を受けていれば、動脈評価を行うことができる。

心臓リハビリテーションと呼吸器リハビリテーションの専門家やサービスへの影響が類似していることを考えると、地域のニーズを満たすためにリソースをプールする機会があるかもしれない。

栄養士は、高血圧と高コレステロール血症を減らすための食事のアドバイスを提供することができる。

2.2.3 泌尿器科

課題 尿道カテーテル
有病率と関連性

逸話として、現在、COVID-19患者のうち、カテーテルを装着したまま退院している患者は非常に少ない21

課題 急性腎障害(AKI)と慢性腎臓病(CKD)
有病率と関連性

しかし、COVID-19に特化したエビデンスは、COVID-19で入院している患者のAKIのリスクがARDSの患者よりも低いことを示唆しており、退院したCOVID-19患者のAKI後のモニタリングがプライマリーケアやスペシャリティケアの大きな負担となることはないと予想される23。

2.2.4 神経筋

課題 院内筋力低下
有病率と関連性

集中治療後天性筋力低下(ICU-AW)の発生率は、一般的な重症患者では25~50%と記録されている。ICU-AWは初期の急速な筋量減少(最大20%)と関連しており、多臓器不全の存在下で悪化する。 ICU-AWを経験した患者は入院期間が長く、退院時にはより大きなサポートを必要とする可能性が高い。

COVID19特有のものではないが、ARDSで入院した患者は、クリティカルケア退院後5年まで身体的困難を経験し続ける可能性がある。身体的な弱さは、脱コンディショニングの結果としてクリティカルケアに入院していない患者にも生じる。その結果としての筋量と筋力の低下は、転倒、機能低下、フレイルの増加、不動と関連しており、これらはすべて圧力潰瘍のリスクを著しく増大させる。24

嚥下障害の評価、治療、リハビリテーションが必要であり、安全な嚥下戦略を確保するためには、嚥下障害の評価、治療、リハビリテーションが必要である。これらの患者には、経皮内視鏡的胃瘻造設術などの長期的な代替栄養療法が必要となる場合がある。

考察

COVID-19がICU-AW、院内の脱コンディショニング、長期的な身体的衰弱の発生率に及ぼす影響はまだ明らかにされていない。しかし、英国およびヨーロッパからの逸話的証拠は、通常のクリティカルケア集団と比較してICU-AWの発生率が通常よりも高いことを示唆している。

ICU退院後の早期のリハビリテーション(主に在宅でのリハビリテーションおよび/または運動訓練のみ)がQOLや死亡率に与える効果は様々である(主に母集団の不均一性による)。しかし、重症インフルエンザA(H1N1)肺炎によるARDSの生存者を対象に、8週間の肺リハビリテーションプログラムを実施したところ、運動能力とQOLが有意に改善した。

脱コンディショニングの結果として衰弱を経験した患者に提供されるフォローアップサービスは様々であり、地域の理学療法、デイホスピタルなどの既存の地域に根ざしたサービスに依存している。

参考資料

リソース:クリティカルケアフォローアップクリニック。 筋骨格系のクリティカルケア後のリハビリプログラム; 理学療法; 言語療法と言語療法; 栄養学; 装具; 作業療法; コミュニティのリハビリ/再建; NICE CG83; GPICS v2。

課題 神経障害
有病率と関連性

神経障害の発生率は文献によって大きく異なり、重症患者の退院後の問題点を強調した研究は少ない。神経障害と筋萎縮(より頻繁にICU-AW(intensive careacquired weakness)と呼ばれている)は、しばしば組み合わせて管理される。

遠位対称性多神経症は、足の潰瘍化や認識されていない感染症の主な原因となり、敗血症による切断につながる。

考慮事項

体力低下の場合と同様、COVID-19の神経障害の発生率に対する効果は不明である。COVID-19に関連した呼吸不全に対する主な治療法の1つは、1日最大16時間までの臥位(換気患者と非換気患者の両方で)である。この姿勢は、患者を圧迫神経障害および神経損傷のリスクを高める可能性がある。さらに、神経筋遮断薬の使用は発生率を高める可能性があるが、これも不明である。

長時間のベッドレストや感覚の欠如、プロリオセンスの欠如、転倒リスクの増加により、かかとや他の部位に圧迫損傷を与える可能性がある。

参考資料

理学療法と作業療法のサービスは、専門の神経学的理学療法と作業療法を含む神経障害の評価と治療を提供している。

サービスは地方自治体によって異なるが、装具、足病治療、疼痛管理、地域の疼痛チームなどがある。

2.2.5 内分泌

課題 糖尿病
有病率と関連性

最近の研究26 によると、イギリスでのCOVID-19のパンデミックは、糖尿病患者の週 間死亡率を2倍にすることと関連していることが示されている。

影響を受ける可能性のある人の割合についてはまだデータがないが、英国および国際的には、以前に糖尿病を認識した人と認識していない人のCOVID-19感染がケトンを伴う高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)、高オスモラー高血糖状態(HHS)の緊急状態。

また、2型糖尿病の既往歴のある方でも、重度のCOVID-19感染症でインスリン療法に進行し、退院後にインスリンを必要とする方が増えている。

この現象は、2型糖尿病の非定型的な発現(新規発症または2型糖尿病既往者)として現れることがあるが、1型糖尿病既往者においてもDKAのリスクの増大と関連している可能性がある。

このような症状は非定型であり、一般的なウイルス感染症で予想されるものとは異なり、罹患した患者の将来的なインスリンの必要性はまだ不明である。

考察

このような患者は、退院後にインスリンを必要とするだけでなく、定期的な毛細血管血糖モニタリング、関連するケアパッケージ、フォローアップを必要とすることが示唆される。

このような2型糖尿病の新たな診断、および以前はインスリンを必要としなかった退院後のインスリン治療を必要とする患者は、退院後の適切なケアを可能にするために、退院チームによって明確に強調されるべきである。患者は、入院中にインスリンを自己投与するように促すべきである。

参考資料

これらの問題については、Association of British Clinical Diabetologistsのウェブサイトに急性期における概要が記載されているが、退院後のケアの意味合いとしても読むことができる。

栄養士は、1 型および 2 型糖尿病の食事管理およびインスリン投与量の調整をサポートすることができる。

2.2.6 一般的な機能とウェルビーイング

課題 食事/栄養
有病率と関連性

COVID-19のすべての患者、特に心不全、肺不全、またはこれらの状態に関連した体重減少、虚弱、サルコペニアのために重症化した患者にとって、栄養は回復過程の重要な部分である。27 これらの患者には、十分な量と時間を活動と並行して旅の初期に開始し、代謝を可能にするために、個々の患者に合わせた栄養サポートが必要である。28

栄養リハビリテーションは、効率的かつ効果的な回復を確実にし、病院再入院のリスクを減らすために、退院後の地域社会の管理経路の中心となる必要がある。

地域社会で継続的な栄養リハビリテーションを必要とする患者が特定されないのではないかという懸念があるが、以前の研究では、退院時の情報伝達のうち栄養に関する情報が含まれているのはわずか15%にすぎないことが明らかになった。29

考察

回復の一環として継続的な栄養リハビリテーションの必要性が予想されるため、プライマリーケアサービスへの需要が増加し、再入院が発生する可能性がある。ほとんどの場合は食事の充実で十分であるが、測定可能な改善を達成するために、栄養不良の患者では経口栄養補助食品を併用する必要性が高まっているようである。

また、早期の退院を考慮して地域での経腸経管栄養をサポートし、人工呼吸による嚥下障害を管理し、栄養不良を治療しながら食事の解決を促進する必要性を考慮して、栄養士の専門知識が必要とされることもある。

データは、COVID-19患者の70%以上が肥満または過体重のカテゴリーにあることを示唆しているが、これは栄養不良の誤認識をもたらす可能性のあるサルコペニック肥満を示す有意な筋肉の減少にもかかわらずである。30

参考資料

肥満、糖尿病、心臓病が主要な危険因子であるため、進行中の療養と並行して疾患管理に関する食事カウンセリングの必要性が高まると予想される。多くの患者にとっては、合併症や栄養状態によって知らされる全体的な体重増加ではなく、脂肪のない質量の改善を可能にするために、個別の栄養アドバイスやカウンセリングが必要である。

栄養ケアプランはすべての退院時の総括表に記載すべきであり、栄養不良の徴候のスクリーニングはすべての患者に奨励されるべきである。栄養サポートは、エネルギーだけではなく、タンパク質の適切性に焦点を当てて、地域社会で継続的に行う必要がある。

地域の栄養士は、MDTの重要なメンバーとなるであろう。

課題 圧迫性潰瘍
有病率と関連性

COVID-19に特化したエビデンスが不足しており、既存の圧迫損傷を抱えたまま退院する患者や、NICEガイドラインに沿った圧迫潰瘍予防の介入を必要とする患者がどれくらいいるのかはまだわかっていない。

考察

継続的な臨床ケアを必要とするCOVID-19退院患者はすべて、継続的な圧力潰瘍リスク評価と、圧力開放装置を含む適切な治療的介入を必要とする可能性が高い。この機器は、現在コミュニティサービスでケアを受けている患者に提供されているものと同じである。

酸素サポートを継続して必要とする患者は、顔面装置に関連した圧迫損傷のリスクもあり、ドレッシングの変更に臨床的な助言が必要となるかもしれない。介護者は、褥瘡予防に関する情報へのアクセスを必要とする。

参考資料

統合ケアチームの介護、栄養士、足病医、装具サービス、統合ケアチームの作業療法。すべての医療および介護の専門家を対象とした、圧力領域のケアと考え方を管理し、提供するための標準化された方法である、圧力損傷を管理し、予防するためのSKINNの使用。

介護者のための情報とサポート、React to Redのオンラインリソース

課題 疲労
有病率と関連性

疲労は、重症患者の入院や重篤な病気の後にすでに報告されている。しかし、COVID-19を受けた患者は、通常報告されているレベルを超えた極度の疲労を報告していることが臨床像として示されている。このことは、回復までの期間、支援的ケアパッケージや機器の必要性に影響を与えそうである。

また、活動への復帰や仕事への復帰にも影響を及ぼす可能性が高い。重症化した人のうち、10%は慢性疲労を発症する可能性がある。そのため、徐々に活動や運動への復帰を確保し、ペーシングの方法を指導することが重要である。

考察

疲労の早期発見と日常生活への疲労管理戦略の実施が非常に重要である。疲労管理には、睡眠衛生、エネルギー保存技術、ペーシング、優先順位付け、段階的な活動への参加、段階的な運動、適切な栄養などがある。

回復期に早期の疲労管理技術を組み込むことで、疲労の影響を軽減し、疲労が持続したり慢性化したりする可能性を減らすことができる。

参考資料

英国王立作業療法士協会(Royal College of Occupational Therapists)は、病院で治療を受けた人、COVID後の疲労を自宅で管理する人、COVID中やCOVID後にエネルギーを節約する必要がある人のための実践的なアドバイスを開発した。

これに加えて、クリティカルケアや他の条件に関連する多数のリソースがある。作業療法、栄養学、専門の神経リハビリテーション理学療法を含む理学療法、MS協会オンライン疲労管理コース、専門外来の呼吸器理学療法。

課題 口腔保健と歯科医療
有病率と関連性

入院や病気は、患者の口腔衛生ルーチンや口腔の健康に影響を与える可能性がある。これは、患者さんが入院している間に、既存の口腔状態が悪化したり、新たな口腔状態が発生したりする可能性があることを意味する。挿管は、口腔ケアや口腔の健康にも影響を与え、歯や軟部組織に損傷を与える可能性がある。

考慮事項

口腔内の健康状態が悪いと、患者さんの全身状態、水分補給、栄養状態に影響を及ぼす可能性がある。医療専門家は、口腔内の健康状態が悪いと、慢性的な全身疾患(例:糖尿病、心血管疾患)の進行や管理に悪影響を及ぼす可能性があることを認識すべきである。

患者は、良好な口腔内の健康を促進するために、毎日の予防的な口腔ケアを再確立するように支援されるべきである。

参考資料

COVID-19が確認された、または疑われる患者さんの日常的な口腔ケアをサポートするためのガイダンスは、「口腔ケアをサポートする」タブに掲載されている。

緊急の歯の問題で歯科専門家からのアドバイスやケアが必要な場合は、患者さんはかかりつけの歯科医がいる場合は、NHS 111、または地元で公表されている歯科用ヘルプラインを紹介してもらい、詳細な評価を受けてください。

COVID-19に関連して再構成のために歯科医院が閉鎖された場合、その歯科医院の電話回線/ウェブサイト/アンサーフォンは、患者に最も近い利用可能なサービスを案内することができる。

課題 発話と言語の問題 コミュニケーション
有病率と関連性

コミュニケーション能力は、患者の健康と福祉、選択、生活の質、日常生活への参加に不可欠である。主な臨床症状としては、発声障害、言語処理の障害、認知コミュニケーション障害などが挙げられる。

言語療法のリハビリテーション・パスウェイの詳細については、Royal College of Speech and Language Therapistsのウェブサイトを参照してほしい。

考慮事項

言語療法士(SLT)は、様々なコミュニケーション障害の評価と管理を行う。患者に音声障害がある場合、耳鼻咽喉科の同僚と共同で作業し、内視鏡検査などの専門的な介入を行うことが含まれる。

SLTは、MDTの他のメンバーが提供するリハビリテーションを利用できるように患者を支援することを含め、地域社会での継続的なコミュニケーションのニーズを満たすための戦略を立案し、提供する。SLTは、嚥下やコミュニケーションの問題に関連した精神的能力の評価を行うことができ、例えば、患者さんの飲食に関する意思決定能力を判断することができる。

また、MDTの他のメンバーが他の医学的な問題や意思決定に関する精神的能力の評価を行いやすくするためのコミュニケーション支援を提供することもできる。

患者は、仕事に復帰できるようにするための戦略など、コミュニケーションに関する長期的な問題に関してカウンセリングや支援を必要とする場合がある。

SLTはまた、重要な介入を提供するために、より広範なMDT(ボランティアを含む)を訓練し、育成するスキルを持っている。

2.3 心理学・神経心理学

緊急の必要性
課題 せん妄
有病率と関連性

すべての入院患者におけるせん妄の有病率は20~30%であり、集中治療室に入院している患者の約70%がせん妄を発症する。せん妄を発症した患者の約4分の1は3ヵ月後にせん妄が持続し、5分の1は6ヵ月後にせん妄が持続する。

32 せん妄(「急性錯乱状態」と呼ばれることもある)は、意識、認知機能または知覚の障害によって特徴づけられる一般的な臨床症候群であり、急性の発症と変動する経過を有する。重度のせん妄の存在は退院を遅らせることがあるが、変動する症状は何週間も持続するため、患者によっては症状を伴って退院することが予想される。

考慮事項

この状態は変動する可能性があるため、家族や介護者との話し合いでは、包括的な退院および支援計画が重要である。病院またはステップダウン施設で実施される行動とケアの必要性のチャートは、提供される監督とケアのレベルを確立するのに役立つ。

ケアの必要性が特定されれば、せん妄の急性エピソードの後に持続性のある認知障害を持つ患者をケアパッケージで自宅に退院させることが可能である ・症状が大幅に改善するまで自宅、コミュニティベッド、またはケアホームで24時間の監督が必ずしも必要とは限らない。

退院後3~6ヵ月間せん妄状態が続くまでは、患者が軽度の認知障害を経験しているかどうかを知ることはできない。せん妄は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)やアルコール依存とも関連している。

参考資料

せん妄に関するNICEガイダンス33では、せん妄患者は地域のプロトコルに従って地域のメモリーサービスでフォローアップを受けるべきであると述べられている。

しかし、友人や家族の面会に関するアドバイスの中には、パンデミックのこの段階では適切ではないものもあることに注意することが重要である。英国老年医学会もせん妄に関するガイダンスを発表している。

課題 軽度認知障害
有病率と関連性

軽度認知障害は、急性呼吸窮迫症候群後の退院時に非常に一般的であり、約4分の1の患者では1年後にも持続することがある34,35しかし、ウイルス性肺炎についてのデータは限られている。

主な危険因子はせん妄の持続時間であり、このような障害はすべての年齢層に影響を及ぼす可能性がある。重度の認知障害が持続する患者の数は不明である。

考察

軽度の認知障害は、適切な認知評価を行わなければ発見されないことがある。しかし、注意力、記憶力、実行機能はしばしば影響を受け、軽度であっても、財政管理、自動車の運転、職場復帰など、より高度な職業に影響を与えることがある。

これは地域の安全性に大きな影響を及ぼす可能性がある 33

https://www.nice.org.uk/guidance/cg103 34 Sasannejad s et al. Crit Care. 2019; 23: 352. 35 Pandharipande PPら N Engl J Med. 2013 Oct 3; 369(14): 1306-1316.と社会参加。

認知の評価は、退院前後(理想的には退院前)に完了させるべきである。ミニ精神状態検査(MMSE)で24点以下、モントリオール認知評価(MoCA)で26点以下であれば、退院後2~3ヵ月の時点でさらなる評価が必要であることを示している。

この評価は、機能的活動への影響について患者とその家族との面接とともに考慮すべきである。認知機能の変化の有病率が高くなると、地域や病院の外来患者の評価クリニックや神経学的リハビリテーションサービスへの紹介が増加する可能性がある。

参考資料

ICU後の認知リハビリテーションに関するデータは限られているが、有望なものはある。ある無作為化対照試験では、作業療法士(OT)が12週間の認知・身体リハビリテーションプログラムを実施したところ、3ヵ月後の患者の認知的実行機能が改善された。

また、作業療法士は、作業健康サービスやジョブセンター・プラスと連携して、認知戦略の学習や職場復帰の計画を支援することもできる。

課題 認知症と重度の認知障害
有病率と関連性

COVID-19後の認知障害の有病率はまだわかっていない。コロナウイルスが海馬に影響を与え、記憶障害を引き起こし、アルツハイマー病などの神経変性疾患の発症の素因となる可能性があるという基礎科学的研究からの証拠がある。

36 現場での報告では、低酸素症に関連した認知障害の発生率が通常よりも高く、より重度の認知障害を引き起こす脳症の発生率が高いことが報告されている。実際には、注意力の低下、衝動性、抑制、見当識障害、作業記憶の低下などの人格の変化や認知障害があると報告されている。

考察

せん妄患者の患者と介護者の両方への影響を考慮しなければならない。SLTによるコミュニケーション評価は、せん妄とコミュニケーション/認知障害などの鑑別診断の情報提供に役立つ。SLTは精神的能力の評価、例えば患者の意思決定能力の判定を行うことができる。これには、安全な飲食に関する意思決定のための嚥下障害患者の支援が含まれる。

また、36 ヒトコロナウイルスOC43感染は、BALB/Cマウスの障害につながる慢性脳炎を誘発する。

他の医療問題や意思決定に関する精神能力評価を行うために、MDTの他のメンバー。

認知症の人はせん妄を起こしやすく、分離の影響を経験しやすい。ケアプランにはこのことを反映させ、最新の永続的な委任状の文書や事前指示書を含めるべきである。

介護者の負担はさらに大きくなる。友人や親戚、ボランティアが毎日の電話やその他の連絡を維持できるようにサービスが計画を立てることができれば、NHSやソーシャルケアへの緊急電話の必要性を減らすことができるはずである。

デジタル技術の利用は、在宅でもケアホームでも家族間のコミュニケーションを改善するのに役立つかもしれない。患者は、認知評価と患者と家族との面談を必要とし、記憶評価サービス、神経精神医学、神経リハビリクリニックとの連携が必要である。

有給の専門家と非公式の介護者の両方の介護負担は増加することが予想される。

参考資料

作業療法士や心理士を含む入院患者と地域社会の両方での神経リハビリテーション。

記憶クリニック、神経精神科/神経心理学クリニック、言語療法。

地域社会でのサポートが重要 ・Dementia ConnectやDementia UKは、個別のアドバイスが受けられる例である37,38。認知症のための6項目の認知機能障害テストや「GP Cog」もプライマリーケアで広く使われている。

2.4 メンタルヘルス

課題 心的外傷後ストレス障害(PTSD)、うつ病、不安障害、精神病、または長年のメンタルヘルス問題の再発
有病率と関連性

有病率と関連性:ARDSで救命救急センターに入院した患者は、結果として不安(40%)、抑うつ(30%)、PTSD(20%)を経験していることが文献から示唆されている。精神病や、より長期にわたる精神衛生上の問題の再発はまれである。

37 https://www.alzheimers.org.uk/dementiaconnect 38 https://www.dementiauk.org

39 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4336582/

考察

すべての患者とその家族には、退院時に、重症患者と重症治療の潜在的な心理的影響について、リハビリテーションのサポートの詳細や、精神病や長期にわたる精神衛生上の問題の可能性を含めて、心理的な問題が続く場合にはどのようにして追加の助けを求めるべきかについて、書面と口頭で詳細に説明すべきである。

すでに二次的な精神保健チームのケアを受けている精神状態の既往症を持つ患者に対しては、そのチームが退院計画に関与して、精神保健サービスと身体保健サービスの間のケアの継続性を確保し、既往症の悪化の可能性を予測するべきである。

有病率の増加は、NICEのガイダンスに沿って適切な証拠に基づいた心理療法を受けるために、地域のIAPTやその他の精神保健サービスに対する需要を増大させる。したがって、地域のコミッショナーやプロバイダーは、COVID-19のリハビリテーションプログラムに心理学的なインプットを作り、IAPTや他の精神保健サービスの需要の増加に対応する方法を先取りして検討すべきである。

臨床家は、退院後1ヶ月経っても心理的な問題が続く場合には、積極的にフォローアップを行い、患者や家族にIAPTや他の適切なサービスに助けを求めるように促すべきである。

参考資料

患者さんと家族のための集中治療ガイド(一般的な心理的困難とその対処法に関する情報を含む 不安、抑うつ、PTSDのためのNICE推奨の心理療法については、成人および小児の場合は、お住まいの地域のIAPTサービスを検索し、自己紹介してほしい。

集中治療後のPTSD:医療従事者のための情報。

重症コロナウイルス病から回復した人の心理的ニーズを満たすための英国心理学会のガイダンス。ピアサポートグループは全国各地に設置されているが、すべての地域に設置されているわけではない。患者主導のものもあれば、臨床医が提供するものもある。

これらのグループは病院でも地域でも開催することができるが、PTSDやその他の心理的な問題が発生した場合に患者が病院に戻らなくてはならないことを避けるためには、地域に設置するのが最善であるという意見が一致している。

グループは患者とその家族にとって有益である。COVID-19の後は、特に同じ症状の患者がいることは珍しいので、グループを増やすことが推奨されている。

これらのグループは通常ICUに入院している患者のためのものであるが、COVID-19後に困難を抱えている患者のより広いグループにとって有益であるかもしれない。また、これらのグループは事実上実施することも可能である。

課題 不眠症
有病率

睡眠障害は重症患者では退院後12ヵ月までに一般的であり、6ヵ月後の有病率は10~60%である。40 しかし、主観的研究と客観的研究の両方で、睡眠障害は時間の経過とともに改善することが示唆されている。

考察

有病率の増加は、プライマリーケア(典型的な不眠症として、あるいはPTSDのような「フラッシュバック」や生存者の罪悪感の結果として現れる)へのプレッシャーを増大させ、ひいては適切なエビデンスに基づいた心理療法(CBT)を提供してくれる地域のIAPTサービスへのプレッシャーを増大させる可能性がある。

呼吸器系の原因が疑われる場合には、睡眠クリニックの受診も考慮すべきである。患者には、睡眠衛生に関するアドバイスを提供すべきである。

参考資料

睡眠と疲労および不眠に関するNHS Choicesのガイダンス。

既存の精神的健康状態および自閉症を持つ患者のために。

2.5 社会性

緊急性のある
課題 日常生活動作の障害
有病率

患者は、身の回りの世話(洗濯、着替え、トイレ、食事)、家事(料理、掃除)、余暇活動、日常生活の道具的活動(請求書の支払い、公共交通機関の利用、買い物、育児の役割)、その他多くの日常活動のいずれかに困難を抱えている可能性がある。

考慮事項

機能的な能力や自立性を向上させるために、短期および/または長期の介護、家族のサポート、設備を必要とする人がいるかもしれない。これは、個人の長期的なニーズが合意されたときに、作業療法、介護、地域リハビリテーション、機器サービス、MDT 地域リハビリテーション、ソーシャルケア提供者へのプレッシャーを増大させる可能性がある。

COVID-19に関連した特別な考慮事項がある。人々があたかも回復しているかのように見えても、悪化のリスクが大きいことが証明されている 40 https://www.atsjournals.org/doi/full/10.1513/AnnalsATS.201702-148SR。

これは、その人が一人暮らしをしている場合には特に困難である、悪化してもすぐに支援を受けることができないからである。

遠隔監視やデジタルアセスメントの利用は、孤立している人のリスクを軽減するのに役立つかもしれない。また、DHSC/PHEの最新のガイダンスに沿って、コミュニティからの退院経路を考慮する必要がある。

重症患者が身体的、認知的、心理的症状のために職場復帰に制限があることがエビデンスで示されている。就労支援を必要とする患者には、法的権利に関する情報、雇用者との話し合い、および必要に応じて職業保健、市民相談局(CAB)、ジョブセンター・プラス、または作業療法との話し合いを通じた段階的な職場復帰のための情報が提供されるべきである。

作業療法士が MDT の一部であれば、このような情報はクリティカルケア診療所から提供される可能性がある。これは財政的な影響もある。

患者は、支援サービスへの案内を受けたり、健康や安全のための支援を強化する必要があると思われる場合には、適切なソーシャルワークサービスを紹介したり、経済的な問題や病気/給付に関する助言を受けるためにCABに連絡するためのガイダンスを受けたりしなければならない。これは、最近の政府の給付金の変更や雇用者が利用できる一時帰宅の選択肢のために特に重要である。

学習障害や自閉症、精神衛生上のニーズを持つ人の具体的なニーズも考慮しなければならない。信頼できる評価者は、理解を助けるために適応されたコミュニケーションと一緒に、退院時に必要とされるかもしれない任意の専門家のサポートを検討する必要がある。

言語療法士は、コミュニケーションの必要性と必要な戦略の評価をサポートすることができる。

学習障害や自閉症を持つ多くの人は、家族やソーシャルケアを介して、すでに社会的なサポート体制を持っている。退院時に最良の結果を得るためには、これらの組織との継続的な対話とつながりが重要である。

参考資料
https://www.england.nhs.uk/personalisedcare/socialprescribing/
https://www.england.nhs.uk/personal-health-budgets/phb-support-andresources-for-professionals/

3. とるべき次のステップ/アクション

COVID-19 退院した患者の治療の多くの側面は、一次医療提供者や地域医療提供者にとって通常のケアである。しかし、主に以下のような新たな課題がある。

  • 集中治療後症候群またはそれに類する患者の増加
  • 感染管理の維持
  • 機器(例:酸素キャニスター、個人用保護具)やスタッフへのプレッシャー
  • 退院後に持続的な精神的困難を経験している患者の増加

したがって、地域のコミッショナーや医療提供者は、増加する可能性のある需要に対応する方法を事前に検討し、臨床家は患者が経験する可能性のある潜在的な心理的な罹患を認識しておくべきである。

退院した患者には、症状のモニタリングと追跡が必要になるかもしれない。これには、パルスオキシメーターを用いた遠隔モニタリングが含まれるかもしれない。

在宅では、患者の状況の変化に応じて、患者へのサポートを見直し、個別化されたケアとサポートプランで患者と合意する必要がある。

これらの患者の安全で迅速な退院と地域社会への受け入れは、以下の原則に沿ったものでなければならない。

既存のサービスを利用する。

既存のサービスの利用:既存のサービスの利用:可能な限り、患者は、パンデミックの間、プライマリーケア、地域医療サービス、精神保健サービスの標準的な運営モデル(付録1参照)に従って、既存の地域の取り決め(例えば、MDTやICUのフォローアップ診療所)を適応させたり、強化したりすることで支援されるべきである。

感染症のリスク。

コミュニティでのすべてのケアは、感染管理に関するPHEのガイダンスに従うべきである。

ステップの最小化。

患者の移動回数を減らし、感染リスクを軽減するために、パスウェイのステップ数(病院内でのステップダウン退院を含む)と関与する専門家の数は、臨床的に適切であれば最小限にすべきである(すなわち、すべての接触をカウントする)。

ボランタリーおよび介護部門の組織。

社会的処方を含め、ボランティアや介護部門の組織を最大限に活用して人々を支援する。

教育と訓練。

プライマリおよびコミュニティスタッフの教育およびトレーニングのニーズは、フィードバックに基づいて見直される必要がある。

社会的ケア。

COVIDから回復した人々(在宅またはケアホーム)に対する集学的支援に、居宅介護、パーソナルアシスタント、ケアホームを含める必要があるかもしれない。

スタッフのサポート。

IAPTサービスの需要は、たとえ自分自身がCOVID-19の急性エピソードを持っていなくても、自分自身が感染したり、家族を含む他の人に感染させてしまったりと、パンデミックの影響を受けている場合に増加する可能性がある。

スタッフもまた、患者や同僚、家族の死の結果として悲しみを経験することになるであろう。NHSイングランドとNHSインプルーブメントは、スタッフの健康とウェルビーイングのための包括的なサポートを提供している。

NHSのスタッフは、NICEのガイダンスに沿って、心理的・実践的なサポートを無料で受けることができるようになった。

付録1:COVID-19関連のガイダンスと情報

コロナウイルス専門ガイド
Coronavirus » Specialty guides
Health and high quality care for all, now and for future generations
COVID-19退院サービス要件
Page not found - GOV.UK
地域医療サービスの優先順位

https://www.england.nhs.uk/coronavirus/publication/COVID-19・prioritisation-with-in-community-health-services-with-annex_19・march-2020/

地域医療サービス標準操作手順

https://www.england.nhs.uk/coronavirus/wpcontent/uploads/sites/52/2020/04/C0198-community-healthservices-sop.pdf

地域医療サービスとプライマリケア間の相互扶助

出版物 TBC

プライマリケア標準操作手順

GP SOPs:

Coronavirus » Page not found
Health and high quality care for all, now and for future generations

地域薬局のSOPs:

https://www.england.nhs.uk/coronavirus/wp-content/uploads/sites/52/2020/03/Novel-coronavirus-COVID-19-standard-operating-procedure-Community-Pharmacy-v2-published-22-March-2020.pdf

NICEガイドライン

https://www.nice.org.uk/guidance/ng163 (managing COVID-19
symptoms in community)

https://www.nice.org.uk/guidance/cg83/evidence/full-guidelinepdf-242292349 (rehab after critical illness)

https://www.nice.org.uk/guidance/cg179 (Pressure ulcers)

https://www.nice.org.uk/guidance/cg90 (Depression)

https://www.nice.org.uk/guidance/cg113 (Generalised anxiety disorder and panic disorder)

https://www.nice.org.uk/guidance/cg115 (General alcohol-use
disorders)

https://www.nice.org.uk/guidance/ng116 (Post-traumatic stress
disorder)

https://www.nice.org.uk/guidance/qs147 (Healthy workplaces)

COVID-19 と ITU 後のリハビリテーション

https://www.gov.uk/government/publications/wuhan-novelcoronavirus-infection-prevention-and-control Chartered Society of Physiotherapy: Resources to support of patients at risk of the retirement from inactivity

https://www.csp.org.uk/news/coronavirus/clinicalguidance/resources-support-patient-discharge Asthma UK.

https://www.post-covid.org.uk/resource-hub/ DHSC: direct payment guidance

Page not found - GOV.UK
NICE shared learning – critical care clinics
https://www.nice.org.uk/sharedlearning/development-of-amultidisciplinary-post-critical-care-clinic-at-guy-s-st-thomas-nhsfoundation-trust
Faculty of Intensive Care Medicine
https://www.ficm.ac.uk/standards-researchrevalidation/guidelines-provision-intensive-care-services-v2
European Respiratory Society:COVID-19 and post-ITU rehabilitation
COVID-19 and Rehabilitation | European Respiratory Society
PHE: COVID-19 infection prevention and control
Page not found - GOV.UK

32 | After-care needs of inpatients recovering from COVID-19 Chartered Society of
Physiotherapy: resources to support discharge of patients at risk from inactivity

https://www.csp.org.uk/news/coronavirus/clinicalguidance/resources-support-patient-discharge
Asthma UK: COVID-19 resource

hub

Resource Hub - Post-COVID HUB
Latest post-COVID research and innovation Overview Post-COVID lung damage researchRelated research Overview Latest post-COVID research – research publications a
DHSC: direct payment guidance

ttps://www.gov.uk/government/publications/coronavirus-covid19-guidance-for-people-receiving-direct-payments

Personalised wellbeing plan for shielded patients
http://www.socialprescribingacademy.org.uk/helpful-new-covid19-resource-personalised-wellbeing-plan-template/
患者と家族のための集中治療ガイド(一般的な心理的困難とその対処法に関する情報を含む)
https://icusteps.org/guide
IAPT を含む精神保健学習障害および自閉症サービスのためのリソース一式
Coronavirus » Mental health, learning disabilities and autism
Health and high quality care for all, now and for future generations
NHS スタッフのためのリスクアセスメント
https://www.rcog.org.uk/en/guidelines-researchservices/guidelines/coronavirus-pregnancy/

 

タイトルとURLをコピーしました