COVID-19 ウイルス感染後疲労症候群・慢性疲労症候群

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

ポストウイルス疲労症候群・Post-viral fatigue syndrome(PVFS)・慢性疲労症候群(CFS)

ウイルス感染後疲労症候群(PVFS) Wiki

https://en.wikipedia.org/wiki/Post-viral_fatigue_syndrome

ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)は、ウイルス感染後に 起こる慢性疲労症候群の別名として用いられている[6] 。 最近のレビューでは、慢性疲労症候群患者では エプスタイン・バーウイルス抗体活性が高く、慢性疲労症候群患者のサブセットでは、コントロー ルと比較してエプスタイン・バーウイルス活性が高いことが明らかになった[50] 。

ウイルス感染は、慢性疲労症候群の重要な危険因子であり、 ある研究では、エプスタインバーウイルス感染者の22%が 6ヵ月後に慢性疲労を呈し、9%が厳密に定義された慢性疲労症候群であること が明らかになった。 51]

システマティックレビューでは、疲労の重症度が 慢性疲労症候群の予後の主な予測因子であり、予後に関連する心理的 要因は明らかにされていない[52] あるレビューでは、単核球症、デング熱、 細菌感染症Q熱の後に慢性疲労症候群を発症する危険因子として、 発病中の安静時間の長さ、発病前の体力の低下、 症状を身体疾患のせいにしていること、回復には長い時間 が必要であると考えていること、感染前の苦痛や疲労などがあ ることが明らかにされている。

同じレビューでは、CD4やCD8の活性化や肝 炎症などの生物学的因子は、亜急性疲労の予測因子であ るが、慢性疲労症候群の予測因子ではないことが示されている[53] が、患者の選択にオックスフォード基準を使用しているため、これらの知見 は一般的には受け入れられていない。CDCは、症状の帰属を危険因子とは認めていない[5]。

診断ラベルを比較した研究では、筋痛性脳脊髄炎のラベルを貼られた人の予後が最も悪かったのに対し、PVFSのラベルを貼られた人の予後が最も良かったことがわかった。しかし、これがより重度の症状を持つ患者が筋痛性脳脊髄炎と表示されたことによるものなのか、それとも筋痛性脳脊髄炎と表示されることによる副作用があるのかは不明である[54]。

COVID-19からの回復/コロナウイルスはポストウイルス疲労の原因になる?

Recovering from COVID-19 / Can Coronavirus cause Post Viral Fatigue?

COVID-19感染後2ヶ月苦しんでいる僕が、他の苦しんでいる人にこの言葉を伝えたくてこの動画を作ったんだ。

それは、あなたの怒りでもなく、思い込みでもない。

それは現実の物なんだってことを。
  1. 睡眠書害
  2. 頭痛、めまい、ふらふら感
  3. 集中力、記憶力の問題 ブレインフォグ
  4. 疲労の波 単なる疲れとは違う

残念ながらPVFを治す魔法の薬は存在しない。

  • BMJ エネルギーの節約、ライフスタイルの変更
  • NHS 睡眠の改善、CBT認知行動療法、鎮痛剤

体の声を聞いて下さい。休みたいと体が言えば休む。

少し休んでよく食べて、少し運動をしてください。過剰には運動しないでください。個人的には運動が適度な量である時私はとても気分が良いです。

ポストウイルス疲労症候群 PVFとPVFS情報

https://www.meassociation.org.uk/2020/04/covid-19-and-post-viral-fatigue-syndrome-by-dr-charles-shepherd-30-april-2020/

ウイルス後疲労(PVF)とウイルス後疲労症候群(PVFS)とは何か?

ある程度のウイルス後疲労(PVF)または衰弱は、あらゆるタイプのウイルス感染の後にかなり一般的に発生する。

PVFとPVFSの症状は何?

幸いなことに、ほとんどの場合、この症状は短命で、数週間の間に着実に正常な健康状態に戻ります。

しかし、場合によっては、完全に正常な健康状態に戻るまでに数週間ではなく数ヶ月かかることもある。その他の症状が現れることもあるが、その場合は、ウイルス後疲労症候群(PVFS)という用語がより適切な診断になるかもしれない。

コロナウイルスの場合

コロナウイルス感染後の持続的な疲労は、他のウイルス性疾患よりも複雑な状況にあるようである。また、コロナウイルス感染症の特徴的な症状として、疲労やエネルギー不足が指摘されていることから、より深刻な症状かもしれない。

感染後の疲労やウイルス性疲労の原因についての正確な説明はまだ不明だ。しかし、急性感染症にかかったときに、疲労感、エネルギーの喪失、筋肉の痛みや痛み、一般的に体調不良を感じる理由の一つは、体内の免疫系によるサイトカインと呼ばれる化学物質の産生にあると考えられている。

これらの免疫システムの化学物質は、ウイルス感染に対する最前線の攻撃の一部を形成している。興味深いことに、コロナウイルス感染によって重篤な呼吸器合併症を発症した人は、「サイトカインサージ」と呼ばれるものが関与している過活動性の免疫反応が原因である可能性がある。

MEA コロナウイルス感染後の PVF および PVFS

ME/CFS のように、急性感染が終了した後、疲労やインフルエンザ様の症状が長期にわた り続く場合、急性感染に対する免疫系の反応が正常であるにもかかわらず、 正常に戻っていないことを示す証拠が研究で示されている。

PVFやPVFSの最善の管理方法

また、ME/CFSと同様に、ミトコンドリアと呼ばれる構造物の中で、細胞レベルでのエネルギー生産が行われていることに問題がある可能性もある。

コロナウイルスがどのように振る舞うのかを理解することに関しては、まだ非常に急な学習曲線をたどっている。しかし、C型肝炎やHIVのように持続することを示す証拠はない。

したがって、疲労が続くのは、ウイルス感染が持続しているからではないようである。したがって、疲労が続くが、他のコロナウイルスの症状がない人は、現在の知見では他人に感染させていないことになる。

感染後の疲労を持つほとんどの人は改善し、通常の健康状態に戻るが、ごく初期の段階で適切な管理を行うことは、自然な回復過程を促すための重要な要素です。また、感染後疲労の初期管理を適切に行うことで、ME/CFSに似た病気になる可能性が低くなることも、患者のエビデンスから示されている。

PVFとPVFSの症状は?

活動性疲労 ウイルス感染後の疲労という名前が示すように、主な症状は疲労であり、通常のエネルギーレベルに戻ることができない。 現実的には、これは家庭、職場、学校、その他の場所で通常の範囲の身体活動を行うことができなくなることを意味する。

重症度では、比較的軽度の障害から非常に重度の機能障害まで様々。 比喩で言うと、もはや適切に機能しないバッテリーでラジオを操作しようとしているようなもの。ラジオは、短い時間動作する可能性があるが、その後、即座に失敗し始める。

少し休むと、それは再び動作する。 – しかし、別の短い期間だけ。 同様の方法で、PVFを持つ人々は、彼らが身体的および/または精神的活動の短い期間を行うことができるが、その後、停止して休息し、 “彼らのバッテリーを再充電 “する必要があることがわかる。

通常のレベルの身体活動を維持することができなくなり、ランニングのように短時間に大量のエネルギーを使うようなことは、もはや不可能になってしまう。

睡眠障害 PVFには、しばしば何らかの形での睡眠障害が伴う。 実際の感染時や感染後間もなくは、通常よりもずっと長く眠っていたり、日中に眠たくなったりすることがある。

これは過眠症として知られており、人の体が感染症に反応して回復する際に自然に起こることだ。 COGNITIVE DYSFUNCTION 身体活動にエネルギーが必要なのと同じように、精神活動にもエネルギーが必要である。

そのため、身体的な作業をしているときにエネルギーを使い果たしやすいのと同じように、一部の人は長時間の精神活動に対応できず、集中力や情報を処理したり取り出したりする能力を失い始めます。短期(ワーキング)メモリも影響を受けることがある。

休息

PVFおよびPVFSの回復の管理 感染後の疲労の管理で最も重要なのは、古き良き時代の回復テクニックである。 具体的には、ゆっくりと休息をとり、リラックスした状態で過ごすことを意味する。

これには、自分の限界の範囲内で穏やかに活動すること、十分な睡眠をとること、健康的な食事をとること、ストレスの多い状況を避けること、回復するまで仕事や学校、家事に戻らないことなどが含まれている。

瞑想・ヨガ

瞑想やヨガのようなアプローチを加えることで、リラクゼーションに役立つことに気づく人もいるが、そうでない人もいる。 全体的な経過は非常に変化に富み、ある人は通常の健康状態に戻って着実に改善していく。

また、良い日と悪い日が重なって、あまり予測できないパターンをたどる人もいる。 良い日に多くのことをしすぎると、翌日に疲労やその他の症状が悪化することがよくある。

労作後倦怠感(PEM)

症状の悪化におけるこの特徴的な遅延は、労作後倦怠感(PEM)として知られている。このような症状が2~3ヶ月以上続く場合、 ME/CFSの診断の可能性を高めることになる。

活動管理 休息とリラックスは、回復期に不可欠な要素である。身体的活動と精神的活動の両方にエネルギーが必要であるため、疲労感が増してきたときに活動を中止し、それができな いときにタスクを継続しないようにすることが重要である。

ペーシング

活動と休息の間の適切なバランスを個人単位で見つけることは、ペーシングと呼ばれるプロセスであり、多くの人は、少量の柔軟な身体的活動と精神的活動を交互に行い、その間に長い休息/リラクゼーションの期間を置くことが有用であると考えられる。

身体的活動には、家事をしたり、少しの散歩をしたりすることが含まれます。 精神的な活動には、まだ連絡を取り合える人との社会的な活動、読書、ラジオを聴く、テレビを見る、パソコンでの作業を少しするなどがある。

PC・テレビの制限

コンピュータ、電話、テレビの画面を見る時間を制限し、通常の仕事に追いつくために電子機器を使用するのは避けよう。 症状を悪化させない安全な身体的・精神的活動のベースラインを確立したら、次のステップは、制限を超えないようにして、「エネルギーの範囲」と呼ばれる範囲内で生活するというルールを守りながら、徐々に活動量を増やしていくことだ。

活動量の管理は、非常に柔軟な方法で行う必要がある。そのため、活動レベルを上げるには、身体的・精神的な制限の範囲内で、少しずつ増やしていく必要がある。

過度の運動は控える

コロナウイルス感染後のウイルス後疲労(PVF)とウイルス後疲労症候群(PVFS) 5 完全に回復して一定期間元気になるまでは、精力的なスポーツや長時間の身体活動は完全に控えるべきだ。

活動と休息のバランスをとるのには試行錯誤が必要であり、自分が快適にできることだけを行うように細心の注意を払う必要があります。PVFやPVFSから逃れるために運動をすることはできない。

精神的な健康管理 この時期の精神的、感情的な健康を管理することも、管理の重要な部分である。特に、可能な限りストレスの多い状況を避けることも含まれている。

驚くことではないが、PVFやPVFSを持つことで、自分のできることが制限されるため、人々はうんざりしたり、イライラしたり、時には不安になったり、落ち込んだりすることがある。

不安を感じていたり、気分が明らかに低下していたり、気分が落ち込んでいる場合(涙目、活動への興味の喪失、自尊心の喪失など)は、これをどのように管理すべきかについて、GPに相談する必要がある。

体重減少

栄養状態は人によっては、かなりの量を失うことになる。重篤な急性感染症の間に体重が減ることがある。病気になる前に太りすぎていなければ、このような体重減少は、再び体重を増やす必要があるかもしれない。

新鮮な果物や野菜をたくさん食べて、バランスのとれた健康的な食事を心がけよう。 水分摂取量が十分であることを確認すること。アルコールを避けるか、アルコールが気分を悪くしている場合は特に控えた方が良いだろう。

食欲がない場合や、体重を増やす必要がある場合は、栄養士に助けを求めてみる。

睡眠

睡眠 すでに述べたように、睡眠要求量の増加(過眠症)は、急性感染症の間、時にはそれに続く体の自然治癒プロセスの重要な部分である。そのため、一日中ベッドで寝ているだけでは解決にはならないが、質の高い睡眠を十分に確保し、必要であれば昼間の仮眠も含めて、適切な管理を行うことが重要だ。

睡眠の質を向上させるためには、簡単な自己啓発戦略がいくつかあります: 寝る前に温かいお風呂に入ったり、リラクゼーションCDを聴いたりしてリラックスしよう。

カフェインは、自然な入眠のプロセスを妨げます。代わりに温かい乳白色の飲み物を飲むようにしよう。アルコールは入眠を助けてくれますが、夜の睡眠を妨げる。

毎日ほぼ同じ時間に起床と就寝の習慣を作り、睡眠の必要性の増加にも対応できるようにしよう。 寝室は、暑すぎず寒すぎず、テレビを見たりパソコン作業をしたりする場所ではなく、静かで安らぎのあるリラックスできる場所にしておこう。

睡眠必要量が増えていない場合や、過度の睡眠時間の必要性が減少している場合は、コロナウイルス感染後のウイルス後疲労(PVF)およびウイルス後疲労症候群(PVFS)の管理 毎晩8~9時間のしっかりとした途切れない睡眠をとるようにしよう。

サプリメント

薬物治療 最後に、PVFやPVFSを治療するための薬物治療やサプリメントは存在しないことに注意が必要である。

また、鉄分のサプリメント(これは不必要であり、有害である可能性さえあります)や、ビタミンCやその他のビタミン類を大量に摂取することにも価値はない。

ビタミンD・マルチビタミン

しかし、健康的なバランスのとれた食事をしていないのであれば、マルチビタミンのサプリメントを摂取する価値はあるだろう。

多くの人が太陽の光を浴びて外に出なくなったり、短時間しか外に出なくなったりしているため、ビタミンD欠乏症のリスクが高まっている。

ビタミンDは日光に反応して体内で作られ、骨や筋肉の健康に欠かせない栄養素ですので、毎日10マイクログラムのビタミンDサプリメントを摂取することは、賢明な予防策だ。

筋肉の痛みや痛みなど、特定の症状で助けが必要な場合は、かかりつけの医師や薬剤師に相談してほしい。

症状に基づいた診断

PVFとPVFSの診断は、あなたの症状に基づいて行われる。 診断のための血液検査はない。しかし、感染後の疲労と一致しない症状がある場合は、疲労が持続する原因となる他の疾患(甲状腺機能低下症/甲状腺機能低下など)がないかどうかを調べるために、血液検査が手配される。

PVF、PVFS以外の症状

PVFやPVFSではないが、以下の症状がある場合は、GPに相談 しなければならない

発熱や周期的な発熱の継続、咳、息切れ、呼吸器症状の持続、体重減少、気分の落ち込み  2~3ヶ月経っても症状が現れ、日常生活に大きな影響 を与えている場合は、PVFSがME/CFSに進行しているかどうかを 検討しなければならない。

ウイルス感染症と慢性疲労症候群

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32372811/

コロナウイルスがウイルス性後疲労症候群の引き金になるのではないかという懸念

ウイルス感染症は、過去に長期的な疲労症状の問題にリンクされている。たとえば、慢性疲労症候群(CFS)は、筋痛性脳脊髄炎(ME)とも呼ばれ、ウイルス感染後に発生することがある。

CFSを発症した人は、極度の疲労感と、痛みや光に敏感になるなどのさまざまな症状を経験するが、この症状についてはあまり理解されていない。

SARSであった疲労症候群

では、コロナウイルスが同様の疲労症候群を引き起こす 可能性はあるのだろうか?

関連するSARSウイルスから、その可能性があるというヒントが示されている。

2002年から2003年にかけてSARSが発生した後、カナダのトロントで感染した人の中には、3年後まで倦怠感、筋力低下、睡眠障害を経験した人が記録されている。

当時トロント大学の精神科医で睡眠の専門家だったハーヴェイ・モルドフスキーは、トロントでのSARS発生時には273人が感染し、そのうち44人が死亡した。感染が終わった後、当時トロント大学の精神科医で睡眠の専門家だったハーヴェイ・モルドフスキーは、感染していて現在も健康上の問題を抱えていて仕事に復帰できない22人の調査を依頼された。

彼は、「私は、コロナウイルスは、感染後の疲労症候群の多くのケースにつながると思います」と述べた。

モルドフスキー氏のチームは2011年に研究成果を発表した。研究者らは、参加者に一般的に睡眠障害、日中の疲労、全身の筋肉の痛みや脱力感、抑うつ感などの症状があることを発見した。

「これらの症状は、CFS/MEを非常に想起させるもの であった」とモルドフスキー氏は言う。

彼のチームは、トロントで SARS と診断された人のうち、約 8%しか調査していないため、SARS を発症した人のうち、どのような割合の人が、その後、これらの症状を経験したのかはわかっていない。また、このような症状がどのくらいの期間続いたかも不明である。

現在のCOVID-19パンデミックは別のウイルスによって引き起こされるが、それは同じコロナウイルスファミリーのメンバーであるため、COVID-19もまた、ポスト-ウイルス疲労症候群を引き起こす可能性がある、とモルドフスキーは言う。「そのことをとても心配している」と。

エプスタイン・バーウイルス

ロイヤルカレッジ精神科医の元会長であるサイモン・ウエスリー氏は、エプスタインバーウイルスなど、感染後にCFSを誘発することが知られているウイルスは他にもある、と述べている。

「コロナについてはわかりませんが、感染後の疲労症候群の多くの症例につながると思います。」

「引き金となる感染の歴史は長いが、他の要因が長期的な障害に寄与している 」

とウエスリー氏は付け加えている。

「ウイルスが脳内に侵入することがわかれば、リスクは高まる可能性がある」

診断には6ヶ月必要

英国の患者慈善団体である ME 協会の医療アドバイザーである チャールズ・シェファード氏は「ウィルス感染後、疲労症候群を発症し、それが ME/CFS に似た病気につながる可能性は高い」と、言う。

「急性感染後に人々に何が起こるかは、明らかに研究される必要がある」

CFS や ME と診断されるまでには、最低でも 6 ヶ月は症状がある必要があるため、詳しいことがわかるまでには、まだ時間がかかるかもしれないと、オーストラリアのメルボルンにあるディーキン大学のマーク・ガートリッジ氏は述べている。