COVID 思想・哲学

COVID 思想・哲学

社会正義の実践 倫理学と政治哲学における問題
応用哲学、認識論、合理的倫理学の研究

Social Justice in Practice ユハ・ライッカ トゥルク大学トゥルク校哲学科 フィンランド ヨーナ、ハルダ、レイノへ 謝辞 本書は、私が近年取り組んできた問題のいくつかをまとめたものである。原著論文の草稿やその出版版についてコメントをくださったすべての方々に
COVID 思想・哲学

書籍:『カルト』悪のウイルス性について(2022)

Der Kult: Über die Viralität des Bösen 組織化された人間は逆らう能力を失い、もはや自分が従っていることにさえ気づかない。歴史のこの時点では、疑い、批判し、逆らう能力だけが、人類の未来や文明の終わりを決める可能性がある」 エーリック・フロム 目
COVID 思想・哲学

文化研究:言語という鏡に映るポスト共産主義・ポストモダン世界の「新常態」

“NEW NORMAL” OF POST-COVID AND POST-MODERN WORLD IN THE MIRROR OF THE LANGUAGE アルメニア・フォリア・アングリスティカ18巻2号(26) 2022年文化研究言語という鏡に映るポスト共産主義・ポストモダン
COVID 思想・哲学

COVID-19:恐怖、シミュラークル、現実の時代

COVID-19: an age of fear, simulacra, or reality? ザキア・レシド・エセン&クルシド・アラム Zakia Resshid Ehsen a and Khurshid Alamb aパキスタン、ラホール、リファ国際大学リファ言語文学研究所
AI言語モデルとの対話

Claude 3:欺瞞の蔓延する社会の行方-真実との共存を模索して-

要旨: 現代社会において、欺瞞は様々な領域で増加しつつある。技術の発達、社会の複雑化、注目経済の台頭など、欺瞞を助長する構造的な要因が存在する。欺瞞が社会に組み込まれることで、真実と欺瞞の区別が曖昧になり、社会的な信頼関係が揺らぐリスクがある。 しかし、欺瞞の増加は、必ずしも社会
COVID 思想・哲学

オヴァートンの窓と可能性の理解
THE OVERTON WINDOW & UNDERSTANDING WHAT IS POSSIBLE

2020年11月11日|ショーン・スターナード=ストックトン(CFA)著 何が起こっているのか、どこに向かっているのか、正確に知る必要はない。必要なのは、今この瞬間に提供される可能性と課題を認識し、勇気と信仰と希望をもってそれらを受け入れることである。 - トーマス・マートン 私
COVID 思想・哲学

ラウトレッジ国際ハンドブック:『無知の研究』2ndエディション
Routledge International Handbook of Ignorance Studies; Second Edition

Routledge International Handbook of Ignorance Studies; Second Edition かつて無知は知識の欠如として扱われていたが、現在ではそれ自体が非常に影響力があり、急速に成長しているトピックとなっている。この分野の代表的な
COVID 思想・哲学

プラトンと大局観 | 私の近刊を支える論理、構造、理論的根拠 Robert Malone
Plato and The Big Picture | Logic, structure and rationale underpinning my upcoming book.

私たちの大多数にとって、COVID-19は、マスメディアや政府が宣伝するストーリー、感染症脅威の警告、経済の混乱(時には災害)が合流してできた川として経験され 2020年の早い時期から私たちの日常生活を通り抜け、流れてきた。 その中で、世界的に流布している誤った情報、不正確な情報
COVID 思想・哲学

真理とは何か? コビッド-19の真実の主張をどのように評価するか?
What is truth? How do we evaluate covid-19 truth claims?

Kimberly Milhoan医学博士 4月25日 2020年3月以前、私は医師としての資格があれば、コビッド19のような話題について信頼に足る資格と経験と洞察力があると他人を納得させるのに十分だと考えていた。今は、特にこの危機的状況において、それらの考慮は重要でないことを知っ
COVID 思想・哲学

サイレント・マジョリティー
グローバルヘルスと早期ライフコースの研究者は、コ-ビッドの間、あまりにも静かで、学問における壊れたインセンティブを示した

The silent majority ヴィナイ・プラサード もちろん、COVID19の期間中、一部の学者たちは、ロックダウン、学校閉鎖、マスク着用、温度チェックといった論文の立場、あるいはその逆で、これらの介入は効果がない、あるいは益というより害が大きいという立場をとって、顕著
COVID 思想・哲学

パンデミックはプリズムである ポール・キングスノース&チャールズ・アイゼンスタイン

The Pandemic Is A Prism with PAUL KINGSNORTH & CHARLES EISENSTEIN Ian MacKenzie 2:40 ようこそ、この夏至の特別対談「パンデミックは刑務所だ」にオンラインでチューニングしてご覧になってください。私は
COVID 思想・哲学

ワクチン・モーメント、その3 または:クラウス・シュワブをどう考えるか

The Vaccine Moment, part three Or: How to think about Klaus Schwab ポール・キングスノース 12月20日 疫病がやってくることは誰でも知っている 疫病の動きが速いことは誰でも知っている 裸の男と女は 過去の輝かしい
COVID 思想・哲学

ワクチン・モーメント、その2 シンボルとストーリーについて

The Vaccine Moment, part two On Symbol and Story ポール・キングスノース 12月9日 今回は、「ウイルスと機械」をテーマにした3回シリーズの第2回目である。来週には最終回となる第3回をお届けする。 トルストイはかつて、世の中には「見
COVID 思想・哲学

ワクチン・モーメント、その1 天啓の日に

The Vaccine Moment, part one On the days of revelation ポール・キングスノース 11月24日 今回は、「ウイルスと機械」についての2部構成のエッセイの第1回目である。パート2は来週に続き、その後は通常のサービスが再開される。
COVID 思想・哲学

COVID-19の期間中およびその後の知識と科学的助言 ポストノーマルな時代に向けて「専門知識」の概念を再構築する

Knowledge and Science Advice during and after COVID-19: Re-Imagining Notions of ‘Expertise’ for Postnormal Times Maru Mormina Julia Schönebe
COVID 思想・哲学

ポール・キングスノース ワクチン戦争で私が鞍替えした理由

Paul Kingsnorth: Why I changed sides in the vaccine wars フレディ・セイヤーズがポール・キングスノースに語りかける 記事はこちら: ポール・キングスノースは、ワクチン戦争を、根本的に異なる2つの世界観の間のより大きな分裂の症
COVID 思想・哲学

The Turn 「転向」

The Turn ジョージ・フロイド氏の死をめぐる抗議活動や破壊行為が行われた後、ニューヨークのタイムズ・スクエア近くにある略奪された土産物屋や電気店に置かれた商品(2020年6月2) 左派が私の信じるものをすべて放棄するのを見て、私は政治的に変わった。あなたもそうすることができ
COVID 思想・哲学

医療の新しいルール 「ニューノーマルへようこそ」

The new rules of medicine パンデミックの発生により、医学界の運営方法に大きな変化がもたらされた。この「新しいルール」は、科学の進歩を妨げてきた非効率性やエラーに終止符を打つものである。 スティーブ・キルシュ 11月1日わ 医学界は恥ずかしいと思うべきだ。
COVID 思想・哲学

COVID-19のポスト・ノーマル・チャレンジ 効果的かつ正当な対応策の構築

The Post-Normal Challenges of COVID-19: Constructing Effective and Legitimate Responses 科学と公共政策 オックスフォード大学出版局 オンラインで2021年6月7日公開 Stephen Rain
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました