倫理・思想・ニューノーマル

倫理・思想・ニューノーマル

関係性の自律性:COVID-19と20世紀の哲学からの教訓

Relational autonomy: lessons from COVID-19 and twentieth-century philosophy  2021 Jun 26 要旨 COVID-19は、多くの倫理原則や前提条件を覆した。より正確に言えば、自律性尊重の原則は、現在の健康危機がもたらす倫理的課題に直面するの...
政策・公衆衛生(感染症)

TheBMJ 社説 日本はCOVID-19の排除を目指すべき

Japan should aim to eliminate covid -19 2021年2月8日公開 リーダーシップ、透明性、堅実な科学性を必要とする戦略の重要な転換 他のG7諸国と比較して、日本はCOVID-19の蔓延を緩和することに比較的成功してきた1 。しかし、日本は西太平洋地域で2番目に悪い記録を持っており、危機の...
倫理・思想・ニューノーマル

スウェーデンと日本はCOVID例外主義の代償を払っている

Sweden and Japan are paying the price for COVID exceptionalism Paul O'Shea, Lund University 2020年12月17日午後2時12分 GMT COVID-19パンデミックについて最も印象的なことの一つは、国によって対応が劇的に異な...
リコード法

因果関係評価「ヒル基準」をアップデートせよ

Bradford Hill基準 21世紀への適用:データ統合が分子疫学における因果推論をどのように変えたか 抄録 古典的な病気の理解に基づくヒルの判定基準 1965年に、サー・オースティン・Bradford Hillは、観察された疫学的関連付けが因果関係にあるかどうかを判断するのに役立つ9つの「視点」を発表した。それ以来、「Br...
コロナウイルス

科学がいかにしてウイルスを倒すか そして、その過程で失ったもの

How Science Beat the Virus And what it lost in the process この記事は2020年12月14日にオンラインで公開された。 1. 2019年秋には、正確にゼロの科学者がCOVID-19を研究していた、なぜなら誰もこの病気の存在を知らなかったからである。それを引き...
コロナウイルス

証拠の統合:COVID-19象との対決

Integrating the evidence: confronting the COVID-19 elephant 公開: 2020年7月25日 コロナウイルス病2019(COVID-19)は、壊滅的な結果をもたらす可能性のある、よく知られていない病気である。パンデミックは、広い地理的分離と一見不規則な発現を伴う異なる速度...
政策・公衆衛生(感染症)

COVID-19 不確実性の認識

Covid-19’s known unknowns COVID-19について確信を持っている人ほど、あなたはその人たちを信用すべきではない 2019年、医学史家のマーク・ホニグスバウム氏は、著書『パンデミックの世紀』の最後に次のように述べている。「唯一確かなことは、新しい疫病と新しいパンデミックが発生するということである。...
コロナウイルス

実用本位の医療(センシブル・メディシン) COVID-19パンデミック時の介入と非介入のバランスをとる

Sensible Medicine—Balancing Intervention and Inaction During the COVID-19 Pandemic 世界中で3,800万人以上が重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス2に感染しており、患者に最先端の救命治療を提供しなければならないという臨床医への強いプレッ...
政策・公衆衛生(感染症)

パンデミック 6つのサバイバル・チェーン:私たちの社会を復活させるために力を合わせる

Pandemic chain of survival: Gathering strength to revive our societies 2020年4月9日、世界保健機関(WHO)の事務局長は、コロナウイルス病2019(COVID-19)について、「このパンデミックは健康危機をはるかに超えている。政府と社会全体の...