医薬(COVID-19)

フルボキサミン/シグマ1受容体

COVID-19の早期治療に抗炎症作用を示す中枢神経系の薬剤は適しているか?

Are central nervous system drugs displaying anti-inflammatory activity suitable for early treatment of COVID-19? Paweł Grieb1,Konrad Rejdak2 1.ポーランド科学アカデミー、モサコフスキー医学研...
フルボキサミン/シグマ1受容体

低用量のフルボキサミンがSARS-CoV-2スパイクタンパク質のエンドサイト・トラフィッキングを調節する:抗うつ薬による抗COVID-19保護のメカニズムの可能性

Low-dose fluvoxamine modulates endocytic trafficking of SARS-CoV-2 spike protein: a potential mechanism for anti-COVID-19 protection by antidepressants 概要 一般的に処方さ...
ダークホース

3つの簡単なステップで世界を救う方法(抜粋)

How to save the world, in three easy steps ブレット・ワインスタイン 皆さん、ダークホース・ポッドキャストにようこそ。私は、今回はブレット・ワイン博士と言うべきでしょう。今回のテーマに応じて、その内容も変わってきます。私が何者であるかを少し説明してから 2人のゲストを紹介します。 私...
医薬(COVID-19)

ヒスタミンH1受容体拮抗薬はCOVID-19の治療に使えるか?

Could Histamine H1 Receptor Antagonists Be Used for Treating COVID-19? Received: 2021年5月8日 / 改訂: 2021年5月20日 / 受理: 2021年5月25日 / 発行: 2021年5月26日 概要 COVID-19は世界的に急速にパンデミ...
早期治療・在宅治療

THE TIMES OF INDIA Covidの早期治療がより良い改善の鍵となる

Early treatment for Covid is key to better outcomes 2021年5月21日 スティーブ・キルシュ コービッド早期治療が転帰改善の鍵となる 私が設立した非営利団体「COVID-19早期治療基金」は、Covidを治療できる薬の研究に資金を提供している。世界中の何百人もの...
ビタミンD・紫外線

COVID-19の治療薬としての身近な皮膚科の薬

Familiar dermatologic drugs as therapies for COVID-19 オンラインでは2020年12月23日掲載 M. Ortega-Peña and R. González-Cuevasb,⁎ 概要 世界中の研究者が、新型コロナウイルス019(COVID-19)の悪影響を軽減し、現在の...
フルボキサミン/シグマ1受容体

選択的セロトニン再取り込み阻害剤のリパーパス(再利用) これらの薬剤はCOVID-19と戦い、命を救うことができるか?

Drug repurposing of selective serotonin reuptake inhibitors: Could these drugs help fight COVID-19 and save lives? 2021年3月19日 ハイライト 本研究では、選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)の...
フルボキサミン/シグマ1受容体

NIHとWHOのコービッド治療の推奨事項には修正が必要か?

Do the NIH and WHO COVID treatment recommendations need to be fixed? スティーブ・キルシュ 2021年5月16日 はじめに インド、ブラジルをはじめとするほとんどの国では、人々が医学的アドバイスとして最も信頼している2つの組織、米国国立衛生研究所(NI...
フルボキサミン/シグマ1受容体

フルボキサミン その作用機序とCOVID-19での役割のレビュー

Fluvoxamine: A Review of Its Mechanism of Action and Its Role in COVID-19 2021年4月20日 米国ジョージア州アトランタ、エモリー大学医学部医学科、革新的で手頃な価格の医学のためのモーニングサイドセンター 米国ミズーリ州セントルイスにあるワシ...
SARS-CoV2 治療標的・分子経路

WNT/β-カテニン経路とPPARγの相反する効果の相互作用とSARS-CoV2治療への示唆

Interplay of Opposing Effects of the WNT/β-Catenin Pathway and PPARγ and Implications for SARS-CoV2 Treatment Published online 2021 Apr 13. doi: 10.3389/fimmu.2021.666...