ロバート・マローン医薬(COVID-19)早期治療・在宅治療

COVID初期治療が奏功 – さらに多くの事例を紹介
Early COVID Treatment works – yet more examples

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

イタリアの独立した2つのチームが以前の報告を検証

rwmalonemd.substack.com/p/early-covid-treatment-works-yet-more

ロバート・W・マローン医学博士、MS

SARS-CoV-2感染に起因する疾病と死亡に関する欧米諸国からのCOVID-19データには、多くのパラドックスがある。 最も問題なのは、感染の証拠があるにもかかわらず、SARS-CoV-2感染による疾病と死亡が著しく過剰に報告されるという、広範囲にわたる組織的な報告バイアスの結果である。 COVID-19による死亡を過剰に報告する(同時にワクチンの毒性を最小化する)政治的・財政的動機があるため、この問題を解決し、実際に何が起こったかを解明することはできないかもしれない、というのが本当のところである。 しかし、もしあなたがCOVID-19の診断を受けて欧米の病院に入院した場合、その入院中に死亡するリスクが驚くほど高かったことは間違いない。

私の考えでは、それらの病院死の多くは回避可能なものであり、多くは医原性(医療ミスによるもの)であった。 医原性疾患とは、患者に対して行われた診断・治療処置の結果である。 私は何度も何度も、学者、医師、病院勤務医、患者の親族が、COVID-19の病院での治療の恐ろしさ、患者の不必要な隔離、患者が受けている恐ろしい非人道的な治療、FDA承認・ファウチ推進薬のレムデシビル(看護師や看護婦から「逃げろ、死が近い」と世界的にあだ名されている)の毒性、これらの結果に悪い挿管や人工呼吸が寄与しているという話を耳にしたことがある。

しかし、彼らはこれらの患者の誤った管理が死者の数に貢献したことを決して認めない。 その一方で、多くの独立した医師が開発し、何千人もの患者の命を救いながら成功裏に実施してきた入院および外来での代替治療法を試そうともしない。明らかに、必要なのは、患者が病院に行くことなく、高レベルの異所性疾患と死亡に関連するこれらの機能不全の治療を受けないようにする方法である。

COVID-19の早期治療が命を救うことに疑いの余地はない。FDA、NIH、企業メディア、病院勤務医からの痛烈な批判やガスライティングにもかかわらず、この病気を治療するための多くの異なる再利用薬剤治療プロトコルが普及してきた。例えば、FLCCC、ウラジミール・ゼレンコ博士、ジョージ・ファリード博士、ブライアン・タイソン博士、そしてIppocrateorg.orgの旗の下で活動するヨーロッパの医師たちが開発した治療プロトコルを見てほしい。 一例を挙げると、アメリカではイベルメクチンはFDAやマスコミから悪者扱いされているが、COVID-19感染症の治療にイベルメクチンを使用する割合は世界で45%に達している!

 

現在、イベルメクチンは世界人口の約27%に使用されている。COVID-19の死亡率がゼロに近い国々は、治療を採用するインセンティブがないのかもしれない。これらの国を除外すると、イベルメクチンの採用率は約45%になる。https://ourworldindata.org/ のデータによると、前月までの累積死亡率が100万人に1人以下の国を除外した)。推定人口カバー率については、孤立使用、一部地域、混合使用、多くの地域でそれぞれ0.05,0.25,0.5,0.75の係数を使用している。

出典の参考はこちら。

これらの早期治療や入院治療の代替プロトコルの多くは、ヒドロキシクロロキン+アジスロマイシン(Didier Raoult博士が提唱した組み合わせ)やイベルメクチンなどの薬剤の組み合わせに依存しているが、外来と入院の両方の治療環境でかなりの効果を示している他の多くの薬剤や組み合わせが存在する。

例えば、過去2年間の私の研究をご覧になっている方は、ファモチジンセレコキシブの併用または非併用を支持するデータについてご存じかもしれない。 関連する論文については、こちらこちらこちらを見てほしい。

死亡率および死亡・挿管複合に関する我々の結果は、2020年2月25日から2020年4月13日まで、単一の医療センターでCOVID-19感染症の連続入院患者1,620人を対象にファモチジン使用の臨床転帰への影響を調べたFreedbergらによる最近の報告()の結果を裏づけるものであった。著者らは、COVID-19患者84例において入院後24時間以内に投与されたファモチジンは、死亡または挿管に関するリスクの低下(調整後HR 0.42, 95% CI 0.21-0.85 )と関連し、また死亡のみのリスクの低下(HR 0.30, 95% CI 0.11-0.80)とも関連していると報告した。傾向スコアマッチングを用いてベースラインの患者特性をバランスさせた後でも、これらの関係は変わらなかった(ファモチジンと死亡または挿管に関するHR:0.43、95%CI 0.21-0.88)。[R]

残念ながら、無作為化第2相臨床試験を含む臨床試験で効果があることが証明されたにもかかわらず、この研究と関連する知見の多くは、様々な学術雑誌によって積極的に出版が阻止され、ワシントンポスト紙など一般紙からは嘲笑された(こちらも参照してほしい)。しかし、ワシントンポスト紙に勤める医学的トレーニングを受けていないジャーナリストたちが、どうして医学的真実の決定者になったのか、私には理解できない。 もし、一般の報道機関が、自分の仕事をしようとする医師を攻撃して臨床治療に影響を与えようとするのではなく、確かな報道をすることに集中していたら、どれだけの命が救われたことだろうか。

米国の政府も一般紙も、COVID-19の安価な後発医薬品を用いた早期治療プロトコルを特に敵視しているように思えるが、早期治療を行うイタリアの医師にとってはさらに困難な状況であった。 このため、次の研究はさらに注目に値するものである

イタリアのチームは、伝統的な病院で行われた2つの査読付き研究を発表した。1つはLancetの関連雑誌であるeClinical Medicineに、もう1つはFrontiers in Medicineに掲載された。これらの論文に関連した臨床試験で試された臨床治療プロトコルは、COX-2阻害剤(ニメスリド、EUでは入手可能だが米国では入手不可、またはEUと米国の両方で入手可能なセレコキシブ)を中心に構築されている。 これらの薬剤のいずれかが患者の既往症により禁忌とされた場合、COX-1およびCOX-2阻害剤の複合薬であるアスピリン(注意、これは馬の治療にも使われる。..)が代用されている。 対応する臨床試験のタイトルがそれを物語っている。

「COVID-19患者の入院を防ぐための簡単な方法」

その結果、推奨される外来臨床治療プロトコルは次の通りである。

I. 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

比較的選択性の高い COX-2 阻害剤 §# (筋肉痛、関節痛、その他の疼痛症状に対して)

全血アッセイにおいて、COX-1及びCOX-2の活性を50%阻害するのに必要な各種NSAIDsの濃度比(IC50)に基づく§#。

#禁忌を除く

ニメスリド

100 mg b.i.d p.o., 食後, 最大12日間。

または

セレコキシブ

初回400mgを経口投与し、治療初日に200mgを再投与する。その後、必要に応じて最大400mg(1回200mgを1日2回)まで、最長12日間投与すること。

* 発熱(37.3℃以上)ニメスリドによる肝障害の臨床症状、セレコキシブの禁忌がある場合は、アスピリン(COX-1及びCOX-2阻害剤)(500mg 1日2回食後投与)に変更することが望ましい。また、これらの治療を受けている患者には、プロトンポンプ阻害剤(例:ランソプラゾール–30mg/日、またはオメプラゾール–20mg/日、またはパントプラゾール–20mg/日)を投与すること。

症状発現から約3日後(初診の場合はそれ以上)に、一連の血液化学的検査(血球数、Dダイマー、CRP、クレアチニン、空腹時血糖値、ALT)を実施すること。炎症指数(CRP、好中球数)ALT、Dダイマーが正常範囲であれば、ニメスリド/セレコキシブ(またはアスピリン)治療を継続することができる。

II. 副腎皮質ステロイド*の投与

デキサメタゾン(発熱や筋骨格痛が続く場合、数日後に血液生化学検査を繰り返し、炎症指数(CRP、好中球数)が軽度でも上昇した場合、咳があり酸素飽和度(SpO2)<94-92%が生じた場合など)。

8mgを3日間経口投与し、その後4mgでさらに3日間、2mgでさらに3日間漸減する。このため、デキサメタゾンは9日間で合計42mgとなる。

*副腎皮質ステロイドの治療期間は、疾患の臨床的進展にも依存する。

III. 抗凝固剤

低分子ヘパリン*(血液生化学検査でDダイマーが軽度でも上昇した場合、または寝たきりの患者の血栓塞栓症予防のため

エノキサパリン(予防的1日投与量4,000U.I.を皮下投与、すなわち40mgのエノキサパリン)。患者の運動機能の回復に関係なく、少なくとも7~14日間治療することが推奨される。

*ただし、禁忌(例:出血が続いている、または血小板数25×109/L未満)を除く。

IV. 酸素療法

病気の初期、肺の症状が現れる前、酸素飽和度が徐々に低下している場合(酸素濃度計で確認)または呼吸困難や喘鳴の初発後に、緩やかな酸素供給を行う。

呼吸数が14/分以上、酸素飽和度(SpO2)が94~92%未満の場合は従来の酸素療法が推奨されるが、室温でのSpO2が90%未満の場合は必要である。液体酸素の場合、8~10L/minで開始し、3~4時間ごとにSpO2をモニターする。その後、酸素投与量を4~5リットル/分に減らすことができる(ただし、3~4時間ごとにSpO2モニタリングを継続する)。気体酸素の場合、2.5~3.0リットル/分で開始するが、液体酸素の場合よりも頻繁にSpO2をモニターし、目標SpO2>94%に達するまで流量を漸増させる。従来の酸素療法にもかかわらず、室温での酸素飽和度(SpO2)が90%以下の場合、可能であれば入院を検討する。

V. 抗生物質

アジスロマイシン*(細菌性肺炎、二次性細菌性上気道感染症の疑い、または血液化学的炎症指標(CRP、好中球数)が著しく変化している場合)。

臨床的判断により、500 mg/日を6~10日間、点滴静注する。

* 不整脈のリスクや既往歴、その他の禁忌がある場合は、アジスロマイシンの代替としてセフィキシム(400mg/日 p.o. 6~10日間)またはアモキシシリン/クラブラン酸(1G 1日3回 6~10日間)を検討することができる。

また、IppocrateOrg Association Working Group for the Early Outpatient Treatment of COVID-19(イタリアの医師や科学者が主体となっている団体)が完了した別の研究では、代替プロトコルがCOVID-19の外来治療に有効であることも実証されている。

COVID-19の早期外来治療 イタリアにおける392例のレトロスペクティブな分析

これらの研究者は次のように結論付けている。

これは、COVID-19外来患者をケアする医師の姿勢と行動、およびリアルワールドにおけるCOVID-19早期治療の有効性と安全性を記述した最初の研究である」。我々のコホートにおけるCOVID-19の致死率は0.2%であり、同時期のイタリアにおけるCOVID-19全体の致死率は3%から3.8%であった。本研究で報告された個々の薬剤および薬剤の組み合わせの使用は、報告されたわずかで軽度の副作用が示すように、有効かつ安全であると思われる。COVID-19患者を治療する医師や、現在の世界的危機を管理する政治的意思決定者は、現在のエビデンスを慎重に検討する必要がある。」

この試験に使用されたプロトコルは、米国で使用されているプロトコルの典型的なものである。米国ではよくあることだが、Ippocrateorgチームによって開発された一般的な治療プロトコルは、病気の重症度によって段階分けされており、こちらで確認することができる。

要約されたイタリアの392症例について、受けた治療の要約表を以下に添付する(アスピリンの使用に注意)。

結論として、強制された遺伝子ワクチンに関連する過剰な死亡と疾病にかかわらず、米国政府保健福祉省の協調的なプロパガンダと情報統制の努力は、ビッグテックと企業メディアの検閲と連携して行動し、入院中の異所性によるものと、命を救う早期治療手順の抑制によって、大量の不必要な死亡と疾病を犠牲にしていることに疑いの余地はない。この結論を裏付けるデータは、ほぼ毎日増えている。しかし、未解決の問題が残っている。この回避可能な悲劇に対して、誰かが責任を負うことになるのだろうか?

タイトルとURLをコピーしました