イベルメクチンヒドロキシクロロキンワクチン医療・製薬会社の腐敗

ホロウィッツ:大手製薬会社はいかにして臨床試験の門番を利用して治療法を検閲し、人命を犠牲にしているか
Horowitz: How Big Pharma uses clinical trial gatekeeping to censor cures and cost lives

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.theblaze.com/op-ed/horowitz-how-big-pharma-uses-clinical-trial-gatekeeping-to-censor-cures-and-cost-lives

ポルノスターが資金提供したヒドロキシクロロキンを否定する研究を捏造し、その後不正で撤回されたことから、メディアは教訓を学んだと考えるだろう。しかし、そのダメージはすでに大きく、その代わりに、メディアはバランスと慎重さを欠いた物語主導の研究を宣伝することで、逃げ切れることを学んだ。

それから2年近く経ち、彼らは再び、New England Journal of Medicineのウェブサイトのトップページに掲載された、「TOGETHER試験」として知られる「最大」のランダム化比較試験に基づいて、イベルメクチンがCOVIDに対して効果がないことを示唆する研究を熱心に宣伝している。彼らは、この論文が問題だらけであることを知っているので、物語的に保護されていない他のものは、これらの理由で拒絶されたことだろう。しかし、彼らは、それらの問題点は、ウォンキーで、バンパーステッカーに収まらないことも知っており、この捏造された論文が引き出すために作られた見出しだけのダメージは、ヒドロキシクロロキンや今後、ビッグファーマの強欲と政府のコントロール計画を脅かすものと同様に、既に終わっていることだろう。

他の人たちはすでにこの研究の信憑性を徹底的に論破している。この研究の欠陥の包括的なリストはこちらとこちらで読むことができる。しかし、この研究の致命的な欠陥は、医学界と研究におけるより根本的な問題によって支えられており、それは今後何年にもわたって医学を苦しめ続け、COVIDをはるかに超える犠牲を払い続けるだろう。ビッグファーマがなぜ自己実現的な基準を作り出したのか、つまり一般大衆、メディア、医師を洗脳して、ランダム化比較試験(RCT)が医学のすべてであり、エビデンスのゴールドスタンダードとしてコホート研究やメタ分析に完全に勝ると思わせたのかを理解することが重要である。

まず、大規模な無作為化比較試験を行う余裕があるのは、大手製薬会社と大手政府(重複して申し訳ない)だけである。このため、彼らは常にすべてのエビデンスの門番(ゲートキーピング)となり、競合他社が市場に参入できないようにすることができる。また、無作為化比較試験は、科学的手法のプールで他のものより確実に強みを発揮する一方で、他の手法よりも操作や捏造が可能であり、プロトコルからのわずかなミスや逸脱がこれらの試験を無価値にしてしまう可能性もある。このような不正が行われていないことを確認するために必要な透明性の程度は、製薬会社(およびメディア、技術、政府)に関わる同じプレーヤーによって管理・資金提供されている高インパクトジャーナルが「中二病」に要求するものでは決してないだろう。

したがって、彼らが管理し、Lancet、NEJM、JAMAなどの雑誌に掲載された大規模なRCTだけが、その評価を得ることができるという見事なマーケティング戦略を持っている。この研究の著者の開示書類には、ワクチン、レムデシビル、パクスロビド、モルヌピラビルを製造または宣伝したすべての企業から金を受け取り、他のすべての治療アプローチをゴミ箱に捨てたと書かれているのは驚くことではない。

また、TOGETHER試験はゲイツ財団から資金提供を受けているようである。

 

本当だろうか?つまり、この試験に資金を提供する独立した第三者は、注射の最大のチャンピオンであり、代替薬の嫌われ者ではないのだろうか?

イベルメクチンの競合他社とは全く関係のない科学者が発表した研究はすべて効果を示しているのに対し、製薬大手とつながりのある研究者はすべて、イベルメクチンには20の作用機序があるにもかかわらず、全く効果がないことを示しているのは興味深いことではないだろうか?

したがって、数多くの他のタイプの研究、より小規模のRCT、あるいは権威のない雑誌に掲載された研究が、イベルメクチンとは全く異なる結果を示しているという不思議な二項対立を見るのは驚くことではない。C19early.comは、COVID治療薬に関するすべての研究を集約したウェブサイトで、128,000人の患者の782人の科学者から81の研究をプールしたメタ分析を行い、予防薬、早期治療、および後期治療についてそれぞれ83%、63%、42%の改善を一緒に示した。33のRCTでは56%の改善であった。しかし、製薬会社やマスコミが異様に争った、あるいは検出力の低い27件の研究を除いても、残りの54件の研究でも同じ結果が得られている。

最近メディアがイベルメクチンが主要評価項目で失敗したと示唆したマレーシアのJAMA試験でさえ、66%がX線検査ですでにCOVID肺と診断されていた合併症患者の死亡率が70%減少し、若干パワー不足(業界標準95%ではなく91%の信頼度)だったことを忘れてはならない。なお、JAMA試験では、試験群の患者に5日間の全コースを投与し、薬剤の体内吸収を助ける食事とともに服用するよう指示したが、NEJM TOGETHER試験では、このようなことは行われなかった。

これらの研究はすべて、得るものも失うものもないけれども、人工呼吸器をつけている患者でさえも目覚しい回復を見せた世界中の多くの医師の臨床経験と調和するものである。同様に、消費者も、この薬は馬用だと言われているにもかかわらず、ガラスの上を這ってでも手に入れようとする。これは、製薬会社が選んだ治療薬であるレムデシビル、モルヌピラビル、パクスロビドには明らかに見せない必死さの度合いだ。

また、政府関係者はイベルメクチンやヒドロキシクロロキンがこのウイルスに効くことをかなり早い時期から知っていたことが分かっている。Project Veritasが入手したDARPAの研究者が国防総省監察官に書いた手紙には、「イベルメクチン(2020年4月に治癒可能と確認)は、ウイルスの複製を阻害し免疫反応を調節するので、病気のすべての段階を通じて作用する 」ときっぱり書かれている。2021年8月13日付けの今は未公表の手紙のDARPA研究者マイク・マーフィー少佐は、「注目すべきは、リン酸クロロキン(ヒドロキシクロロキン 2020年4月に治療薬と認定)は、インターフェロンと同様に、SARSr-CoV阻害剤として提案に記載されている(2020年5月に治療薬と認定)」とも付け加えている。

繰り返すが、大規模ランダム化比較試験にはその場所があるが、それは証拠の優位性というパズルの一片に過ぎず、同じ勢力がワクチン試験を明らかに捏造したことを知っている以上、実際には最も不正が行われやすいものである (90%以上の有効性と他のどのワクチンよりも安全だといったことを誰か覚えているだろうか)

学術的な研究手法のゴールド・スタンダードはコクラン・ライブラリーである。2014,同ライブラリーはRCTと他の観察研究の質を比較する分析を発表した。この発見は、学界、医学、メディアの隅々にまで浸透している偶像崇拝的なドグマに真っ向から対立するものである。「平均して、観察研究とRCTの間には、特定の観察研究デザイン、異質性、薬理学的介入の研究を含むかどうかに関わらず、効果推定値に有意差があるという証拠はほとんどない」と、著者らは結論付けている。

他の方法の方がより明らかにできる、あるいは少なくともより透明性が高い場合もある。COVIDの重篤な転帰に対する健康リスクまたはCOVIDの治療オプションのいずれかについて、多くのレトロスペクティブコホート研究が実施されている。この研究は、医療データベースを調べ、例えばあるステロイドや抗生物質を投与された患者と、そうでない患者の転帰を比較し、その転帰を追跡することによって行われることが多いようである。他の論文では、病院に入った時点でビタミンD濃度が低い人と高い人の転帰を調査している。この方法によって、研究者は膨大なサンプル数を使い、交絡因子を簡単に分析し、調整することができる。

データベースは誰でも利用可能であり、データはもともと他の目的で発表されたもので、極めて政治的、文化的な火種にさえなったものに利用されるつもりはなかった。分析者は解釈や交絡因子について議論するだろうが、実際に使われているデータは透明なものである。一方、RCTでは、著者は好きなデータを取り出して使い始めることができ、分析と議論のすべてが著者の誠実さにかかっている。

あるいは、例えば、ブラジルのイタジャイで行われた、113,000人を対象にイベルメクチンを用いた大規模な試験のように、無作為化や盲検化を行わない前向き観察コホート研究というのもあり得る。これは、研究者がより安価に大規模なサンプルを使用することができ、全員の最も詳細な情報が誰でも見られるようにオンラインでアップロードされ、ブラジルの非常に厳しく管理された政府運営の医療制度と協力して行われたものである。無作為化されていないため、誰もが交絡因子について叫ぶが、現実には、この研究では、病気の人ほどイベルメクチン群に参加している。すべてのデータは透明であり、すべての患者の医学的状態や臨床診断の順列を追って、それぞれの結果を追跡することが可能である。このようなデータは、大手のRCTからは得られない。

現実を研究するのではなく、人工的な試験で現実を作り出そうとすると、プロトコルからの逸脱は結果に対して致命的な欠陥となる。例えば、NEJMのTOGETHER試験の主な問題の1つは、研究者がプラセボ群からイベルメクチン使用を除外することを確認しなかったことだ。ブラジルのその地域では、イベルメクチンは非常に人気があり、当時は市販されていた。

この懸念は、最初のプラセボ群の60%がプロトコルに従わなかったという事実によってさらに大きくなった。これは、単独では研究の致命的な欠陥であり、多くのクロスオーバーがあったことを示すかもしれない。

一方、Cureus誌に掲載されたItajaiの研究では、研究デザイナーは参加者を盲検化して無作為化するふりをせず、イベルメクチンをオープンに人々に提供したのである。113,000人がそれを受け入れた。113,000人が受け入れ、13,000人が拒否した。つまり、対照群に入った人たちは、自分からイベルメクチンを使用しなかった可能性が高い。

多くの人が、TOGETHER研究における矛盾や不正と思われるデータポイントについて懸念を表明している。そして、この試験のもう一方の群であるフルボキサミンが昨年8月に発表されたのに、2つの群が同じ時期に終了したにもかかわらず、イベルメクチン群の発表にさらに7カ月もかかったのは確かに怪しいと思われる。そして、ニュースサイクルを最大化するために、この研究の大まかな結果を3段階に分けて発表した。

非常に科学的で学術的な内容である。政治的な要素は全くない。

繰り返すが、人々は自分の足と懐で投票するのだ。多くの人が友人や親戚から奇跡的な回復を聞き、インドからイベルメクチンを取り寄せたり、高額な支払いをしたりしたことは、どんな研究でも数値化できない証明力を示している。イベルメクチンをめぐって、愛する家族が病院で高価な法廷闘争を繰り広げるという事実は、他のすべての肯定的な研究(偶然にもすべて政府やメディアによるイベルメクチン戦争が始まる前に発表されている)と相まって、インパクトのある雑誌に発表された最近の研究すべてと著しいコントラストをなしている。この矛盾をどのように埋めるのか?もし、これらの試験で、より控えめな有効性が示唆されたのであれば、それは一つのことだろう。しかし、全くないのか?本当に?抗ウイルス、抗炎症、抗凝固など20の作用機序があるのに?

考える人なら、どちらの側にバイアスがあり、そうする機会が多く、より多くの利益を得ることができるのか理解できるだろう。このような背景があれば、大手製薬会社の大規模ランダム化比較試験という裏技の横暴を容易に理解でき、これが長年にわたって、悪い薬を宣伝し、よりよい可能性のある薬を排除するために使われてきたことも理解できるだろう。

ビッグファーマの医薬品と他の安価な医薬品やサプリメントに適用された基準、メディア報道、検閲の非対称性は、これが単に一つや二つの医薬品に関するものではなく、将来的に無数の生命が救われるのを妨げるために使われる基準であることを示していることを忘れてはならない。

先週、ピエール・コリー博士は、パリで開催されたCOVIDサミットで、C19Early.comからこのチャートを発表したが、これは1兆字の印刷物…あるいはドルの価値があるものだ!このチャートは、C19Early.comが開発したものである。

たまたま、承認されているのは、最もコストのかかる薬だけだということだ。

確かに、これはイベルメクチンやCOVID治療だけの話ではない。科学、医学、人間の思いやり、そして前途ある人間の苦しみを減らすことに関心を持つ人なら誰でも、「証拠に基づく医療」が科学、医学、そして思いやりに反した議題を進めるための棍棒として使われてきたことに強い疑念を抱くはずである。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました