エポックタイムズヒドロキシクロロキンピーター・マカロー医療の偽情報・検閲・汚職早期治療・在宅治療

ピーター・マッカロー博士 – ヒドロキシクロロキン、イベルメクチンなどのCOVID-19治療薬の不可解な抑制効果|PART1
Dr. Peter McCullough: The Inexplicable Suppression of Hydroxychloroquine, Ivermectin, and Other COVID-19 Treatments | PART 1

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.theepochtimes.com/dr-peter-mccullough-the-inexplicable-suppression-of-hydroxychloroquine-ivermectin-and-other-COVID-19-treatments-part-1_4186432.html

「新しい治療法の月次評価は行われていません。ワクチンの安全性と有効性に関するデータの月次レビューもありません。何もありません。アメリカ人は2年間、COVID-19に関する科学的な情報を一切知らされていません」。

関連報道

PART 1: Dr. Peter McCullough-The Inexplicitable Suppression of Hydroxychloroquine, Ivermectin, and other COVID-19 TreatmentsPART 2: Dr. Peter McCullough on オミクロン Realities and VAERS Reports on Vaccine Injuries and Deaths

この2部構成のインタビュー(パート2はこちら)では、内科医、心臓病学者、疫学者であり、多剤併用療法を含むCOVID-19の初期の外来治療に関する最初の論文の主著者であるPeter McCullough博士にインタビューしています。バングラデシュのCOVID-19を根絶したかもしれない予防法も含め、COVID-19治療に関するあらゆるエビデンスを紹介します。

また、ワクチンによる心筋炎などの影響が懸念されていますが、マカロー博士は、CDCのワクチン有害事象報告システム(VAERS)で得られた情報を詳しく説明しています。VAERSシステムはどの程度正確で、COVID-19ワクチンに直接起因する報告はどの程度あるのでしょうか。

以下は 2021年12月30日に放送されたアメリカン・ソート・リーダーズのエピソードのラッシュ・トランスクリプトです。このトランスクリプトは最終形ではなく、更新される可能性があります。


Jan Jekielek

ピーター・マカロー博士、アメリカン・ソート・リーダーズに出演していただき、とても光栄です。

Peter McCullough

ヤンさん、お招きいただきありがとうございます。

Jan Jekielek

多くの人があなたの話に興味を持っていると思いますが、それ以上に興味を持っているのは、COVID-19(エポックタイムズ社ではCCPウイルスと呼んでいます)の治療法です。あなたは自分で患者を治療しています。これは、多くの人が知らないことだと思います。では、実際の医療行為についてもう少し詳しく教えてください。

Peter McCullough

この2年間で、ある意味、感染症のフェローシップを修了しました。SARS-COVID-2感染症を見たことのある医師はいませんでした。COVID-19感染症を実際に治療したことのある医師もいませんでした。

そこで、内科医として、幅広い専門医として、内科と循環器科、成人病の診療を続けています。私は、入院と死亡という2つの悪い結果を避けるために、ハイリスクの患者さん一人一人を全力で治療するという挑戦をしました。

Jan Jekielek

それは興味深いですね。ごく初期には、病院以外で対処する方法はないと考えられていたのですから。

Peter McCullough

ある仮定がありましたが、それは異常な仮定です。病院前の段階では病気を治療できないというのは、医学の世界では見たことがありません。瞬時に大量の想定がなされたのを見たことがありません。最初からそうだったのです。最初の患者さんから、「この病気は病院の敷居をまたぐまで治療できない」という思い込みがあったのです。

さて、その仮定の裏には何があるのでしょうか?私は、その背景にあるのは恐怖と自己防衛だと思います。診療所、看護師、その他の医療従事者、医師は、病院前の段階で患者に遭遇することは、自分たちにとってもリスクであり、診療所やオフィス、その他の治療の場を汚染するという意味で、他の患者にもリスクを与える可能性があると考えました。

そのため、病院前はある意味で立ち入り禁止になっていたのです。精神的にも都合がよくなり、「これでは治療ができない」と正当化できるようになったのです。私は患者さんを治療したいと思っていますが、それは単に治療できないということです」。しかし、最初から治療不可能で、2年経っても治療不可能なのですから、この話を聞いている皆さんは、その大前提がおかしいことを理解していると思います。

Jan Jekielek

もちろん、FDAで認可されている治療法は少なくとも2,3あります。そのことについてもお話しましょう。その前に、あなたは「Cardiorenal Medicine」というメジャーな医学雑誌の編集長をされていますね。

その分野では最も多くの論文を発表されていると聞いています。その一方で、どのようにして診療所を運営されているのでしょうか?また、この診療所は、COVIDの周辺で生まれたものなのでしょうか、それとも以前から独自に存在していたものなのでしょうか?

Peter McCullough

私は、臨床活動を始めて40年になります。内科と循環器科の専門医資格を持っています。私は、米国内科学会のプログラム、いわゆる認定維持の1年目に参加しました。現在、私は内科の認定を複数回受けています。10年ごとに知識をチェックし、循環器系の資格も取得します。

私は内科医として診療していた時期がありましたが、その後、心臓病学のトレーニングを受けました。さらに、病気の分布や決定要因を研究する疫学のトレーニングも受けました。しかし、私の研究分野は、最初から学際的な研究分野でした。それは、心臓と腎臓が一連のホルモンや神経、そして生理化学的なシステムを通じて、どのように密接に結びついているかを研究することです。

これらのシステムは、医療における診断や治療のターゲットとして、非常に重要であることがわかっています。ですから、この心腎医学の分野での発見は、ある意味で、多くの人が貢献してきたこの分野を発展させることになりました。私は、スイスのバーゼルにあるKarger社が発行している『心腎医学』の編集長を長年務めさせていただきました。

今はもうその立場ではありません。この雑誌は、もともとニューヨークのMedReviewsから発行されていました。現在はMedReviews社から出版されています。この会社は香港に移転しました。私はもう何年も香港のオフィスで働いています。そのジャーナルは、インパクトファクターの面で着実に成長しています。

私は「Cardiorenal Medicine」の初代教科書の編集長を務めています。そして、光栄なことに、心臓病学のバイブルとも言われるブラウンワルドの「Textbook of Cardiology」に教科書の章を掲載することができました。私の章のタイトルは “The Interface between Heart and Kidney Disease “です。

医学界で最も長い間、私は世界中で講演を行ってきました。アメリカ国立衛生研究所やその他の政府機関が主催する会議でも講演しました。また、アメリカ国立衛生研究所のデータ・安全性モニタリング委員会や、大手製薬会社や体外診断薬メーカーの臨床試験にも参加してきました。このような大規模な臨床試験の運営委員会や実行委員会に参加することができ、大変光栄に思っています。

私は、この分野を発展させるために、循環器科、腎臓科、内科の両方で働く医師たちのサークルに入っています。その結果、私は660以上の査読付き出版物をNational Library of Medicineに登録しています。そのうちの多くは、私が筆頭著者または上級著者となっています。これらは最も責任のあるポジションです。調査グループの一員であるため、著者ブログに掲載されることもあります。

しかし、今回のCOVID-19では、その包括的な性質のために、私の考えでは、医学界で圧倒的な存在感を示しており、この危機に立ち向かうために、あらゆる分野の本当にトップレベルの医学専門家が名乗りを上げています。COVID-19では、国立医学図書館のPubMedで私の名前が検索されると、52件の引用があります。重要なのは、それが基本的に医学の歴史という意味でのアンカーであり、永遠であるということです。

その中には、COVID-19は治療不可能だという思い込みを打ち破り、病院前の段階で医師にCOVID-19を治療する方法を教えた、2つのブレイクスルー論文があります。これらの論文で用いた原則は、「これは大量殺戮事件であり、大規模な無作為化試験を待つことはできない」というものでした。循環器内科で大規模な試験というと、2万人から4万人の患者を対象とした試験になります。

これは複雑な病気なので、単一の薬では治療できません。つまり、複数の薬を併用する必要があるのです。このような臨床試験はまだ計画されていません。米国感染症学会や米国内科学会、NIH、CDCなどの各種学会が参考にするガイドラインは、大規模な臨床試験を前提としていることがわかっています。

つまり、大規模な臨床試験を待ったり、政府機関がガイドラインやプロトコルを提供してくれるのを待ったりしていては、命を救うことはできないということは、当初から分かっていましたし、私自身も特にそう思っていました。私は、今こそ行動を起こすべき時だと考えていました。それは最初からわかっていました。

2020年2月にパンデミックが発生してから 2020年8月に「American Journal Medicine」に論文を発表するまでにあった唯一の遅れは、単に知識と臨床経験の迅速な獲得でした。医学文献の調査、医師との対話、病院での患者の治療、医師との対話、そして私自身が病気を治療するという経験の両方が必要でした。

これらの原則をまとめ、原稿を書き、すべての著者の同意とサインを得て、査読付き出版物に投稿し、編集や変更、ゲラ校正、契約、コピーライティングを経て、出版に至るというのが、できる限りのスピードです。

2020年8月は、本当にブレイクスルー出来事でした。2020年8月7日は、医学界にとってブレイクスルー日でした。COVID-19の治療法を医師に教えた最初の論文が発表されたのです。この論文は瞬く間にCOVID-19外来で最もされた論文となりました。世界中が、COVID-19をどうやって治療するかというアプローチを渇望していたのです。

さて、その論文が投稿されたとき、私はPubMedで簡単にチェックしてみました。このウイルスのさまざまな側面を説明した論文が、55,000本も掲載されていました。しかし、「第一段階として、この病気にどのようにアプローチし、どうすれば治療できるか」を基本的に述べた論文は1つもありませんでした。それがブレイクスルー論文だったのです。

Jan Jekielek

その後、あなたは実際に患者さんを治療し、当時開発したプロトコルに磨きをかけてきました。興味本位でお聞きしますが、これまでに何人の患者さんを治療されたのですか?

Peter McCullough

私の推定では、200人以上の患者さんを直接治療していると思います。彼らは私に連絡してきて、COVID-19で直接病気になります。彼らを直接治療しています。今ではよくあることですが、私が外部からアドバイスをした患者は1000人以上になると思います。他の医師が、「ここに患者がいます」と連絡してきたり、家族のいる医師が連絡してきたりすることもあります。これは、この病気が非常に広く普及しているためによくあることです。

しかし、私はロシア、マレーシア、オーストラリア、南アフリカ、カナダ、イギリス、EU、北米、南米までの治療についてアドバイスしてきました。つまり、広範囲に渡っているのです。私は、できる限り人々を助けたいと思っています。その通り、私はずっと患者を治療していました。私は臨床経験を積みました。さらに臨床経験の豊富な人たちからも学びました。今、私の周りには何千人もの患者さんを診てきた医師がいます。彼らはこの病気について非常によく理解しています。

そして 2020年までに知識ベースが急速に成長し、使用可能な最初の緊急使用許可された薬剤よりも、さらに多くの薬剤のデータが急速に得られました。そのため、American Journal of Medicineに掲載した論文は、現代的な観点から、基本的に4カ月以内に更新する必要がありました。

私が編集している雑誌『Reviews in Cardiovascular Medicine』では、COVID-19の治療に関するサプリメントを別途依頼しました。利害の衝突がないように、そのプロセスに別の編集者を割り当てました。その論文では、著者を私を含めて57人に増やしました。しかし、私は大勢の患者を治療している医師に意見を求めました。彼らは何千人もの患者を治療しているのです。様々なタイプのアイデアをテーブルの上に並べたかったのです。

その結果 2020年12月に『Reviews and Cardiovascular Medicine』に論文が掲載されました。その論文のタイトルは、”Sequence Multi-Drug Therapy for Inventory of COVID-19 “でした。American Journal of MedicineのプロセスとReviews in Cardiovascular Medicineを通じて、Association of American Physicians and Surgeonsの “Home Treatment Guide “が作成されました。

これは、私が知る限り、COVID-19に関する一般向けの文書の中で最もされ、利用されたものです。何百万回とされ、共有されました。この資料のおかげで、何千万人もの入院や、何百何千人もの命が救われたかもしれません。

Jan Jekielek

これはとても興味深いことです。というのも、私たちは、たくさんのメッセージ、たくさんの誤報、そして偽情報の領域にいるからです。どの情報が本物なのか、どの情報が信用できるのか、何が信用できないのか、わからなくなることがあります。あなたが説明しているこのガイドが、実は厳密に査読された科学論文に基づいており、その第2版が2020年に発表されたことを知ることができてよかったです。私はこの瞬間までそのことを知りませんでした。

Peter McCullough

私たちはできる限り多くの参考文献を載せましたし、知識ベースは拡大し続けています。そのため、最も多くの論文が掲載されている治療薬は、一番最初に使用された薬剤であるヒドロキシクロロキンです。300件以上の支持を得た研究があります。

次はイベルメクチンで、63件以上の支持的研究があります。その後は、コルチコステロイドに関する無作為化試験やメタアナリシスによる支持を得ています。また、プロスペクティブコホート研究もあります。そして現在、抗凝固剤に関する限定的な無作為化試験が行われています。他の抗炎症剤もある。

COVID-19の最大で質の高い前向き無作為化プラセボ臨床試験は、実際には抗炎症薬であるコルヒチンで行われたことを多くの人は知らない。これはモントリオール心臓研究所で行われたものです。COLCORONA試験と呼ばれています。COLCORONA試験は、基本的に他のすべての治療試験を質的に圧倒しています。入院や死亡が劇的に減少しました。

課題の1つは、科学的な情報が発表され、査読を受け、情報として雑誌に掲載されることですが、その情報を普及させることです。というのも、世界中のどの政府や公衆衛生機関も、世界中の患者の治療機会を継続的に検討することを基本的に委託していないからです。

一市民として個人的に期待しているのは、危機の最中に、政府機関が月単位で国や国民全体に治療法の進歩について情報を提供してくれることです。しかし、その際には徹底的な検証が必要です。慎重に、徹底的に、発表されたレビューを行うべきです。そのために、私たちは公衆衛生局にお金を払っているのですから。

Jan Jekielek

私が知っている限りでは、実際にFDAに認可されている薬は2つあります。以前、その話をしたと思います。もちろん、オミクロンに対する有効性が低下していると聞いているモノクローナル抗体もです。オミクロンについては、後でまとめてご紹介します。それからもうひとつのフルボキサミンですが、名前は合っていましたか?

Peter McCullough

緊急使用許可プロセスの歴史は興味深いものです。それまで米国で使用されていた緊急使用許可製品は、おそらく5〜10種類だったと思います。緊急使用許可の規定は、まさに緊急事態を意味します。政府や民間の救援活動に製品を使用するための認可が必要なのですが、市場での承認を得るまでの時間的余裕がありません。

忘れてはならないのは、薬が市場に出るとき、その薬をどのように販売するかということが大きなポイントになるということです。つまり、FDAの活動の多くは、医薬品の広告に関係しているのです。添付文書やラベルは、ある意味、薬を販売するための規制上の許可証です。薬の適応症は、実は広告ラベルのためにあるのです。広告主は、ラベルと呼ばれるものを使います。商品の広告ラベルです。

適応症は、必ずしも医師がその製品を使用する方法ではありませんが、基本的に企業が実際に主張できる境界線を作ります。それがラベルなのです。このように、緊急使用許可証はすべて出ています。あとは、その使用をサポートするための十分な情報があるかどうかです。さあ、出してみましょう。

緊急使用許可は、「これが本当に機能するかどうかわかりません。しかし、これは私たちが今提供できる最高のものです」というものです。そこで、緊急使用許可を取得した最初の製品がヒドロキシクロロキンでした。

世界の国々は、初期のデータからヒドロキシクロロキンを見ていました。ウイルスの複製を阻害することが示されました。これは支持できるものです。初期の臨床試験でも支持されているようです。安全で効果的な薬でした。関節リウマチや全身性エリテマトーデスにも使用されています。マラリアの予防にも使われています。私たちはそれを知っています。

また、他の抗マラリア薬としてメフロキンやクロロキンがあります。医学界では、抗マラリア薬のことをよく知っています。これらは寄生虫に効く薬です。細胞内に作用します。また、炎症を劇的に抑える効果もあります。COVID-19では、細胞内で働き、ひどい炎症を引き起こすウイルスが組み合わされているのですね。15〜20年前の研究でも、COVID-19が第一候補に挙がったのは納得できます。

アメリカでは、病院内でのヒドロキシクロロキンの使用について、緊急使用許可を得ていました。私たちはそれを見て 私たちはそれを見て、「それはいいね」と言いました。私たちは、米国が備蓄品を開発していることを聞いていました。アメリカ以外の国でも備蓄品は使われていました。

しかし、3月から4月にかけて目にしたのは、ヒドロキシクロロキンが自由に使えるようになったのではなく、ヒドロキシクロロキンの利用率が上がったわけでもありませんでした。使用量が制限されるようになったのです。

例えば、フランスではヒドロキシクロロキンは市販されていました。その後、処方箋が必要になりました。オーストラリアでは、4月に規則が制定され、医師がヒドロキシクロロキンを使用することは実際には禁止されていますが、医師には罰金や懲役が科せられる可能性があります。アメリカでは、「ヒドロキシクロロキンは病院でしか使えない」とされていました。

しかし、デトロイトのヘンリー・フォード病院で行われた何千人もの患者を対象とした最大規模の研究では、患者の同意を得て、すべてを注意深くモニタリングする前向きコホート研究で使用され、早期に使用することで死亡率の低下に劇的な影響を与えました。この研究は、私たちに大きな影響を与えました。

そこで 2020年の春、私はホワイトハウスのピーター・ナバロ氏の依頼を受けて、アメリカがある意味で緊急使用許可を外来患者にまで拡大できるように働きかけました。なぜなら、ヘンリー・フォードのデータが早期に効果があることを示唆していたとしても、人工呼吸器を装着している後期に効果があると信じる根拠がなかったからです。そこで、早期に使用し、入院や死亡のリスクを減らすという観点から活用しようと考えました。

そして、一連の出来事が起こりました。トランプ大統領が「これはゲームチェンジャーだ」と言及したことを思い出す人も多いでしょう。3月には、国立衛生研究所のアレルギー・免疫学部門の部門長が、ある人が医師として、”あなたはCOVID-19の患者の治療にヒドロキシクロロキンを使いますか?”と尋ねたと述べたことを多くの人が記憶しているでしょう。と聞かれ、「はい、使います。できれば臨床試験で」と答えました。

これで、ヒドロキシクロロキンの使用にゴーサインが出たのです。その後、政治的な反発がありました。6月にはいくつかの出来事がありました。1つは、Lancet誌に発表された論文が偽装されていたことで、これには事務局も驚きました。

その論文では、40代のCOVID-19患者が世界中の複数の施設に入院しており、その数は何万人にも上ると主張していました。その論文によると、ヒドロキシクロロキンにはわずかに過剰な有害性があり、死亡率を高める効果はないとのことでした。圧倒的な有害性ではなく、わずかな有害性の過剰ということです。

この論文はLancet誌に掲載されましたが、Lancet誌は最も優れた学術誌の1つです。世界のニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスンのようなものです。文字通り、Lancetに2週間ほど掲載されました。私はその論文を見ました。私は「COVID-19で入院しているのは40代ではなく、80代だ」と言いました。このようなデータシステムを一体どうやって構築するのでしょうか?データ使用契約を結ぶのに数ヶ月、共同研究を行うのにも数ヶ月かかります。データは空から降ってくるものではありません。

どうやって同意を得たのでしょうか?どのようにしてIRBの承認を得たのでしょうか?ハーバード大学の研究者とSurgisphereという会社の研究者が参加しました。その後、2週間ほどで多くの医療ニュースが流れ、医師たちは実際にヒドロキシクロロキンに対する信頼を失い始めました。病院の広報担当者は「いいですか、病院でヒドロキシクロロキンを使わないでください。実際に人を殺しているんだから」というメッセージが病院側から出されるようになりました。

無情にもLancet誌はその論文を撤回し、「撤回します」と言いました。説明なし。謝罪もありませんでした。その後、アメリカ国立衛生研究所は、ヒドロキシクロロキンとアジスロマイシンを用いた多施設共同臨床試験を実施しました。

2,000人の患者を対象に、前向き無作為化比較試験を行いました。複数の治療施設で行われました。ノートも用意されていました。薬を配布していました。すべてが整っていたのです。2000人の患者のうち、実際には20人の患者を募集しました。そして、何の説明もなく、「このプログラムを中止します」と言われたのです。

NIHは、COVID-19の最初の波の最中に、全額出資の試験プログラムを中止してしまったのです。そして、その直後にFDAが「ヒドロキシクロロキンは全面的に使用すべきではない」という声明を出しました。それが2020年の夏のことでした。追加のレビューはありませんでした。議論もありませんでした。一連のコミュニケーションもありませんでした。いいですか、今はまだ不確かですが、3ヶ月後に見直しましょう」という声明もありませんでした。3ヵ月後に見直しましょう」という発言もありませんでした。何もなかったのです。

その日から、すべての医療機関に「ヒドロキシクロロキンを使用しないでください。ヒドロキシクロロキンを使ってはいけません」。これには驚きました。それが2020年の1年目でした。そしてパンデミック2年目の2021年には、次の薬剤としてイベルメクチンが登場しました。イベルメクチンは、アメリカ国立衛生研究所の関心を得られませんでした。その頃には、経口薬とイベルメクチンの迅速で質の高い無作為化試験から完全に撤退していました。そこで、私たちは米国外のデータに頼ることにしました。

イベルメクチンは、ヒドロキシクロロキンのような抗寄生虫剤で、少なくとも3つの作用機序があります。イベルメクチンは、ウイルスの危険なスパイクタンパク質に実際に拮抗する唯一の薬剤ですが、さらに核侵入を阻害し、細胞質内の異常なキナーゼにも影響を与えます。ヒドロキシクロロキンが3倍の効果を発揮するのと同じように、3倍の効果を発揮します。

データは基本的に支持されていました。完璧だったか?いいえ、しかし現在、63件以上の研究が行われています。ヒドロキシクロロキンは30件までしか行われていません。

Jan Jekielek

確か300件と言っていましたね。

Peter McCullough

ヒドロキシクロロキンでは300件、イベルメクチンでは60件を超えています。ほとんどが支持されています。イベルメクチンについては、緊急使用許可を取得していません。しかし、私たちには公式な組織行動がありました。2021年9月、アメリカ医師会は、イベルメクチンの使用を廃止するというイニシアチブを発表しました。これには驚かされました。

事実上、医師の政治活動委員会であり、他の薬剤について意見を述べることもなく、治療ガイドラインを提供することもなく、専門家グループを集めて物事を決定することもない医療団体が、なぜイベルメクチンの使用廃止を決定したのでしょうか?これを取り上げたのがFDAです。

FDAはツイッターをはじめとするソーシャルメディアや主要メディアで公式発表を行いました。そして、「イベルメクチンはあくまでも馬の駆虫薬である。イベルメクチンは馬の駆虫薬であり、COVID-19の治療に動物用医薬品を使用してはならない」という内容でした。この記事は主要メディアで取り上げられました。そして、それはオウム返しにもなった。CNNの医療特派員に尋ねたところ、彼は「断定的に言って、イベルメクチンはCOVID-19への使用を支持する証拠はない」と答えました。

アメリカ国立アレルギー・免疫学支部のディレクターも同じことを言っていました。エビデンスがない。彼らは「ノー」という言葉を使った。その間、アメリカ人は60以上の支持的な研究、無作為化試験、観察試験が行われていることを知っていました。

入院や死亡などのエンドポイントを約70%削減することができました。アメリカ人は知っていたが、アメリカ医師会やアメリカ人に見える人々は、全く反対のことを言っていた。

私たちは本当に狂喜乱舞しました。実際、オクラホマ州のある病院では、イベルメクチン中毒の患者が殺到しているという電話がありました。イベルメクチン中毒の患者が多すぎて、廊下で銃で撃たれて死んでいる患者がいるというのです。最終的には、病院の管理者が乗り出して、こう言わなければなりませんでした。「我々はこれを調べましたが、イベルメクチンの過剰摂取はありません」と。

その後、毒物管理センターにはイベルメクチン中毒の電話が殺到しているとの主張がありました。そして、そのデータはTrialSiteNewsによって毒物管理センターが入手したものです。TrialSiteNewsは、「我々はこれを見た 」と報告しています。イベルメクチンで通報を受けていることが判明しましたが、投与量はイベルメクチンの体重調整量であるため、すべて投与量の明確化です。中毒はありませんでした。報告すべき重大な副作用もありませんでした。

ヒドロキシクロロキンの再来と言っても過言ではありません。ヒドロキシクロロキンの最初の年には、毒物管理センターに電話がかかってきました。ヒドロキシクロロキンで中毒になった人がいる」というものです。そのほとんどが、「食事中に服用するのか、空腹時に服用するのか」などの質問でした。

つまり、明確なテーマが存在していたのです。少なくとも、ヒドロキシクロロキンとイベルメクチンについて、規制上、即時性の観点から明らかな抑制が行われていました。悲しいことに、国によっては懲役刑が科せられることもありました。オーストラリアでは、ヒドロキシクロロキンに懲役刑が科せられる恐れがありました。南アフリカでは、イベルメクチンを使って患者を助けようとした医師が実際に逮捕されています。

現在、カナダ、イギリス、EUの多くの国、オーストラリア、南アフリカでは、イベルメクチンの使用が厳しく禁止されています。このような反発のために、これらの薬が役に立つ製品かどうかはわかりません。薬剤師は、何の規制もなく、何のサポートもない中で、医師が指示した薬を患者に渡さず、実際に阻止することを自ら行ったのです。

保険会社は、医師がイベルメクチンやヒドロキシクロロキンを使用したことを理由に、医師との大規模な保険契約を全面的に解除しました。医師会は、これらの薬剤の使用をモニタリングし、これらの薬剤の使用者を脅したり、懲戒処分にしようとしたりしました。このように、興味深い反応がありました。

南米のブレンティオス博士や南アフリカのチェッティ博士は、「ヒドロキシクロロキンやイベルメクチンは必要ない」という新しいプロトコルを考案しました。彼らは、抗ヒスタミン剤、抗凝固剤、抗炎症剤など、他の薬剤を組み合わせて使用しました。そして、それらにも効果があることを示したのです。ヒドロキシクロロキンを抑えようとしていた人たちは悔しがったが、COVID-19の治療は続いた。

その後、11月に入り、あなたが指摘したように、COVID-19の外来治療に初めて緊急使用が認められた製品が登場しました。モノクローナル抗体です。最初に発売されたのはbamlanivimabでした。これはLilly社が提供したものです。小規模な無作為化試験で、結果は非常に少なく、入院は両群合わせても20件に満たないでしょう。しかし、最終的にはバムラニビマブに軍配が上がりました。これは素晴らしいことです。

私たちは、注入可能なモノクローナル抗体を持っていました。1時間かけて注入し、観察して帰宅しました。メディカル・エコノミクス』誌のレポートによると、アメリカはすでに1億回分の投与量を購入しており、さらに数億回分の投与が可能になっているとのことでした。私は心の中で、”これは素晴らしいことだ “と思いました。やっと答えが出ました。大規模な輸液センターを必ず開設しなければなりません。これは2021年の11月のことです。

老人ホームにこれをストックしておけば、お年寄りには大助かり。抗体は少なくとも、血流中に循環しているウイルスを中和することができるだろう。しかし、すでに起こってしまったダメージを止めることはできませんし、炎症を止めることもできません。血液をサラサラにする薬でもありません。しかし、多剤併用プログラムの一部になる可能性があります。それが 2020年の12月までにプロトコルに導入した理由です。

私たちは、モノクローナル抗体があまり注目されていないことにショックを受けました。ほとんど採用されていなかったのです。供給量の80%以上が棚に置かれているという報告を聞きました。老人ホームにも知らされていない。緊急医療機関にも供給されませんでした。病院にも供給されませんでした。メッセージングもありませんでした。そこで何が起こったかというと、12月に別の競合技術が登場したのです。それが「COVID-19」というワクチンです。

実際、COVID-19ワクチンは 2020年の10月に薬局のCVSとWalgreensで宣伝されていました。薬局に電話して処方箋を再発行してもらおうとすると、「COVID-19ワクチンが第一弾として発売された際には、喜んで提供させていただきます」といった内容の録音が流れていました。

つまり、メッセージングはすでに始まっていたのです。アメリカでは 2020年の冬にCOVID-19の巨大な波が始まり、アメリカ人は道案内や救命治療へのアクセスを必要としていました。その代わりに、将来的に登場するワクチンの宣伝メッセージが流されていました。このワクチンは、緊急時の使用が許可されています。先に述べたように、これまでに利用された回数は6~10回程度です。

思い浮かぶのは、炭疽菌のワクチンですね。契約して購入し、軍事作戦に少しだけ使用しました。それだけでした。興味深いことに、COVID-19以前には、緊急時の使用を許可された製品は1つも一般市場に出回っていませんでした。商用製品に転用されたことも、一度もありませんでした。

Jan Jekielek

魅力的ですね。ワクチンと同じように、モノクローナル抗体も実は「ワープスピード作戦」の産物であるということですね。それは、とても理にかなっているとは思えません。

Peter McCullough

私は昨年、『The Hill』誌にオピニオン・エディトリアルを掲載しました。ワープスピード作戦の3つのギア」というタイトルでした。ワクチンのための高速ギアがありました。それはすべての利益を得るためのものです。中間のギアは、おそらくモノクローナル抗体ではありませんでした。そして、何の効果も得られず、スピードも出ない遅いギアがあった。それが経口薬なのです。しかし、これらはすべて「オペレーション・ワープ・スピード」で作動します。

私はラマトロバンプログラムの主任研究員だったので、このことを知っています。ラマトロバンは日本の製品です。製造しているのはバイエル社です。アレルギー性鼻炎に使用される薬です。私たちは、カリフォルニア大学の素晴らしいグループと協力していました。コンソーシアムを結成し、NIHへの申請を行い、薬剤供給の保証を得て、FDAへの治験薬申請を行い、数え切れないほどの電話や提案書をやり取りしました。

COVID-19の経口治療薬の開発が遅々として進まないことは明らかでした。同じことがファビピラビルにも起こりました。ファビピラビルは、COVID-19の治療薬として、日本やロシアをはじめとする複数の国で実際に経口薬として使用されています。販売名は「アビガン」です。実際にFDAから正式に承認されています。

私たちは、「ちょっと待って、オペレーション・ワープ・スピードは、経口薬を入手し、在庫を確保し、人々の家に迅速に届けることを目的としているようには見えない」と思われるようなことが起こりました。ワープスピード作戦と一連の臨床試験(現在はACTIV試験プログラムと呼ばれています)では、いくつかの経口薬がテストされましたが、それらはすべてスローウォークでした。

テストされた薬の一つは、リバーロキサバン、アピキサバン、ダビガトランです。これらの製品は、新規抗凝固剤と呼ばれています。考え方としては、血液をサラサラにする薬が必要です。しかし、残念なことに、この試験を行うには時間がかかりました。試験の規模は小さく、質も低いものでした。質も低かったのです。抗凝固剤の主な試験では、実際に入院を必要とした患者はほとんどいませんでした。低リスクの患者が集まっていた。イベントもほとんどありませんでした。

つまり、科学的には、効果的な治療法を見つけるための十分な力がなかったため、彼らは諦めたのです。その後、メルク社の「モルヌピラビル」という薬の最終試験結果が発表されました。ファイザー社の薬は、新規のキナーゼ様3阻害剤と古いHIV薬であるリトナビルというプロテアーゼ阻害剤を組み合わせたものです。これは実際に1つの製品に配合されています。興味深かったのは、この試験プログラムでは、入院が必要なハイリスクの患者さんがほとんどいなかったことです。

つまり、ファイザー社のプログラムでは、何千人もの患者を募集しましたが、入院が必要な患者は1%にも満たなかったのです。どうやって臨床試験を行うのでしょうか?つまり、私たちは入院する人の割合が多いことを知っていたのです。薬物療法の臨床試験に参加するために、ハイリスクのコホートをリクルートしないわけがありません。このように、事態が進むにつれ、米国が新しい治療法をほとんど提供できないことが明らかになりました。

今日、ここに座っている私たちは、ファイザー社とメルク社の両製品が緊急使用許可を得ましたが、患者は一人もいません。つまり、私たちは2021年の12月にいるのです。2年が経過しました。米国政府、NIH Operation Warp Speed、FDAが主張できるような経口薬を受け取った患者はまだ一人もいません。アメリカの努力の恩恵を受けた人は一人もいないのです。

アメリカ以外の国では、ブラジルの独立したグループがあります。彼らは抗アンドロゲン剤の革新を行いました。彼らは進歩しました。また、他の形態の抗菌剤も開発しました。ヒドロキシクロロキンについては、先に述べたような大規模な取り組みが行われ、イランやフランスなどの国々が貢献しました。イベルメクチンでは、メキシコ、ペルー、日本が多大な貢献をし、米国も貢献しました。

しかし、アメリカ政府は 2020年の早い時期に現地に飛び込んで、一連の迅速な試験を行い、経口薬を併用したとは言えません。つまり、実際に起こったことは、医師が代わって、予防原則と呼ばれるものを使ったのです。これは大量殺戮のイベントです。待っていられないのです。政府にとっては、質の高いチームが十分に配置されていないことは明らかでした。誰もこれを実行に移す準備ができていなかったのです。

モノクローナル抗体が出てきて面白かったのは、バムラニビマブが良さそうだったからです。しかし、ウイルスはすぐに変異し、抗体が変異したスパイクタンパクにヒットしない形になってしまいました。単純な突然変異で、バムラニビマブは使えなくなってしまったのです。

幸いにも、カシリビマーブとイムデビマーブを組み合わせたリジェネロン社の製品がありました。この製品は、トランプ前大統領が受け取ったものです。グレッグ・アボット知事がワクチンで失敗したときに受けた製品です。ポッドキャスターのジョー・ローガンはリジェネロン、クォーターバックのアーロン・ロジャースはリジェネロンを受け取りました。つまり、アメリカでは、リジェネロン製品で成功した人々の例を数え切れないほど見てきました。

そして2021年5月には、グラクソ・スミスクライン社のソトロビマブという製品が登場しますが、これが一番良さそうです。ソトロビマブは、スパイクタンパク質のうち、突然変異を起こさない部分に作用するモノクローナル抗体です。この製品は、スパイクタンパク質のうち、突然変異を起こさない部分に対するモノクローナル抗体で、より優れた効果が期待できます。この製品は、入院と死亡を85%減少させたという、質の高い臨床試験結果が出ています。

この製品の緊急使用許可は、12歳までとなっています。つまり 2021年5月に緊急使用許可を取得した世界的な製品があるのです。しかし、この製品についての情報は一切ありません。看板も出ていません。広告もありません。ハイリスクの高齢者の皆さん、この製品、ソトロビマブについて知っておいてくださいね、必ず持っておいてくださいね」というような公共サービスもありません。必ず入手してください」といった公共サービスもありません。老人ホームでの告知もない。病院での告知もありません。

つまり、治療が行われていないのです。メルク社とファイザー社がどうなるのか、とても興味深いところです。しかし、メルクとファイザーがグラクソ・スミスクラインよりも良い待遇を受けるとは考えにくいですね。

Jan Jekielek

最近気になったことなので、1つだけ紹介します。フロリダだったと思いますが、ある医師が、フルボキサミンという薬があり、COVID-19の治療に非常に効果があるという論文がいくつもあると言って、それを処方していました。私はそれが認可されていると思います。これは承認された治療法です。

薬局では実際には調剤してくれませんでした。彼は「I’m not happy with that」というようなことを言ったと思います。I’m not happy with that.” (I’m not okay with that)

Peter McCullough

薬剤師は、確かに逸話がありますが、ブデソニドや吸入ステロイドを阻止してきました。STOIC試験を含む3つの臨床試験で、入院を80%以上減少させることが示されています。薬剤師は、デキサメタゾン、プレドニゾン、ヒドロコルチゾンの処方を阻止しました。これらは、私たちが一日中喘息のために使っている簡単な薬です。

ヒドロキシクロロキンやイベルメクチンも明らかに妨害していました。また、コルヒチンの使用も禁止しています。COLCORONA Trialという最高の臨床試験でも示されています。コルヒチンは、エビデンスの質という点では最も優れています。基本的には、他のすべての試験を凌駕しています。

次に、セロトニンやノルエピネフリンの再取り込み阻害剤であるフルボキサミンの話が出ましたが、これは興味深いですね。これは興味深いですね。ウイルス自体にも効果があるかもしれません。しかし、臨床的には、この症候群の不安感を和らげる効果があると思います。

かわいそうな高齢者の方々は、COVID-19の診断を受けたとき、75歳になって、自分のアパートやシニアセンターで、致命的な診断を受けたと言われたことを想像できるでしょうか?しかも、治療法はないと言われてしまうのです。家に帰って隔離しろと言われます。誰とも接触してはいけません。

未亡人や寡婦がアパートに座って「COVID-19に感染しました。家族には会えません。家族にも誰にも会えない。医者に1度、2度、3度と電話してみる。しかし、「治療法はありません、ごめんなさい」と言われてしまう。息ができなくなって、病院

孤独と恐怖と苦しみの中で蓄積されていく不安を想像できるだろうか。日に日に熱が出て、日に日に息切れが進行していきます。自分でなんとかしようと必死になり、自分の命を守るために何かできることはないかと必死になります。そして、「もう、これ以上は無理だ。もう耐えられない」と言って、パニックボタンを押します。家族に電話して “聞いてくれ、もう無理だ “と言うんだ。

家族がやってくる。救急隊員、Uberドライバー、タクシードライバー、みんな汚染されてしまう。誰もが汚染されてしまうのです。ウイルスに侵された状態で2週間家に閉じこもっていた高齢者は、病院に入院します。その報酬として、もう誰にも会えない隔離室に入ることになります。彼らに残されたのは、携帯電話が使えるか、できる限りのフェイスタイムができるか、電話が使えるかという状況です。

この時点で、NIHのガイドラインには、「まだ治療ができない。入院しろ。隔離しろ」と言っています。NIHのガイドラインでは酸素飽和度が下がるまで、アメリカ感染症学会のガイドラインではそれからが治療の始まりだとしています。最初に使用するのはレムデシビルです。

レムデシビルは、病院で早期に緊急使用許可を得た静脈内投与の薬剤で、これが最初に使用できる薬剤です。次に、ガイドラインで使用可能な薬剤は、これまでに選択された中で最も奇妙な量のステロイド、デキサメタゾンの6ミリグラムです。

デキサメサゾンはグルココルチコイドです。デキサメタゾンはグルココルチコイドの一種で、体内に糖分を優先的に放出しますが、これはCOVID-19の病気には非常に良くないことが分かっています。血液脳関門を優先的に通過します。脳の腫れに対しては、10ミリグラムを6時間ごとに静脈内投与するのが一般的です。デキサメタゾンを40ミリグラム投与しますが、6ミリグラムではなく、ましてや6ミリグラムの経口投与ではありません。

しかし、RECOVERY Trialでイギリス人が選んだ用量は、なぜかそのようなものでした。RECOVERY試験では、入院中の約2,200人の患者さんに死亡率の改善が見られました。しかし、それは最も奇妙な発見でした。治療を受けたグループの死亡率は全体で22%だったのです。対照群の死亡率はわずかに高かったのです。しかし、デキサメタゾンに圧倒的な効果があったわけではありません。

そこで、私のサークルの医師たちは、ステロイドが有効であるという概念をすぐに取り入れましたが、入院患者にはソリュ-メドロールを、外来患者にはプレドニゾンを使用するなど、より一般的な薬剤を選択し、デキサメタゾンは基本的に使用しませんでした。私が所属していた大学の医師たちは、このガイドラインを支持しました。

しかし、今日の病院治療では、ほとんどのアメリカ人がレムデシビルを5回連続で投与されています。この薬にはかなりの腎毒性と肝毒性があります。多くの患者は5回の投与に耐えられません。レムデシビルはポリメラーゼ阻害剤で、ウイルスの複製を抑える働きがあります。多くの患者が入院する頃には、ウイルスの複製は完了しています。レムデシビルは、治療的にはほとんど効果がありませんが、腎毒性と肝毒性があるので、基本的にはレムデシビルの使用には不利になるでしょう。

そして、デキサメタゾンの経口投与という奇妙な方法があります。経口投与ができない場合は、デキサメタゾンの筋肉内投与を行います。さらに、トシリズマブやインターロイキン6阻害剤なども使用できます。私の見解では、このデータは非常に複雑です。キナーゼ阻害剤であるバリシチニブの使用についても、非常に様々なデータがあります。

それから、回復期血漿の使用。献血をして、回復期の血漿を採取しようとしている人の話を聞いたことがあるでしょう。これも、規制当局の承認が非常に難航しています。トランプ大統領が国立衛生研究所のスティーブン・ハーン所長と会って、「メイヨークリニックが3万人の患者を対象にした観察研究を行ったんだ。これで十分だと思います。無作為化試験はまだ保留されており、決定的なものではありません。しかし、これを採用しましょう。回復期血漿を投与してみましょう」。

回復期血漿は、血液中に浮遊しているウイルスを除去します。入院する頃には、血液中のウイルスはほとんどいなくなっている。しかし、これは合理的であると考えられた。アメリカ国立衛生研究所は、2日後に専門家委員会を設置し、回復期血漿の使用を控えるよう勧告した。つまり、それは2020年に実際に起こっていたことなのです。

つまり、アメリカ人はCOVID-19の入院治療について最も混乱した図を見たのであり、COVID-19の外来治療についても非常に混乱した図を見たのである。私の貢献は、少なくとも、外来治療を、私たちが用途に応じて使う薬を使うというコンセプトで整理しようとしたことです。中間期には炎症を治す。そして後期には血液凝固の治療を行う。その原則をずっと貫きました。

病院での治療では、実際に対処している原則はまだありません。ある薬と別の薬を使っているだけです。癌やHIV、肝炎、その他の細菌感染症に対する多剤併用療法のように、複数の薬剤をテストする院内プロトコルはありません。

また、Mayo Clinicが優れたプロトコルを発明したとか、HarvardやYaleが優れたプロトコルを開発したとか、アカデミック・メディカル・センターが個々に自分たちのプロトコルが優れていると主張することもありません。それは明らかに異常です。メイヨー・クリニックはブルーリボンの組織です。メイヨー・クリニックはブルーリボン組織であり、心臓発作の治療プロトコル、癌の治療プロトコル、その他の重篤な疾患の治療プロトコルについて、最高のものを提供しています。エモリー大学もそうです。デューク大学もそうです。US News & World ReportのBest Hospitals in Americaも有名です。

私たちはこのプロジェクトを始めて2年になります。COVIDのケアにおいて模範的であると主張する病院はありませんでした。ここにCOVIDという病気があり、連邦政府から普遍的に償還されています。病院の管理者は、このような患者を渇望しているはずである。センター・オブ・エクセレンスを謳うべきです。すべての都市で、「私たちの病院に来てください」という看板を立てるべきです。私たちはCOVIDケアで最高の病院です」と。

苦しんでいるアメリカ人は、自分は大丈夫だということを知りたがっています。私たちの学術機関では、外来患者向けのプロトコルや革新的な技術はありません。外来患者をCOVID-19で治療しようとしたことすらありませんでした。入院患者に対しても、独自のプロトコルはありませんでした。卓越性を主張したこともありません。結果の報告もありません。

今日に至るまで、COVID-19による死亡率が最も低いのはどの病院で、最も高いのはどの病院なのか、私たちは知りません。そのようなことは一切ありません。ですから、2年後の現代の最大の病気の治療、入院、外来は謎に包まれています。

Jan Jekielek

治療法を研究している機関はないのですか?

Peter McCullough

私は早くからあるコンソーシアムに参加していました。コンソーシアムのトップはハーバード・メディカル・スクールでした。私は2018年にハーバード・メディカル・スクールの寄付講師になったばかりだったので、、、ファンファーレが多かったですね。私は、腎臓内科と心臓内科の両部門にまたがって講義を行いました。そこにいた若い腎臓内科医の一人が私に声をかけてきました。彼は “COVIDでステップアップします “と言ってきました。私は、「素晴らしい。あなたは何をするつもりですか?」

彼は、「コンソーシアムを組織します。ストップCOVIDという名前です」と言いました。私は「素晴らしい。いいね、サインアップしよう。私は「いいね、サインアップしよう。私たちはInstitutional Review Boardを設置しました。研究員を組織しました。ストップCOVIDに参加するためにあらゆることをしました。” 私は「何をするんだ」と言いました。彼は「じゃあ、データを観察しよう」と言いました。私は「『COVID』を止めるつもりなの?彼は「いや、そうじゃない。実際、これはICUで行われることになっていて、オブザベーション・レジストリなんだ」と言いました。

そう、学術機関では観察を行っているのです。彼らは病気を観察しているのです。しかし、COVIDを止めてはいけません。COVIDは一例も止めたことがありません。COVIDを止めることはできません。組織化された高品質で革新的な治療プロトコルは存在しないのです。そして、それらには何の主張もありません。それには何の主張もありません。病院は、独自のオリジナルプロトコルに積極的に患者を募集すべきです。

さて、ACTIV Trialsプログラムは?bamlanivimabの治験やsotrovimabの治験に数百人が参加したのですか?はい。レムデシビルの臨床試験には1000人近くが参加したかもしれません。何百万人、何千万人のアメリカ人が入院したか知っていますか?研究の提供は、些細な提供です。

代理店から聞いた話では、「これらの薬を臨床試験以外で使うことは勧められない」というものがありました。私が言いたいのは、「臨床試験をしてください」ということです。私は臨床試験が大好きです。私は臨床試験が大好きで、指導しています。私は臨床試験の専門家です。私は臨床試験を望んでいます。

2021年3月にテキサス州上院で証言したとき、私は保健社会福祉省に火をつけました。私は「高齢者がこれらの臨床試験にアクセスできる1-800番号はどこにあるのか」と言いました。答えは、「インターネットでclinicaltrials.govにアクセスできます」でした。

私は、「75歳の人が高熱を出し、呼吸困難になったと仮定してみてはどうか」と言いました。そしてその高齢者は、研究を見つけるためにclinicaltrials.govをナビゲートしなければならないのです」と言いました。高速道路の看板には「1-800番号。COVIDは悪い病気なのか?アメリカは研究の先頭に立つつもりです。ここに1-800の番号がありますので、研究に参加してください」とあります。言及されていません。

COVID-19の研究対応はどうなっているのでしょうか?2020年の早い時期に、入院患者や病院前の患者を対象とした大規模な臨床試験を行うべきでした。何もありません。言ったでしょう、NIHはヒドロキシクロロキン、アジスロマイシンの試みを1回しました。そして2,000人の患者のうち、20人を集めて、彼らはあきらめたのです。

[ナレーション]

私たちはNIHに連絡を取り、McCullough博士がNIH COVID-19治療ガイドラインを批判していることについてどう思うか尋ねました。NIHのスポークスマンはコメントを拒否しました。NIHはCOVID-19治療ガイドラインを作成するために、多くの専門家からなるパネルに依存していると彼女は言いました。

Jan Jekielek

はっきりさせておきたいことがあります。癌のような深刻な病気の場合、通常の治療法は非常に幅広いものになるということですね。病院の中には、患者さんを新しい治療法に積極的に参加させるところもありますし、自分たちがこの分野で一番になるために参加させるところもあります。病院は競争していて、最高の医師を迎え入れていることを宣伝することができます。

これは普通に起こることです。しかし、この病気に限っては、なぜか事情が異なります。

Peter McCullough

その理由はわかりませんが、この観察は非常に正しいと思います。

Jan Jekielek

珍しいことではありません。これが私の言いたいことです。なぜなら、私たちのほとんどは、これが通常どのように機能するのかという洞察力を持っていないからです。

Peter McCullough

アメリカの優秀な病院やヘルスシステムがクレームを出さないのは非常に珍しいことです。彼らは皆、がん治療について主張しています。また、心臓血管の治療や心臓血管外科についても主張しています。また、神経系の疾患についても主張しています。競争が激しいからこそ、主張するのです。

研究コンソーシアムは、がんに関しては、このコンソーシアムがこのコンソーシアムよりも優れていると主張します。心血管分野では、私の分野では、Mayo Clinic、Duke University、Birmingham Women’s Hospitalといった壮大な競争があります。COVIDでは、突然、自慢話も、学術的な卓越性も、主張も、主張する意図もありません。

インターネット上でのおしゃべりも見られなくなりました。「ハーバード大学のウェブサイトに来て、COVID-19をより良い方法で治療する方法を学んでください。」会議でも、「聞いてください、オンラインで私たちの新しい治療プロトコルを学んでください。私たちの成果を見てください。」ホワイトボードを使っています。この2年間は、ホワイトボードの連続でした。

私をはじめ、フランスのDidier Raoult氏、南米のBrentios社、南アフリカのChetty博士、ニューヨーク州モンローのZelenko博士といった指導者たちが、独立した医師として名乗りを上げ、基本的に「いいですか、私たちはこれをやります。資金も助成金もなしで、できる限りの研究をしよう」と言ったのです。

私は5億ドル規模の無作為化試験をやりたいと思っています。私にはそれができる能力があります。やってみました。アメリカ国立衛生研究所やFDAにアイデアを持ち込んだが、ダメだった。でも、ダメでした。COVID-19の場合、答えは「ノー」です。また、これまでに承認された治療法でも、緊急使用許可を得ています。bamlanivimabがありました。カシリビマーブ、イムデビマーブ、ソトロビマーブがありました。現在は、ファイザーの統合製品とメルクのモルヌピラビルがあります。

今日に至るまで、これらの製品は日の目を見ていません。ほとんど宣伝もされず、レビューもされず、公衆衛生上のメッセージもほとんどなく、高速道路に看板を出すこともありませんでした。しかし同時に、ワクチンの臨床試験が終了する前から、ワクチン接種を求める圧倒的で絶え間ない、執拗なキャンペーンが行われています。それは2020年の10月に始まりました。

私は実際にCVSの録音をしました。薬を補充してもらおうとしたときのことです。私は唖然としました。待てよ、ワクチンはまだ出ていないのに、もう宣伝しているじゃないか」と言ったのです。まだ発売されていない製品を宣伝することはできませんが、臨床試験が完了するかどうかもわかりません。しかし、メッセージ性は強かったですね。実際、4月か5月には学術論文で「答えはワクチンになる」というメッセージが出始めていました。

そして、ニュースでは、CNBCを見て毎日の財務報告を聞いていると、「我々はただワクチンの登場を待っているだけだ」と言われていました。「そう、ワクチンが来れば、アメリカ企業は救われるんだ」。彼らはCEOにインタビューしていました。さて、どうやってワクチンを展開するのでしょうか?どうやって社員全員にワクチンを接種させるのか?ワクチンが発売される前のことです。ワクチンに効果があることすら知られていなかったのですから。

Jan Jekielek

これはとても興味深いですね。さて、ここからは治療薬の話になります。予防についても少しお話したいと思います。しかし、世界のどこかで人々は治療を行っており、あなたは共同研究を行っている場所をいくつか挙げました。世界のどこかで、治療法を推進している政府があるのですね。

Peter McCullough

最初から「うまくいくと思うなら、それを使おう」という国はありました。そして、アメリカではもちろんのこと、おそらく世界中の皆さんが気づいていることのひとつは、突然、アメリカ以外の世界が存在しなくなってしまったことです。

COVID-19に限らず、世界中でほとんど何の報道もされていません。人道的な危機に関する記事も見られません。蜂起も見ていません。いつも何か政治的、国際的な問題が起きているのです。

Jan Jekielek

最近はロシアの話題が多いですね。

Peter McCullough

ほんの少しだけですよ。通常、ニュースサイクルは、イスラエルとパレスチナの危機を持続するか、ロシアの元鉄のカーテンか何かの問題を持続するかのどちらかです。COVID-19」については、この2年間は後退していました。そして、焦点は目の前のアメリカにある。外の窓はほとんどありません。ないんです。これは非常に注目すべきことです。

COVID-19で何が起こったかというと、ゼロなんです。外界への窓がゼロなのです。カリブ海地域で治療キットを配布していると、人々がCOVID-19に感染してしまいます。治療キットには経口薬が入っていて、抗ウイルス剤とステロイド剤が入っています。インドの州などでも治療キットを配っています。そのことについては一切触れられていません。実際には、そのようなことが行われていることすら知られていません。

私はテキサスに住んでいます。飛行機で2時間も南に行けば、そこは広々としています。実際、私はホンジュラスの著者と一緒に論文を発表したところですが、そこには医薬品が流れています。莫大な成功を収めています。南米、中米、メキシコ、インドなど、早期に経口薬を使ったアプローチが行われている場所では、COVID-19が成功しています。

最近では、鼻や口の中の除染に注目して、直接ウイルスを殺す治療を行っているところがあり、非常に興味深いです。驚くべき結果が出ています。現在、9つ以上の臨床研究が行われていますが、そのうちの1つはバングラデシュで行われた重要な無作為化対照試験です。Chowdhuryは、ウイルスが空気中に存在するという事実を認識した最初の著者です。人々はそれを吸い込みます。ウイルスは鼻に定着し、複製を始めます。

そして、ある閾値に達し、鼻の中の他の生物に打ち勝ち、人間の免疫システムに打ち勝たなければ、臨床的な感染とはならないのです。そのため、ウイルスを直接破壊するには、3〜5日の猶予があります。世界中の人々がマスクに注目していますが、マスクの専門家であるペティ氏は、エンジニアとして、空気の18%がマスクの周りを回っていると見積もっています。

つまり、どんなに優れたマスクを使っても、空気がマスクの周りを回ってしまうのは明らかなのだ。これではうまくいきません。それだけではなく、ウイルスはマスクがろ過するには小さすぎるのです。しかし、マスクが注目される一方で、無意味にも手の消毒剤が注目されていますが、人々はどうでしょうか。空港には手指消毒剤があふれていて、まるで手から感染するかのように使われています。これは空気中に広がるもので、手は関係ありません。

このように、非論理的で根拠のない使い方がされています。手の消毒剤が教えてくれたことは、ほとんどのものがウイルスを殺すということです。鼻の中でも同じことが言えます。ほとんどのものがウイルスを殺すのです。Chowdhuryプロトコルでは、眼科医がベタジンと呼ぶ希釈ポビドンヨードを使用しています。眼科医はベタジンと呼ばれるポビドンヨードを希釈して点眼薬として使用します。眼科医は何年も前にこれを使っていました。

副鼻腔科医は何年も前から副鼻腔炎の治療に使っています。歯科医もポビドンヨードを希釈して使っています。歯医者さんは、ポビドンヨードを薄めて使っていましたし、過酸化水素を薄めて使っていました。次亜塩素酸ナトリウムや漂白剤を水に数滴たらして、うがいをしたり唾を吐いたりすると、歯肉炎やエプスタインバー、サイトメガロウイルスなどのウイルスを殺すことができます。

このように、鼻や口の中のウイルスを直接殺す治療法についての文献はたくさんあります。Chowdhury氏は、606人を対象とした無作為化試験にこの方法を適用しましたが、その結果は驚くべきものでした。PCRの陽性率が下がりました。3日後には激減し、入院や悪化の可能性も大幅に減少しました。文字通り、ウイルスを鼻の中で遮断したのです。その結果は驚くべきものでした。そして、それが実用化されました。

2021年初頭には、医師たちがこの製品を採用し始めました。私たちは、歯科医とのコミュニケーションを開始しました。また、患者ガイドに掲載するための資料も作成しました。今日に至るまで、COVID-19の主なアプローチは、希釈したポビドンヨードを服用することです。小さじ半分をショットグラスに入れて、1.5ccの水を入れて使います。洗面台の上に置いたボールシリンジで、鼻の中に吹きかけます。匂いを嗅いでください。吐き出します。それを2回繰り返す。残りの水でうがいをする。これで、基本的には完了です。これで終わりです。

これを1日2回行うことで、予防になります。私は患者さんに、「教会や集会場に出かけるときは、まだ影響を受けやすいですよ。衛生管理の一環として行ってください」と伝えています。慢性副鼻腔炎の患者さんは、これで良くなります。呼吸も楽になります。そして、COVID-19を発症するリスクが大幅に減少することが、複数の研究で裏付けられています。

急性期の治療では、Chowdhury氏が行っていることを4時間ごとに行います。これは素晴らしいことです。驚くべきことに、重症化する可能性のある病気を、軽症化することができるのです。私自身は、この研究が行われる前の2020年代にCOVID-19を持っていました。私は、この研究が行われる前の2020年代にCOVID-19を発症しましたが、局所殺傷療法については全く知りませんでした。私の場合、鼻や副鼻腔のウイルスが増殖し、頭痛、発熱、鼻づまりなどの症状が日に日に強くなっていったのを覚えています。

問題がそこにあるのは明らかでした。そして、それが肺に侵入したのです。これで完全に理解できました。肺に侵入したことで、より軽い症状で済むようになったのです。ここから得られる一つのメッセージは、これが世界中で自由に入手できるということです。ポビドンヨード(10%のポビドンヨード)のボトルは、どこのオンラインショップでも5ドルから10ドル程度で購入できます。広く利用できるのです。どの家庭にもあるはずです。

稀な甲状腺機能亢進症の人やヨウ素アレルギーの人だけが、予備として希薄な過酸化水素を使うことができます。また、直接鼻を洗うのが大変な場合は、ネブライザーを使うこともできます。一般的な原則は、刺すような痛みがあれば、それは強すぎるということです。ウイルスは簡単に死滅します。

バングラデシュは人口1億6千万人の国ですが、COVID-19を基本的に潰しました。彼らにはデルタ波がありませんでした。デルタ波もなく、基本的に対処したのです。各国の政府は、他国の政府に目を向けようとしないので、共同研究を行う医師のパネルを見たことがありません。局所療法のシンポジウムも見たことがないし、鼻に何が一番効くのか?公衆衛生当局からもそのような話は出ていません。彼らがこのことを認識しているかどうかもわかりません。彼らが知っているかどうかもわかりません。

私は全国ニュースのコメンテーターをしています。ある時、「マカロー先生、どうしてあなたが知っているこのようなことが他の人から言われないのですか」と聞かれました。「私が言えることは、ニュースで解説をしている医師ではない人たちや、公衆衛生局の職員は、データの入手が9ヶ月ほど遅れていると思います」と言いました。

ホワイトハウスのタスクフォースに参加していたスコット・アトラスが最近出版した本にも、彼の意見が反映されています。ホワイトハウスのタスクフォースに参加していたスコット・アトラス氏の最近の著書によると、彼も同じ意見で、基本的に無能の危機であると考えています。私やアトラス博士のような一流の医師がいないのです。彼らは何百、何千もの報告書を見て、科学的データに基づいてピンポイントで評価された査読付きの論文を何百と発表しています。

このような医師が公衆衛生機関を運営する権限を持っているわけではありません。

Jan Jekielek

あなたがおっしゃるような国際的な協力体制がないというのは、本当に信じがたいことですね。飛行機に乗ってバングラデシュに行き、「ああ、ここは本当にこんな感じなのか」と確認したくなります。

Peter McCullough

あるいは他の場所へ。このアイデアは、レビューがないというものです。世界保健機関(WHO)がタスクフォースを設置していると思っていたのですが、そうではありませんでした。これは最大の公衆衛生上の問題であり、有望な治療法を毎月レビューする必要があります。なぜ、バングラデシュからの発表者が研究成果を発表しないのでしょうか?ところで、この文献に貢献している日本人もいますよね?

アビガンがどうなっているか、なぜ聞かないのか?日本とロシアのFDAに相当する機関が、なぜ「アビガン」や「ファビピラビル」を承認したのか?それはどのようなものですか?臨床経験はどうですか?イラン人の意見を聞いてみましょう。彼らはヒドロキシクロロキンを用いて28,000人の患者を対象とした研究を行いました。筆頭著者はMokhtariです。Mokhtari博士の話を聞いてみましょう。あなたの発見は何ですか?あなたの視点は何ですか?どのように使用するのがベストでしょうか?

フランスのDidier Raoult氏の意見も聞いてみましょう。幸いなことに、彼は最も大きな声を持っていましたが、フランスのマルセイユで病院の外に治療用テントを設置しました。マルセイユはフランスのリビエラにあり、COVID-19のリスクがあるフランス人の高齢者がたくさんいます。彼は基本的に、彼とマチュー・ミリオンをはじめとする人々を治療するために、できる限りのことをしました。

COVID-19のスーパースターたちがどのようにパンデミックに対処しているのか、私たちは聞いていません。病院の対応が遅すぎるのは明らかです。ワクチンを接種した患者がCOVID-19で同じように病気になっているのですから、彼らにも注意を払う必要があります。早期治療は常に最優先事項です。なぜなら、早期治療に重点を置けば、感染症、感染期間を少なくとも2週間以上から3,4日に短縮できるからです。

早期治療は感染の広がりを大きく変えます。つまり、新規感染者を減らし、症状の強さや重さ、持続時間を減らすことができるのです。その結果、入院や死亡を減らすことができるのです。COVID-19の悪い結果は、入院と死亡の2つしかありません。しかし、この問題を明確に説明できるリーダーは一人もいません。問題は、呼吸器系の病気で、入院と死亡という2つの悪い結果しかないということです。

解決策は、タスクフォースやチームを任命して、入院や死亡を食い止めることです。この問題を明確にできる世界のリーダーは一人もいません。これまでもそうでした。世界のリーダーは、信じられないかもしれませんが、その問題を国に明示したことはありません。

Jan Jekielek

あなたの話を聞いていてもうひとつ気になったのですが、すぐにやるべきことは、あなたが考案したものや他の国で生まれたものなど、さまざまな治療プロトコルについて、きちんとした詳細な無作為化比較試験をたくさん始めることだと思います。

Peter McCullough

確かに 2020年3月には、2万人から4万人規模の大規模な臨床試験を行うべきでした。2~4万人規模の大規模な臨床試験です。トリートメントキットAとトリートメントキットBのどちらを使うかを決めます。そして、それぞれの薬剤のテストを行います。私たちは、ウイルスの複製、炎症、そしてこれらの基本的な要素をカバーします。

Jan Jekielek

そして、これを今日行うことができるのです。

Peter McCullough

私たちは今日、それを行うことができます。2年前にもできたかもしれません。今日、私たちはニューヨークにいます。ビルボードはひとつも見ませんでした。COVID-19を持っている次の人を助けるための道案内も一度も見ませんでした。一言もありませんでした。

さて、私たちはいくつかの建物に入り、そこではワクチンについての議論が行われていました。ワクチンについてのメッセージはたくさんありましたが、治療についての言及はゼロでした。全くありません。これは最初からのことでした。ここにはひとつのテーマがあります。皆さんがこのテーマを理解し始めていることを願っています。

COVID-19に感染した人たちの早期治療については、努力も関心も推進も関心もありません。しかし、COVID-19に感染していない人たちには、ワクチンを投与することに完全に集中しているのです。つまり、健康な人に焦点が当てられていて、病気の人には全く焦点が当てられていないということです。これは私の証言の主題でもあります。米国上院や複数の州の意見は、焦点が定まっていないというものでした。

私たちは常に、大量殺戮の現場にいた目の前の病人に焦点を当てるべきなのです。それは、戦場に負傷者がたくさんいるのに、負傷していない部隊に焦点を当てようとするようなものです。いや、我々は負傷者に集中する。彼らの面倒を見なければなりません。命を救わなければならないのです。そうではなく、「マスクに焦点を当てましょう。マスクやワクチンに焦点を当てましょう。」それらは治療ではありません。人を救うことはできません。

人々を救うのは早期治療です。しかし、私たちは未だに入院の危機を抱えています。米バージニア州のフィルモア氏らによる論文があります。フィルモア氏の論文には興味深い発見がたくさんあります。

これは何を意味するのでしょうか?入院の大部分はパニック状態です。人々はパニックに陥っています。確信が持てないのです。彼らは高齢者です。自分が死ぬかどうかもわからない。家では治療ができない。病院に行って何かもらってくるしかない。

だから、早期治療は、薬的なこともそうですが、「この人は大丈夫だ」という大きな支えになるんです。誰かが彼らに電話をするだろう。様子を見私たちがこの状況を乗り切ります。フルボキサミンの話が出ましたね。フルボキサミンには不安を軽減する作用があります。もしかしたら、そのメカニズムによって、病気を乗り越える手助けをしているのかもしれませんね。

Jan Jekielek

ベタジン液のような治療薬は、誤って過剰摂取してしまうのではないか、飲みすぎて死んでしまうのではないかという心配が、メディアで流されたことがあります。誰かが口にした水槽用の製品もあったような気がしますが、覚えていません。重要なのは、こういったことが強調され、人々が心配するということです。もしかしたら、あなたが今説明してくれたような、とても興味深い予防薬を飲みすぎてしまうかもしれません。

Peter McCullough

COVID-19の治療薬としてヒドロキシクロロキンが期待されていた当初から、心臓毒性や問題を引き起こすのではないかという懸念の声が上がっていました。また、イベルメクチンについては、肝毒性や問題を引き起こすのではないかという反発がありました。

今では、鼻腔洗浄剤のような簡単なものでも、飲み込むのではなく、鼻をすすって吸い込むだけで、吐き出すことができます。人々はこのようなものを飲み込むことはありません。人々は何十年もの間、様々な鼻腔洗浄剤などを使用してきました。人が飲み込むことに問題はありませんでした。

副鼻腔医は何十年も前からこれを使っています。歯医者さんも何十年も前からこれを使っています。漂白剤である次亜塩素酸ナトリウムの希釈液を使用しています。飲み込む必要はありません。しかし、COVID-19では、突然、メッセージングが行われました。それは、医師たちのニュースサービスを通じて伝えられました。その記事のタイトルは、「反ワクチン派の医師がヨウ素剤を推進。患者はヨードを飲み込んでヨード中毒になるだろう」というものでした。

このようなメッセージは今までにありませんでした。蓄膿症の医師が副鼻腔炎にヨードを使っていたときには、どうしてそのようなメッセージは出てこなかったのでしょうか?なぜCOVID-19で突然、人々を怖がらせるようなメッセージが出てきたのでしょうか?つまり、治療への希望を捨てさせるというテーマが最初から存在しているのです。恐怖や苦しみ、入院や死を助長するために意図的に行われているように思えますし、医師が治療法を提案しないように揺さぶることも明らかに意図的です。

医療システムやMedscapeなどの医師向けニュースサービスを通じて、絶え間なくメッセージが送られてくるとしたら、実際にそんなことをする医師がいるでしょうか?ニュースフィードには常に “ヒドロキシクロロキンを使用しないでください “と書かれています。FDAでさえ、「イベルメクチンは使用しないでください」と言っています。AMAもそう言っています。そして、ニュースフィードサービスでは、鼻や口を何かですすごうともしません。

そこで、ありがたいことに、アメリカ内科医・外科医協会が、イベルメクチンについてAMAにメッセージを出し、「一般市民への誤った情報提供をやめよ」と言っています。AMAは、イベルメクチンにはエビデンスがないと述べ、一般市民に誤った情報を提供しています。明らかに、63の支持的な研究があります。

報道機関は、例えば、ポビドンヨードや過酸化水素を使った簡単な口腔・鼻腔洗浄について、意図的に誤った情報を流しています。さて、このようなメッセージを発信している同じ関係者は、公平なバランス、安全性、有効性について何の評価も提示もなく、乱暴にワクチンを推進していると見なすこともできます。ありません。

ですから、これは明らかです。私は6ヶ月前にタッカーカールソンのインタビューに答えました。ジョー・ローガンには2週間前に話しました。ワクチンの推進は、治療や予防の希望を抑圧することと表裏一体です。この2つはつながっています。メッセージングの主体は同じです。彼らは同じ存在なのです。ワクチンを推進しているのは、治療や予防を抑圧している人たちなのです。

[ナレーション]

COVID-19の治療薬の研究や特定を遅らせるのではないかとFDAに尋ねたところ、FDAの広報担当者は次のように答えました。”FDAは提出されたすべての申請書を迅速かつ徹底的に審査することを約束しており、重症化や入院の可能性を防ぐためには、やはりワクチン接種が最善の方法であることを強調しています。」

米国医師会、Lancet、Health and Human Services HHSは、コメントを求めてもすぐには答えてくれませんでした。

 

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました