プレプリント:体液を介した薬理学的にデザインされた脂質ナノ粒子への偶発的な曝露(シェディング)
生物学的妥当性と潜在的結果

ピーター・マカローワクチン シェディング、レプリコン

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Inadvertent Exposure to Pharmacologically Designed Lipid Nanoparticles Via Bodily Fluids: Biologic Plausibility and Potential Consequences

Matthew Halma * , Jessica Rose , Peter McCullough 投稿日:2024年2月22日

doi: 10.20944/preprints202402.1267.v1

キーワード

COVID-19ワクチン接種;mRNAワクチン;脂質ナノ粒子;輸血;母乳暴露;ファーマコビジランス

Matthew T.J. Halma 1,*、Jessica Rose 2、Peter A. McCullough 3

  • 1 EbmC Squared CIC, 11 Laura Place, Bath BA2 4BL, UK
  • 2 独立研究者
  • 3 米国アリゾナ州ツーソン、トゥルース・フォー・ヘルス財団

要旨:

承認されたCOVID-19ワクチンの一つから、ワクチン脂質ナノ粒子、mRNA、アデノウイルスDNA、スパイクプロテインへの曝露、あるいは輸血による二次曝露は、危害の原因となりうる。血液反応は、溶血、発作性夜間ヘモグロビン尿症、慢性寒冷凝集素症、免疫性血小板減少症、血球貪食症、血球貪食性リンパ組織球症、その他多くの血液関連疾患に限らず、COVID-19ワクチン接種の副作用として認められている。

有害事象の観察により、COVID-19ワクチンによる心血管系への害のメカニズムや、ワクチン内容物の生体内分布に関する研究が動機づけられた。ワクチン粒子に二次的に暴露される可能性を示す証拠が増えてきているため、生体内分布はワクチン接種者の体内に限定されないかもしれない。二次暴露は体液を介して行われる可能性があり、輸血、臓器移植、母乳育児、そしておそらくその他の暴露経路も含まれる。

COVID-19ワクチンは脳卒中リスクの上昇と関連しているため、ワクチンアーチファクトが血液中に残留することは、ワクチン誘発性血栓症または血小板減少症に罹患したワクチン接種ドナーからの献血を受けたレシピエントにとって脅威となる可能性がある。(VITT)

我々は、ワクチン接種者における血液障害の症例報告文献の概要、米国ワクチン有害事象報告システム(VAERS)からのファーマコビジランス報告、ワクチン接種臓器提供者からの臓器移植に関する利用可能な文献のメタ解析を通して、これらのリスクの実現可能性と重要性を評価する。

また、VITT死亡ドナーからの臓器移植において有害事象が増加しており、これはいくつかの国の国家統計に見られる臓器移植関連合併症の増加と一致している。ワクチン人工物への二次暴露は、いくつかの症例について説明できる可能性があり、より詳細な調査が必要である。

キーワード

COVID-19ワクチン接種;mRNAワクチン;脂質ナノ粒子;輸血;母乳暴露;ファーマコビジランス;VAERS

1. はじめに

COVID-19ワクチンの導入以来、心筋炎の安全性シグナル、血栓や溶血の発生に注目が集まっている。SARS-CoV-2は心血管系を介して悪質な影響を及ぼし1-4、COVID-19による死亡例のほとんどは心血管系の炎症と血栓に関連していた5-9。2020年に開発されたワクチンは、多くの国で承認されるに至った臨床試験で有望なレベルの予防効果を示したが10,11、最初にアストラゼネカのワクチン12-14で心血管系の安全性シグナルが現れ、いくつかの国で中止されるに至った15。ジョンソン&ジョンソンのアデノウイルスワクチン16-18でも血栓性安全性シグナルが検出され、米国では一時中止となった19。

その後、脂質ナノ粒子(LNP)にメッセンジャーRNA(mRNA)を封入したモデルナとファイザーのmRNAワクチン20にも同様の安全性シグナルが認められた。COVID-19によるリスクの可能性は低く、これらの集団ではワクチンによる傷害、障害、死亡のリスクが高まるため、現在、いくつかの国では若年層へのCOVID-19ワクチンの使用を推進していない。様々なファーマコビジランス制度の分析によると、心血管イベントは、以前に承認されたどのワクチンよりもはるかに高かった。デンマークを筆頭に、いくつかの国では若年層へのワクチン接種を中止した21。

循環系で起こる免疫活性化カスケードは、血栓症や血小板減少症による血液中、あるいは血管系の上皮細胞で起こり、正常な血液の流れを変化させる。極端な場合、これは脳卒中につながる可能性がある。ワクチンが血液性状の変化と一致する安全性シグナルを示している事実を考えると、輸血への影響が持ち越される可能性を検討することは妥当である。

ワクチンによる心血管系のリスクに焦点が当てられていることを考えると、珍しいことではあるが、COVID-19ワクチン製剤とその後遺症に暴露される経路の一つは、輸血と臓器移植である。ワクチン接種者の血液とワクチン未接種者の血液の比較に関する文献は限られている22,23;にもかかわらず、エビデンスが少ないにもかかわらず、多くの血液銀行は有意差はないと主張している24-26。

材料と方法

我々は、ワクチン粒子への二次暴露の問題はまだ未解決であり、さらなる調査が必要であると提唱する。これは4つの論点に基づいている:

  • 1. 第一に、ワクチンmRNA/アデノウイルスDNA脂質ナノ粒子とその産物(スパイクプロテイン)がワクチン接種後長期間持続することから、この害のメカニズムに信憑性がある。この文献的証拠のレビューにより、生物学的妥当性が立証された。ワクチン粒子と変化した血液パラメータは、接種後数ヶ月経ってから発見されるため、これらは献血を受けた人に受け継がれる可能性がある。
  • 2. 第二に、症例報告文献は、ワクチン接種者の体液に暴露された後の有害事象と同様に、注射を受けた第一のレシピエントの症例において、異なる血液特性で現れる多くの循環障害を示している。ファーマコビジランスのシグナルがある感染様式は輸血と授乳である。これらにより、ワクチン接種者の血液(献血の場合)および母乳(授乳の場合)への曝露によるファーマコビジランスシグナルが確立される。
  • 3. 最後に、Vaccine Induced Thrombosis and Thrombocytopenia(VITT)により死亡したドナーからの臓器移植のレシピエントは、血液凝固および血栓事象に遭遇しており、輸血と同様に臓器提供の危険性を示唆している。臓器移植後の有害事象に関する国のモニタリングでも、集団予防接種との時間的な関係で有害事象の発生率の増加が見られたが、他では増加は見られなかった。

2. 結果

2.1. 有害事象のメカニズム

自然感染とワクチン接種は、いくつかの重要な点で、似ているようで異なっている。両者ともワクチンまたはウイルスRNAを介してスパイクプロテインを細胞内に発現させるという点で類似している。スパイクプロテインは、SARS-CoV-2感染1,27とCOVID-1928,29に対するワクチン接種の両方で、心血管系障害のかなりの部分を引き起こす原因物質として同定されている。

COVID-19ワクチンで最初に心血管障害が調査されたのはアストラゼネカ社のワクチンで、このワクチン接種者の何人かに凝固障害が発生し30、数カ国で接種が制限された31。その後、ジョンソン&ジョンソンのワクチン32とモデルナのmRNA COVID-19ワクチン33で心血管系の安全性シグナルが示され、それぞれ米国34とスカンジナビア諸国(若年者向け)35で使用中止に至った。

COVID-19ワクチンによる心血管系傷害のメカニズムについては、最近の総説で提唱されている36,37。スパイクプロテインによる凝固は、ワクチンの予期せぬ副作用であるため、人から人へ輸血する際には、ワクチン接種後の時間によっては、血液中にワクチン粒子やスパイクプロテインが残っている可能性があるため、注意と警戒が必要である。以前は、ワクチン粒子は注射部位に残り38、速やかに分解されると考えられていた39。しかし、ワクチン接種60日後40の被接種者からはワクチンスパイク抗原とmRNAの両方が検出され、ワクチン接種120日後にはスパイクプロテイン抗原が検出されている41。赤十字社は、ワクチン粒子が血流に入ることはないとの希望的観測を公表しているが42、これは生体内分布研究によって否定されている43。

潜在的な懸念材料としては、ワクチン接種者の一部で抗血小板因子4抗体がワクチン接種後7カ月で上昇するという観察結果がある44。ほとんどの患者は一過性の反応を示す47-49が、約1%の患者は抗PF4レベルの上昇を維持する45。この免疫反応が引き金となって凝固カスケード51が形成される可能性があるため、このことは依然として懸念材料である。

2.2. ファーマコビジランス

COVID-19ワクチン製剤の大量投与には、有害事象報告から浮かび上がる安全性シグナルを監視するための市販後調査が必要である。ファーマコビジランス(医薬品安全性監視)データベースは、ワクチン発売以来、前例のない数の有害事象 (AE)報告を観察してきた。米国ワクチン有害事象報告システム(VAERS)52、米国のV-safeデータベース53、英国のイエローカード制度54、欧州のEudraVigilanceシステム55、世界保健機関(WHO)のVigiBase56などである。これらの情報源は、承認後のワクチンの安全性プロファイルを監視する目的で開発された。COVID-19ワクチンには多数のAE報告57があるにもかかわらず、本稿執筆時点(2023年7月30日) で、米国やその他の国々では依然として使用が承認され、推奨されている。

2.2.1. 血液症状に関する症例報告

最近のレビューでは、心血管系の有害事象が取り上げられており、以前のワクチンに比べてその割合が増加していることが判明している58-62。これらのモニタリングシステムに加えて、医療提供者によってワクチンと関連づけられた数百の症例報告が医学文献に掲載されている(表1)。これらは大まかにVITT63のカテゴリーに分類できる、

表1 COVID-19ワクチンに関連した血液疾患の症例報告の概要

症状 症例報告

  • VITT 12,14,30,37,44,45(p4),61,63– 101,102(p1),103-233
  • 脳卒中 36,78,79,88,98,101,108,146,234– 250,251(p284),252–258
  • 溶血 92,259-267
  • 血管炎 4,268,269
  • 貧血 寒冷凝集素病
  • 肝炎 135,272

死後のデータもまた、患者の死亡にワクチンが関与していることを裏付けている。これらの剖検では、スパイク(S)蛋白とヌクレオカプシド(N)蛋白の両方を免疫組織化学的に染色することで、その症例がワクチンによるものかSARS-CoV-2感染によるものかを判定することができる273。上記のワクチンにはスパイクプロテインしか含まれていないが、自然感染ではSタンパクとN蛋白の両方が検出されるため、N蛋白が検出されずにSタンパクが検出された場合は、SARS-CoV-2感染ではなくワクチン由来の蛋白である可能性が高い274。

2.2.2. 輸血

ワクチンの内容物やその下流の症状(微小血栓など)は長期間血流に留まるため41、輸血はワクチン粒子への潜在的な(二次的な)曝露経路となる。

2023年5月15日現在、VAERSには1352件の輸血報告がある(図1)。2019年、米国では10,852,000件の輸血が行われた275。これを1年あたりの割合とすると、2021年春の集団ワクチン接種キャンペーン開始以降、およそ2400万回の輸血が行われたことになる。ドナーのおよそ3/4がワクチン接種を受けたとすると、分母は18,000,000回の輸血となる。有害事象発生率はおよそ1/13 000輸血、つまりRose276が推定した31の過少報告要因を考慮すると1/429となる。

図1 2023年5月15日時点のVAERS国内外報告で、「輸血」のキーワードで検索したもの

出典:https://vaers.hhs.gov。

2023年5月25日現在、Worldometer277によると、米国の人口は336,688,028人である。また、『Our World in Data』によると、COVID-19ワクチン剤の投与を少なくとも1回受けたアメリカ人の数は270,230,000人で、これはアメリカ人口の80%にあたる278。2021年3月1日から2023年5月25日までの接種期間を考慮すると、時間平均接種率は70%である278。2019年の統計によると、米国で年間に行われる輸血の回数は1,085万2,000回275回で、上記期間中の輸血回数は約2,420万回となる。この2,420万人のうち、約1,700万人がCOVID-19ワクチンの接種を受けていることになる。注射と輸血の両方を受けた人の数とVAERSにおける輸血の有害事象報告数を使用すると、1/12,570の割合となり、31の過少報告により、1/405となる。

2.2.3. 授乳と母親の暴露

母乳中にもワクチン含量が確認されていることから279、授乳中の乳児にとっては、一過性とはいえ二次暴露の可能性がある。

2023年5月15日時点のVAERSでは、検索語(「Breast feeding」、「Breast milk discolouration」、「Exposure via breast milk」、「Maternal exposure during breast feeding」)でN = 1,835件の有害事象の報告がある(図2)。

図2 MedDRAキーワード「母乳育児」、「母乳変色」、「母乳を介した曝露」、「母乳育児中の母親の曝露」を用いて照会した2023年5月15日現在のVAERS国内外報告

出典:https://vaers.hhs.gov。

報告の絶対数はそれほど多くないが、ここでは過少報告の要因は考慮されていない。Rose276が推定した過少報告係数31を用いると、発生件数はN=56,885となる。これは、注射を受けた女性のうち、当時授乳中であった女性のうち、相当な割合がVAERSに有害事象を報告したことを意味する。2020年12月14日から2023年5月10日の間に、18歳から49歳までの60,615,370人の女性が、コビッド製品を少なくとも1回注射されたと報告されている280。CDCのグループ分けによれば、18~24歳と25~49歳は出産適齢期である。

2021年の米国における出産適齢期の女性(15~44歳)の推定出生率は、女性1,000人あたり年間56.3人281であることから、(2020年12月14日から2023年5月10日までの期間に)注射を受けた女性のうち出産した女性の数は8,326,855人と推定できる。また、2022年に発表されたCDCの母乳育児レポートカード(2019年のデータに基づく)によると、乳児の~83%がすぐに母乳で育てられている282。したがって、この割合で計算すると、コビッド製剤の注射時に授乳していた女性は約6,911,289人となる。これは概算だが、CDCが提供した最近のデータに基づいている。この数字とVAERSの報告数を過少報告係数31で比較すると、6,911,289人中56,885人の女性が有害事象で死亡していることになるこれは約121分の1の割合である。過少報告要因を除いても、報告率は1/3766である。

  • 1,835件の報告のうち、6.6%は4歳以下の乳児に対するものであり、このうち25%が重篤な有害事象(SAE)とされている。VAERSハンドブックによると、報告された有害事象の約7%が重篤と分類されている283。感染致死率(IFR)は70歳未満で0.05%であるため284、これらの乳児も母親もCOVID-19の注射を必要としなかった。母親はSARS-CoV-2285に暴露されたことで、抗体とT細胞反応の両方を含む強固で長期にわたる免疫を獲得している可能性が高いため、乳児は母乳から中和IgA抗体などの既存の免疫を受け継いでいるはずである。その代わりに、SARS-CoV-2抗体蛋白質286,287だけでなく、注射剤279の痕跡やスパイクプロテインも含まれている可能性の高い母乳によって、彼らは重篤な有害事象に苦しんでいるように見える。母乳を介したCOVID-19ワクチン剤への曝露による乳児のこれらのSAEの出現との関連を調べることは極めて重要である。

2.2.4. その他の曝露経路

投与量は最小限であろうが、他の経路でワクチン粒子に曝露される可能性はある。シェディングはアデノウイルスベクターワクチンで観察され288、ジョンソン&ジョンソンとアストラゼネカのワクチンに当てはまる289。mRNAワクチンでは、スパイクプロテインをコードするmRNAしか含まれていないため、ウイルスのシェディングは否定できるが、ワクチン粒子そのものへの暴露は、ごく微量ではあるが起こりうるという点が重要な相違点である。

一人がワクチン接種を受けた家庭では、他の家族がスパイクプロテインの抗体を発症した290。引用された論文では、抗体そのものの移行という観点から説明されているが、これはおそらく持続的なものではないだろう。抗原(スパイクプロテイン)が移行する場合、ワクチン未接種かつ(SARS-CoV-2に)曝露していない人の血清中に抗スパイク抗体が存在することを説明できる可能性がある。

SARS-CoV-2感染時の精液中にスパイクプロテインRNAが観察されていることから、性交渉が感染経路の可能性がある291。不活化ウイルスベクターCOVID-19ワクチンは、精子の形態292と運動率293を低下させ、DNAの断片化を増加させることが観察されている292が、mRNAワクチンではこのような影響は見られない294,295。

呼気または皮膚から皮膚への接触による移行は、それを裏付ける逸話的証言があるが、発表された。証拠は限られている。メカニズム的には、mRNAワクチンの脂質ナノ粒子は内因性エクソソームと非常によく似ており、経皮、吸入、母乳、胎盤を経由して伝達される(図3)296。

スパイクプロテインは、エクソソームにパッケージされることが重要であり297、呼気中にRNAを含むエクソソームが存在するという前例もある298-300。リンパ節40、皮膚302、血液40,303にスパイクプロテインが残存し、リンパ節40と血漿304にスパイクプロテインのmRNAが残存している証拠が見つかった。

図3 ワクチン人工物への二次暴露の可能な経路

2.3. 臓器移植の安全性

輸血の安全性に関するもう一つの情報源は、臓器移植に関する文献である。臓器移植には、臓器の大きさなど他の基準に加えて、血液型の適合が必要である。現在のところ、ドナーとレシピエントのヒト白血球抗原(HLA)305-307を一致させることによって、移植拒絶反応のリスクを下げるというアプローチがとられている。

ワクチン接種を受けたドナーからの移植の症例報告がいくつかある。この文献のほとんどは、VITTが原因で死亡したドナーに焦点を当てている。臓器移植の場合、腎臓のような少数の例外を除いて、ドナーは死亡していなければならない。これらのドナーが医療専門家によってVITTで死亡したと分類されたことを考慮すると、これらの提供は、ドナーがVITTを発症していない献血よりも安全性に問題がある可能性が高い。

移植、特にレシピエントに対するワクチン接種の義務は、COVID-19のパンデミック308-313の間、論争の種となった。ワクチン未接種のレシピエントへの移植を拒否した施設もいくつかある。

検索したところ、VITT314-320で死亡したとみなされたドナーからの移植に焦点を当てた論文が8件ヒットした(表2)。

表2 VITTで死亡したドナーからの移植試験の要約

VITTの可能性が高いために死亡した何人かの人々が、医療移植のために臓器を提供している。移植手術に使用される血液は通常、別のドナーから提供されるものであるが、それでもレシピエントにおけるこの高い合併症発生率は懸念すべきものである。脳卒中患者からの臓器移植はよくあることで、失敗率も低い。ドナーが脳卒中で死亡した腎移植レシピエントを対象としたカナダの研究では、1年後に透析を受けていたレシピエントはわずか5%で、入院中の死亡例はなかった323。

ある研究では、ドナーが心臓死(DCD)したレシピエントにおける微小血栓形成率を3.3%と計算している324。これは、ドナーが脳死(DBD)で死亡したレシピエントにおける微小血栓形成率11.3%と有意差はなかった324。VITTにより死亡したドナーのレシピエントでは、微小血栓と血栓性合併症の発生率は30%と非常に高い(表2)。別の研究では、心血管イベントにより死亡したドナーからの肝移植のレシピエントにおける血管合併症の発生率は、移植レシピエントの7~14%と観察されている325。不確かなのは、血管合併症には「肝動脈血栓症」と「その他」の2つのカテゴリーがあり、どの程度重複しているのか(両方の合併症を経験したレシピエント)特定されていないからである。DCD症例からの肝移植のレシピエントを対象とした別の研究では、血栓性合併症による拒絶率は2%で、DBDのレシピエントの3%に匹敵することが示された326。別のスウェーデンの研究では、DCDドナーからの肝移植レシピエント24人中8人、すなわち33%に肝動脈血栓症がみられたと報告している327。大規模なメタアナリシスでは、DCD肝移植片レシピエントで3%、DBD肝移植片レシピエントで2%の血管血栓症が認められた328。同じメタアナリシスでは、DCD肝移植片の血管狭窄率は4%、DBD肝移植片の血管狭窄率は2%であった。

これらの手術の多くは成功しているが、それでもレシピエントが血栓性イベントを経験し、それが長期にわたって持続した症例がいくつか残っている。それでも、すべてを考慮すると、臓器移植のリスクは、移植に踏み切らない場合の確実な危険性よりも上回ると思われる。

輸血反応の増加に関するデータモニタリングは限られている。いくつかの国のヘモビジランス・システムでは、2021年の有害事象発生率が以前と比較して有意に増加したとは観察されていない329,330。オーストリアでは2020年から2021年にかけて輸血反応が49%増加した(2020年の49件から2021年の73件)ことが報告されており、デンマークでは2020年から2021年にかけて有害反応が大幅に増加したことが報告されている333。さらにカナダでは、2020年から2021335年の間に、年間3件未満であった輸血有害事象が12件となり、移植有害事象率が大幅に上昇した。日本では2020年から2021年にかけて7%の微増であった336。

3. 考察

全体として、COVID-19ワクチン接種者の献血の安全性を支持するエビデンスは見つからなかった。関連する血液製剤やワクチン粒子への二次暴露の安全性については疑問が残る。C19ワクチン接種に関連した循環器系の有害事象は、これまでのどのワクチンよりもはるかに多く、例えばD-ダイマーやトロポニンの測定などで明確に検査しない限り、血液凝固は不顕性レベルで存在し、何年もの間検出されない可能性があるため、懸念の原因となりうる。

未解決の問題の一つは、ワクチン接種後の献血待機期間が、レシピエントの安全性を確保するのに十分かどうかである。ほとんどの国では、ワクチン接種後の献血待機期間は限られているか、存在しないが、ドナーにワクチン接種後数週間は献血を控えるよう求めている国もある。ワクチン粒子は原則的に非複製であることから、体内で崩壊し、濃度が徐々に低下すると考えられる。ワクチン粒子崩壊の時間曲線については、ワクチン接種後少なくとも2カ月は循環スパイクプロテインが観察されていることから、さらなる調査が必要である41。

本報告書の推奨事項のひとつは、ドナー摂取時の血液性状に関する要約統計を提供するヘモビジランス・システムの開発である。さらに、ワクチン接種を受けたドナーからの輸血関連有害事象の受動的モニタリングは、ドナーが自発的にCOVID-19ワクチン接種試験を摂取用紙に記入する受動的モニタリング試験で取り組むべきである。ワクチン接種を受けた血液とワクチン未接種の血液の比較は、血液自体の性質とレシピエントとの相互作用の2つのレベルで行われるべきである。予防接種を受けたドナーの血液製剤と予防接種を受けていないドナーの血液製剤の間に統計的に有意な差があるかどうかを判定するために、両方のタイプの測定値に関する要約統計量を計算することができる。ドナーのワクチン接種状況の報告は、医療プライバシーを尊重し、任意で行うことができる。

ワクチン接種を受けたドナーからの輸血や移植の安全性については疑問が残り、この疑問は国の医療制度、血液銀行、臓器移植プールに重大な影響を及ぼす。血液パラメータやレシピエントの有害事象に関する調査は、ドナーのワクチン接種状況を記録するだけでよく、そのようなデータの分析は統計学的に簡単である。このような調査は低コストで実施可能であり、またこのような調査が扱う疑問の重要性と相まって、このような調査を実施する大きな動機となる。私たちは、関係当局(献血クリニックや移植クリニック)に対し、ドナーがワクチン接種を受けたかどうか、接種スケジュールと種類に関する任意の質問票を追加することを検討するよう要請する。これは、公衆衛生上重要な問題を完全に非侵襲的に解決する方法である。

結論

注射によるワクチン粒子への一次曝露だけでなく、体液を介した二次曝露についても懸念が残る。機序の理解、ファーマコビジランス、ワクチン接種者の血液症状に関する症例報告、ワクチン接種ドナーの剖検症例報告など、いくつかの証拠が、その可能性を示唆している。ワクチン内容物および/またはその発現産物の血液中と母乳への残留が観察されている40,41,279。さらに、(輸血や授乳による)体液曝露を病因として支持する有害事象報告もある。

さらに、VITTが原因で死亡したドナーからの臓器提供レシピエントにおける血栓性合併症の割合が比較的高く、ワクチンとは無関係に同程度の原因で死亡した人の血栓性合併症の割合よりも高いことが裏付けとなっている。ワクチン接種を受けたドナーがVITTで死亡した場合の血栓性合併症の発生率は30%である(表2)。一方、COVID-19ワクチン以前の研究では、脳卒中を含む心血管合併症で死亡したドナーからの肝臓移植のレシピエントにおける血栓性合併症の発生率は3%であった324。血栓性合併症の発生率は様々な研究によって報告されているが、VITTドナーからの臓器移植のレシピエントにおける血栓性合併症の発生率(30%、表2)は、DCDドナーからの臓器移植のレシピエントにおける血栓性合併症の発生率と比較可能なほとんどの過去の報告よりも高い324,326,328。ある研究の報告率327(33%)は、われわれが報告した血栓性合併症の発生率(30%、表2)と同様であった。

輸血の安全性を維持するためにも、授乳の安全性を維持するためにも、今後のモニタリングが重要である。現時点では、有害性を決定的に否定することはできず、この問題にはもっと注意を払う必要がある。このような懸念がある以上、献血者はワクチン接種を受けた献血者からの血液の安全性についてより多くの情報が発表されるまで、献血を控えることを考慮すべきである。

倫理承認とインフォームド・コンセント

この論文は発表されたデータに基づいている。倫理的承認は必要ない。

掲載の同意:

図はすべてオリジナルであり、承認は必要ない。

データの利用可能性:

本稿で研究したデータセットは、それぞれの引用文献で入手可能である。

謝辞

この研究を可能にしてくれた世界健康評議会への寄付者に感謝する。また、この研究を支援し、情報のキュレーションを可能にしてくださった方々に感謝する。ピエール・コーリーの先駆的な研究に感謝する。Cristof Plotheには、輸血の改善に関するコメントと提案をいただいた。

競合利益

M.T.J.H.は世界健康評議会のメンバーである。

略語

  • AE:有害事象
  • CDC:米国疾病管理センター
  • HLA:ヒト白血球抗原
  • IFR:感染致死率
  • VAERS:VAERS ワクチン有害事象報告システム
  • VITT:ワクチン誘発性血栓症および血小板減少症
  • WHO:World Health Organization: 世界保健機関
この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました