政策・公衆衛生(感染症)

コロナウイルス

世界のCOVID-19政府の介入の有効性ランキング

Ranking the effectiveness of worldwide COVID-19 government interventions 要旨 SARS-CoV-2 の拡散を緩和するための非医薬品介入(NPI)の有効性を評価することは、将来の準備対応計画を伝える上で非常に重要である。ここでは、79の地域で実施された6,...
政策・公衆衛生(感染症)

SARS-CoV-2の拡散を抑制するための公衆衛生対策としてマスクを使用することを評価するRCTを使用した論文に対する専門家の反応(DANMASK-19)

expert reaction to paper using an RCT to assess mask use as a public health measure to help control SARS-CoV-2 spread (DANMASK-19) Annals of Internal Medicine誌に発表された...
政策・公衆衛生(感染症)

予防に対する集団レベルのアプローチを擁護して:なぜ今日、公衆衛生が重要なのか

In defense of a population-level approach to prevention: why public health matters today 要旨 集団に焦点を当て、それに対応する集団レベルの介入アプローチを行うことは、公衆衛生の基礎であり、今日の公衆衛生が重要である理由の一つである。しかし...
政策・公衆衛生(感染症)

ローズの予防パラドックス

Rose’s Prevention Paradox クリストファー・トムソン 概要 Geoffrey Roseの「予防のパラドックス」は、集団ベースの予防的健康対策がコミュニティに大きな利益をもたらすときに起こる。予防のパラドックスは、哲学者がこの用語を理解している意味では明らかにパラドックスではないが、重要な規範的な問題を...
政策・公衆衛生(感染症)

予防パラドックスの歴史的視点:人口が全体として動くとき

Historical perspectives on prevention paradox: When the population moves as a whole 要約 ローズの予防医学の戦略は、公衆衛生の学生や教師だけでなく、家族と予防医学の実践者のための重要な読書である。彼の古典の中で、Geoffrey Ros...
政策・公衆衛生(感染症)

COVID-19 不確実性の認識

Covid-19’s known unknowns COVID-19について確信を持っている人ほど、あなたはその人たちを信用すべきではない 2019年、医学史家のマーク・ホニグスバウム氏は、著書『パンデミックの世紀』の最後に次のように述べている。「唯一確かなことは、新しい疫病と新しいパンデミックが発生するということである。...
コロナウイルス

実用本位の医療(センシブル・メディシン) COVID-19パンデミック時の介入と非介入のバランスをとる

Sensible Medicine—Balancing Intervention and Inaction During the COVID-19 Pandemic 世界中で3,800万人以上が重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス2に感染しており、患者に最先端の救命治療を提供しなければならないという臨床医への強いプレッ...
政策・公衆衛生(感染症)

健康格差のある集団におけるCOVID-19の感受性 ミトコンドリア障害、社会経済的ストレス、汚染物質の関与が示唆される

Susceptibility to COVID‐19 in populations with health disparities: Posited involvement of mitochondrial disorder, socioeconomic stress, and pollutants 要旨 SARS...