食事・栄養素(免疫)

コロナウイルス予防と治療

レビュー 高齢者の感染症におけるマグネシウム

Magnesium in Infectious Diseases in Older People 2021年1月8日 Ligia J. Dominguez 1,Nicola Veronese 1,*、Fernando Guerrero-Romero 2,Mario Barbagallo 1 パレルモ大学内科学・老年医学科老年...
コロナウイルス

天然の食用源から得られる多糖類と免疫系の調節におけるその役割 COVID-19に対して利用可能な生物学的活性ポテンシャル

Polysaccharides obtained from natural edible sources and their role in modulating the immune system: Biologically active potential that can be exploited against COVID-19 ...
コロナウイルス

COVID-19患者におけるセレノシステイン合成の障害は、COVID-19患者における誘導性凝固障害の候補機序として考えられる

Impairment in selenocysteine synthesis as a candidate mechanism of inducible coagulopathy in COVID-19 patients 2020年12月26日 要旨 凝固障害は、最近、COVID-19の再発性合併症として認識されており、...
ビタミンD・紫外線

COVID-19期のビタミンD状態とメラニンの役割を紐解く(レビュー)

Unraveling the roles of vitamin D status and melanin during Covid‑19 (Review) 著者 ピュティミ・シディロプールー アンカ・オアナ・ドセア ワシリキ・ニコラウ マルサ・スピリドゥーラ・カツァルー デメトリオス・スパンディドス アリスティディス・ツァツァキス ...
食事・栄養素(免疫)

NLRP3インフラマソーム活性化を抑制するための栄養補助食品戦略 COVID-19とその後の管理の重要性

Nutraceutical Strategies for Suppressing NLRP3 Inflammasome Activation: Pertinence to the Management of COVID-19 and Beyond 公開:2020年12月25日 要旨 インフラマソームは、様々なストレスシグ...
コロナウイルス予防と治療

ウイルス誘導性神経病理発生におけるメラトニンの役割-SARS-CoV-2感染症の理解に向けた併用治療戦略

Role of Melatonin on Virus-Induced Neuropathogenesis—A Concomitant Therapeutic Strategy to Understand SARS-CoV-2 Infection 要旨 ウイルス感染は、酸化ストレスを直接誘発し、免疫系の機能を阻害することで神...
ビタミンD・紫外線

亜鉛、ビタミンD、ビタミンC COVID-19の展望と組織バリアの完全性に焦点を当てて

Zinc, Vitamin D and Vitamin C: Perspectives for COVID-19 With a Focus on Physical Tissue Barrier Integrity オンラインで公開2020年12月7日 ホセ・ジョアン・ネーム1,1,* アナ・カロリナ・リモンディ・ソウザ1,1 アン...
食事・栄養素(免疫)

COVID-19の重症型における炎症調節性microRNAの栄養補助食品ターゲティング。サイトカインストームを防ぐための新しいアプローチ

Nutraceutical Targeting of Inflammation-Modulating microRNAs in Severe Forms of COVID-19: A Novel Approach to Prevent the Cytokine Storm Michel Desjarlais, 1 , 2 ,* Ma...
COVID-19 リスク因子・プロファイル

分子メカニズムが性特異的なCOVID-19の予後と標的治療を導く

Molecular Mechanisms Lead to Sex-Specific COVID-19 Prognosis and Targeted Therapies オンラインで公開2020年12月8日 要旨 臨床研究や疫学研究では、男性性がCOVID-19の臨床転帰や死亡率の重要な危険因子であることが明らかになっている。...
食事・栄養素(免疫)

栄養科学は21世紀に向けて準備ができているか?変化する世界の中で学際的な影響に向かって移動する

Is nutrition science ready for the twenty-first century? Moving towards transdisciplinary impacts in a changing world Published online 2020 Apr 29. 要旨 肥満世界における栄養失調は ...