ハーブ

ハーブ

カンナビス、カンナビノイド、そして健康
Cannabis, cannabinoids, and health

Dialogues Clin Neurosci. 2017 Sep; 19 要旨 大麻は、世界で最も頻繁に使用されている違法な精神作用物質である。長い間「ソフト」ドラッグと考えられてきたが、その使用に伴う有害な精神医学的 ...
ハーブ
CBDTHCマリファナ
ハーブ

ハーブと薬物の相互作用で相反する結果を引き起こす多面的な要因

Multifaceted Factors Causing Conflicting Outcomes in Herb-Drug Interactions オンラインでは2020年12月30日に公開 概要 ハーブと薬物の相互作用(HD ...
ハーブハーブ・漢方(免疫)毒性学・薬理学薬物有害作用
ハーブ

ビールに含まれるホップ由来の苦味酸が認知機能に与える影響を改善する。迷走神経刺激の新たな戦略

Improving Effects of Hop-Derived Bitter Acids in Beer on Cognitive Functions: A New Strategy for Vagus Nerve Stimulation ...
ハーブ認知症 食事と栄養飲料
アーユルヴェーダハーブ

アルツハイマー病の神経保護物質であるBacopa monnieri(バコパ・モンニエリ)その特性、作用機序、前臨床および臨床研究のレビュー

Bacopa monnieri, a Neuroprotective Lead in Alzheimer Disease: A Review on Its Properties, Mechanisms of Action, and Prec ...
アーユルヴェーダハーブハーブ
ハーブ

漢方薬「抑肝散」とその有効成分の神経薬理学的効果

Neuropharmacological efficacy of the traditional Japanese Kampo medicine yokukansan and its active ingredients  2016年 ...
ハーブ痛み・疼痛
3型 化学毒素

循環パラオキソナーゼ(PON1)を上昇させたり活性化させるためのサプリメントの検索

The Search for Dietary Supplements to Elevate or Activate Circulating Paraoxonases オンラインで公開2017年2月15日 要旨 低レベルのパ ...
3型 化学毒素ハーブ農薬・GMO・食品添加物
ハーブ

コレステロールトランスポーターABCA1に対する天然物の影響

Impact of natural products on the cholesterol transporter ABCA1 要旨 民族薬理学的関連性。世界のさまざまな国や地域で、伝統医学は、胸痛や肝臓の不定愁訴を含む様々な疾 ...
ハーブ脂質代謝
ハーブ

時間栄養学とポリフェノール 役割と疾患

Chrononutrition and Polyphenols: Roles and Diseases 要旨 生体リズムは生理活性化合物の活性に影響を与えると同時に、これらの化合物の摂取により生体リズムを変調させることができる。 ...
ハーブ栄養素概日リズム認知症 食事と栄養
うつ病・統合失調症

気分障害に対するベルベリンの薬理作用

Pharmacological effects of berberine on mood disorders 要旨 天然のイソキノリン系アルカロイドであるベルベリンは、漢方薬として使用されており、最近では気分障害の治療にも効果が ...
うつ病・統合失調症ハーブ
ハーブ

薬物膜透過と全身前代謝を調節する天然由来の薬剤バイオアベイラビリティー向上剤(バイオエンハンサー)の開発

Drug Bioavailability Enhancing Agents of Natural Origin (Bioenhancers) that Modulate Drug Membrane Permeation and Pre-Sy ...
ハーブ
ハーブ

植物アルカロイド「ベルベリン」による神経変性疾患への取り組み ベルベリンの分子機構と治療効果

Combating Neurodegenerative Diseases with the Plant Alkaloid Berberine: Molecular Mechanisms and Therapeutic Potential ...
ハーブ
ハーブ

カンナビノイドシステムの多彩な神経保護メカニズム

カンナビノイド受容体の抗アルツハイマー病作用 関連記事 医療大麻・マリファナの神経保護作用(CBD・THC) 概要 医療大麻の歴史 大麻は娯楽用途のマリファナとしてよく知られているが、人類の歴史においては医療用途として長く使わ ...
ハーブ
CBDTHCマリファナ
オートファジー

オリーブ葉(オレウロペイン)

オレウロペイン(オリーブの葉) 概要 オリーブの葉は、地中海沿岸の地域で伝統的に利尿剤、降圧剤、皮膚軟化剤、膀胱感染、強壮剤、頭痛の治療剤として用いられてきた。 オレウロペインはオリーブリーフに含まれる化合物で、オレウロペイン ...
オートファジーハーブ
オートファジー

ガストロジン(認知症・アルツハイマー)

ガストロジン Gastrodin ランの根の抽出物 中国の伝統医学で用いられていた漢方 効果・作用機序 神経新生、血液循環、神経可塑性、抗アミロイド、グリア活性の抑制など、非常に広範囲の認知機能改善効果を有する。 ...
オートファジーハーブ
ハーブ

遠志について調べてみた(アルツハイマー・認知症)

漢方薬 遠志(キオグッド ワスノン アレデル) はじめに 遠志についての質問があったので調べてみた。 イトヒメハギの根であり、生薬の英語名はRadix Polygalae 日本では自生していない、産地は主に中国。 日本 ...
ハーブ興奮・攻撃・妄想認知症症状・BPSD
ハーブ

アンドログラフィス(認知症・アルツハイマー)

アンドログラフィス(穿心蓮) Andrographis 概要 熱帯・亜熱帯アジア、東南アジア、インドに分布 各国の呼び名 インド  「カルメグ」"Kalmegh" 中国  「チュアンシンリアン」"Chua ...
ハーブ
ハーブ

解毒ハーブ ミルクシスルの多彩な抗認知症効果

ミルクシスル/ まりあざみ(認知症・アルツハイマー) 概要 伝統的な解毒・肝臓保護薬 中東、ヨーロッパで長年使われてきた歴史をもつ伝統薬。 一般的には、肝炎、肝硬変、などの肝臓疾患に用いられる。 肝臓は解毒を担う臓器でもあるこ ...
ハーブ
アミロイドクリアランスミルクシスル解毒
オフラベル薬

フペルジンA(認知症・アルツハイマー)

ヒューペルジンA/Huperzine A 概要 フペルジンAは、フペルツワ科から抽出された天然のアセチルコリンエステラーゼ阻害剤 NMDA受容体のアンタゴニストでもあり、メマリーと類似する作用機序も併せもつ。 ...
オフラベル薬ハーブ
AChE阻害薬フペルジン
ハーブ

アストラガルス(認知症・アルツハイマー)

アストラガルス(オウギ) 概要 伝統的に中国で脾臓の病気に使われてきた歴史をもつ。 腎臓の健康補助食品として信頼性の高い症例研究がある他、脳損傷の保護効果も知られている。 CYP3A4を阻害。 低い吸収率 アストラガ ...
ハーブ
ハーブ

プテロスチルベン(認知症・アルツハイマー)

プテロスチルベン 概要 アーモンド、ブドウ、ブルーベリーなどに含まれる抗酸化成分のひとつ。 化学的構造はレスベラトロールと類似する。 レスベラトロールとの違い レスベラトロールと比べて、抗酸化能、吸収率(8 ...
ハーブ
Alzhacker.com をフォローする
タイトルとURLをコピーしました