Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

解毒ハーブ ミルクシスルの多彩な抗認知症効果

ミルクシスル/ まりあざみ(認知症・アルツハイマー)

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です

概要

伝統的な解毒・肝臓保護薬

中東、ヨーロッパで長年使われてきた歴史をもつ伝統薬。

一般的には、肝炎、肝硬変、などの肝臓疾患に用いられる。

肝臓は解毒を担う臓器でもあることから、ミルクシスルはキノコ毒、ヘビ毒などの中毒症状の緩和としても使われてきた。

その他の研究で、ミルクシスルには血糖値を下げる、血中脂質を下げる、抗酸化、抗腫瘍、抗炎症、抗ウイルス作用があることもわかってきた。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16170386

「milkthistle」の画像検索結果

ミルクシスル 成分

  • シリマリン 1.5~3%
    • シリビンA (silybin A)
    • シリビンB (silybin B)
    • イソシリビンA (isosilybin A)
    • イソシリビンB (isosilybin B)
    • シリジアニン (silydianin)
    • シリクリスティン (silychristin)
  • シリビニン
  • タキシフォリン(ジヒドロケルセチン)
  • アピゲニン
  • ルテオリン

認知機能への作用メカニズム

記憶障害の進行を抑制

シリビニンがADマウスのアミロイドβ(25-35)により誘発される記憶障害を防ぎ、グルタチオンの枯渇を減弱させた。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19552690

シリマリンとアスパルテームの同時投与は、マウス脳の酸化ストレスを改善し、Y字型迷路実験においてマウスの学習能力と記憶能力を向上させることが証明された。

www.pathophysiologyjournal.com/article/S0928-4680(16)30067-0/fulltext

アセチルコリンを増強

アセチルコリンエステラーゼ阻害作用

シリビニンがAchEおよび、アミロイドβペプチド凝集を阻害する二重阻害作用をもる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25771396

AChE、BChEの二重阻害作用

シリマリンはアセチルコリンエステラーゼおよびブチリルコリンエステラーゼの両者を阻害する。

dx.doi.org/10.1093/ageing/9.1.1

www.degruyter.com/view/j/znc.2007.62.issue-11-12/znc-2007-11-1210/znc-2007-11-1210.xml

onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/tox.20783

BChEを優先的に阻害(51.4%)

academic.oup.com/ageing/article-abstract/9/1/1/65373?redirectedFrom=fulltext

アミロイドβオリゴマーの減少

シリマリンによるアミロイドオリゴマー産生の低下

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21071836

www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0378874117308073

タキシフォリン

タキシフォリンが、マウスのアミロイドβオリゴマー形成を阻害し、認知機能、脳血管機能を完全に回復させた。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28376923

アミロイドβプラークの破壊

シリマリンはすでに形成されたアミロイドβプラークを破壊する能力を有する。

darujps.biomedcentral.com/articles/10.1186/2008-2231-22-24

アミロイドβの凝集阻害剤

www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0197018610003876?via%3Dihub

シリビニンは用量依存的にアミロイドβの重合を抑制することができる。

www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0197018610003876?via%3Dihub

シリビンAとシリビンBは異なる作用機序で、アミロイドβ凝集を阻害する。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28562008

アミロイドβクリアランス

認知症発症の要因とされているアミロイドβは体内を循環しており、少なくともその一部は肝臓での除去(クリアランス)が示唆されていることから、ミルクシスルで肝機能を高めることは、血中のアミロイドβクリアランスに役立つ可能性がある。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26957302

タキシフォリンのアミロイド除去作用

alzhacker.com/qanda201909/#918

APP遺伝子発現の抑制

シリマリンがADラットのAPP発現を抑制

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24460990

二重のアミロイド抑制効果

シリマリン投与によるラットの短期記憶への有益な効果は、アミロイドβプラークと関連するだけでなく、APP遺伝子発現の調節効果による。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3904165/

抗炎症作用

NF-κB活性の阻害

タキシフォリンがNF-κB活性を阻害し、NOの過剰生産を抑制した。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16283433

NF-κB、FOXOなど複数の炎症経路の抑制

pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.jnatprod.5b00288

MPO、TNF-α、IL-6の正常化

シリマリン投与は、パーキンソン病ラットの脳ミエロペルオキシダーゼ(MPO)活性と炎症性サイトカインTNF-α、IL-6濃度を減少させる。

www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0304394013008380

グリア細胞活性抑制

NF-κB、PKC経路を介したグリア細胞の増殖抑制

www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0197018610002950

シリビニンはMPTP誘発性パーキンソン病マウスのミクログリア過剰活性を抑制

ドーパミン作動性ニューロンの喪失と、MPTP誘発運動機能障害を改善する。

www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006899315007271

ミクログリア活性化の阻害によるドーパミンニューロン保護

onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1046/j.1460-9568.2002.02290.x

抗酸化増強・解毒作用

マンガン中毒への保護効果

ラットへのシリマリン投与(100mg/kg)はマンガン投与によって誘発したラット小脳の酸化ストレスによる損傷を減少させ神経毒性を減弱させた。

link.springer.com/article/10.1007%2Fs11064-011-0632-x

グルタチオンレベルの増加・脂質化酸化抑制

www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1567576906001214

シリマリン投与は、アセトアミノフェンによって低下したラットのグルタチオン濃度、アスコルビン酸濃度を増加させた。

www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0944711306000419

GSH結合能の増加

www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1756464618304493

www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0041008X10001985

ADラットの大脳皮質、海馬細胞の酸化を抑制することが示された。

この抑制効果は200mg/kgにおいて、若いラットよりも老齢ラットですぐれていることが見出された。

www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0278691509003664?via%3Dihub

糖尿病マウスへの神経保護作用

シリビニンはDNA保護を誘導し、その一部はヘムオキシゲナーゼ経路の活性化を介して脳の酸化ストレスを減少させる。

www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21970972

サプリメント

ミルクシスル

食後1錠 × 2回/日