ケトジェニック・ダイエット

ケトジェニック・ダイエット ケトジェニック・ダイエット
ケトジェニック・ダイエット

アルツハイマー病・神経変性疾患へのケトン食研究

ケトン療法による認知症・アルツハイマー病治療研究 ケトンとは 空腹・高脂肪食で高まるケトン ケトン体は幼児期において脳のエネルギー源としてグルコースに次いで重要な役割を果たしている。成人では空腹時、高脂肪食でケトン体濃度が高まる。血液脳関門の透過性は空腹時に増加する。 脳の代替エネルギー ケトン体は体内に十分な濃...
ケトジェニック・ダイエット

ケトジェニックダイエットはアルツハイマー病に有望?トランスレーショナルレビュー

Are ketogenic diets promising for Alzheimer’s disease? A translational review 要旨 背景 アルツハイマー病における脳アミロイド沈着や神経原線維のもつれは、ミクログリアの活性化やサイトカイン産生などの複雑な神経炎症反応と関連している。ブドウ糖代謝は神...
認知症 予防と治療

神経疾患の治療法としての断食

Fasting as a Therapy in Neurological Disease 要旨 断食は進化の中で深く根付いているが、今日の最も一般的な、無効にする神経疾患へのその潜在的なアプリケーションは、まだ比較的未踏のままである。絶食は、神経疾患の幅広い配列を打ち消すかもしれない方法で、ニューロンの生体エネルギー、可塑...
コロナウイルス予防と治療

COVID-19 サイトカインストームを鈍らせる治療法としてのケトン代謝療法の提案

COVID-19: Proposing a Ketone-Based Metabolic Therapy as a Treatment to Blunt the Cytokine Storm 要旨 ヒトSARS-CoV-2感染症は、一部の患者がサイトカインストームと急性呼吸窮迫症候群(ARDS)に関連した大規模な自然免疫応答を...
コロナウイルス予防と治療

軽度から中等度のアルツハイマー病患者の認知機能に及ぼす中鎖トリグリセリドベースのケトジェニック処方の効果

Effects of a medium-chain triglyceride-based ketogenic formula on cognitive function in patients with mild-to-moderate Alzheimer’s disease ハイライト ケトジェニックフォーミュラを1...
ケトジェニック・ダイエット

アルツハイマー病のケトジェニックダイエット

Ketogenic Diet in Alzheimer’s Disease 要旨 現在、壊滅的な神経変性疾患であるアルツハイマー病の有病率が増加している。その根底にある病態のメカニズムは完全には解明されていないが、ここ数年でその理解に大きな進展が見られている。これには以下が含まれる。アミロイド斑におけるアミロイドβペプチド...
ケトジェニック・ダイエット

神経変性疾患のケトセラピューティック

Ketotherapeutics for neurodegenerative diseases 要旨 アルツハイマー病とパーキンソン病(PD)は、それぞれ、世界で最も普及している神経変性疾患であり、最も急速に成長している疾患である。前者は主に記憶喪失によって特徴づけられ、後者は振戦や徐行性運動の運動症状によって特徴づけられる。...
ケトジェニック・ダイエット

ケトン食・ケトン体 20の神経保護効果と18の健康リスク

ケトンダイエット・リスクとベネフィット ケトン食・ケトン体の神経保護効果 アミロイドβ蓄積の減少 43日間のケトジェニックダイエットはアルツハイマー病マウスモデルのアミロイドβ40、42を減少させる。ただし認知能力の変化は観察されなかった。行動に変化を与えるには長期投与が必要かもしれない。 細胞培養実験では...
レシピ

認知症究極のドリンク アルツハッカーコーヒー

認知機能回復コーヒー アメリカ発のバレットプルーフコーヒー、防弾コーヒー、完全無欠コーヒーとも呼ばれるバターコーヒー。 元々このコーヒーは一般の人の認知機能を高める目的をもつものとして作られているが、そのままのレシピだとApoE4遺伝子もつ認知症患者さんにとっては中鎖脂肪酸の摂取量が過剰となる。 そのためオイ...
1.5型(糖毒性)

いつでも飲めるたんぽぽコーヒーラテ(インスタント)

アルツハッカーインスタントコーヒー はじめに カフェインの影響 カフェインがもたらす健康効果を多くの研究によって支持されており、一般的に200~400mg/日までであれば十分に許容される。 これはコーヒー換算で3~6杯分に相当する。 しかし間違ったタイミングによるカフェイン摂取がもたらす睡眠への影響と危険性は...