多因子介入研究

リコード法

21世紀のエビデンスに基づいた機能性医学とは?

What is Evidence-Based Functional Medicine in the 21st Century? ジェフリー・S・ブランド(PhD)FACN、FACB、アソシエイト・エディター※1 2019年6月18日 概要 21世紀は、医学と科学にとって変革の時代であることをすでに示している...
リコード法

アルツハイマー型認知症に対する精密医療アプローチ 概念実証試験の成功

Precision Medicine Approach to Alzheimer’s Disease: Successful Proof-of-Concept Trial Kat Toups, Ann Hathaway, Deborah Gordon, Henrianna Chung, Cyrus Raji, Alan Boyd...
多因子介入研究

認知症予防を目指した多因子介入によるランダム化比較研究 (J-MINT): 18ヶ月間の多施設共同無作為化対照試験の試験計画書

The Japan-Multimodal Intervention Trial for Prevention of Dementia (J-MINT): The Study Protocol for an 18-Month, Multicenter, Randomized, Controlled Trial  2021 Jun ...
リコード法

システム・ネットワーク障害としてのアルツハイマー病:慢性ストレス・不恒常性、自然免疫、そして遺伝

Alzheimer’s disease as a systems network disorder: chronic stress/dyshomeostasis, innate immunity, and genetics オンラインで公開2020年9月21日 Alexei Kurak(アレクセイ・クラーク) Dale E. ...
多剤併用療法

アルツハイマー病のマルチターゲット治療戦略 新たな標的の組み合わせに関するレビュー

Multitarget Therapeutic Strategies for Alzheimer's Disease: Review on Emerging Target Combinations オンラインで公開2020年6月30日 要旨 神経変性疾患は、現在、大きな健康問題の一つとなっている。神経変性疾患の原因となるメカニズ...
多剤併用療法

マルチターゲット指向性リガンドの設計のためのアルツハイマー病の現在の治療標的と新興の治療標的

Current and emerging therapeutic targets of alzheimer's disease for the design of multi-target directed ligands オンラインで公開2019年10月16日 Laura Blaikie,a,* Graeme Kay,a,*...
多因子介入研究

健康介入の複雑さの次元 私たちは何について話しているのか?レビュー

Dimensions of the Complexity of Health Interventions: What Are We Talking about? A Review 要旨 複雑な健康介入の開発と評価のための多くの推奨事項と革新的なアプローチが利用可能である。我々は、健康研究で記述されている複雑性の次元と、それらの...
多因子介入研究

アルツハイマー病の併用療法の進展

Advancing combination therapy for Alzheimer's disease オンラインで公開2020年10月7日 要旨 アルツハイマー病の研究は、この疾患の複数の病態や経路についての理解を深めることにつながっている。そのため、アルツハイマー病とその様々なステージは単一療法ではなく、コン...
睡眠

アルツハイマー病における睡眠とβアミロイド沈着 アルツハイマー病メカニズムの解明と革新的な治療法の可能性

Sleep and β-Amyloid Deposition in Alzheimer Disease: Insights on Mechanisms and Possible Innovative Treatments 要旨 アルツハイマー病の前臨床段階への関心の高まりは、早期介入戦略の設計に有用な修飾可能なリスク因子と予測...
多因子介入研究

アルツハイマー病 実験モデルと現実

Alzheimer’s Disease: Experimental Models and Reality 要旨 アルツハイマー病の実験モデルは、病因のより良い理解を得るために、また、新しい治療法の可能性を評価するために重要である。最も一般的に使用される実験動物モデルは、アミロイド斑の形成をもたらす家族性アルツハイマー病(家族性アル...