ホルモン・神経栄養因子

36の発症因子

アミロイドβの分解を促進するホルモン ソマトスタチン

ソマトスタチン(アルツハイマー病・認知症) 概要 ソマトスタチンは、視床下部、膵臓、消化管で産生され分泌し、その他多くのホルモンの分泌を抑制し身体の広範囲に作用するペプチドホルモン。 ソマトスタチン受容体を介して、神経伝達、細胞増殖などに影響を与え、ガストリン、セク
2020.03.20
記憶障害の改善

アセチルコリンを増強する26の方法(ハーブ・薬剤・ライフスタイル)

アセチルコリンを自然に増やす20の方法 関連記事 コリン作動性神経伝達・アセチルコリン 12の役割・効果 アセチルコリン受容体(ムスカリン性・ニコチン性)サブタイプの機能 抗認知症薬による概日リズム・睡眠の混乱(AChE阻害薬、ドネペジル) アセチルコリン作
2020.03.17
神経伝達物質・シグナル伝達

アセチルコリン受容体(ムスカリン性・ニコチン性)サブタイプの機能

アセチルコリン受容体 サブタイプ・サブユニット 関連記事 コリン作動性神経伝達・アセチルコリン 12の役割・機能 アセチルコリンを増強する26の方法(ハーブ・薬剤・ライフスタイル) 抗認知症薬による概日リズム・睡眠の混乱(AChE阻害薬、ドネペジル) ムスカ
2020.03.17
小分子

エクソソームとアルツハイマー病

概要 エクソソームとは エクソソームは、あらゆる細胞によって分泌される単一の脂質膜小胞の一種で、細胞および細胞外液中に広く存在する。 エクソソームにはタンパク質、脂質、miRNA、RNA、DNAが含まれ、血液、脳脊髄液、唾液、尿など様々な体液に見いだされ、一人の
2020.03.10

骨成分オステオカルシンの認知機能への効果 12の増加方法

オステオカルシンとアルツハイマー病 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つのアプローチ 骨密度を高め記憶力を改善する
2020.02.01

骨密度と認知機能を高める運動ホルモンイリシン 10の増加方法

イリシン健康情報と関連研究 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つのアプローチ 骨密度と認知機能を高める運動ホルモン
2020.02.01

骨密度(+神経保護)を増加させる8つのアプローチ

骨形成の促進による抗認知症効果 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる8つのアプローチ 骨密度を高め記憶力を改善する運動
2020.02.01

認知症リスクを高める骨粗鬆症

アルツハイマー病と骨粗鬆症リスクの共通因子 関連記事 認知症リスクを高める骨粗鬆症 骨形成たんぱく質BMPの海馬神経新生調節 神経新生Wntシグナル伝達に作用する33の調節因子 骨密度(+認知機能)を増加させる6つのアプローチ 骨密度を高め記憶力を
2020.02.01
症状・BPSD

医療大麻・マリファナの神経保護作用(CBD・THC)

カンナビノイド成分の抗認知症作用 関連記事 カンナビノイドシステムの多彩な神経保護メカニズム 概要 カンナビジオール(CBD)は、麻に含まれるカンナビノイドの一つ。 麻(カンナビスサティバ)には400種類以上の化学物質が含まれそのうち約70種類がカンナビノイドで
2020.02.06
36の発症因子

脳内コレステロール排出酵素 CYP46A1

CYP46A1 は   概要 CYP46A1は、脳のコレステロール分解の律速酵素であり、ハンチントン病、アルツハイマー病と最も深く関わるCYP酵素。 脳のコレステロール制御 コレステロールは、脳以外の場所では細胞内の合成と食事由来の供給によって制御されている。しかし、リ
2020.02.01
タイトルとURLをコピーしました