ビタミン 総合

ビタミン 総合

抗酸化物質という枠を超えたビタミンE
Vitamin E beyond Its Antioxidant Label

2021年4月21日オンライン公開 概要 ビタミンEは、トコフェロールとトコトリエノールからなり、主に抗酸化剤として知られている。このレビューの目的は、そのビタミンによって調節される炎症と悪性腫瘍に関連する分子機構とシグナル伝達経路を要約することである。前臨床試験の報告では、炎症
ビタミンC

ビタミンCの推奨一日摂取量(RDA)の科学的背景・ビタミンCの摂り方

Scientific Background on the Recommended Daily Allowance (RDA) of Vitamin C ビタミンCの推奨一日摂取量(RDA)の科学的背景 2000年以前のビタミンCのRDAは、壊血病の予防に基づいて、安全性に余裕を持
ビタミンC

ヒトの健康と病気におけるビタミンC

Vitamin C in Human Health and Disease 目次 目次 1 はじめに.1 ビタミンC発見の歴史 ビタミンCとは ビタミンCの生化学的性質の簡単な説明 コペンハーゲンレポート ビタミンCの抗酸化物質としての役割以外の生物学的活性 ナトリウム依存性ビタ
Long-COVID/後遺症

キース・バーコウィッツ博士が「Long-COVID」などについて語る

Dr. Keith Berkowitz Discusses Long COVID and More  Dr.Been 0:00 bing.comへ ようこそ、もう一つのショーへ。今日はキース・バーコビッツ医師です。彼は、ニューヨークの内科認定医です。それに加えて、彼はいくつかの美
ビタミンD・紫外線・日光浴(総合)

ビタミンD欠乏症におけるマグネシウムの補給

Magnesium Supplementation in Vitamin D Deficiency 背景 ビタミンDとマグネシウム(Mg)は、人間の健康と病気に多大な影響を及ぼす医学分野で最も研究されているテーマの一つである。成人の大半がビタミンDとマグネシウムの両方を欠いている
ビタミンC

ビタミンCの摂取が人間の健康に及ぼす影響について 臨床エビデンスの誤認について

On the effect of vitamin C intake on human health: How to (mis)interprete the clinical evidence オンラインでは2020年5月23日公開。 Jens Lykkesfeldt 概要 何十年
サプリメント

過剰なビタミン摂取 肥満の知られざる危険因子

Excess vitamin intake: An unrecognized risk factor for obesity オンラインで2014年2月15日に公開 Shi-Sheng Zhou、Yiming Zhou 概要 過去数十年の間に、食品の栄養強化や乳児用粉ミルクへの高
ビタミン 総合

ピロロキノリンキノンの摂取が骨格筋のミトコンドリア生合成を促進するメカニズムについて 運動との相乗効果の可能性

Mechanisms Behind Pyrroloquinoline Quinone Supplementation on Skeletal Muscle Mitochondrial Biogenesis: Possible Synergistic Effects with Ex
ビタミンD・紫外線・日光浴(総合)

COVID-19による罹患率と死亡率を変調させる紫外線の可能性を調査する ナラティブレビューとアップデート

Investigating the Potential for Ultraviolet Light to Modulate Morbidity and Mortality From COVID-19: A Narrative Review and Update オンラインで公開2
サプリメント

個別化栄養時代における成人のマルチビタミン・マルチミネラルサプリメントの役割の進化

The Evolving Role of Multivitamin/Multimineral Supplement Use among Adults in the Age of Personalized Nutrition 要旨 微量栄養素の欠乏は、米国の成人人口の一部で発生して
ビタミン 総合

アルツハイマー病におけるレチノイドとカロテノイドの分子抗炎症機構:現在のエビデンスのレビュー

Molecular Anti-inflammatory Mechanisms of Retinoids and Carotenoids in Alzheimer's Disease: a Review of Current Evidence 2016年11月18日 概要 アルツハ
ビタミン 総合

アルツハイマー病における神経炎症や神経変性の予防にレチノイドが果たす役割について

Potential therapeutic roles of retinoids for prevention of neuroinflammation and neurodegeneration in Alzheimer’s disease 要旨 天然および合成のいずれのレチノ
サプリメント

マルチビタミン/マルチミネラルサプリメントの使用は、米国の中高年および高齢者における微量栄養素摂取量とバイオマーカーの増加、および不足や欠乏の有病率の低下と関連している

Multivitamin/Multimineral Supplement Use is Associated with Increased Micronutrient Intakes and Biomarkers and Decreased Prevalence of Inade
ビタミンB・メチレーション

「ナイアシンは効かないし、有害だ!」という見出しの主張 またしても統合医療の信頼を貶めるために大きく公表された疑わしい研究

“Niacin Doesn’t Work and Is Harmful!” Proclaim the Headlines. Yet Another Highly Publicized Questionable Study to Discredit Integrative Medi
ビタミンB・メチレーション

心血管疾患のアウトカムの管理におけるナイアシンの役割の評価 システマティックレビューとメタアナリシス

Assessment of the Role of Niacin in Managing Cardiovascular Disease Outcomes キーポイント 質問 米国食品医薬品局(FDA)が承認した心血管疾患患者に対するナイアシンの残りの適応を裏付ける証拠は何か? 所
ビタミン 総合

ホモシステインの低下 ライフエクステンション

Homocysteine Reduction 1 概要 概要と速報 血流中のホモシステイン濃度の上昇は、様々な健康問題とリンクしている。 高タンパク食、特に赤肉や乳製品を含むものは、ホモシステインの血中濃度を増加させることができる。 あなたが、高ホモシステインである、またはリスク
トリプトファン代謝

微生物とモノアミン ディスビオシスの神経精神医学的影響の可能性

Microbes and Monoamines: Potential Neuropsychiatric Consequences of Dysbiosis 進化の観点から見ると、世代を超えて確実に伝達される腸内細菌の遺伝子は、私たち自身の遺伝子とほぼ同じくらい、ヒト生物の一部であ
ビタミン 総合

健康的老化を長続きさせる長寿ビタミンとタンパク質
Prolonging healthy aging: Longevity vitamins and proteins

要旨 タンパク質/酵素を、当面の生存/再生産のための必須性と、長期的な健康における機能に応じて、2つのクラスに分類することが提案されている。 トリアージ理論で提案されているように、栄養素/補酵素のいずれかがわずかに欠乏すると、当面の生存と再生に必要なタンパク質(生存タンパク質)を
ビタミン 総合

アルツハイマー病におけるビタミンE治療の有効性について

The Effectiveness of Vitamin E Treatment in Alzheimer’s Disease 要旨 ビタミンEは何年も前にアルツハイマー病の治療薬として提案された。しかし、その効果ははっきりとしたものではない。ビタミンEは抗酸化物質や神経保護物質
ビタミン 総合

ビタミンEとアルツハイマー病:これまでに分かっていることは?

Vitamin E and Alzheimer’s disease: what do we know so far? 要旨 ビタミン E は、アルツハイマー病に関連する神経変性過程に影響を与える様々な生物学的機能を有していることから、アルツハイマー病への臨床的介入の可能性が提案さ
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました