ビタミン類

腸内微生物叢

微生物とモノアミン ディスビオシスの神経精神医学的影響の可能性

Microbes and Monoamines: Potential Neuropsychiatric Consequences of Dysbiosis 進化の観点から見ると、世代を超えて確実に伝達される腸内細菌の遺伝子は、私たち自身の遺伝子とほぼ同じくらい、ヒト生物の一部である。重要な「継承種」の絶滅につながるマイクロバイオ...
ビタミン類

健康的老化を長続きさせる長寿ビタミンとタンパク質

Prolonging healthy aging: Longevity vitamins and proteins 要旨 タンパク質/酵素を、当面の生存/再生産のための必須性と、長期的な健康における機能に応じて、2つのクラスに分類することが提案されている。 トリアージ理論で提案されているように、栄養素/補酵素のいずれかが...
認知症 栄養補助食品

ビタミンD 認知とアルツハイマー病 治療上の利点はDの後追いにある

Vitamin D, Cognition and Alzheimer’s Disease: The Therapeutic Benefit is in the D-Tails 要旨 ビタミンDは、1920年代初頭のくる病のパンデミック期に発見されて以来、カルシウム・リンの恒常性維持に及ぼす生理的効果が徹底的に研究されていた。骨格疾...
認知症 栄養補助食品

アルツハイマー病におけるビタミンE治療の有効性について

The Effectiveness of Vitamin E Treatment in Alzheimer’s Disease 要旨 ビタミンEは何年も前にアルツハイマー病の治療薬として提案された。しかし、その効果ははっきりとしたものではない。ビタミンEは抗酸化物質や神経保護物質であり、抗炎症作用や低コレステロール作用があり、...
認知症 栄養補助食品

ビタミンEとアルツハイマー病:これまでに分かっていることは?

Vitamin E and Alzheimer’s disease: what do we know so far? 要旨 ビタミン E は、アルツハイマー病に関連する神経変性過程に影響を与える様々な生物学的機能を有していることから、アルツハイマー病への臨床的介入の可能性が提案されている。ビタミンEのトコフェロールとトコトリエ...
ビタミン類

中枢神経系におけるナイアシン 生物学的側面と臨床応用の最新情報

Niacin in the Central Nervous System: An Update of Biological Aspects and Clinical Applications 要旨 ナイアシン(別名「ビタミンB3」または「ビタミンPP」として知られている)は、ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド(NAD...
認知症 食事と栄養

カロテノイド 加齢に伴う疾患の予防にはどのくらい効果があるのか?

Carotenoids: How Effective Are They to Prevent Age-Related Diseases? 要旨 人間の積極的な発達を示す平均寿命の増加にもかかわらず、新たな課題が生じている。老化は、生物学的および認知的変性、例えば認知機能の低下、心理的障害、および物理的虚弱性と正に関連している。...
ビタミン類

ビタミンCと老化とアルツハイマー病

Vitamin C, Aging and Alzheimer’s Disease 要旨 加速された老化のマウスモデルの蓄積の証拠は早熟な老化のアスコルビン酸の救助の役割を示する。アスコルビン酸のサプリメントは、細胞の成長、酸化ストレス、テロメアの萎縮、クロマチンの乱れ、炎症性因子の過剰な分泌を停止し、寿命を延ばすように...
ビタミン類

ニコチンアミド・リボシド

Nicotinamide Riboside 関連記事 概要 ニコチンアミド・リボシドはニコチンアミドの前駆体 ※ニコチンアミドリボシド(ニコチンアミド・リボシド)はニコチンアミド(NAM)に、リボース、ピロリン酸、リボース、アデニンが結合した、ピリジンヌクレオチド 研究 細胞外からのニコチンアミドリボシドの適用...
食事・栄養素(免疫)

ニコチンアミドリボシド 研究の現状と治療への応用

Nicotinamide Riboside—The Current State of Research and Therapeutic Uses 要旨 ニコチンアミドリボシド(NR)は、体内のNAD+含有量の上昇を介して媒介されるその多くの潜在的な健康上の利点のために、最近、最も研究されているニコチンアミドアデニンジヌクレオチ...