症例報告: 転移性前立腺癌患者に対する二酸化塩素溶液の人道的使用

癌・ガン・がん重曹・クエン酸・二酸化塩素

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Case Report: Compassionate application of chlorine dioxide-based solution in a patient with metastatic prostate cancer

revista.saludcyt.ar/ojs/index.php/sct/article/view/699/1223

マヌエル・アパリシオ-アロンソ1 *, ベロニカ・トーレス-ソロサーノ2 *.

1Centro Médico Jurica、医療の方向性と医療責任。メキシコ、ケレタロ。

2Universidad Autónoma de Querétaro, Unit for Basic and Applied Microbiology. メキシコ、ケレタロ。

doi.org/10.56294/saludcyt2024699

投稿:26-08-2023 改訂:31-10-2023 受理された: 02-01-2024 掲載: 03-01-2024

編集者 ウィリアム・カスティーリョ-ゴンサレス博士

概要

二酸化塩素は強力で費用対効果の高い酸化剤であり、試験管内試験および生体内試験の両方で抗がん作用が実証されている。そのメカニズムとしては、がん細胞内の微妙な酸化バランスを崩すフリーラジカルの放出が提案されている。この症例報告では、患者は副作用と不確かな生存成績のために、従来の化学療法や免疫療法を続けるよりも、人道的な理由による二酸化塩素療法を自発的に選択した。二酸化塩素溶液の濃度はLOAEL基準値の100分の1以下であり、患者の健康を損なわないように配慮されている。これは、転移性前立腺がんと診断された患者における最初の追跡調査であり、原発腫瘍から離れた部位で、副作用なしに腫瘍の縮小を示した。この予備的観察は、二酸化塩素とそのフリーラジカルが抗癌反応の潜在的メディエーターになりうることを示唆している。しかし、これらの初期所見を検証するためには、厳密な臨床試験を実施することの重要性を強調する必要がある。

キーワード 二酸化塩素溶液;がん;活性酸素;症例報告。

要旨

亜塩素酸ジオキシドは、試験管内試験でも生体内試験でも抗がん作用を示す強力で有用な酸化剤である。そのメカニズムは、がん細胞の微妙な酸化均衡を変化させるリベラルラジカルの遊離と関係していると考えられている。この臨床例では、ある患者が、副次的な影響や予後に対する不確実性から、従来のキミオテラピーや免疫療法に対抗して、ジオキシドクロロによる複合療法を自発的に選択した。ジオキシドクロロ溶液の濃度は、患者の健康を損なわないことを保証するLOAELの1/100倍以下であった。転移性前立腺がんと診断された患者を対象とした最初の追跡調査であり、主腫瘍から離れた場所での腫瘍の縮小が認められ、副次的な影響は認められなかった。この予備的な観察から、クロロ二酸化ジオキシドとその遊離ラジカルは、抗がん作用のメディエーターとなりうることが示唆される。しかしながら、この結果を検証するためには、厳密な臨床試験が重要であることを強調しておく必要がある。

キーワード 亜塩素酸ナトリウム溶液;がん;オキシゲノ再活性種;臨床例。

LOAELは「Lowest Observed Adverse Effect Level」の略で、「最小毒性量」や「最小有害作用発現量」と訳される。これは、動物実験や臨床試験などで、何らかの有害作用が観察された最小の投与量や濃度のことを指す。

LOAELは、化学物質や医薬品の安全性評価において重要な指標の一つである。通常、LOAELよりも十分に低い用量であれば、有害作用のリスクは低いと考えられる。この臨床例で用いられた二酸化塩素溶液の濃度がLOAELの1/100以下であったという記述は、安全性への配慮を示唆している。

はじめに

二酸化塩素溶液(CDS)は強力な酸化剤であり、殺生物剤として広く使用されているHOClのプロドラッグである(1)。CDSはがん細胞に対して細胞毒性を有する(2)。CDSのがん細胞に対する細胞毒性は、がん細胞の繊細で制御された酸化還元バランスを破壊する酸化の誘導と関連しているようであり、アポトーシス、パイクノーシス、壊死を誘導する(3)。 (3)従って、CDSは組織浸潤と細胞形質転換を防ぐ可能性がある(3,4)。CDSの細胞毒性効果は、ヒト癌細胞株と膵臓腺癌の増殖を阻害することで実証された(3,5)。

CDSは正常な細胞には毒性を示さないようで、CDSはヒト歯肉線維芽細胞や内皮細胞にアポトーシス効果を及ぼさず、歯根膜幹細胞の生存率を低下させないことが示された(6,7)。さらに公衆衛生の文脈では、CDSの経口使用はCOVID-19を治療するための安全で効果的な治療法として報告されている(8)。

現在までに収集された文献的証拠を考慮し、CDSが有効な抗がん剤治療になりうる可能性を提起した。1日最大投与量3mg/kg(0,003 % 二酸化塩素)を経口、浣腸、静脈内投与した転移性がん患者の症例を報告する(2,9)。

症例報告

転移性前立腺がん

2019年10月、関連する病歴のない64歳のメキシコ人男性患者が定期前立腺検査を受け、前立腺抗原値異常(>10ng/ml)を認めた。尿および精液の出血が速やかに生じ、前立腺生検とポジトロン断層撮影により転移性前立腺がんと診断された。2020年2月、患者は化学療法と免疫療法を拒否し、グルコースアナログである2-デオキシ-D-グルコース(2DG)を2,5カ月間毎日静脈内投与する代謝療法を選択した。さらに、ケトジェニックダイエットと20時間の絶食も行った。治療中、患者に大きな副作用はなかった。

2020年3月、患者はジメチルスルホキシド(DMSO)70%溶液を1ml加えて経口CDSプロトコルを開始し、吸収による浣腸CDSプロトコルを開始した。2021年、患者は絶食時と毎食前に5gのクリノプチロライトゼオライトを食事に加えた。2022年、患者は経口療法と浣腸療法を静脈内CDSプロトコルでバランスさせ、既述の投与量に従って毎月投与した。現在、患者は日常生活に障害や変化はない。患者は前立腺抗原値が正常(>4ng/ml)であり、定期的なコントロールが維持されており、診断から44カ月の経過観察が行われた(図1)。

図1 転移性前立腺がんの男性患者のポジトロン断層撮影像

考察

転移性癌患者は、第一選択治療を継続することのリスクとベネフィットを考えたとき、個人的な決断により、CDSプロトコルを中断し、開始することを決定した。本稿では、二次治療として二酸化塩素を使用した臨床経過について述べる。

転移性前立腺癌の患者は、2DGの一時投与から治療を開始した。形質転換した細胞では、2DGは代謝されないグルコースアナログであり、解糖を妨害し、ストレス関連遺伝子の発現を促進することによりアポトーシスを誘導する(10)。DMSOと併用した経口CDSで治療を続けた。DMSOには抗炎症作用、鎮痛作用、膜伝染作用があり、主な用途は他の併用薬剤のビヒクルとして使用される(11)。CDSの経口投与に加え、浣腸と静脈内投与が行われた。直腸投与は局所および全身に作用し、胃pH溶出と肝ファーストパスにより安定した経路であると報告されている(12)。さらに、リンパ節を介した全身吸収の可能性も報告されている(13)。同様に、血流で十分に利用可能であることから、二酸化塩素の静脈内投与で補完した(2)。

CDS療法には、抗がん作用が報告されているクリノプチロライト・ゼオライトが添加された(14)。このことは、複数の酸化還元変化を誘導することが、がん細胞の細胞内環境を不安定化し、ワールブルグ効果の表現型を阻害する上で重要な役割を担っている可能性を示唆している。さらに、栄養失調を伴わないカロリー制限の一種である間欠的絶食が実施され、抗癌適応が促進された(15)。このことは、二酸化塩素と他の治療薬との併用が、本症例および同じ治療アプローチを共有する以下の症例に対して、相乗的な抗癌効果を示すことを示唆している。

転移癌と診断された画像(A, B)。CDS治療後の画像(C、D)、骨転移の重要な減少が観察される。

結論

CDSプロトコルによる治療は、副作用を伴うことなく、一貫した臨床的に有意な抗癌効果を示した。二酸化塩素を用いた治療は安全で費用効果が高い。しかし、CDSプロトコル投与の有効性を決定するためには、対照臨床試験が必要である。さらに、抗癌剤治療を受けている患者における長期的な有効性と毒性の問題は未解決である。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました