医学哲学

アンチエイジング・認知機能向上

生物学的老化はもはや未解決の問題ではない レオナード・ヘイフリック

Biological Aging Is No Longer an Unsolved Problem カリフォルニア大学サンフランシスコ校医学部解剖学教室、シーランチ、カリフォルニア州95497、USA
EBM・RCT

医学哲学ハンドブック(2017)
Thomas Schramme, Steven Edwards (eds.) - Handbook of the Philosophy of Medicine (2017, Springer)

Thomas Schramme, Steven Edwards (eds.) - Handbook of the Philosophy of Medicine (2017, Springer) トーマ
世界保健機関(WHO)

舞台裏:ロックフェラー財団と世界保健機関の関係(第1部):1940年代から1960年代にかけて
Backstage: the relationship between the Rockefeller Foundation and the World Health Organization, Part I: 1940se1960s

2013年英国王立公衆衛生学会。エルゼビア社発行 A.-E. Birn トロント大学クリティカル・ディベロップメント・スタディーズ・センターおよびダラ・ラナ・スクール・オブ・パブリック・ヘルス、155
医学哲学

ラウトレッジ・ハンドブック 公衆衛生哲学
The Routledge Handbook of Philosophy of Public Health

ルートリッジハンドブック公衆衛生哲学編 医学と比較すると、公衆衛生という専門分野は、あまりなじみがない。公衆衛生とは何か、そしておそらく重要なことは、公衆衛生はどうあるべきか、どうなるべきか、というこ
医学哲学

健康の本質を理解する | 医学と公衆衛生のための新しい視点 より低いコストでウェルビーイングを向上させる
医療と公衆衛生の新たな視点 より低いコストでより良い生活を

Understanding the nature of health: New perspectives for medicine and public health. Improved wellbe
医学哲学

幻想的な「本質」 | 心理科学における理論化を阻むバイアス
Illusory Essences: A Bias Holding Back Theorizing in Psychological Science

Perspect Psychol Sci.2022 Mar;17(2):491-506. 2021年7月20日オンライン公開doi:10.1177/1745691621991838 概要 心理学では言
中西部の医師

なぜ医師は患者に危険な医薬品を押し付けるのか?
Why Do Doctors Push Dangerous Pharmaceuticals on Patients?

A Midwestern Doctor 中西部の医師 9月17日 私は現在、カリフォルニアの誤情報の蔓延を記録した記事(ここで共有されたテーマに基づいている)を執筆中で、カリフォルニアの同僚に連絡を取
医学哲学

第3次認知革命 | バイオメディカル研究への影響と可能性
The Third Cognitive Revolution | The consequences and possibilities for biomedical research

EMBO Rep.2019 Apr;20(4): e47647. 2019年4月3日オンライン公開 doi: 10.15252/embr.201847647 pmcid: pmc6446201 PMI
医学哲学

社会の薬物化という文脈で 理論的、実証的、そして健康的な側面から
Pharmaceuticalization of Society in Context: Theoretical, Empirical and Health Dimensions

Pharmaceuticalization of Society in Context:Theoretical, Empirical and Health Dimensions BSA Publica
医学哲学

客観性の神話:医学は社会構成主義の医学パラダイムに向かっているのか
The myth of objectivity: is medicine moving towards a social constructivist medical paradigm?

ヘイミッシュ・J・ウィルソン Family Practice, Volume 17, Issue 2, April 2000, Pages 203-209, 2000年4月1日 概要 生物医学は、「病
医学哲学

苦しみの哲学 | 形而上学、価値、規範性
Philosophy of Suffering | Metaphysics, Value, and Normativity

苦しみの哲学 苦しみは、私たちの生活の中心的な要素である。私たちは痛みに苦しむ。私たちは病気になる。私たちは失敗し、失敗させられる。私たちの愛する人が死ぬ。苦しみは、常に、どこでも、悪いものだと考える
EBM・RCT

疫学の哲学
Philosophy of Epidemiology

アレックス・ブロードベント 科学哲学の新たな方向性 科学哲学は今、エキサイティングな時代を迎えている。科学史との新しい生産的な関係が模索されている。科学哲学と芸術哲学の間でも革新的な比較が展開されてい
医学哲学

「医学の哲学」入門編 第1章 医学の哲学 その範囲と対象
Philosophy of Medicine

医学の知識とはどのようなものなのか?医学は科学的に説明できるのか?病気は科学的な概念なのか、それとも価値観に依存した説明なのか?エビデンスに基づく医療とは何か?神経科学の進歩は心の科学的理解に近づいて
医学哲学

哲学と予防医学
Philosophy and preventive medicine

アレックス・ブロードベント ヨハネスブルグ大学私書箱524号、オークランドパーク 2006年、南アフリカ 2012年9月10日 オンライン公開 予防医学 (Preventive Medicine:PM
医学哲学

公衆衛生の哲学 第16章 伝染病と権利
THE PHILOSOPHY OF PUBLIC HEALTH

目次 図・表一覧 謝辞 1 はじめに:公衆衛生の哲学 2 公衆衛生における法の役割 3 運、リスク、予防 4 社会関係資本を促進する義務 5 公衆衛生のパフォーマンスを測定するための評価空間について
医学哲学

公衆衛生の哲学 第14章 感染症に関する本を閉じる。生命倫理と公衆衛生に対するいたずらな影響
THE PHILOSOPHY OF PUBLIC HEALTH

目次 図・表一覧 謝辞 1 はじめに:公衆衛生の哲学 2 公衆衛生における法の役割 3 運、リスク、予防 4 社会関係資本を促進する義務 37 5 公衆衛生のパフォーマンスを測定するための評価空間につ
医学哲学

公衆衛生の哲学 1. はじめに
THE PHILOSOPHY OF PUBLIC HEALTH

公衆衛生の哲学 公衆衛生は、医療行為の特殊な領域であり、緊急の議論を要する一連の哲学的問題を提起している。公衆衛生の哲学には、公衆衛生における「公衆」とは何を意味するのか、「集団」とは何を意味するのか
医学哲学

「旧来の」公衆衛生を守るために | 公衆衛生の規制のための法的枠組み - リチャード・A・エプスタイン
2004 In Defense of the 'Old' Public Health: The Legal Framework for the Regulation of Public Health - Richard A. Epstein

シカゴ大学ロースクール シカゴ・アンバウンド 「旧来の」公衆衛生を擁護するために 公衆衛生の規制のための法的枠組' リチャード・A・エプスタイン 概要 公衆衛生法の伝統的な形態は、伝染病や、健康に悪影
EBM・RCT

エビデンスに基づく医療の哲学 | 第1部 はじめに
The Philosophy of Evidence-based Medicine

目次 謝辞 序文 序文 第1部 はじめに 第1章 エビデンスに基づく医療の理念 1.1 根拠に基づく医療以前の医療は一体何に基づいていたのか? 1.2 本書の範囲The Philosophy of E
医学哲学

「科学、実践、神話 」 医学における科学主義の定義とその意味するところの検討
Science, practice and mythology: a definition and examination of the implications of scientism in medicine

マイケル・ローリン - ジョージ・ルイス トルケル・ファルケンベルグ オンライン公開:2012年5月24日 要旨 科学主義とは、世界が「本当は何であるか」を定義しようとする哲学である。哲学者トーマス・
alzhacker.com をフォロー