IVM一般記事

イベルメクチン

おっと!?TOGETHER 試験は、実際にはイベルメクチンが効くことを示している

Whoops! The TOGETHER Trial actually showed that ivermectin worked. 著者もそれを認めている。メディアと医学界の権威は、この研究を注意深く読まなかった。彼らは、シナリ ...
イベルメクチンスティーブ・キルシュ
IVM一般記事
イベルメクチン

NYタイムズ、イベルメクチンの新研究で国民を欺いた最新作

NY Times Latest to Mislead Public on New Ivermectin Study ニューヨーク・タイムズ紙は2日、購読者に「速報」と題したメールを送った。イベルメクチンはコビッド治療薬として失敗し ...
イベルメクチン
IVM一般記事
イベルメクチン

TOGETHER試験で何が問題だったのか?

6カ月以上たった今でも、広くカバーされているイベルメクチン群のデータは、科学界に共有されていない。 What went wrong with the TOGETHER trial? Alexandros Marinos TOGET ...
イベルメクチン
IVM一般記事
2. コロナウイルス

イベルメクチンと「非常に強力なロビー」について

Ivermectin and 'a very powerful lobby' 2020年4月から 2021年3月へ - ときには敷衍することも必要である。 フィル・ハーパー 2月16日 2020年後半から2021年3月にかけ ...
2. コロナウイルス
IVM一般記事
ロバート・マローン

さらに重要なイベルメクチンの研究結果 加えて-「オフラベル」薬を処方することは重要であり、「緊急事態」は終わった。
More Important Ivermectin Study Results Plus- prescribing drugs "off label' is important, and the "emergency" is over

ロバート・W・マローンMD、MS 上の地図の詳細はここをクリック COVID-19の予防としてイベルメクチンを厳密に定期的に使用すると、COVID-19による死亡率が用量反応的に90%減少する:ブラジル南 ...
ロバート・マローン
IVM一般記事
MATH+ & I-MASK/FLCCC

イベルメクチンの有効性の証拠を抑えるための世界的な偽情報キャンペーン

The Global Disinformation Campaign to Suppress The Evidence of Efficacy of Ivermectin イベルメクチンの有効性の証拠を隠すための世界的な偽情報キャ ...
MATH+ & I-MASK/FLCCC医療の偽情報・検閲・汚職
IVM一般記事
エポックタイムズ

ピーター・マッカロー博士 – PART2:ピーター・マッカロー博士が語るオミクロンの現実とVAERSレポートのワクチンによる死傷者数の推移

PART 2: Dr. Peter McCullough on オミクロン Realities and VAERS Reports on Vaccine Injuries and Deaths 前回、内科医、循環器科医、疫学者であ ...
エポックタイムズヒドロキシクロロキンピーター・マカロー医療の偽情報・検閲・汚職早期治療・在宅治療
IVM一般記事
エポックタイムズ

ピーター・マッカロー博士 – ヒドロキシクロロキン、イベルメクチンなどのCOVID-19治療薬の不可解な抑制効果|PART1
Dr. Peter McCullough: The Inexplicable Suppression of Hydroxychloroquine, Ivermectin, and Other COVID-19 Treatments | PART 1

「新しい治療法の月次評価は行われていません。ワクチンの安全性と有効性に関するデータの月次レビューもありません。何もありません。アメリカ人は2年間、COVID-19に関する科学的な情報を一切知らされていません」。 関連報道 P ...
エポックタイムズヒドロキシクロロキンピーター・マカロー医療の偽情報・検閲・汚職早期治療・在宅治療
IVM一般記事
エポックタイムズ

Harvey Risch博士:COVIDの早期治療にはヒドロキシクロロキン、イベルメクチンなどの治療薬が効果的

Dr. Harvey Risch: Hydroxychloroquine, Ivermectin, and Other Therapeutics Highly Effective in Early COVID Treatment 私が ...
エポックタイムズヒドロキシクロロキン
IVM一般記事
2. コロナウイルス

曖昧なビジョンの衝突 私のヒーローの一人であるスコット・アレクサンダーへのイベルメクチンに関する回答

A Conflict of Blurred Visions Alexandros Marinos こんにちは、世界のみんな! もしあなたが、私の最初のSubstackへの投稿が「スコット・アレクサンダーに対抗して」書か ...
2. コロナウイルス
IVM一般記事
ジョン・キャンベル

ファイザーの新薬とイベルメクチン Dr. John Campbell

New Pfizer drug and ivermectin John Campbell 0:01 今日のトークへの参加を歓迎します。今日は11月9日の火曜日です。 さて、昨日はファイザーの新しい抗ウイルス剤について見てきまし ...
2. コロナウイルスジョン・キャンベル
IVM一般記事
フルボキサミン/シグマ1受容体

大きな数! Syed Haider博士 4,000人以上のCovid患者=0人の死亡者-インタビュー

HUGE! Dr. Syed Haider: 4,000+ Covid Patients= 0 Deaths- Interview !function(r,u,m,b,l,e){r._Rumble=b,r||(r=fu ...
フルボキサミン/シグマ1受容体
IVM一般記事
COVIDメカニズム

オートファジーを標的とすることはCOVID-19治療の新たなアプローチとなり得るか?

Can targeting autophagy become a new approach to COVID-19 treatment? ナミタ・ミトラ ナミタ・ミトラ著 2021年10月25日 Reviewed by ...
COVIDメカニズムSARS-CoV2 治療標的・分子経路イベルメクチンオートファジー
IVM一般記事IVM作用機序
「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」

保護中: 「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第8章

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」ガン多剤併用療法
IVM一般記事
「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」

「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第7章

第7章 腫瘍の抵抗力、EMT、自己増殖力 Chapter 7 TUMOR RESISTANCE, EMT and AUTOPHAGY はじめに 癌に宣戦布告して治療を開始すると、腫瘍は反撃してく。腫瘍の広がりが大きければ大きいほど、そ ...
「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」ガン多剤併用療法
IVM一般記事
「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」

「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第6章

第6章 ワールブルク効果 Chapter 6 THE WARBURG EFFECT オットー・ワールブルク博士は、がん細胞のエネルギー処理が正常な細胞とは全く異なることを発見した。癌細胞は、非効率的な燃焼により大量の燃料を浪費する。例え ...
「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」ガン多剤併用療法
IVM一般記事
「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」

「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第5章

SECTION II:再利用医薬品を支える科学 SECTION II: THE SCIENCE BEHIND REPURPOSED DRUGS 第5章 多面発現(プレイオトロピー) Chapter 5 PLEIOTROPY はじめに ...
「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」ガン多剤併用療法
IVM一般記事
「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」

「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」第4章

第4章 HE ReDO PROJECT 革命の始まり HE ReDO PROJECT: THE REVOLUTION BEGINS ここまで紹介してきたような話は、息子と妻をがんで亡くした数学者・コンピューターサイエンティストのパン・パ ...
「がんからの生還、COVID-19、そして疾患:再利用医薬品革命」ガン多剤併用療法
IVM一般記事
マシュー・クロフォード

メタアナリシス・フィクサーズ 第2部 公務員か中途半端なサボタージュか?

The Meta-Analytical Fixers, Part II: Public Servants or Middling Saboteurs? クロロキン戦争 そのLXXVII マシュー・クロフォード 10月8日 この ...
マシュー・クロフォード
IVM一般記事
タイトルとURLをコピーしました