メタアナリシス・フィクサーズ 第2部 公務員か中途半端なサボタージュか?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

一般記事-IVM
The Meta-Analytical Fixers, Part II: Public Servants or Middling Saboteurs?

https://roundingtheearth.substack.com/p/the-meta-analytical-fixers-part-ii

クロロキン戦争 そのLXXVII

マシュー・クロフォード 10月8日

このレベルのゴミに付き合っている暇はないので、あまり時間はかけないが、言っておかなければならないことがある。この医学的権威主義の戦いを私が一般的にそう呼ぶのであれば、「クロロキン戦争」では、プロパガンダを行う側が、善意の人々よりも圧倒的に多い。

このBBCの記事は何度も転送されてきた。

BBCがGideon “Health Nerd” Meyerowitz-Katz、Kyle Sheldrick、Nick Brown、James HeathersをCOVIDのスーパーフレンドのようなチームとして紹介しているのは興味深いことである。例えば、イベルメクチン(IVM)の効果がないとする誤りだらけのメタアナリシスについて、Health NerdとSheldrickにそれぞれ質問したところ、どちらもあまり答えてくれなかった(確か、彼らは単に返事をしなかったが、しばらくして嫌がらせだと思ってSheldrickをTwitterでブロックした)。

ザ・メタアナリシス・フィクサーズ イベルメクチンをめぐる物語
...

研究を調査しているグループの1人であるカイル・シェルドリック博士は、イベルメクチンがコビッドの死亡を防いだことを示すと主張する「1つの臨床試験」で、「明らかな捏造の兆候、または研究を無効にするほどの重大な誤り」を含まないものは見つからなかったと述べている。

しかし、COVID Superfriendsのチームは、ベルトに1つの刻み目を入れている。そうかもしれない。ある有名なケースでは、COVID Superfriendsの一部が、現在撤回されている論文の主張する生データに極めて明白な欠陥を発見した。著者は、そのデータセットは自分のものではないと主張し、撤回に異議を申し立てるとしている。このような明らかに捏造されたデータが共有可能な形で存在すること、ましてや研究者がデータを共有する必要がないにもかかわらず共有されることは、まったく奇妙でユニークなことだと思うほど、この話は私にとって怪しいものである。

現時点では、BrownとHeathersがGRIMテストを発明したことで「有名」であることを書いておく。GRIMテストとは、中学生に教えるようなエラーチェック方法のようなもので、数字に強い有能な統計学者なら誰でも本能的に行うものであるが、悲しいことに、実際に発表された研究に適用されることもある。

しかし、公平を期すために言うと、このようなケースの多くは、研究者がデータポイントを[適切に]追加または削除したにもかかわらず、研究室の一人が計算を自動化していないことに気づかなかったため、スプレッドシートの計算を更新するのを忘れたというような単純なものである可能性が高い(私は個人的にこのようなエラーを発見し、研究者に報告し、感謝されたことがある)。実はこれは、Health NerdやSheldrickとオンラインで「恐ろしいIVM研究」について議論したときに、まさにこのようなエラーがあったのだ。彼らは、訓練された生物統計学者の少ない国で働く研究者に伝える前に、非難したい感情を手放すことができなかったようだ。 丁寧で合理的な方法として、問題点をメールで伝えることもできる。時にはプレプリントで修正してしまうこともある。あーあ。

また、LancetがSurgisphere論文を発表したことに対する謝罪記事の後で、Heathersが私の中で客観性に欠けていることを指摘しておきたいと思う。もし、このレベルでHathersの客観性を下げたことを弁明するように求められたら、私はここで基準に関する私の発言を参照するだけだ。もし、データベースの表示を、偽のデータを発見したり、基本的な嗅覚テスト(Surgisphereは明らかにこれに合格しなかった)を行うことができる現場の人々を含めて、最も単純なレベルでチェックすることができないのであれば、いったい何のためのピアレビューなのだろうか?このような基準のもとでは、科学的な出版物はもはや何の判断も下せず、そのプロセスはお金にまみれた戦いの場となってしまう。

遅かった?

さて、COVIDディスインフォーメーション・スーパーフレンドが我々に見せようとしている、完全に破壊されたIVM研究プールについて、どこから始めたらよいのだろうか?

 

チームCOVIDの情報弱者たちは、2つ、4つ、あるいは6つの研究の欠陥を指摘できると言っているようだが?コンピュータサイエンティストのアレクサンドロス・マリノスに説明してもらおう。

アレクサンドロス・マリノスのツイート
https://twitter.com/alexandrosM/status/1446271495454429215?s=20

イベルメクチンの熱狂的な研究は不正な研究に基づいている?

イベルメクチンの熱狂的な研究は不正な研究に基づいている? アレクサンドロス・マリノス
...

 

Alexandros氏が指摘している多くの良い点はさておき、この記事の中心となる論文は完全に修辞的なものである。ランダム化比較試験だけが調査する価値のある研究であるという誤った暗示があるが、この主張に同意する統計学者はほとんどおらず(こちらこちら)全員が製薬業界(メディアと製薬会社の複合体を含む)で働いているか、製薬業界のために働いているようだ。また、「イベルメクチンがコビッドの死亡を防いだことを示す」とは、「p<0.05の統計的に有意な閾値を達成した」ことを意味するという意味合いも含まれている。試験の検出力やグループ分け、あるいはそのような結果を測定するための推測統計学の手法を考案した統計学者であるロナルド・フィッシャーが、このような修辞的な統計学の使用に公然と断固として反対しているという事実など、それ以上の議論は一切ない。

多くの医師が、医学研究の統計を脳に注入されるコードのように読ませるための疑似統計学的な洗脳の背後にある歴史を理解していないのは、悲しくもあり不安でもあるが、それはまた別の日の話だ。

数週間前、私はツイッターでHealth Nerdと絡んだ。彼はイベルメクチンの研究の統計について、ほとんど理解できないほど間違ったスレッドを書いたこと以外、彼について何も知らなかった。

Rounding the Earth

私はここでHealth Nerdのくだらない話を非難する時間をとった。私はもっと言いたかったのだが、彼が言ったことはほとんど何も実際には意味がなく、統計学者にとっては正しいことではなかった。このスレッドは、彼を「科学」の「権威」として信頼する人々を騙すために作られた、純粋なヒット作である。

一番驚いたのは、無理な擁護に追い込まれた彼が、「研究プールの中の一つの研究に局所的な研究交絡因子というものは存在しない」と主張したこと。これは言い換えれば、すべての研究交絡因子はグローバルに必要ということだ。そして、カメラの前で私を説得する機会を与えられたが、彼はそれを避けた。そして、彼とシェルドリックは、「かわしたのは私だが、私はこのスレッドを読みたい人が何人でも判断してくれれば嬉しい」と何度も公言するという不条理なキャンペーンを展開した。あくび。

興味深いのは、彼のスーパーフレンドのチームが、すべての研究ではなく、1つの研究で発見した交絡因子の数を数えていることである。


 

イベルメクチンの患者が病院に殺到したというオクラホマの偽物の話を覚えているか?
https://twitter.com/JackPosobiec/status/1434992751385489410?s=20

Joy Reidがイベルメクチンのデマを広めている。

このオクラホマの馬の話はもう一段階深いかもしれない。

オクラホマ州でIVMの過剰摂取がERルームを埋め尽くしているという奇妙な話を巡って、医療関係者と党派の争いにすっかり引き込まれてしまったHealth Nerdは、証拠を確認するという明確な誠意をさらに示した。誰がそんな話を信じるのかと思っていたが、これでその疑問が解けた。

もし、BBCの信用度を知りたいのであれば、BBCが「superfriends take down icingmectin studies」という記事の中でIVMの過剰摂取の話をどう扱っているかを見てみよう。この記事では、Health Nerdがその誤った物語を押し進めるのに貢献したことには触れずに、イベルメクチンによる毒物管理の増加はそれほど大きくはなかったことを述べている。

しかし、この段落の最後の文には引用もなく、ましてやイベルメクチンの使用に関連するものでもない(斜体で強調している)。つまり、同じ段落で、人々が経験するいくつかの恐ろしいことに曖昧に言及しているのだが、これらの副作用を誰かが実際にIVMを使用したことに関連づけるような方法で問題を研究したことは明らかにしていない。

米国ではイベルメクチン中毒が疑われる通報が非常に増えているが、元々は非常に少ない件数であり(今年は435件から1,143件)これらのケースのほとんどは深刻ではなかった。嘔吐、下痢、幻覚、錯乱、眠気、震えなどの症状が見られた。

このように赤裸々にほのめかすのは、ジャーナリストとしての倫理観に欠けた無責任な行為であり、あるいは単なる愚行である。判断は皆さんにお任せする。

しかし、さらに悪いことに…。

イベルメクチンとペルー

ペルーはIVMにスポットライトを当てた国のひとつである。アントニオ・カシオ・プラド博士は昨年、このビデオの中で、彼がIVMを投与した3,000人のブラジル人のうち、特に伝染病が蔓延しているサンパウロでCOVID-19の病気になった人はいなかったと述べている。しかし、このような話は、簡単にはメディアに出てこない。しかし 2020年の半ば頃、世界最悪のCOVID-19のパンデミックに見舞われていたペルーは、治療手段を強化するためにIVMに注目した。トライアルサイトニュースが報じたように、ペルーではその時点からCOVIDと死亡者数が急減したが、ペルーの新大統領フランシスコ・サガスティがIVMの使用を制限したことで、その傾向は一転した。

この間、ペルーからは、プレプリントから出ていないような研究論文が複数発表されている。

さて、ペルーのIVM使用について、BBCがこんな風に伝えている。

ペルーの公衆衛生専門家であるパトリシア・ガルシア博士は、ある時期、病院で診る患者15人のうち14人がイベルメクチンを服用していたと推定され、来院した時には「本当に、本当に病気だった」と述べている。

また、BBCの記事は、IVMを処方しない医師に対する嫌がらせキャンペーンが組織的に行われていると主張しているが、その主張を裏付ける証拠は全くない。この虚しい声明は、IVMを支持するフェイスブック・グループについての議論に続いて発表されているので、これらのコミュニティは熱狂的な暴徒であり、この困難な時期に医師の生活を日増しに困難にしているという意味合いがあるようである。

話をペルーに戻す。ペルーの医療は、米国の医療機関や諜報機関が強制的な不妊手術に関与してきたこともあり、複雑な仕組みになっていることを忘れてはならない。ペルーの政治には、将来に向けての非常に厄介な戦いが潜んでおり、ヨーロッパの民族にルーツを持つペルー人と先住民が対立することもある。つまり、医療関係者の中には、その戦いに徴集された人たちが、特にお金をもらえれば何でも言うということがあるのだ。そして、「The Meta-analytical Fixers」について書いているときには、そのことに触れなかったが(これらの論文の2人の筆頭著者はペルーから移住してきている)私の頭の中には確かにそのことがあった。


彼らは正しいのかもしれない

Health NerdのCOVID Disinformation Superfriendsチームを批判してきたが、彼らが間違っていると完全に確信しているわけではない。私は、Surgisphereチームがパンデミックの初期にIVM研究をプレプリントに投稿し、後に撤回した経緯を知って以来、その有効性を疑う目的で偽の研究を作成し、それを破棄する組織的な活動があるのではないかと懸念していることを率直に認める。それは初めてのことではないだろう。

それでも、COVID-19患者に対するイベルメクチンの有効性については何も新しいことはわからない。

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker

コメント コメント欄を設置しました!