イベルメクチンの熱狂的な研究は不正な研究に基づいている? アレクサンドロス・マリノス

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

イベルメクチン一般記事-IVM
Is Ivermectin enthusiasm research founded upon fraudulent research? -Alexandros Marinos

アレクサンドロス・マリノスのツイート

https://twitter.com/alexandrosM/status/1446271495454429215?s=20

イベルメクチンの熱狂的な研究は不正な研究に基づいている?

BBCのこの調査は、以下の研究を引用している。

GidMK、チームTraen、JackMLawrence、K-Sheldrick、そして、jamesheathers、は、答えはイエスだと主張している。それでは、早速見てみよう。

私は経歴を記載することはあまりないが、この記事が学術関係者に読まれることを想定して、私がコンピューティングの博士号を取得していることを記載しておく。Googleによると、私が3年間の出版活動で書いた論文は865回引用され、私のh-indexは11となっている。

BBCの記事には、私が他のスレッドで取り上げたいつものアンチ主義の論点が散りばめられているが、それらはジャーナリストによって加えられたものだと考える。このスレッドでは、グループの調査をソースとした詐欺の主張に焦点を当てる。

この研究者たちは、学術研究の透明性の擁護者であり、各研究の患者データのレビューを義務付けるメタアナリシスの基準を提唱しており、その立場はNatureに掲載されたレコメンデーションで述べられている。

ネイチャー・ドットコム

The lesson of ivermectin: meta-analyses based on summary data alone are inherently unreliable - Nature Medicine

このようにデータの透明性を主張しているにもかかわらず、彼らは不正の主張をするために使用したデータを公開していない。結果的には、彼らがツイッターやブログ、報道機関で発表した断片的な情報を利用するしかない。

3週間以上前に研究者の一人から「もうすぐデータが公開される」と聞いていたのだが、データをどこにも公開せずに報道されてしまったようである。一刻も早く訂正してもらえると助かる。


quasi-tweet

この研究者は、私のフォロワーの12%以上をブロックしているようなので、私が参照する際には、彼のツイートのスクリーンショットを掲載する予定だ。

BBCの記事では、「独立した科学者のグループは、イベルメクチンとコビッドに関するほぼすべてのランダム化比較試験(RCT)を調査した」と書かれている。26件の研究を調べたとあるが、そのうち6件は観察研究であったので、20件のRCTを調べたと推察する。

ivmmetaのサイトには31件のRCTが掲載されている。誠実な仮定をするために、プレプリントRCTと、おそらく劣っていると思われるCluster RCTを取り除こう。(Chahla, Together, Buonfrate, Bukhari, Biber, Gonzalez, Huvemek, Seet)。) これでRCTは23本になった。

研究者は3つのRCTに重大な問題を提起している。Elgazzar, Samaha, Niaeeである。また、別の研究にも問題がある可能性があると聞いている。ElgazzarとSamahaはivmmetaから削除されているので、それらを追加すると、4/25の研究を捨てなければならないようである。

うわぁ。イベルメクチンのRCT全体の16%だね。これは高いのか低いのか?著者の一人は、確かに極めて予想外の結果だと主張しているようである。

https://gidmk.medium.com/is-ivermectin-for-COVID-19-based-on-fraudulent-research-part-2-a4475523b4e4。

ほとんどの研究はOKで、いくつかの美点、いくつかの見落とし、いくつかの魅力、いくつかの欠点がある。優れたものや変革をもたらすものもあれば、ひどいものや有害なものもある。Covid-19のためにテストされている抗寄生虫薬、イベルメクチンに最初に興味を持ったとき、私は他のものと同じように、上記のようなコンボプレートを期待していた。
もしかしたら、これは最悪のシナリオかもしれないが、明らかに加工されたり変更されたりした生意気な論文がいくつかあったかもしれないし、手掛かりを残すほどの悪いものがあったかもしれない。しかし、今起きていること、起こっていることは予想していなかった。

どの程度の悪質な研究が基準として想定されるかを見ると、BMJの社説では20%という基準が提案されている。実際、公的に関与している3つのRCTはすべて、不正な研究が*非常に*多い中東のものである。

Time to assume that health research is fraudulent until proven otherwise? - The BMJ
Health research is based on trust. Health professionals and journal editors reading the results of a clinical trial assume that the trial happened and that the ...

Molは、Robertsと同様にシステマティックレビューを実施したが、含まれていた試験のほとんどが致命的な欠陥のあるゾンビ試験か、信頼できない試験であったことに気づいた。問題の規模はどのくらいなのか。撤回は増加しているが、生物医学研究の約0.04%しか撤回されておらず、問題は小さいと考えられる。しかし、麻酔科医のJohn Carlisleは、Anaesthesia誌に投稿された526件の臨床試験を分析し、73件(14%)に虚偽のデータがあり、43件(8%)はゾンビと分類された。また、153件の試験の個々の患者データを調べたところ、67件(44%)が信頼できないデータで、40件(26%)がゾンビ試験であった。エジプト、中国、インド、イラン、日本、韓国、トルコなど、同じ国で行われた試験が多く、スタンフォード大学のJohn Ioannidis教授が、1年間にAnaesthesiaに提出されたこれらの国の試験の個々の患者データを調べたところ、エジプト100%(7/7)イラン75%(3/4)インド54%(7/13)中国22/48,トルコ2/5,韓国25%(5/20)日本2/11というように、多くの試験が偽りであることがわかったのである。また、ほとんどの試験がゾンビであった。Ioannidis氏は、これらの国だけで数十万件のゾンビ試験が発表されていると結論づけた。
他の研究者も同様の結果を得ており、Molの推測では約20%の試験が偽物であると考えられる。これらの論文のうち、撤回されたものはほとんどない。

このように、地理的な起源と全体的な有病率の両方において、妥協されたRCTはBMJ社説に記載されたベースラインパターンに適合しているように見える。なぜ研究者たちが、自分たちの発見を比較するために、期待される研究のベースラインを確立しなかったのかは不明である。

しかし著者は、調査するために6つの観察試験を選択したと主張している。彼らが調査する研究を事前に発表していないことを考えると、彼らが「特に影響力のある観察試験」を選択したという主張をどう解釈したらよいのかわからない。

この記事で取り上げられているSamahaらによる1つの観察試験は、小規模(100人の患者を含む)であり、何をもって「特に影響力のある」としたのかが示されていないため、書かれている主張には疑問がある。

調査した26件の研究のうち14件で、著者が患者データの共有を拒否したというものである。このようなデータの共有についての規範が何であるかはわからない。また、どのような経緯でコミュニケーションが行われたのかについての情報もない。

最近の厳しい個人情報保護法(HIPAA、GDPR、および世界の同等の法律)を考えると、無作為化比較試験の著者が自分の試験に関するデータを積極的に提供しているとしたら、私は非常に驚くべきことだと思うが、私はこの分野の専門家ではない。

しかし、研究の場所や時間、患者の年齢や性別、併存疾患などの他の健康情報をそのまま残す匿名化が、大きなコストをかけずにできるというのは、いささか甘いのではないであろうか。理由については、リンク先のスレッド

Alexandros Marinos @alexandrosM · プライバシー原理主義は、不可能な問題を解決しようとするものである。懸念は現実的であるが、解決策はうまくいかない。世界には75億人の人々がいるが、「個人を特定する情報」を使わなくても、33の独立したイエス/ノーの質問だけで、誰かを特定することができる。

それはさておき、このような依頼を受ける側の研究者の立場になって考えてみると、私は自分が関わっている相手を理解しようとするかもしれない。例えば、グループの中で一番上の人を調べてみると、こんなことがわかる。

Nick Brown @sTeamTraen · 4月24日
Covidが終わったら、パナマ文書のように、本物の博士号・医学博士を持つ科学者が、偽の治療法(クロロキン、 ヒドロキシクロロキン、Ivermectin、Proxalutamideなど)で世界を騙そうとしたことについて、国際的なメディアによる調査が行われることを望みます。人道に対する罪の裁判もいいかもしれないね。

世間に最も知られている人物を調べると、これが出てくるかもしれない。

パンデミックの真っ只中にいる多忙な医学研究者としては、意図を持っているように見える人々と関わりを持とうとする意思がないとしても、特に驚くことではないと思う。

他の3人のメンバーは、私が重点的に検索したエルガッツァー撤回前の時期には、はるかに合理的なパブリック・コミュニケーションを行っていると言わざるを得ない。私が見た限りでは、と言わざるを得ない。JackMLawrence は高い品位と誠実な声を維持していた。

ここで、2つの問題を分けて考えなければならない。不正な研究を示すために行われている作業は、その出所に関わらず賞賛されるべきである。個人的には彼らの仕事に感謝しているし、科学と人類への貢献だと思っている。しかし、これらの発見に基づいて行われている主張は、現時点では期待される平均値を下回っているように見えるが、はるかに擁護しがたく、正直なところ、彼らが他人を非難する行動の範囲内にある。いくつかの例を見ていこう。

例えば、シェルドリック博士は、研究機関全体を巻き込むような大げさな主張をしている。

この主張は、彼がマフムードの研究を賞賛し、その品質に疑問を投げかける人に対して特に厳しい言葉を投げかけていたことを考えると、特に奇妙である。

@K_Sheldrick - 6月26日
イベルメクチンで死亡率が減少したことを示し、「第三世界」の国のものであることから、Mahmud試験を疑う人が多いのは知っています。
しかし、結果の分布は安心感があり、ごまかしがきかない。
人種差別+帝国主義が批判の原動力になっていると感じざるを得ません。

もう一人の研究者は、Samaha研究の発見を、イベルメクチンの有用性に対する打撃であると解釈しており、最初のものではない。

Is Ivermectin For Covid-19 Based On Fraudulent Research? Part 4
The story of ivermectin for Covid-19 continues to get even more worrisome

まあ、イベルメクチンが有用であるという考えにまた一石を投じることになった。Covid-19。この研究で見られた大規模で驚くべき結果は、実際にはなかったデータセットに基づいていたことはほぼ間違いないようである。実際に治療を受けた患者がいたかどうかは疑問であり、いずれにしても研究チームが使用したデータセットの問題が続いているため、この研究は撤回されることになった。

これらの主張をどう評価すべきか、またどのように正当化することができるのかを知ることは困難である。サイエンスでは、特定の問題に関する研究の全体像から結論を導き出すためにメタアナリシスを使用しており、著者はメタアナリシスの基準をより厳密にすることを要求している。

なぜ彼らは、メタアナリシスのルールを一切守らずに、イベルメクチンの根本的な問題について主張する根拠があると考えたのか、それは彼らが検証すべき問題だと思う。彼らの主張は広くカバーされており、その意味するところは広範囲にわたっている。

私はこの分析をこれ以上公表することができないと思っているので、もし誰かが伝播のために他の形でこの分析を書きたいと思ったら、自由に書くこと。このスレッドへの帰属をお願いしたいが、必須ではない。

価値ある質問だろう。

Michelle M. Paquette @mmpaquette· 10月8日
チームの誰かが、同じような研究数(またはそれ以上)の他の薬剤について、このレベルの詳細な調査をしたことがあるかどうか気になる。

コメントから、私がますます感じている別の視点をご紹介する。

Epic Delegator @EpicDelegator · 10月8日
統計学上の「不正」の危機は、自己生成的なものである。それは統計の社会的・科学的ヘゲモニーの構造的な結果である。危機は支配の強化であり、解決策は世界を理解するための主要な手段として、より多くの、より優れた統計をとることである。

話が逸れてしまうかもしれないが(スレッドの本文は数ツイート前に終わっているので、ご自由に見てほしい)、難しい問題に対してより早く、より信頼性の高い答えを得るためには、全く異なるアプローチが可能なのではないかと考えている。

Alexandros Marinos @alexandrosM · 9月8日
もしも「医学」というものをやり直してみたらどうだろう?
私は、複雑系、特に医学に関して、科学に対する我々のアプローチが狂っているのではないかと、ますます心配している。
暴言の後に、別の方法を具体的に提案している。

研究チームのメンバーが公の場で繰り返し行っている誤りのひとつは、「bright-line fallacy」を支持することである。これは、彼らの事実の解釈を理解する上で重要なことである。

Flavio Abdenur @AbdenurFlavio · 10月8日
bright-line fallacyに注意。p>0.05とはいえ、治療群が対照群よりも良好な結果を示したRCTは、有効性を否定する証拠ではなく、「証拠がない」とも言えず、むしろ有効性を示唆する弱い(それだけでは)証拠となる。

週末、私はこのスレッドの第2部を書き、このチームが取り組んできたデータパターンの別の説明を提案した。(驚いたことに、そのことで「人種差別主義者」と言われてしまった。)

Alexandros Marinos @alexandrosM · 10月9日
私は、カイル氏のグループが大胆な発言をするために使用するデータを共有していないことを批判した。なぜこのことが重要なのかを説明する: スレッド
生存率に統計的に有意な利益をもたらした無作為化試験は、すべて偽物であり、記述されているようには実際には起こらなかった」 twitter.com/K_Sheldrick/st…

 

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker

コメント コメント欄を設置しました!