ロバート・マローン

さらに重要なイベルメクチンの研究結果 加えて-「オフラベル」薬を処方することは重要であり、「緊急事態」は終わった。
More Important Ivermectin Study Results Plus- prescribing drugs "off label' is important, and the "emergency" is over

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

rwmalonemd.substack.com/p/more-important-ivermectin-study-results

ロバート・W・マローンMD、MS

上の地図の詳細はここをクリック


COVID-19の予防としてイベルメクチンを厳密に定期的に使用すると、COVID-19による死亡率が用量反応的に90%減少する:ブラジル南部の都市全体のプログラムから223,128人の集団を厳密にコントロールした前向き観察研究の確定的な結果

リサーチゲート、2022年2月号 DOI:10.13140/RG.2.2.20069.68320

この重要なプレプリントは、今すぐオルタナティブメディアやメインストリームメディアに掲載される必要がある。

この研究について

背景

以前、我々は、ブラジル南部の都市(Itajaí, SC, Brazil)において、医学的に任意でCOVID-19の予防薬としてイベルメクチンを使用するという厳密に管理された市全体のプログラムから得られた前向きの観察データにおいて、イベルメクチンの定期的な使用や累積使用にかかわらず、COVID-19の感染率、入院率、死亡率、およびCOVID-19による死亡リスクの低下と関連していることを示した。

本研究では、プログラムから得られたデータを調査し、イベルメクチンの定期的な使用がこれらのアウトカムの減少に影響するかどうかを評価することを目的とし、COVID-19およびCOVID-19に関連するアウトカムからの保護という点で、イベルメクチンが漸進的な用量・規則性反応を示すかどうかを明らかにすることを目指した。

材料と方法

本研究は、イベルメクチンを0.2mg/kg/日の用量で15日ごとに2日間連続して使用した、上記のプログラムの前向き観察研究である。年齢や併存疾患に加えて、イベルメクチンの累積使用量に関するデータを入手して分析し、5カ月間のイベルメクチン使用の規則性と使用量に応じて、COVID-19の感染率、入院率、死亡率、COVID-19による死亡リスクの低減パターンを解析した。

規則性の定義に従い,5カ月間のイベルメクチンの使用量が180mg(180mg=30錠)以上の被験者を規則性のある被験者とし,60mg(=10錠)以下の被験者を散発性のある被験者とした。

イベルメクチンを使用しなかった被験者と、これら2つのレベルのイベルメクチンの定期的な使用との比較を行った。中間レベルのイベルメクチン使用の分析結果は、本研究の補足付録に存在する。入院率と死亡率を分析するために、イタジャイと外部の全参加者のCOVID-19感染データベースを活用した。COVID-19感染率とCOVID-19による死亡リスクの分析には、イタジャイ市のデータベースを活用した。

傾向スコアマッチング(PSM)を採用し、その後、残差を考慮した多変量調整分析(二重調整分析)を行った。

結果

COVID-19の7,345例のうち,3,034例は非使用者,1,627例は散発的使用者,289例は厳格な使用者に発生し,残りの例はイベルメクチンの中間的な使用者に発生していた。厳格な使用者は年齢が高く(p < 0.0001)2型糖尿病と高血圧の有病率が有意ではなかった。

COVID-19感染率は,厳格な使用者では非使用者(6.64%)に比べて39%低く(4.03%),散発的な使用者(4.54%)に比べて有意ではないが11%低下した(各群n=1,627,RR,0.89;95%CI 0.76~1.03,p=0.11)。

傾向スコアマッチングの前後で、厳格な使用者は非使用者および散発的な使用者と比較して入院率が100%減少した(p < 0.0001)。

傾向スコアマッチング後では、散発的な使用者は非使用者に比べて入院率が35%低かった(RR, 0.65; 95%CI, 0.44 – 0.70; p = 0.03)。

傾向スコアをマッチさせたグループでは、多変量調整後の死亡率は、厳格な使用者では非使用者に比べて90%低く(p=0.003)散発的な使用者では79%低く(p=0.05)散発的な使用者では非使用者に比べて死亡率が37%低下した(p=0.043)。

COVID-19による死亡リスクは、厳格な使用者は非使用者に比べて86%低く(p=0.006)スポラディック使用者に比べて72%低く(p=0.083)わずかに有意であったが、スポラディック使用者は非使用者に比べて51%低下していた(p=0.001)。

結論

イベルメクチンの非使用は,前向きに収集された厳密に管理された集団において,イベルメクチンを厳密に定期的に使用した場合と比較して,死亡リスクが10倍,COVID-19による死亡リスクが7倍に上昇していた。

イベルメクチンの使用レベルとCOVID-19関連の転帰からの保護レベルの間には、漸進的な用量反応パターンが観察され、イベルメクチンの使用レベルが異なっても一貫していた。


本研究の結果は、米国および世界の高リスクカテゴリーの人々に対して、イベルメクチンの予防的使用を直ちに開始しなければならないことを明確に示している。これには、1つ以上の合併症を持つ人や中高年の人も含まれる。早期治療のための「失敗するように作られた」政府資金による臨床試験や、患者の命を救う治療に関する政府の妨害行為は、今すぐに終わらせなければならない。

下のCDCのグラフは、パンデミックが始まってからの全死亡者数を示しているが、明らかに50歳以降の死亡者数が急増している。

しかし、年齢別の100万人当たりの死亡者数のデータが開示されていないため、予防を開始する年齢はまだ決まっていない。

オミクロンは病原性が低く、疾患プロファイルが若干異なるため、これも予防治療を開始すべき年齢に影響を与える可能性がある。しかし、データによれば、イベルメクチンの予防的使用は命を救うことになる。

上の表に関しては、病気の年齢層の違いから、有害事象の多いワクチンの全世界的な接種プログラムが推奨されない理由を示している。今こそ、連邦・州レベルでのすべての義務化をやめるべきである。子供たちにこのワクチンを押し付けるのをやめる時が来たのである。

研究や臨床現場では、再利用された薬剤をCOVID-19に使用することで大きなメリットが得られることがわかっている。これには、COVID-19感染症の重症化を防ぎ、入院率を低下させ、死亡率を低下させる多剤併用、多段階の治療法が含まれる。政府や州のライセンス委員会がこのことを認識し、医師に医療を実践させる時が来ている。


薬剤の「適応外」使用:FDA規制用語であり、医学的使用の否定的な意味ではない。Int J Impot Res. 2008 Mar-Apr;20(2):135-44. doi: 10.1038/sj.ijir.3901619. Epub 2007 Nov 15. pmid: 18004389.

ハイライト

  • 処方箋の「適応外」ステータスを患者に知らせるかどうかという医師の判断は、インフォームド・コンセントのケースでの医師のケアの基準には関係しない。
  • FDAは、その手続きや要件が医療行為に影響を及ぼすことはなく、FDAは医師が「適応外」の方法で薬を処方することを禁止していないことを明確に述べている。
  • FDAが薬を承認することは、その薬の「適応外」使用における有効性には重要ではない。実際、「適応外」の方法で薬を処方することは、多くの場合、標準的なケアを構成する可能性がある。
  • 医師の義務は医学を実践し、患者を治療することであって、FDAの医学に関係のない表示を患者に知らせることではない。したがって、医師は、FDAの医学的に無関係な区別のような、適切でない情報を患者に開示するという追加の義務を負わされるべきではない。

*処方薬の21%が「適応外」で処方されていると言われている。


面白半分で、イベルメクチンを国全体で使用していると報告されている国を取り上げ、アメリカ、イスラエル、スウェーデンと比較してみた。結果はさらに拡大されたが、私は3ヶ月のカットオフを選んだ。このようにしたのは、いくつかの国がいつイベルメクチンの使用を開始したのかわからないからである。

現在、100万人あたりの死亡率が最も高いのはどこかわかるだろうか?ああ、

  1. アメリカ
  2. イスラエル
  3. スウェーデン

となる。インドを含めたのは、すべての地域でイベルメクチンを使用しているわけではないが、最も人口の多い地域だからである。同様に、アフリカは多くの国が予防的にイベルメクチンを使用しているが、これらの世界地図ではアフリカを国別に分けていない(妙に帝国主義的)。ブルガリアは、イベルメクチンを使用しているが、その死亡率の数字は、掘り下げる価値のない他の理由で歪んでいるので、含めなかった。

ここには多くの交絡変数がある。例えば、自然免疫、高齢者や合併症のある人のワクチン接種率、ウイルスの季節性、ビタミンD3/亜鉛レベル、人口の年齢などである。

しかし、世界の多くの地域が現在どのような状況にあるのかを示す、興味深いスナップショットであることに変わりはない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました