Lex Fridman Podcastワクチン

レックス・フリードマンは正しい:公衆衛生は不確実性を扱う。しかし、「なぜ」については間違っている

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Lex Fridman Has It Right: Public Health Mangles Uncertainty. But He Has It Wrong on “Why”

popularrationalism.substack.com/p/lex-fridman-has-it-right-public-health

ジェームズ・ライアンズ・ワイラー

9月7日

YouTubeのポッドキャスターであり、ヒューマニタリアンのスーパースターであるLex Fridman(レックス・フリッドマン)は、機械学習の分野では誰よりもよく知っている。それはつまり、学習における不確実性の価値を知っているということである。「トライアル&エラー」の「エラー」が「トライアル」と同じくらい学習に重要であることを誰かに教えるのは難しいことである。そして彼は、誰かの意見が現実を変えることはないということを完全に理解している。

ヴィンセント・ラカニエッロ博士との最近のインタビューで、レックスは、アンソニー・ファウチ博士が、自分と彼が代表する科学の一部がもはや信頼できないことを示したことを説明する際に、非常に大きな忍耐力と感情的な知性を示した。フリードマンは、ファウチ博士が何かを隠しているのではないかと世間に思わせるような話し方をしていると考えていることを説明した。彼は、ファウチが誰よりも専門的な知識を持っているように見えることを説明した。レックスは、「この新しいウイルスの専門家は誰もいない」と言った。もちろん、その意味するところは、この新しいウイルスに対するワクチン接種の専門家もいないということだ。

レックスはヴィンセントに予防接種を受けたことを告げ、またヴィンセントに他の人に予防接種を強要することはないと述べ、「インターネットはデタラメの匂いがする」などの印象的な言葉を残した。そして、「陰謀論」という言葉に、公衆衛生がメッセージングを明確に計画する方法に由来する「自然な」ものとして、正常性を吹き込みた。

レックスは「正しい方法で物事を測定していない」ことを持ち出したが、ラカニエッロは「データを省いている」ことに飛びついたが、これは全く異なる問題である。CDCが「ワクチン接種者」を単回接種の場合は7日目まで、2回接種の場合は14日目まで生存している人と定義しているのは、1日目と2日目に死亡または重篤な有害事象が発生した人はカウントされないということである。ラカニエッロはこの事実を知らないかもしれないが、それでも、「正しい方法で物事を測定していない」から「データを省いている」へとジャンプすることで、彼は横やりを入れた。

実際に起こっていることを見れば、部屋の中の巨大な象のようなものである。そして、ラカニエロは代わりに利益のためのワクチンの問題を取り上げた。被験者グループを変え、測定結果を変え、交絡因子とされるものを弄り、そしてレックス氏がやりたがっているであろう「共変量を用いてワクチンによる死亡や傷害を経験する人を予測する」ということは絶対にしない。

私は、ラカニエッロが現れたことを評価しなければならない。レックスはCOVID-19とCOVID-19ワクチンに関する事実について100%客観的になろうとしているが、これは実際に多くのパブリックフォーラムでは認められていない。レックスは、ラカニエッロと「正直なやりとり」をしていると思っていた。しかし、私はヴィンセント・ ラカニエッロ(彼の妻はメルクで働いており、イベルメクチンの研究をしていたことを明かした)を見てきたが、このポッドキャストの中のラカニエッロは、毎週、毎週、自分のポッドキャストでゲストや共同ホストがいわゆる「反ワクチン主義者」を非難するのに同意するようなラカニエッロとは違う。このやり取りの間、レックスはほとんど反省しているラカニエッロと話をした。レックスは、彼らの会話が「対等な関係」であることを称賛した。ラカニエッロは一見、より心が広いように見えたが、レックスが長期的な影響について議論している間、彼が本当に互角の立場にいたのか、それともラカニエッロが何かを隠していたのかは、レックスに判断してもらいたいと思う。

Fortrightness is Part of Honesty(誠実さの一部)

COVID-19ワクチンに関する懸念を「スチールマン」できるかどうかという問題について、ラカニエッロ氏はストローマンを選んだ。COVID-19 DNAワクチン(これは存在しない)の寿命をmRNAと比較したのである。DNAのCOVID-19ワクチンやRNAのCOVID-19ワクチンを勧められることはない。そして、スパイクのmRNAは細胞融合を起こさないためだとレックスに言ったが、そのようなことをしたのはモデルナだけで、ファイザーではないし、モデルナのワクチンで変更された2つのアミノ酸が細胞融合を防ぐためだったかどうかは完全には明らかではない-スパイクタンパク質のRNAを長持ちさせるためだった-ラカニエッロの最初のストローマンでの安全性の推定には反している COVID-19ワクチンによる心膜炎や心筋炎は、心臓の細胞の融合によって引き起こされることがすでにわかっている。

レックスは、COVID-19ワクチン接種による長期的な影響が不明であるという事実を持ち出し、ラカニエッロはそれに同意し、長期的な影響を知る唯一の方法は、長期にわたる無作為化臨床試験を行うことであり、暗に長期的な安全性を市販後のモニタリング研究に頼らないことであると述べた。しかし、ラカニエッロ氏は「長期」を「50年」(後に「40年」)と定義し、ワクチン接種による長期的な6ヶ月、1年、さらには2年の健康被害を知る機会は、短期のワクチン接種試験ではすべての対照群にワクチンを接種し、ワクチンから得られる可能性のある、つまり仮説上の保護を享受できるようにすべきだと決定されたときに破壊されたことを省いている。また、ラカニエロ氏は、COVID-19自体の長期的な影響(合理的な定義では、SARS-CoV-2の感染による病気)を持ち出し、本当に知り得ない感染の長期的な影響が、注射の長期的な影響と認識論的に同等であるかのように述べている。前者は定義上、知ることができず、後者は定義上、知ることができる。ラカニエッロはこのことを知っていながら、率直ではなかった。率直であることは、レックスが求めたように、徹底的に正直であることができるだけの人格の深さを持つことの重要な部分である。

イベルメクチンの問題について、ラカニエッロ氏は研究が少ないという理由で入手可能な情報を否定した。レックス氏は、1つの欠陥のある研究を除いて、リアルタイムで行われたメタアナリシスや査読付きのメタアナリシスでは、結果が再現可能であることを指摘する機会を逃した。レックスは機械学習と統計学から、イベルメクチンの結果をラカニエッロが許容するよりもはるかに説得力のあるものにする2つの重要な事実を知っている。

(1)「検出力が低い」ことを意味する「小規模な研究」の解釈は、陽性結果の場合と陰性結果の場合では同じではないこと、

(2)学習セットを用いて実施された複数の試験を学習することで、偽陽性結果を洗い出し、全体のタイプ1エラー率を下げることができること

である。医学界のスーパースターであるDr. ピエール・コーリーは、ラカニエッロが対照試験ではないと断じるケースシリーズ研究、比較群を持つ観察試験、そして実施された臨床試験から得られる証拠の一致を、身も蓋もないほど指摘してきた。また、イベルメクチンを使用している地域、州、国における入院率の比較や、イベルメクチンを使用していなかった地域や国がイベルメクチンを採用したり、使用を中止したりした場合の入院率の変化から得られたエビデンスなど、すべての意見が一致しており、イベルメクチンは「最も有効である可能性が高い」という非常に強力な候補であると言える。

米国FDAの規則では、医薬品やワクチンは、効果がある可能性があることを示すだけで、緊急使用許可が下りることになっている。ラカニエッロ氏はこのことを知っており、レックス氏(まだ臨床研究やトランスレーショナルリサーチの専門家ではない)を教育することもできたはずである。

このような不作為による罪は、ファウチ氏や彼のようなタイプの人物がいつも行っていることである。つまり、都合の良い時に重要な情報を省き、後になって情報を受け取っていた人物が率直ではなかったことを知って、レックス氏のような人々は彼らに対する信頼を失ってしまうのである。

“In Fauci We Trust”

2014年にCDCがインフルエンザの定義を「インフルンザウイルスへの感染に起因する疾患」から「インフルンザウイルスへの感染に起因する疾患に加えて、インフルンザである可能性もあるが他の疾患である可能性が高いあらゆる原因による肺炎」(別名「インフルエンザ疾患」、または「P&I」(Pneumonia & Influenza))に変更したことを指摘してLinkedInから追放される前に、「In Fauci We Trust」と書かれたミームを投稿している人を見かけた。(これはGoogleのリンクで例を見ることができる)。)

これらのミームはもちろん、ファウチを神と同一視している。87%もの人々が「神を信じる」と答えているこの国では(質問の仕方にもよるが 2017年のギャラップ社の世論調査)このようなファウチの表現は、不信感はおろか、あからさまな憤りを引き起こすに違いない。公衆衛生の目的が国民の信頼を獲得すること、あるいは少なくとも一部を維持することであるならば、自分たちがすべてを知っているかのように振る舞うべきではない。すべてを知っている人はいないことを一般市民は知っているし 2020/2021年には、象牙の塔のような機関の壁を通して人々と交流している。科学者として、私は解釈に関する議論に時に仲裁者となり、時に参加者となるが、そのような議論が現実を決定するとは考えていない。経験主義者である私は、科学は現実を作り出すものではなく、反映したり発見したりするためのツールだと考えている。パブリックヘルスは経験主義からあまりにもかけ離れているため、科学の領域から外れている。パブリックヘルスは構成主義であり、実証主義であり、真の意味での双方向の信頼については確かにない。そして、この事実に対するレックスの失望がわかる。

パブリックヘルスは、定義や用語を操作することで知覚をコントロールし、操作することを目的としている。彼らは、「ワクチン接種を受けた」という言葉を、COVID-19の2回接種の場合は最後の接種から2週間、単回接種の場合は最後の接種から7日間生存した人という意味に再定義するまでに至った。これはもちろん、ワクチン接種後すぐに死亡したり有害事象が発生したりした人は「ワクチン未接種者」のカテゴリーに入ることを意味し、この意味不明な定義に従ったすべての報告や研究を歪めてしまう。公衆衛生は、パンデミックのタイミングで重要な情報の公開を遅らせたり、あえて国民に知らせないように重要な重要なデータポイントを葬ったりしている。それについては別の記事で。

COVID-19とCOVID-19ワクチンについての現実がどうであれ、何百万人もの人々の命がかかっているというのに、同時に何百万人もの人々の現実の経験が、言われていることと直接矛盾しており、リスク管理者として信頼できない人たちからリスクを負わなければならないと言われているとなると、公衆衛生に対する信頼の失墜は避けられないものであることは、ご自身でもお分かりいただけると思う。

以前のポッドキャストでレックスが、でたらめな「ワクチン有害事象追跡システム」を批判していたのを見て、私は嬉しくなった。レックスは、私よりもはるかに寛大な科学者である。しかし、ワクチン学者、CDC、その他のHHSのDNAは、ワクチン接種のリスクを一般市民に知らせないことにあることを、彼はまだ理解していない。彼は、1984年に発行された連邦官報に書かれていることをまだ知らない。

“ワクチンの安全性について、根拠があるかないかに関わらず、可能な限りの疑念を持つことは、国家の公衆衛生上の目的に合致する最大限の範囲でワクチンが使用され続けることを保証する必要があるという観点から、許されない。”

出典は以下の通りである。US Federal Register 1984-06-01

 

ラカニエッロ氏はウイルス学者である。このことから、無作為化臨床試験で算出されたワクチンの有効性の計算(Moderna社の最初の95%有効性推定値にさかのぼる)が、ワクチンまたは生理食塩水プラセボの1回目の投与後に発生したCOVID-19の症例を除外したために偏ったものになっていることを、彼さえも認識しているのではないかと思う。半分のワクチンを接種したこれらの患者を含めると、75%の有効性になる。ロバート・F・ケネディ・Jr.の言葉を借りれば、これらの患者はマーベルのスーパーヒーローのようなもので、併存疾患もなく、慢性疾患もなく、アレルギーもなかった。効果が75%ということは、集団免疫に到達する可能性がないということだ。つまり、仕事を失った人々や、不正を目撃したことで何千人もの看護師が辞めていったこと、ワクチンの義務化に応じたくなかったことなど、社会全体のストレスが無駄になってしまったのだ。ワクチン学者はCOVID-19から、とにかく米国では、規制の取り込みに成功したにもかかわらず、あるいは成功したからこそ、ワクチンに関する自由な情報キャンペーンの時代が終わったことを学んだのである。

このような背景のもと、レックスとラカニエッロ博士の比較をご覧いただき、ラカニエッロ博士がレックスに対して十分に率直であったか、それとも本当の質問を避けたのかをご自身で確かめてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました